ラブリラン

  • スタッフ:
    原作:天沢アキ「ラブリラン」(講談社)
  • キャスト:
    南さやか役:中村アン▽鷺沢亮介役:大谷亮平▽町田翔平役:古川雄輝▽青山瑞希役:片瀬那奈▽小笠原杏子役:大政絢▽宇野友美役:佐津川愛美▽前島悟郎役:村杉蝉之介▽泉智子役:ふせえり▽菅野太一郎役:小松利昌▽藤崎隼人役:市川知宏▽佐山大輔役:渡部秀
  • 放送日:
    読売テレビ・日本テレビ系
    2018年4月5日から毎週木曜日午後11時59分放送
UPDATE

ラブリランあらすじ

 ドラマ「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)に連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。モデルで女優の中村アンさんが連ドラマ初主演。15年思い続けている幼なじみ・鷺沢亮介(大谷亮平さん)と記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”の町田翔平(古川雄輝さん)との間で揺れ動くさやかの恋心を描く。
 15年間も亮介への片思いをこじらせ、30歳になっても男性経験がない南さやか(中村さん)は、恋愛というリングに上がることを拒否し続けていた。そんなある日、さやかが目を覚ますと目の前には見知らぬ翔平という男の姿が。翔平はさやかと付き合って同棲しているという。どうやらさやかは3カ月間の記憶をなくしていて……というストーリー。さやかと翔平、亮介の恋愛模様に加え、地味だったさやかが女性として成長していく姿が見どころになるという。

スタッフ

原作:天沢アキ「ラブリラン」(講談社)

ラブリランキャスト

南さやか役:中村アン▽鷺沢亮介役:大谷亮平▽町田翔平役:古川雄輝▽青山瑞希役:片瀬那奈▽小笠原杏子役:大政絢▽宇野友美役:佐津川愛美▽前島悟郎役:村杉蝉之介▽泉智子役:ふせえり▽菅野太一郎役:小松利昌▽藤崎隼人役:市川知宏▽佐山大輔役:渡部秀

ラブリラン放送日

読売テレビ・日本テレビ系
2018年4月5日から毎週木曜日午後11時59分放送

「ラブリラン」最終回のあらすじ さやかの記憶がよみがえる!? 恋の結末は…

連続ドラマ「ラブリラン」最終話の一場面 (C)ytv
連続ドラマ「ラブリラン」最終話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜深夜0時9分)の最終話が6月7日、放送される。

 前話で、南さやか(中村さん)が待つ“約束の場所”に町田翔平(古川雄輝さん)は現われなかった。さやかは町田のことを諦め、鷺沢亮介(大谷亮平さん)の元へと戻る。しかし、さやかは町田が会社を辞めてロンドンに行くと聞いて動揺し、町田のロンドン行きを巡る記憶が断片的によみがえる……という展開。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんのマンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv

「ラブリラン」第9話のあらすじ さやかはまた地味系女子に 町田は海外行きを考え始め…

連続ドラマ「ラブリラン」第9話の一場面 (C)ytv
連続ドラマ「ラブリラン」第9話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第9話が5月31日、放送される。

 町田翔平(古川雄輝さん)とやり直すことをあきらめた南さやか(中村さん)は、以前ようなすっぴん&メガネの地味系女子に戻る。一方、町田は小笠原杏子(大政絢さん)の勧めで前からやりたかったロンドン行きの仕事について考え始める。さやかと町田は互いを忘れてそれぞれの“正しい場所”に戻ろうとするが、2人の間で決めたある約束を思い出して……という展開。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介(大谷亮平さん)と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv

「ラブリラン」第8話のあらすじ 亮介がさやかに告白! 町田はさやかを突き放し…

連続ドラマ「ラブリラン」第8話の一場面 (C)ytv
連続ドラマ「ラブリラン」第8話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第8話が5月24日、放送される。鷺沢亮介(大谷亮平さん)とベッドでキスをしようとする記憶が突然よみがえった南さやか(中村さん)。驚くさやかは、亮介を好きなまま町田翔平(古川雄輝さん)と付き合っていたのかもしれないと心を痛める。そんなさやかに亮介は告白し、町田は「二度と同じ間違いを繰り返すな」と突き放す……。

