anone 視聴率

<視聴率>広瀬すず主演連ドラ「anone」 初回は9.2%

 女優の広瀬すずさん主演の連続ドラマ「anone(あのね)」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が1月10日、10分拡大で放送され、平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 「anone」は、「Mother」「Woman」に続く、日本テレビと脚本家の坂元裕二さんが組むオリジナル作の第3弾。社会からはぐれた少女と老齢の女が出会い、引かれ合う関係が描かれる。広瀬さんがネットカフェに住む少女・辻沢ハリカを、田中裕子さんがハリカを気にかける法律事務所の事務員・林田亜乃音(あのね)を演じる。他にも瑛太さん、小林聡美さん、阿部サダヲさんらも出演する。

 第1話は、ハリカは清掃のアルバイトをしながら、2人の少女と共にネットカフェに寝泊まりしていた。楽しみは、療養中の男性という「カノンさん」と他愛ないチャットをすること。そんなある日、友人が「札束の入ったバッグが捨てられるのを見た」と言い出し、「柘(つげ)」という町を目指す。一方、亜乃音は自宅1階の廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円の束を見つける。

 医者から半年の余命宣告を受けた持本舵(阿部さん)はカレーショップをたたもうとしていたが、最後の客となった青羽るい子(小林さん)と意気投合し、死に場所を求めて柘にたどり着く。そこで、捨てられた大金をきっかけに出合うはずのない人たちが出会い、後には衝撃の事実が明かされる……いうストーリーだった。

<視聴率>広瀬すず主演ドラマ「anone」 最終話は5.6%

 女優の広瀬すずさん主演の連続ドラマ「anone(あのね)」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回(第10話)が3月21日に放送され、平均視聴率は5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 「anone」は、「Mother」「Woman」に続く日テレと脚本家の坂元裕二さんが組むオリジナル作第3弾。演出の水田伸生さんら両作品に携わったスタッフも参加している。社会からはぐれた少女、ハリカ(広瀬さん)と老齢の女性・亜乃音(田中裕子さん)を中心にした物語。「うそ」をテーマにしており、金よりも大事なものがあることを描き出した。

 これまで、偽札の露見と、ハリカの誘拐事件を経て、一緒に暮らすことになったハリカと亜乃音、舵(阿部サダヲさん)とるい子(小林聡美さん)の4人は、亜乃音の亡き夫の印刷所で働いていた理市(瑛太さん)から脅迫され、偽札作りを手伝う。偽札作り以外は平穏な暮らしを送っていた4人だが、偽札作りが警察にばれてしまい、理市は逃亡し、亜乃音は警察に捕まってしまう。

 最終回では、ハリカは思いを寄せるチャット仲間の彦星(清水尋也さん)の治療費捻出のため、うそをついて彦星に別れを告げ、亜乃音のいない家で1人で暮らそうとする。一方、舵をみとる決意をしたるい子は逃亡先の温泉宿で亜乃音とハリカが捕まったというニュースを見る。鑑別所での生活が始まったハリカの元に彦星から、ある決断を綴った手紙が届き、数カ月後、ハリカの元には予期せぬ面会客が現れる。やがて少年院を出たハリカは、指名手配中の理市が偽札を使い続ける中、本当の動機を語らない亜乃音が事件の主犯格にされてしまうことを知り、理市を捜し出そうと決意。そして、理市の偽札作りの動機が明らかになり……という展開だった。