anone ニュース

広瀬すず主演ドラマ「anone」最終話 ハリカや亜乃音の本当の幸せとは…

ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供

 広瀬すずさん主演の連続ドラマ「anone(あのね)」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終話となる第10話が3月21日に放送される。偽札作りがばれて警察に追われる理市(瑛太さん)、余命わずかな舵(阿部サダヲさん)と、舵をみとる覚悟をしたるい子(小林聡美さん)、そして警察に逮捕された亜乃音(田中裕子さん)をひとりで待つハリカ(広瀬さん)。それぞれの物語が一つの結末を迎える。ハリカや亜乃音の本当の幸せとは……。

 「anone」は、「Mother」「Woman」に続く日テレと脚本家の坂元裕二さんが組むオリジナル作第3弾。演出の水田伸生さんら両作品に携わったスタッフも参加している。社会からはぐれた少女、ハリカと老齢の女性・亜乃音を中心にした物語。「うそ」をテーマにしており、金よりも大事なものがあることを描き出している。

 これまでは、ネットカフェで暮らしていたハリカは、亜乃音が破棄しようとした札束を巡って友人たちが奪い合いになり、友達関係が壊れてしまう。札束が偽札と気付いたハリカは、亜乃音を訪ねるうちに少しずつ心を通わせるが、偽札をかぎつけた舵とるい子は、成り行きでハリカを誘拐。亜乃音が1000万円の身代金を払ったことで誘拐事件は解決し、身代金を持ち逃げしたるい子、ハリカの誘拐に加担した舵は共に反省して、4人の奇妙な共同生活が始まった。

 だが、印刷機の使い方を学ぶつもりで招いた理市が偽札作りを強要し、亜乃音は孫の陽人の事件をネタに脅迫され、心ならずも偽札作りに協力する。そんな中、難病に苦しむ彦星(清水尋也さん)の元へ向かうハリカは、茉歩(藤井武美)から、彦星が茉歩の父親からの治療費の申し出を断ったと聞き、彦星に治療を受けさせるため、あえて心にもない言葉で彦星に別れを告げて一人涙する。一方、偽札作りの容疑をかけられた亜乃音は警察に連行されてしまう……という展開だった。

ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の最終話のワンシーン=日本テレビ提供

広瀬すずの話題作「anone」 “裏の主役”田中裕子に絶大な信頼 プロデューサーに聞く(後編)

ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の広瀬すずさんが主演の連続ドラマ「anone(あのね)」(日本テレビ系)の放送が始まった。「Mother」「Woman」に続く同局と脚本家の坂元裕二さん、演出の水田伸生さんが手掛けるシリーズ第3弾で、第1話の放送前から注目を集めた。「うそ」をテーマにして、本物を世に問う同作の狙いについて、プロデューサーの次屋尚さんに聞いた。

◇広瀬すず ベリーショートで提案も

 「Mother」の松雪泰子さん、「Woman」の満島ひかりさんに続く今回の主役には、若い人、10代のヒロインを起用したいという坂元さんの希望があった。その候補に上がっていた広瀬さんに打診したところ、すぐ快諾されたという。次屋さんは「『Mother』や『Woman』を好きと言ってくれる人は、いるんです。しかし広瀬さんに会うと、本当にドラマを見て、好きだったことが分かりました。DVDも持っていましたし。僕らもうれしかったですよ」と振り返る。

 それだけに広瀬さんは、当初は気負いもあったという。次屋さんは「彼女に言ったのは、そのままでいいということ。『あなたがもっている魅力をもらうよ』と伝えると、広瀬さんはうなずいたという。出演者も大御所が多く、広瀬さんは“座長”とはいえ最年少の存在だが、次屋さんも「彼女は一生懸命頑張っている」と太鼓判を押す。

 その熱意の表れの一つが髪形だ。ボブヘアのイメージが強い広瀬さんがベリーショートにしたことも話題を呼んだが、そこには広瀬さんからのアイデアも反映されている。そもそも、坂元さんが「今までの広瀬すず」ではないイメージを求めたといい、広瀬さんが髪を切るときに、坂元さんも次屋さんも実際に美容院に立ち会った。前髪だけ長くして「社会とのカーテン」を表現したアイデアは広瀬さんの提案で、水田監督も気に入って採用された。

