FINAL CUT(ファイナルカット)

  • スタッフ:
    脚本:金子ありさ、音楽:菅野祐悟、演出:三宅喜重/日暮謙、プロデューサー:豊福陽子、制作著作:カンテレ
  • キャスト:
    亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、髙木雄也、やついいちろう、杉本哲太、裕木奈江、鶴見辰吾、升毅、水野美紀、佐々木蔵之介
  • 放送日:
    2018年1月9日(火) 21:00~ カンテレ・フジテレビ系
UPDATE

FINAL CUT(ファイナルカット)あらすじ

 ドラマは、高校生のころに母親が殺人事件の犯人として扱われ、自殺に追い込まれた過去がある慶介は、12年の時を経て、当時、事件を取材し放送に関わっていたスタッフ、司会者。さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹たちに復讐を果たすため動き始める。しかし、美人姉妹の一人を愛してしまい……というストーリー。

スタッフ

脚本:金子ありさ、音楽:菅野祐悟、演出:三宅喜重/日暮謙、プロデューサー:豊福陽子、制作著作:カンテレ

FINAL CUT(ファイナルカット)キャスト

亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、髙木雄也、やついいちろう、杉本哲太、裕木奈江、鶴見辰吾、升毅、水野美紀、佐々木蔵之介

FINAL CUT(ファイナルカット)放送日

2018年1月9日(火) 21:00~ カンテレ・フジテレビ系

ドラマ「FINAL CUT」亀梨和也主演の復讐劇 最終回視聴率は7.5%

連続ドラマ「FINAL CUT」の出演者
連続ドラマ「FINAL CUT」の出演者

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)の最終回が3月13日、2時間スペシャルで放送され、平均視聴率は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、亀梨さん主演の復讐(ふくしゅう)劇。母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描いた。12年前、慶介(亀梨さん)の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、テレビの情報番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬(藤木直人さん)を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山千明さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 最終回は、若葉(橋本さん)への殺人未遂容疑で慶介が現行犯逮捕されてしまう。そんな中、「ザ・プレミアワイド」の百々瀬は、慶介が逮捕されたと聞き、さらなる大スクープを画策する。慶介は、取り調べに対して黙秘を続けていたが、上司の高田(佐々木蔵之介さん)に突然、「犯人は、俺です」と自白を始める。 “殺人犯”となった慶介は、“驚きの方法で”ついに真犯人と対峙(たいじ)する……という展開だった。

「FINAL CUT」小河原祥太役は山崎育三郎 「演じてきた中でも特に刺激的な役」

連続ドラマ「FINAL CUT」で小河原祥太を演じる山崎育三郎さん=関西テレビ提供
連続ドラマ「FINAL CUT」で小河原祥太を演じる山崎育三郎さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)の最終話(3月13日放送)で、俳優の山崎育三郎さんが小河原祥太役を務めていることが、分かった。ドラマは亀梨さん演じる主人公・中村慶介が、母親を死に追い込んだテレビ番組関係者らに制裁を加えながら、事件の真犯人を追う姿を描く復讐(ふくしゅう)劇で、事件の真犯人と目される祥太を誰が演じるかはこれまで発表されてこなかった。

 山崎さんは、演じる役について「僕が演じてきた中でも特に刺激的な役です。頭が良くて品のある男性という部分と、彼の中にある闇をどういうバランスで演じるか悩みました」とコメント。また、共演の亀梨さんについては「亀梨さんとは同い年で誕生日も近く、4人兄弟の三男で、野球好きで、しかもデビューも同じ年ということが分かって、縁を感じています。話していても感覚がすごく合うので、初共演とは思えないくらいスッと2人の世界観を作れたので、芝居が楽しかったです」と話している。

 ドラマは、12年前、慶介の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生。テレビの情報番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬(藤木直人さん)を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原雪子(栗山千明さん)、若葉(橋本環奈さん)姉妹に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 最終回は2時間スペシャルで放送。若葉への殺人未遂容疑で現行犯逮捕された慶介は、取り調べに対して黙秘を続けていたが、上司の高田(佐々木蔵之介さん)に突然、「犯人は、俺です」と自白を始める。 “殺人犯”となった慶介は、“驚きの方法で”ついに真犯人と対峙(たいじ)することに。そこには、スクープを狙う百々瀬らの姿もあった。慶介の一世一代の大勝負がついに始まる……という展開。

栗山千明、「いきなり亀梨さんとのキスシーンで…」 「FINAL CUT」撮影の裏側明かす

連続ドラマ「FINAL CUT」について語る栗山千明さん=関西テレビ提供
連続ドラマ「FINAL CUT」について語る栗山千明さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)に出演している女優の栗山千明さんが3月13日、関西テレビ(大阪市北区)で会見を行った。同日最終回を迎える同ドラマ。最終回の見どころについて、栗山さんは「救いもあり、現実的なところもあり、納得がいく気持ちのいい終わり方になっていると思うので2時間たっぷり楽しんでください!」とアピールした。

 ドラマで亀梨さん演じる主人公・中村慶介と恋に落ちるヒロイン・小河原雪子を演じている栗山さんは、これまで純愛を演じる機会は少なかったといい、「やっぱり恥ずかしいですね。4話目ぐらいまでは恋愛を楽しんでいるシーンが多くて、中学生同士の初恋みたいな恋愛模様でした。見つめ合ってほほ笑み合うというのが、オンエアを見ても照れくさかったです。でも、だからこそ相手が亀梨さんでよかったです!」と振り返っていた。

 また、「実は私のクランクインが、いきなり亀梨さんとのキスシーンで、出会いのシーンよりも先に撮ったので、それは緊張しました(笑い)」と撮影の裏側を明かした。

 最終回は13日午後9時から2時間スペシャルで放送。

FINAL CUT(ファイナルカット)
FINAL CUT(ファイナルカット)

「FINAL CUT」亀梨和也の復讐劇ついに最終回 慶介が真犯人と直接対決!

6日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第8話のワンシーン=関西テレビ提供
6日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第8話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の最終回が3月13日、午後9時から2時間スペシャルで放送される。若葉(橋本環奈さん)への殺人未遂容疑で慶介(亀梨さん)が現行犯逮捕されてしまう。傷を負った若葉の姿を目の当たりにし、大きなショックを受ける雪子(栗山千明さん)の元に、かつて慶介が雪子をだますために使っていた偽名“吉澤優”から電話がかかってくる。同じ頃、「ザ・プレミアワイド」の百々瀬(藤木直人さん)は、慶介が逮捕されたと聞き、さらなる大スクープを画策する……。

 慶介は、取り調べに対して黙秘を続けていたが、上司の高田(佐々木蔵之介さん)に突然、「犯人は、俺です」と自白を始める。 “殺人犯”となった慶介は、“驚きの方法で”ついに真犯人と対峙(たいじ)することに。そこには、スクープを狙う百々瀬らの姿もあった。慶介の一世一代の大勝負がついに始まる……という展開。慶介が、ファイナルカットを突きつけてきた“真の目的”なども明かされる。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐(ふくしゅう)と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、テレビの情報番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山さん、橋本さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 前週の第8話は、12年前の幼児殺害時件の真犯人だとにらんでいた小河原祥太が事件当夜現場にいた証拠に気付いた慶介は、それを祥太の妹の雪子に報告。家族と慶介との間で板挟みになり激しく動揺する雪子に、慶介は感情を抑えきれず、2人は一夜を共にした。

