電影少女 あらすじ

電影少女あらすじ

 「電影少女」は、「ウイングマン」「I”s」で知られる桂さんが1989~92年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。恋に悩む高校生の弄内(もてうち)洋太が不思議なレンタルビデオショップで借りてきたビデオを再生すると、いきなり美少女が画面から飛び出してきて……というストーリー。ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」は西野さんと俳優の野村周平さんのダブル主演で、原作から約25年後の2018年を舞台に描かれ、今年の1月期に放送された。

 特別編は、テープの中に戻る運命のビデオガール・アイ(天野アイ、西野さん)が、ルールに反し愛してしまった翔(野村さん)との別れを自分なりに受け入れるきっかけとなった“幻のエピソード”。2019年1月18日深夜0時52分に放送。

ドラマ「電影少女」第2話のあらすじ 25年前の顛末とアイが“再生”されたワケ… 西野七瀬が“彼シャツ”姿 死語も連発

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第2話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第2話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第2話が、1月20日深夜に放送される。テレビ画面から飛び出してきたビデオガールの天野アイ(西野七瀬さん)と高校生の弄内翔(野村周平さん)の奇妙な共同生活がスタート。25年前、今の翔と同じようにアイと一緒に暮らしていたという翔のおじ・洋太(戸次重幸さん)は、自分が経験したことと、アイが再び姿を現したワケを語る。“1990年代からタイムスリップしてきた”アイを演じる西野さんの時代遅れのギャグや死語、“彼シャツ”姿や学ラン姿にも注目だ。

 25年前、ビデオガールとして役割を全うし、ビデオデッキと共に大切に保管され眠っていたというアイ。洋太によると、アイの再生時間は3カ月で、テープを全部再生し終えたら元のVHSの中に戻るという。さらに洋太から「ビデオガールは純粋な心を持った少年の前にしか現れない」と告げられた翔は、張り切って朝食を用意するなど一生懸命でけなげなアイを見て、徐々に存在を受け入れ始める。

 そんな折、翔が思いを寄せる柴原奈々美(飯豊まりえさん)が家にやってくる。慌てた翔は、奈々美にアイを従妹と説明しごまかすが、翔の片思いを知るアイは、奈々美の恋を探り出そうとする。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第3話のあらすじ 西野七瀬が野村周平にキス? きゃりぱみゅ完コピに美脚で逆立ちも

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第3話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第3話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第3話が、1月27日深夜に放送される。アイ(西野七瀬さん)の後押しで翔(野村周平さん)は、思いを寄せるクラスメートの奈々美(飯豊まりえさん)と映画デートするが……という内容。アイ役の西野さんが、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんの振り付けを完コピするシーンや、ショートパンツで逆立ちするシーン、野村さんの頬にキスしようとするシーンもある。

 アイが渡した古雑誌のデートマニュアルに沿って、翔は奈々美を映画に誘う。「シナリオの勉強」という名目ではあるもののOKをもらい、アイも自分のことのように喜ぶ。デートの日、翔は頭にたたき込んだマニュアル通りの会話をするが、緊張でぎこちない。一方「いつも翔のそばにいること」が役割のアイは、翔に内緒で2人の後を追うが、途中で見失ってしまい、翔の親友・智章(清水尋也さん)と遭遇。映画を見終えた翔と奈々美は、いいムードになり、後日、2度目の映画デートで、翔は奈々美から「弄内くんと話すの楽しい」と言われる。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第4話のあらすじ 西野七瀬が入浴中に… フルスイングも「ピッチャーの方が向いてる」?

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第4話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第4話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第4話が、2月3日深夜に放送される。“ビデオガール”のアイ(西野七瀬さん)は、懐かしいという人間らしい感覚を羨ましく思う。またある夜、入浴中に翔(野村周平さん)に対する自分の気持ちを自覚する……という内容。アイ役の西野さんがバッティングセンターで見事なフルスイングを披露しているほか、「オレ、ピッチャーの方が向いているんだよな」とつぶやくシーンもある。

 翔はアイと外出中、中学の後輩・大宮リカ(大友花恋さん)と再会。リカが自分の記憶より可愛くなっていることに驚く。智章(清水尋也さん)と付き合うことになった奈々美(飯豊まりえさん)は、全てにおいてアニメ制作中心の智章にヤキモキ。智章もアニメプロデューサーの清水浩司(村上淳さん)から、自分たちの作品のシナリオにダメ出しされ言葉を失う。コンクールまで時間がない中、作品作りに行き詰まる翔たち。そこでアイは、みんなでピクニックに出かけることを提案する。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第5話のあらすじ アイが翔のベッドに… 西野七瀬の「だいじょうブイ」も!

