聖☆おにいさん(実写ドラマ)

  • スタッフ:
    制作総指揮:山田孝之▽監督:福田雄一
  • キャスト:
    イエス・キリスト役:松山ケンイチ▽ブッダ役:染谷将太
  • 放送日:
    動画配信サービス「ピッコマTV」
    今秋配信予定
UPDATE

聖☆おにいさん(実写ドラマ)あらすじ

 実写ドラマ「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエスが下界でバカンスを取ろうと、なぜか東京・立川のアパートで暮らす日常が描かれる。松山ケンイチさんがイエス・キリスト、染谷将太さんがブッダを演じる。

 実写ドラマでは、俳優の山田孝之さんが制作総指揮を務め、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「銀魂」(17年)の福田雄一さんが監督を務める。

 動画配信サービス「ピッコマTV」で今秋配信予定。

スタッフ

制作総指揮:山田孝之▽監督:福田雄一

聖☆おにいさん(実写ドラマ)キャスト

イエス・キリスト役:松山ケンイチ▽ブッダ役:染谷将太

聖☆おにいさん(実写ドラマ)放送日

動画配信サービス「ピッコマTV」
今秋配信予定

山田孝之、染谷将太のマネジャーに出演を“直訴” <特別上映会>

ドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場した山田孝之さん
ドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場した山田孝之さん

 俳優の山田孝之さんが10月18日、東京都内で開かれたドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場。同作で製作総指揮を担当した山田さんは、松山ケンイチさんがイエス役で、染谷将太さんがブッダ役というキャスティングについて「何度もみんなで話し合う中で2人の名前が挙がってきた。顔を思い浮かべたとき、2人とも目が悟っているのでぴったり」と説明。福田雄一監督は「山田製作総指揮は、わざわざ染谷君の出演交渉をするためにマネジャーに会いに行ったね。完全にプロデューサーの仕事をしているもん」と明かした。

 出演交渉を“直訴”された染谷さんは「山田さんが来るんだもん。断れないでしょう」と笑い、出演の決め手を聞かれると「原作(マンガ)も読んでいた。山田さんが総指揮で、(私が)ブッダ役で(監督は)福田さんで、面白いものしかそろってない。企画を聞いて爆笑。(キャストの)名前を全部見て爆笑だった」と明かした。

松山ケンイチ、染谷将太のブッダに「拝みたくなります」 <特別上映会>

ドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場した松山ケンイチさん
ドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場した松山ケンイチさん

 俳優の松山ケンイチさんが10月18日、東京都内で開かれたドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場。イエス役の松山さんは、ブッダ役の染谷将太さんについて「(ドラマを)子供と見ていたのですが、染谷君のブッダを見たとき、『すごい!お地蔵さんに似ている。耳がビヨーンとなっているよ』と言っていました。確かにその通りで、よくこの人の前で(笑わずに)芝居をしていたなあ。そう考えると、染谷君のブッダは神がかっていて、表情を見ると拝みたくなります」と話していた。

 イベントには、松山さん、染谷さん、福田雄一監督、製作総指揮を担当した山田孝之さんが登場。作品にちなんで、「今日の4人で最も神に近い人は?」という質問に、松山さん、福田監督、山田さんの3人が染谷さんと回答。福田監督は「(染谷さんが出演した映画『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』の)空海のイメージが強くて。神々しい役が多い」、松山さんは「あまり笑わないところ。煩悩があったら笑っちゃいますよ」、山田さんは「見ての通りの目。どうしてこういう表情になるのか」と話していた。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエスが、下界でバカンスを取ろうと、東京・立川のアパートでルームシェアを始める……というストーリー。動画配信サービス「ピッコマTV」で配信中。

聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
出典:YouTube
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
出典:YouTube

「聖☆おにいさん」イエスとブッダの日常を福田雄一監督が実写化 松山ケンイチ&染谷将太が好演

映画「聖☆おにいさん」の一場面 (C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
映画「聖☆おにいさん」の一場面 (C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

 俳優の松山ケンイチさんがイエス役、染谷将太さんがブッダ役で人気マンガを実写化したドラマ「聖☆おにいさん」(福田雄一監督)が10月12日から立川シネマシティ(東京都立川市)ほかで期間限定で公開。動画配信サービス「ピッコマTV」でも18日から配信される。中村光さんがマンガ誌「モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。俳優の山田孝之さんが制作総指揮し、映画「銀魂」シリーズなどの福田さんが監督・脚本を担当している。

 世紀末を無事に乗り越えたブッダ(染谷さん)とイエス・キリスト(松山さん)は、下界でバカンスを取ろうと、東京・立川のアパートでルームシェアを始める……というストーリー。