 数日後、高田が残していた事件記録から、祥太が真犯人だという新たな手がかりを見つけた慶介は、祥太をかくまう小河原家を切り崩すため、雪子を脅すことを決意。雪子に“ファイナルカット”を突きつけるため、呼び出す。同じ頃、慶介と雪子が互いに心を引かれていることに気付いた若葉はとんでもない行動に出て……というストーリーだった。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

亀梨和也、主演連ドラマ「FINAL CUT」がクランクアップ 初の復讐劇に「充実した時間」と振り返る

主演の連続ドラマ「FINAL CUT」がクランクアップした亀梨和也さん=関西テレビ提供
主演の連続ドラマ「FINAL CUT」がクランクアップした亀梨和也さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)がこのほど、クランクアップを迎えた。撮影終了後、花束を手渡した監督と握手し、そのまま熱い抱擁を交わした亀梨さんは、「初めての復讐(ふくしゅう)劇というチャレンジングなテーマの中でドラマに立たせてもらうことを、本当にうれしく思いながら充実した時間を過ごさせていただきました」と振り返り、「本当にいろいろなことが起こる中で、それを全てみんなの力でプラスに変えられた現場だったんじゃないかと思います。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!」とスタッフに感謝の言葉を述べた。

 亀梨さんと一緒にクランクアップを迎えた、ヒロイン・小河原雪子役の栗山千明さんは、亀梨さんから花束を手渡され、「去年から今日まで、ハードで寒い中の撮影、皆さんお疲れ様でした! 私は前半戦、ハッピーなシーンから始まって、現場のチームワークをすごく感じながら、やりやすい状況を作っていただけて、どんどん大変なシーンに挑むことができました」と撮影を振り返った。

 2人の最後の撮影となったのは、13日放送の最終回2時間スペシャルの重要なシーンで、去年12月から始まった撮影も、このシーンをもって全て終了。亀梨さんは「今の時代だからこそ向き合わなければいけないテーマに、ド正面から向き合い、僕たちメディア側の人間が、メディアに対して問題を提示するという大きなチャレンジをした作品でした。誰にでも身近に起こりうる出来事をテーマに、世の中の現状を見る“角度”について、慶介という主人公を通して感じてもらえたらと思います。最終回も盛りだくさんなので、たくさんの人にいろんな要素を楽しんでもらえたらと思います」とアピールした。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介(亀梨さん)の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、テレビの情報番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬(藤木直人さん)を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 最終回は、若葉(橋本さん)への殺人未遂容疑で慶介が現行犯逮捕されてしまう。傷を負った若葉の姿を目の当たりにし、大きなショックを受ける雪子の元に、かつて慶介が雪子をだますために使っていた偽名・吉澤優から電話がかかってくる。同じ頃、「ザ・プレミアワイド」の百々瀬は、慶介が逮捕されたと聞き、さらなる大スクープを画策する……というストーリー。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

<インタビュー>裕木奈江、23年ぶり民放連ドラの反響語る “今と昔”の違いも

連続ドラマ「FINAL CUT」に出演している裕木奈江さん=関西テレビ提供
連続ドラマ「FINAL CUT」に出演している裕木奈江さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、主人公の母親役を演じている裕木奈江さん。今作が約23年ぶりの民放連続ドラマ出演で、久しぶりの撮影で感じた“今と昔”の違いや、亀梨さんの印象、今後の活動などについて話を聞いた。

 ◇

 「FINAL CUT」は、亀梨さん主演の復讐(ふくしゅう)劇で、母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描いている。12年前、慶介(亀梨さん)の母の恭子(裕木さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬(藤木直人さん)を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山千明さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 ◇昔の撮影現場は「工事現場のよう」 ドラマ出演の反響は…

 裕木さんは、ドラマ、映画出演など1990年代を中心に日本で活躍し、現在は米ロサンゼルスに拠点を移している。NHKの作品や日本の映画、舞台などには出演してきたが、民放の連続ドラマは、95年4月期に放送された「うちの母ですが…」(テレビ朝日系)以来、約23年ぶりの出演となる。

 久々の民放ドラマの撮影に、裕木さんは「とても優しい雰囲気に変わっている気がしました。女性が活躍する場面が増え、男女関係なく働くようになったのがきっかけなのかなって感じました」と感じた“変化”を口にし、「昔は、工事現場のように『行くぞ! オラ!』みたいな感じでしたので(笑い)」と振り返る。

 2006年公開の映画「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)、同年公開の映画「インランド・エンパイア」(デビッド・リンチ監督)、17年に放送された連続ドラマ「ツイン・ピークス The Return」といった海外作品にも多数出演してきたが、「アメリカの場合、英語だけでなくいろいろな言語が飛び交うので、日本の現場は何を言っているのか分かるので落ち着きます」と笑顔で語る。

 今回はオファーがあり出演を決めたといい、「(出演する)作品を選んだりとかは全然していません。長らく、民放さんからお声が掛からなかったというだけです(笑い)」と明かす。出演の反響について聞くと、「映画を見る層、NHKドラマを見る層、民放の連ドラを見る層は、少し違うんですよね。映画や舞台にも出ていて、私のファンの方は見てくれていましたけど、(それらを知らない人からは)『分からなかった』って言われました。もうちょっと間に何かを挟んでいたら覚えていただけていたのかしら」と苦笑交じりに語った。

 ◇“息子”亀梨は「チャーミングで色気がある」

 演じている主人公の母・恭子については「出てきてすぐ亡くなってしまうので、寂しかったですね。第1話を見て、胸がつぶれる思いでした」と振り返る。「日本は自殺率が高いなどと聞いたことがあります。あくまでドラマですが、社会性を考えるととてもつらい。現実には起きてほしくないことです。私はメディアに出演する側。自分も気をつけないといけませんよね。思いつきで言ったり、自分の行動でどうなっていくか分からないですから」と真剣な表情で語る。

 主演の亀梨さんの印象については、「実際に会ったら、とてもチャーミングで色気がある方。亀梨さんが笑顔でいると周りが明るくなるんですよね。思わずペンライトを振りたくなっちゃう」と冗談を交えて絶賛した。

 ◇海外を目指す人との“橋渡し役”に…

 裕木さんに今後の活動について聞くと、「これまで、高倉健さんや緒形拳さんたちと共演させていただいたり、イーストウッド監督、リンチ監督とお仕事をさせていただいたり、すべてかなってしまった。本当に仕事運が良いんだと思っています。かっこ悪いけど、何をやりたいとかがないんです」と答え、「日本では、映画、ドラマ、オファーをいただきスケジュールが合えば出演したいと思っています。細々と、おばあちゃん役とかやりたいかな」と笑顔で語る。

 さらに「アメリカはオーディションで、(役者にとって)チャンスは公平なんですよ。私も履歴書1枚持って、オーディションを受けていました。今もオーディションの情報をこまめにチェックしています」と話し、「(海外で)チャンスが欲しいっていう人に、インターネットを使って何か情報発信したいんです。ハリウッドだけでなく、アジアの情報もあるので教えてあげたい」と目を輝かせながら語った。

 <プロフィル>
 ゆうき・なえ 1970年5月12日生まれ。神奈川県出身。1988年公開の映画「ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー」で女優デビュー。映画「学校」(93年)、「日本一短い『母』への手紙」(95年)、特別ドラマ「北の国から'92巣立ち」(フジテレビ系)、連続ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」(日本テレビ系)などに出演。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

「FINAL CUT」第8話のあらすじ 慶介が雪子に“ファイナルカット”突きつける!

