オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~ ニュース

「オー・マイ・ジャンプ」最終話 100年後、消滅危機のマンガを救えるか? 西野七瀬も天野アイ役で出演

深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」最終話の場面写真(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」最終話の場面写真(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う」の最終話が3月23日深夜0時12分に放送される。何者かに襲われた秘密クラブのオーナー・土田(斉木しげるさん)が衝撃の告白。自分は100年後から来た未来人だと明かし……。

 土田の話では、100年後にはマンガ=邪悪とされ、特に少年ジャンプは目の敵。しかも検閲をするAIが暴走してマンガがどんどん消滅する事態に。マンガを守るべく時空を超えて協力者を捜していた土田だが、刺客に襲われ現代にも影響が……。土田は月山浩史(伊藤淳史さん)らに助けを求めるが、浩史が未来から戻れる保証はない。果たして浩史らの決断は……。

 同局系連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018』」に天野アイ役で主演している「乃木坂46」の西野七瀬さんが天野アイとしてゲスト出演する。

 これまでは、浩史が、突然現れた怪しげな男・土田(斉木しげるさん)に連れられて「オー・マイ・ジャンプ!」という店を訪問。そこは「NARUTO」の格好をした火村(生駒里奈さん)、「アラレちゃん」の格好をした木暮(佐藤仁美さん)、「聖闘士星矢」の聖衣(クロス)を着た水川(寺脇康文さん)ら大半の客が「少年ジャンプ」のキャラクターのコスプレをした、ジャンプを愛する者だけが集う秘密クラブだった……という内容だった。

 今年創刊50周年の「週刊少年ジャンプ」が全面協力して制作されたオリジナル作。かつてヒーローに憧れていた飲料メーカーのさえない営業マン・浩史が、「週刊少年ジャンプ」を愛する人たちの集まる秘密クラブを知り、影響を受けていく。やがて浩史は地球規模の災いに巻き込まれる……という展開。キャストが劇中で披露するコスプレも見どころ。

 

(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会
(C)「オーマイジャンプ!」製作委員会

西野七瀬、生駒里奈とドラマ「オー・マイ・ジャンプ!」最終話で共演! “天野アイ”として登場

「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」の最終話で共演を果たした西野七瀬さん(左)と生駒里奈さん(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/(C)『電影少女2018』製作委員会
「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」の最終話で共演を果たした西野七瀬さん(左)と生駒里奈さん(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/(C)『電影少女2018』製作委員会

 アイドルグループ「乃木坂46」の西野七瀬さんが、俳優の伊藤淳史さん主演で同グループの生駒里奈さんも出演している連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」(テレビ東京)の最終話にゲスト出演することが3月16日、分かった。西野さんは同局系の連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」に天野アイ役で主演しており、「オー・マイ・ジャンプ!」にも天野アイとして登場する。

 生駒さんは「『電影少女』は、ドラマをずっと見ているので、実際に天野アイ姿になったなーちゃん(西野さんの愛称)を見て『あ、本物だ!』という感じでした(笑い)。長年一緒に仕事をしていますが、乃木坂46の仕事ではない単独の仕事の現場で、なーちゃんと一緒にコラボできたことは、すごく斬新で楽しかったです」とコメント。

 また、初の単独でのドラマ出演となった「オー・マイ・ジャンプ!」については「私にとっては全部難しかったです。今回、すごい方たちとの共演だったのですが、現場でも勉強するというほうが多かったですし、あらためて自分はまだまだだなという事にたくさん気づいた期間でした。でも、現場はすごく楽しかったですし、いいものに出会えたと思います。とてもいい経験になりました」と振り返った。

 一方、西野さんは「『電影少女』の撮影は去年に撮り終えていたので、もう1回アイちゃんになるのが久々でしたし、生駒ちゃんがずっとやっている現場に行くという経験もなかなかないので、面白かったです」と今回の撮影を振り返り、生駒さんの演技については「割と『自分に近いキャラ、役なんだ』と聞いていたので、私はあまり『(生駒ちゃんが)芝居している!』っていう感じでもなく自然体に見えました」とコメント。また「現場の雰囲気が(『電影少女』と)全然違うなぁって……。短い時間でしたが、生駒ちゃんも共演した伊藤淳史さんもこちらが緊張せずにいられるような雰囲気を出してくださり、リラックスして演じることができました」と語った。

