花のち晴れ~花男 Next Season~

  • スタッフ:
    原作:神尾葉子「花のち晴れ~花男 Next Season~」(集英社)
  • キャスト:
    江戸川音役:杉咲花▽神楽木晴役:平野紫耀(King&Princ)▽馳天馬役:中川大志▽平海斗役:濱田龍臣▽真矢愛莉役:今田美桜▽成宮一茶役:鈴木仁▽栄美杉丸役:中田圭祐▽西留めぐみ役:飯豊まりえ▽江戸川由紀恵役:菊池桃子▽神楽木巌役:滝藤賢一▽馳利恵役:高岡早紀▽馳一馬役:テット・ワダ▽小林孝蔵役:志賀廣太郎▽紺野亜里沙役:木南晴夏▽江戸川誠役:反町隆史
  • 放送日:
    TBS系
    2018年4月17日から毎週火曜午後10時放送
UPDATE

花のち晴れ~花男 Next Season~あらすじ

 ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」は、累計発行部数が6100万部を突破した人気マンガ「花より男子」の続編が原作。「花より男子」は、2005年と07年に井上真央さん主演、人気グループ「嵐」の松本潤さんや小栗旬さんが出演してドラマ化されたが、08年には「花より男子F(ファイナル)」として映画化もされた。

 ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」は、前作の主人公・牧野つくしや、道明寺司率いる「F4(エフフォー)」が卒業してから10年後の英徳学園高校が舞台。杉咲花さんは、超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の主人公の江戸川音を演じる。

 音に深く関わる神楽木グループの御曹司(おんぞうし)で道明寺に憧れて「C5(シーファイブ)」を結成した神楽木晴役を、ジャニーズの新アイドルグループ「King&Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さん、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校の桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬を中川大志さんが演じる。

スタッフ

原作:神尾葉子「花のち晴れ~花男 Next Season~」(集英社)

花のち晴れ~花男 Next Season~キャスト

江戸川音役:杉咲花▽神楽木晴役:平野紫耀(King&Princ)▽馳天馬役:中川大志▽平海斗役:濱田龍臣▽真矢愛莉役:今田美桜▽成宮一茶役:鈴木仁▽栄美杉丸役:中田圭祐▽西留めぐみ役:飯豊まりえ▽江戸川由紀恵役:菊池桃子▽神楽木巌役:滝藤賢一▽馳利恵役:高岡早紀▽馳一馬役:テット・ワダ▽小林孝蔵役:志賀廣太郎▽紺野亜里沙役:木南晴夏▽江戸川誠役:反町隆史

主題歌

主題歌:King & Prince「シンデレラガール」
イメージソング:宇多田ヒカル

花のち晴れ~花男 Next Season~放送日

TBS系
2018年4月17日から毎週火曜午後10時放送

<視聴率>「花のち晴れ」最終回視聴率は9.5% 自己最高に迫る記録で有終の美

「花のち晴れ~花男 Next Season~」主演の杉咲花さん
「花のち晴れ~花男 Next Season~」主演の杉咲花さん

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の最終回となる第11話が6月26日放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だった。第3話と第8話で記録した自己最高の9.6%に迫る記録で有終の美を飾った。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さんと「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、杉咲さんが超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じ、アイドルグループ「King Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さん、飯豊まりえさんらも出演した。

 第11話は、晴(平野さん)と天馬(中川さん)の武道対決の後半戦。右手首を痛めた晴を心配する愛莉(今田美桜さん)らC5メンバーだったが、晴自身は落ち込んでいる暇はないと血気盛ん。翌朝、天馬は音を襲撃した英徳狩りの首謀者が近衛(嘉島陸さん)だったことを知り、「一人にしてほしい」と、音さえも自分から遠ざけてしまう……という展開だった。

「花のち晴れ」最終回のあらすじ 四角関係に決着 音は晴と天馬のどちらを選ぶ?

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第11話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第11話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時)の最終回となる第11話が6月26日、放送される。音(杉咲さん)をめぐり、3日間にわたる柔道・弓道・剣道の武道3種対決に挑むことになった晴(はると、平野紫耀さん)と天馬(中川大志さん)だが、晴は初日の柔道で右手首を痛めてしまう。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬を中心にした青春ラブコメディー。

 第11話は、晴と天馬の武道対決の後半戦。右手首を痛めた晴を心配する愛莉(今田美桜さん)らC5メンバーだが、晴自身は落ち込んでいるヒマはないと血気盛ん。一方、2日目の試合の朝、天馬は音を襲撃した英徳狩りの首謀者が近衛(嘉島陸さん)だったことを知り、「一人にしてほしい」と、音さえも自分から遠ざけてしまう……と展開する。

「花のち晴れ」杉咲花の撮了を平野紫耀ら“仲間”が祝福 「本当に大好きな現場」

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の平野紫耀さん(中央)のクランクアップに駆けつけた(左から)鈴木仁さん、中川大志さん、平野さん、杉咲花さん、中田圭祐さん (C)TBS
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の平野紫耀さん(中央)のクランクアップに駆けつけた(左から)鈴木仁さん、中川大志さん、平野さん、杉咲花さん、中田圭祐さん (C)TBS

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)がクランクアップを迎えた。主人公・江戸川音(おと)を演じる杉咲さんの最後のシーンの撮影が終わると、現場に駆けつけた平野紫耀さん、中川大志さん、飯豊まりえさん、鈴木仁さん、中田圭祐さんが姿を見せ、ドラマのワンシーンさながらに抱き合ったり、固い握手をしたりと、撮了を祝福した。

 音役の杉咲さん、神楽木晴(かぐらぎ・はると)役の平野さん、馳天馬(はせ・てんま)役の中川さんは、それぞれ別々のシーンでの撮了となったが、互いのクランクアップシーンに駆けつけ、その瞬間を見守った。

 杉咲さんは「皆さんのことが大好きでした。本当に大好きな現場でした。現場がすごく楽しくて、大好きなはずだったのですが、同じくらい毎日不安でした」と思いを明かし、「でも皆さんが毎日変わらず『おはよう』って言って、『お疲れ様』って言って、いつも通りでいてくれて、そのおかげでもっと頑張らなきゃと思わせてもらってました。共演者の皆さんやスタッフさんのたくさんの愛情を感じて、私は本当に幸せ者だと、毎日思っていました。皆さんのおかげでここまで来られました。ありがとうございました」と思いを語った。

 平野さんは「もう終わるなんて、めちゃくちゃ寂しいですし、明日から何していいかわからないです。それくらい僕の中で生活の一部となっていたし、みんなも大好きでした。本当に神楽木晴が大好きで、僕でよかったのかなって不安はあったんですけど、なんとか無事、皆さんに支えてもらいながら、今日という日を迎えることができました。皆さん4カ月間、本当にありがとうございました!」と述べた。

 中川さんは「今朝現場に来て、(杉咲)花ちゃんの隣でメイクしてたら、明日からこの花ちゃんの笑い声を聞けなくなるんだなと、急に寂しくなりましたね」と明かし、「馳天馬という役は、幸せな時間よりもつらい時間の方が多い役だったんですけど、花ちゃん演じる音ちゃんのことが心から大好きで、ほれてました。そして、平野紫耀くんが演じる神楽木晴が僕にとってはもう魅力的すぎて、脅かされ通しで(笑い)。この『花のち晴れ』に参加できて、一生の宝物になりました。本当に4カ月間、ありがとうございました」と語った。

 ドラマは、女優の井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんらが出演したドラマと映画が人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。「花男」の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音(杉咲さん)、“第二の道明寺”ともいえる晴(平野さん)、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬(中川さん)を中心にした痛快青春ラブコメディー。最終話は、26日午後10時に放送される。

(C)TBS
(C)TBS

<視聴率>「花のち晴れ」第10話視聴率は5.2% 音を巡って晴と天馬が武道対決! 松田翔太演じるF4・西門も登場

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第10話が6月19日、放送され、平均視聴率は5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。同時間帯には、NHK総合でサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表の初戦となる対コロンビア戦が生中継されていた。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さんと「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じ、アイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演している。

 第10話は、音を巡って、晴(はると、平野さん)と天馬(中川さん)が、柔道・弓道・剣道の武道3種で対決することになる……という展開だった。F4の西門総二郎(松田翔太さん)が登場したことも話題になった。

「花のち晴れ」第10話に松田翔太演じる「西門総二郎」が登場 3人目のF4メンバー出演

松田翔太さん
松田翔太さん

 女優の杉咲花さんが主演を務める連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第10話が6月19日放送され、前作「花より男子(花男)」で俳優の松田翔太さんが演じた西門総二郎が登場した。第1話の道明寺司(松本潤さん)、第3話の花沢類(小栗旬さん)に続く、3人目のF4メンバー出演となった。

 同時間帯には、NHK総合でサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表の初戦となる対コロンビア戦が生中継。Yahoo!のリアルタイム検索では川島、コロンビアなどといったW杯関連のワードが上位を占める中、19日午後10時40分現在で、「西門」「花晴れ」も上位に入り、ネット上での盛り上がりをうかがわせた。

 第10話では、音(杉咲さん)を巡って、晴(はると、平野紫耀さん)と天馬(中川大志さん)が、柔道・弓道・剣道の武道3種で対決することになる。「C5(シーファイブ)」メンバーも晴の勝利を信じて手助けする中、F4の西門総二郎(松田さん)が現れる。肌ぬぎ姿で弓道場に登場した西門は、「もしかして君が噂の(道明寺)司オタクの少年?」と晴に声をかけ、うろたえる晴に「仕方ないよ、俺かっこいいから」とうそぶくと、ネット上でも「西門さんカッコいい」「イケメンすぎ」などと絶賛の声が上がった。

 さらに晴のけいこ中、練習場にやってきた音と天馬との会話で、西門は晴が好きなのが音だと気づく。音に晴の勝算を聞かれた西門は「勝負は何が起きるか分からない。だから楽しいんだよ、恋も人生も」と語り、電話でF4の美作あきららしき人物と会話するシーンもあった。

 ドラマは、女優の井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんらが出演したドラマ、映画が人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。「花男」の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音(杉咲さん)、“第2の道明寺”ともいえる晴(平野さん)、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬(中川さん)を中心にした痛快青春ラブコメディー。

「花のち晴れ」第10話のあらすじ 音をめぐって晴と天馬が武道対決! F4・西門も登場

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第10話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第10話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第10話が6月19日、放送される。音(杉咲さん)を巡って、晴(はると、平野紫耀さん)と天馬(中川大志さん)が、柔道・弓道・剣道の武道3種で対決することになる。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬を中心にした青春ラブコメディー。

 第10話では、晴と天馬が対決することになるが、「C5(シーファイブ)」のメンバーも晴の勝利を信じられない。そんな中、F4の西門総二郎(松田翔太さん)が現れ、圧倒的に不利な晴に、弓道の極意を指南する。晴のけいこ中、練習場にやってきた音と天馬の会話で、西門はかつての道明寺たちを思い出す。そんな中、天馬の父の事業拡大に伴い、音の父・誠(反町隆史さん)を化粧部門に迎えることになり、母・由紀恵(菊池桃子さん)は喜ぶ。天馬の母・利恵(高岡早紀さん)は、江戸川家が3人で暮らす家を手配し、音と天馬の結婚式を音の誕生日にあげようと言い出し……という展開。

 予告動画では、メグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)が「これは、音を賭けた戦いなの!」と音に訴えるシーンや、緊迫した試合のシーン、F4の西門総二郎らしき人物が、弓道場で弓を構える姿が映し出されている。

<視聴率>「花のち晴れ」第9話視聴率は8.6% ついに天馬と晴が直接対決?