6日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第8話のワンシーン=関西テレビ提供
6日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第8話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)。3月6日放送の第8話は、12年前の幼児殺害時件の真犯人だとにらんでいた小河原祥太が事件当夜現場にいた証拠に気付いた慶介は、それを祥太の妹の雪子(栗山千明さん)に報告。家族と慶介との間で板挟みになり激しく動揺する雪子に、慶介は感情を抑えきれず、2人は一夜を共にする……。

 祥太の手がかりが得られず、もどかしさを感じていた慶介に、百々瀬(藤木直人さん)から祥太について話があると電話がかかってくる。「ザ・プレミアワイド」の会議室に向かった慶介は、百々瀬のほか、井出正弥(杉本哲太さん)や真崎久美子(水野美紀さん)らに迎え入れられ、百々瀬から祥太捜しの協力を持ち掛けられる。

 数日後、高田(佐々木蔵之介さん)が残していた事件記録から、祥太が真犯人だという新たな手がかりを見つけた慶介は、祥太をかくまう小河原家を切り崩すため、雪子を脅すことを決意。雪子に“ファイナルカット”を突きつけるため、呼び出す。同じ頃、慶介と雪子が互いに心を引かれていることに気付いた若葉(橋本環奈さん)はとんでもない行動に出て……という展開。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

橋本環奈、「FINAL CUT」撮了 若葉役「自分なりに楽しめた」

連続ドラマ「FINAL CUT」でクランクアップを迎えた橋本環奈さん=カンテレ提供
連続ドラマ「FINAL CUT」でクランクアップを迎えた橋本環奈さん=カンテレ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、小河原若葉を演じた女優の橋本環奈さんがこのほど、クランクアップを迎えた。橋本さんは、約3カ月の撮影について「あっという間に感じましたが、すごく楽しい撮影でした。いろいろと重たいシーンや、最終回に向けて激しいシーンも多かったんですけど、すごく自分なりにも楽しめました。本当に皆さんお疲れ様でした! ありがとうございました!」とあいさつした。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐(ふくしゅう)と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介(亀梨さん)の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬を含む番組関係者、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山千明さん、橋本さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 亀梨さん演じる慶介が12年前に起きた幼児殺害事件の真犯人とにらむ小河原祥太の妹・若葉を演じた橋本さん。序盤では慶介との可愛らしい恋模様や雪子との仲の良いやり取りが描かれていたが、慶介の正体や目的が明らかになるにつれ、慶介や雪子との関係も変化。恋心から次第に暴走していく狂気の表情も見せていく……。

 クランクアップは小河原家でのシーン。橋本さんと、若葉の母・小河原夏美役の長野里美さんがそろって撮了し、2人には花束が贈られた。橋本さんは、若葉について「今、見返してみると、序盤の何も知らない頃の若葉はすごく平和だったなと(笑い)。共演者の皆さんとは、『若葉が本当は一番純粋なんじゃないか』って話しているくらい、純粋なあまりに姉の雪子を責めてたり大胆な行動に出たりと、若葉自身もどうしていくのか予測できない状況になっていきます。こんなふうな気持ちになっていくんだと、すごく発見の多い役でした」と回顧。

 6日放送の第8話について、橋本さんは「若葉が、慶介のことが好きなあまり、『え、そんな行動に出るの?』という、誰もが予想できない行動に出て、主人公の慶介が絶体絶命な状況に陥ります。これは本当に見てもらうしかないと思います。ぜひ皆さん楽しみにしていてください!」とコメントしている。

=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供

<インタビュー>栗山千明、亀梨和也とのキスシーン「本当に難しくて…」 「FINAL CUT」でヒロイン役熱演 

栗山千明さんが出演する連続ドラマ「FINAL CUT」のワンシーン=関西テレビ提供
栗山千明さんが出演する連続ドラマ「FINAL CUT」のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演中の栗山千明さん。栗山さんは、亀梨さん演じる主人公・中村慶介が12年前に起きた幼児殺害事件の真犯人とにらむ小河原祥太の妹・雪子を演じている。共演者の印象や最終回に向けての見どころなど、栗山さんに話を聞いた。

 ◇

 「FINAL CUT」は亀梨さん主演の復讐(ふくしゅう)劇で、母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描いている。12年前、慶介の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、番組の司会者・百々瀬累(藤木直人さん)を含む番組関係者ら、警察、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 慶介は祥太の情報を探るために、“吉澤ユウ”と名乗って雪子に近づき、雪子の妹・若葉(橋本さん)には“高橋マモル”と名乗って接近。若葉はマモルに好意を抱くようになる。マモルとユウが同一人物で近づいてきた目的が兄・祥太の情報を得るためだったと知った雪子だったが、慶介への思いは募っていき……。

 ◇キスシーンは「体当たりでいくしかないかって…」

 ドラマの撮影現場は「シリアスな場面も多い作品ですけど、すごく明るい」という栗山さん。橋本さんについては「19歳とは思えない。発言がしっかりしていて、年齢詐称しているんじゃないかっていうぐらい(笑い)。ムードメーカーですね」といい、「本当の姉妹のように仲良くさせていただいています。成人したらお酒を一緒に飲みに行こうとか話してます」と語る。亀梨さんについては、「気配りがすごい方」と印象を明かし、「平昌五輪の取材にも行かれていて、目しか出ていないぐらいの防寒をしていた亀梨さんが写った写真を見せてもらいました」とエピソードも語った。

 第7話(2月27日放送)のラストでは、慶介と雪子が複雑な感情を抱きながらも熱いキスを交わすシーンが放送され、ネット上で話題を呼んだ。同シーンについて、栗山さんは「本当に難しかったです」と苦笑しながら振り返り、「雪子の気持ちは理解できるんです。慶介の頬をパーン(ってたたいてからの)チューって(笑い)。それまで比較的冷静にしていたのに、雪子のたがが外れてしまった瞬間。演じる上で本当に難しくて、(頭で考えてもしょうがないから)体当たりでいくしかないかっていう気持ちで臨みました」と当時の心境を明かす。

 ドラマの内容にちなみ、“復讐”したいことを聞くと、「復讐したいことなんてないです(笑い)。“リベンジ”という形でなら。雪子だけというわけではないのですが、1シーン1シーン撮影を終えた後に『あれでよかったのかな』って反省するときがあります」と答え、「亀梨さんとそういう話になったことがあって、亀梨さんも共感してくれました」という。

