まんぷく(朝ドラ) 視聴率

<視聴率>「まんぷく」関西地区20.4%スタート! 関東では今世紀最高の滑り出し「長丁場のドラマですので…」

NHKの連続テレビ小説「まんぷく」主演の安藤サクラさん
NHKの連続テレビ小説「まんぷく」主演の安藤サクラさん

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第1回が10月1日に放送され、関西地区の平均視聴率は20.4%(ビデオリサーチ調べ・以下同)だったことが分かった。関東地区では23.8%を記録。2001年後期の「ほんまもん」の23.1%を上回り、今世紀最高の数字を記録している。

 放送開始にあたり、制作統括の真鍋斎チーフプロデューサー(CP)がコメントを発表した。「長丁場のドラマですので、いろいろな感情が描かれます。 腹を抱えて笑うこと、思い切り泣くこと。心が締めつけられるような思い。いいこともあればよくないことも起こります。でも基本は胸を張って前向きに。そんな人生の喜怒哀楽を、このドラマを通して皆さまにも感じていただければ幸いです。これから半年、みなさまに充実した朝をお届けできるよう頑張ってまいりますので、何卒よろしくお 願いいたします」と話している。

 「まんぷく」は、99作目の朝ドラで、大阪放送局制作としては42作目。インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんの半生がモデルのドラマ。

 「海猿」や「ガリレオ」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」などを手がけた福田靖さんが脚本、女優の芦田愛菜さんが最年少で全編の語りを担当する。主題歌は、2人組音楽ユニット「DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)」が歌う「あなたとトゥラッタッタ♪」。

 1日の第1回では、1938年、大阪。女学校を卒業した今井福子(安藤さん)は、母の鈴(松坂慶子さん)と一番上の姉・咲(内田有紀さん)と3人で暮らしていた。父を早くに亡くしていたため、家計を支えようと、福子は大阪東洋ホテルの電話交換手として働くことに。初めてとった電話の相手が、後に夫婦となって共に世紀の大発明を成し遂げる立花萬平(長谷川博己さん)で……という展開だった。

第2回視聴率21.2% “今世紀最高”初回からダウンも好調

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第2回が10月2日に放送され、平均視聴率は21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。朝ドラの初回としては今世紀最高の数字となった前日の第1回の23.8%から2.6ポイントダウンしたものの、好調を維持している。

 朝ドラの初回視聴率が20%を超えるのは、前々作「わろてんか」と前作「半分、青い。」に続き3作連続で、「まんぷく」の23.8%は、今世紀に入って最高だった2001年後期の「ほんまもん」の23.1%を上回り、今世紀最高を更新していた。

 2日の第2回では、突然、母親の鈴(松坂慶子さん)が腹痛を訴え、福子(安藤さん)らは医者を呼んで様子を見ることに。3人姉妹の2番目の克子(松下奈緒さん)は、一番上の咲(内田有紀さん)を結婚させないための仮病じゃないかと疑う。咲は「結婚どころやないわ」と慌てる。心配で仕事に身が入らない福子は、萬平(長谷川博己さん)からの電話を間違って外国人客につないでしまい、大失敗。落ち込んで家に帰ると、そこには驚きの光景が……という展開だった。

第3回視聴率22.3%で好調キープ ヒロインの姉・咲の結婚は… 愛之助も登場!

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第3回が10月3日に放送され、平均視聴率は22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。初回の23.8%には届かなかったものの、第2回の21.2%から1.1ポイントアップし、好調を維持している。

 3日の第3回では、おなかが痛いはずなのに、こっそりツナ缶を食べていた母・鈴(松坂慶子さん)に詰め寄る福子(安藤さん)と克子(松下奈緒さん)。咲(内田有紀さん)が理由を聞き出すと、鈴は「福子と2人きりになるのが心細いから」と話し、福子はショックを受ける。一方、営業ができなくて悩んでいた萬平(長谷川博己さん)の元に、加地谷(片岡愛之助さん)と名乗る男がやってきて……という展開だった。

第4回視聴率22.3% 福子、姉の結婚式で感動呼ぶ!?

