ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実

UPDATE

ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実あらすじ

 ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実」は、本城雅人さんの小説「ミッドナイト・ジャーナル」が原作。竹野内豊さんが演じる新聞記者・関口豪太郎が、世間を震撼(しんかん)させた連続誘拐殺人事件で世紀の大誤報を打って支社に飛ばされながらも、7年越しで連続誘拐犯を追いつめるため、真実を求めて奮闘するサスペンスエンターテインメント。

 ドラマ「とんび」や「ダブルフェイス」の羽原大介さんが脚本を手がけ、映画「半落ち」「陽はまた昇る」などの佐々部清さんが監督を務める。

スタッフ

監督:佐々部清▽脚本:羽原大介

ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実キャスト

竹野内豊▽寛一郎▽上戸彩

ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実放送日

テレビ東京
2018年3月30日午後9時から放送

上戸彩、3年ぶりドラマ出演で「やった!」と喜びのコメント 竹野内とは7年ぶりタッグ 「ミッドナイト・ジャーナル」に登場

ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演する上戸彩さん(左)と竹野内豊さん=テレビ東京提供
ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演する上戸彩さん(左)と竹野内豊さん=テレビ東京提供

 女優の上戸彩さんが、3月30日に放送されるテレビ東京の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」で、約3年ぶりにドラマ出演することが3月2日、明らかになった。上戸さんは「いろいろな作品を見たり、読んだりしている中で『社会派の作品に出たい』と思っていたので、お話をいただいた時は『やった!』と思いました」と喜びのコメントを寄せている。

 上戸さんは、竹野内豊さんが演じる主人公の新聞記者・関口豪太郎と共に連続誘拐殺人事件を追うマドンナ役の新聞記者、藤瀬祐里を演じる。上戸さんと竹内さんは7年ぶりの共演で、ドラマでは「誤報コンビ」といわれた豪太郎と祐里が、7年ぶりにタッグを組むという役どころ。

 上戸さんは「新聞記者役は初めてでしたが、新聞記者の方々は責任を持って取材し、多くの読者の方に届ける。それはとても大変なことなんだと思いました。竹野内さんとは7年ぶりの共演でこの作品でも(祐里が)豪太郎とタッグを組むのが7年ぶりということで、それも何かの縁なのかなと思いましたし、うれしかったです。毎日楽しく演じることができました。シリーズ化を狙っています(笑い)」と意気込みを語っている。

テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供

佐藤浩市の息子・寛一郎がドラマ初出演 竹野内豊主演作品で新人記者役

スペシャルドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演する寛一郎さん(C)テレビ東京
スペシャルドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演する寛一郎さん(C)テレビ東京

 俳優の佐藤浩市さんの息子で、俳優の寛一郎さんが今年春に放送されるテレビ東京の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」に出演することが2月11日、分かった。寛一郎さんがドラマに出演するのは初めてで、「ドラマ初出演ということはあまり意識しておらず、目の前の作品を一つ一つやっていく、というだけでし た。佐々部(清)監督も映画のように撮られていたので、ドラマという感覚はなかったです」と明かしている。

 竹野内豊さんが演じる主人公の新聞記者・関口豪太郎とともに、連続誘拐殺人事件を追う新人記者の岡田昇太役の寛一郎さんは「竹野内さんとはお会いするのも初めてだったのですが、とてもフランクにものすごく優しく接してくださる方でした」とコメント。自らの役については 「最近の若者をイメージしました。その若者が上司の竹野内さんの熱くひたむきなやり方に良い意味で影響、感化されていく話なので、竹野内さんのお芝居にいろいろと岡田を引っ張ってもらいました」と感謝している。

 ドラマの田淵俊彦プロデューサーは「(寛一郎さんが出演した)映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を見てうなった。自然体でありながら、触れば壊れてしまいそうな『繊細なピュアさ』や、時折見せる『芯の強さ』という相反する二つの魅力に目が離せなかったからだ。それゆえ、ぜひこの作品の岡田の役は寛一郎さんにやっていただきたいと熱望していた」と明かし、寛一郎さんの演技については「想像以上に素晴らしかった。一番すごいと思ったのが、『そこにいるかどうかわからないほどの自然体』という存在感である」と語っている。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

竹野内豊、テレ東ドラマ初主演で在京キー局制覇 初の新聞記者役で“7年越しの真実”に挑む 「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実」

スペシャルドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実」に主演する竹野内豊さん(C)テレビ東京
スペシャルドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実」に主演する竹野内豊さん(C)テレビ東京

 俳優の竹野内豊さんが、今年春に放送されるテレビ東京の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実」に主演することが1 月22日、明らかになった。竹野内さんは同局のドラマ初出演で、初めて新聞記者役に挑戦する。また、竹野内さんは今回の主演で、在京キー局のドラマの主演を全て制覇することになる。

 ドラマは本城雅人さんの小説「ミッドナイト・ジャーナル」が原作。竹野内さんが演じる新聞記者・関口豪太郎が、世間を震撼(しんかん)させた連続誘拐殺人事件で世紀の大誤報を打って支社に飛ばされながらも、7年越しで連続誘拐犯を追いつめるため、真実を求めて奮闘するサスペンスエンターテインメント。ドラマ「とんび」や「ダブルフェイス」の羽原大介さんが脚本を手がけ、映画「半落ち」「陽はまた昇る」などの佐々部清さんが監督を務める。

 竹野内さんは「テレビ東京のドラマに出演するのは初めてですが、いつも、何かを考えさせられる挑戦的な作品を数多く作られている印象がありました。そこに私も参加させていただけたことはとても光栄なことです」と喜び、作品については「真実と偽りとが交錯する物語の中で、職務を全うする人、職務を越え、自分の歩む道を貫き通そうとする人、さまざまな人間の温度差が、個性豊かなキャストの方々で映し出されています。どうぞ最後までご覧ください!」とアピールしている。

 脇を固める豪華キャストは後日発表される。

3

/3

目次