◇“裏の主役”田中裕子 「起用は今後も決まっている」

 そして“裏の主役”というべき存在が、「Mother」「Woman」でもキーマンを演じた田中裕子さん。次屋さんは「田中さんの起用は、今後も(もし第4弾が)あれば決まっている。ドラマでは、田中さんと誰を組み合わせるかを常に考えている」とまで言い切り、絶大な信頼を置く。

 「Mother」のときは、民放の連ドラにはほとんど出演していなかった田中さんを口説くため、坂元さんがドラマの最後までを説明し、手紙まで書いて出演をお願いした。第2作「Woman」の時には、田中さんは「坂元さんと水田監督(がスタッフ)なら出ます」というほどの信頼を得た。

 そんな田中さんと広瀬さんが、スタッフをドキドキさせたエピソードがある。ロケで広瀬さんと田中さんが同じ狭い部屋にいたにもかかわらず、ほとんど会話がなかったためだ。次屋さんは「普通の19歳の女優であれば、普通は気を使って話しかけようとしそうなものですが、すずちゃんは平気。そして裕子さんもそれで平気なんです。たまにボソボソっとしゃべるぐらいで……。それが分かると、親子みたいに見える不思議な関係ですね。自然体というのでしょうか」と振り返る。

◇「記事、好きに書いて」異例の狙いは

 次屋さんが、会見中にメディアを驚かせたことがある。試写会の冒頭で「(今回の)記事、好きに書いてください」と言ったことだ。記事の内容に細かく注文をつけたり、記事の掲載時期に条件を付けるのが通例になっているだけに、次屋さんのようなケースはまれだ。会見でもはぐらかしたり、手の内を隠すようなことはなく、一つ一つの質問に正面からしっかりと答えていった。その真意について尋ねると「ドラマがみなさんにどう受け入れられるか、僕自身も知りたいから」と語る。逆に自信の表れともいえるだろう。

 だが次屋さんに油断はない。「坂元ブランドのファンもいるのも確かですが、その一方で放っておいても見られる作品ではないことも分かっています。正直『日テレ×坂元裕二 第3弾』とアピールするのは、個人的には恥ずかしいんですよ。でもそのキャッチコピーでドラマを見てくれる人が増えるなら、僕は迷わず言います」と言い切る。

 そしてテレビの“宿命”とも言うべき視聴率についても「僕も組織の人間なので、視聴率は大事ですし、スポンサーあってのドラマというのもある。しかし、そのためだけに仕事はしたくない」とも言う。このバランス感こそが名物プロデューサーと呼ばれるゆえんなのだろう。

 そして次屋さんは「坂元さんは現場で『これで最後にする』と言っているんですが、実はWomanのときもそう言ってました。ですがそれは覚悟がある……ということでしょう」と信頼する。anoneの第1話視聴率は9.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、人気作を数多く送り出してきた日テレの水曜ドラマとしてはほろ苦いスタートとなった。名物プロデューサーの奮闘は続く。

広瀬すず主演の話題作「anone」 「うそ」をテーマに「本物」問う プロデューサーに聞く(前編)

日本テレビの次屋尚プロデューサー
日本テレビの次屋尚プロデューサー

 女優の広瀬すずさんが主演の連続ドラマ「anone(あのね)」(日本テレビ系)の放送が始まった。「Mother」「Woman」に続く同局と脚本家の坂元裕二さん、演出の水田伸生監督が手掛けるシリーズ第3弾で、第1話の放送前から注目を集めた。「うそ」をテーマにして、本物を世に問う同作の狙いについて、プロデューサーの次屋尚さんに聞いた。

 ◇「金より大切なものがある」

 ドラマの放送前、1話の試写会が東京・汐留にある日本テレビで開かれた。キャストは不在にもかかわらず、20人もの記者が出席し、次屋さんを質問攻めにしたことからも注目の高さがうかがえた。次屋さんは同作について「ある事件をきっかけに、ワケありの人たちが集まって、触れあいながら絆を築く。そこに金にまつわる話もありますが、そんなことより大事なものが得られる。そういうことになります」と話した。

 「anone」の第1話は、テレビドラマというよりは映画に近い濃厚な展開だった。社会からはぐれた少女・辻沢ハリカ(広瀬さん)は、ネットカフェで友人と暮らし、療養中の男性「カノンさん」とのチャットが楽しみという日々を送っていたが、友人と共に「札束の入ったバッグ」を探すため、ハリカの楽しい思い出がある「柘(つげ)」という町を目指す。一方、事務員の林田亜乃音(あのね、田中裕子さん)は、自宅の床から大量の1万円札を見つける。さらに、医者から半年の命を宣告された舵(阿部サダヲさん)は、客のるい子(小林聡美さん)と意気投合し、死に場を求めて「柘」という町に着く。