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第9話が6月12日、放送され、平均視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さんと「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じ、アイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演している。

 第9話では、音が何者かに襲われ、偶然通りかかった桃乃園学院の近衛(嘉島陸さん)たちに助けられる。病院に駆けつけた天馬(中川さん)は、晴(はると、平野さん)にも報告すべきだと助言したが、音はメグリンとの初デートのプランを必死に考える晴に、自分が襲われたことは伝えなかった。そんな中、音は事件を裏で操っていた犯人を知ってしまい、天馬にその事実を伝えたが、天馬は半信半疑で信じてくれず、音はショックを受ける。だが、晴は音の前で「そんなの一択だろ! 好きな女の言うことを信じなくてどうする!」と天馬につかみかかり……という展開だった。

「花のち晴れ」第9話のあらすじ ついに天馬と晴が直接対決?「もう音に近づくな」

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第9話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第9話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第9話が6月12日、放送される。英徳学園で起こったメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)の誕生パーティー妨害事件が解決し、ピンチを免れたかに見えたが、今度は音(杉咲さん)が何者かに襲われる事件が起こってしまう。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 第9話で、何者かに襲われた音は、偶然通りかかった桃乃園学院の近衛(嘉島陸さん)たちに助けられる。病院に駆けつけた天馬(中川大志さん)は、晴(はると、平野紫耀さん)にも報告すべきだと助言したが、音はメグリンとの初デートのプランを必死に考える晴に、自分が襲われたことは伝えなかった。そんな中、音は事件を裏で操っていた犯人を知ってしまい、天馬にその事実を伝えたが、天馬は半信半疑で信じてくれず、音はショックを受ける。だが、晴は音の前で「そんなの一択だろ! 好きな女の言うことを信じなくてどうする!」と天馬につかみかかる……と展開する。

 予告動画では、天馬が晴に「もう音に近づくな」と言い放ち、晴も「俺は江戸川をあきらめない」と宣言する場面があり、天馬と晴が“直接対決”する予感。また、ビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」の喜矢武豊さんがゲスト出演することも発表されている。

TBS提供
TBS提供

<視聴率>「花のち晴れ」第8話視聴率は9.6% 音と晴は友達宣言 メグリンが晴の彼女(仮)に

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第8話が6月5日、放送され、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さんと「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じている。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演している。

 第8話は、音と神楽木晴(平野さん)は、友達として向き合っていくことを決め、晴はメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)を「彼女(仮)」にし、音は馳天馬(中川さん)のいる桃乃園学院への転入を延期する。ある日、晴とメグリンは、音と天馬の映画館デートに合流。音と晴の仲の良さを見て不安になってしまうメグリンだが、晴のために英徳学園を盛り上げようと自分の誕生パーティーを企画する。しかし、同日に馳&江戸川両家で食事会が開かれることになってしまい、音はメグリンの招待を断る。その食事会は、桃乃園学院への転入を延期した音が、天馬の婚約者としてふさわしいのかどうかを見極める場で……という展開だった。

「花のち晴れ」第8話のあらすじ メグリンが晴の彼女(仮)に! 音&天馬には暗雲が…?

TBS提供
TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第8話が6月5日、放送される。江戸川音(杉咲さん)と神楽木晴(かぐらぎ・はると、平野紫耀さん)は、友達として向き合っていくことを決め、晴はメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)を「彼女(仮)」にし、それぞれすてきなカップルになろうと誓い合う。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬(中川大志さん)を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 第8話で、音は天馬のいる桃乃園学院への転入を延期する。ある日、晴とメグリンは、音と天馬の映画館デートに合流。音と晴の仲の良さを見て不安になってしまうメグリンだが、晴のために英徳学園を盛り上げようと自分の誕生パーティーを企画する。しかし、同日に馳&江戸川両家で食事会が開かれることになってしまい、音はメグリンの招待を断る。その食事会は、桃乃園学院への転入を延期した音が、天馬の婚約者としてふさわしいのかどうか見極める場だった……と展開する。

<視聴率>「花のち晴れ」第7話視聴率は7.5%

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第7話が5月29日、放送され、平均視聴率は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さんと「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じている。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演している。

 第7話は、「音を守りたい」という思いから、天馬(中川さん)は音に桃乃園学院への転校を勧める。しかし、音は晴(はると、平野さん)からの情熱的な告白が忘れられず、心の中にモヤモヤとした思いを抱えていた。一方、音に完全に振られた晴だったが、久しぶりに父・巌(滝藤賢一さん)に食事に誘われ、ようやく認められたとうれしくなる。しかし、それはホテルチェーンの娘である人気モデルのメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)との婚約話を進めるためだった……という展開。

「花のち晴れ」第7話のあらすじ 音が天馬のいる桃乃園学院へ転校? 晴はメグリンと婚約話

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第7話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第7話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第7話が5月29日、放送される。「音を守りたい」という思いから、天馬(中川大志さん)は音(杉咲さん)に桃乃園学院への転校を勧める。しかし、音は晴(はると、平野紫耀さん)からの情熱的な告白が忘れられず、心の中にモヤモヤとした思いを抱えていた。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 第7話は、音に完全に振られた晴だったが、久しぶりに父・巌(滝藤賢一さん)に食事に誘われ、ようやく認められたとうれしくなる。しかし、それはホテルチェーンの娘である人気モデルのメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)との婚約話を進めるためだった。その日、晴が行方不明になったと聞いた音は、道明寺邸で晴を見つける。そこで2人は、メイド頭のタマ(佐々木すみ江さん)と秘書の西田(デビット伊東さん)から道明寺の過去を聞くことになる……という展開。

TBS提供
TBS提供

キンプリ平野紫耀、「花晴れ」チームのサプライズに男泣き! 杉咲花らがCDデビューを祝福

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演中の「King & Prince」の平野紫耀さん(前列左)、杉咲花さん(前列右)、(後列左から)鈴木仁さん、今田美桜さん、濱田龍臣さん、中田圭祐さん (C)TBS
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演中の「King & Prince」の平野紫耀さん(前列左)、杉咲花さん(前列右)、(後列左から)鈴木仁さん、今田美桜さん、濱田龍臣さん、中田圭祐さん (C)TBS

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の主題歌「シンデレラガール」を歌う人気グループ「King & Prince(キンプリ)」が5月23日、CDデビューを果たした。ドラマの撮影現場では同日、神楽木晴(かぐらぎ・はると)を演じる同グループの平野紫耀さんをサプライズで祝福するセレモニーが行われ、杉咲さんら共演者の祝福を受けた平野さんは「びっくりしたー!」と何度も口にし、うれし涙を流した。

 この日、平野さんは朝からキンプリとして楽曲をテレビの生放送で披露した後、ドラマの撮影に臨んだ。平野さんの出番が終わると、スタジオ内に杉咲さんの「神楽木~!」という声が響いた。出番がない杉咲さんの登場に平野さんが驚いていると、「ハルト!」「ハルト!」と、“C5”の面々からのハルトコールがスタジオ内に響き渡った。

 続けて、「デビューおめでとう!」という声と共にクラッカーが鳴り、スタジオ内に「シンデレラガール」が大音量で流れると、平野さんはうれし涙を流し、「ありがとうございます。うれしいです。ドラマにぴったりなこの曲(シンデレラガール)を皆さんに聞いてもらえるのもうれしいですし、CDデビューという記念すべき日にこうして皆さんと一緒にお仕事できたこと、感謝しています!」と喜びを語った。

 サプライズは杉咲さんの発案で、平野さんのCDデビューを「花晴れ」チームで祝福したいと、キャスト、スタッフ全員でひそかに準備していたという。杉咲さんは、もらい泣きしながら「こんな幸せなことないなって思います。私まで幸せな気持ちをいただいてしまいました」と祝福。収録後、平野さんは共演者に「おつかれさまでした!」「おめでとうございます!」と声をかけられながらスタジオを後にした。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音(杉咲さん)、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬(中川大志さん)を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 平野さん、杉咲さんのコメントは以下の通り。

 ◇平野さんのコメント

 (CD発売日の23日は)めちゃくちゃ濃い一日になりました。朝は生放送に出させていただいて、“花晴れ”の現場に来て、頑張ってたら皆さんにサプライズしていただけるという……。うれしくて泣いちゃいました。いろいろなすてきな方々に囲まれてお仕事できていることが本当にうれしいですし、恵まれてるなと感謝しています。CDデビューのタイミングがこの現場と重なって幸せです。皆さんに祝っていただけて、みんなと一緒にこの日を迎えられてよかったです。

 ◇杉咲さんのコメント

 3カ月いっしょに過ごしてきた大事な仲間の、人生においてすごく大切な、本当にたった一度の大事な日をみんなで過ごせてとってもうれしかったです。平野さんが泣いていたので感動してしまい……。私ももらい泣きしてしまいました。ずっと前からサプライズの企画を進めていたので、デビュー日の今日、C5や2年D組の生徒、みんなで大きなサプライズができてよかったです。

<視聴率>「花のち晴れ」第6話視聴率8.3% 音の恋のライバル・メグリンが英徳に転校

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第6話が5月22日、放送され、平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、第5話の8.7%(同)から0.4ポイント下げた。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じる。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演している。

 第6話は、音が婚約者の天馬(中川さん)に“告白”し、その場面に遭遇した晴(はると、平野さん)はひどく落ち込む。その翌日、晴を追って、人気モデルのメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)が英徳学園に転校してきた。「晴が恋人のメグリンを転入させた?」と校内は大騒ぎになる。ひょんなことから音&天馬、晴&メグリンの4人でダブルデートすることになり、晴は、音が天馬に向ける笑顔や言葉にイラつき、天馬は普段は見ない音の言動に驚く。そんな中、音と晴は観覧車で2人きりになってしまう……という展開だった。

