監査役 野崎修平 ニュース

<インタビュー>織田裕二、松嶋菜々子、古谷一行ら豪華な顔ぶれに「気分は小僧」 10年後の展望も語る

WOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演した織田裕二さん
WOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演した織田裕二さん

 俳優の織田裕二さん主演のドラマ「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(権野元監督)が、1月14日からWOWOWでスタートする。原作は、周良貨さん作、能田茂さん画の経済マンガ。バブル経済が崩壊した1990年代末を舞台に、銀行の不正に挑む銀行員、野崎修平の活躍を描いていく。共演者には、頭取役の古谷一行さん、専務役の岸谷五朗さんら、織田さんが「直球で勝負できる相手じゃない」というほどの“つわもの”たちが顔をそろえた。織田さんに、共演者との演技や役への意気込み、さらに10年後の自分について聞いた。

 ◇古谷一行のバイタリティーに脱帽

 織田さんは、昨年12月に50歳になった。最近は年下の俳優と共演する機会が多くなっていたが、今回相手にするのは年上の先輩たちが多く、織田さんは「僕が直球で勝負できる相手じゃないんです」と言うほどの顔ぶれがそろった。

 このインタビューが行われた日も、朝から頭取・京極雅彦役の古谷さんと対峙(たいじ)する場面を撮影。「昨日もおとといも頭取と戦っていましたが、頭取は、朝から夜までずっと(野崎以外とも)戦い続けているんです。今(このインタビュー中)も戦っています。(古谷さんは)すごいせりふの量なんですよ。一人でしゃべっていますから(笑い)。でも、今朝も『大丈夫!』っておっしゃって(撮影に臨み)、僕は、そういうすごい人を相手に戦っているんです」と古谷さんのバイタリティーに舌を巻く。

 にもかかわらず、演じる野崎は、「不条理や不正を見過ごすことができず」、しかも、「正論を掲げ、堂々と相手にぶつかっていく」ような男。お陰ですっかり「気分は小僧」で、「この年でも小僧役ができるんだ」と新鮮な感動を覚えつつ、「新入社員か?という芝居」から始め、途中で「ちょっと変化球も入れる」など“成長”が見られるよう役作りをしているそうだ。

 ◇「ユースケでよかった」

 そういった気の抜けない撮影が続く一方で、映画「ホワイトアウト」(2000年)以来、17年ぶりの共演となる松嶋菜々子さんや、「踊る大捜査線」シリーズでも共演したユースケ・サンタマリアさんとのシーンもある。

 松嶋さんが演じるのは、おおぞら銀行初の女性役員を狙う野心家の銀行員、立川祥子だ。この役を織田さんは「この役をできる人はそうそういないだろうなあ」と感想を述べたあと、「ほとんど説明していないし、ちょっとした表情で多くのことを表現していく。ある程度の年齢を重ねていないとできない役。『女を売り物にしてきた』と周囲から陰口をたたかれていて、そういう面もあるかもしれない。でも実は優秀な一面もある」と紹介する。<br /> その上で松嶋さんについて、「身長があるのでヒールの高い靴を履けば僕と同じくらいになる。そういう意味でも適任なんです。(男たちと)戦えるんじゃないかと思える。でも、実はそこにはか細い部分も必要で、か弱そうにも見えるしかっこいい。そのギャップが、すごく面白い芝居になっていると思います」と称賛する。

 一方、ユースケさんが演じるのは、取締役の阿部龍平だ。野崎の後輩だが地位は逆転し、野崎の上司という「難しい関係」にある。織田さんは、「ユースケでよかったです。阿部って、全然可愛くないキャラクターなんですけど、なんかね、ちゃんと愛情を持てたので」と打ち明け、「スタッフも僕も、クランクインしたばかりで緊張している中、彼(ユースケさん)が、カットがかかったあと、相変わらずくだらないことを言ってくれるわけですよ(笑い)。お陰で現場の空気がほぐれて、それがなかったら、クーッと肩に力が入ったままでしか(球を)投げられなかったかもしれない。だからすごく感謝しています」と演技を野球に例えながら、ユースケさんの存在をありがたがった。

 ◇10年後目指すのは…

 ところで、10年前には、自分が監査役を務めているとは想像すらしなかったであろう野崎。織田さん自身は、“10年後の自分”を考えたことはあるのだろうか。「60歳……想像つかないですね」と切り出した。

