春が来た

  • スタッフ:
    原作:向田邦子「春が来た」(文春文庫)、監督:河合勇人、脚本:吉田弥生、音楽:小田朋美、プロデューサー:松永綾、有重陽一、制作プロダクション:ジャンゴフィルム、制作協力:日活、製作著作:WOWOW
  • キャスト:
    カイ(EXO)、倉科カナ、古畑星夏、健太郎、高田聖子、高畑淳子、佐野史郎
  • 放送日:
    2018年1月13日(土)22:00~ WOWOW プライム
UPDATE

春が来たあらすじ

 ドラマは、向田邦子の短編「春が来た」が原作。韓国の人気アーティストグループ「EXO(エクソ)」のカイさんが主演を務める。

 デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナさん)は、ひょんなことから韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会う。その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。うだつの上がらない父周次を佐野史郎さん、母須江を高畑淳子さん、可愛げのない妹順子を古畑星夏さんが演じている。WOWOWのオリジナルドラマで海外キャストの主演は初めて。

スタッフ

原作:向田邦子「春が来た」(文春文庫)、監督:河合勇人、脚本:吉田弥生、音楽:小田朋美、プロデューサー:松永綾、有重陽一、制作プロダクション:ジャンゴフィルム、制作協力:日活、製作著作:WOWOW

春が来たキャスト

カイ(EXO)、倉科カナ、古畑星夏、健太郎、高田聖子、高畑淳子、佐野史郎

主題歌

EXO「Lovin’ You Mo’」(avex trax)

春が来た放送日

2018年1月13日(土)22:00~ WOWOW プライム

<完成披露試写会>EXO・カイ、好きな日本語のせりふは「借金してました」 「連続ドラマW 春が来た」

「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場したカイ(EXO)さん(左)と倉科カナさん
「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場したカイ(EXO)さん(左)と倉科カナさん

 カイ(EXO)さんが1月9日、東京都内で開かれた主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場した。ドラマのオファー後から日本語を特訓したというカイさんは、劇中やこの日の舞台あいさつで見事な日本語を披露。同席した倉科カナさんから「好きな日本語のせりふは?」と質問されると、「借金してました」と答え、倉科さんらキャスト陣から「なんで?」と突っ込まれ、客席からも笑いが起こった。

 倉科さんは「カイくんが(撮影の合間に)『借金してました』と練習しているのは見ました」と明かし、一番難しかった日本語について、カイさんは「(倉科さんの役名の岸川)直子。イントネーションが大変でした」と答えて、再び観客を笑わせた。

 舞台あいさつには、高畑淳子さん、佐野史郎さん、河合勇人監督も出席。河合監督は「カイさんは最初日本語が話せなかったので、ドラマではモノローグで(台本を見ながら)語っていただこうと思っていた。ところが日本語が上手になったので『じゃあ本当にしゃべってもらおう』となった」と明かしていた。

 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子さんの短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・直子は、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。WOWOWプライムで13日から毎週土曜午後10時放送。全5話で初回は無料放送。

<完成披露試写会>EXO・カイ、主演ドラマのシャワーシーンに観客から歓声 「連続ドラマW 春が来た」

「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場したカイ(EXO)さん
「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場したカイ(EXO)さん

 カイ(EXO)さんが1月9日、東京都内で開かれた主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場した。第1話の試写で、カイさんのシャワーシーンが流れると観客から大きな歓声が上がった。舞台あいさつでカイさんは、「急いで体を鍛えなければいけなかった」と振り返っていた。

 舞台あいさつには、倉科カナさん、高畑淳子さん、佐野史郎さん、河合勇人監督も出席した。高畑さんはドラマ撮影時のカイさんのエピソードについて「刺し身を食べていた」「よく笑っていた」「隅田川の公園で鉄棒があると懸垂をしていた」などと語っていた。

 14日に24歳の誕生日を迎えるカイさんにサプライズでケーキ型の巨大な風船がプレゼントされる一幕があり、司会から「(お礼に)ダンスをしてほしい」とお願いがあると、カイさんは顔を赤くしながらキレのあるダンスを披露し、終わった後で風船をたたき、壁に向かって顔を伏せた。倉科さんは「照れてる姿も可愛い」とイジっていた。

 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子さんの短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科さん)は、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。WOWOWプライムで13日から毎週土曜午後10時放送。全5話で初回は無料放送。

春が来た
春が来た
春が来た
春が来た
春が来た
春が来た
春が来た
出典:YouTube
春が来た
出典:YouTube

カイ(EXO)、主演ドラマ「春が来た」のコラボメニュー登場 東京・赤坂「SMT Tokyo」

プレゼントされるポストカード Aタイプのイメージビジュアル(C)2017 WOWOW
プレゼントされるポストカード Aタイプのイメージビジュアル(C)2017 WOWOW

 カイ(EXO)さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」とコラボレーションし、東京・赤坂の飲食店「SMT Tokyo」が、ドラマの世界観をイメージしたセットメニューを1月9日から期間限定で提供する。2月10日まで。