「花のち晴れ」第6話のあらすじ 晴を追ってメグリンが英徳に転校! まさかのWデートで波乱の予感

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第6話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第6話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第6話が5月22日、放送される。晴(はると、平野紫耀さん)を追って、人気モデルのメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえさん)が英徳学園に転校してきた。「晴が恋人のメグリンを転入させた?」と校内は大騒ぎになる。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 第6話では、音(杉咲さん)が婚約者の天馬(中川大志さん)に“告白”し、その場面に遭遇した晴はひどく落ち込む。その翌日、メグリンが英徳学園に転校。そのおかげで英徳への転入希望者が増えたことを知った海斗(濱田龍臣さん)は、晴に「英徳のために西留めぐみと付き合え」と強要する。ひょんなことから音&天馬、晴&メグリンの4人でダブルデートすることになり、晴は、音が天馬に向ける笑顔や言葉にイラつき、天馬は普段は見ない音の言動に驚く。そんな中、音と晴は観覧車で2人きりになってしまう……と展開する。

<インタビュー>「花のち晴れ」恋敵・メグリン役に飯豊まりえが本音「みんな嫌わないで~」

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する飯豊まりえさん(C)TBS
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する飯豊まりえさん(C)TBS

 女優の飯豊まりえさんが出演している連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)について語ったインタビューが5月19日、公開された。飯豊さんは、杉咲花さん演じる主人公・江戸川音(おと)の恋のライバルで、人気モデルのメグリン役を演じている。飯豊さんは「私の中では、メグリンはいい子だからみんな嫌わないで~って思っているんですけど(笑い)」と役への思いを明かしつつ、「でも、(嫌われたら嫌われたで)そこは正解なのかもしれませんね」と話している。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さんや「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音を演じている。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演している。

 15日に放送された第5話では、音、晴(はると、平野さん)、天馬(中川さん)の三角関係に、人気モデルのメグリン(飯豊まりえさん)が加わって新たな展開に。音は、晴のことを「好きではない」と言いながらも、晴に急接近したメグリンに嫉妬する。一方、晴は温泉で偶然メグリンの裸を見てしまい、そのことを翌日、英徳学園に現れたメグリンにばらされてしまう。そのころ、音の母・由紀恵(菊池桃子さん)のもとには天馬の継母・利恵(高岡早紀さん)から、仲むつまじい音と晴の写真が送られてきていた。心配する由紀恵に音は八つ当たりし、さらに写真の件を知って駆けつけた天馬にも「ほっといて!」と叫んでしまう……という展開だった。

 インタビューでの飯豊さんのコメントは以下の通り。

 ◇飯豊まりえさんのコメント

 ――メグリンを演じてどうでしたか?

 私は、(本格的な)撮影に、みんなより2カ月くらい遅れて入ってきているんですけど、メグリンはひょんなことからみんなの中にバーンって入ってくるので、そこはナチュラルにできてよかったなと思っています。でも、みんなとテンションが全然ちがうんですよね。キャラクターが強くて台風みたいな女の子というか。

 第5話の放送を見たんですけど、キャラクターがポップで……。みんなとテンションが合っていないから、合っていないのが正解なんですけど、(演じていて)不安は正直あります。杉咲花ちゃんとか中川大志くんとかに、一回一回「メグリンになっている? 大丈夫? 大丈夫かな?」って聞きながら、やっているんですよ。

 (メグリンは)実は、相手を楽しませようとか明るい気持ちにさせようという気持ちで行動していて。常に人のことを考えて、わけへだてなく人と関われる女の子です。

 監督はスタッフの皆さんに「できるだけメグリンが嫌われないように、嫌な女の子にならないように見ておいてくれる?」って言ってくださっていたみたいで。(せりふの)言い方ちょっとで、メグリンがあざといとか計算高いって見えないように、丁寧にみんなで作っていただいているっていう感じがしてうれしかったです。メグリンが嫌われないように、もう一回やってみようとか。みんなに愛されるような女の子に、着々となってきていればいいですよね。

 ――メグリンは女性からも愛されるキャラ?

 皆さん、音の目線で(ドラマを)見られているじゃないですか。(音に)感情移入していると「なにこの女の子!」って思われると思うんです。(でもメグリンは)いじわるもしないし、ただ本当にパッションで動いているいちずな女の子で、すごく性格もいい女の子だから……難しいんですよね! 私の中では、メグリンはいい子だからみんな嫌わないで~って思っているんですけど(笑い)。でも、(嫌われたら嫌われたで)そこは正解なのかもしれませんね。

 あと、二次元が好きなモデルの子って、斬新だなと思って。(メグリンが)ゲームでしか恋をしたことないんですっていうのも、可愛らしいなと思いました。初めての恋だからこそ、よく分からないけど相手を楽しませたいなとか、気持ちが伝わったらいいなって思っているのかな……。そういう感じでやっているので、楽しいですね! 青春だな~って思います(笑い)。

 ――飯豊さんが胸キュンだと思うシーンは?

 晴に一生懸命なメグリンに、ぜんぜん応えてくれない晴なんですけど、たまにキュンとするギャップを出してくるんですよね。メグリンが晴にカレーを作るんですけど、「こんなもん食えないよ」って最初は言うのに、一生懸命、食べてくれる姿とか。メグリンじゃなくても世の女性はキュンとするところだなって思います。

 それから、切ないんですけど、メグリンは、晴が音を思っている姿を何度か目撃するんですよ。音への思いをボソっと言ったりとか、音と天馬くんが2人でいるところに一緒に遭遇しちゃったりとか。

 メグリンとしては、自分は晴とくっつきたいけど、それでもちょっと晴を応援するというか。自分も気持ちが伝わったらいいなと思うけど、彼が一番喜んでいる姿が見たいからっていう姿勢が、すごくけなげでいい子だなって思っていて。(22日放送の)第6話でメグリンが告白するシーンがあるんですけど、メグリンらしい明るい言葉をかけているのに、どこか切ないんですよね。明るく、すごいフラットに言うんですけど、それって、すごい勇気がいるっていうか……。切ないな~って私は思ったんですよね。それで、私はそのセリフを、最初は一語一語大切に伝えようとしたんですけど、監督が「そこはもっと明るく言って!」って。そこは私もメグリンらしさを勘違いしていたんですけど、一生懸命考えた結果、明るく言うっていうのがメグリンなのかなって。まだまだですけど、メグリンが少しずつ分かってきたって思った瞬間でしたね。

 ――メグリンのことは好きですか?

 大好きです! 一生懸命だし、けなげだし、すごくパッションがある子なんです。少し先になりますが、晴が「カッコいいよな、あいつ」って言うシーンがあるんですけど、確かにカッコいいな~って思う部分もあって。ベタ褒めですけど(笑い)、すてきだなって思います。

 ――第6話の見どころは?

 メグリンは、一番は晴くんのことを考えて行動しているんですよね。第6話では、メグリンの気持ちも分かってもらえると思います。晴くんだけじゃなくて、音ちゃんや天馬くんにも明るく接していて。面白くて、クスッとできるような掛け合いもしているので、それも見ている人に伝わればいいなと思います。内容としては四角関係がどうなっていくのか……ハラハラドキドキしてほしいなと思います! ハラハラが違う意味で出てくると思います(笑い)。

(C)TBS
(C)TBS

<視聴率>「花のち晴れ」第5話視聴率8.7% 飯豊まりえ演じる人気モデルが音の恋のライバルに

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第5話が5月15日、放送され、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、第4話の9.0%から0.3ポイント下げた。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じる。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演している。

 第5話では、音、晴(はると、平野さん)、天馬(中川さん)の三角関係に、人気モデルのメグリン(飯豊まりえさん)が加わって新たな展開に。音は、晴のことを「好きではない」と言いながらも、晴に急接近したメグリンに嫉妬する。一方、晴は温泉で偶然メグリンの裸を見てしまい、そのことを翌日、英徳学園に現れたメグリンにばらされてしまう。その頃、音の母・由紀恵(菊池桃子さん)の元には天馬の継母・利恵(高岡早紀さん)から、仲むつまじい音と晴の写真が送られてきていた。心配する由紀恵に音は八つ当たりし、さらに写真の件を知って駆けつけた天馬にも「ほっといて!」と叫んでしまう……という展開だった。

「花のち晴れ」第5話のあらすじ 今度は四角関係? 飯豊まりえ演じる人気モデルが主人公・音の恋のライバルに

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第5話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第5話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第5話が5月15日、放送される。自分の恋は破れたものの、音(おと、杉咲さん)と晴(はると、平野紫耀さん)の仲を取り持ちたい愛莉(今田美桜さん)が、音を無理やり華道パーティーへと連れ出すが、そこでは人気モデルのメグリン(飯豊まりえさん)が、晴に急接近していた。音×晴×天馬(中川大志さん)の三角関係に、新たな展開が加わることになる。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第二の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 第5話で、音は、晴のことを「好きではない」と言いながらもメグリンに嫉妬してしまう。一方、晴は温泉で偶然メグリンの裸を見てしまい、そのことを翌日、英徳学園に現れたメグリンにばらされてしまう。その頃、音の母・由紀恵(菊池桃子さん)の元には天馬の継母・利恵(高岡早紀さん)から、仲むつまじい音と晴の写真が送られてきていた。心配する由紀恵に音は八つ当たりし、さらに写真の件を知って駆けつけた天馬にも「ほっといて!」と叫んでしまう……という展開。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供

<視聴率>「花のち晴れ」第4話視聴率は9.0% 天馬と音が密室で2人きりに…

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第4話が5月8日、放送され、平均視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じる。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんや中川大志さんらも出演。

 第4話は、ダブルデートで距離を縮めた音(おと、杉咲さん)と晴(はると、平野さん)の前に、音が隠れ庶民であることをバラして“庶民狩り”を先導した張本人・愛梨(今田美桜さん)が現れる。愛梨は、音を英徳学園から追い出そうとしたことを謝り、「友達になってほしい」と言い出す。音は「なにか裏があるのでは?」と怪しみながらも、愛梨が幼いころから晴を思い続けていることを知り、次第に心を許していく。そんな中、音がレストランの冷蔵庫に閉じ込められてしまうという事件が発生。中にはなぜか天馬(中川さん)がいて……という展開だった。