 それでも、「古谷さんや、『株価暴落』(14年放送の『連続ドラマW 株価暴落』)のときの竜(雷太)さんみたいに、あれだけの芝居、あれだけの長ぜりふ、あれだけ大変な撮影を、あんなに楽しそうにやれるということがすごくうらやましい。お二人とも70歳を過ぎていますけど、すごく幸せだなと思うんです。と同時に、すごいなと思います。自分は20年後、あんなことができるだろうか。今でもキツいと思うのに(笑い)、あんなに楽しそうに演じていられたら幸せだろうな」としみじみ語る。そして、「僕はあれだけのせりふの量や、このスケジュールでできる自信はないです。もうちょっと楽な役でなら……(笑い)」と自身の10年後を展望していた。

 ドラマは、14日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全8話で第1話は無料放送。

<インタビュー>織田裕二、正義を貫く男を演じるのは「疲れます」 「連続ドラマW 監査役 野崎修平」で主演

WOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演した織田裕二さん
WOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演した織田裕二さん

 俳優の織田裕二さんが、大手銀行の監査役に扮(ふん)するWOWOWの「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(権野元監督)が、1月14日にスタートする。周良貨さん作、能田茂さん画による経済マンガが原作で、バブル経済が崩壊した1990年代末を舞台に、不良債権を隠し通そうとする銀行、その裏で暗躍する汚職政治家、さらに株主総会にのさばる総会屋を相手に、正義を貫こうと奮闘する銀行員、野崎修平の活躍を描いていく。痛快作だが、野崎が立ち向かう相手は「腹に一物あるくせ者ばかり」で、野崎を演じる織田さんは、「本当に気を抜くシーンがない」と苦笑する。織田さんに、撮影しているスタジオで話を聞いた。

 ◇不条理と戦う男に「疲れるぞ、大変だぞ」

 織田さんは台本を読んだとき野崎修平という人物を、「不条理と戦う男だな。しかも、カーブとかスライダー、フォークといった変化球を投げるようなキャラクターではなく、真っすぐにしか投げられない愚直な男」ととらえた。

 野崎は、おおぞら銀行地蔵通り支店閉鎖に伴い役員に昇進。取締役が不正を働いていないかをチェックする監査役に就任する。支店長時代は「取引先の相手の顔がきちんと見えている」好人物で、家に帰れば、よくできた妻と17歳の娘がいる。

 そんな男が、新たな役職に就いた途端、やくざまがいの総会屋や、同じ銀行にいながら、「エレベーターも別、フロアも別。口をきくどころか、同じ空気を吸ったことすらない遠い存在の頭取」らを相手に戦うことになるのだから、織田さんが野崎に「並大抵のことじゃない。怖いだろうな」と同情したのもうなずける。しかもそれが、リアリティーを重視するWOWOWのドラマで繰り広げられるのだ。「ああ疲れるぞ、大変だぞ(笑い)」と感じたのも無理はない。

 実際、撮影が始まってからは「楽なシーンがない(笑い)」そうで、比較的楽なシーンをあえて挙げるとすれば、第1話の監査役室での、瀧本美織さんが演じる秘書と、やる気のないほかの監査役とのやりとりで「ちょっとあったかな」という程度。それ以外は連日、古谷一行さん演じる頭取の京極雅彦ら手ごわい相手との息詰まるやり取りが続いており、さしもの織田さんでも「毎日、ビールを飲まなきゃやってられない(笑い)」ほどだったという。

 ◇同じ銀行員だが…

 織田さんは、同じWOWOWの「連続ドラマW 株価暴落」(2014年)でも銀行員を演じた。織田さんは両ドラマの違いを、「『株価暴落』が白黒画面で、ピシッとシャープに斬っていくような話だとするならば、こちらはカラフルな印象ですね」と表現する。その上で、「(野崎の)家庭が出てきたり、一流銀行にこんな人いるの?と思うような、それこそ総会屋と見間違うほどの(専務役の)武田(岸谷五朗さん)というキャラクターが出てきたりする」と解説する。

 また、「一見、マンガじゃないかと思われるようなこと(表現)があるかもしれません。でも、真実を基に描いている。(原作者の)周さん自身、もともと銀行員ですし、周さんとお会いして話を聞いたとき、いろんな銀行のいろんな要素、あのときのあの事件、というふうにいろんなものをミックスしているとおっしゃっていたので、それがまた(『株価暴落』で扱っているものとは)違います」と説明する。

