イノセント・デイズ ニュース

芳根京子、竹内結子との共演「胃が痛かった」 <完成披露試写会>

「連続ドラマW イノセント・デイズ」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場した芳根京子さん
「連続ドラマW イノセント・デイズ」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場した芳根京子さん

 女優の芳根京子さんが3月12日、東京都内で開かれたWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW イノセント・デイズ」の完成披露試写会&舞台あいさつに、共演の竹内結子さんらと登場。竹内さん演じる死刑囚・田中幸乃に接する刑務官の佐渡山瞳を演じた芳根さんは、竹内さんとの共演に「毎日一緒でした。ものすごく緊張してしまって、常に胃が痛かった」と振り返った。竹内さんが「そんなに圧かけてないよ」というと、芳根さんは「すごく緊張したのは、自分で追い込んでしまって。(竹内さんとの共演は)今でも不思議な時間でした」と語った。

 芳根さんの印象を聞かれた竹内さんが「すごく真面目な子なんだって思いました。声が小さい感じが、優しくしてあげないとって思った」と語ると、芳根さんは「竹内さんが本当に優しくて、今でも涙が出ちゃいそう。本当に優しくしてくれました」と涙ぐむ姿も見せた。イベントには、芳根さん、竹内さんのほか、主演の妻夫木聡さん、共演の新井浩文さん、芳根さん、石川慶監督、原作者の早見和真さんも出席した。

妻夫木聡、映像化熱望した主演ドラマ「イノセント・デイズ」 竹内結子出演に「勝ったな!」<完成披露試写会>

「連続ドラマW イノセント・デイズ」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場した妻夫木聡さん(左)と竹内結子さん
「連続ドラマW イノセント・デイズ」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場した妻夫木聡さん(左)と竹内結子さん

 俳優の妻夫木聡さんが3月12日、東京都内で開かれたWOWOWの主演連続ドラマ「連続ドラマW イノセント・デイズ」の完成披露試写会&舞台あいさつに、共演の竹内結子さんらと登場。ドラマは、原作を読んだ妻夫木さんが、映像化を熱望し企画にも参加している。物語のキーパーソンとなる田中幸乃役に竹内さんがキャスティングされたことについて、妻夫木さんは「結子ちゃんが出演してくれると聞いたとき、うれしかったですね。このドラマは『勝ったな!』って思いました。撮影前に完成したって思いました」と自信をのぞかせた。

 竹内さんの印象を聞かれた妻夫木さんが「いっぱい甘えさせてくれる女優さん。心が通じ合えている」と語ると、竹内さんは「ものすごいプレッシャーかけるね。もう撮り終えていて良かった。ブッキー(妻夫木さん)とは、20歳ぐらいのときから共演してきてるから」とにっこり。妻夫木さんが「お互い、年をとったね」と話すと、「『重ねた』と言おうか!」と突っ込みを入れていた。

 原作は作家・早見和真さんの同名小説(新潮文庫)で、第68回日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門受賞作。死刑判決を受けた幼なじみの幸乃(竹内さん)の無実を直感した慎一(妻夫木さん)は、幸乃を助けるため、さまざまな人々に会いに行くが、先々で幸乃の壮絶な過去を知る。一方で死刑の時を淡々と待つ幸乃だったが、刑務官の瞳(芳根京子さん)は、その姿になぜかひかれ始め……というストーリー。

 イベントには、新井浩文さん、芳根さん、石川慶監督、原作者の早見さんも出席。妻夫木さんは「映像化できたことが夢のよう。感無量です。まだ、実感がなくて夢の中にいるよう」としみじみしながら「小説を読んだときに面白いって思って。映画化される動きを聞いていた。でも、僕はドラマでゆっくり描いた方が良いと思った。(映画化されなくなり)チーターというか、ハイエナのように横取りしてしまった感じ」と振り返っていた。

 ドラマはWOWOWプライムで18日から毎週日曜午後10時に放送。全6話で第1話は無料放送。

妻夫木聡、WOWOW初主演ドラマ「イノセント・デイズ」撮了に感慨 「ただただ信じて闘いました」

「連続ドラマW イノセント・デイズ」の主演を務めた妻夫木聡さん=WOWOW提供
「連続ドラマW イノセント・デイズ」の主演を務めた妻夫木聡さん=WOWOW提供

 俳優の妻夫木聡さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW イノセント・デイズ」がこのほど、クランクアップを迎えた。原作を読んで映像化を熱望したといい、企画にも参加した妻夫木さんは「今はほっとしたという気持ちが一番近いでしょうか。慎一として生きたこの2カ月の間、家族のように見守ってくださった監督はじめスタッフの方々に感謝します。なかなかこんなに、みんながみんな作品を愛してくれる現場はありません。素晴らしい現場でした」とコメントした。