 さやかは、亮介への思いと町田への思いのどちらが本当の気持ちなのか分からなくなってしまう。混乱したさやかは仕事に没頭して体を壊してしまい……という展開。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv

中村アン、初主演ドラマ「ラブリラン」撮了に涙 古川雄輝、大谷亮平と熱いハグ

連続ドラマ「ラブリラン」のクランクアップを迎えた(左から)古川雄輝さん、中村アンさん、大谷亮平さん=読売テレビ提供
連続ドラマ「ラブリラン」のクランクアップを迎えた(左から)古川雄輝さん、中村アンさん、大谷亮平さん=読売テレビ提供

 モデルで女優の中村アンさんが連続ドラマ初主演を務める「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)がこのほど、クランクアップを迎えた。この日の撮影には、中村さん、古川雄輝さん、大谷亮平さんらが参加。古川さんと共に最後のシーンの撮影を終えた中村さんは、感極まりながらも笑顔を作り古川さん、大谷さん、監督、プロデューサーと順番に熱い抱擁を交わし、大粒の涙を流した。

 主人公・南さやかを演じた中村さんは、「皆さん、本当にありがとうございました。私は人生で初めての主演ということで、いい経験をさせていただきました。今まで感じたことのない感情と毎日戦いながらの撮影でした。私自身も30歳で、こんな大きなチャンスをいただきまして……。支えてくださっている皆さんの顔を見て、毎日頑張ることができました。こんなにも皆さんを大切に思い、心から感謝したことは初めてだと感じています。古川さん、大谷さん、ありがとうございました。恥ずかしいですが、スタッフの皆さんには、お芝居を基礎的なことからきちんと教えていただき、お金では買えない、かけがえのない時間を過ごせて私の財産になりました」と声を詰まらせながら感謝の思いを語った。

 町田翔平役の古川さんは「お疲れ様でした。あっという間に終わってしまったんですけど、町田としていられるこの期間が楽しくて幸せな時間でした。この作品に出演できて本当に良かったです。ありがとうございました」とあいさつ。

 中村さん、古川さんの一足先にクランクアップを迎えた、鷺沢亮介役の大谷さんは「皆さん、本当にお疲れ様でした。最初から最後まですごく楽しくやらせてもらいました。この現場は僕がロケの時、雨や風、嵐が結構多くて、スタッフによくイジられたんですけど(笑い)、最後はすごい晴れ晴れとした天気で終われて、今は最高の気分です。こんなすてきな作品に関われて幸せでした。ありがとうございました」と笑顔を見せた。

 オールアップ後の会見では、中村さんが初主演について「あまり主演らしい振る舞いができなかったんですけど、毎日、皆さんの存在に支えられました。必死だったので、自分でいっぱいいっぱいになってしまったんですが、一生懸命にこのドラマを作ってくださる皆さんの姿に刺激を受けて頑張った感じですね。皆で作り上げた感じがします」と振り返った。

 クールな言動が多い町田を演じた古川さんは「個人としては、こうしたら見る人を引き付けるだろうなと考えてやりました。多分、このドラマは女性をターゲットにしていると思うので、SNSの反応を見つつ、女性の人が好むもの、キュンとするものを町田に取り入れてみました。キスシーンがいくつかあったらそれぞれに意味合いを持たせました。動作一つによってキスシーンも印象的になっていくので……。少女マンガ作品はいろいろやってきたので、そこで勉強してきたもの、反応が良かったものを詰め合わせ、町田に全部投じました」と役への思いを語った。

 ドラマは、6月7日の放送で最終回を迎える。中村さんは「ここから急展開なので、ぜひ見逃さずに楽しんでもらえたらなと思います」とアピールし、古川さんは「ラストに向けて3人の関係性がヒートアップしていくので、そういうところを注目して見ていただければなと思います」とコメント。また、大谷さんは「意味合いを持った2人の男、さやかは気持ちが揺れながら最後はどっちを選ぶのか……。特に女性の視聴者の方は多分こっちにいくだろうなというのは個人個人いろいろな考えを持っていると思うんですけど、さやかがどういう意味を持って、なぜそっちにいったのかという経緯も最後まで楽しんでもらえたらなと思います」と見どころを語った。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供

「ラブリラン」第7話のあらすじ 話題の中国人モデルのロン・モンロウが登場 亮介の心は揺れ始める?

ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第7話が5月17日、放送される。町田翔平(古川雄輝さん)に告白するも、冷たく突き放されてしまった南さやか(中村さん)は、過去に町田にフラれた理由を思い出し、もう一度告白し直そうと必死になる。そして、女子高生・栗子(ロン・モンロウさん)のインスタグラムに、記憶の鍵があると思い……。

 一方、さやかの幼なじみである鷺沢亮介(大谷亮平さん)は、恋人の青山瑞希(片瀬那奈さん)から「結婚のこと考え直してみない?」と言われるが答えられないでいた。さらに、亮介は、町田を慕うさやかに複雑な思いを抱くようになる……という展開。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第7話の一場面 (C)ytv

ロン・モンロウ、話題の中国人モデルがドラマ初出演 「ラブリラン」でJKインスタグラマー栗子役

連続ドラマ「ラブリラン」第7話にゲスト出演するロン・モンロウさん
連続ドラマ「ラブリラン」第7話にゲスト出演するロン・モンロウさん

 「栗子」のハンドルネームでSNSを中心に話題となった中国人モデル、ロン・モンロウさんが、連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第7話(5月17日放送)にゲスト出演することが5月11日、明らかになった。モンロウさんがドラマに出演するのは、今回が初めて。モンロウさんは、女子高生インスタグラマーの栗子を演じる。

 第7話は、モンロウさん演じる栗子がインスタグラムにアップした「初カレ日記」という初恋の記録が、主人公の南さやか(中村アンさん)も携わっているプロモーション企画で大賞を受賞する……という展開。栗子のインスタグラムは、さやかの恋愛にも大きく関係してくるという。

 このほど、モンロウさんは人生初となるドラマ撮影に臨み、日本語と中国語のせりふを披露。撮影後、モンロウさんは「中国で日本のドラマを十数年間見てきましたけど、まさか自分が日本のドラマに出演できるなんて夢にも思わなかったです。撮影は想像していたよりはるかに順調に進みました。緊張はしましたけど、皆さんが温かく接してくれたお陰でリラックスできました」と振り返った。

 続けて「実は昔から女子高生の制服が好きだったので、今回、制服を着させていただいて出演できたことをうれしく思います。本当に女子高生として日本の高校に通ったことがないので、日本人の女子高生ってどんな感じなのかなとイメージして演じました。自分の演技でカバーできたか心配だったんですけど、演じられて良かったです」と思いを語った。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやか(中村さん)が、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介(大谷亮平さん)と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平(古川雄輝さん)との間で揺れ動くラブコメディー。

ラブリラン
ラブリラン

「ラブリラン」第6話のあらすじ 榊原郁恵がさやかの母役で登場 さやかの町田への思いに変化が…

ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第6話が5月10日、放送される。南さやか(中村さん)の元に、母の恵子(榊原郁恵さん)が訪ねてくる。その目的は、さやかの彼氏に会うことだった。母に心配をかけたくないさやかは、本当のことを打ち明けられず、町田翔平(古川雄輝さん)と今も付き合っているフリをすることに。しかし、さやかは、町田から恋人扱いされるたびに心がザワついてしまい……。

 さらに、恵子の呼びかけで鷺沢亮介(大谷亮平さん)と青山瑞希(片瀬那奈さん)を加えた5人で食事をすることになる……という展開。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第6話の一場面 (C)ytv

「ラブリラン」第5話のあらすじ 記憶を取り戻すため町田とさやかが再現デート

ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜深夜0時9分)の第5話が5月3日深夜、放送される。南さやか(中村さん)は、小笠原杏子(大政絢さん)と町田翔平(古川雄輝さん)のキスを目撃して以来、「早く記憶を取り戻して、町田の部屋を出なきゃ……」と焦っていた。そんな中、さやかの記憶を取り戻すために、杏子から町田と再現デートをしようと提案される。