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第4回が10月4日に放送され、平均視聴率は22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。これまでの番組最高である初回の23.8%には届かなかったものの、4日連続で20%の大台をキープし、好調を維持している。

 4日の第4回では、福子(安藤さん)がホテルのフロント係に異動になった。鈴(松坂慶子さん)が、咲(内田有紀さん)の結婚を認め、福子はうれしくてたまらない。結婚式のときに何か特別な出し物をしたいと思った福子は、幻灯機(映写機)を使うことを思いつき、萬平(長谷川博己さん)の会社を訪れて……という展開だった。

初週視聴率21.9% 前作「半分、青い。」超え、過去5年で最高のスタート

NHKの連続テレビ小説「まんぷく」主演の安藤サクラさん
NHKの連続テレビ小説「まんぷく」主演の安藤サクラさん

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第1週「結婚はまだまだ先!」(10月1~6日)の週間平均視聴率が21.9%(以下・関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)だったことが10月9日、分かった。前作「半分、青い。」の初週20.1%だけでなく、「とと姉ちゃん」(2016年度前期)の初週21.7%をも上回り、過去5年の朝ドラで最高のスタートを切った。

 第1週「結婚はまだまだ先!」では、福子(安藤さん)は、女学校卒業後、大阪東洋ホテルで電話交換手として働くことに。家計を支えてきた長女・咲(内田有紀さん)が結婚することになり、福子は結婚式で特別な出し物を用意したいと考える。写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機を開発している工房を訪れた福子は、萬平(長谷川博己さん)と出会う。その3年後、福子と萬平は再会。福子は萬平から告白される……という展開だった。

初回総合視聴率は29.2%で「半分、青い。」超え タイムシフトは8.1%

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の初回(10月1日放送)の総合視聴率が29.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録したことが10月10日、分かった。また、録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴の指標となるタイムシフト視聴率は8.1%だった。2017年度後期の「わろてんか」は25.3%、18年度前期の「半分、青い。」は26.3%だった。

 タイムシフト視聴率は、録画しておいた番組を7日内(168時間内)に見たタイムシフト視聴の指標、総合視聴率はリアルタイム視聴とタイムシフト視聴のいずれかでの視聴を示す指標のこと。重複視聴分は除かれる。

第9回視聴率22.2%で好調続く 咲姉ちゃんの病状にショック! 萬平は福子のため…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第9回が10月10日に放送され、平均視聴率は22.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。1日の放送開始から、一度も20%の大台を割ることなく、好調を維持している。

 10日の第9回では、咲(内田有紀さん)が倒れたと聞いて、駆けつけた今井福子(安藤さん)と母・鈴(松坂慶子さん)。病気は結核と診断され、大きなショックを受ける。福子は立花萬平(長谷川博己さん)に姉の病気が回復するまでしばらく会えないと告げる。萬平は、咲のために結核専門の病院を見つけて、福子に知らせにやってきたが、鈴に「福子と関わるのはもうやめてほしい」と告げられ……という展開だった。

第10回視聴率さらに上昇22.8% 咲姉ちゃん、回復の兆しも…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第10回が10月11日に放送され、平均視聴率は22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前日の22.2%からさらに上昇し、1日の放送開始から、一度も20%の大台を割ることなく、好調を維持している。

 11日の第10回では、萬平(長谷川博己さん)に紹介された結核の専門病院に入り、咲(内田有紀さん)の病状が少し回復。福子(安藤さん)は萬平に会わないままだったが、咲の病気が治り、また萬平と会えるようになる日を心待ちにしていた。義兄で画家の忠彦(要潤さん)が春なのに外に出られないからと、きれいな桜の絵を描いて病室に持ってきてくれるなど、咲は家族の思いを受けて、回復の兆しを見せていたが……という展開だった。

第2週視聴率21.6%で好調キープ 咲姉ちゃん、逝く…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第2週「…会いません、今は」(10月8~13日)の週間平均視聴率が21.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だったことが10月15日、分かった。第1週「結婚はまだまだ先!」(10月1~6日)でマークした21.9%には及ばなかったものの、2週連続で20%の大台に乗せ、好調をキープしている。

 第2週「…会いません、今は」では、萬平から結婚前提の交際を申し込まれた福子は、母・鈴に大反対されて悩む。そんな中、姉の咲が結核だと分かる。病状は一進一退が続いていたが、咲は亡くなってしまう……という展開だった。

第13回視聴率21.8%で3週目も好発進 福子、ショック… 萬平が憲兵隊に!

