BG~身辺警護人~ 視聴率

<視聴率>「BG~身辺警護人~」初回は15.7%!キムタク主演ドラマが好スタート

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の初回が1月18日、15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第1話は警備員として日ノ出警備保障で勤務する章(木村さん)はある日、社長・今関重信(永島敏行さん)に呼ばれ、本社に出向くと、新設される身辺警護課への着任を打診される。章は一度は固辞するものの、今関の強い希望を受け入れることにする。身辺警護課には、高梨雅也(斎藤工さん)、菅沼まゆ(菜々緒さん)、沢口正太郎(間宮祥太郎さん)、村田五郎(上川隆也さん)が各部署から集められた。

 初任務の依頼人は、マラソン大会のスポンサー企業会長の大久保佐助(伊武雅刀さん)。大会には、厚労相の立原愛子(石田ゆり子さん)がスターターとして参加を予定しており、愛子には脅迫状が届いていた。警視庁SPの落合義明(江口洋介さん)は参加を取りやめるよう進言するが、愛子は脅迫に屈しないと参加を決意。一方、身辺警護課では章と高梨が、警備に対する考え方で対立し、そのままマラソン大会の日を迎え……というストーリーだった。

<視聴率>「BG~身辺警護人~」第2話15.1%で好調キープ

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が1月25日、15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は15.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の平均視聴率15.7%を下回ったものの、2回連続15%超えで好調をキープしている。

 第2話は、人権派で知られる行永辰夫(田中哲司さん)の自宅にある自転車が何者かに放火され、1審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は、捜査を開始。行永には警視庁のSPが付き、妻の亜佐美(大塚寧々さん)は日ノ出警備保障の身辺警護課が守ることに。しかし、今回もSPの落合義明(江口洋介さん)は島崎章(木村さん)たちを邪魔者扱い。亜佐美も武器も持たないボディーガードに難色を示す。

 夫の行永がSPとともに出かけると、亜佐美は、章と菅沼まゆ(菜々緒さん)に、食器洗いや玄関の掃除を命じたり、買い物に連れ出したりと、わがままを繰り返す。そんな中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付く。やがて亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる。そして、ある出来事から亜佐美は窮地に立たされてしまい……というストーリーだった。

<視聴率>キムタク主演ドラマ「BG~身辺警護人~」第3話は13.4% 一歩後退も好調キープ

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話が2月1日、放送され、平均視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。2話の15.1%からは1.7ポイント下回ったものの、好調を維持している。

 第3話では、島崎章(木村さん)ら身辺警護課のメンバーが、人気タレント・かのん(三吉彩花さん)に支給するボーナス現金1億円の警護を任じられる。引退するため姿を消したかのんを連れ戻すための金と芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦さん)に説明され出発するが、行き先もはっきりしない任務に、メンバーは不安を募らせる。板東は、かのんが誘拐され、誘拐犯の要求した場所に現金を運んでいることを明かす……というストーリーだった。

<視聴率>「BG~身辺警護人~」第4話の視聴率は13.6%

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が2月8日、放送され、平均視聴率は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。3話の13.4%から0.2ポイント上回った。

 第4話は、厚生労働相の立原愛子(石田ゆり子さん)から、愛子に付いている警視庁SPの目を盗んで、ある人物と3時間の密会をするまでの身辺警護の依頼を受けた島崎章(木村さん)たちは任務を開始するが、会社で待機していた高梨雅也(斎藤工さん)は、愛子はウソをついているのではないかと感じ、章も愛子の様子を不審に思い、本当の理由を問う……。一方、愛子の不在に気付いたSPの落合義明(江口洋介さん)は、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたこと、数日前に章たちと会っていたことを知り、日ノ出警備保障を訪れ、高梨たちから愛子の居場所を聞き出そうとするが……というストーリーだった。

<視聴率>「BG~身辺警護人~」第5話は14.0%

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が2月15日放送され、平均視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第5話は、日ノ出警備保障の身辺警護課にスポーツ系の慈善団体から、警護の依頼が届く。団体の代表は、島崎章(木村さん)がかつてボディーガードを務めていた、元サッカー選手の河野純也(満島真之介さん)だった。純也の出発当日、空港へ向かう中、純也が犯罪がらみで逃亡しようとしている疑惑が浮上し……という展開で、章が6年前、一度ボディーガードを辞めた経緯が明らかになった。