 ドラマは最終章に突入し、“衝撃”の展開が待っているという。栗山さんは「8話(6日放送)では、小河原家の“核心”に迫ります。12年前の事件がどんどん明らかになっていき、驚きの展開が待っています。慶介の復讐劇の結末を、楽しみにしていてください」と見どころを語った。

 ◇リフレッシュ法は「リラックスしながらアニメ」

 撮影の合間に取材に応じてくれた栗山さん。普段のリフレッシュ法について聞くと、「リラックスしながらアニメを見ることです。今期は『ラーメン大好き小泉さん』『だがしかし2』『斉木楠雄のΨ難』などですね」と語る。

 これまでドラマや映画でさまざまなキャラクターを演じてきた栗山さんだが、今後について聞くと、「10代では個性的なキャラクターを演じてきて、20代では地に足が付いたような役が増えてきました。私としては『次、栗山千明は何を演じるんだ』って思ってもらえるような仕事をしていきたいと思っています」と語り、「難しいと思いますが、トランスジェンダーの役などに挑戦してみたいです」と真剣な表情で答えていた。

 <プロフィル>
 くりやま・ちあき 1984年10月10日生まれ。99年、映画「死国」で女優デビュー。映画「バトル・ロワイアル」(2000年)に出演。その演技がクエンティン・タランティーノ監督の目に留まり、「キル・ビルVol.1」(03年)に出演。04年、映画「下弦の月 ラスト・クォーター」で映画初主演。その後、さまざまな映画、ドラマ、CMなどに出演し、活躍中。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

「FINAL CUT」第7話のあらすじ 橋本環奈が亀梨に「恋人にして」 「プレミアワイド」は逆襲へ

27日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第7話のワンシーン=関西テレビ提供
27日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第7話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)。2月27日放送の第7話は20分拡大版となる。警察官の中村慶介(亀梨さん)は、道路に飛び出した矢口(中村倫也さん)を救出したことで、テレビに正体がさらされてしまった。その矢先、小河原雪子(栗山千明さん)に呼び出された慶介は、近づいた目的を打ち明ける。一方、番組「ザ・プレミアワイド」の司会者・百々瀬累(藤木直人さん)らは、慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる……。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐(ふくしゅう)と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 第7話では、雪子に呼び出された慶介は、本名、さらに雪子と若葉(橋本さん)に近づいた理由は、母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるためだったと告白する。しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。

 数日後、百々瀬らに経歴などがばれてしまった慶介は、祥太の居場所を早く探らなければと考え、祥太、雪子の父親で弁護士の小河原達夫(升毅さん)に狙いを定める。相談客を装って達夫に近づいた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。その夜、慶介の上司・高田(佐々木蔵之介さん)は、百々瀬から12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり、迷惑を被ったと聞かされる。さらに、百々瀬から「事件の真相を探るつもりだ」と告げられる。

 そんな中、慶介の正体を雪子から聞かされた若葉は、慶介に「お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして」と持ちかける。同じころ、達夫を監視していた大地(高木雄也さん)に危険が迫る……という展開。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

亀梨和也、橋本環奈から32歳バースデー祝福 プレゼントに「すごい! 感動!」

連続ドラマ「FINAL CUT」の収録現場で誕生日を祝福された「KAT-TUN」の亀梨和也さん=関西テレビ提供
連続ドラマ「FINAL CUT」の収録現場で誕生日を祝福された「KAT-TUN」の亀梨和也さん=関西テレビ提供

 2月23日に32歳の誕生日を迎えた人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんの誕生日祝いが、主演している連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の収録現場で行われた。亀梨さんが大好物だというイカの刺し身を亀の形に盛り付けた「特製イカづくしの“亀”」をサプライズプレゼントされると、「すごい!  感動!」と興奮しながら「“カメ”が“亀”を食べるって(笑い)」「おいしいです!」と大満足だったという。

 サプライズは、小河原若葉役の橋本環奈さんとの共演シーンの撮影中に行われた。ロケ現場に歩いてきた亀梨さんは、スタッフや橋本さんの雰囲気から何かを察したようで、両手を上げながら笑顔で登場。橋本さんが「祝われる気満々ですね!」と突っ込みを入れる中、改めてスタッフが亀梨さんの誕生日だと告げると、橋本さんやスタッフ、偶然通りがかった小学生たちから拍手を送られた亀梨さんは「すごい祝福されている(笑い)」と喜んでいたという。

 イカの刺し身のほか、亀梨さんの似顔絵が描かれたバースデーケーキ、ドラマのポスタービジュアルをモチーフにした特製モザイクアートパネルもプレゼントされ、亀梨さんは「僕は23日生まれで、23をラッキーナンバーにしています。そして32歳ということで、いろいろと今年起きる波に対応し、自分自身としっかりと向き合っていきたいと思います。ドラマも最後まで気を引き締めていきたいと思いますので、皆さんよろしくお願いします。ありがとうございます!」とあいさつ。

 さらに、「こっ恥ずかしいですけど、やっぱりお仕事の場所で新たな一年のスタートを迎えられることは、改めて幸せだなって思います。この一年は、グループも動き出したり、主題歌を歌わせてもらったり、いろいろなものが新たな角度をもって動き出す中なので、しっかり向き合っていきたい」と抱負を語り、ドラマの撮影については「思い残すことなく自分自身も向き合って、より多くの方に楽しんでいただき、何かを感じ取ってもらえるものにしたいです」とコメントした。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐(ふくしゅう)と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介(亀梨さん)の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、テレビの情報番組「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年、警察官となった慶介は、司会者の百々瀬塁(藤木直人さん)を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山千明さん、橋本さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

関西テレビ提供
関西テレビ提供

「FINAL CUT」第6話のあらすじ プレミアワイドの逆襲開始? 慶介のシナリオに狂いが…

13日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第6話のワンシーン=関西テレビ提供
13日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第6話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)。2月13日放送の第6話では、「ザ・プレミアワイド」の司会者・百々瀬(藤木直人さん)が、井出(杉本哲太さん)や真崎(水野美紀さん)、小池(林遣都さん)、皆川(やついいちろうさん)のそれぞれを脅迫していた男はすべて慶介(亀梨さん)だったと井出らに伝え、さらに、慶介を調べるよう指示する……。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐(ふくしゅう)と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山千明さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 第6話では、慶介は、真犯人だとにらむ小河原祥太の妹の雪子(栗山さん)から「兄が帰ってきた」と知らせを受け、雪子の元に向かった。しかし、それは正体を偽って自分たちに近付いてきた慶介の目的を若葉(橋本さん)にも教えようとする雪子のわなだった。慶介は、雪子と若葉に目的を見破られたと悟る。

 ある日、慶介が勤務する新宿中央署管内で美人料理研究家の柴みちる(今野杏南さん)が殺害される事件が起き、事件当日にみちるとけんかしていたという恋人の矢口(中村倫也さん)に犯行の疑惑の目が向けられる。そんな中、慶介の元に、矢口が「ザ・プレミアワイド」の放送が原因で、世間から自分が犯人と疑われるようになったと、助けを求めてくる。