 「オー・マイ・ジャンプ!」は毎週金曜深夜0時12分放送で、西野さんが登場する最終話はテレビ東京ほかで23日放送。

(C)『電影少女2018』製作委員会
(C)『電影少女2018』製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/(C)『電影少女2018』製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会/(C)『電影少女2018』製作委員会

倉持由香らが「キャッツ・アイ」に! ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!」第4話ゲスト&場面写真公開

連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の第4話場面写真 (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の第4話場面写真 (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の第4話(2月2日深夜放送)のゲストが発表された。倉持由香さん、明日花キララさん、牧野ステテコさん、湯江タケユキさん、吉田メタルさんで、倉持さん、明日花さん、牧野さんが「キャッツ・アイ」に扮(ふん)した場面写真も公開された。

 第4話は、超ご機嫌で秘密クラブへやってきた木暮美樹(佐藤仁美さん)。あるパーティーで出会ったイケメン国際弁護士のジョン山下(湯江さん)から猛烈アタックを受け、その日に付き合うことになったという。実は腕利きの医者である美樹は「私のような女に釣り合うのは『シティーハンター』の冴羽りょうくらい」と豪語する完璧主義者。数日後、ジョン山下から連絡が全くこないと困惑する美樹の前に、突然「キャッツ・アイ」のような女性3人組が現れ……というストーリー。

(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

<特集>「オー・マイ・ジャンプ!」異色ドラマは「ジャンプらしく」 愛あふれ泣く泣くカットも

ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」の一場面(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」の一場面(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

 今年、創刊50周年を迎えるマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」が「“ジャンプ愛”があふれすぎている」などと話題になっている。伊藤淳史さんが主演を務め、出演者が人気キャラクターのコスプレを披露したり、ジャンプに関する小ネタがちりばめられるなど、ファンにはたまらない演出が随所に見られ、テレビ東京の阿部真士プロデューサーはドラマについて「ジャンプらしさを考えています」と話す。阿部プロデューサーにドラマ制作の裏側を聞いた。

 ◇超展開はジャンプならでは?

 「オー・マイ・ジャンプ!」は、かつてヒーローに憧れていた、さえない会社員の月山浩史(伊藤さん)が、ジャンプを愛する人たちが集まる秘密クラブを知り、影響を受けていく。やがて月山は、秘密クラブのメンバーらとともに能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……というストーリー。

 アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さん、佐藤仁美さん、斉木しげるさん、寺脇康文さんらが出演。女子大生の火村智子(生駒さん)が「NARUTO -ナルト-」の主人公・うずまきナルト、婚活中の女医で38歳の木暮美樹(佐藤さん)が「Dr.スランプ」の則巻アラレに扮(ふん)するなど、秘密クラブに集まる面々が見せるクオリティーの高いコスプレも話題だ。

 企画当初は、「キン肉マン」「ONE PIECE」など名作が生まれた裏側をテーマに、マンガ家と編集者の魂のぶつかり合いを描こうとしていた。しかし、紆余(うよ)曲折の末、名作の誕生秘話も描きつつ、さえない会社員を主人公としたオリジナルストーリーになったという。

 秘密クラブのメンバーらとともに能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……という展開は唐突にも思える。阿部プロデューサーによると、主人公たちはAI(人工知能)と戦うことになるといい「展開も紆余曲折があり、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のようにするなど、さまざまなアイデアが生まれて、消えていきました。その中で考えたのが、表現の問題が騒がれている中、マンガが禁止になった時にどうなるのか?ということ。AIの発展によって、そんなことも起こるかもしれない」と考えたようだ。

 “超展開”ではあるが「ジャンプをテーマにしているからできること。マンガから得たものがたくさんありますよね。それがなくなってしまうなんて……と壮大でバカバカしいけど、奥深い話ですよね。超展開はワクワクしますし」とも話す。

 ◇テレ東の独自路線は「自由に」

 阿部プロデューサーをはじめスタッフは「これはジャンプっぽいよねって」などと話したり、議論しながらドラマを制作しているという。「ジャンプらしさを考えています。編集部の方に教わることもあります。ジャンプがオフィシャルで言っているわけではないのですが、友情、努力、勝利の3原則というものもあります。そこも守りたい」という思いがある。

