いつまでも白い羽根

  • スタッフ:
    原作:藤岡陽子「いつまでも白い羽根」(光文社)
  • キャスト:
    木崎瑠美役:新川優愛▽山田千夏役:伊藤沙莉▽番匠光太郎役:加藤雅也
  • 放送日:
    東海テレビ・フジテレビ系
    2018年4月7日から毎週土曜午後11時40分放送
UPDATE

いつまでも白い羽根あらすじ

 ドラマ「いつまでも白い羽根」は、藤岡陽子さんの同名小説が原作。モデルで女優の新川優愛さんがドラマ初主演を務める。大学受験に失敗し、すべり止めの看護学校に通うことになった主人公・木崎瑠美(新川さん)は、看護師になりたいわけでもなく、人づきあいの苦手な自分が看護師になれるわけがない、いつ辞めようか、もう一度国立大受験しようかと迷いながら、とりあえず実習に通っていた。だが、世代を超えた個性的な友人との出会い、初恋、実習で出会った患者たちとの触れ合いなどを通じて、新しい自分に気づき、やがて看護師を目指してくことになる……というストーリー。

スタッフ

原作:藤岡陽子「いつまでも白い羽根」(光文社)

いつまでも白い羽根キャスト

木崎瑠美役:新川優愛▽山田千夏役:伊藤沙莉▽番匠光太郎役:加藤雅也

いつまでも白い羽根放送日

東海テレビ・フジテレビ系
2018年4月7日から毎週土曜午後11時40分放送

<ドラマレビュー>「いつまでも白い羽根」 新川優愛の鋭い言葉に快感 シャワーシーンも 4月7日スタート

連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、藤岡陽子さんの小説が原作で、新川優愛さん主演の連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(東海テレビ・フジテレビ系、2018年4月7日から毎週土曜午後11時40分)だ。

 大学受験に失敗して看護学校に通う木崎瑠美(新川さん)は、人付き合いの苦手な自分が看護師になれるわけがないと迷いながら、学校の実習に通っていた。タイプや世代を超えた個性的な友人との出会い、初恋、実習で出会った患者たちとの触れ合いなどを通じて、新しい自分の可能性に気付き、本気で看護師を目指す……というストーリーだ。

 制作会見で年長同級生役の酒井美紀さんが「90年代の正統派ドラマに近い」と指摘した通り、少し昔を思わせつつも、人間ドラマがしっかり描かれる作品だ。瑠美の成長をメインストーリーに、恋愛、多忙な2児の母の独立、生徒たちに人気のある学校長の秘密などのサブストーリーも並行して展開する。1話で2度見られる新川さんの啖呵(たんか)は、スカッとすること間違いなく、快感すら感じます。

 新川さんのナース姿も魅力の本作だが、実は1話は割と長めのシャワーシーンもあったりして、「真面目な東海テレビさんが、どうしちゃったの?」と驚きも。一方で、更衣室のシーンでは、割と服を着てカッチリしていた(残念)。更衣室のネタは、制作会見で学校長役の加藤雅也さんが冗談めかして言った通りで、深夜ドラマだし、もう少しだけ「大人」のドラマになる方向で期待したい。大きな声では言えないけれど。

連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」のワンシーン=東海テレビ提供

新川優愛、ナース姿を披露 腰痛&筋肉痛の苦労明かす <制作発表会見>

連続ドラマ「いつまでも白い羽根」の制作発表会見に登場した新川優愛さん
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」の制作発表会見に登場した新川優愛さん

 モデルで女優の新川優愛さんが、主演する連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(東海テレビ・フジテレビ系、4月7日から土曜午後11時40分放送)の制作発表会見に役衣装である看護学校のナース姿で登場。“看護師の卵”を演じることについて「ベットメーキングだったり、(患者の)体を拭くなど全部練習しました。ただ腰が痛くなるし、筋肉痛になるし。本物の看護師さんはこれを毎日やっているのかと。努力があると感じました」と感心していた。

