きみが心に棲みついた ニュース

「きみが心に棲みついた」最終回 いびつな三角関係に終止符! 吉岡里帆が選んだのは?

TBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」最終回のワンシーン (C)TBS
TBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」最終回のワンシーン (C)TBS

 女優の吉岡里帆さんが主演を務める連続ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系、火曜午後10時)の最終回(第10話)が3月20日、放送される。今日子(吉岡さん)は星名(向井理さん)の母親が倒れたと聞き、病院を訪れると衝撃の事実を知らされる。一方、星名の元を訪れた吉崎(桐谷健太さん)は、あることを星名にお願いする……という展開。今日子は星名と吉崎のどちらを選ぶのか。いびつな三角関係に終止符が打たれる。

  星名(向井さん)への依存を理由に吉崎(桐谷さん)にフラれた今日子(吉岡さん)だが、落ち込むことなく仕事に奮闘する。星名は帝光商事に戻され謹慎処分となり、以降、今日子への連絡は途絶える。そんな中、今日子の会社に星名の母・郁美(岡江久美子さん)が倒れたという連絡が入る。姉の祥子(星野園美さん)によると星名とは連絡がつかず、不安を感じた今日子は、郁美が入院する病院を訪れ、そこで星名の生い立ちを聞かされる。

 その頃、今日子と別れた吉崎は星名のマンションを訪れていて、星名が今日子に依存していることを指摘。今日子のことを解放してほしいと頭を下げる。

 ドラマは、天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社)が原作。吉岡さんの連ドラ初主演作で、自己評価が極めて低いため、他人の前で挙動不審になってしまう今日子(通称: キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動く様を描いている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

<ドラマ紹介>「きみが心に棲みついた」 吉岡里帆が連ドラ初主演 奇妙で歪な三角関係描く

TBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第1話のワンシーン (C)TBS
TBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第1話のワンシーン (C)TBS

 女優の吉岡里帆さんが主演を務める連続ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系、火曜午後10時)が1月16日、スタートする。吉岡さんは今回が連ドラ初主演で、自己評価、自己肯定感が極端に低く、オドオドと挙動不審で、「キョドコ」というあだ名の主人公・小川今日子を演じる。吉岡さんが“悪女”を演じて話題を集めた連続ドラマ「カルテット」と同じ、TBS系「火曜ドラマ」枠で放送。

 ドラマは、天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう今日子(通称: キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動く様を描く。今日子の大学時代の先輩で、自分を慕ってくる今日子の心をいたぶるように楽しみ、彼女が自分から離れようとするとあらゆる手を使って支配する星名漣役で向井理さん、マンガ誌の編集者で、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いだが実は優しく誠実な吉崎幸次郎役で桐谷健太さんも出演。今日子と星名、吉崎の奇妙で歪(いびつ)な三角関係も見どころとなる。

 第1話は15分拡大。今日子は、職場の先輩・堀田(瀬戸朝香さん)らに連れられて人生初の合コンに参加。早速「ありのままの自分を好きになってくれるなら、誰でもいいから付き合いたい」と口走り、周りをドン引きさせてしまう。そんな今日子にマンガ編集者の吉崎は厳しい言葉を投げかけるが、今日子は吉崎の言動から、彼なら自分を変えてくれるのではないかと、先に帰ろうとした吉崎に追いすがり、突如「付き合ってください」と迫る。

 翌日、今日子は会社で堀田に昨日の態度を注意されてしまう。それでも、仕事に真摯(しんし)に取り組む今日子を高く評価していた堀田は、自分がつくる新プロジェクトのチームに今日子を引き抜こうとする。その夜、道で偶然、吉崎と出会った今日子は、2人で話しているうちに前向きに変わろうという気持ちが芽生えていく。まさに自分を変えるために動き出そうとしたその時、驚くべき人物が今日子を呼び止める。それは、大学時代に今日子がどうしようもないほど強く引かれ、その感情を利用して今日子をひどく傷つけた男・星名だった……というストーリー。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

