デイジー・ラック

  • スタッフ:
    原作:海野つなみ「デイジー・ラック」(講談社)▽脚本:横田理恵
  • キャスト:
    佐々木希▽夏菜▽中川翔子▽徳永えり▽鈴木伸之▽桐山漣▽磯村勇斗▽長谷川朝晴▽片平なぎさ
  • 放送日:
    NHK総合
    2018年4月20日から毎週金曜午後10時に放送。全10回。
UPDATE

デイジー・ラックあらすじ

 ドラマ「デイジー・ラック」は、「逃げるは恥だが役に立つ」などで知られる海野つなみさんの同名マンガが原作。子供のころ「ひなぎく会」という名前を付けて集まっていた幼なじみの楓(佐々木希さん)、薫(夏菜さん)、ミチル(中川翔子さん)、えみ(徳永えりさん)のアラサー女子4人の幸せ探しが描かれる。

 4人は、えみの結婚式で久しぶりに再会。その日、勤務する会社が突然倒産し、恋人にふられ、30歳を目前で仕事も恋も失った楓は、子供のころの夢だったパン職人になることを決意。町のパン屋に職を得たものの、パン作りの道は険しく、先輩職人の指導も容赦がない。楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常も、それぞれ思いがけない展開を見せていき……という内容。

スタッフ

原作:海野つなみ「デイジー・ラック」(講談社)▽脚本:横田理恵

デイジー・ラックキャスト

佐々木希▽夏菜▽中川翔子▽徳永えり▽鈴木伸之▽桐山漣▽磯村勇斗▽長谷川朝晴▽片平なぎさ

デイジー・ラック放送日

NHK総合
2018年4月20日から毎週金曜午後10時に放送。全10回。

夏菜、NHKに久々“帰還” 「戻ってこられました!」 <会見>

ドラマ「デイジー・ラック」の制作発表会見に出席した夏菜さん
ドラマ「デイジー・ラック」の制作発表会見に出席した夏菜さん

 女優の夏菜さんが4月9日、東京都内で行われた連続ドラマ「デイジー・ラック」(NHK総合)のに出席。2012年下半期に放送された同局の朝ドラ「純と愛」の主演を務めた夏菜さんは「NHKドラマに戻ってこられました!」と喜びを語り「これまでNHK(のドラマ)には出ていましたが、ストーリーに絡んでいく役は久しぶり。NHKさん、ありがとうございます」と、声を弾ませた。

 「デイジー・ラック」は、「逃げるは恥だが役に立つ」などで知られる海野つなみさんの同名マンガが原作で、子供のころ「ひなぎく会」という名前を付けて集まっていた幼なじみの楓(佐々木希さん)、薫(夏菜さん)、ミチル(中川翔子さん)、えみ(徳永えりさん)のアラサー女子4人の幸せ探しが描かれる。

 夏菜さんは、薫役について「4人の中ではアダルト担当(笑い)。ドラマは、不倫とかがあるわけでなくリラックスした作品。その分、演じるのは難しくて、できているのかなって模索しながら演じています」と語っていた。会見には、主演の佐々木さん、共演の中川さん、徳永さん、制作統括の谷口卓敬さん、芳川茜さんも出席した。

 ドラマは、2018年4月20日からNHK総合で毎週金曜午後10時に放送。

佐々木希、夏菜、中川翔子らと主演ドラマでエンディングダンス挑戦「かなり練習した」 <会見>

ドラマ「デイジー・ラック」の制作発表会見に出席した(左から)徳永えりさん、夏菜さん、佐々木希さん、中川翔子さん
ドラマ「デイジー・ラック」の制作発表会見に出席した(左から)徳永えりさん、夏菜さん、佐々木希さん、中川翔子さん

 女優の佐々木希さんが4月9日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「デイジー・ラック」(NHK総合)の会見に、共演の夏菜さん、中川翔子さん、徳永えりさんらと出席。同作のエンディングで、4人でのダンスを披露しており、佐々木さんは「かなり練習しました。(本番で)3回ぐらいNG出したけど、NGシーンも使われるそうです。ハッピーなので、ぜひ見て欲しい」と満面の笑みを見せた。

 夏菜さんは「実は、撮影のときにぎっくり腰になってしまっていて、コルセットを巻いていました。頑張りました」と苦笑い。中川さんは「(夏菜さんが)起き上がるのもつらいのに本番でバシッと決めていました。お互いをいとおしくなりました」と話し、徳永さんも「不思議な一体感と楽しさが強まった日でした」と振り返っていた。