 タッカルビとサラダのセット「春が来たセット」(1400円、以下税抜き)、のり巻きのキンパとトッポギがセットになった「春のピクニックセット」(1000円)のほか「桜雲inローズエイド」(800円)、いちごスムージーか抹茶スムージーかを選べる「春を呼ぶスムージー」(各800円)の4種を楽しめる。コラボメニューを注文するとポストカードがもらえる。

 ドラマは向田邦子の短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナさん)は、ひょんなことから韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。WOWOWプライムで13日から毎週土曜午後10時放送。全5話で初回は無料放送。

(C)2017 WOWOW
(C)2017 WOWOW
(C)2017 WOWOW
(C)2017 WOWOW
(C)2017 WOWOW
(C)2017 WOWOW
(C)2017 WOWOW
(C)2017 WOWOW

カイ(EXO)、主演ドラマ「春が来た」のポップアップストア登場

カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」が2018年1月に放送されることを記念したポップアップストアが、2018年1月10~15日の6日間限定で東京・南青山の「ZeroBase表参道」にオープンする。

 ストアでは、カイさんがドラマで着用した衣装や、ここでしか見られない貴重なオフショットスチール、場面写真のパネルなどが展示される予定。さらに、入場者には先着で「春が来た」特製のマスキングテープ、WOWOWテレビ会員加入者には先着でオリジナルトートバッグがプレゼントされる。また、ストア限定の豪華プレゼント企画の実施など、ファンにはたまらない盛りだくさんの内容になっている。

 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子の短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナさん)は、ひょんなことから、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。WOWOWプライムで18年1月13日から毎週土曜午後10時放送。全5話で初回は無料放送。

EXO・カイ、主演ドラマのメーキング動画公開 撮影の合間にはしゃぐ姿も

春が来た
出典:YouTube

 EXOのカイさん主演のWOWOW「連続ドラマW 春が来た」のメーキング動画が12月8日、公開された。カイさんがキャストを前に日本語で自己紹介する様子や、日本語のせりふを覚えようと奮闘する姿などが収められている。WOWOWプライムで、2018年1月13日から毎週土曜午後10時放送。全5話で、第1話は無料放送。

 向田邦子の短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナさん)は、ひょんなことから韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会う。その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。うだつの上がらない父周次を佐野史郎さん、母須江を高畑淳子さん、可愛げのない妹順子を古畑星夏さんが演じている。WOWOWのオリジナルドラマで海外キャストの主演は初めて。

 WOWOWメンバーズオンデマンド限定で8日から配信されるメーキング番組「The Making of 春が来た」のVol.1として公開された。撮影に入る前の本読みの様子から始まり、クランクインでの緊張の様子や、カイさんが撮影の合間にジェスチャーで日本語を覚えたり、難しいせりふを間違わずに言えてはしゃぐ姿などが映し出される。倉科さん、佐野さん、高畑さん、古畑さんらも登場する。

EXO、日本オリジナル楽曲がWOWOWドラマの主題歌に決定

連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」のポスタービジュアル
連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」のポスタービジュアル

 カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 春が来た」の主題歌が、EXOの新曲「Lovin’ You Mo’」に決定したことが10月20日、分かった。同曲はドラマのために制作された日本オリジナル楽曲で、EXOの楽曲が日本のドラマの主題歌に採用されるのは初めて。

 また、ドラマのポスタービジュアルと特報映像も公開された。

EXO・カイ、日本の夏祭りを初体験 倉科カナの浴衣姿に「キレイです」

カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」のワンシーン
カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」のワンシーン

 カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」(2018年1月放送予定)の撮影中のメーキングカットが9月1日、公開された。カイさんが演じるカメラマンのジウォンと、ヒロインの直子(倉科カナさん)とその家族が一緒にお祭りを楽しむというシーンで、倉科さんや古畑星夏さんら女優陣の浴衣姿を見たカイさんは「キレイです」と絶賛していた。

 セットを見て「すごい」とテンションが上がったカイさんは、「大阪、たこ焼き、なんでやねん」というフレーズを繰り返しながら、日本語で「おいしそう。一つください」と、イカ焼き屋台の店員役に話しかけたり、「スーパーボールすくい」をしてみたりと、撮影の合い間も日本のお祭りを疑似体験して楽しんでいた。

 撮影終了後に感想を聞かれたカイさんは「韓国には花火とかはあるけれど、こういう町のお祭りみたいなものはないから、初めての経験で楽しかったです」と話し、「韓国にもこういうお祭りがあってほしい、本当にいいです。女性ときたらホレちゃいそう」とコメントしている。

WOWOWの「連続ドラマW 春が来た」のワンシーン
WOWOWの「連続ドラマW 春が来た」のワンシーン

EXO・カイ、日本での初主演ドラマ、来年1月放送 ビジュアルも公開

カイ(EXO)さん主演の「連続ドラマW 春が来た」のキービジュアル
カイ(EXO)さん主演の「連続ドラマW 春が来た」のキービジュアル

 カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」のキービジュアルが公開され、2018年1月に放送がスタートすることが7月21日、明らかになった。ビジュアルは、カイ(EXO)さんが桜を背景にほほ笑んでいる姿が収められたものとなっている。