「花のち晴れ」第4話のあらすじ 音に庶民狩りの張本人・愛梨が急接近! 天馬とは密室で2人きりに… 

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第4話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第4話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第4話が5月8日、放送される。ダブルデートで距離を縮めた音(おと、杉咲さん)と晴(はると、平野紫耀さん)の前に、音が隠れ庶民であることをバラして“庶民狩り”を先導した張本人・愛梨(今田美桜さん)が現れる。さらに音と天馬(てんま、中川大志さん)が密室に閉じ込められてしまう。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第2の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬(はせ・を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 第4話は、ダブルデートの現場に現れた愛梨は、音を英徳学園から追い出そうとしたことを謝り、「友達になってほしい」と言い出す。音は「なにか裏があるのでは?」と怪しみながらも、愛梨が幼い頃から晴を思い続けていることを知り、次第に心を許していく。そんな中、音がレストランの冷蔵庫に閉じ込められてしまうという事件が発生。中にはなぜか天馬がいて……と展開する。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供

<特集>中川大志、馳天馬は「真田丸」の豊臣秀頼が“原点”? 圧倒的なプリンス感にPも脱帽

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で主人公・音の婚約者、馳天馬を演じる中川大志さん
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で主人公・音の婚約者、馳天馬を演じる中川大志さん

 杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ、TBS系、火曜午後10時)で、杉咲さん演じる主人公の“隠れ庶民”江戸川音の婚約者、馳天馬(はせ・てんま)の人気が急上昇している。白い学生服に身を包み、音の絶体絶命のピンチを救ってお姫様抱っこで立ち去る……という圧倒的な王子様キャラで、ドラマを手がける瀬戸口克陽プロデューサーも、中川さんの「プリンス(王子)感」を求めて起用した。その「プリンス感」は、中川さんが注目を浴びた大河ドラマ「真田丸」にあったという。

 ドラマは、人気シリーズ「花より男子」(花男)の新たな物語で、中川さんが演じる天馬は、音が通う英徳学園のライバル校、桃乃園学院の生徒会長。母親同士が親友だったことから、音の婚約者となった。文武両道でカリスマ性があり、かつての英徳学園の伝説の4人組「F4(エフフォー)」を彷ふつとさせるが、弱者をいじめたりしない、非の打ち所がないキャラクターだ。

 中川さんは、2016年に放送された「真田丸」で、堺雅人さん、内野聖陽さんらベテラン俳優を前に、りりしい豊臣秀頼を演じきり、注目された。瀬戸口プロデューサーは、完璧な天馬を演じる俳優を考えた際に、「プリンス感」を感じた秀頼が浮かんだといい、「あれだけの名だたる先輩俳優に囲まれて、若君という立場と言えども、あの雰囲気は、ちゃんとしていないと出せないんですよね。すごかったな」と、その圧倒的なプリンス感に舌を巻く。

 視聴者もメロメロで、音のピンチを救った第3話では、サプライズ出演した小栗旬さん演じる「花沢類」とともに、「中川大志」「天馬」「てんま」のワードや、「天馬君、王子様すぎるー」「王子様すぎて泣けた」などのつぶやきがSNSをにぎわせた。

 また“第2の道明寺”神楽木晴(かぐらぎ・はると)に対し、天馬のプリンス感は小栗旬さんが演じた花沢類に通じるものがある。瀬戸口プロデューサーは「中川さんは(連続ドラマの)『GTO』(1995年放送)で小栗君がやった役を、リメーク版(2012年放送)で演じていて、今回の役につながる縁を感じているみたい」と明かし、「今後、さらに大きく羽ばたく可能性も含めて、期待しています」と花晴れの先にも目を向けている。

 5月8日に放送される第4話では、音と天馬、晴の三角関係が本格的に動き出す。王子様・天馬が、音への熱い思いを見せる展開に注目したい。

<特集>「花のち晴れ」主演・杉咲花 愛され“隠れ庶民”のさじ加減とは

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で主人公の“隠れ庶民”江戸川音を演じる杉咲花さん
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で主人公の“隠れ庶民”江戸川音を演じる杉咲花さん

 SNSやネットでの盛り上がりも話題の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ・TBS系、火曜午後10時)。人気シリーズ「花より男子」(花男)の新たな物語で、今回も個性的なキャラクターがそろう中、杉咲さん演じる“隠れ庶民”の主人公、江戸川音(おと)が、しっかりと存在感をみせている。杉咲さんは今作が連続ドラマ初主演。音役を「実はすごく難しい」と話す同ドラマの瀬戸口克陽プロデューサーに、杉咲さんの起用理由を聞いた。

 ◇杉咲花は「抜群にお芝居がうまい」 音の揺らぎや心の機微を表現

 杉咲さんが演じる音は、大手化粧品メーカー「エド・クオリティ化粧品」の令嬢だったが会社が倒産し、父親が出稼ぎに出ており、現在はお嬢様育ちの母親と二人暮らし。家計を支えるためコンビニでバイトをして家事全般を担っているという境遇だ。18歳まで超金持ち名門校・英徳学園高校に在籍していれば、IT業界を牽引する経営者の御曹司で婚約者の馳天馬(はせ・てんま)と結婚することができるため、今の境遇を隠して学園に通う“隠れ庶民”だ。

 杉咲さんに音役をオファーしたのは、ほかのキャストと同じ、約1年前。瀬戸口プロデューサーは、音について「貧乏と割り切れているわけではなく、庶民になってしまった元令嬢。でも、もし今の庶民生活に不満があって『元の生活に戻りたい』と思っているキャラクターだと(視聴者が)愛せない気がする」と説明する。

 さらにその難しさを「今の(庶民的な)生活に自分は順応できている。けれど、母親のために『婚約は自分だけのものではない』と一家の将来を背負っている。天馬のことは初恋(の相手)で好きだが負い目を感じている……などの複雑な背景があって、一つ一つを積み重ねた演技がなければ、応援したくなるキャラクターにならない。さじ加減が難しい。お芝居が本当にうまくないと、キャラクターの持つ揺らぎ、心の機微が出ないと思った」といい、「この世代では抜群にお芝居がうまい」と見込んだ杉咲さんへのオファーにつながったと明かした。

 さらに、杉咲さんの魅力に「清廉さ」も挙げ、「元令嬢でありつつ、質素な質実な部分にも、ちゃんとリアリティーのある演技ができる人はそういない。この条件をクリアできるのは杉咲さんしかない」と確信したと振り返った。

 ◇オファーの壁はロングヘア? 「切ってもらえるか」がカギ

 瀬戸口プロデューサーは今作で、キャストのビジュアルも重視している。ドラマの原作となるマンガで、音は髪が肩につかない程度の長めのボブヘアだが、当時の杉咲さんはロングヘア。「髪を切ってもらえるかどうかがカギだった」と振り返る。

 結果、杉咲さんは約30センチ、髪を切って音を演じているが、杉咲さん自身が放送スタート前に行ったイベントで「こんなに短いのは初めて」と発言しているように、ロングヘアのイメージが強かった。瀬戸口プロデューサーも「本人の髪へのこだわりもあると思っていた」といい、「『(音役を)やってほしいけれど、髪を切るのが条件』とお願いした。こちらは勝手にハードルが高いと思ったけれど、OKしてもらえたのでありがたかった」と喜んだことを明かす。

 また杉咲さんは演技派として知られる一方、学園もの、ラブコメもののイメージがあまりない。その点について瀬戸口プロデューサーは「一生懸命さ、キャラクターが追い込まれた末にとる行動が面白いという作り(のドラマ)なので、お芝居がうまければ間違いなくできる。お芝居の力が一番大事。花晴れの世界には、コミカルな部分と切ない部分、両方が必要なんです」と演技力の万能さを強調し、杉咲さんに信頼を寄せている。

 8日に放送される第4話では、音と、神楽木グループの御曹司(おんぞうし)の神楽木晴(かぐらぎ・はると=平野紫耀さん)、音の婚約者・天馬(中川大志さん)との三角関係が本格的になる。資産家のイケメン2人にモテモテ……という憧れの展開にも、思わず応援したくなる、愛され“隠れ庶民”を演じる杉咲さんに注目したい。

<視聴率>「花のち晴れ」第3話視聴率は9.6%と1.7ポイント急浮上! 小栗旬の「花沢類」登場で話題

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第3話が5月1日、放送され、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回の7.9%から1.7ポイントと大きく上昇した。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じる。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さん、中川大志さんらも出演する。

 第3話では、英徳学園の生徒のスマホに「江戸川音は“隠れ庶民”!」というメッセージと画像が届き、音(杉咲さん)は晴(平野さん)の仕業だと思い込み、深く傷つく。一方の晴は、学園に寄付金を払えない生徒を退学させる“庶民狩り”をしてきた「C5(シーファイブ)」としての自分と、音を救いたいという気持ちの間で悩んでいた。そんなとき、英徳学園に退学届を出す決意を固めて登校した音は、生徒たちに取り囲まれてしまう。晴は、音のもとに駆け寄ろうとするが人垣に阻まれ、前に進めない。音が絶体絶命!という瞬間、天馬(中川さん)が現れて……というストーリー。「花男」で小栗旬さんが演じた花沢類も登場し、SNSやネットで話題を集めた。

「花のち晴れ」第3話に小栗旬演じる「花沢類」登場! 晴とツーショット

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第3話が5月1日放送され、前作「花より男子(花男)」で、俳優の小栗旬さんが演じた花沢類が登場。 Yahoo!のリアルタイム検索では、5月1日午後10時50分現在で、検索1位が「花沢類」、2位が「小栗旬」、4位が「はなざわるい」、5位が「花沢」と上位5位中四つを花沢類関連のワードが占めるなど、SNSやネットで盛り上がりを見せた。

 第3話では、“隠れ庶民”であることを知られた江戸川音(杉咲さん)が、神楽木晴(平野紫耀さん)の仕業だと思い込み、深く傷つく。一方の晴は、学園に寄付金を払えない生徒を退学させる“庶民狩り”をしてきた「C5(シーファイブ)」としての自分と、音を救いたいという気持ちの間で悩んでいた。そんなとき、英徳学園に退学届を出す決意を固めて登校した音は、生徒たちにとり囲まれてしまう。晴は、音のもとに駆け寄ろうとするが人垣に阻まれ、前に進めない。音が絶体絶命!という瞬間、馳天馬(はせ・てんま、中川大志さん)が現れて……という展開。

 小栗さん演じる類は、音を助けられず悔やむ晴の前にフードをかぶったピンクのパーカ姿で登場。「なんであいつ(天馬)なんだよ……。なんでいるんだよ」とつぶやいた晴に、「ここ、君の場所だった? 寝心地良さそうだったからさ、つい」とクールな表情で語りかけた。思い悩む晴が、「こういう時、道明寺さんならどうします?」と尋ねると、「(道明寺)司は野生だからさ。そのごちゃっとした中の一番大事なものしか眼中にないよ」と答えて去っていった。