 自分の無実を主張し、もう一度恋人に会いたいと涙する矢口に、自分の過去を重ねた慶介は矢口の力になることに。しかしその翌日、矢口が姿を消してしまう。慶介は、高田(佐々木蔵之介さん)に、自分も捜査に加わらせてほしいと申し出る。しかし、高田から12年前の事件のことを切り出され……というストーリー。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

ドラマ「FINAL CUT」中村倫也が第6話に出演 主人公のシナリオを狂わす男役で

中村倫也さんが出演する連続ドラマ「FINAL CUT」第6話のワンシーン=関西テレビ提供
中村倫也さんが出演する連続ドラマ「FINAL CUT」第6話のワンシーン=関西テレビ提供

 俳優の中村倫也さんが、人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)第6話(2月13日放送)に出演する。中村さんは、亀梨さん演じる主人公・中村慶介の“シナリオ”を狂わす男・矢口透を演じる。

 中村さんが出演する第6話は、ある日、慶介が勤務する新宿中央署管内で美人料理研究家の柴みちる(今野杏南さん)が殺害される事件が発生。慶介が運営するメディア被害に関する通報サイトに、みちるの交際相手でIT会社を経営する矢口(中村さん)が「ザ・プレミアワイド」の放送が原因で、世間から自分が犯人と疑われるようになったと、助けを求めてくる。自分の無実を主張し、もう一度恋人に会いたいと涙する矢口に、自分の過去を重ねた慶介は、矢口の力になる。しかしその翌日、矢口が姿を消してしまう……という展開。

 中村さんは、矢口を演じるにあたり「一つ一つ積み上げて役を作ろうとしています」と話し、「この仕事をしていると慣れっこなんですが、矢口には免疫がないから、ネットで自分のことが書かれてどんどん追い込まれていく。それに対して、『そりゃ怖いよな』と改めて感じて、どんな気分になるかを一から考え直しました。芸能人になってまひしているところを一回洗い直した感じがします」とコメントしている。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

FINAL CUT(第5話)のあらすじ 慶介と百々瀬がついに“直接対決”!

6日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第5話のワンシーン=関西テレビ提供
6日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第5話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第5話が2月6日、放送される。12年前に起きた女児殺害事件で、母の恭子(裕木奈江さん)を犯人扱いしたワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」のスタッフたちを次々と“制裁”した慶介(亀梨さん)は、恭子が犯人だと断じたのが司会の百々瀬塁(藤木直人さん)だったと突き止め、直接対決する……。

 第5話では、報道の首謀者が百々瀬だったことを知った慶介が、百々瀬の行動や経歴を洗い始める。その矢先、「ザ・プレミアワイド」が突然、好評企画第2弾の放送を中止にした。裏で百々瀬が関与していると直感した慶介は、百々瀬のバックにいるのが何者なのかを確かめようと、プロデューサーの井出(杉本哲太さん)を揺さぶる。翌日、百々瀬が井出とともに出席した会食に、慶介の上司・高田(佐々木蔵之介さん)が同席していた。そして、慶介は百々瀬と、ついに対峙(たいじ)する。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

橋本環奈、10代最後の年迎え「いろんなことに挑戦」 佐々木蔵之介は50歳に 「FINAL CUT」撮影時に亀梨和也がサプライズ

誕生日を迎えた橋本環奈さん(右)と佐々木蔵之介さん=関西テレビ提供
誕生日を迎えた橋本環奈さん(右)と佐々木蔵之介さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演している、女優の橋本環奈さんと俳優の佐々木蔵之介さんがこのほど、誕生日を迎え、それぞれの撮影現場で、サプライズの誕生日祝いが行われた。ドラマで中村慶介(亀梨さん)が素性を隠して近づく女性・小河原若葉を演じる橋本さんは3日に19歳、慶介の上司で新宿中央署副署長・高田清一郎を演じる佐々木さんは4日に50歳を迎えた。

 橋本さんの誕生日祝いは、夜間に屋外で行われた撮影の冒頭に実施。スタッフから誕生日であることが発表されると、花束を持った亀梨さんと、若葉をイメージした似顔絵が描かれたケーキが登場。橋本さんは「ラスト10代ということで、思いっきり弾けつつ、でも20代に進むため、いろんなことに挑戦しつつ頑張っていきたいと思います」と抱負を語った。

 佐々木さんは、新宿中央署シーンの撮影現場で誕生日を祝われた。橋本さんのバースデーと同様に、花束を持った亀梨さんと似顔絵のケーキが登場し、亀梨さんがケーキを差し出すと、佐々木さんは「これが僕のファイナルカットなんですね」とジョークで笑わせた。また、50歳を迎えたことに「半世紀生きましたので、残り50年また生きたいと思います」と話した。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

FINAL CUT(第4話)のあらすじ 女児殺害事件報道の裏に警察? 慶介が上司の高田に疑念ぶつける…

30日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第4話のワンシーン=関西テレビ提供
30日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第4話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第4話が1月30日、放送される。12年前に起きた女児殺害事件で、母の恭子(裕木奈江さん)を犯人扱いしたワイドショー番組のスタッフたちを次々と“制裁”する警察官の中村慶介(亀梨さん)。報道の裏に警察が関与していた可能性を疑う慶介は、12年前、事件を捜査していた上司の高田(佐々木蔵之介さん)に疑問をぶつける……。

 第4話は、「ザ・プレミアワイド」のスタッフたちを制裁した慶介。今回は、12年前に自宅に押しかけ母親に執拗(しつよう)にレンズを向けたカメラマンの皆川(やついいちろうさん)をターゲットにし、動向を追う。

 当時番組が「若い男を見た」という恭子の目撃証言を放送せず、小池(林遣都さん)が作った犯人の候補者リストも追及せずに終わっていたことを突き止めた慶介は、番組が母親を犯人扱いした背景に警察が絡んでいるのではないかと考え、12年前に事件を捜査していた高田に疑問をぶつける。

 同じころ、慶介が扮(ふん)した“マモル”に夢中の若葉(橋本さん)は、マモルとの食事にサプライズで雪子(栗山さん)を同席させようと考えていた。思いを寄せる“吉澤”がマモルと同一人物だと知らない雪子は、若葉と店で待つことに。何も知らない慶介は、姉妹が待つ店に向かい……というストーリー。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

<視聴率>FINAL CUT第3話が関西地区で10.8%と初回超え!亀梨和也主演の復讐劇

「KAT-TUN」の亀梨和也さんが関西テレビ本社で行ったトークイベントの様子
「KAT-TUN」の亀梨和也さんが関西テレビ本社で行ったトークイベントの様子

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話が1月23日、放送され、関西地区の平均視聴率は10.8%(以下、ビデオリサーチ調べ)だった。第2話で初回の10.7%から8.4%にダウンしていたが、今回の第3話で2.4ポイントアップし、同地区では初回視聴率を超える結果となった。

 また、同地区の最高毎分視聴率は12.3%で、亀梨さん演じる主人公の中村慶介が、林遣都さん演じる番組ディレクターの小池悠人に“ファイナルカット”を突きつける場面と、番組ラストの慶介と、栗山千明さん演じる小河原雪子のキスシーンが同率で最高だった。なお、関東地区の第3話の平均視聴率は6.5%だった。

