がん消滅の罠

  • スタッフ:
    原作:岩木一麻「がん消滅の罠~完全寛解の謎」(宝島社)
  • キャスト:
    一役:及川光博▽夏目紗季役:麻生久美子▽榊原一成役:吉田鋼太郎▽宇垣玲奈役:りょう▽西條征士郎役:北大路欣也▽水島瑠璃子役:渡辺麻友
  • 放送日:
    TBS系
    2018年4月2日午後8時から放送
UPDATE

がん消滅の罠あらすじ

 ドラマ「がん消滅の罠」は、TBS系で4月2日に3時間にわたって放送されるスペシャルドラマ。俳優の唐沢寿明さんが主演し、2年ぶりに医師役に挑戦する。原作は第15回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した岩木一麻さんの小説「がん消滅の罠~完全寛解の謎」(宝島社)。唐沢さんは日本最高峰のがん医療を提供する日本がんセンターの呼吸器内科医だが、自らが余命宣告をした末期がん患者が次々と完全寛解(かんかい)となる謎に直面し、窮地に立たされながらも真相を解明すべく突き進む、主人公の夏目典明を演じる。

 ドラマは、連続して起こるがん消滅は奇跡なのか陰謀なのか。「寛解」というがんの症状が軽減される状態を切り口に描かれる医療ミステリー。唐沢さん扮(ふん)する夏目とは高校時代からの同級生で、夏目と同じく日本がんセンターで研究医として働く天才肌の男・羽島悠馬を、唐沢さんとは今回が初共演となる渡部篤郎さん、夏目・羽島とはやはり高校時代からの同級生で、保険会社に勤務する森川雄一を及川光博さんが演じる。

スタッフ

原作:岩木一麻「がん消滅の罠~完全寛解の謎」(宝島社)

がん消滅の罠キャスト

一役:及川光博▽夏目紗季役:麻生久美子▽榊原一成役:吉田鋼太郎▽宇垣玲奈役:りょう▽西條征士郎役:北大路欣也▽水島瑠璃子役:渡辺麻友

がん消滅の罠放送日

TBS系
2018年4月2日午後8時から放送

渡辺麻友、AKB卒業後ドラマ初出演 「がん消滅の罠」で切れ者の保険調査員に

ドラマ「ドラマ特別企画『がん消滅の罠』」に出演する渡辺麻友さん=TBS提供
ドラマ「ドラマ特別企画『がん消滅の罠』」に出演する渡辺麻友さん=TBS提供

 昨年末にアイドルグループ「AKB48」を卒業した渡辺麻友さんが、4月2日に放送されるスペシャルドラマ「ドラマ特別企画『がん消滅の罠』」(TBS系)に出演することが3月14日、明らかになった。渡辺さんがAKB48を卒業後、ドラマに出演するのは初めて。岩木一麻さんの医療ミステリー小説「がん消滅の罠~完全寛解(かんかい)の謎」(宝島社)が原作で、渡辺さんは主人公・夏目典明(唐沢寿明さん)の親友で生命保険会社調査部に勤務する森川雄一(及川光博さん)の部下の切れ者保険調査員、水島瑠璃子を演じる。

 渡辺さんは「医療ものの作品ということで、肺腺がん患者、リビングニーズ特約、生前給付金、完全寛解などなど、今まで私が生きてきてただの一度も発したことがない単語や、説明せりふの多い役に大変苦労しました。私が演じる水島瑠璃子は、生命保険会社調査部、社会人4年目くらい、お仕事にも慣れてきて楽しくなってきているころかな、というような設定でしたので、そのような人物像も意識し演じるように心がけました」とコメントしている。

 クランクインは、唐沢さん、渡部篤郎さん、及川さんとの4人のシーンだったといい、「テレビでよく見る方たちがいる……。そこに私が混ざっている……。何だろうこの状況は!? とめちゃくちゃ緊張していましたが、いや、これはとても光栄なこと、こんな機会はなかなか訪れないし、たくさん学ばせていただこう、と必死に気持ちを切り替え、緊張を乗り越えました。及川さん演じる森川の優秀な部下・水島瑠璃子が調査部で不正を暴こうと鋭い観察をする、唐沢さんに厳しく追求する、など今までにない演技にも挑戦しています。切れ者になり切れているかどうか、ぜひ楽しんで見ていただけたらと思います」と話している。