 第1話では、主人公の月山が秘密クラブに入るために、ジャンプに関するクイズに挑戦するシーンがあるなど小ネタもファンにはうれしいところ。阿部プロデューサーが「実は、第1話のクイズのシーンはもっと長かったんです。尺の問題で、編集でバッサリとカットしました。もったいないので、公式ツイッターやDVDなどでフルバージョンを公開するかもしれません。今後も小ネタがたくさんあります」と話すように、スタッフのジャンプ愛があふれすぎてしまうことがあるようだ。

 テレビ東京では、かつてジャンプで連載された桂正和さんのマンガを実写化したドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」も放送されており、コラボも期待されるが、阿部プロデューサーは「ラブコールを送っています。期待に応えたいですね」と話す。

 テレビ東京の深夜ドラマは、ニッチにも見えるものも多く、独自路線と呼ばれることもある。阿部プロデューサーは「面白いことを自由にやらせていただけています」とも話す。「オー・マイ・ジャンプ!」も、また自由な発想な超展開が期待できそうだ。ドラマはテレビ東京で毎週金曜深夜0時12分に放送中。

(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

<ドラマ紹介>「オー・マイ・ジャンプ!」 乃木坂・生駒がナルト大好き女子大生に “ジャンプ愛”さく裂コメディー

連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ」第1話の場面写真=テレビ東京提供
連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ」第1話の場面写真=テレビ東京提供

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」の放送が1月12日深夜0時12分にスタートする。「モテキ」「マジすか学園」「勇者ヨシヒコ」シリーズなどが放送された同局の深夜ドラマ枠「ドラマ24」の50作目で、“ジャンプ愛”がさく裂するコメディー。主演を俳優の伊藤淳史さんが務め、マンガ「NARUTO」が大好きな大学生をアイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さんが演じる。

 ドラマは、今年創刊50周年を迎える同誌が全面協力して制作されるオリジナル作。かつてヒーローに憧れていた飲料メーカーのさえない営業マン・月山浩史(伊藤さん)が、「週刊少年ジャンプ」を愛する人たちが集まる秘密クラブを知り、影響を受けていく。やがて月山は、秘密クラブのメンバーらと能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……という展開。キャストが劇中で披露するコスプレも見どころとなっている。

 生駒さんは「NARUTO」が大好きな大学生の火村智子を演じる。金融機関勤務で「聖闘士星矢」ファンの水川康介役を寺脇康文さん、ジャンプのヒロインに強い憧れを持つ婚活中の女医・木暮美樹役を佐藤仁美さん、秘密クラブのマスター・土田跳躍役を斉木しげるさん、月山の上司・大嵐寿三郎役をケンドーコバヤシさんが演じる。また、オープニングナレーションを「北斗の拳」のケンシロウ役や、「シティーハンター」の冴羽りょう役などで知られる声優の神谷明さんが務める。

 初回は、公園で仕事をさぼっていた月山が、突然現れた怪しげな男・土田跳躍(斉木さん)に連れられて「オー・マイ・ジャンプ!」という店を訪れる。店内には「少年ジャンプ」の創刊号から最新号や、各マンガの単行本がずらりと並び、さらに「NARUTO」の格好をした火村(生駒さん)、「アラレちゃん」の格好をした木暮(佐藤さん)、「聖闘士星矢」の聖衣(クロス)を着た水川(寺脇さん)など、ほとんどの客が「少年ジャンプ」に登場したキャラクターのコスプレをしており、ジャンプを愛する者だけが集う「少年ジャンプ」の秘密クラブだった……という内容。初回ゲストとして元「でんぱ組.inc」メンバーの最上もがさんと、俳優の浅香航大さんが出演する。

テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供

乃木坂46生駒里奈、「ナルト」コスプレ披露!「ただのオタクも頑張ればこうなれる!」

「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の会見に登場した「乃木坂46」の生駒里奈さん
「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の会見に登場した「乃木坂46」の生駒里奈さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さんが1月11日、東京都内で行われたマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の会見に出席。生駒さんは、劇中でも披露するマンガ「NARUTO -ナルト-」の主人公・うずまきナルトのコスプレ姿で登場し、「ジャンプが大好きで、ナルトが大好き。ただのオタクも頑張れば、こうなれるよ! 自信のない子に勇気を与えられる存在になれれば」と語った。