 自身が演じる木崎瑠美役について新川さんは「原作を読ませていただいたとき、まっすぐ芯のある女の子なので(自分に)務まるかなと不安があったぐらい。自分が正しいことをズバッと言える瑠美ちゃんみたいな子は少ない。見習いたい部分もありますね」と明かしていた。

 会見には、主人公の友人役の伊藤沙莉さん、酒井美紀さん、さとうほなみさん、看護学校の学長を演じる加藤雅也さんも出席した。酒井さんは「(自身が主演を演じたドラマ)『白線流し』の1990年代には、正統派の学園ものが多かった。最近はコミカルなものが主流ですが、今回は(登場人物が)悩んだり、苦しんだり、久々に正統派が来たと思った」とアピールした。

 ドラマは、藤岡陽子さんの同名小説が原作。大学受験に失敗して看護学校に通う木崎瑠美は、人づきあいの苦手な自分が看護師になれるわけがないと迷いながら、学校の実習に通っていた。だが、世代を超えた個性的な友人との出会い、初恋、実習で出会った患者たちとの触れ合いなどを通じて、新しい自分に気づき、本気で看護師を目指す……というストーリー。

いつまでも白い羽根
いつまでも白い羽根
いつまでも白い羽根
いつまでも白い羽根
いつまでも白い羽根
いつまでも白い羽根

瀬戸利樹、新川優愛主演ドラマ「いつまでも白い羽根」に出演 清原翔、酒井美紀らも

連続ドラマ「いつまでも白い羽根」に出演する(左から)酒井美紀さん、瀬戸利樹さん、清原翔さん、柳沢慎吾さん、榊原郁恵さん
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」に出演する(左から)酒井美紀さん、瀬戸利樹さん、清原翔さん、柳沢慎吾さん、榊原郁恵さん

 モデルで女優の新川優愛さん主演の連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(東海テレビ・フジテレビ系)に、瀬戸利樹さんや清原翔さん、酒井美紀さん、榊原郁恵さん、柳沢慎吾さんが出演することが3月9日、明らかになった。

 ドラマは、藤岡陽子さんの同名小説が原作。大学受験に失敗して看護学校に通う木崎瑠美(新川さん)は、国立大の再受験を迷っていたが、個性的な友人との出会いや初恋、患者との触れ合いなどを通じて看護師を目指す……というストーリー。4月7日から毎週土曜午後11時40分に放送される。

 酒井さんは幼い2人の娘の母で看護師を目指す佐伯典子、瀬戸さんは瑠美に好意を寄せる日野瞬也、清原さんは瑠美の初恋の相手で小児科医の菱川拓海、柳沢さんは瑠美の看護専門学校の友人・山田千夏(伊藤沙莉さん)の父・山田健司、榊原さんは瑠美の母・木崎智子をそれぞれ演じる。

 ◇酒井美紀さんのコメント

 主婦であり子育て真っ最中でありながら、看護学校へ通う佐伯典子を演じさせていただきます。この年齢で学生役をすることに、とてもわくわくしています。人生は、決断の連続。厳しい現実と向き合い、生きるために苦悩し、決断をしていく彼女の姿は、たくさんの方に共感していただける部分だと思っています。皆さんの心に響くすてきな作品になるように頑張ります!

 ◇瀬戸利樹さんのコメント

 日野瞬也を演じさせていただくことになりました。大切な人への真っすぐな思いや、幼なじみとの甘酸っぱい関係など、見ている皆さんに共感していただける作品になるよう誠心誠意頑張ります。

 ◇清原翔さんのコメント

 菱川拓海という人物を演じさせていただくことをとても光栄に思います。今回の役は自分ととても近いと思っているので、皆さんにより身近に感じていただけるよう、真摯(しんし)に向き合いたいと思っています。よろしくお願いします。

 ◇柳沢慎吾さんのコメント

 山田健司役を務めます柳沢慎吾です。若者が進路や人生に悩み、戸惑いながら、大人への一歩を歩み始めるドラマですので、共感していただけるドラマだと思います。「いつまでも白い羽根」の放送を見て、いい夢見てください! あばよ!!