 第2話の放送後のウェブの予告動画では、謎の男性の映像とともに「F4のあの人も登場!?」と告知されており、放送終了後、SNSやネットでは第3話での登場人物が注目されていた。第1話に松本潤さん演じる道明寺司が登場した際も、Yahoo!のリアルタイム検索の話題のキーワード1位を「道明寺」が獲得するなど、大きな話題を集めていた。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ・花男の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第2の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬を中心にした痛快青春ラブコメディー。

「花のち晴れ」第3話のあらすじ “隠れ庶民”とバレた音が絶体絶命! そのとき晴と天馬は… 謎の男性にも注目

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第3話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第3話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第3話が5月1日、放送される。英徳学園のカリスマ的存在、神楽木晴(かぐらぎ・はると、平野紫耀さん)に「お前は庶民狩りしない」と言われてひと安心していた“隠れ庶民”の江戸川音(おと、杉咲さん)だったが、次の日、英徳学園の生徒のスマホに「江戸川音は“隠れ庶民”!」というメッセージと画像が届く……。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音、“第2の道明寺”ともいえる晴、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬(はせ・てんま、中川大志さん)を中心にした痛快青春ラブコメディー。

 第3話は、“隠れ庶民”であることを知られた音は、スマホのメッセージが晴の仕業だと思い込み、深く傷つく。一方の晴は、学園に寄付金を払えない生徒を退学させる“庶民狩り”をしてきた「C5(シーファイブ)」としての自分と、音を救いたいという気持ちの間で悩んでいた。そんなとき、英徳学園に退学届を出す決意を固めて登校した音は、生徒たちにとり囲まれてしまう。晴は、音のもとに駆け寄ろうとするが人垣に阻まれ、前に進めない。音が絶体絶命!という瞬間、天馬が現れて……と展開する。

 また第2話の放送後の予告に謎の男性の姿が映し出され、ウェブの予告動画では「F4のあの人も登場!?」と告知されていることから、SNSでは「花男」で小栗旬さんが演じた花沢類が登場するのではないかと注目されている。

「花のち晴れ」話題のツインテール娘は“福岡で一番可愛い女の子”

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で真矢愛莉を演じる今田美桜さん
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」で真矢愛莉を演じる今田美桜さん

 4月17日の初回放送から、SNSやネットで盛り上がりを見せている杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ・TBS系、火曜午後10時)。神楽木晴(かぐらぎ・はると)役の平野紫耀さん、馳天馬(はせ・てんま)役の中川大志さんらとともに、注目されているのが、ツインテールの美少女ながら、岩を投げて石像を壊すなどのギャップを見せた真矢愛莉(まや・あいり)だ。演じているのは“福岡で一番可愛い女の子”とも言われる今田美桜さん。愛莉役を「オーディションで決めた」という同ドラマの瀬戸口克陽プロデューサーに、その魅力を聞いた。

 今田さんは1997年3月5日生まれの21歳。福岡県出身で、地元で活動していたが、一昨年の夏、女優を目指して上京した。映画「帰ってきたバスジャック」(藤原健一監督)や「ダブルミンツ」(内田英治監督)、“月9”ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」(フジテレビ系)などに出演している。“福岡で一番可愛い女の子”というキャッチコピーは、所属事務所の関係者によると「福岡に可愛い女の子がいる!」と話題になっていたことから生まれたという。

 今田さんが演じる愛莉は不動産王の令嬢で、晴がリーダーを務める「C5(シーファイブ)」の紅一点。キュートなぶりっ子に見えるが、実はC5のメンバーの中では、学園に寄付金を払えない生徒を退学させる“庶民狩り”を、最も楽しんでいるという“小悪魔”的なキャラクター。幼い頃に晴に助けられ、彼に恋心を抱き続けているという設定だ。

 キャストのビジュアルを重視している瀬戸口プロデューサーは、愛莉役について「原作でも『圧倒的な美少女』という設定。実世界での普通の美人や可愛い子ではなく、お人形さんみたいな顔を求めた」という。オーディションでは、今田さんの目力が決め手になったといい、「目がぱっちりとしていて、部屋に入った瞬間に決めた。お芝居に対しても意識が高かったので、小悪魔キャラから立場が変わっていく演技もできる」と期待を寄せている。

 第2話で、ただの美少女ではない片りんを見せた愛莉。第3話ではどんな裏の顔が出てくるのか、瀬戸口プロデューサーをひと目で納得させたビジュアルにも注目したい。

浜野謙太、木南晴夏の恋人役で“花晴れ”に出演 音と晴の恋を後押し

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する浜野謙太さん=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する浜野謙太さん=TBS提供

 ミュージシャンで俳優の浜野謙太さんが、杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)に出演することが4月30日、分かった。浜野さんは、杉咲さんが演じる江戸川音(おと)のアルバイト先の先輩・紺野亜里沙(木南晴夏さん)の彼氏、ミータンを演じる。

 浜野さん演じるミータンは、ド派手な服にとがった靴を着用するバンドマン。見た目とは裏腹にいい人というキャラクターで、音と神楽木晴(平野紫耀さん)とダブルデートをし、2人の恋を後押しする役どころ。撮影時のリハーサルでは、浜野さんの演技に杉咲さんと平野さんが思わず吹き出してしまう場面もあったという。

 浜野さんは「台本を読んで、爆笑しました。すごく面白かったし、全員キャラが立っていて、またそれぞれのキャラを大事にしている感じだったので、この世界の中の人になれるのがうれしかったです」と撮影を振り返り、「超お金持ちの話に、(ミータンとしては)『こんなことあるかい!』と“庶民目線”で突っ込みを飛ばし続けたいですね。(金持ちに)なじまないで一歩外にいることが『痛快さ』につながれば良いなと思っています」と意気込みを語っている。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子(花男)」の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台の痛快青春ラブコメディー。音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校の桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬を中川大志さんが演じている。

TBS提供
TBS提供

<特集>キンプリ平野紫耀、“第2の道明寺”起用理由は「スター性」 天然キャラは想定以上?

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のロゴ=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のロゴ=TBS提供

 4月17日の初回放送から、SNSやネットで盛り上がりを見せている杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ、TBS系、火曜午後10時)。人気シリーズ「花より男子」(花男)の“新章”で、“第2の道明寺”とも言える神楽木晴(かぐらぎ・はると)は、最も注目される役どころの一つ。演じているのは、アイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の平野紫耀(しょう)さんで、初回から、車にひかれそうになった音(杉咲さん)を“アゴクイ”で立ち上がらせたり、“普段着”という白いタキシード姿を見せるなどインパクト大のシーンを演じている。花男から手がけ、平野さんの起用理由を「スター性」と話す、瀬戸口克陽プロデューサーに魅力を聞いた。

 ◇平野紫耀は「潜在的に華がある人」 スター性は「訓練では出せない」

 平野さんが演じる神楽木晴は、道明寺財閥と肩を並べる日本3大財閥の一つ、神楽木グループの御曹司(おんぞうし)で、伝説の4人組「F4(エフフォー)」の道明寺司に憧れて、超金持ち名門校・英徳学園高校でセレブ軍団「C5(シーファイブ)」を結成。F4の卒業から10年がたち、輝きを失いかけた学園に、かつての栄光を取り戻すべく、学園に寄付金を払えない生徒を退学させる“庶民狩り”を行っている。完ぺきな容姿で大財閥の御曹司……と、ここまでは道明寺と近いが、実はメンタルの弱い“ヘタレ男子”という秘密を持っている。

 平野さんは、ジャニーズ事務所に所属するアイドルグループのメンバー。5月23日に、同ドラマの主題歌「シンデレラガール」でCDデビューする。瀬戸口プロデューサーは「このタイミングでデビューするとは」と驚いている。というのも平野さんを“見つけた”のは、今から約1年前だからだ。

 約1年前は同ドラマのキャスティングを始めた頃。「晴の世代で、誰かいい人はいないかと探していたところ、平野君の話を複数の方に聞いて、何の思惑も伝えずに、帝国劇場での舞台を見に行った」という。第一印象は「かっこよく決めるところは間違いなく決める人。潜在的に華がある人」だった。

 瀬戸口プロデューサーは、晴のキャスティングについて「今後大きく羽ばたいてくれそうな人と一緒にスタートを切りたい。これまでの経験よりは、原作に近いか、真ん中にいる(センターに立つ)スター性が第一条件」と考えており、平野さんが条件にぴったりと合致。「スター性は訓練では出せない。華の部分は素養として持っていなければダメなんです」と、その重要性を熱く語った。

 ◇天然キャラは「想定以上」 原作者もお墨付きのハマり役

 晴役の難しいところは、イケメンなのに実はヘタレだというギャップの部分。初回でも、怪しげな開運グッズを買いあさったり、“ポカポカ殴り”しかできないケンカの弱さを見せたりとコミカルなシーンがあった。キャスティングの際に、コミカルな演技力は考慮しなかったのか。

 瀬戸口プロデューサーは「晴は、努力が思っている方向と違う方向に行ってしまうところが笑える。(平野さんに)キャラクターを一生懸命演じてもらえれば、ヘタレ感は出るだろう。彼ならいけるということでキャスティングした」と語る。さらに平野さんはファンの間で「イケメンなのに天然ボケ」と人気を集めていたことから「期待した」部分もあり、実際に会ったことで「初めてお会いした時から天然だった。お会いして期待が確信に変わった」と想定外の天然ぶりを喜んだ。

 また花男の際にも、コミカルなシーンの練習やリハーサルを念入りに行っていたといい、今回も「事前の準備は必要だと思った。(平野さんが)かっこいい演技は間違いなくできることは分かったので、こちら(コミカルなシーン)は、リハーサル期間を設けて(撮影に)入った」という。

 平野さんが演じるかっこよさとヘタレを兼ね備えた晴の姿に、瀬戸口プロデューサーは「(原作者の)神尾(葉子)先生が、平野君を想定して晴を生み出したんじゃないか、晴をやるために平野君がいるんじゃないかというくらいハマっている」と太鼓判。さらに「神尾先生も(撮影の)現場で、平野君に会って『マンガから飛び出してきたみたい』と言っていました」と原作者も“お墨付き”のキャスティングであることを明かした。