 ドラマの第2話では、生駒さんが演じる大学生で「NARUTO -ナルト-」ファンの火村智子がストーリーの中心になるといい、「吐きそうです。どうしよう……。見た人に不快な思いをさせないようにできれば」と話した。また、生駒さんがドラマに単独で出演するのは初めてで「お芝居の経験があまりないので、勉強中。皆さんの力を借りながら楽しく勉強させていただきます」と意気込んだ。

 「オー・マイ・ジャンプ!」は、2018年に創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」が全面協力して制作されるオリジナルドラマ。冴えない営業マン・月山浩史(伊藤淳史さん)が、「週刊少年ジャンプ」を愛する人たちが集まる秘密クラブで影響を受けていく中、月山やクラブのメンバーらの能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……というストーリー。生駒さんは、大学生で「NARUTO -ナルト-」ファンの火村智子を演じる。

 会見には、伊藤さんが「ONE PIECE」のモンキー・D・ルフィ、馬場徹さんが「北斗の拳」のケンシロウ、栁俊太郎さんが「ろくでなし BLUES」の前田太尊、斉木しげるさんが「僕のヒーローアカデミア」のオールマイト、佐藤仁美さんが「Dr.スランプ」の則巻アラレ、寺脇康文さんが「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍(龍星座の紫龍)のコスプレで登場した。ドラマはテレビ東京で12日から毎週金曜深夜0時12分に放送。

佐藤仁美、今年39歳のアラレちゃんコスプレ!絶賛の声も複雑な思い

「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の会見に登場した佐藤仁美さん
「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の会見に登場した佐藤仁美さん

 女優の佐藤仁美さん(38)が1月11日、東京都内で行われたマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」の会見に登場した。婚活中の女医で38歳の木暮美樹を演じる佐藤さんは、劇中でも着た「Dr.スランプ」の則巻アラレのコスプレで登場し、「キーーーン!」「んちゃ!」などのポーズなどをノリノリで披露。「今年39歳、独身。ダンナ募集中です!」とあいさつした。

 佐藤さんは撮影について「いろいろなコスプレをさせていただいて、特にアラレちゃんの受けがいいんです。喜んでいたのですが、よくよく考えていたら、アラレちゃん2頭身だったな……」と複雑な思いを明かした。

 「オー・マイ・ジャンプ!」は、2018年に創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」が全面協力して制作されるオリジナルドラマで、伊藤淳史さんが主演。さえない営業マン・月山浩史(伊藤さん)が、ジャンプを愛する人たちが集まる秘密クラブで影響を受けていく中、月山やクラブのメンバーらの能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……というストーリー。

 会見には、伊藤さんが「ONE PIECE」のモンキー・D・ルフィ、アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さんが「NARUTO -ナルト-」の主人公・うずまきナルト、馬場徹さんが「北斗の拳」のケンシロウ、栁俊太郎さんが「ろくでなし BLUES」の前田太尊、斉木しげるさんが「僕のヒーローアカデミア」のオールマイト、寺脇康文さんが「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍(龍星座の紫龍)のコスプレで登場した。ドラマはテレビ東京で12日から毎週金曜深夜0時12分に放送。

神谷明が「ジャンプ」ドラマOPナレ担当 キン肉マン、ケンシロウ、冴羽りょうでおなじみの声優

ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」のオープニングナレーションを担当する声優の神谷明さん (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」のオープニングナレーションを担当する声優の神谷明さん (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

  声優の神谷明さんが、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」のオープニング ナレーションを担当することが1月5日、明らかになった。「キン肉マン」のキン肉マン(キン肉スグル)、「北斗の拳」のケンシロウ、「シティーハンター」の冴羽りょうといった愛すべきジャンプキャラの「声」で知られる神谷さんが、どんなナレーションを聴かせてくれるのか、期待が高まる。