 ◇「不条理を体験した人に見てほしい」

 正義を貫く男を演じることについては、一言「疲れます」と笑う。しかしその表情は、演じることを楽しんでいるようにも見える。「僕が演じる野崎は、どちらかというと学級委員長タイプ。しかも、原作を読むとモテそうだし、そのまま演じるのは無理だと思ったので、(原作のように)あんなにすてきではなく、あんなに軽やかでもない、もっと地べたをはいずり回っているような、愚直で、ぶきっちょで全然美しくない野崎にしちゃいました(笑い)」と明かす。

 ただ、そういった野崎を、特に原作ファンには受け入れられる人もいれば、そうでない人もいるだろう。それは織田さん自身も心得ており、「ただ、一つ思うのは、仕事をしていると、不条理なこととかあるじゃないですか。そのとき悔しい思いをした経験がある人は見てほしいです。そういう人が応援してくれたらうれしいですね」とアピールする。<br /> 「銀行だ、監査役だと聞くと、堅い話じゃないかと思われると思いますが、真面目一本やりではなく、難しい話を知らなくても楽しめる作品になっていると思います」と胸を張った。ドラマは、14日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全8話で第1話は無料放送。

 <プロフィル>

 1967年12月13日生まれ、神奈川県出身。1987年、映画「湘南爆走族」で主演デビュー。91年の主演ドラマ「東京ラブストーリー」の“カンチ”役で大ブレークし、その後、「振り返れば奴がいる」(93年)、「お金がない!」(94年)などのドラマを経て、「踊る大捜査線」(97年)で主演。映画化もされ、「踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!」(98年)をはじめ4作が劇場公開された。そのほか出演した映画に「ホワイトアウト」(2000年)、「T.R.Y. トライ」(02年)、「県庁の星」「(06年)、「椿三十郎」(07年)、「アマルフィ 女神の報酬」(09年)、「アンダルシア 女神の報復」(11年)、「ボクの妻と結婚してください。」(16年)などがある。<br /> (取材・文・撮影/りんたいこ)

「連続ドラマW 監査役 野崎修平」
「連続ドラマW 監査役 野崎修平」
「連続ドラマW 監査役 野崎修平」
「連続ドラマW 監査役 野崎修平」

織田裕二、見どころは顔面崩壊? 先輩俳優陣との共演で「新人のような気分」<「監査役 野崎修平」完成披露試写会>

WOWOWの連続ドラマ「監査役 野崎修平」の完成披露試写会に登場した織田裕二さん
WOWOWの連続ドラマ「監査役 野崎修平」の完成披露試写会に登場した織田裕二さん

 俳優の織田裕二さんが1月12日、東京都内で行われた主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「監査役 野崎修平」の完成披露試写会に、共演の松嶋菜々子さん、岸谷五朗さん、古谷一行さんらとともに登場。今作で銀行の不正を暴くために奮闘する、監査役の野崎修平を演じる織田さんは「先輩が多かった作品は久しぶりで、新人のような気分でした。そんな人たちを相手にストレートをどんどん投げていたので、途中からだんだん、顔面崩壊していくので、心してください(笑い)」と見どころを語った。

 織田さんとは2000年公開の映画「ホワイトアウト」以来、17年ぶりの共演となった松島さんは「(前作では)一緒のシーンがあまりなくて、今回初めてお会いしたような気分。今回は私の方が(織田さんより)優位に立たせてもらっているキャラクターなので、そういった意味で緊張せずにやらせてもらいました」とコメント。

 織田さんも「同じく、初共演のような感覚です。僕の中では松嶋さんは経済ものをやっているイメージがなくて、『あの難しいせりふをどうやって言うんだろうな』って思っていたら、何の苦もなくさらさらと読んで、さすがという感じでした」と絶賛していた。

 ドラマは、周良貨さん原作、能田茂さん画の経済マンガ「監査役野崎修平」(集英社)を織田さん主演で実写化。バブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末が舞台で、正義を貫くため奮闘する1人の銀行員・野崎修平(織田さん)の活躍を描く。

 監査役になった野崎が、不正や闇の部分を暴こうとするおおぞら銀行の頭取・京極雅彦を古谷さん、京極が出向先から呼び戻す剛腕の行員・武田真吾を岸谷さんが演じ、おおぞら銀行初の女性支店長・立川祥子役を松嶋さん、主人公のかつての部下で、現在は上司となる阿部龍平役をユースケ・サンタマリアさんが演じる。14日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全8話で第1話は無料放送される。