 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子の短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナさん)は、ひょんなことから、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。うだつの上がらない父・周次を佐野史郎さん、母・須江を高畑淳子さん、可愛げのない妹・順子を古畑星夏さんが演じている。WOWOWのオリジナルドラマで、海外のキャストが主演するのは初めて。

 「連続ドラマW 春が来た」は、2018年1月にWOWOWプライムで放送。

EXO・カイ、日本で初主演ドラマがクランクアップ 「特別な時間だった」

「連続ドラマW 春が来た」のクランクアップ時のカイ(EXO)さん(左)と河合勇人監督
「連続ドラマW 春が来た」のクランクアップ時のカイ(EXO)さん(左)と河合勇人監督

 カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」の撮影がこのほどクランクアップした。韓国・済州島でクランクアップを迎えたカイさんは「日本で初のドラマでありながら主演を演じさせていただき、自分には特別な時間でしたし、全力で臨んだ自分の真っすぐな気持ちを、ドラマを通して皆さんに伝えたいです」とコメントを寄せている。

 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子の短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナさん)は、ひょんなことから、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。うだつの上がらない父・周次を佐野史郎さん、母・須江を高畑淳子さん、可愛げのない妹・順子を古畑星夏さんが演じている。WOWOWのオリジナルドラマで、海外キャストが主演するのは初めて。

 韓国のリゾート地・済州島でクランクアップを迎え、河合勇人監督から花束を贈られたカイさんは「本当に寂しい。寂しいです」と心境を吐露。カイさんは「日本と済州島の2カ所で撮影をさせていただきましたが、とても楽しかったですし、本当に充実した時を過ごすことができました。共演者の方々、そしてすべてのスタッフの皆さん、今までのロケ地、風景、すべてが僕の思い出として残りそうです」とコメントしている。

 メガホンをとった河合監督は「はじめは高をくくっていた。韓国のトップアーティスト、EXO のカイさんとはどれほどのものか」としつつ、「結論から申し上げるとカイくんは怪物であった。世界のスーパースターとはこれほどのものかと打ちのめされた」と絶賛し、撮影が終わって「激しいカイくんロスに悩まされている」とコメントしている。

春が来た

倉科カナ、「連続ドラマW 春が来た」のヒロイン役に 古畑星夏や高畑淳子、佐野史郎も

WOWOWの「連続ドラマW 春が来た」に出演する倉科カナさん(左上)古畑星夏さん(右上)、高畑淳子さん(左下)佐野史郎さん
WOWOWの「連続ドラマW 春が来た」に出演する倉科カナさん(左上)古畑星夏さん(右上)、高畑淳子さん(左下)佐野史郎さん

 カイ(EXO)さんが主演するWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」で、ヒロイン役を倉科カナさんが演じることが4月14日、明らかになった。古畑星夏さんや高畑淳子さん、佐野史郎さんも出演する。

 ドラマの原作は、向田邦子の短編「春が来た」で、地味で不器用なヒロインの岸川直子役を演じる倉科さんは、ドラマについて「きっと新しい、『春が来た』になると思います。プレッシャーはありますが……」と意気込みを語っている。またカイさんとの共演について「カイさんは年下ではありますがとても頼もしく、私たちのリアクションも繊細に拾ってくれます」と絶賛している。

 古畑さんは、直子の妹で生意気な順子、高畑さんは直子の母で家族の前では弱みを見せない須江、佐野さんは直子の父で存在感の薄い周次をそれぞれ演じる。

EXO・カイ、向田邦子の短編で日本のドラマ初主演

WOWOWの「連続ドラマW 春が来た」で主演に決まった韓国の人気アーティストグループ「EXO(エクソ)」のメンバーのカイさん
WOWOWの「連続ドラマW 春が来た」で主演に決まった韓国の人気アーティストグループ「EXO(エクソ)」のメンバーのカイさん

 韓国の人気アーティストグループ「EXO(エクソ)」のカイさんが、WOWOWの「連続ドラマW 春が来た」で、主演を務めることが3月1日、明らかになった。ドラマは向田邦子の短編「春が来た」が原作。カイさんは「初めて日本でドラマの出演が決まった時はすごくうれしかったですし、初めての日本のドラマ撮影を想像するだけでワクワクしています」と話している。

 「EXO」は、日本や韓国、中国で活動している人気アーティストグループ。2013年に発売したアルバム「XOXO」で韓国で12年ぶりのミリオンを達成し、韓国の音楽賞を総なめにした。またビルボードの「2014年注目すべきアーティスト14」にアジアのアーティストとしては唯一選出された。日本ではデビューシングルの「Love Me Right~romantic universe~」が、海外アーティストによるデビューシングル歴代最高の売り上げ枚数を記録している。

 「連続ドラマW 春が来た」は、デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子は、ひょんなことから、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。WOWOWのオリジナルドラマで、海外キャストが主演を務めるのは初めて。

 ドラマ「鈴木先生」でギャラクシー賞優秀賞を受賞し、ドラマでメガホンを取る河合勇人監督は「光栄であると同時にプレッシャーに押しつぶされそうですが、今までにない向田作品の映像化にしてみせるとワクワクもしています」と意気込んでいる。

11

/11

目次