 亀梨さんは23日、「カンテレが、カメテレに!」をキャッチフレーズに、関西テレビ本社(大阪市北区)で1時間にわたりトークイベントを行ったほか、関西ローカルの朝の情報番組「よ~いドン!」、夕方のニュース番組「みんなのニュース 報道ランナー」に生出演。午後4時台と7時台に生CM出演するなど、ドラマのPRを行った。

FINAL CUT(第3話)のあらすじ 次の標的は番組ディレクター 真犯人と疑う男の“衝撃”事実も…

23日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第3話のワンシーン=関西テレビ提供
23日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第3話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話が1月23日、放送される。中村慶介(亀梨さん)は12年前の女児殺害事件で、母の恭子(裕木奈江さん)を犯人扱いし、自殺に追い込んだワイドショー番組のスタッフたちを制裁し、“ある目的”のために言いなりにしていった。今回のターゲットは番組ディレクターの小池悠人(林遣都さん)で、慶介は行動に移す。そんな中、小河原雪子(栗山千明さん)から“あること”を聞かされる……。

 第3話は、「ザ・プレミアワイド」のプロデューサーの井出正弥(杉本哲太さん)とディレクターの真崎久美子(水野美紀さん)を制裁した慶介は、当時、捜査していた警察よりも早く、恭子を犯人扱いしたのか2人を問い詰めたが、「番組の方針」という曖昧な答えしか得られなかった。

 数日後、慶介は12年前に同番組のADだった現ディレクターの小池(林さん)が、ネットの中で“神”扱いされていることを知り、次のターゲットとして動向を追い始める。

 そんな中、小池は中学校で生徒に暴言を吐いた女性教師・沢渡(関めぐみさん)を取材。放送すると話題を呼び、沢渡は世間から厳しい目を向けられてしまう。一方、慶介は、女児殺害事件の真犯人と疑っている男の妹、雪子から「兄が死んだ」と告白される……。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

FINAL CUT(第2話)あらすじ 慶介が母を裏切ったディレクターに復讐…

16日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第2話のワンシーン=関西テレビ提供
16日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第2話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話が1月16日、放送される。12年前の女児殺害事件で、母の恭子(裕木奈江さん)を犯人扱いし、自殺に追い込んだワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」のプロデューサー・井出正弥(杉本哲太さん)に復讐(ふくしゅう)した中村慶介(亀梨さん)は、次のターゲットとして、番組のディレクターの真崎久美子(水野美紀さん)を選ぶ……。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描く。慶介の母の恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生。警察の捜査が進む中、百々瀬塁(藤木直人さん)が司会を務める「ザ・プレミアワイド」は、慶介の母の恭子を犯人扱いした報道をする。やがて、追い詰められた恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年の時を経て、警察官となった慶介は、百々瀬を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹(栗山千明さん、橋本環奈さん)に復讐を果たすため動き始める。だが美人姉妹の一人を愛してしまう……という内容だ。

 第2話は、慶介が運営するメディア被害に関する通報サイトに、「ザ・プレミアワイド」の真崎についての相談が寄せられる。スクープのためなら手段を選ばない真崎の取材によって、殺人事件の容疑者が逮捕直前に逃亡してしまったという内容だった。

 かつて、言葉巧みに恭子に近づき、インタビューを行った真崎に裏切られた過去がある慶介は、次なるターゲットとして真崎への制裁を決意する。そんな中、逃亡中の容疑者から真崎の元に一本の電話がかかってくる。そこで持ち掛けられた“ある条件”に真崎は……というストーリー。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

<視聴率>亀梨和也主演の復讐劇「FINAL CUT」 初回は7.2%

連続ドラマ「FINAL CUT」の制作発表会見に出席した出演者たち
連続ドラマ「FINAL CUT」の制作発表会見に出席した出演者たち

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)の初回が1月9日、15分拡大で放送され、平均視聴率は7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、ある女児殺害事件で、犯人扱いされた自分の母親が自殺に追い込まれた過去を持つ主人公・中村慶介(亀梨さん)の復讐(ふくしゅう)を描いていく。栗山千明さん、橋本環奈さん、藤木直人さん、杉本哲太さん、水野美紀さん、林遣都さん、佐々木蔵之介さん、裕木奈江さんらが出演している。

 第1話は、12年前、慶介の母・恭子(裕木さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生。百々瀬(藤木さん)が司会を務めるワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」は、恭子がまるで犯人であるかのように事件を取り上げる。番組がきっかけで世間からの中傷にさらされ、追い詰められた恭子は自殺してしまう。

 12年後、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを幼なじみと立ち上げた慶介は、娘の心臓移植のために「ザ・プレミアワイド」の取材を受け、事実と異なる内容に編集され、放送されたという母の江藤喜美子(矢田亜希子さん)からの相談を受ける……というストーリーだった。

<ドラマ紹介>「FINAL CUT」 亀梨和也主演の復讐劇

連続ドラマ「FINAL CUT」第1話のシーンカット=関西テレビ提供
連続ドラマ「FINAL CUT」第1話のシーンカット=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)が1月9日スタートする。ある女児殺害事件で、犯人扱いされた自分の母親が自殺に追い込まれた過去を持つ主人公・中村慶介(亀梨さん)の復讐(ふくしゅう)を描く物語。亀梨さんがフジテレビ系の連続ドラマで主演を務めるのは2006年に放送された「サプリ」以来約12年ぶりで、今回、初の復讐劇に挑む。藤木直人さん、栗山千明さん、橋本環奈さんや、約23年ぶりに民放連ドラに出演する裕木奈江さんらも出演する。

 ドラマは、保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生。警察の捜査が進む中、百々瀬塁が司会を務めるワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」は、慶介の母の恭子を犯人扱いした報道をする。やがて、追い詰められた恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年の時を経て、慶介は、百々瀬を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹たちに復讐を果たすため動き始める。だが美人姉妹の一人を愛してしまう……という内容。母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描いていく。

 恭子を裕木さん、百々瀬を藤木さん、美人姉妹の姉・小河原雪子を栗山さん、妹の若葉を橋本さんが演じるほか、12年前の事件を取り扱った番組スタッフとして、杉本哲太さん、水野美紀さん、林遣都さん、お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうさんが出演。慶介の幼なじみ・野田大地役で「Hey! Say! JUMP」の高木雄也さん、警視庁新宿中央署の副署長・高田清一郎役で佐々木蔵之介さんも出演する。

 第1話は15分拡大。12年前、慶介の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害された。百々瀬が司会を務めるワイドショー番組は、恭子がまるで犯人であるかのように事件を取り上げる。番組がきっかけで世間からの中傷にさらされ、追い詰められた恭子は自殺してしまう。

 12年後、美術館で働く雪子は、絵の勉強をしているという男性と出会う。妹の若葉が思いを寄せてデートを繰り返している相手とは知らず、雪子は好感を抱くが、その男性はそれぞれ素性を隠して姉妹に近づいた慶介だった。

 メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを野田と立ち上げた慶介は、娘の心臓移植のために「ザ・プレミアワイド」の取材を受け、事実と異なる内容に編集され、放送されたという母の江藤喜美子(矢田亜希子さん)からの相談を受ける。喜美子は、プロデューサーの井出正弥(杉本さん)の傲慢な対応についても困惑していた。かつて、井出らに苛烈な取材攻勢を受けた慶介は、再び同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために動き始める……というストーリー。