 ドラマを手がける倉貫健二郎プロデューサーは、渡辺さんの起用理由を「真面目でお仕事に真摯(しんし)に取り組む姿が水島瑠璃子と重なり、今回の役をお願いしました。唐沢さんや渡部さん、及川さんらベテラン勢の中、意志が強く、切れ者の瑠璃子をフレッシュに演じてくださっています。新しい渡辺さんの魅力が出ていると思いますので、ぜひご期待ください!」と話している。

 ドラマは、最高峰のがん治療を提供する病院の医師・夏目典明(唐沢さん)が、変わり者の研究医(渡部さん)、生命保険会社に勤める親友の森川雄一(及川さん)と共に、生命保険金の生前給付を受け取った直後、がんが完全寛解した患者の謎に迫る。麻生久美子さん、手塚とおるさん、加藤虎ノ介さんらも出演する。TBS系で4月2日午後8時に放送。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供

唐沢寿明、12年ぶり医師役でSPドラマ「がん消滅の罠」主演 渡部篤郎と初共演も

スペシャルドラマ「がん消滅の罠」に主演する唐沢寿明さん(C)TBS
スペシャルドラマ「がん消滅の罠」に主演する唐沢寿明さん(C)TBS

 俳優の唐沢寿明さんが、TBS系で4月2日に3時間にわたって放送されるスペシャルドラマ「がん消滅の罠」に主演し、12年ぶりに医師役に挑戦することが2月26日、明らかになった。原作は第15回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した岩木一麻さんの小説「がん消滅の罠~完全寛解の謎」(宝島社)。唐沢さんは日本最高峰のがん医療を提供する日本がんセンターの呼吸器内科医だが、自らが余命宣告をした末期がん患者が次々と完全寛解(かんかい)となる謎に直面し、窮地に立たされながらも真相を解明すべく突き進む、主人公の夏目典明を演じる。

 ドラマは、連続して起こるがん消滅は奇跡なのか陰謀なのか。「寛解」というがんの症状が軽減される状態を切り口に描かれる医療ミステリー。唐沢さん扮(ふん)する夏目とは高校時代からの同級生で、夏目と同じく日本がんセンターで研究医として働く天才肌の男・羽島悠馬を、唐沢さんとは今回が初共演となる渡部篤郎さん、夏目・羽島とはやはり高校時代からの同級生で、保険会社に勤務する森川雄一を及川光博さんが演じることも発表された。

 さらに夏目の妻で、フリーの雑誌記者・紗季役を麻生久美子さん、患者として夏目の診察を受ける患者・榊原一成役を吉田鋼太郎さん、がん寛解の謎に何らかの関連を持つ、湾岸医療センターの医師・宇垣玲奈役をりょうさんが務め、夏目の学生時代の担当教授であり、最も尊敬する医師だったが、一人娘をがんで亡くしたことをきっかけに20年間消息不明となっていた医師・西條征士郎で北大路欣也さんも登場する。

 日本最高峰のがん医療を提供する日本がんセンターの呼吸器内科医・夏目(唐沢さん)はある日、同僚の研究医・羽島(渡部さん)に自らが担当した末期がん患者のがんが消えたという謎について相談する。小暮麻里(柴本幸さん)という女性の患者で、肺にがんが広がる肺腺がんで、夏目が担当した時点ではすでに余命が半年という状況。治る見込みはなく、生命保険の事前給付金も受け取っていたが、その半年後がんは全て消え去り、完全寛解する。

 麻里のがん寛解について、不審だと感じた人物が他にもいた。それは夏目、羽島の高校時代からの同級生で、生命保険会社の調査部に勤める森川(及川さん)で、麻里が生命保険に加入してから8カ月という早さでがんを発症した点、本人の収入の割合に比べて高額の保険に加入していたという点、そしてがんが完全寛解したという三つの点において疑問を抱き、保険金詐欺の可能性を夏目に伝える。

 そんな中、夏目の患者でさらにもう一人、がんを克服する。麻里と同じ末期の肺腺がんだった横山宗彦(みのすけさん)も、生命保険の生前給付金を受け取ったのち、完治が不可能とされたがんが寛解。警察までが麻里、横山の保険金詐欺を疑い、夏目はがんセンターから謹慎を言いつけられる。納得がいかない夏目は、がん消滅の謎を独自に追うことに。果たして、これは医学の奇跡なのか。それとも何者かの陰謀なのか……。

 「ドラマ特別企画『がん消滅の罠』」は4月2日午後8時~同11時7分に放送される。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
2

/2

目次