 町田との同居生活にも、デザイナーとしての仕事にも慣れ、順調な日々を送るさやか。杏子の提案で町田と水族館で再現デートをするが、町田と杏子のお似合いな姿を見て、心のザワつきは増すばかりで……という展開。

 女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介(大谷亮平さん)と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第5話の一場面 (C)ytv

「ラブリラン」第4話のあらすじ 町田の元カノ登場!? さやかとバトル勃発か

ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第4話が4月26日、放送される。南さやか(中村さん)に会うなり突然ビンタをした美女は、人気モデルの小笠原杏子(大政絢さん)だった。実は、杏子と町田翔平(古川雄輝さん)には意外な関係があることが分かる。

 第4話で、さやかはチーフデザイナーの立場でモデルの杏子と一緒に仕事をすることに。そして同じプロジェクトに参加する鷺沢亮介(大谷亮平さん)、青山瑞希(片瀬那奈さん)に、町田、さやかを交えた決起集会が開かれるが、さやかは亮介と瑞希の仲むつまじい姿を見て心がザワつく。杏子は、チーフのさやかにことあるごとに反発し……という展開。

 ドラマは、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第4話の一場面 (C)ytv

「ラブリラン」第3話のあらすじ 片思い相手の亮介とさやかが仕事で対決 ついに告白も…?

ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第3話が4月19日、放送される。デザイナーの南さやか(中村さん)の最終プレゼンの競合相手が、15年間片思いを続ける幼なじみ・鷺沢亮介(大谷亮平さん)であることが判明。さやかは本気で亮介と戦うことになる。そして、ついにさやかは亮介への告白を決意するが……。

 第3話は、デザイナーとして戦うことになった亮介をなおも慕い続けるさやかに、町田翔平(古川雄輝さん)は「(亮介に)便利使いされているだけ」と冷ややかな態度を取る。そんな翔平にさやかは憤りを感じる……というストーリー。

 ドラマは、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作で、30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第3話の一場面 (C)ytv

「ラブリラン」第2話のあらすじ “第3の男”の登場にさやかは驚がく 町田とは再び同棲することに

ドラマ「ラブリラン」第2話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第2話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさん主演の連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第2話が4月12日、放送される。第2話では、主人公の南さやか(中村さん)は記憶が戻るまで、町田翔平(古川雄輝さん)と再び同棲(どうせい)をすることに。そんな中、「さやかと寝た」と言う見知らぬ青年・藤崎隼人(市川知宏さん)が現れ、さやかは驚がくする。幼なじみの鷺沢亮介(大谷亮平さん)、町田に続く“第3の男”の正体とは……。

 第2話では、さやかは、亮介が青山瑞希(片瀬那奈さん)からプロポーズを断られたと知り、亮介への思いも捨てきれずにいた。会社では記憶を失くす前にデザインした広告案が、最終コンペまで残ったと告げられて……というストーリー。

 ドラマは、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作で、30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv

<ドラマ紹介>「ラブリラン」 中村アンが連ドラ初主演で“こじらせ女子”に 古川雄輝、大谷亮平出演のラブコメディー 4月5日スタート

ドラマ「ラブリラン」第1話の一場面 (C)ytv
ドラマ「ラブリラン」第1話の一場面 (C)ytv

 モデルで女優の中村アンさんが連続ドラマ初主演を務める「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)が4月5日、スタートする。女性マンガ誌「Kiss」(講談社)に連載された天沢アキさんの同名マンガが原作で、30歳で“こじらせ女子”の主人公が、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”との間で揺れ動くラブコメディーだ。

 中村さんが、30歳にして男性経験のない地味女子のデザイナー、南さやかを演じ、古川雄輝さんがさやかが勤めるデザイン会社の営業マンの町田翔平役、大谷亮平さんがさやかの幼なじみでデザイナーの鷺沢亮介役で出演。そのほか、片瀬那奈さん、大政絢さんらも出演する。