 神谷さんは「ジャンプの旗印は『友情』『努力』『勝利』。そのジャンプ魂を今回ドラマで見られるという知らせが届きました。当時の少年が自分たちの歴史をジャンプ魂で切り開いていく。考えただけでもワクワクしちゃいます」と心を躍らせつつ、「私も最後まで作品に寄り添っていこうと思います。スタッフ、キャストの皆さん『への突っ張り』で頑張ってください」とコメントを寄せている。

 ドラマは、2018年に創刊50周年を迎える同誌が全面協力して制作されるオリジナル作。かつてヒーローに憧れていた月山浩史(伊藤淳史さん)が、「週刊少年ジャンプ」を愛する人たちが集まる秘密クラブを知り、影響を受けていく。やがて月山は、秘密クラブのメンバーらと能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……という、“ジャンプ愛”がさく裂したコメディー。

 12日から毎週金曜深夜0時12分に放送され、テレビ大阪のみ毎週月曜深夜0時12分に放送。

(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

乃木坂46生駒里奈、ナルトのコスプレで“ジャンプ表紙”に 佐藤仁美はアラレちゃん ケンコバは江田島平八?

「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」のポスタービジュアル (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」のポスタービジュアル (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」のポスタービジュアルで、アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さんが「NARUTO」の主人公・うずまきナルトのコスプレを披露していることが12月28日、分かった。

 ポスターはジャンプの表紙を模したデザインで、レギュラー陣が愛すべき“ジャンプキャラ”に変身している。佐藤仁美さんは「Dr.スランプ」の則巻アラレに扮(ふん)し、主人公の上司役に決まったケンドーコバヤシさんは「魁!!男塾」の江田島平八を彷彿(ほうふつ)とさせるビジュアルで登場。飲料メーカー太陽ドリンコ営業4課の課長・大嵐寿三郎を演じるケンドーコバヤシさんは、「わしが大嵐寿三郎であーーーーる!! 」とコメントを寄せている。

 そのほか、主演の伊藤淳史さんが「ONE PIECE」のモンキー・D・ルフィ、馬場徹さんが「北斗の拳」のケンシロウ、柳俊太郎さんが「ろくでなし BLUES」の前田太尊、斉木しげるさんが「僕のヒーローアカデミア」のオールマイト、寺脇康文さんが「聖闘士星矢」のドラゴン(龍星座)の紫龍になりきり。また第1話ゲストに最上もがさんと浅香航大さんが決まったことも発表された。

 ドラマは、2018年に創刊50周年を迎える同誌が全面協力して制作されるオリジナル作。かつてヒーローに憧れていた月山浩史(伊藤さん)が、「週刊少年ジャンプ」を愛する人たちが集まる秘密クラブを知り、影響を受けていく。やがて月山は、秘密クラブのメンバーらと能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……という、“ジャンプ愛”がさく裂したコメディー。

 18年1月12日から毎週金曜深夜0時12分に放送され、テレビ大阪のみ毎週月曜深夜0時12分に放送。

(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

「オー・マイ・ジャンプ!」「BLUE ENCOUNT」がEDテーマ担当

「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」のエンディングテーマを担当するロックバンド「BLUE ENCOUNT」(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」のエンディングテーマを担当するロックバンド「BLUE ENCOUNT」(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」のエンディングテーマを4人組ロックバンド「BLUE ENCOUNT」(ブルーエンカウント)が担当することが1月27日、明らかになった。タイトルは未定。

 BLUE ENCOUNTは、熱く激しく観客と一体になり、MCでは、ときに自らが涙してしまうほどの感情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題の4人組ロックバンド。2014年9月にメジャーデビューし、15年5月には人気アニメ「銀魂(第3期)」(テレビ東京系)のオープニングテーマとなるシングル「DAY×DAY」をリリースした。

「オー・マイ・ジャンプ!」OPテーマを4人組バンド「04 Limited Sazabys」が担当

「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」のオープニングテーマを担当するロックバンド「04 Limited Sazabys」
「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」のオープニングテーマを担当するロックバンド「04 Limited Sazabys」

マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」のオープニングテーマを4人組ロックバンド「04 Limited Sazabys」(フォーリミテッドサザビーズ)が担当することが12月27日、明らかになった。タイトルは未定。

