バイバイ、ブラックバード

  • キャスト:
    高良健吾▽城田優▽前田敦子▽石橋杏奈▽板谷由夏▽臼田あさ美▽関めぐみ
  • 放送日:
    WOWOWプライム
    2018年2月17日から毎週土曜午後10時に放送
    全6話で第1話は無料放送
UPDATE

バイバイ、ブラックバードあらすじ

 ドラマ「バイバイ、ブラックバード」は、伊坂幸太郎さんのベストセラー小説(双葉文庫)が原作。出会ってひかれる女性すべてと付き合い、5股をかけてしまう“ダメ男”星野一彦(高良健吾さん)は、ある組織への多額の借金の清算として、「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に“あのバス”で連れ去られる運命にある。星野は、“あのバス”で連れて行かれる前に5股をかけていた5人の恋人たちに会って別れを告げることにし、外見が金髪で“男性プロレスラー並みの体形”という監視役・繭美(城田優さん)と共に、5人に別れを告げる日々がスタートする……という内容。

バイバイ、ブラックバードキャスト

高良健吾▽城田優▽前田敦子▽石橋杏奈▽板谷由夏▽臼田あさ美▽関めぐみ

バイバイ、ブラックバード放送日

WOWOWプライム
2018年2月17日から毎週土曜午後10時に放送
全6話で第1話は無料放送

高良健吾、実は極度の恥ずかしがり屋 城田優が“暴露” <「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」完成披露試写会>

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」の完成披露試写会に登場した高良健吾さん(左)と城田優さん
「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」の完成披露試写会に登場した高良健吾さん(左)と城田優さん

 俳優の高良健吾さんが2月15日、東京都内で開かれたWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」の完成披露試写会に登場した。共演の城田優さんから「健吾は極度の恥ずかしがり屋」と“暴露”されると、高良さんは否定することなく「(城田さんに自分を)アゲてもらっています」と恥ずかしそうに答えていた。

 城田さんは高良さんとの仲について「共演すれば仲良くなれるんですが、心まで入っていける人はなかなかいない。健吾はそういう一人で、撮影中も食事をしたり、互いの家に行って語ったり、芝居の合わせをしたり……。撮影が終わって交流がある関係はなかなかないんです」と説明して、高良さんもうなずいていた。

 ところが、同作の森義隆監督が「顔合わせの日に高良が喫煙所に来て『僕は城田くんとは合わない』と言っていた」と明かしてしまい、高良さんは「監督、言葉が足りないです。俺(恥ずかしくて城田さんと)しゃべれるかなと思った」と言い訳をする羽目になった。すると城田さんは「さっきも(2人で)インスタライブをしていたんですが、(高良さんが)『人がいるとできないから(関係者の)皆さんは出て言ってくださいと。2人きりだったら、素が出せると。(観客のいる)こんな状況は、彼からしたら地獄ですよ。彼は基本はネガティブ」と答えに困る高良さんをフォローして、仲の良さを見せていた。

城田優、初“ヒロイン”役に「こんな女がいたらいいな」 高良健吾は“5股”を語る

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に出演する城田優さん(左)と高良健吾さん
「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に出演する城田優さん(左)と高良健吾さん

 俳優の高良健吾さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」のメーキング動画が1月26日、公開された。動画では、金髪で“男性プロレスラー並みの体形”のヒロイン、繭美を演じる城田優さんが「とんでもない女ですよね。世界を見ても当てはまる人間がいないくらいオリジナル。ナンバーワンでありオンリーワン。こんな女がいたらいいな、とさえ思います」と役への思いを語っている。

 動画は、メーキング映像とキャストへのインタビューを収録。出会って引かれる女性すべてと付き合うため、いつの間にか5股をかけてしまう主人公・星野一彦を演じた高良さんは「星野は素直でいいヤツ。だからこそ、5股ができてしまう。5股というワードだけ聞くと、不誠実な感じがしますが、彼は目の前のものに誠実なんだということを意識してます」と“5股男”を演じる上でのこだわりを明かしている。動画には、前田敦子さん、臼田あさ美さんら共演者のインタビューも収録されている。

バイバイ、ブラックバード

A.B.C-Z戸塚祥太、高良健吾主演ドラマ「バイバイ、ブラックバード」に“友情出演” キービジュアルも公開

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」のキービジュアル
「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」のキービジュアル

 人気グループ「A.B.C-Z(エー.ビー.シー-ズィー)」の戸塚祥太さんが、高良健吾さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に出演することが12月21日、明らかになった。ドラマは伊坂幸太郎さんのベストセラー小説(双葉文庫)が原作で、伊坂ファンを公言している戸塚さんは、原作発表後、実際に伊坂さんとの交流を深めてきたと言い、「(伊坂作品への)初出演がまさかこの作品とは、 神様のサプライズですね!」と喜んでいる。

 出会ってひかれる女性すべてと付き合い、5股をかけてしまう“ダメ男”星野一彦(高良さん)は、ある組織への多額の借金の清算として、「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に“あのバス”で連れ去られる運命にある。星野は、“あのバス”で連れて行かれる前に5股をかけていた5人の恋人たちに会って別れを告げることにする。星野は、外見が金髪で“男性プロレスラー並みの体形”という監視役・繭美(城田優さん)と共に、大切な人にさよならを告げる日々がスタートする……という内容。

 戸塚さんは、最終話に登場する大学生風の男性役で、物語の結末に大きく関わる重要な役どころを演じる。撮影で城田さんと共演した戸塚さんは「活字からあれこれイメージしていた僕なりの繭美像が一瞬で吹っ飛び、『繭美が動いている!』と感動してくぎ付けになってしまいました」と城田さんの“繭美”役の演技を絶賛している。