向井理、吉岡里帆を“支配”する「ハードな悪役」 撮影前から「覚悟して」<「きみが心に棲みついた」会見>

連続ドラマ「きみが心に棲みついた」の会見に登場した向井理さん
連続ドラマ「きみが心に棲みついた」の会見に登場した向井理さん

 俳優の向井理さんが1月13日、連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)、「あなたのことはそれほど」(あなそれ)などのTBSの火曜10時枠の新ドラマ「きみが心に棲(す)みついた」(TBS系)の会見に、主演の吉岡里帆さんらと登場した。

 ドラマは、過去の恋愛がトラウマで自分に自信を持つことができない小川今日子の三角関係を描く恋愛物語で、今日子にトラウマを与えた星名漣(向井さん)の暴言や暴力シーンが登場する。向井さんはドラマについて「(同枠は)話題になることが多く、(視聴者に)変化球を投げる枠だと思う。今回は“魔球を投げる”ようなつもりでやらせていただいている」と語った。

 同作は、吉岡さんの連ドラ初主演作。天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。吉岡さん演じる、自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう小川今日子(通称キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動くさまを描く。

 向井さん演じる星名は、今日子の大学時代の先輩で、自分を慕ってくる今日子の心をいたぶるように楽しみ、彼女が自分から離れようとすると、あらゆる手を使って支配しようとする。また、今日子が今までの自分を変えてくれそうだと心ひかれるマンガ誌の編集者の吉崎幸次郎は桐谷健太さんが演じる。

 向井さんは「今まであまりやったことがないような、ハードな悪役をやらせていただいています」と役どころをアピールしながら、「星名は、今日子といるときにしか、裏の顔を見せない。だから、吉岡さんとのシーンでは、撮影前に絶対に話さないようにしている」と明かした。吉岡さんは「(クランクイン前の)顔合わせで、向井さんから『全力でいくので、覚悟して』と言われて、(この日から)キョドコが始まったんだって(覚悟しました)」と語っていた。

 会見には、向井さん、吉岡さんのほか、共演の桐谷さん、石橋杏奈さん、中村アンさん、ムロツヨシさん、鈴木紗理奈さん、瀬戸朝香さん、佐藤敦司プロデューサーも出席。会見では、15日に25歳の誕生日を迎える吉岡さんにサプライズでケーキがプレゼントされる一幕もあった。ドラマは、16日から毎週火曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。

中村アン、桐谷健太に「好き」 突然の告白に吉岡里帆らざわつく <「きみが心に棲みついた」会見>

連続ドラマ「きみが心に棲みついた」の会見に登場した中村アンさん
連続ドラマ「きみが心に棲みついた」の会見に登場した中村アンさん

 モデルで女優の中村アンさんが1月13日、東京都内で行われた連続ドラマ「きみが心に棲(す)みついた」(TBS系)の会見に、共演の吉岡里帆さん、桐谷健太さんらと出席。桐谷さん演じる吉崎幸次郎の元恋人・成川映美役の中村さんは「(役の関係性では)切ない感じですが、個人的に桐谷さんのことがタイプ。(桐谷さんには)お伝え済み。結婚される前から好きで、ちょっと、あの……うれしい気持ちです」と突然の告白。同席した吉岡さんらは「えー」「おいおい。“何か”起きるぞ」とざわついていた。

 中村さんから告白を受けた桐谷さんは「うそはやめてくれよな」と照れ笑いしながら、「僕、こんなにモテる役は初めて(笑い)。プライベートに寄ってきたんだと思います。冗談です」と役どころをアピールしていた。

吉岡里帆、初主演連ドラに「全て懸ける」 ムロツヨシの言葉で「涙出そうに」 <「きみが心に棲みついた」会見>

連続ドラマ「きみが心に棲みついた」の会見に登場した吉岡里帆さん
連続ドラマ「きみが心に棲みついた」の会見に登場した吉岡里帆さん

 女優の吉岡里帆さんが1月13日、東京都内で行われた初主演連続ドラマ「きみが心に棲(す)みついた」(TBS系)の会見に登場した。「初主演ということで、温かい皆さんに囲まれ、幸せに撮影させていただいています」とにっこり。「勉強することが多い。周りの方の優しさとか、主演ならではの感情が生まれた」と話し、「原作を忠実に表現したい。そして、日本中の皆さんの心を揺さぶる作品にしたい」と意気込んだ。