 第2話で音への気持ちが「恋」だと気づいた晴。今後、どんなかっこいい姿で胸キュンさせてくれるのか、どんなヘタレシーンでほっこりさせてくれるのか、注目だ。

「花のち晴れ」第2話のあらすじ 晴と音が初デート! 道明寺家のメイド頭・タマも登場

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第2話のワンシーン=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第2話のワンシーン=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第2話が4月24日、放送される。アルバイト先のコンビニで学園のカリスマ的存在、神楽木晴(平野紫耀さん)に遭遇し、晴が実は“ヘタレ男子”だったことを知ってしまった“隠れ庶民”の女子高生・江戸川音(杉咲さん)が、晴からデートに誘われる。

 ドラマは、井上真央さんが主演し、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演してドラマ化されるなど人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。花男の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台の痛快青春ラブコメディー。音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校の桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬を中川大志さんが演じている。

 第2話は、神楽木グループの御曹司(おんぞうし)の晴からデートに誘われ、音は「何か裏があるのでは?」と疑う。鈍感な晴と音の会話は少しずつ食い違いながらも、英徳学園の伝説の4人組「F4(エフフォー)」のリーダー・道明寺司の家へとたどり着き、道明寺家のメイド頭・タマ(佐々木すみ江さん)に会った晴は、道明寺への憧れと英徳学園を守りたいという思いを熱く語る。そんな晴に、音は自分が英徳に“隠れ庶民”のまま通い続ける本当の理由を伝える……と展開する。

<特集>「花のち晴れ」 「花より男子」10年ぶり“新章”放送の理由 

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のロゴ=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のロゴ=TBS提供

 女優の井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの“完結編”となった映画「花より男子F(ファイナル)」が公開されてから、今年で10年。同シリーズの新章「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ、TBS系、火曜午後10時)の放送が17日にスタートし、松本さん演じた道明寺司が登場するとツイッター上で「道明寺キターー!」などのつぶやきが殺到するなど、SNSやネットで盛り上がりを見せた。ファン待望の新章について、花男シリーズのドラマ第1作から映画までを手がけ、今回の「花晴れ」も手がけるTBSの瀬戸口克陽プロデューサーに聞いた。

 ◇満を持して新章放送

 「花男」シリーズは神尾葉子さんのマンガが原作。第1作となった連続ドラマは2005年に放送され、07年に続編の連続ドラマを放送。映画は08年に公開された。「10年たってなぜ新章を?」という疑問も浮かぶが、「花晴れ」も神尾さんのマンガが原作で、その原作の連載が始まったのが15年。すでに7年が経過していた。

 瀬戸口プロデューサーは「新章の連載が始まったのを知ってから、ずっと読ませていただいて、花男の世界観がありながら、また新しいキャラクターが出てきて、すごく魅力的。ぜひ(ドラマを)やりたいと思っていた」というが、当時、連載は始まったばかり。すぐにドラマ化すると「ドラマが原作を追い越してしまう。ある程度区切りが見えたところでドラマ化する方が、世界観を壊さずに、かつドラマとして面白く作れる」とタイミングを待った。

 「結果的に、映画から10年の節目の年がちょうどいい」と今年に決まったといい、「ある種の運命、ご縁だなと思った」と振り返った。

 ◇新章は王道ラブコメだけじゃない! テーマは「自分らしく生きる」

 王道ラブコメの代名詞といってもいい「花男」を大ヒットさせた瀬戸口プロデューサー。今回もラブコメでありつつ、「自分らしく生きる」をテーマとして掲げている。

 瀬戸口プロデューサーは、「ドラマ内の登場人物は秘密を抱えています」という。確かに杉咲花さんが演じる主人公の江戸川音は、コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校の英徳学園に通う“隠れ庶民”、アイドルグループ「King&Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さん演じる神楽木晴(かぐらぎ・はると)はイケメンなのに、メンタルの弱い“ヘタレ男子”だ。

 「現代の人たちも“インスタ映え”のように、実際とは違うのに(SNS上では)充実している生活を見せてみたり、大なり小なり、パブリックな自分と本当の自分との差が生まれていると思う。みんな秘密を抱えているのではないか」と登場人物との共通点を挙げ、「自分らしく生きる」ことの大切さを提示しようとしている。

 ◇「テレビは若者から離れていない」 名プロデューサーの使命

 昨今、ラブコメといえば、邦画が全盛。また学園ものの王道ラブコメディーは、ゴールデンタイムに放送される連続ドラマの題材になりにくい状況だ。しかし瀬戸口プロデューサーは、そこに「トライしたい」といい、「学園を舞台にしたドラマですが、決して10代限定(のドラマ)ではない。同年代じゃないと楽しめないというものではない」と力を込める。「花男の時も、高校生はもちろん、大人の方もたくさん見ていただき、大半の女性の方には、幅広く支持してもらっていた」と、今回もターゲットは幅広い年齢層の女性だ。

 そして「『テレビが若者の見たいものを作っていないんじゃないか』という指摘をする方もいる。ちゃんと面白いものを作って『テレビが若者から離れているんじゃない』ということを立証しなければいけない」「こういう作品が多くの方に支持されると、花男の時みたいに、若い世代の作品が作られていくことに、つながるかもしれない。誰も僕にそんな使命を課していないんですが、勝手に秘めた思いがあります」と並々ならぬ使命感を明かした。

<視聴率>「花のち晴れ」 初回視聴率は7.4% 道明寺登場でツイッター騒然

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の初回が4月17日、放送され、平均視聴率は7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガが原作。井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作が連続ドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じる。ほかにアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さん、中川大志さんらも出演する。

 第1話は、牧野つくしや、道明寺司ら伝説の4人組「F4(エフフォー)」が卒業して10年たった2018年、英徳学園の春。神楽木晴(平野さん)は、F4の道明寺司に憧れ、幼なじみの平海斗(濱田龍臣さん)らと「C5(シーファイブ)」を結成し、学園に寄付金を払えない生徒を退学させる“庶民狩り”を行っていた。音は庶民狩りにおびえながらも、婚約者の馳天馬(中川さん)との結婚の条件である「18歳になるまで英徳学園に通うこと」を守るために学園に通い続けていた。しかしある日、音と晴は最悪の出会いを果たしてしまう……というストーリーだった。

 また、前作に登場した人気グループ「嵐」の松本潤さんが演じる道明寺司が登場。ツイッター上では「道明寺キターー!」などのつぶやきが殺到し盛り上がりを見せた。

<テレビ試写室>「花のち晴れ」 「花より男子」の新章はキンプリ平野のギャップに注目 道明寺の登場も! 4月17日スタート

ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第1話の場面写真=TBS提供
ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第1話の場面写真=TBS提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、2018年4月17日にスタートする女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、毎週火曜午後10時)だ。

 ドラマは、井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、神尾葉子さんの同名人気マンガが原作。「花男」シリーズの主人公、牧野つくしや、道明寺司ら伝説の4人組「F4(エフフォー)」のメンバーが卒業してから10年後の英徳学園高校を舞台に、杉咲さん演じる超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の主人公、江戸川音(おと)らが織り成す痛快青春ラブストーリー。

 アイドルグループ「King&Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さんが、イケメンなのに、メンタルの弱い“ヘタレ男子”の神楽木晴(かぐらぎ・はると)役で出演。晴は、道明寺財閥と肩を並べる日本3大財閥の一つ、神楽木グループの御曹司(おんぞうし)で、道明寺に憧れてセレブ軍団「C5(シーファイブ)」を結成している。

 “ヘタレ男子”の晴は、まさにはまり役。美男子の平野さんが見せるかっこいいシーンに、ファンならずとも胸キュンしてしまうのはもちろん、かっこ悪いシーンもなぜか残念には見えない。そのギャップに思わず「可愛い!」と感じてしまうこと請け合いだ。晴をはじめ、セレブ軍団の家や車、衣装など、周辺の演出の豪華さも、原作の世界観を崩さずに表現されているほか、原作にはないオリジナルの要素もある。

 人気作「花男」の世界とつながるドラマなだけに、第1話には、早速、F4の道明寺司が登場する。登場シーンは必見で、「花男」ファン垂涎(すいぜん)のシーンも多々あるので見逃せない。

 また第1話では、中川大志さんが演じる音の許嫁(いいなずけ)で、英徳学園のライバル校の桃乃園学院の生徒会長、馳天馬(はせ・てんま)も登場。音や晴を交えた今後の恋愛模様がますます気になってしまう展開だった。

<ドラマ紹介>「花のち晴れ」 「花より男子」の新章 杉咲花&平野紫耀&中川大志でF4卒業から10年後を描く 4月17日スタート

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の一場面=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の一場面=TBS提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ、TBS系、火曜午後10時放送)の放送が2018年4月17日、スタートする。井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんが出演して人気を博した「花より男子」(花男)シリーズの新章で、今作がドラマ初主演となる杉咲さんが、超金持ち名門校・英徳学園高校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(おと)を演じる。ほかにアイドルグループ「King&Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さん、中川大志さんらが出演する痛快青春ラブストーリー。

 ドラマは、神尾葉子さんの同名人気マンガが原作。「花男」シリーズの主人公、牧野つくしや、道明寺司ら伝説の4人組「F4(エフフォー)」のメンバーが卒業してから10年後の英徳学園高校が舞台。音は、高等部2年で、父が経営する大手化粧品メーカーが倒産し、母・由紀恵(菊池桃子さん)と貧乏生活を送りながら“隠れ庶民”として英徳学園に通っているというキャラクター。平野さんが、道明寺財閥と肩を並べる日本3大財閥の一つ、神楽木(かぐらぎ)グループの御曹司(おんぞうし)で、道明寺に憧れてセレブ軍団「C5(シーファイブ)」を結成した神楽木晴(はると)を演じ、中川さんが音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校の桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬を演じる。

 「C5」のメンバーを、濱田龍臣さんや今田美桜さん、鈴木仁さん、中田圭祐さんが演じるほか、超人気モデルの大財閥令嬢役で飯豊まりえさんが出演する。主題歌は、平野さんが所属する「King & Prince」のデビュー曲「シンデレラガール」が採用された。

 第1話では、音と晴の出会いが描かれる。「F4」が卒業して10年たった2018年春、神楽木晴(平野さん)は、F4の道明寺司に憧れ、幼なじみの平海斗(濱田さん)らとC5を結成し、学園に寄付金を払えない生徒を退学させる“庶民狩り”を行っていた。音は庶民狩りにおびえながらも、婚約者の馳天馬(中川さん)との結婚の条件である「18歳になるまで英徳学園に通うこと」を守るために学園に通い続けていた。しかしある日、音と晴は最悪の出会いを果たしてしまう……というストーリー。

