ドルメンX あらすじ

ドルメンXあらすじ

 「ドルメンX」は、2015~17年にコミック誌「ヒバナ」(小学館)で連載された高木ユーナさんの同名マンガが原作。宇宙人の隊長とイチイ、ニイ、サイ、ヨイは、地球人に気づかれることなく侵略する使命を背負い途方に暮れていたが、アイドルグループのライブを見て「地球一のアイドルになって地球人の心をつかみ、地球を侵略する」というアイデアを思いつき、男性アイドルグループ「ドルメンX」として活動を始め……という展開。アイドルとしてのダンスや歌唱シーンもあり、振り付けはモーニング娘。やAKB48らを手掛けた夏まゆみさんが監修した。
 侵略チームの宇宙人を演じるのは、隊長役の志尊淳さん、イチイ役の浅香航大さん、ニイ役の小越勇輝さん、サイ役の堀井新太さん、ヨイ役の玉城ティナさんの5人。隊長、イチイ、ニイ、サイの4人が「ドルメンX」としてトップアイドルを目指し、ヨイは4人のマネジャーを務めることになる。地球人の若手俳優・実光修吾役で桐山漣さん、隊長たちを見守る芸能プロの羽多野社長役でお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんも出演する。

ドラマ「ドルメンX」第2話のあらすじ 志尊淳ら宇宙人アイドルが初の路上ライブを敢行!

連続ドラマ「ドルメンX」第2話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ドルメンX」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の志尊淳さんが主演の連続ドラマ「ドルメンX」(日本テレビ)の第2話が3月17日に放送される。地球侵略のため「ドルメンX」としてトップアイドルを目指すこととなった侵略チームのリーダーの隊長(志尊さん)ら5人の宇宙人が、1カ月後に初めての路上ライブを成功させようと、歌とダンスのレッスンに奮闘する。

 第2話「恥と見栄とライブと」は、隊長らが事務所社長の羽多野(徳井さん)と、マネジャーのヨイ(玉城さん)から、1カ月後に路上ライブを開催すると言い渡され、厳しい歌とダンスのレッスンに打ち込む。一方、サイ(堀井さん)は、ライブで披露するオリジナル曲の作曲を任されるが、いつになっても曲を聞かせようとしない。本番まで時間が残りわずかとなる中、メンバーにせがまれたサイは「今まで一曲も完成させたことがない……」と衝撃発言をする……という展開。

 ドラマは毎週土曜深夜0時55分放送。関東ローカル。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ドラマ「ドルメンX」第3話のあらすじ 宇宙人アイドル、汗と涙のミュージカル合宿へ! 志尊淳主演の異色コメディー

連続ドラマ「ドルメンX」第3話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ドルメンX」第3話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の志尊淳さんが主演する連続ドラマ「ドルメンX」(日本テレビ)の第3話が3月24日に放送される。地球侵略のため「ドルメンX」としてトップアイドルを目指すこととなった隊長(志尊さん)ら5人の宇宙人が、初路上ライブを経て芸能活動を本格化。隊長とイチイ(浅香航大さん)は、人気ミュージカルの追加メンバーを狙って合宿に参加することになり、ニイ(小越勇輝さん)はセーラー服を着た美少女の役でネット上の話題を集める。

 「ドルメンX」は、2015~17年にコミック誌「ヒバナ」(小学館)で連載された高木ユーナさんの同名マンガが原作。隊長と、イチイ、ニイ、サイ(堀井新太さん)、ヨイ(玉城ティナさん)が「地球一のアイドルになって地球人の心をつかみ、地球を侵略する」というアイデアを思いつくという“スポ根系青春アイドルコメディー”。隊長たちを見守る芸能プロの羽多野社長役でお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんも出演している。ダンスの振り付けは「モーニング娘。」や「AKB48」らを手掛けた夏まゆみさんが監修した。

 第3話「地球人はすげぇぜ」は、隊長らが初の路上ライブでオリジナル曲「参上!! ドルメンX」を披露し、手応えをつかむ。隊長とイチイは、オーディションを受けた「力士の貴公子ミュージカル」の追加メンバー選考合宿に参加することになったが、隊長は走り込みでもボイストレーニングでも結果が出せずに落ち込み、座長の若手俳優・実光修吾(桐山漣さん)に弱音を吐いてしまう。一方、ニイは人気アーティストのミュージックビデオに、セーラー服の美少女役で出演し、ネットでたちまち話題となる。人気コメントを見て喜ぶニイだが、「力士の貴公子」のホームページで隊長への大量の応援コメントを見て、今までになかった感情が浮かぶ……という展開。

 ドラマは毎週土曜深夜0時55分放送。関東ローカル。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ドラマ「ドルメンX」最終話のあらすじ 宇宙人アイドル、解散かけてワンマンライブ! 志尊淳主演コメディー最終回

連続ドラマ「ドルメンX」第4話のワンシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「ドルメンX」第4話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の志尊淳さんが主演の連続ドラマ「ドルメンX」(日本テレビ)の第4話が3月31日に放送される。地球侵略のため「ドルメンX」としてトップアイドルを目指すこととなった隊長(志尊さん)ら5人の宇宙人と、地球人の人気俳優、修吾(桐山漣さん)が、ワンマンライブに挑戦するも、芸能プロの羽多野社長(徳井義実さん)から「客席2000人を埋められなかったらその時点で解散」というまさかのハードルを突きつけられるという急展開で、最終回を迎える。

 「ドルメンX」は、2015~17年にコミック誌「ヒバナ」(小学館)で連載された高木ユーナさんの同名マンガが原作。宇宙人の隊長、イチイ(浅香航大さん)、ニイ(小越勇輝さん)、サイ(堀井新太さん)、ヨイ(玉城ティナさん)が「地球一のアイドルになって地球人の心をつかみ、地球を侵略する」というアイデアを思いつくという“スポ根系青春アイドルコメディー”。アイドルとしてのダンスの振り付けは「モーニング娘。」や「AKB48」らを手掛けた夏まゆみさんが監修した。

 第4話「ドルメンX」は、羽多野社長に解散をかけた初ワンマンライブ開催を告げられ、驚きつつも気合が入るメンバーと新加入した修吾。ダンス練習では、隊長とイチイが、修吾と共にキレッキレのダンスを披露する。一方、サイは、ライブの告知を兼ねてバラエティー番組に生出演するが、緊張のあまり司会者の問いかけに全く答えられず「アイドルに向いてない、裏方に徹したい」と弱音を吐く。ライブが目前に迫る中、チケットは大量に売れ残っており、解散になれば、地球侵略計画は失敗。隊長たちは地球から消えなければならず……という展開。

 31日深夜0時55分から放送。関東ローカル。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ドルメンX日本テレビ
2018年3月10日から毎週土曜日深夜0時55分に4週連続で放送