明日の君がもっと好き ニュース

市原隼人、主演ドラマ「明日の君がもっと好き」で60分間に3組がキス “ゲス女”釈由美子も登場

連続ドラマ「明日の君がもっと好き」に出演する伊藤歩さん(左)と市原隼人さん
連続ドラマ「明日の君がもっと好き」に出演する伊藤歩さん(左)と市原隼人さん

 俳優の市原隼人さんの主演ドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日系)の第2話(1月27日放送)で、60分間に登場人物3組がキスシーンを繰り広げることが1月27日、明らかになった。誰と誰がキスをするのかは明かされていないが、意外な組み合わせのキスシーンもあるという。また第2話からは、白洲迅さんが演じる城崎遥飛に惑わされる“ゲス女”城之内美晴役で女優の釈由美子さんがレギュラー出演することも明らかになった。

 ドラマは、同局が土曜午後11時台に新設したドラマ枠「土曜ナイトドラマ」の第2弾。市原さんらが演じる恋愛に冷めた4人の男女が運命の出会いに翻弄(ほんろう)され、それぞれが秘密を抱えながら、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる。NHK連続テレビ小説「君の名は」などで知られる井沢満さんが脚本を手掛ける。

 第2話は、丹野香(森川葵さん)から性に関する悩みを打ち明けられた松尾亮(市原さん)は、戸惑いながらも香を受け入れ結婚を前向きに考え始める。一方、恋愛に疲れた里川茜(伊藤歩さん)は、胸中を打ち明けた祖母の静子(三田佳子さん)から、性欲と恋とを勘違いしていないかと思いがけない言葉を投げかけられ、返事に詰まってしまう。

 その夜、黒田家では、梓(志田未来さん)が夫の智弘(渡辺大さん)に嘘をつき、香の勤めるガールズバーへと出かけていく。同じ頃、街では城崎遥飛(白洲さん)が子持ちの城之内美晴(釈さん)を誘った挙句、いつものように罵倒した上、財布を奪い取っていた。そして、夕飯の支度もなく放って置かれるはめになった智弘は、ある女性を寿司屋に誘う。やってきた女性は、茜だった……という展開。

市原隼人、柳葉敏郎が絶賛 「男が男にほれる…」に大照れ <ドラマ「明日の君がもっと好き」会見>

連続ドラマ「明日の君がもっと好き」の会見に登場した市原隼人さん
連続ドラマ「明日の君がもっと好き」の会見に登場した市原隼人さん

 俳優の市原隼人さんが18日、東京都内で開かれた20日スタートの連続ドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日系)の会見に登場した。市原さんと初共演となる柳葉敏郎さんは「市原隼人、格好よいっす。むちゃ格好よいっす。つぶらなまなざし、優しい瞳に見つめられると、男が男にほれるというのはこういうことかな。そんな空気を醸し出すというか……」と絶賛。市原さんは「ドラマや映画の大先輩なのですごくうれしい。柳葉さんには(ドラマで)僕の愛車にまたがっていただいた」と大照れだった。

 ドラマの撮影について市原さんは、自身の趣味のバイクとカメラがキーアイテムになっていることもあり「自分の愛車をドラマに出しました。ドラマの1話は10回ぐらい見ちゃって、格好いいな、格好いいな、カワサキのZ1格好いいな……と。好きなことに囲まれてできる現場なのですごくうれしい」とニコニコ顔だった。

 会見には、伊藤歩さん、森川葵さん、白洲迅さん、渡辺大さん、志田未来さん、三田佳子さんも出席した。

 ドラマは、テレビ朝日が土曜午後11時台に新設したドラマ枠「土曜ナイトドラマ」の第2弾。市原さんらが演じる恋愛に冷めた4人の男女が運命の出会いに翻弄(ほんろう)され、それぞれが秘密を抱えながら、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる。NHKの朝の連続テレビ小説「君の名は」などで知られる井沢満さんが脚本を担当する。20日から毎週土曜午後11時5分放送。

市原隼人、「女は面倒くさい」 1月ドラマ「明日の君がもっと好き」で恋愛に冷めた超淡泊男子に 

2018年1月からスタートする連続ドラマ「明日の君がもっと好き」に出演する(左から)森川葵さん、白洲迅さん、市原隼人さん、志田未来さん、伊藤歩さん=テレビ朝日提供
2018年1月からスタートする連続ドラマ「明日の君がもっと好き」に出演する(左から)森川葵さん、白洲迅さん、市原隼人さん、志田未来さん、伊藤歩さん=テレビ朝日提供

 俳優の市原隼人さんが、2018年1月スタートの連続ドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日系)で主演を務めることが12月1日、明らかになった。「人生に一度だけの大切な恋」をテーマに複雑に入り組んだ4人の男女の関係を描くヒューマンラブストーリーで、市原さんは「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナーの主人公・松尾亮を演じる。

 ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代秘書の里川茜を伊藤歩さん、人なつっこいが正反対の裏の顔も持つ新社会人・城崎遥飛(しろさき・はるひ)を白洲迅さん、自身の性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香を森川葵さんが演じる。また、伊藤さん演じる茜の妹で、茜から恋人を奪って結婚までし、4人の恋に波乱をもたらす黒田梓を志田未来さんが演じる。

 ドラマは、同局が土曜午後11時台に新設したドラマ枠「土曜ナイトドラマ」の第2弾。市原さんらが演じる恋愛に冷めた4人の男女が運命の出会いに翻弄(ほんろう)され、それぞれが秘密を抱えながら、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる。NHKの朝の連続テレビ小説「君の名は」などで知られる井沢満さんが脚本を手掛ける。

 市原さんはドラマについて「それぞれの登場人物の生い立ちや価値観、それに対する世間の見方などが深く描かれ、生きる上でのヒントになるようなシーンがたくさんあります。このドラマが“人生のひとつの経験”として視聴者の皆さんの胸の中に入るとうれしいですね」とコメント。さらに伊藤さんとは13歳の頃から面識があるといい、「共演は約11年ぶりですね。初共演のとき、すごくキレイな女性だなあと思っていたので、その方とラブストーリーという形でご一緒するのはちょっと恥ずかしく、現場から逃げたいぐらいですね(笑い)」と胸の内をコメントしている。

 ドラマは、18年1月から毎週土曜午後11時5分放送。

明日の君がもっと好きテレビ朝日系
2018年1月20日から毎週土曜午後11時5分放送