 一見、関係もない三つのストーリーだが、ハリカたちが札束を見つけると急転する。ハリカの2人の友人が札束を巡って争い、そこに舵とるい子、さらに亜乃音も参戦する札束の争奪戦になる。ところが亜乃音は、札束の一部を奪い取ると、トイレに流すなど謎の行動を取る。札束の争奪戦に勝ったハリカは、楽しい思い出の土地を訪ねたが、幸せな記憶は勘違いで、虐待を受けていたという真実を思い出して衝撃を受ける。それでも「カノンさん」の言葉に救われ、ハリカは再びネットカフェに戻る。しかしハリカの持つ2枚の1万円札のナンバーが同じ……という衝撃の展開だった。

 次屋さんは「1話を見ると、金がテーマになっているように見えるが違う。テーマは『うそ』。世の中にうそも間違いもあるが、それが人間の支えになることもある。うそは普遍的なもので、信じたことがうそというのもあること……という話を坂元さんとしました」と明かす。そして「人間が大切なモノは何かといえば、それは金ではないでしょう。見ていただいた方が、自分の立場で探してもらえれば」と力を込めた。

 会見では、坂元作品の魅力の一つで「カルテット」(TBS系)でも話題を呼んだ「せりふ回し」についても質問があった。だが次屋さんは「確かにそれもあるが、anoneは物語性が核。傲慢に聞こえるかもしれないが作品性を問うている」と答えている。

◇ちりばめられた「うそ」と心の揺らぎ

 次屋さんと坂元さんは、Woman(13年)の放送時に次を計画していたが、スケジュールの折り合いなどで今回のタイミングになったという。テーマの候補は複数あり、その中から選んだのが「うそ」をテーマにした本作だ。確かに第1話を見ても、偽札、ハリカの「幸せな」記憶、もろくも崩れていく友情、カノンさんの正体と「うそ」がキーになっている。次屋さんは「うそが散りばめられていて、何が本当で何がうそか分からなくなるが、うそでも見た人の感情は動いているのがポイント」と明かす。

 タイトル名について、次屋さんは「申し訳ないが、あまり明確な答えはない。田中さんの人物名であり、広瀬さんの口癖。もちろん『あのね』という響きのイメージもある。横文字のほうが3部作っぽいから」と笑う。

 ドラマの発表時はタイトルに「仮称」がついていた。「Mother」「Woman」を意識して「Girl」という案や、平仮名にした「あのね」、形容詞を付けるようなアイデアもあったという。それでも次屋さんは「タイトルは作品の顔ではあるが、あまり気にせず物語性を重視した」と明かす。あくまで同作の核は物語というわけだ。(後編へ続く)

<テレビ試写室>広瀬すず主演ドラマ「anone」 構成とストーリー練り上げた骨太の作品 1話ラストで驚きの展開も

ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、「Mother」や「Woman」に続く日テレと脚本家の坂元裕二さんが組むオリジナルシリーズの第3弾となる「anone(あのね)」(日本テレビ系)だ。

 坂元さんと水田伸生さんが手掛ける前評判の高い作品だが、その期待が裏切られることはなかった。たたみかけるような会話劇も楽しいが、やはり本筋は、練り上げられた構成とストーリーだろう。文句なしの骨太の作品に仕上がっている。

 序盤はゆっくりした流れだ。広瀬すずさんが演じるハリカの行動、ハリカの幼少期の記憶、ハリカの他愛のないチャット、田中裕子さんが演じる林田亜乃音(あのね)の不思議な行動、阿部サダヲさんが演じるカレーショップの店長・持本舵の“迷走”。無関係とも思えるストーリーが次々と切り替わることもあり、追いかけていくのが大変だった。しかし中盤から、複数のストーリーがクロスして目が離せなくなり、1話の最後には鳥肌が立つような驚きの展開が待ち受ける。

 そして広瀬さんの演技も素晴らしい。華やさがあり、ともすれば“リア充”というイメージがあるため、見る前は「この作風に合うのか?」と意地悪なことを思ったのは内緒。内向的で心に闇を抱える少女を演じながら、終盤に一転して“輝き”を見せるなどのギャップがたまらなかった。