 第1話は、15年間幼なじみの鷺沢亮介(大谷さん)への片思いをこじらせた結果、30歳にして男性経験のない南さやか(中村さん)は、「私なんてどうせ……」と、恋愛というリングに上がることを拒否し続けてきた。そんなある日、さやかが目を覚ますと目の前には、見知らぬ男が……。パニックのさやかに対して、その男、町田翔平(古川さん)は、2人は付き合っていて同棲をしていると言う。さやかは3カ月間、記憶喪失の状態で、さらになぜか見た目も女子力高めの“ステキ女子”に変身していて……というストーリー。

(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv
(C)ytv

<インタビュー>「ラブリラン」古川雄輝、大谷亮平は地味女子が好み? 中村アンと見どころ語る

連続ドラマ「ラブリラン」に出演する(左から)大谷亮平さん、中村アンさん、古川雄輝さん
連続ドラマ「ラブリラン」に出演する(左から)大谷亮平さん、中村アンさん、古川雄輝さん

 4月スタートの連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系)で主演を務める中村アンさんと共演の古川雄輝さん、大谷亮平さんが、このほど取材に応じた。ドラマは、中村さん演じる主人公、南さやかが記憶喪失になるところからスタート。さやかは記憶を失う前のメガネをかけた地味な雰囲気から、3カ月後にキラキラした派手な女性に変貌を遂げるが、取材でどちらが好みかと聞かれた古川さんは「地味な感じがいいです」と言い、続けて大谷さんは「しまった、かぶった」とコメント。古川さんは「でも、変身した後にメガネをかけている時もあって、どちらかというと、それがベスト」と笑顔でこだわりを語っていた。

 ◇中村アン 男性に「うわっ!」と思った経験をよみがえらせて…

 ドラマは、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)に連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。15年思い続けている幼なじみの鷺沢亮介(大谷さん)と記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”の町田翔平(古川さん)との間で揺れ動くさやかの恋心を描く。

 中村さんは、30歳で男性経験がないさやかを演じる上で「私は女子中、女子高、女子大で、15、16歳のころに男性と関わって『うわっ』って思った時があったので、その時の記憶をよみがえらせながら感情を引き出しています」と役作りについて語った。

 さやかと自身の共通点については「正直、私とは正反対です」と明かし、「でも、私は高校、大学とチアリーディングをやっていたんですけど、そこに至るまでは思っていたことを言えなかった。恋愛に対しても一歩踏み出せなかった。臆病だった感じは似ていると思うところもありますね。変わりたいという気持ちはすごく似ているのかなと思いますし、共感できます」と話した。

 古川さんは、自身が演じる町田に対して「僕は、ほぼほぼ一緒です。特にちゃんと自分の気持ちを伝えられないところは近いかなという気がします」と自然体で演じられている様子。続けて、大谷さんは、亮介との共通点を「女性に優しいところ」とちゃめっ気たっぷりに話していた。

 ◇大谷亮平は「同性から見てカッコいい」

 お互いに印象について、中村さんは「古川君はちょっと口数が少ないですけど、話しかけたら話してくれる(笑い)。距離感が町田君とさやかの感じ……。いい距離感がすごく心地いいですね。大谷さんとは(役柄が)幼なじみで、15年間好きだったというのもありますし、お兄ちゃんっぽい感じです。すごく笑顔が印象的」と語った。

 古川さんは、共演が「ほぼ初めてくらい」という大谷さんに対して「大人の男性って感じ。同性から見てカッコいいタイプの人だなと思います」と印象を語った。一方、大谷さんは古川さんに対して「古川さんは普段の感じが本当に町田って感じなんですよね。クールな町田とマッチしている。しゃべる時はいろいろしゃべってくれるので、これから別の部分を掘り下げていきたいなと思っています」と話していた。

 中村さんは「この春にピッタリなドラマで、何かを変えたい、変わりたい、一歩踏み出したいという人たちに見てほしいです。恋愛でも仕事でも、やっぱり年齢は関係なく、前に進む皆さんに何か伝わったらいいなと思います。いいものを作りたいと私も皆さんと力を合わせて頑張っていますので、ぜひ見ていただけたらなと思います」とアピールしていた。