TBS提供
TBS提供

杉咲花、花男“新章”は「恋しくていとおしくて…」 平野紫耀らとレッドカーペットに <試写会&舞台あいさつ&レッドカーペットイベント>

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」イベントに登場した(左から)中川大志さん、杉咲花さん、平野紫耀さん
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」イベントに登場した(左から)中川大志さん、杉咲花さん、平野紫耀さん

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、2018年4月17日スタート)の試写会と舞台あいさつ、レッドカーペットイベントが4月7日、東京都内で行われ、杉咲さんやアイドルグループ「King & Prince(キンプリ)」の平野紫耀(しょう)さん、中川大志さんら主要キャストが登場。200人参加の試写会には約1万人の応募があったといい、杉咲さんは「ドラマを楽しみに待ってくださっているんだなと、これからの励みになります」と笑顔。「1日休みがあっただけで、みんなのことを思い出して、恋しくなって会いたくなって演技がしたくて、恋しくていとおしくてたまらない現場です」と、作品への思いを明かした。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」の“新章”となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」が原作。前作の主人公の牧野つくしや道明寺司ら「F4(エフフォー)」メンバーが卒業してから10年後が舞台で、コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(杉咲さん)を中心に、個性的なキャラクターが織り成す痛快青春ラブストーリー。平野さん扮(ふん)する神楽木晴が結成するセレブ軍団「C5(シーファイブ)」のメンバーとして、濱田龍臣さんや今田美桜さん、鈴木仁さん、中田圭祐さん。超人気モデルの大財閥令嬢として飯豊まりえさん、音の許嫁(いいなずけ)として中川さんが出演する。イベントには、杉咲さん、平野さん、中川さんのほか、濱田さん、今田さん、鈴木さん、中田さん、飯豊さんが出席した。

 人気マンガのキャラクターを演じることについて、杉咲さんは「自分らしくというよりかは、原作がすてきでめちゃくちゃ面白いから、敬意を払って一生懸命、音になれるように、頑張っているつもり。原作の良さを生身の体を使って、動画としての良さをどっちも引き出せたら」と、熱く語った。お気に入りのシーンは「(大きな塊の)肉で(平野さん演じる晴を)殴るシーン」と即答し、「原作で見たときも衝撃でしたし、どうなるのだろうかと楽しみにしていたんですが、一発OKだったんです」とにっこり。一方、肉で殴られた平野さんは「シンプルに痛かったですよ。でも気持ちよかったです」とコメント。周囲の反応に「あ、殴られたことが、じゃなくて、思い切りの良さが気持ちよかったんですよ!」と慌てて説明し、笑いを誘っていた。

花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~

キンプリ平野紫耀、ドラマ現場でのあだ名は「甘がみ王子」 <試写会&舞台あいさつ&レッドカーペットイベント>

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」イベントに登場した平野紫耀さん
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」イベントに登場した平野紫耀さん

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、2018年4月17日スタート)の試写会と舞台あいさつ、レッドカーペットイベントが4月7日、東京都内で行われ、杉咲さんやアイドルグループ「King & Prince(キンプリ)」の平野紫耀(しょう)さん、中川大志さんら主要キャストが登場。今回がドラマ初出演となる平野さんは「現場では“甘がみ王子”と言われていました」と明かして、会場を盛り上げた。

 あだ名は、平野さん扮(ふん)する神楽木晴が、音(杉咲さん)を守ろうと、ヘタレながらも必死にケンカをするシーンで、相手の腕にかみつく演技をしたのがきっかけ。平野さんは「結構何回も(腕を)かんでいたので、相手に申し訳ないと思っていたんですが、最終的には、僕は“甘がみ”がうまいという話になった」と経緯を説明した。同シーンで共演した中川さんは「あのシーンの晴(平野さん)の戦いっぷりを、現場でずっとモニターで見ていたんですが、すごい。可愛らしさとダサさと一生懸命さが素晴らしいなと思いました」と絶賛していた。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」の“新章”となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」が原作。前作の主人公の牧野つくしや道明寺司ら「F4(エフフォー)」メンバーが卒業してから10年後が舞台で、コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(杉咲さん)を中心に、個性的なキャラクターが織り成す痛快青春ラブストーリー。神楽木晴が結成するセレブ軍団「C5(シーファイブ)」のメンバーとして、濱田龍臣さんや今田美桜さん、鈴木仁さん、中田圭祐さん。超人気モデルの大財閥令嬢として飯豊まりえさん、音の許嫁(いいなずけ)として中川さんが出演する。

「花のち晴れ」花男“新章”に“道明寺”松本潤が登場 キンプリ平野紫耀は「泣きそうに…」 <試写会&舞台あいさつ&レッドカーペットイベント>

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」イベントに登場した(左から)鈴木仁さん、飯豊まりえさん、中川大志さん、杉咲花さん、平野紫耀さん、濱田龍臣さん、今田美桜さん、中田圭祐さん
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」イベントに登場した(左から)鈴木仁さん、飯豊まりえさん、中川大志さん、杉咲花さん、平野紫耀さん、濱田龍臣さん、今田美桜さん、中田圭祐さん

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、2018年4月17日スタート)の試写会と舞台あいさつ、レッドカーペットイベントが4月7日、東京都内で行われ、杉咲さんやアイドルグループ「King & Prince」(キンプリ)の平野紫耀(しょう)さんら主要キャストが登場した。平野さんは、女優の井上真央さん主演の前作で道明寺司を演じた「嵐」の松本潤さんが今作に出演していることを明かし、「本当に泣きそうになりました」と感想を語った。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」の“新章”となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」が原作。前作の主人公の牧野つくしや道明寺司ら「F4(エフフォー)」メンバーが卒業してから10年後が舞台で、コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(杉咲さん)を中心に、個性的なキャラクターが織り成す痛快青春ラブストーリー。平野さん扮(ふん)する神楽木晴が結成するセレブ軍団「C5(シーファイブ)」のメンバーとして、濱田龍臣さんや今田美桜さん、鈴木仁さん、中田圭祐さん。超人気モデルの大財閥令嬢として飯豊まりえさん、音の許嫁(いいなずけ)として中川大志さんが出演する。

 イベントには、杉咲さん、平野さんのほか、濱田さん、今田さん、鈴木さん、中田さん、飯豊さん、中川さんが出席した。松本さんについて、平野さんは「実際にお会いしていないんですが、マネジャーを通して連絡をくださって、『気張らずにカッコつけずにやったらいいよ』とアドバイスいただきました」と笑顔を見せた。松本さんの出演シーンについては「『うわー道明寺だ!』ってなりますよね。ずっと(中川)大志とその話で盛り上がってた」と興奮。中川さんも「道明寺さんの撮影があった次の日に、(撮影現場で)モニターを見せてもらって、2人で震え上がりました。感動しちゃった」と明かしていた。

花のち晴れ~花男 Next Season~

宇多田ヒカル、花男“新章”「花のち晴れ」のイメージソングを書き下ろし 4月17日のドラマ初回放送で公開

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のイメージソングを担当する宇多田ヒカルさん
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のイメージソングを担当する宇多田ヒカルさん

 歌手の宇多田ヒカルさんが、4月17日にスタートする杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)のイメージソングを担当することが4月6日、明らかになった。宇多田さんは2007年に放送された同局系の連続ドラマ「花より男子2(リターンズ)」でも「Flavor Of Life -Ballad Version-」がイメージソングに採用されており、今回が“花男”シリーズで2度目の採用となる。

 ドラマは4月17日から毎週火曜午後10時放送。新イメージソングは書き下ろしで、4月17日のドラマ初回放送内で初公開される。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」の“新章”となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」が原作。前作の主人公の牧野つくしや「F4(エフフォー)」メンバーが卒業してから10年後が舞台。コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の江戸川音(杉咲さん)を中心に、個性的なキャラクターが織りなす青春ラブストーリー。

 アイドルグループ「King & Prince」(キンプリ)の平野紫耀(しょう)さん演じる神楽木晴(はると)が結成するセレブ軍団「C5(シーファイブ)」のメンバー役で、濱田龍臣さん、今田美桜さん、鈴木仁さん、中田圭祐さんが出演。また超人気モデルの大財閥令嬢役を飯豊まりえさん、音の許嫁(いいなずけ)役を中川大志さんが演じる。

花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~

反町隆史、花男“新章”「花のち晴れ」で主人公の父親役 菊池桃子と夫婦に “家族写真”も公開

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する(左から)反町隆史さん、杉咲花さん、菊池桃子さん(C)TBS
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する(左から)反町隆史さん、杉咲花さん、菊池桃子さん(C)TBS

 女優の杉咲花さんが主演し、4月17日にスタートする連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)に、反町隆史さんが出演することが、このほど明らかになった。反町さんは杉咲さん演じる主人公・江戸川音の父・誠を演じる。また、音と誠と、菊池桃子さん演じる音の母・由紀恵の3人が並んだ“家族写真”も公開された。

 撮影に臨んだ反町さんは「現場はすごくいいチームワークで、スタッフと出演者が真摯にドラマを作っている様子は画面からも伝わるんじゃないかな?」と現場の雰囲気を絶賛。また、“花男”シリーズへの出演については「前作も見ていました。どこかファンタジーな部分がありながら、主人公をはじめキャラクターの個性が強くて、すごく際立つドラマだという印象がありましたね。今回もその要素はふんだんに盛り込まれているので、たくさんの方に見ていただいて、一緒にドラマを盛り上げていただけたらうれしいです」と語っている。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」の“新章”となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」が原作。前作の主人公の牧野つくしや「F4(エフフォー)」メンバーが卒業してから10年後が舞台。コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の音(杉咲さん)を中心に、個性的なキャラクターが織り成す痛快青春ラブストーリー。

 アイドルグループ「King & Prince」の平野紫耀(しょう)さん演じる神楽木晴(はると)が結成するセレブ軍団「C5(シーファイブ)」のメンバー役で、濱田龍臣さん、今田美桜さん、鈴木仁さん、中田圭祐さんが出演する。また超人気モデルの大財閥令嬢役を飯豊まりえさん、音の許嫁(いいなずけ)役を中川大志さんが演じる。4月17日から毎週火曜午後10時放送。

花男“新章”「花のち晴れ」に前作キャストが! 道明寺家からデビット伊東&佐々木すみ江が出演

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演するデビット伊東さん(左)と佐々木すみ江さん=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演するデビット伊東さん(左)と佐々木すみ江さん=TBS提供

 女優の杉咲花さんが主演し、4月にスタートする連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)にデビット伊東さんと佐々木すみ江さんが出演することが3月31日、分かった。井上真央さんが主演を務めた前作に続き、日本三大財閥の一つである道明寺の家に仕える西田とタマを演じる。