 のほほんと気軽に見られる作品とは言いづらく、視聴者に一瞬の見逃しも許さないところがあるのは事実。予想はしていたが、とても心が重くなるのだ。熱烈なファンがいるだけに一定の成功は保証されているが、だからこそ同作に求められるのは、どれだけ広い層の視聴者の心を揺らすかだろう。昨今の状況を見ると、重厚な作品がさほど求められていないのは承知しているのだが、多くの人に見てほしいとあえて言いたい。

 個人的には、2話以降に本格展開されるであろう、広瀬さんと田中さんのやりとりが楽しみ。1月10日から毎週水曜日午後10時に放送される。

<ドラマ紹介>「anone」 「Mother」坂元裕二のオリジナル 広瀬すずがベリーショートに

ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の広瀬すずさんが主演の連続ドラマ「anone(あのね)」(日本テレビ系、毎週水曜午後10時)の放送が1月10日、スタートする。「Mother」や「Woman」に続く日テレと脚本家の坂元裕二さんが組むオリジナル作の第3弾で、演出の水田伸生さんら両作品に携わったスタッフも参加。社会からはぐれた少女と老齢の女が出会い、引かれ合う関係が描かれる骨太のドラマだ。

 広瀬さんは、ネットカフェに住む挙動不審な少女・辻沢ハリカ役を演じる。「Mother」や「Woman」が元々大好きで、DVDまで持っていたという広瀬さんはこの役のためにベリーショートにしたほどの気合の入れよう。田中裕子さんはハリカを気にかける法律事務所の事務員の林田亜乃音(あのね)役、瑛太さんは謎の男・中世古理市役、小林聡美さんは男運の悪い女性・青羽るい子役、阿部サダヲさんはカレーショップの店長・持本舵役、火野正平さんは法律事務所の所長・花房万平役を演じる。

 第1話は10分拡大。「ハズレ」と呼ばれる少女のハリカは清掃のアルバイトをしながら、2人の少女と共にネットカフェに寝泊まりし、楽しみは、スマホのチャットで、療養中の男性「カノンさん」と他愛ないチャットをすることだった。一方、亜乃音は自宅1階の廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円の束を見つける。

 そんなある日、友人が「札束の入ったバッグが捨てられるのを見た」と言い出し、「柘(つげ)」という町を目指す。その町の名は、ハリカが祖母と暮らしていたという記憶のある場所だった。

 一方、医者から半年の余命宣告を受けた舵は店をたたもうとしていたが、最後の客となったるい子と意気投合。2人で死に場所を求めて「柘」という町にたどり着く。捨てられた大金をきっかけに出合うはずのない人たちがつながっていく……というストーリーだ。10日から毎週水曜午後10時放送。

ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供
ドラマ「anone」の第1話のワンシーン=日本テレビ提供

広瀬すず、主演ドラマ「anone」のポスタービジュアル公開

広瀬すずさん主演のドラマ「anone」のポスタービジュアル=日本テレビ提供
広瀬すずさん主演のドラマ「anone」のポスタービジュアル=日本テレビ提供

 女優の広瀬すずさんが主演を務める2018年1月スタートの連続ドラマ「anone(あのね)」(日本テレビ系)のポスタービジュアルが12月25日、公開された。ビジュアルは4種類で、いずれも広瀬さん演じる辻沢ハリカが登場し、「私を守ってくれたのは、ニセモノだけだった。」というキャッチコピーが添えられている。公式ホームページなどで順次公開のほか、初回放送2日前の18年1月8日から、新宿、渋谷など首都圏の主な駅や電車内にも掲出される予定。

 ポスタービジュアル撮影は、11月下旬に東京都内のスタジオの屋外駐車場で行われた。広瀬さんは「今まで自分がやらせてもらった作品では、あまりなかった雰囲気で、主人公・ハリカのいろいろな感情を受け取ってもらえるポスターだなと感じました。キャッチコピーは、4種類同じですが、ポスターの種類によって、その言葉の意味の受け取り方が違うと思うので、楽しみです!」とコメントを寄せている。

 制作を担当した日本テレビ宣伝部の長瀬一義さんは、「このドラマのために、髪をバッサリ切って挑む広瀬さんの魅力を存分に知っていただけるよう、今回は4種類のポスターを制作しました。ドキュメンタリータッチで撮影した写真は、主人公・辻沢ハリカの印象的で、すてきな表情を切り取ることができました」と語っている。