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第13回が10月15日に放送され、平均視聴率は21.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。ドラマは同日から第3週「そんなん絶対ウソ!」に突入し、好スタートを切っている。

 15日の第13回では、福子(安藤さん)の目の前で、萬平(長谷川博己さん)が憲兵隊に連れ去られる。共同経営者の加地谷(片岡愛之助さん)によると、軍から支給された物資を横流ししたという疑いをかけられたとのこと。ショックを受けた福子は、親友の敏子(松井玲奈さん)とハナ(呉城久美さん)に相談するが……という展開だった。

第14回視聴率は21.9% 福子、萬平の無実を信じ…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第14回が10月16日に放送され、平均視聴率は21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前日第13回の21.8%から0.1ポイントアップし、1日の放送開始からここまで、一度も20%の大台を割ることなく、好調に推移している。

 16日の第14回では、軍から支給された物資を横流ししたという罪で逮捕された萬平(長谷川博己さん)は、容疑を否認するも取り合ってもらえず、厳しい取り調べを受けていた。福子(安藤さん)は、萬平の無実を訴えるため、親友の敏子(松井玲奈さん)とハナ(呉城久美さん)と一緒に留置所へ押しかけ……という展開だった。

第15回視聴率22.8%で2番目の高数字 「萬平さんを助けて!」 福子は世良を頼るが…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第15回が10月17日に放送され、平均視聴率は22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。1日放送の初回でマークした23.8%には及ばなかったものの、11日放送の第10回の22.8%と並ぶ、番組では2番目に高い数字で、依然、好調をキープしている。

 17日の第15回では、鈴(松坂慶子さん)は、萬平(長谷川博己さん)が逮捕されたと知って、ますます福子(安藤さん)との結婚に反対する。そんな中、福子の勤める大阪東洋ホテルを世良(桐谷健太さん)が訪問。福子は世良に、萬平を助けてほしいと頼むが、断られてしまい……という展開だった。

第3週視聴率は番組最高の22.3% 3週目で「半分、青い。」の最高に並ぶ

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第3週「そんなん絶対ウソ!」(10月15~20日)の週間平均視聴率が22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だったことが10月22日、分かった。第2週「…会いません、今は」(10月8~13日)の21.6%から0.7ポイント上昇。第1週「結婚はまだまだ先!」(10月1~6日)でマークした21.9%を上回る番組最高の数字で、放送からわずか3週目で前作「半分、青い。」の週間最高記録に並んだ。

 第3週「そんなん絶対ウソ!」では、萬平(長谷川博己さん)が突然、逮捕される。全く心当たりのない容疑を否認し続ける萬平に、拷問のような取り調べが続けられる。福子(安藤さん)は、萬平を救おうと奔走。世良(桐谷健太さん)が無実の証拠をつかみ、萬平が釈放されると、福子と萬平はついに結婚する……という展開だった。

第19回視聴率22.6%で今週も好スタート! 福子と萬平の結婚生活は…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第19回が10月22日に放送され、平均視聴率は22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第4週「私がみつけます!」も好スタートを切っている。

 22日の第19回では、福子(安藤さん)と萬平(長谷川博己さん)が結婚して1年がたった昭和19年の春。「戦争はまだまだ続く!」という勇ましい新聞記事とは裏腹に、庶民の生活は苦しくなるばかり。福子は、食料が少ない中でも、萬平においしいものを食べさせてあげようと工夫する。ある日、福子は恵(橋本マナミさん)と久しぶりに待ち合わせをし……という展開だった。