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第5話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」第5話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第5話が、2月10日深夜に放送される。“ビデオガール”のアイ(西野七瀬さん)は、ひょんなことから“売れっ子トラックメーカー”のカオル(富田健太郎さん)にデートに誘われる。その夜、アイは、弄内(もてうち)翔(野村周平さん)が寝ているベッドに入り……という内容。“1990年代からタイムスリップしてきた”アイを演じる西野さんが笑顔で「だいじょうブイ」とおやじギャグを放つシーンもある。

 アイの正体を知っている様子のアニメプロデューサー清水(村上淳さん)は、弄内邸にやってきて、アイと接触を試みる。一方、清水からコンクールに出すアニメ作品にオリジナルの音楽をつけるべきと指摘された翔たちは、アイの提案で翔の中学時代の後輩のリカ(大友花恋さん)に頼むことにする。後日、リカと以前に音楽ユニットを組んでいたという“売れっ子トラックメーカー”のカオルは、音楽制作を引き受ける代わりにアイとの一日デートを要求する。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第6話のあらすじ 西野七瀬が「助けて!」 それぞれの思いが交錯…思わぬラストも

「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第6話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第6話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第6話が、2月17日深夜に放送される。“売れっ子トラックメーカー”のカオル(富田健太郎さん)と一日デートすることになった“ビデオガール”のアイ(西野七瀬さん)。アイのことが心配な翔(野村周平さん)は後輩のリカ(大友花恋さん)と一緒に2人の後をつけるが……という内容。互いを意識し始めたアイと翔、翔に恋心を抱くリカのそれぞれの思いが交錯し、思わぬラストを迎えるほか、アイ役の西野さんが「助けて!」と叫ぶシーンもある。

 人気トラックメーカーで女癖の悪いカオルは、翔たちがコンクールに出すアニメ作品に付ける曲を作るため、アイと一日デートする。アイが心配でたまらない翔は、自分の身代わりになったアイに後ろめたさを感し、同じく“偵察”に来ていたリカとカップルを装い2人を尾行する。しかし、翔とリカの行動に気づき不機嫌になるアイ。尾行を続けるため、ダブルデートをしようと提案する翔はどんどんカオルに気を許していくアイに気が気ではない。そして、翔が少し目を離したすきに、アイとカオルの姿が見えなくなり……という展開。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第7話のあらすじ アイが消え翔とリカが接近? 第2章突入で驚きのラストも!

「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第7話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第7話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018』」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第7話が、2月24日深夜に放送される。売れっ子“トラックメーカー”のカオル(富田健太郎さん)とのデートを境に失踪してしまったビデオガールのアイ(西野七瀬さん)。1週間たってもアイの行方は分からないままで、体調を崩してしまった翔(野村周平さん)のことを心配した後輩のリカ(大友花恋さん)は……。

 自宅のビデオデッキが熱を帯び、アイの身に何かが起こったことを察知した翔。アイを必死に探すが、行方は分からない。見舞いにやってきた奈々美(飯豊まりえさん)や智章(清水尋也さん)には「アイは叔父の元へ帰った」と嘘をつく。翔に好意を寄せるリカは、元気のない翔のため、身の回りの世話をしたり、料理を作ったりすることで、少しずつ距離を縮めていく。

 一方、アニメコンテストのサイトに、エントリーした翔たちの作品がアップされる。閲覧者から称賛の声が集まり始めるが、プロデューサーの清水浩司(村上淳さん)は、その動向を見守りながらある策略を巡らせる……という展開。第7話から物語は第2章へ突入するといい、今回も驚きのラストが待っているという。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第8話のあらすじ 清水Pに利用されるアイ… 西野七瀬が“謎のアイドル”に!