ドラマ「監査役 野崎修平」織田裕二が決意に満ちた強いまなざし… 豪華キャストそろい踏みポスター解禁

織田裕二さんが主演するWOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」のポスタービジュアル
織田裕二さんが主演するWOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」のポスタービジュアル

 俳優の織田裕二さんが主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「監査役 野崎修平」のポスタービジュアルが12月1日、公開された。銀行の悪を暴く“熱血監査役”として決意に満ちた強いまなざしを向けている織田さんをはじめ、岸谷五朗さん、松嶋菜々子さん、古谷一行さん、ユースケ・サンタマリアさんら豪華キャストがそろい踏み。「正義は、銀行を救うのか、壊すのか。」というキャッチコピーもあしらわれている。

 ドラマは、周良貨さん原作、能田茂さん画の経済マンガ「監査役野崎修平」(集英社)を織田さん主演で実写化。バブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末が舞台で、正義を貫くため奮闘する1人の銀行員・野崎修平(織田さん)の活躍を描く痛快作となっている。

 鑑査役になった野崎が、不正や闇の部分を暴こうとするおおぞら銀行の頭取・京極雅彦を古谷さん、京極が出向先から呼び戻す剛腕の行員・武田真吾を岸谷さんが演じ、おおぞら銀行初の女性支店長・立川祥子役を松嶋さん、主人公のかつての部下で、現在は上司となる阿部龍平役をユースケ・サンタマリアさんが演じる。

 2018年1月14日から毎週日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全8話で第1話は無料放送。また特設サイトでは、ドラマのミニ番組を1日午後6時から公開している。

ユースケ・サンタマリア、ドラマ「監査役 野崎修平」で織田裕二と共演 「踊る」コンビ再び

WOWOWで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」のワンシーン=WOWOW提供
WOWOWで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」のワンシーン=WOWOW提供

 俳優のユースケ・サンタマリアさんが、2018年1月に放送される織田裕二さん主演のWOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に出演することが11月17日、明らかになった。ユースケさんは、織田さんが演じる野崎修平のかつての部下役で、現在は上司の阿部龍平を演じる。

 ユースケさんは役柄について「『踊る大捜査線』シリーズとは全く違う物語ですが、今回の阿部役も『踊る~』の真下と同じく、織田さんの後輩だけど、出世して役職的に彼を追い抜いて行くという構造で、当時をほうふつとさせる役柄なんですよね」とコメント。同ドラマへの出演について「織田さんとしっかりとお芝居ができることが、出させていただく大きな理由です」と話している。

 織田さんは「彼が屈折した役を見るのは初めてなので、『こんな表情をするんだ』と驚きながら演じています。人が良くて裏切れなさそうなユースケが阿部を演じるのは面白いですね」と撮影を楽しんでいる様子。「撮影の序盤で気心が知れたユースケと演じられたのは助けられました。2人で面白いシーンができればと思います」と意気込んでいる。

 このほか瀧本美織さん、駿河太郎さん、小林且弥さん、三浦誠己さん、利重剛さん、松尾諭さん、小市慢太郎さん、本田博太郎さん、勝部演之さん、田島令子さん、山本圭さん、甲本雅裕さん、西田尚美さん、宇梶剛士さん、光石研さんの16人が同ドラマに出演することも発表された。

 ドラマは、原作・周良貨さん、マンガ・能田茂さんによる経済マンガ「監査役野崎修平」(集英社)が原作。バブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末が舞台。織田さんは、持ち前の熱い正義感と人情、冷静な判断力で銀行の“悪”を暴いていく大手銀行の監査役・野崎修平を演じる。

 「連続ドラマW 監査役 野崎修平」は2018年1月14日から毎週日曜午後10時に放送。全8話で第1話は無料放送。

松嶋菜々子、織田裕二を利用するエリート銀行員に 「ホワイトアウト」以来17年ぶり共演 

2018年1月からWOWOWで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に出演する織田裕二さん(左)と松嶋菜々子さん=WOWOW提供
2018年1月からWOWOWで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に出演する織田裕二さん(左)と松嶋菜々子さん=WOWOW提供

 女優の松嶋菜々子さんが、2018年1月から放送される織田裕二さん主演のWOWOWの「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に出演することが10月24日、明らかになった。松嶋さんがWOWOWのオリジナルドラマに出演するのは初めてで、松嶋さんと織田さんの共演は、2000年に公開された映画「ホワイトアウト」以来、約17年ぶり。松嶋さんは「17年ぶりに、またご一緒できることを楽しみにしています」と期待しており、織田さんは「松嶋さんとは『ホワイトアウト』で共演させていただいているのですが、それも17年前ぐらいで、同じシーンも少なかったので、すごく楽しみ」と語っている。