 ドラマに登場するキャラクターの過去や隠された秘密など、ドラマ本編には登場しない物語を描いた約5分の短編ドラマが、無料配信動画サービス「GYAO!」で毎週、本編の放送終了後に独占配信される。短編ドラマは全9話。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

<制作発表会見>亀梨和也、今年の抱負は「びびりな自分に勝つ」 ドラマ「FINAL CUT」

連続ドラマ「FINAL CUT」の制作発表会に出席した出演者たち
連続ドラマ「FINAL CUT」の制作発表会に出席した出演者たち

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが1月6日、東京都内で行われた主演を務める連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見に、共演者らと出席した。ドラマは、マスコミの報道によって自殺した母のために、メディアに復讐(ふくしゅう)を誓った主人公の物語で、復讐劇に初挑戦する亀梨さんは「復讐劇は初めて。関西テレビのお仕事も初めて。僕自身、先日、発表になったKAT-TUNのスタートと同じように一歩踏み出すのは幸せと日々かみしめながら撮影しております。今の時代だからこそのテーマに正面から切り込んでいく作品をみんなで作っています」と語った。

 また、亀梨さんは今年の抱負を聞かれ「いろいろな局面で、びびりな自分に勝つ。怖い物知らずということではなく、しっかりできる大人になりたいです。慎重かつアグレッシブな年にしたい」と意気込んだ。

 この日は、共演の藤木直人さん、栗山千明さん、橋本環奈さん、杉本哲太さん、水野美紀さん、林遣都さん、お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうさん、「Hey! Say! JUMP」の高木雄也さんも出席。会見では、それぞれが、自身や共演者の意外な一面を暴露する場面があり、亀梨さんは「僕の性格はあまのじゃく(笑い)。メディアの中での亀梨和也は、スポーツだったり、アイドルだったり、いろいろな一面で切り取られ受け取り方によって違う印象がある。ストイックって言われたりもしますが、家では素っ裸でぐうたらしています」と語った。

 やついさんは、亀梨さんとの共演シーンが時間の関係で十分に撮影できなかったというエピソードを披露し、「撮影の時間が押して、亀梨君に待たせてしまったことを謝ったら『役者は待つのが仕事ですから』ってかっこよく言われた」と明かした。また、亀梨さんの所属事務所の後輩の高木さんは、亀梨さんについて「(演じる)幼なじみでタメ口を利く役に、どうしようって思っていたら『2人で食事に行こう』って言ってくれて。そういうことを考えてくれている先輩がかっこいい」と話し、後輩思いの一面を明かされた亀梨さんは「役が入ってたんだと思う」と苦笑交じりに明かした。

 充電期間に入っていたKAT-TUNは、先日開催された「ジャニーズ カウントダウン コンサート 2017-2018」で活動再開を発表。コンサートでは、同ドラマの主題歌「Ask Yourself」を披露した。亀梨さんは「(活動再開した)幸せとかはなく、いよいよ始まるなっていう思い」と話し、主題歌については「ドラマに沿った内容であり、歌詞をしっかりと見てもらうと、僕らグループとリンクしている部分もあります。ドラマの援護にもなり、大事な一曲になりました」と語っていた。

 「FINAL CUT」は、母を奪った者たちへの復讐と“許されざる恋”を描く。慶介(亀梨さん)の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生。警察の捜査が進む中、百々瀬塁(藤木さん)が司会を務めるワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」は、恭子を犯人扱いした報道をする。やがて、追い詰められた恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年の時を経て、慶介は、百々瀬を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹たちに復讐を果たすため動き始めるが、美人姉妹(栗山さん、橋本さん)の一人を愛してしまい……というストーリー。9日から毎週火曜午後9時放送。初回は15分拡大。

FINAL CUT(ファイナルカット)
FINAL CUT(ファイナルカット)
FINAL CUT(ファイナルカット)
FINAL CUT(ファイナルカット)
FINAL CUT(ファイナルカット)
FINAL CUT(ファイナルカット)

<インタビュー>亀梨和也、初の復讐劇 役作りは「できるだけ準備。でもライブ感も大切に」

亀梨和也さん主演ドラマ「FINAL CUT」でヒロインを演じる栗山千明さん=関西テレビ提供
亀梨和也さん主演ドラマ「FINAL CUT」でヒロインを演じる栗山千明さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)が1月9日スタートする。ある女児殺害事件で、犯人扱いされた自分の母親が自殺に追い込まれた過去を持つ主人公・中村慶介(亀梨さん)の復讐(ふくしゅう)を描く物語で、このほど東京都内で取材に応じた亀梨さんに、ドラマに対する思いや役作りなどについて話を聞いた。

 亀梨さんがフジテレビ系の連続ドラマで主演を務めるのは、2006年に放送された「サプリ」以来、約12年ぶり。今作で脚本を務める金子ありささんについて、亀梨さんは、「『サプリ』以来なんです。(今回も)金子さんだったのでご縁を感じます。(旧知の仲なので)ある種、身を委ねていきたいかな」と語る。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐と“許されざる恋”を描く。慶介の母の恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生。警察の捜査が進む中、百々瀬塁が司会を務めるワイドショー番組「ザ・プレミアワイド」は、恭子を犯人扱いした報道をする。やがて、追い詰められた恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年の時を経て、慶介は、百々瀬を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹たちに復讐を果たすため動き始める。だが美人姉妹の一人を愛してしまい……という内容だ。

 恭子を裕木奈江さん、百々瀬を藤木直人さん、12年前の事件を取り扱った番組スタッフを杉本哲太さん、水野美紀さん、林遣都さん、お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうさんが演じる。また、事件の真相の鍵を握る美人姉妹役で栗山千明さんと橋本環奈さん、慶介の幼なじみ役で「Hey! Say! JUMP」の高木雄也さん、警視庁新宿中央署の副署長役で佐々木蔵之介さんも出演する。

 今回、復讐劇に初挑戦する亀梨さんは、今作について「作品でいうと、すごく難しいなと感じました。台本を読んだ瞬間に、これはこうだよねという落としどころのチョイスがたくさんできる作品」と分析し、「今の世の中は、何をキャッチするかのレパートリーが多く、善と悪に対するジャッジが難しくなっている。悪気がなくても悪を生み出して被害者になったり、加害者になったりするケースがあり、すごく身近にある“怖さ”をテーマにしていると思います」と話す。

 今回亀梨さんは、亡き母のため、復讐に人生をささげる慶介を演じる。慶介は、自らの素性を隠して“ターゲット”に近づき、公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけていく……。

 慶介の役づくりについて、亀梨さんは「テンションや声の出し方など、薄いベースは自分の中で作っているのですが、共演の方々の声を聞きながら、空気感で演じ分けようかと思っています。僕は小心者だから、できるだけ準備していきたいかな。でも、ライブ感も大切にしたいんです。それが、吉と出るか、凶と出るか(笑い)」と明かす。