 04 Limited Sazabysは、2008年に名古屋で結成された4人組ロックバンド。15年4月にファーストフルアルバム「CAVU」をリリースしメジャーデビューし、16年4月にはバンド主催の野外フェスを地元・愛知県で開催し、計2万人を動員するなど人気を集めている。

 ドラマは、18年に創刊50周年を迎える同誌が全面協力して制作されるオリジナル作で、俳優の伊藤淳史さんが主演を務め、マンガ「NARUTO」が大好きな大学生・火村智子役をアイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さんが演じる。かつてヒーローに憧れていた月山浩史(伊藤さん)が、「週刊少年ジャンプ」を愛する人たちが集まる秘密クラブを知り、影響を受けていく。やがて月山は、秘密クラブのメンバーらと能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……という、“ジャンプ愛”がさく裂したコメディー。18年1月12日から毎週金曜深夜0時12分放送。テレビ大阪のみ毎週月曜深夜0時12分に放送。

乃木坂46生駒里奈、「ジャンプ」ドラマのヒロインに 「NARUTO」大好き大学生役でコスプレも

深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」でヒロインの火村智子を演じる「乃木坂46」の生駒里奈さん (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」でヒロインの火村智子を演じる「乃木坂46」の生駒里奈さん (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

 アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さんが、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボしたテレビ東京の深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」にヒロインとして出演することが12月22日、明らかになった。生駒さんが演じるのは、マンガ「NARUTO」が大好きな大学生・火村智子役。「ジャンプが大好き」と公言している生駒さんは「この役は、アイドルをやっていなかった私そのもの」と共感を寄せている。

 生駒さんが演じる火村智子は、恋愛に奥手で彼氏がいたことがなく、引っ込み思案で人とコミュニケーションを取るのが苦手というキャラクター。「ジャンプ」のことを話し出すと多弁になり、我を忘れてしまう一面もある。

 生駒さんは「今も『週刊少年ジャンプ』は買っています。一番好きな作品は『NARUTO』です。私は何度も『NARUTO』に力をもらいました。人生の教科書です」と熱く語っており、自身と共通点が多い役どころだ。ドラマでは、人気キャラクターのコスプレも披露するといい、「ちゃんとキャラクターを表現できるように頑張ります!!」と意気込みを語っている。

(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

「テレ東ドラマ24」50作目は「少年ジャンプ」とコラボ 「モテキ」「マジすか」の深夜ドラマ枠

2018年1月から放送される深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!」のロゴ (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会
2018年1月から放送される深夜ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!」のロゴ (C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

 「モテキ」「マジすか学園」「勇者ヨシヒコ」シリーズなどが放送されたテレビ東京の深夜ドラマ枠「ドラマ24」が50作目を迎え、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)とコラボすることが11日、明らかになった。タイトルは「オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」で、2018年に創刊50周年を迎える同誌が全面協力して制作されるオリジナル作。マンガが誕生するまでの創作秘話や裏話、同誌にまつわる“都市伝説”などを盛り込むほか、同誌の名作マンガがさまざまな形で登場するという。

 ドラマは、俳優の伊藤淳史さんが主演し、馬場徹さん、栁俊太郎さん、斉木しげるさん、山崎萌香さん、佐藤仁美さん、寺脇康文さんが出演。物語は、かつてヒーローに憧れていた月山浩史(伊藤さん)が、「週刊少年ジャンプ」を愛する人たちが集まる秘密クラブを知り、影響を受けていく。やがて月山は、秘密クラブのメンバーらと能力が覚醒し、地球規模の災いに巻き込まれる……という、“ジャンプ愛”がさく裂したコメディー。劇中では、伊藤さんらキャスト全員がコスプレ姿を披露する。

 伊藤さんは「来る2018年、週刊少年ジャンプ創刊50周年、ドラマ24の50作目という節目で、見てくださ る皆様に元気を与えたいと思います」と意気込み、「コスプレをされた共演者の皆さんとお芝居するのが、すごく楽しみです。壮大なスケールになっていくと聞いていますので、スタッフの皆さんとも力を合わせて、頑張ってまいります」とメッセージを送っている。

 ドラマは、18年1月12日から毎週金曜深夜0時12分に放送。テレビ大阪のみ毎週月曜深夜0時12分に放送。