「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第8話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第8話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018』」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第8話が、3月3日深夜に放送される。翔(野村周平さん)の前から姿を消してしまったビデオガールのアイ(西野七瀬さん)は、サイトにアップされたとある動画をきっかけに、すでに“謎のアイドル”としてバズりはじめていた。翔は「アイを取り戻したい」という一心で、仕掛け人のプロデューサー清水(村上淳さん)の元に走るが……。

 アイへの好意に気づいた翔の元に、リカ(大友花恋さん)からメッセージと共にある動画が届く。動画は翔たちが製作したアニメと実写のアイがミックスされたもので、仕掛け人の正体に気付いた翔は、アイを取り戻そうと清水のスタジオに向かう。しかしアイには過去の記憶がなく、忘れられてしまった翔はショックを受ける。清水から放たれた「アイは俺のビデオガールになったんだ」という言葉に、失意のまま一人で家に戻ってきた翔を待っていたのはリカで……と展開する。

 一方、関係が思うように進まない恋人同士の奈々美(飯豊まりえさん)と智章(清水尋也さん)にも転機が訪れはじめる。翔を思うあまり、リカがアイ風のショートカットになって現れるシーンもある。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第9話のあらすじ アイドルとしてブレーク… 西野七瀬があの原作キャラと!?

「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第9話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第9話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018』」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第9話が、10日放送される。動画公開をきっかけにネットを騒がす、ブレーク必至の謎のアイドルとして、テレビや雑誌などで特集されるビデオガールのアイ(西野七瀬さん)。そんなアイを巡って、奈々美(飯豊まりえさん)、智章(清水尋也さん)と翔(野村周平さん)の間に亀裂が入る……。

 アニメプロデューサーの清水浩司(村上淳さん)の下でアニメ制作の勉強を始めた智章(清水さん)。再会を果たしたアイが自分を一切覚えていないことに疑問を抱き、アイの正体について翔を問い詰める。

 智章との関係がギクシャクし始めた奈々美は、アイの記憶を取り戻したいという翔の支えとなる。翔もまた奈々美からアドバイスを受け、自分の思いを込めて描いたイラストをアイに渡そうとする……という内容。西野さんが、原作のキャラクター「夏美」らしき少女と肩を寄せ合っているツーショット写真も登場する。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第10話のあらすじ 居場所を失ったアイの選択は? 西野七瀬、野村周平に抱きしめられ…

「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第10話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第10話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018』」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第10話が、3月17日に放送される。街で翔(野村周平さん)を見かけて、完全に記憶が戻ったアイ(西野七瀬さん)。しかし、翔の隣には奈々美(飯豊まりえさん)がおり、居場所を失ったアイは、プロデューサーの清水(村上淳さん)のもとで再生期間を全うすることを決意する……。

 アイはアイドルとして、2週間後にデビューすることが決定するが、記憶と共に翔を思う気持ちも思い出し、体調に異変をきたし始める。そんな中、清水のスタジオに翔のおじの洋太(戸次重幸さん)がやってきて、あと1カ月で消えるアイを「自由にしてほしい」と懇願する。実は25年前にも会っていた2人だが、清水は洋太の要望を拒否。そこで洋太と翔は実力行使でアイを奪還しようとする……という展開。アイ役の西野さんが、翔役の野村さんに抱きしめられるシーンもある。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

ドラマ「電影少女」第11話のあらすじ 人間になった天野あいとアイが対面 西野七瀬が一人二役

「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第11話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会
「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」第11話のワンシーン (C)「電影少女 2018」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018』」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)の第11話が3月24日に放送される。洋太(戸次重幸さん)に連れ去られたビデオガールのアイ(西野七瀬さん)が目を覚ますと、そこにはアイそっくりな人間がいて、「私の名前は、天野あい」と告げる……という展開。原作のヒロインで、人間になったあいも西野さんが演じている。

 洋太(戸次さん)は、突然、高熱にうかされるアイ(西野さん)を車で連れ去る。突然の出来事に驚く翔(野村周平さん)。その後、洋太から「アイを熱で停止させないためだ。詳しくは改めて」と連絡を受けるが、またしてもアイを失い、言葉を失う。

 気を失っていたアイが目を覚ますと、そこにはアイそっくりな人間が立っていて、「私の名前は、天野あい」と言う。25年前に起きた奇跡で人間になれたと説明するあい。その話を聞いてアイは、自分も人間になれるのではと期待を抱く。しかし、再生時間はあと5日。翔を思えば思うほど熱が上昇。人間になれる保証もないという、自分が置かれた状況を悟ったアイは、ある決意をする。

(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会
(C)「電影少女 2018」製作委員会

電影少女2018年1月13日(土) 24:20~ テレビ東京
特別編は2019年1月18日深夜0時52分に放送