 ドラマは、家族を失い社会からもはぐれ、生きる方法さえ見失ってしまった少女(広瀬さん)が、一人の老齢の女と出会う。人を信じる心をなくしてしまっていた二人だったが、やがて何かを感じあい、女は少女をかくまう……というストーリー。18年1月10日から毎週水曜午後10時放送。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

広瀬すず、役づくりで髪ばっさり 人生で一番のベリーショートに「首が寒い」

1月スタートの連続ドラマ「anone」に出演するベリーショート姿の広瀬すずさん=日本テレビ提供
1月スタートの連続ドラマ「anone」に出演するベリーショート姿の広瀬すずさん=日本テレビ提供

 女優の広瀬すずさんが、主演を務める2018年1月スタートの日本テレビの連続ドラマ「anone(あのね)」の役づくりのため、ベリーショートにしたことが12月4日、明らかになった。人生で一番短い髪だという広瀬さんは「首が寒いですね(笑い)。ショートにしても、どんなショートにするのか、前髪は長めにほしいなど、今回は少し自分の意見を言わせていただきました」と、こだわりを明かした。

 さらに「自分の前髪が目の上にある感じが落ち着く、小学校の頃の感覚がパッと思い出されてきて、世の中に対して一枚フィルターがかかっている感じがほしい、とお願いしました」とコメント。ドラマについては「この作品には、不意に涙が出るとか、唐突にズキューンと撃たれるもの、感じられるものがすごくたくさんあります。痛みとか、生きているからこそ見られるもの、感じられるものが、世代に関係なく生々しく描かれていますので、ぜひ皆さんに見てほしいです」と意気込んだ。

 広瀬さんは、両親とある事件をきっかけに隔絶し、今はネットカフェを住みかとしている少女・辻沢(つじさわ)ハリカを演じる。ハリカのことを気にかける法律事務所の事務員の林田亜乃音(はやしだ・あのね)役を田中裕子さんが務める。追加キャストも同日発表され、物語の進展とともにその正体が明らかになっていく謎の男を瑛太さんが演じるほか、小林聡美さん、阿部サダヲさん、火野正平さんも出演する。

 ドラマは、家族を失い社会からもはぐれ、生きる方法さえ見失ってしまった少女が、一人の老齢の女と出会う。人を信じる心をなくしてしまっていた二人だったが、やがて何かを感じあい、女は少女をかくまう……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

広瀬すず:日テレ“水10”で「10代最後」の連ドラ主演 「Mother」の坂元裕二脚本

2018年1月にスタートする連続ドラマ「anone」(仮題)で主演を務める広瀬すずさん 撮影:新田桂一
2018年1月にスタートする連続ドラマ「anone」(仮題)で主演を務める広瀬すずさん 撮影:新田桂一

 女優の広瀬すずさんが、2018年1月スタートの日本テレビの連続ドラマ「anone」(仮題)で主演を務めることが11月14日、分かった。ドラマは、同局の「Mother」「Woman」に続く脚本家・坂元裕二さんのオリジナル作品で、演出の水田伸生さんら両ドラマに携わったスタッフが制作を手がける。また、両ドラマに出演した女優の田中裕子さんが出演することも発表された。

 現在19歳の広瀬さんにとって、今回は「10代最後の連ドラ主演」といい、広瀬さんは「10代は少女といわれる時期でもあると思います。今の自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切にしたいなと思います」とコメント。また、「坂元裕二さん脚本の『Mother』や『Woman』が元々大好きだったので、今回このドラマのお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、今楽しみで仕方がないです! 何かぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみです」と意気込みを語っている。

 共演の田中さんは「『Mother』と『Woman』に続く坂元さんの脚本、水田さんの演出。お二人のエネルギーに『めまい』するような作品になると思います。ついていきたいです」と思いを語っている。

 プロデューサーの次屋尚さんは「これまでにも映画・ドラマでさまざまな役を演じてきた広瀬さんですが、10代最後の主演ドラマとなる今回は、彼女の持っている魅力の全て、いやそれ以上、広瀬すずの全てをこの作品にささげていただきます」とアピールしている。

 「anone」(仮題)は、家族を失い社会からもはぐれ、生きる方法さえ見失ってしまった少女が、一人の老齢の女と出会う。人を信じる心をなくしてしまっていた二人だったが、やがて何かを感じあい、女は少女をかくまう……というストーリー。18年1月から毎週水曜午後10時放送。