第20回視聴率21.5%で20回連続の大台 福子と萬平、疎開を決意! 鈴は…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第20回が10月23日に放送され、平均視聴率は21.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。1日の放送開始から、一度も20%を下回ることなく、20回連続の大台を達成と、依然、好調をキープしている。

 23日の第20回では、昭和19(1944)年夏、日本の戦況は次第に悪くなり、克子(松下奈緒さん)は4人の子供を連れて、忠彦(要潤さん)の田舎に疎開することに。福子(安藤さん)と萬平(長谷川博己さん)は、疎開を提案したが、鈴(松坂慶子さん)は「家を守らないと」の一点張り。年が明け、大阪から少し離れた天王寺で空襲が。しばらくして大阪上空にやってきた戦闘機B29が降らせたものは……という展開だった。

第4週視聴率22.0%と依然好調 福子と萬平は疎開先で…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第4週「私がみつけます!」(10月22~27日)の週間平均視聴率が22.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出・以下同)だったことが10月29日、分かった。第3週「そんなん絶対ウソ!」(10月15~20日)でマークした番組最高22.3%には及ばなかったものの、依然、好調な数字となっている。

 第4週「私がみつけます!」では、福子(安藤さん)と萬平(長谷川博己さん)が結婚して1年がたった昭和19年の春。戦況が悪化し、萬平の親戚を頼って上郡(兵庫県)に疎開することに。疎開してしばらくすると、萬平に赤紙が来てしまうが、憲兵隊に受けた拷問が原因で突然激しい腹痛に襲われ……という展開だった。

第5週視聴率21.9%と依然好調 家族総出でハンコ作り…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第5週「信じるんです!」(10月29日~11月3日)の週間平均視聴率が21.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出・以下同)だったことが11月5日、分かった。ドラマのスタートから5週連続20%の大台をキープし、依然、好調が続いている。

 第5週「信じるんです!」では、昭和20年、終戦を迎え、福子(安藤さん)と萬平(長谷川博己さん)、鈴(松坂慶子さん)は、疎開先から大阪に戻るが、そこは大空襲を受けて焦土と化していた。空襲を免れた次女の克子(松下奈緒さん)の家に身を寄せるが、生活の糧に困ることに。そんな中、萬平の提案で、ハンコを家族総出で作ることになり……という展開だった。

第31回視聴率21.3%で第6週も好発進 萬平、ひらめく! 大量の鉄板で塩を…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第31回が11月5日に放送され、平均視聴率は21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第6週「お塩を作るんですか!?」も好スタートを切った。

 5日の第31回では、昭和21(1946)年5月、海辺の町・泉大津に移り住んだ福子(安藤さん)ら。長年放置されていた旧陸軍の施設で暮らし始めた矢先、倉庫で大量の鉄板を見つける。訪れた中華料理店で塩が不足していることを知った萬平(長谷川博己さん)は、大量に手に入った鉄板を作って塩を作ることを思いつく……という展開だった。

第32回視聴率22.5% 萬平が初めて作った塩の味は…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第32回が11月6日に放送され、平均視聴率は22.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前日第31回の21.3%から1.2ポイントアップと、依然、好調をキープしている。

 6日の第32回では、萬平(長谷川博己さん)が、鉄板を使った塩作りのため、早速、神部(瀬戸康史さん)と塩の産地・赤穂へ勉強に向かう。一方、福子(安藤さん)は、当面の食料を得るため、鈴(松坂慶子さん)とともに奔走。萬平は、福子たちの苦労に気づかず、塩の試作に夢中。果たして初めての塩の味は……という展開だった。

第33回視聴率22.0% 神部が集めてきた人手は…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第33回が11月7日に放送され、平均視聴率は22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 7日の第33回では、塩の試作で自信を深めた萬平(長谷川博己さん)は、戸惑う福子(安藤さん)や、鈴(松坂慶子さん)の反対を押し切り、本格的な生産を目指すことに。神部(瀬戸康史さん)に人手集めを頼むと、萬平は製塩設備の計画を練り始める。福子は生活費と、塩作りの資金集めにも奔走。ところが、神部が連れてきたのは……という展開だった。

第34回視聴率21.3% 福子らてんてこ舞い? “塩軍団”と共同生活始まる!