 会見には、共演の桐谷健太さん、向井理さん、石橋杏奈さん、中村アンさん、ムロツヨシさん、鈴木紗理奈さん、瀬戸朝香さん、佐藤敦司プロデューサーも出席。吉岡さんは「実は、ムロさんとは、私が映画初出演、今回の連ドラ初主演でご一緒するという、私の分岐点にムロが立つというぐらい(縁がある)」と明かし、「映画の撮影の時に、せりふが一言しかなく個性も出せない役をどう演じようか悩んで、ムロさんに相談したら『現場でほかにできることはある』というアドバイスをくれて、気付かされることがたくさんあって、今でも感謝しています。今回も『全力でサポートする』って言ってくれて涙が出そうになった」と明かした。

 会見では、15日に25歳の誕生日を迎える吉岡さんにサプライズでケーキがプレゼントされた一幕も。桐谷さんと向井さんが、吉岡さんの背後からケーキを持って登場すると、吉岡さんは、驚いた様子でステージを駆け回り「うそでしょ! うれしい!」と大喜び。25歳の抱負を聞かれると「25歳で初の主演ドラマ。この作品に全てを懸けたいと思っています。毎週見たいと思ってもらえるようなドラマにしたい。猪突猛進に誠実に真っすぐこの仕事をしたい。そして、この座組を大切にしたいと思います」と声を弾ませていた。

 ドラマは、天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。吉岡さん演じる、自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう小川今日子(通称キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動くさまを描く。今日子が今までの自分を変えてくれそうだと心ひかれるマンガ誌の編集者の吉崎幸次郎を桐谷さん、今日子の大学時代の先輩で、自分を慕ってくる今日子の心をいたぶるように楽しみ、彼女が自分から離れようとすると、あらゆる手を使って支配する星名漣を向井さんが演じる。

 「きみが心に棲みついた」は、16日から毎週火曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。

中村アン、売れっ子ラノベ作家役でドラマ「きみが心に棲みついた」に出演

連続ドラマ「きみが心に棲みついた」に出演する中村アンさん
連続ドラマ「きみが心に棲みついた」に出演する中村アンさん

 モデルで女優の中村アンさんが、吉岡里帆さん主演で16日にスタートする連続ドラマ「きみが心に棲(す)みついた」(TBS系)に出演することが1月11日、分かった。中村さんは、同ドラマ唯一のオリジナルキャラクターである売れっ子ライトノベル作家・成川映美役を演じる。

 ドラマは、天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう小川今日子(通称キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動くさまを描く。今日子役で吉岡さん、今日子の大学時代の先輩で、自分を慕ってくる今日子の心をいたぶるように楽しみ、彼女が自分から離れようとすると、あらゆる手を使って支配する星名漣役で向井理さん、マンガ誌の編集者で、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いだが、実は優しく誠実な吉崎幸次郎役で桐谷健太さんが出演する。

 中村さんが演じる映美は、売れっ子ラノベ作家にして吉崎の元恋人という役どころ。物語が進むにつれ吉崎は今日子に引かれていくが、映美はたびたび吉崎の前に現れては思わせぶりな言動を取る……。

 中村さんは「私は原作には存在しない“吉崎の元彼女”という役柄です。今日子との三角関係に、元彼の吉崎を思う切なく複雑な気持ちと、映美がどうなっていくのかこれからの展開がすごく気になっています。私自身も学生時代に好きなまま終わってしまったという失恋の懐かしい経験が役柄と重なりよみがえってきました(笑い)」と、自身の恋愛について明かしつつ、役柄についてコメント。「恋愛模様に絡んでいくという役は初めてなのでしっかり表現できるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 ドラマには吉岡さん、向井さん、桐谷さん、中村さんのほか、ムロツヨシさん、石橋杏奈さん、鈴木紗理奈さん、瀬戸朝香さんらも出演。16日から毎週火曜午後10時に放送。