 「ラブリラン」は、4月5日から毎週木曜午後11時59分に放送。

ラブリラン
ラブリラン

片瀬那奈、中村アンの“恋のライバル”に 大政絢らと新ドラマ「ラブリラン」出演 追加キャスト発表

4月スタートの連続ドラマ「ラブリラン」に出演する片瀬那奈さん
4月スタートの連続ドラマ「ラブリラン」に出演する片瀬那奈さん

 女優の片瀬那奈さんが、4月スタートの連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演することが3月15日、分かった。片瀬さんが演じるのは、中村アンさん扮(ふん)する主人公・南さやかの恋のライバルとなるイラストレーターの青山瑞希。また、女優の大政絢さんが、同じくさやかの恋のライバルであるトップモデル・小笠原杏子役で出演することも発表された。

 ドラマは、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)に連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。15年思い続けている幼なじみ・鷺沢亮介(大谷亮平さん)と記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”の町田翔平(古川雄輝さん)との間で揺れ動くさやかの恋心を描く。

 さらに追加キャストとして、佐津川愛美さんがさやかの親友で、ルームシェアしていた宇野友美役、村杉蝉之介さんが町田の行きつけのバーのマスター・前島悟郎役、ふせえりさんがさやかが働くデザイン会社社長の泉智子役、小松利昌さんがさやかの良き理解者でもある看板デザイナーの菅野太一郎役、市川知宏さんが記憶喪失中にさやかと何かがあった美容師の藤崎隼人役、渡部秀さんが後輩デザイナーの佐山大輔役で出演する。

 ドラマは、4月5日から毎週木曜午後11時59分から放送。

 ◇片瀬さんのコメント

 ――今回演じるイラストレーター青山瑞希はどんな女性ですか。

 青山瑞希は、とにかくできる人です。仕事もプライベートも完璧。あまりにもすてきすぎるので裏があるのではないかと私もまだ疑っているところです。

 ――どのように演じるか、イメージは膨らんでいますか。

 劇中では、(中村)アンちゃん演じるさやかが「瑞希には勝てないなぁ……。でも一緒にいるとホッとするお姉ちゃん」と思うような存在になれたらいいなと思っています。そして、初共演の大谷さん。すてきなパートナー像が描けそうです。

 ――記憶喪失が題材になったドラマですが、失いたくない思い出があったら教えてください。

 失いたくない思い出は全てです……。

 ――間もなくクランクインを迎えますが、今の気持ちをお聞かせください。

 台本を読むのが楽しくてワクワクしてます。なにより、「シューイチ」のメンバーだった中村アンちゃんとドラマで共演できることがうれしい限りです。

 ――最後に視聴者にメッセージをお願いします。

 ラブリランを見て、いちいちキュンとして、たまに勇気をもらい、たまに泣き、思いっきり笑っていただけたら幸いです。

 ◇大政さんのコメント

 ――今回演じるトップモデル小笠原杏子はどんな女性ですか。自分と似ていると感じるところはありますか。

 表現の仕方は杏子とは違うかもしれませんが、熱い気持ちで何事にも向き合っているところは似ていると思います。

 ――どのように演じるか、イメージは膨らんでいますか。

 モデルの世界の杏子、一人の女性としての杏子、二つの顔を分けながら演じていきたいです。

 ――記憶喪失が題材になったドラマですが、失いたくない思い出があったら教えてください。

 たくさんあって悩みます……。今いる家族、友達、仕事でお世話になってる方々の顔や名前を忘れるのはとてもつらいなと思います。

 ――間もなくクランクインを迎えますが、今の気持ちをお聞かせください。

 現場にお邪魔するのが今からドキドキなんですが、杏子を通して、いろんな感情を表に出し、物語をかき乱していければなと思ってます!

 ――最後に視聴者にメッセージをお願いします。

 杏子は芯がきちんと通っていて、まっすぐ自分の思ってることを人に伝える女性なので、その思いっきりが気持ちいいなと思ってもらえるよう、大胆に演じていきたいなと思ってます! ぜひ、ラブリランを見てドキドキしていただきたいです!