 妻夫木さんは、ドラマについて「生意気にも、僕に預けてくださいと原作の早見さんに電話をした日から、クランクアップを迎える日がくるなんて夢にも思わなかった。感慨深い気持ちです。僕たちはただただ信じて闘いました。一人一人のいちるの望みが見てくださった方の心の中で生き続けていくことになるだろうと確信しています。楽しみにしていてください」と、メッセージを寄せている。

妻夫木聡主演連ドラ「イノセント・デイズ」に竹内結子、新井浩文、芳根京子ら豪華キャスト集結

「連続ドラマW イノセント・デイズ」に出演する妻夫木聡さん(上)、芳根京子さん(中段左)、新井浩文さん(同右)、竹内結子さん
「連続ドラマW イノセント・デイズ」に出演する妻夫木聡さん(上)、芳根京子さん(中段左)、新井浩文さん(同右)、竹内結子さん

 俳優の妻夫木聡さんが主演する、3月スタートのWOWOWのドラマ「連続ドラマW イノセント・デイズ」に、竹内結子さん、新井浩文さん、芳根京子さんら豪華キャストが出演することが1月25日、分かった。ともさかりえさん、長谷川京子さん、池内博之さん、山中崇さん、芦名星さん、佐津川愛美さん、清原果耶さん、田口浩正さん、原日出子さん、石橋蓮司さん、余貴美子さんも出演する。

 竹内さんは、妻夫木さん演じる主人公・佐々木慎一の幼なじみで、元交際相手の住むアパートに火を放ち、妻子を焼死させたとして死刑判決を受ける田中幸乃、新井さんは慎一と幸乃の幼なじみで弁護士の丹下翔、芳根さんは幸乃と接する刑務官の佐渡山瞳を演じる。

 原作は作家・早見和真さんの同名小説(新潮文庫)で、第68回日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門受賞作。死刑判決を受けた幼なじみの幸乃が真犯人ではないと直感した慎一は、幸乃を助けるため、さまざまな人々に会いに行くが、先々で幸乃の壮絶な過去を知る。一方で死刑の時を淡々と待つ幸乃だったが、刑務官の瞳はその姿になぜかひかれ始め……というストーリー。

 「初めにオファーと台本をいただいた時、幸乃という女性の生き方や人間性に興味を持ちました」という竹内さんは、役柄について「誰かに必要とされたいという気持ちがとても強い女性で、ある時はとことん尽くしたり、都合のいい女になってしまったり、子どものような幼い部分もあって相手に強く依存してしまう」と説明。「こういった役柄を私に振ってもらえたことがうれしくて『よし、頑張ろう』と思いました」と明かしている。

妻夫木聡、3年半ぶりにドラマ出演 映像化を熱望し企画に参加 WOWOW「連続ドラマW イノセント・デイズ」

ドラマ「連続ドラマW イノセント・デイズ」のワンシーン
ドラマ「連続ドラマW イノセント・デイズ」のワンシーン

 俳優の妻夫木聡さんが、2018年3月に放送されるWOWOWのドラマ「連続ドラマW イノセント・デイズ」で主演を務めることが12月20日、明らかになった。妻夫木さんにとって「若者たち2014」(フジテレビ系)以来、約3年半ぶりのドラマ出演で、WOWOWのドラマに出演するのは初めて。妻夫木さんが原作を読み、映像化を熱望したといい、今作では企画にも参加している。

 原作は作家・早見和真さんの同名ヒューマンサスペンス小説で、第68回日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門受賞作。妻夫木さんの主演映画「愚行録」を手掛けた石川慶監督がメガホンをとる。妻夫木さんは、確定死刑囚となった幼なじみの女性が犯したとされる罪の真偽に疑問を感じ、無実を信じて調査を進める男性、佐々木慎一を演じる。

 妻夫木さんは「原作を読んだ時からこの小説はドラマでじっくり演じてみたいと強く感じました」と印象を話し、「なかなか映像化するには難しい題材ではあるのですが、石川監督をはじめ、素晴らしいキャスト、スタッフの方々に囲まれてこの作品に挑めることに静かに興奮しています。僕たちがこの作品に懸ける思いを信じてくださった方々に感謝の気持ちしかありません」と意気込みを語っている。

 佐々木慎一(妻夫木さん)の幼なじみの田中幸乃は、元交際相手の住むアパートに火を放ち妻子を焼死させたとして死刑判決を受ける。彼女が真犯人ではないと直感した慎一は、幸乃を助けるためさまざまな人々に会いに行くが、先々で幸乃の壮絶な過去を知る。一方で死刑の時を淡々と待つ幸乃だったが、刑務官の佐渡山瞳はその姿になぜかひかれ始め……というストーリー。

 ドラマはWOWOWプライムで2018年3月18日から毎週日曜午後10時に放送。全6話で第1話は無料放送される。

イノセント・デイズWOWOWプライム
2018年3月18日から毎週日曜午後10時に放送。全6話で第1話は無料放送