甘詰留太「ナナとカオル」作者が劇中マンガを監修 ドラマ「きみが心に棲みついた」

(左から)連続ドラマ「きみが心に棲みついた」でマンガ家・スズキ次郎役を演じるムロツヨシさん、作画・漫画監修を担当する甘詰留太さん、スズキの担当編集者・吉崎幸次郎役の桐谷健太さん=TBS提供
(左から)連続ドラマ「きみが心に棲みついた」でマンガ家・スズキ次郎役を演じるムロツヨシさん、作画・漫画監修を担当する甘詰留太さん、スズキの担当編集者・吉崎幸次郎役の桐谷健太さん=TBS提供

 吉岡里帆さん主演で1月16日にスタートする連続ドラマ「きみが心に棲(す)みついた」(TBS系)の劇中に登場するマンガを、「ナナとカオル」や「年上ノ彼女(ひと)」などで知られるマンガ家の甘詰留太さんが監修することが6日、明らかになった。

 ドラマは、天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう小川今日子(通称キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動くさまを描く。今日子役で吉岡さん、今日子の大学時代の先輩で、自分を慕ってくる今日子の心をいたぶるように楽しみ、彼女が自分から離れようとすると、あらゆる手を使って支配する星名漣役で向井理さん、マンガ誌の編集者で、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いだが、実は優しく誠実な吉崎幸次郎役で桐谷さんが出演。

 甘詰さんが監修するのは、ドラマで吉崎が担当しているマンガ家・スズキ次郎(ムロツヨシさん)が描く“ちょいエロ”青年マンガ「俺に届け 響け!」。甘詰さんは「ボクのマンガも映画やビデオにしてもらったことがあるのですが、作品の“中”に自分の絵があるのは初めてで、恥ずかしいです」と明かし、また「先日収録現場にお邪魔したのですが、ムロさんがボクのマンガを知っていてくれて、がっちり握手させてもらいました。桐谷さんは、男がほれる男前ですね……2人の掛け合いがテイクを重ねるたびに確実にカチッとかみ合っていく様は『プロだ!』と思わされました」とムロさんや桐谷さんの印象を語った。

 ムロさんは「甘詰先生が僕の演じるスズキの画(え)を描いてくださるということで、とてもうれしく思います」と喜び、「偶然なんですが、少し前に先生のドキドキするちょっとエロい感じのマンガ『ナナとカオル』を読んでたんです。すごくエロいわけじゃなくて、ちょいエロなのがいいですよね。だから非常にうれしく思ってますし、ありがたいです。その興奮のままに演じたいと思っています」とコメント。

 桐谷さんは「僕が演じるのはマンガ編集者で、第1話からネーム(マンガのストーリーや構図を決めるための絵コンテのようなもの)を読むシーンなんかがあります。ちょいエロ青年マンガというコンセプトを聞くだけじゃなくて、甘詰先生の画が実際に目の前にあってそれを見ながらお芝居できるのは、演技の大きな助けになっていますね。本当に感謝しています」と語っている。

 ドラマには吉岡さん、向井さん、桐谷さん、ムロさんのほか、石橋杏奈さん、鈴木紗理奈さん、瀬戸朝香さんらも出演。1月16日から毎週火曜午後10時に放送。

=TBS提供
=TBS提供

ムロツヨシ、吉岡里帆主演の連ドラでマンガ家演じる 石橋杏奈、瀬戸朝香、鈴木紗理奈も

TBS系の連続ドラマ「きみが心に棲みついた」に出演する(左から)石橋杏奈さん、ムロツヨシさん、瀬戸朝香さん、鈴木紗理奈さん
TBS系の連続ドラマ「きみが心に棲みついた」に出演する(左から)石橋杏奈さん、ムロツヨシさん、瀬戸朝香さん、鈴木紗理奈さん