ラブリラン
ラブリラン
ラブリラン
ラブリラン
ラブリラン
ラブリラン

中村アン、30歳の“こじらせ女子”役で連ドラ初主演 古川雄輝&大谷亮平と三角関係に ドラマ「ラブリラン」2018年4月スタート

4月スタートの連続ドラマ「ラブリラン」で主演を演じる中村アンさん=読売テレビ提供
4月スタートの連続ドラマ「ラブリラン」で主演を演じる中村アンさん=読売テレビ提供

 モデルで女優の中村アンさんが、4月スタートの連続ドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系)で主演を務めることが3月4日、明らかになった。中村さんは連ドラ初主演となる。主人公の地味な女性・南さやかを演じる中村さんは「連ドラ初主演、私も南さやかと同じ30歳。私もさやかと同じように日々奮闘し、このドラマに懸ける思いが非常に強く覚悟を決めて臨みます」と意気込みを語っている。また、古川雄輝さんと大谷亮平さんが出演することも発表された。

 ドラマは、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)に連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。15年思い続けている幼なじみ・鷺沢亮介(大谷さん)と記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”の町田翔平(古川さん)との間で揺れ動くさやかの恋心を描く。

 15年間も亮介への片思いをこじらせ、30歳になっても男性経験がないさやかは、恋愛というリングに上がることを拒否し続けていた。そんなある日、さやかが目を覚ますと目の前には見知らぬ翔平という男の姿が。翔平はさやかと付き合って同棲しているという。どうやらさやかは3カ月間の記憶をなくしていて……というストーリー。さやかと翔平、亮介の恋愛模様に加え、地味だったさやかが女性として成長していく姿が見どころになるという。

 ◇中村アンさんのコメント

 --今回のドラマとご自身の役どころの印象を教えてください。

 南さやか、30歳、男性経験のない“こじらせ女子”です。15年間も片思いした相手と結ばれることを夢見ているのですが、なかなか一歩を踏み出せない、ピュアで地味なさやかを応援したくなりましたし、共感できるところもありました。

 --ドラマでは主人公が大切な記憶をなくしますが、中村さんはなくしたくない思い出がありますか? あればどんな思い出か教えてください。

 高校、大学とチアリーディングをしていたのですが、特に高校3年生の最後の大会は、1週間前にけが人が出てしまい、絶望的だったのですが、諦めずに頑張って無事全国大会に出ることができました。あの時の“何があっても絶対諦めない!”という気持ち、記憶は失いたくないです。

 --今作に懸ける意気込みと視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

 連ドラ初主演、私も南さやかと同じ30歳。私もさやかと同じように日々奮闘し、このドラマに懸ける思いが非常に強く覚悟を決めて臨みます。地味な見た目のさやかから華やかな見た目に変身するさやかですが、内面は同じままなのでとても難しいですが、変わっていく彼女の姿をしっかり表現できるように頑張ります!

 ◇古川さんのコメント

 --今回のドラマと自身の役どころの印象をお教えください。

 主人公が記憶喪失になることによって三角関係になる、新感覚なラブストーリーになってます。一見無愛想でドSキャラな町田ですが、主人公のさやかに対して優しさも見せるツンデレ!といった印象です。

 --今作に懸ける意気込みと視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

 原作の町田のイメージを大切に役作りしたいと思います。皆様に楽しんでいただける作品になるよう、これからの撮影を頑張ります。

 ◇大谷さんのコメント

 --今回のドラマと自身の役どころの印象をお教えください。

 鷺沢はデザイン会社に勤めるヒロインの幼なじみ。お兄ちゃんのような優しさや温かさを持った男だと思います。

 --今作に懸ける意気込みと視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

 幼なじみ同士の恋愛関係を演じるのは初めてですが、徐々に揺れ動く思いの中、どのように進んでいくのか、その心情を大切に演じたいと思います。ヒロインが新たな自分に生まれ変わろうとする姿と新しいスタートを切るまさにこの季節に合った春らしいドラマだと思います。ぜひお楽しみに!

 ドラマは、4月5日から毎週木曜日午後11時59分放送。

中村アンさんが演じる南さやか=読売テレビ提供
中村アンさんが演じる南さやか=読売テレビ提供
=読売テレビ提供
=読売テレビ提供
=読売テレビ提供
=読売テレビ提供
15

/15

目次

ラブリラン読売テレビ・日本テレビ系
2018年4月5日から毎週木曜日午後11時59分放送