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第34回が11月8日に放送され、平均視聴率は21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 8日の第34回では、神部(瀬戸康史さん)が戦争で身寄りを亡くした14人の男たちを連れてくる。塩作りを目指す萬平(長谷川博己さん)は、男たち(塩軍団)を住み込みで雇うことにするが、男たちの食事に風呂、寝床の準備と、福子(安藤さん)と鈴(松坂慶子さん)はてんてこ舞い。それでも、男たちを引っぱる萬平の生き生きとした姿に、福子は疲れを忘れて、新たな可能性を感じ……という展開だった。


第6週視聴率21.6%で大台キープ 福子と萬平、“塩軍団”と塩作り!

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第6週「お塩を作るんですか!?」(11月5~10日)の週間平均視聴率が21.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出・以下同)だったことが11月12日、分かった。ドラマのスタートから6週連続20%の大台をキープし、依然、好調が続いている。

 第6週「お塩を作るんですか!?」では、大阪南部の泉大津に引っ越した福子(安藤さん)たち。福子の夫・萬平(長谷川博己さん)は、戦後の混乱期で、世の中に塩が足りないと知り、鉄板を使った塩作りを始めようと計画する。福子の家に居候する神部(瀬戸康史さん)は、従業員を集めに奔走。14人もの若い男たちを連れてくる。一緒に暮らす福子の母・鈴(松坂慶子さん)の不満をよそに、福子はめいのタカ(岸井ゆきのさん)と一緒に、突然始まった集団生活を切り盛りし……という展開だった。 

第37回視聴率21.4%で第7週も好発進! 「たちばな塩業」の前途は!?

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第37回が11月12日に放送され、平均視聴率は21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第7週「私がなんとかします!」も好スタートを切った。

 12日の第37回では、国の認可を受け「たちばな塩業」を創業し、皆で作った塩の初出荷を迎える。満額で3000円の売り上げを期待して、福子(安藤さん)も皆もそわそわする。しかし、代理で塩を納入した世良(桐谷健太さん)が差し出した売上金は半額の1500円。萬平(長谷川博己さん)は、塩の品質が劣ると言われたことにショックを受ける。追い打ちをかけるようにその夜、さらなる事件が……という展開だった。

第39回視聴率は20.9% 世良の悪巧みに萬平は…

NHK連続テレビ小説「まんぷく」で主演を務める安藤サクラさん
NHK連続テレビ小説「まんぷく」で主演を務める安藤サクラさん

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第39回が11月14日に放送され、平均視聴率は20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 14日の第39回では、塩の品質が劣っているとされたことにショックを受けた萬平(長谷川博己さん)が、塩の品質を一層上げようと、作業をより丁寧にするよう指示する。しかし、手間がかかる分、生産量は落ちていき、経営が苦しくなってしまう。そんな中、世良(桐谷健太さん)から悪巧みの誘いがきて……という展開だった。

第7週視聴率21.0%で7週連続の大台キープ 福子、世良の悪行突き止め…

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第7週「私がなんとかします!」(12~17日)の週間平均視聴率が21.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出・以下同)だったことが11月19日、分かった。ドラマのスタートから7週連続20%の大台をキープし、依然、好調が続いている。

 第7週「私がなんとかします!」では、ついに製塩会社「たちばな塩業」を発足した萬平(長谷川博己さん)らだったが、初出荷した塩は、なぜか想定の半額にしかならず……。萬平は、悔しさのあまり、より一層仕事に熱を入れる。一方、福子(安藤さん)は世良(桐谷健太さん)が売り上げをかすめ取っていたことを突き止める。そんな中、福子が男性と密会しているという疑惑で立花家は揺れるが……という展開だった。