 併せて高良さんと城田さんが並んで座り込む姿が写し出されたドラマのキービジュアルも公開された。

前田敦子、石橋杏奈、臼田あさ美らが高良健吾に“5股”かけられる恋人役

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に出演する(上段左から)高良健吾さん、城田優さん、(下段左から)石橋杏奈さん、板谷由夏さん、前田敦子さん、臼田あさ美さん、関めぐみさん=WOWOW提供
「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に出演する(上段左から)高良健吾さん、城田優さん、(下段左から)石橋杏奈さん、板谷由夏さん、前田敦子さん、臼田あさ美さん、関めぐみさん=WOWOW提供

 高良健吾さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に、前田敦子さん、石橋杏奈さん、板谷由夏さん、臼田あさ美さん、関めぐみさんが出演することが11月24日、明らかになった。前田さん、石橋さん、板谷さん、臼田さん、関さんは、5人の女性と同時に恋愛関係にあった主人公・星野一彦(高良さん)の恋人を演じる。

 ドラマは、伊坂幸太郎さんのベストセラー小説(双葉文庫)が原作。出会ってひかれる女性すべてと付き合い、5股をかけてしまう“ダメ男”星野一彦は、ある組織への多額の借金の清算として、「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に“あのバス”で連れ去られる運命にある。星野は、“あのバス”で連れて行かれる前に5股をかけていた5人の恋人たちに会って別れを告げることにする。星野は、外見が金髪で“男性プロレスラー並みの体形”という監視役・繭美(城田優さん)と共に、大切な人にさよならを告げる日々がスタートする……という内容。

 前田さん、石橋さん、板谷さん、臼田さん、関さんは、第1話から毎話変わるエピソードで繭美によって星野と“別れさせられるヒロイン”役で出演。石橋さんは1話で“不倫明け女子”の廣瀬あかり、板谷さんは2話で“バツイチ”シングルマザーの霜月りさ子、前田さんは3話で人がうそだと思うようなことでも信じてしまう素直な女性・如月ユミ、臼田さんは4話でゴロ合わせ好きの“リケジョ”の神田那美子、関さんは5話で絶対に別れない女優・有須睦子をそれぞれ演じる。

 ドラマについて、前田さんは「第3話はすんなりと別れられません。なぜならば、星野っちもユミもお互い自由で、話がとにかく噛み合わないんです。監督から『普通じゃダメ、星野と噛み合っちゃダメ』とたくさん怒られながら撮影をしていました。噛み合って怒られるというのが初めての経験でしたので、私にとって如月ユミという役は新たな挑戦となりました」とコメントしている。

 ドラマには、松村雄基さん、丸山智己さん、岡村いずみさん、斎藤洋介さん、あがた森魚さんらも出演。「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」は2018年2月17日からWOWOWプライムで毎週土曜午後10時放送。全6話。

高良健吾、五股かける“ダメ男”役で連ドラ主演 “ヒロイン”役は城田優 「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に出演する高良健吾さん(左)と城田優さん
「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」に出演する高良健吾さん(左)と城田優さん

 俳優の高良健吾さんが、WOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」で主演を務めることが8月30日、分かった。ドラマは伊坂幸太郎さんのベストセラー小説が原作で、高良さんは出会ってひかれる女性すべてと付き合い、五股をかけてしまう“ダメ男”の星野一彦を演じる。また、金髪で“男性プロレスラー並みの体形”のヒロイン・繭美役で城田優さんも出演する。

 伊坂さんの作品が連ドラ化されるのはこれが初めてで、ある組織への多額の借金の清算として、「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に“あのバス”で連れ去られる運命が待ち受ける主人公・星野一彦(高良さん)は、“あのバス”で連れて行かれる前に、五股をかけていた5人の恋人たちに会って別れを告げることにする。そんな彼のお目付け役として“お別れ行脚”に付き合うことになったのが、怪異な外見の繭美(城田さん)。監視役の繭美と共に、星野の大切な人にさよならを告げる日々がスタートする……というストーリー。

 高良さんは「この作品はとても不思議な魅力を持っています。僕自身も演じながら、その魅力をつかみ取っていった感じです。ドラマを見ていると、展開の速さにふっと置いていかれる瞬間が必ずあると思うんですけど、必死にしがみついて見てください。きっと生きていく上で大切な“何か”を感じ取ってもらえると思います」とアピール。

 また、城田さんは「最初で最後であろう女役が繭美でよかったなと思うくらい、やりきっていますね。星野、繭美というそれぞれのキャラクターの相反する2人の正反対の部分が、だん だん近づいて、“あうん”の呼吸じゃないですけど、夫婦漫才みたいになっていくシーンがあって、そこがすごく好きです」とコメントしている。

 原作者の伊坂さんは「この小説は毎回、同じシチュエーション、『出会いの場面』と『恋人に別れ話を切り出す』ところから話が始まります。それだけに、単調にならないよう、出てくる女性や物語の雰囲気に変化をつけることに力を注ぎましたから、各話の共通点や違いが楽しめる『連続ドラマ』という形で映像化してもらえるのは、本当にありがたいです」と喜んでいる。

 「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」は2018年スタートで、毎週土曜午後10時放送。全6話で、第1話は無料放送される。

バイバイ、ブラックバード
バイバイ、ブラックバード
バイバイ、ブラックバード
バイバイ、ブラックバード
5

/5

目次