 俳優のムロツヨシさんが、吉岡里帆さん主演で2018年1月スタートのTBS系の連続ドラマ「きみが心に棲(す)みついた」に出演することが11月28日、分かった。ムロさんは、マンガ誌編集者の吉崎幸次郎(桐谷健太さん)が担当しているマンガ家で、ユーモラスな人物・スズキ次郎を演じる。

 ドラマは、天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう小川今日子(通称キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動くさまを描く。小川今日子役で吉岡さん、今日子の大学時代の先輩で、自分を慕ってくる今日子の心をいたぶるように楽しみ、彼女が自分から離れようとするとあらゆる手を使って支配する星名漣役で向井理さん、マンガ誌の編集者で、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いだが実は優しく誠実な吉崎幸次郎役で桐谷さんが出演。今日子と星名、吉崎のホラー風味な三角関係も見どころだ。

 ムロさんと同時に石橋杏奈さん、鈴木紗理奈さん、瀬戸朝香さんが出演することも発表された。石橋さんは今日子と同期で同じ課に所属する女性会社員・飯田彩香役、鈴木さんはデザイナーの八木泉役、瀬戸さんは八木のライバルで今日子の先輩・堀田麻衣子役を演じる。

吉岡里帆、挙動不審な“キョドコ”役で連ドラ初主演 20センチヘアカットで「必ず面白 いドラマに」

18年1月スタートの連続ドラマ「きみが心に棲みついた」に出演する(左から)桐谷健太さん、吉岡里帆さん、向井理さん
18年1月スタートの連続ドラマ「きみが心に棲みついた」に出演する(左から)桐谷健太さん、吉岡里帆さん、向井理さん

 女優の吉岡里帆さんが、来年1月スタートのTBS系の連続ドラマ「きみが心に棲(す)みついた」で主演を務めることが11月1日、分かった。吉岡さんは今回が連ドラ初主演で、自己評価・自己肯定感が極端に低く、オドオドと挙動不審で、「キョドコ」というあだ名の小川今日子を演じる。今年1月に同局で放送され、吉岡さんが“悪女”を演じて話題を集めた連続ドラマ「カルテット」と同じ、火曜午後10時の火曜ドラマ枠で放送される。

 吉岡さんは「連続ドラマ初主演ということで、夢のような気分でいますが、同時に身の引き締まる思いです。『必ず面白 いドラマにするぞ』と、かなり意気込んでいます」とコメント。「今回、役に合わせて20センチくらい髪の毛を切りました」と明かし、「髪形が変わると、新しいことに挑戦したいという意欲がわいてきて、これまでとは全く違うアプローチをしてみたいという気分になっています」とも話している。

 ドラマは、天堂きりんさんのマンガ「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作で、自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう今日子(通称: キョドコ)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動くさまを描く。

 今日子の大学時代の先輩で、自分を慕ってくる今日子の心をいたぶるように楽しみ、彼女が自分から離れようとするとあらゆる手を使って支配する星名漣役で向井理さん、マンガ誌の編集者で、歯に衣着せぬ物言いだが実は優しく誠実な吉崎幸次郎役で桐谷健太さんも出演する。今日子と星名、吉崎のホラー風味な三角関係も見どころとなる。

 吉岡さんと向井さん、桐谷さんは初共演。吉岡さんは「向井さんは、星名を演じるのが信じられないくらい清廉で、一本筋の通ったさわやかな方です。そんな向井さんが演じる星名がどんな人物になるのか、今から気になっています。桐谷さんは、場を和ませてくれる三枚目でクラスの人気者というイメージがあって、今回のドラマの現場も桐谷さんが明るくしてくれるのではないかとわくわくしています」と印象を明かしている。

 また「とにかく原作が面白い作品なので、その良さをしっかり表現しつつ、ドラマならではの新しいエッセンスを、私も含めたスタッフ・キャストで加えて、より皆さんがドキドキして、続きが気になってしょうがない作品 にしたいと思っています」と話している。