 ドラマは周良貨さんが原作、能田茂さんがマンガを手がけた経済マンガ「監査役野崎修平」(集英社)が原作。物語の舞台はバブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。不良債権をひた隠す銀行や汚職に手を染める政治家、株主総会にのさばる総会屋……といった金と権力が渦巻く時代に、「おおぞら銀行」の行員・野崎修平(織田さん)が正義を貫くため活躍する姿を描く。岸谷五朗さん、古谷一行さんも出演する。

 松嶋さんは、おおぞら銀行で初の女性支店長を務めるエリート行員の立川祥子を演じる。祥子は、初の女性役員になるという野心をもつキャラクターで、松嶋さんは「野崎監査役を自らの出世にうまく利用しようとする野心家です。当時の男社会に必死に食らいついていく女性初の支店長を力強く演じたいと思います」と話している。

 また織田さんは松嶋さんの役どころについて「女性初の役員を目指す強い女性で、原作とは違った雰囲気になると思うので、楽しみにしています」とコメントしている。

 「連続ドラマW 監査役 野崎修平」は、18年1月14日から毎週日曜午後8時放送。全8話で第1話は無料放送。

織田裕二、銀行の悪を暴く“熱血監査役”に WOWOWドラマ「連続ドラマW 監査役 野崎修平」で岸谷五朗、古谷一行と初共演

WOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に出演する(左から)岸谷五朗さん、織田裕二さん、古谷一行さん
WOWOW「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に出演する(左から)岸谷五朗さん、織田裕二さん、古谷一行さん

 俳優の織田裕二さんが、WOWOWの「連続ドラマW 監査役 野崎修平」に主演することが10月8日、明らかになった。人気経済マンガが原作で、織田さんは持ち前の熱い正義感と人情、冷静な判断力で銀行の“悪”を暴いていく大手銀行の監査役・野崎修平を演じる。さらに、織田さんと初共演となる岸谷五朗さん、古谷一行さんが出演することも決定した。

 ドラマは原作・周良貨さん、漫画・能田茂さんによる経済マンガ「監査役野崎修平」(集英社)が原作。物語の舞台はバブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末で、不良債権をひた隠す銀行や汚職に手を染める政治家、株主総会にのさばる総会屋……といった金と権力が渦巻く時代に、銀行員・野崎修平が正義を貫くため活躍する姿を描く痛快作だ。

 織田さん演じる主人公・野崎は、おおぞら銀行地蔵通り支店長として、出世コースとは程遠い行員生活を送っていたが、支店閉鎖に伴い、監査役に抜てきされ、銀行内での不正を目の当たりにし、この銀行を変えると決意、やがて銀行が抱える「究極の闇」にたどり着く……というストーリー。古谷さんはおおぞら銀行頭取の京極雅彦役、岸谷さんは京極が出向先から呼び戻す剛腕の行員・武田真吾役を務める。

 織田さんは「原作は約20年前の設定で、バブルがはじけた後の不良債権の話がベースになっています。僕が演じる野崎修平は誠実で正義感あるれる真面目なキャラクターで、演じるのはとても難しいと感じています」とコメント。岸谷さん、古谷さんとの初共演については「岸谷さんが演じる武田専務、古谷さんが演じる京極頭取は、原作では強烈なキャラクターですが、お二人がどのように演じるのか楽しみです。共演も初めてなので『これは名シーンになった』と思えるお芝居がお二人とできればと思っています」と話している。

 一方、岸谷さんは「織田さんは長年真摯(しんし)に作品と向き合い、難しい作品をクリアしてきた俳優です。主人公の真っすぐさと織田さんの作品への取り組み、情熱などがリンクするような気がして、楽しみにしております」、古谷さんも「この年齢まで役者をやっていると初めての俳優さんは珍しいことですが、織田さんとは初めての仕事になります。今まで同じ作品に出演していて絡みがなかったというニアミスも無かったようです。すごく楽しみにしております」と期待している。

 「連続ドラマW 監査役 野崎修平」は2018年1月14日から毎週日曜日午後8時放送。全8話で第1話は無料放送。

監査役 野崎修平WOWOWプライム
2018年1月14日から毎週日曜午後10時に放送
全8話。第1話は無料放送