 ◇榊原郁恵さんのコメント

 新川さん演じる主人公・木崎瑠美の母、木崎智子として出演させていただきます。いろいろと始まることが多い4月。そんな4月にスタートするこのドラマを見てくださる方々に、人として大人として、何かを感じていただけるようなものがお届けできたらと思います。

新川優愛、ドラマ初主演で“看護師の卵”に 「丁寧に演じていけたら」 「いつまでも白い羽根」2018年4月7日スタート

連続ドラマ「いつまでも白い羽根」に出演する(左から)伊藤沙莉さん、新川優愛さん、加藤雅也さん
連続ドラマ「いつまでも白い羽根」に出演する(左から)伊藤沙莉さん、新川優愛さん、加藤雅也さん

 モデルで女優の新川優愛さんが、4月7日スタートの連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分放送)でドラマ初主演を務めることが2月23日、明らかになった。新川さんは看護師を目指すことになる主人公・木崎瑠美役で、看護専門学校の友人役で伊藤沙莉さん、校長役で加藤雅也さんが出演することも分かった。

 ドラマは、藤岡陽子さんの同名小説が原作。大学受験に失敗し、すべり止めの看護学校に通うことになった瑠美は、看護師になりたいわけでもなく、人づきあいの苦手な自分が看護師になれるわけがない、いつ辞めようか、もう一度国立大受験しようかと迷いながら、とりあえず実習に通っていた。だが、世代を超えた個性的な友人との出会い、初恋、実習で出会った患者たちとの触れ合いなどを通じて、新しい自分に気づき、やがて看護師を目指してくことになる……。

 自らが演じる瑠美について、新川さんは「どこか人生が思い描いていたようにはいかなく、もがき、自分の在り方、存在価値を見つけ出そうとしている印象を受けました」と語り、「彼女の考え方や人との接し方、繊細な部分を丁寧に演じていけたらと思います」と意気込みを語っている。

 看護学校の同級生で、瑠美と同じ班になる友人の山田千夏を演じる伊藤さんは「お芝居と勉強を両立していくという経験をずっとしてみたいなと思っていました。こんなにしっかりと知識を頭に入れることは今までなかったので、今回の現場でたくさんのものを吸収できる気がしていて、今からとても楽しみです」とコメント。校長の番匠光太郎役の加藤さんは「原作では最後に出てくる役ですが、今回は毎回出てくるという設定になっています。原作には書かれていないキャラクターの一面を表現できたらと思っています」と語っている。

 ◇木崎瑠美役の新川優愛さん

 人は、生きていると色々な事があり、もちろん楽しいことや嬉しいこともあるけれど、それだけではないと思います。 失敗や挫折を経験してこそ生まれる感情や考え方、そして人との接し方もあると思います。 原作を読み、今回演じさせていただく瑠美も、どこか人生が思い描いていたようにはいかなく、もがき、自分の在り方、存在価値を見つけ出そうとしている印象を受けました。 そんな彼女の考え方や人との接し方、繊細な部分を丁寧に演じていけたらと思います。 スタッフさん、他の出演者の皆さんと素敵な作品にしたいと思います。

 ◇山田千夏役の伊藤沙莉さん

 お芝居と勉強を両立していくという経験をずっとしてみたいなと思っていました。こんなにしっかりと知識を頭に入れることは今までなかったので、今回の現場で沢山のものを 吸収できる気がしていて、今からとても楽しみです。「オトナの土ドラ」ということで、物足りなさを感じさせない青春を届けられたらいいなと思います。

 ◇番匠光太郎役の加藤雅也さん

 余暇を楽しむ大人におくる本格派ドラマシリーズ「オトナの土ドラ」に、このたび出演させて頂く事になりました。 大人のための人間ドラマ制作を目指しているという放送枠なので、どんな大人のドラマに出会えるのか、また共演者も初めての方がほとんどなので新しい出会いにもわくわくしています。 私が演じる役は原作では最後に出てくる役ですが、今回は毎回出てくると言う設定になっています。原作には書かれていないキャラクターの一面を表現できたらと思っています。

4

/4

目次