 キャスト発表時からビジュアルが話題になっていた。原作の中で女子高生から「ジョニー・デップ似」と言われるイエスに松山さんがはまり過ぎ。大仏頭に福耳の染谷さん演じるブッダは“再現度”がかなり高く、2人のゆるくてユーモラスな掛け合いもイメージにぴったりだ。イエスとブッダの逸話に引っかけた笑いの数々や近所の人たちとの触れ合いなど、原作の世界観を生かしつつ実写版らしさもプラスされ、思わずくすりとさせられる。オリジナルのエピソードも盛り込まれ、ファンならずとも見逃せない、神々しくも楽しいコメディーだ。(遠藤政樹/フリーライター)

(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
出典:YouTube

<動画>「超ジョニー・デップに似てるって」 実写ドラマ版「聖☆おにいさん」の本予告公開

聖☆おにいさん(実写ドラマ)
出典:YouTube

 俳優の松山ケンイチさんがイエス、染谷将太さんがブッダを演じる、人気マンガを実写化したドラマ「聖☆おにいさん」の本予告が10月11日、公開された。

 本予告では、松山さん演じるイエスが「超ジョニー・デップに似てるって」と喜んだり、染谷さん演じるブッダがごろ寝していると、たくさんの小鳥が寄ってきて「これ涅槃(ねはん)とかじゃないから」と戸惑ったりと、原作でもおなじみのシーンを再現。さらに制作総指揮を務める俳優の山田孝之さんのインタビューも収録されている。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガ。コミックスの累計発行部数は1600万部を超えている。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエス・キリストが下界でバカンスを取ろうと、なぜか東京・立川のアパートで暮らす日常が描かれている。2013年には劇場版アニメが公開された。

 今回のドラマは、山田さんが制作総指揮を務め、映画「銀魂」などの福田雄一さんが監督・脚本を担当。18日から動画配信サービスの「ピッコマTV」で配信されるほか、12日からイオンシネマ43劇場と原作マンガの“ご当地劇場”となる立川シネマシティで2週間限定で劇場公開される。全10話。

(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

「福田組」常連・佐藤二朗が実写ドラマ「聖☆おにいさん」に出演 医者役のビジュアル公開

実写版「聖☆おにいさん」に医者役で出演する佐藤二朗さん (C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
実写版「聖☆おにいさん」に医者役で出演する佐藤二朗さん (C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

 俳優の松山ケンイチさんがイエス、染谷将太さんがブッダを演じる、人気マンガを実写化したドラマ「聖☆おにいさん」に俳優の佐藤二朗さんが医者役で出演することが7月25日、明らかになった。今作は俳優の山田孝之さんが制作総指揮を務め、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「銀魂」などの福田雄一さんが監督・脚本を担当しているが、福田監督作品の常連である佐藤さんはやはり今作にも出演する。

 併せて、原作マンガに度々登場する主人公2人が暮らすアパートの大家の役で、女優の山野海さんが出演することも発表された。

 佐藤さんは「今回、私は高熱でうなされるブッダを問診する町医者の役で出演しております。ブッダを問診しながら、なぜか、特別な感情と申しますか、なんと申しますか、主に、頭部に、具体的には、ブッダの頭の、あの、例の、ボツボツに、こう、なんでしょう、懐かしさ、みたいな感情があふれ、よほど染谷から奪って俺がつけたろか、という欲求を抑えるのが大変でした。それが撮影の一番の思ひ出でございます」とコメントを寄せている。

 佐藤さんの出演に関しては、キャラクターにモザイクがかかった画像が実写公式ツイッターとインスタグラムで先に公開され、「誰かは分からない出演キャスト」からのコメントが付いていた。ネット上では「最早モザイクの意味を成してないこの存在感」「ここまでモザイクが意味をなしていない写真を初めて見ました」などと、佐藤さんだと指摘する声が多数寄せられていた。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガ。コミックスの累計発行部数は1600万部を超えている。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエス・キリストが下界でバカンスを取ろうと、なぜか東京・立川のアパートで暮らす日常が描かれている。2013年には劇場版アニメが公開され、森山未來さんがイエス、星野源さんがブッダの声優を務めた。

 ドラマは、動画配信サービス「ピッコマTV」で今秋配信予定。

(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

松山ケンイチと染谷将太がイエスとブッダに 実写ドラマ「聖☆おにいさん」ビジュアル公開

ドラマ「聖☆おにいさん」のビジュアル(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会
ドラマ「聖☆おにいさん」のビジュアル(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

 俳優の松山ケンイチさんと染谷将太さんが出演する、人気マンガを実写化したドラマ「聖☆おにいさん」のビジュアルが6月20日、公開された。マンガは世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエス・キリストが下界でバカンスを取ろうと、なぜか東京・立川のアパートで暮らす日常が描かれており、今回公開されたビジュアルには、松山さん演じるイエスと、染谷さん演じるブッダが食卓を囲む、2人の日常の一コマが写し出されている。