<視聴率>「BG~身辺警護人~」第6話は14.8% キムタク&山口智子22年ぶり共演

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第6話が2月22日、放送され、平均視聴率は14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。女優の山口智子さんが、1996年の大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)以来、約22年ぶりに木村さんとドラマで共演を果たしたことで話題になっていた。

 第6話は、元首相の鮫島匡一(橋爪功さん)から警護の依頼が入る。鮫島に同行した島崎章(木村さん)たちは、民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美さん)の元秘書・植野(萩原聖人さん)が襲撃にやってくる現場に遭遇する。その矢先、鮫島の孫・彩矢を警護していた菅沼まゆ(菜々緒さん)から、彩矢が帰宅しないと連絡が入る。同じころ章は、元妻の仁美(山口さん)から「私の警護をしてほしい」と依頼されていた。「誰かに狙われている」と話す仁美に、章は……というストーリーだった。

<視聴率>「BG~身辺警護人~」第7話は15.8%で自己最高更新

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演する(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7話が1日、放送され、平均視聴率は15.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。初回でマークした15.7%を上回り、自己最高を更新した。

 ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間警備会社のボディーガードたちの戦いの日々を描く作品。

 第7話では、島崎章(木村さん)は6年前に別れた元妻の小田切仁美(山口智子さん)を警護することにためらいと気まずさを感じるが、身辺警護課の高梨雅也(斎藤工さん)の言葉で引き受けることを決意。仁美をつけ狙っていた人物の正体が判明する。警護の延長でレストランで食事していた2人の前に、厚生労働相の立原愛子(石田ゆり子さん)が民事党の幹事長、五十嵐映一(堀内正美さん)と現れる。そこで突然、銃声が鳴り響き、店内は騒然。撃たれそうになった章を村田(上川隆也さん)がかばい、銃弾に倒れる……というストーリーだった。

<視聴率>「BG~身辺警護人~」第8話は16.4%で自己最高更新 

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第8話が3月8日、15分拡大版で放送され、平均視聴率は16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。先週の第7話の15.8%(同)から上回り、自己最高を更新した。

 ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間警備会社のボディーガードたちの戦いの日々を描く作品。

 第8話では、村田五郎(上川隆也さん)が撃たれた発砲事件に、身辺警護課に対して否定的な世論が巻き起こる。厚生労働相の立原愛子(石田ゆり子さん)など、現場にいた人間も真実を語ろうとしない。村田の汚名をそそぎたい島崎章(木村さん)たち身辺警護課のメンバーだったが、沢口正太郎(間宮祥太朗さん)が「ボディーガードを辞めさせてほしい」と言い出す。そんな中、愛子がSPの落合義明(江口洋介さん)と共に日ノ出警備保障を訪ねてくる……というストーリーだった。

「BG~身辺警護人~」最終回視聴率は17.3% 自己最高記録で有終の美

連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演した(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん
連続ドラマ「BG~身辺警護人~」に出演した(左から)菜々緒さん、斎藤工さん、上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、間宮祥太朗さん

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の最終話が3月15日、15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。第8話でマークした16.4%を上回って自己最高を更新し、有終の美を飾った。

 ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間警備会社のボディーガードたちの戦いの日々を描いた。上川隆也さん、江口洋介さん、石田ゆり子さん、斎藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太朗さんといった豪華キャストが出演。島崎章(木村さん)の元妻役で出演した山口智子さんと木村さんの約22年ぶりのドラマ共演や、主要メンバーである村田(上川さん)の死という衝撃展開などが話題を呼んだ。

 最終話は、発砲事件で命を落とした身辺警護課の課長の村田を巡る証拠隠蔽(いんぺい)問題、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田さん)が事件の真実を語るのか、警視庁SPの落合(江口さん)はどう動くのか、島崎たちは村田の汚名をすすぐことができるのかといった展開に、終止符が打たれた。歌手の矢沢永吉さんが本人役で出演した。

 発砲事件の現場の状況を記録した、村田の遺品であるICレコーダーのデータが警察によって消され、世論も身辺警護課にとって逆風となるが、島崎たちは村田の汚名をすすごうと誓う。そんな中、厚生労働大臣の職を辞した愛子が「私が真実を話します」と名乗り出る。島崎たちは真相を語ろうとする愛子を警護することになるが、そのことで自分たちの身にも危機が迫る。一方、SPの落合は上司の氷川(宇梶剛士さん)に「自ら事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る……というストーリーだった。