 佐々木さんは、「アラサーになって感じる体の変化」を聞かれると「(変化を)すごく感じています。20代は、何を食べても太らないとか、体に張りがあるとか。この年齢になると筋トレなどをしないと張りを保てない。運動をしないといけないと感じます。ジャンクフードを控えて野菜を(食べる)とか。食べたものが体になるんだって日々、感じます」と、ほほ笑んだ。

 「デイジー・ラック」は、「逃げるは恥だが役に立つ」などで知られる海野つなみさんの同名マンガが原作で、子供のころ「ひなぎく会」という名前を付けて集まっていた幼なじみの楓(佐々木さん)、薫(夏菜さん)、ミチル(中川さん)、えみ(徳永さん)のアラサー女子4人の幸せ探しが描かれる。2018年4月20日からNHK総合で毎週金曜午後10時に放送。会見には、制作統括の谷口卓敬さん、芳川茜さんも出席した。

佐々木希、妊娠発表後、初の公の場 主演連ドラの会見に出席 <会見>

ドラマ「デイジー・ラック」の制作発表会見に出席した佐々木希さん
ドラマ「デイジー・ラック」の制作発表会見に出席した佐々木希さん

 今年2月に第1子の妊娠を発表し、今秋に出産を控える女優の佐々木希さんが4月9日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「デイジー・ラック」(NHK総合)の会見に出席した。佐々木さんが妊娠発表後、公の場に登場するのは初めて。オレンジの鮮やかなワンピースに黒のフラットなシューズという装いだった。

「デイジー・ラック」は、「逃げるは恥だが役に立つ」などで知られる海野つなみさんの同名マンガが原作で、子供のころ「ひなぎく会」という名前を付けて集まっていた幼なじみの楓(佐々木さん)、薫(夏菜さん)、ミチル(中川翔子さん)、えみ(徳永えりさん)のアラサー女子4人の幸せ探しが描かれる。2018年4月20日からNHK総合で毎週金曜午後10時に放送。

 会見には、夏菜さん、中川さん、徳永さん、制作統括の谷口卓敬さん、芳川茜さんも出席した。

デイジー・ラック
デイジー・ラック
デイジー・ラック
デイジー・ラック
デイジー・ラック
デイジー・ラック

磯村勇斗、朝ドラ後初連ドラもNHK 海野つなみ原作「デイジー・ラック」出演 2018年4月スタート

4月スタートのNHKの連続ドラマ「デイジー・ラック」に出演が決まった磯村勇斗さん
4月スタートのNHKの連続ドラマ「デイジー・ラック」に出演が決まった磯村勇斗さん

 有村架純さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」で“ヒデ”こと前田秀俊を演じ、話題を集めた俳優の磯村勇斗さんが、同局で4月にスタートする連続ドラマ「デイジー・ラック」に出演することが2月26日、明らかになった。磯村さんは朝ドラ後、初めての連ドラ出演で、薫(夏菜さん)の弟・周防貴大を演じる。

 磯村さんは「この度、周防貴大役を演じさせていただきます。そして、連続ドラマが朝ドラ以来になるので、それがNHKさんの作品で再び携わらせていただけること、とてもうれしく思います」とコメントを寄せている。

 貴大は出版社「ヴィヴィッドマガジン」勤務。情報誌のライターで映画コーナーを担当し、人懐っこく、誰にでも好かれる明るい性格で、友達も多い。姉・薫の友達であるミチル(中川翔子さん)とは幼いころから仲が良く、ミチルのことを「アニキ」と呼び慕っている。

 磯村さんは「貴大はアニキと慕うミチルとの関係性や、薫の実の弟ということもあって、可愛がられるような存在。でも大人な貴大を演じられるよう、作品と向き合っていきます」と意気込んでいる。

 「デイジー・ラック」は、「逃げるは恥だが役に立つ」などで知られる海野つなみさんの同名マンガが原作で、子供のころ「ひなぎく会」という名前を付けて集まっていた幼なじみの楓(佐々木希さん)、薫(夏菜さん)、ミチル(中川さん)、えみ(徳永えりさん)のアラサー女子4人の幸せ探しが描かれる。

 4人は、えみの結婚式で久しぶりに再会。その日、勤務する会社が突然倒産し、恋人にふられ、30歳を目前で仕事も恋も失った楓は、子供のころの夢だったパン職人になることを決意。町のパン屋に職を得たものの、パン作りの道は険しく、先輩職人の指導も容赦がない。楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常も、それぞれ思いがけない展開を見せていき……という内容。

 ドラマは全10回。4月20日からNHK総合で毎週金曜午後10時に放送される。

4

/4

目次

デイジー・ラックNHK総合
2018年4月20日から毎週金曜午後10時に放送。全10回。