 今作では、同じ所属事務所の後輩である高木さんと共演。亀梨さんは「僕自身、年齢を重ねていく中で、立場的に後輩にいろいろできたらいいなと思っています」と話し、「山P(山下智久さん)とやる中でも、ジャニーズJr.をバックにつけてやろうよとか、ソロコンサートでもジュニアの子を付けたり(提案をした)。心としては、今回も(後輩に)良いパスができるかなという思いがあります」と後輩思いの一面を見せていた。

 「FINAL CUT」は、9日から毎週火曜午後9時放送。初回は15分拡大。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

裕木奈江、23年ぶり民放連ドラ出演 「FINAL CUT」で亀梨和也の母親役に

関西テレビ提供
関西テレビ提供

女優の裕木奈江さんが、人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演で2018年1月にスタートする連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)に出演することが12月28日、明らかになった。ドラマは亀梨さん演じる主人公・中村慶介の復讐(ふくしゅう)劇で、裕木さんは物語のキーパーソンとなる慶介の母親・恭子を演じる。裕木さんが民放連続ドラマに出演するのは約23年ぶりとなる。

 裕木さんが演じる恭子は、保育園の園長として働きながら、女手一つで慶介を育てる心優しい母親。しかし、自身の保育園に通う女児が殺害される事件が発生し、恭子の環境は一変。百々瀬塁(藤木直人さん)が司会を務めるワイドショー番組からの犯人扱いによって、次第に追い込まれていき、結果、自ら命を絶つことに……。恭子が亡くなり、慶介が復讐を決意するきっかけとなった12年前の数々のエピソードが、ドラマの中で徐々に明かされていく。

 裕木さんは、ドラマや映画、舞台など1990年代を中心に日本で活動したあと、現在はロサンゼルスに拠点を移している。クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」などに出演したほか、今年はアメリカのテレビドラマシリーズの最新作「ツイン・ピークス The Return」での演技力が高い評価を得ている。

 裕木さんは「日本の撮影現場の雰囲気はびっくりするくらい昔と一緒なんですが、私にとって最も違うのは、微妙な表現ができること。アジア人、特に日本人の自分はハリウッドではマイノリティーですから、英語のせりふの有り無しにかかわらず、周囲に誤解されないように必要以上にナイスであろうと力が入ってしまいます。そういった意味では、今回はリラックスして撮影に参加できています」と、久しぶりの日本ドラマの撮影を楽しんでいる様子。

 今回のドラマについては「実際に私たちが生きる社会には正義ってなかなかありませんが、この作品は“正義はあっていいんだ”ってことを本当に真っすぐに伝えています。その正義のため、ときに苦労する主人公を応援しながら見られる作品です。亀梨さんとの共演はありませんが、母として天国から彼の復讐劇を楽しみに見ております!」とメッセージを送っている。

 「FINAL CUT」は、18年1月9日から毎週火曜午後9時放送。初回は15分拡大。

2018年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT」に出演する裕木奈江さん=関西テレビ提供
2018年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT」に出演する裕木奈江さん=関西テレビ提供

栗山千明、亀梨主演ドラマのヒロインに 妹・橋本環奈と三角関係に巻き込まれ…

来年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT」に出演する栗山千明さん=関西テレビ提供
来年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT」に出演する栗山千明さん=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演する来年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)に、女優の栗山千明さんが出演することが11月29日、明らかになった。栗山さんは、亀梨さんが演じる主人公・中村慶介と許されざる恋に落ちるヒロイン・小河原雪子を演じる。

 ドラマは、高校生のころに母親が殺人事件の犯人として扱われ、自殺に追い込まれた過去がある慶介が、12年の時を経て、当時、事件を取材し放送に関わっていたスタッフ、司会者、さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹たちに復讐(ふくしゅう)を果たすため動き始める。だが美人姉妹の一人を愛してしまい……というストーリー。

 栗原さんが演じる雪子は、弁護士の父・達夫(升毅さん)、母・夏美(長野里美さん)、妹の若葉(橋本環奈さん)と一緒に暮らしており、仲のいい家族のように見えるが、一家はある悩みを抱えているという設定。雪子と若葉の姉妹が、慶介との三角関係に巻き込まれていくという。

 栗山さんは、演じる雪子について「職場はきっちりしつつ、家ではリラックスをすることを覚えているところや、恋愛に関して腰が重いところなど、生き方や恋愛への考え方について、すごく共感できる女性です」とコメント。共演する亀梨さんに対しては「本格的には初めての共演なのですごく楽しみです。でも、私、“純愛”みたいな役が少ないんですよ! ですから、すごく今回の作品は新鮮ですし、すごく恥ずかしいですね」と苦笑している。

亀梨和也:フジ系連ドラ11年半ぶりに主演 復讐劇に初挑戦

人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが、来年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)に主演することが22日、明らかになった。
人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが、来年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)に主演することが22日、明らかになった。

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが、来年1月スタートの連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)に主演することが11月22日、明らかになった。亀梨さんがフジテレビ系の連ドラで主演を務めるのは、2006年に放送された「サプリ」以来、約11年半ぶりで、単独主演は初めて。物語は、ある女児殺害事件で母親が犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男・中村慶介の復讐(ふくしゅう)を描いている。

 亀梨さんは「今回、復讐に燃える役どころは初めてですが、慶介は何を思って生きているのかがつかみにくい人物なので、非常に手ごわいキャラクターですね。怒りや悔しさだけではなく、さまざまな感情を秘めた慶介の本質が、ターゲットを追い詰める時に透けて見えるように演じていきたい」と意気込んでいる。ドラマについては「単純な悪者退治ではないストーリーで、今の時代だからこその新しい復讐劇だと思いました。それでいて、スカッと楽しめるエンターテインメント作品」と語っている。

 ドラマは、高校生のころに母親が殺人事件の犯人として扱われ、自殺に追い込まれた過去がある慶介は、12年の時を経て、当時、事件を取材し放送に関わっていたスタッフ、司会者。さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹たちに復讐を果たすため動き始める。しかし、美人姉妹の一人を愛してしまい……というストーリー。劇中には、亀梨さんが映像を駆使した手段でターゲットを追い詰め、「これがあなたのファイナルカットです」という決めぜりふを話す姿も登場するという。

 亀梨さんは同作で、肉体のみで街中のあらゆる障害物をクリアするアクション“パルクール”にも初挑戦する。すでに、トレーニングを積んでいるという亀梨さんは「本当に大変ですね(笑い)。僕もドラマ好きなのでアクロバティックなシーンが出てくるとうれしいし、すごくキャッチーなシーンになると思います。初挑戦ですが、頑張ります!」と語っている。

 ドラマには、亀梨さんのほか、 藤木直人さん、橋本環奈さん、林遣都さん、「Hey!Say!JUMP」の高木雄也さん、 やついいちろうさん、杉本哲太さん、裕木奈江さん、鶴見辰吾さん、升毅さん、水野美紀さん、佐々木蔵之介さんが出演。脚本はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」などの金子ありささん、監督は「嘘の戦争」「僕のヤバイ妻」などの三宅喜重さんと、「過保護のカホコ」「家政婦のミタ」などの日暮謙さんが務める。1月から毎週火曜午後9時放送。

26

/26

目次