 秘書・西田役のデビット伊東さんは「相変わらず西田は、道明寺家の秘書として世界を飛び回っています。皆さんが困った時、いつでも出動できる準備を(して)プライベートジェットの中でお茶を飲みながらお待ちしております。また熱い日々が始まる期待でいっぱいです」とコメントしている。

 一方、メイド頭・タマ役の佐々木さんは「『花より男子』は、ついこの間のように思っていたのですが、もう10年もたっているのですね。私もね、10年の間に少しヒザが痛くなったりして、あぁ、やっぱりトシを取ったんだなぁと感じていますが、大好きなこの『タマさん』をまた演じることができて、本当にうれしく思っています」と喜んでいる。

 ドラマは、神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」の“新章”となる「花のち晴れ~花男 Next Season~」が原作。前作の主人公の牧野つくしや「F4(エフフォー)」メンバーが卒業してから10年後が舞台。コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の音(杉咲さん)を中心に、個性的なキャラクターが織り成す痛快青春ラブストーリー。

 アイドルグループ「King & Prince」の平野紫耀(しょう)さん扮(ふん)する神楽木晴晴が結成するセレブ軍団「C5(シーファイブ)」のメンバーとして、濱田龍臣さんや今田美桜さん、鈴木仁さん、中田圭祐さん。超人気モデルの大財閥令嬢として飯豊まりえさん、音の許嫁(いいなずけ)として中川大志さんが出演する。4月17日から毎週火曜午後10時に放送される。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供

「King & Prince」デビュー曲が「花のち晴れ」主題歌に 平野紫耀は「運命感じる」

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌を務める「King & Prince 」(C)TBS
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌を務める「King & Prince 」(C)TBS

 アイドルグループ「King & Prince」のデビュー曲「シンデレラガール」が、4月スタートの杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)の主題歌に決まった。ドラマで神楽木晴を演じる、メンバーの平野紫耀(しょう)さんは、主題歌の決定に「めちゃくちゃうれしかったです」と喜び、「‟デビュー曲が主題歌になる”というのは相当珍しいことだと思うので、そんなまれな形でデビュー曲が使われるということに運命を感じます」とコメントしている。

 デビュー曲については「初めて聴いたとき“花のち晴れっぽいな”と思っていた」といい、「歌詞にフラワーやKing&Princeが入っているのも、ドラマの世界観に合っていていいなと思いますしドラマにぴったりな曲」とコメント。「この曲を聴いたときに、ドラマのワンシーンや僕らの歌っている姿を思い浮かべてもらえたらうれしいです。 『シンデレラガール』とドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』が、皆さんの心に残るような作品に なったらいいなと思います」とメッセージを送っている。

花男“新章”「花のち晴れ」 杉咲花の母役に菊池桃子 滝藤賢一、高岡早紀も出演

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する(左から)滝藤賢一さん、菊池桃子さん、高岡早紀さん=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する(左から)滝藤賢一さん、菊池桃子さん、高岡早紀さん=TBS提供

 女優の杉咲花さんが主演する4月スタートの連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)に菊池桃子さんが出演し、主人公の江戸川音の母・由紀恵を演じることが3月14日、明らかになった。またアイドルグループ「King & Prince」の平野紫耀(しょう)さん扮(ふん)する神楽木晴の父・巌役で滝藤賢一さん、中川大志さん演じる音の許嫁(いいなずけ)の馳天馬の継母・利恵役で高岡早紀さんの出演も発表された。

 また天馬の父・一馬役には世界を舞台に活動する俳優テット・ワダさんが決定。そのほか天馬の実の母・美代子役に堀内敬子さん、神楽木グループの御曹司(おんぞうし)の晴を支える執事の小林孝蔵役に志賀廣太郎さん、音がバイトをしているコンビニの先輩店員・紺野亜里沙役に木南晴夏さんが演じる。

花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~

ドラマ「花のち晴れ」クランクイン! 杉咲花ショートヘア「慣れない」 平野紫耀“道明寺”からのアドバイスに…

4月スタートの「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する杉咲花さん(左)と「King & Prince」の平野紫耀さん
4月スタートの「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演する杉咲花さん(左)と「King & Prince」の平野紫耀さん

 女優の杉咲花さんが主演を務める4月スタートの連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)が、東京都内でクランクインした。収録は、英徳学園の校門で行われ、主人公・江戸川音役の杉咲さん、セレブメンバー「C5(シーファイブ)」の神楽木晴役のアイドルグループ「King & Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さん、平海斗役の濱田龍臣さん、真矢愛莉役の今田美桜さん、成宮一茶役の鈴木仁さん、栄美杉丸役の中田圭祐さん、桃乃園学院の生徒会長・馳天馬役の中川大志さんが登場した。

 「花のち晴れ~花男 Next Season~」は、神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」の“新章”が原作で、前作の主人公の牧野つくしや「F4(エフフォー)」メンバーが卒業してから10年後が舞台。コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の音を中心に、個性的なキャラクターが織り成す痛快青春ラブストーリー。

 役作りのため、トレードマークでもあったロングヘアを30センチカットした杉咲さんは「まだ、慣れないんです(笑い)。寝ぐせが付いちゃったりまだ時間がかかりそうです」と苦笑い。今作の英徳学園の制服は、女優の井上真央さんでドラマや映画化され人気を博した「花より男子」シリーズに登場したものと同じで、制服に憧れを抱いていたという花咲さんは「ポスター撮影とかで3回ぐらい着ました。やっと肌になじんできた。制服を着ると、深く考えずに音になれているような感覚です。原作の音の魅力を忘れずに、原作に敬意を払って音を演じていけたら」と改めて意気込みを見せた。

 神楽木晴は、音に深く関わる神楽木グループの御曹司(おんぞうし)で、F4の道明寺司に憧れてC5を結成したというキャラクター。平野さんは、井上さん主演の同シリーズで道明寺を演じた「嵐」の松本潤さんから「事務所の人を通じて、メールをくださいました。道明寺からのアドバイスは、ほかの誰よりもプレッシャーを感じました。身にしみました」と感慨深げだった。撮影中には、杉咲さんが中川さんとドラマの公式インスタグラムに掲載する写真を一緒に撮影したり、平野さん、濱田さんらC5の男性メンバーが談笑する姿も見せていた。

 ドラマは、4月から毎週火曜午後10時に放送される。

花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~
花のち晴れ~花男 Next Season~

ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」セレブメンバーに濱田龍臣ら 主演・杉咲花は髪バッサリ30センチカット

髪を30センチカットした杉咲花さんら「花のち晴れ~花男 Next Season~」のビジュアル=TBS提供
髪を30センチカットした杉咲花さんら「花のち晴れ~花男 Next Season~」のビジュアル=TBS提供

 女優の井上真央さん主演のドラマや映画が人気を博した「花より男子」の“新章”となる連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)の新キャストが発表され、俳優の濱田龍臣さんらの出演が決まった。濱田さんは、アイドルグループ「King & Prince」の平野紫耀(しょう)さん扮(ふん)する神楽木晴が結成するセレブメンバー「C5(シーファイブ)」の一員で、晴らが通う英徳学園歴代トップのIQの持ち主・平海斗を演じる。

 また、「C5」メンバーとして、“福岡で一番可愛い女の子”とも呼ばれている女優の今田美桜さんが、幼い頃から晴に恋心を抱き続けている真矢愛莉役、男性ファッション誌「MEN’S NON-NO(メンズノンノ)」(集英社)の専属モデルを決める鈴木仁さんと中田圭祐さんが、それぞれ華道の家元の家に生まれた超女好きの成宮一茶役、類いまれなる運動神経の持ち主で武道の達人・栄美杉丸役で出演。モデルで女優の飯豊まりえさんが、晴にアプローチするため学園に転入してくる、超人気モデルの大財閥令嬢“メグリン”こと西留めぐみを演じることも明らかにされた。

 今回のドラマで主人公の江戸川音を演じる杉咲花さんを中心に、平野さんを含む「C5」メンバーや飯豊さん、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校の桃乃園学院の生徒会長・馳天馬役の中川大志さんが、役衣装の制服姿で登場したビジュアルも公開された。

 杉咲さんは役作りのため、トレードマークでもあったロングヘアを30センチカットしたといい、憧れの英徳学園の制服については「小さい頃から見ていた“花男”の学校に行けるのがうれしい。自分がこの制服を着ているのが感動」と喜んでいた。

「花より男子」新章「花のち晴れ~花男 Next Season~」が杉咲花主演でドラマ化 平野紫耀&中川大志も出演 2018年4月放送

連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のビジュアル=TBS提供
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のビジュアル=TBS提供

 神尾葉子さん原作のマンガ「花のち晴れ~花男 Next Season~」が、TBS系で連続ドラマ化されることが1月24日、明らかになった。今年4月期に放送され、女優の杉咲花さんが主演を務める。累計発行部数が6100万部を突破し、2005年と07年に井上真央さん主演、人気グループ「嵐」の松本潤さんや小栗旬さんが出演してドラマ化され、08年には「花より男子F(ファイナル)」として映画化もされた人気マンガ「花より男子」の新章が原作。杉咲さんは今作がドラマ初主演となる。

 物語は、前作の主人公・牧野つくしや、道明寺司率いる「F4(エフフォー)」が卒業してから10年後の英徳学園高校が舞台。杉咲さんは、超金持ち名門校に通う“隠れ庶民”の主人公の江戸川音を演じる。

 音に深く関わる神楽木グループの御曹司(おんぞうし)で道明寺に憧れて「C5(シーファイブ)」を結成した神楽木晴役を、ジャニーズの新アイドルグループ「King&Prince(キング アンド プリンス)」の平野紫耀(しょう)さん、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校の桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬を中川大志さんが演じる。

 杉咲さんは「今回、連続ドラマで初主演させていただけることにはとてもびっくりしたのですが、すてきなチャンスをいただけて本当にうれしかったです。タイトルに自分の名前でもある“花”という文字が入っていることに、縁を感じています」と喜んでおり、「原作を読ませていただいて大好きになった音ちゃんを、大切に演じていきたいです」と意気込みを語っている。

 平野さんは「学生時代に見ていたドラマの続編に出演させていただくことになるとは思わなかったので、とてもうれしく思っております。原作のファンの方々を裏切らないよう、そして、(事務所の)先輩の松本潤君の名に恥じぬよう精いっぱい、演じたいと思います」と意気込みを語っている。前作のファンという中川さんは「『花のち晴れ』という新たなドラマを、同じ世代の役者の皆さんと共に作れる時が来たなんて、信じられないくらいうれしいですし、とてもワクワクしています」とコメントを寄せている。

44

/44

目次