 また今回、VR特報映像も公開された。映像は約3分。本編には収録されないオリジナル映像で、2人が暮らす六畳一間にお邪魔したかのような体験ができる映像になっており、部屋の中でゴキブリを見つけたイエスとブッダが慌てふためく様子などが映し出されている。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガ。2013年には劇場版アニメが公開され、森山未來さんがイエス、星野源さんがブッダの声優を務めた。

 実写ドラマでは、俳優の山田孝之さんが制作総指揮を務め、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「銀魂」などの福田雄一さんが監督・脚本を担当する。ドラマは動画配信サービス「ピッコマTV」で今秋配信予定。

実写ドラマ「ピッコマTV」で配信へ “制作総指揮”山田孝之は「ぴったり」

聖☆おにいさん(実写ドラマ)
出典:YouTube

 中村光さんのギャグマンガ「聖(セイント)☆おにいさん」の実写ドラマが、動画配信サービス「ピッコマTV」で配信されることが、分かった。ピッコマTVは、電子マンガサービス「ピッコマ」を運営するカカオジャパンの動画配信サービスで、今夏サービス開始予定。ドラマは今秋の配信スタートを予定している。

 「聖☆おにいさん」は、中村さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガ。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエス・キリストが下界でバカンスを取ろうと、なぜか東京・立川のアパートで暮らす日常が描かれる。2013年に劇場版アニメが公開され、森山未來さんがイエス、星野源さんがブッダの声優を務めた。

 実写ドラマは、山田孝之さんが制作総指揮を務め、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「銀魂」などの福田雄一さんが監督を務める。松山ケンイチさんがイエス、染谷将太さんがブッダを演じる。

 山田さんと福田監督が出演するコメント動画も公開され、山田さんが「(ピッコマTVでの配信は)一話一話が短く見やすく、ぴったりだと思った」などと話しているほか、福田監督が「ピッコマ」のCMキャラクターを務めているムロツヨシさんについて語っている。

実写版ドラマ「聖☆おにいさん」 イエスに松山ケンイチ ブッダは染谷将太

実写ドラマ「聖☆おにいさん」に出演する松山ケンイチさん(左)と染谷将太さん
実写ドラマ「聖☆おにいさん」に出演する松山ケンイチさん(左)と染谷将太さん

 中村光さんのギャグマンガ「聖(セイント)☆おにいさん」の実写ドラマに俳優の松山ケンイチさんと染谷将太さんが出演することが2月20日、明らかになった。マンガはイエス・キリストとブッダが東京・立川でバカンスを過ごすという設定で、松山さんがイエス、染谷さんがブッダをそれぞれ演じる。ドラマは、2018年に新たに立ち上がる動画配信サービスで配信予定。

 「聖☆おにいさん」は、中村さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガ。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエスが下界でバカンスを取ろうと、なぜか東京・立川のアパートで暮らす日常が描かれる。13年に劇場版アニメが公開され、俳優の森山未來さんがイエス、星野源さんがブッダの声優を務めた。

 実写ドラマでは、俳優の山田孝之さんが制作総指揮を務め、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「銀魂」(17年)の福田雄一さんが監督を務める。

 以下、キャスト、スタッフのコメント

 ◇イエス役の松山さん

 福田さんがキリスト役のことは熟知しているのでいろいろ聞いて頑張りたいなと思っています。

 ◇ブッダ役の染谷さん

 いつか実写で見たいなと思っていた「聖☆おにいさん」にまさか参加するとは思ってもみませんでした。しかも、ブッダ役で。そして福田監督と山田さんという黄金コンビの企画に参加できるとは、心が激しく躍ります。松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤけてしまうのは俺だけでしょうか? まだ撮影もしていないのに、皆様に届ける日が楽しみでなりません。

 ◇山田さん

 松山さんをイエスに、染谷さんをブッダに、想像しただけでも失禁しそうです(少し出てますが)。既に悟りを感じさせるお二方の存在感は、まさにブッダとイエス。日ごろの激務に追われる天界での生活から離れ、下界での生活をごゆるりとお過ごしいただきたく思いますが、演出は福田雄一監督ですのでタダでは済まないことは容易に想像できます。アーメン。

 ◇福田監督

 今まで何度も何度も出演をお願いしてかなわなかった松山くんと染谷くんで、連載当初から念願だったこの原作を実写化できることが、ただただ幸せです! こんな幸せな作品を任せてくれた山田孝之プロデューサーに感謝します! 全力でユルく臨みます!

 ◇原作者の中村さん

 今回のキャスティング、とてもワクワクしています。松山さんのアガペーあふれるお顔と、染谷さんのアルカイックスマイルが見られるのを、今から楽しみにしています。

聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
聖☆おにいさん(実写ドラマ)
8

/8

目次

聖☆おにいさん(実写ドラマ)動画配信サービス「ピッコマTV」
今秋配信予定