未解決の女 警視庁文書捜査官 視聴率

<視聴率>波瑠主演ドラマ「未解決の女」初回視聴率14.7%の好発進

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の制作発表会見に登場した波瑠さん
連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の制作発表会見に登場した波瑠さん

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の初回が4月19日に放送され、平均視聴率は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、好スタートを切った。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事・矢代朋(波瑠さん)が、対人関係が苦手で“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む姿が描かれる。

 第1話は、中山美穂さん、風間俊介さん、渡辺いっけいさんらがゲストで出演。無鉄砲な熱血捜査で負傷した朋が、復帰早々に窓際部署の文書解読係に異動を命じられ、無愛想な理沙らとともに、新部署で働き始める。そこへ強行犯係の刑事たちから連続変死事件の被害者である女性2人の遺書が持ち込まれる。理沙は犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係の刑事たちは懐疑的で……という展開だった。

<視聴率>「未解決の女」第2話視聴率は12.8%

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が4月26日に放送され、平均視聴率は12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事・矢代朋(波瑠さん)が、対人関係が苦手で“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む姿が描かれている。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、光石研さん、遠藤憲一さんらも出演している。

 第2話は、大手企業の社長の娘が連れ去られ、1億円の身代金を要求される誘拐事件が発生。誘拐された中学生の幸田遥花(畑芽育さん)は、電話口で「かもめ」とだけ口にした。すると理沙は12年前の未解決事件を思い出す。そして身代金の受け渡し役に任命された朋だが、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に気づかれてしまう。身代金は奪われ、人質も解放されないという最悪の事態を招く……というストーリーだった。

<視聴率>「未解決の女」第3話視聴率は11.6%

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話が5月3日に放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事・矢代朋(波瑠さん)が、対人関係が苦手で“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む姿が描かれている。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、光石研さん、遠藤憲一さんらも出演している。

 第3話は、5年前に大学教授・塚本秀平(吉田栄作さん)の下で百人一首を研究していた大学生の佳織(福原遥さん)が、百人一首の札を握ったまま刺殺され、犯人が分からないまま未解決事件になった。5年後、腕に「MISEBAYANA」というタトゥーのある男が殺される。その男は佳織と交際していた会社員・与田秀樹(深水元基さん)と判明。二つの事件の関連、そして犯人は? 矢代朋(波瑠さん)が捜査を開始すると、佳織が持っていた百人一首の箱に“間違ったもの”が入っていたという情報を得る。さらに、佳織の日記に頻繁に出て来る言葉を分析した鳴海理沙(鈴木さん)は、佳織の知られざる一面を推察する……という展開だった。

<視聴率>「未解決の女」第4話視聴率は12.7%と再び上昇で好調キープ

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が5月10日に放送され、平均視聴率は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第3話の11.6%から1.1ポイント上昇し、好調をキープした。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事・矢代朋(波瑠さん)が、対人関係が苦手で“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む姿が描かれている。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、光石研さん、遠藤憲一さんらも出演している。

 第4話は、ショップ店員の長瀬真智(吉井怜さん)が山中の橋から転落して意識不明の重体になった。その女性の車から採取された毛髪のDNAが、15年前に行方不明になった主婦・藤田里美(真飛聖さん)と一致。里美は代議士の夫・晃一(堀部圭亮さん)と息子2人と共に祭りに行き、神隠しのように姿を消してしまった。朋は捜査に乗り出し、真智の車から見つかった9桁の数字が蔵書の資料コードだと推測する。そして理沙は、里美が息子たちに託した手書きのレシピを見て「字が泣いている」と言い出す……という展開だった。

<視聴率>「未解決の女」第5話視聴率は11.5%

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が5月17日に放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事・矢代朋(波瑠さん)が、“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、光石研さん、遠藤憲一さんらも出演している。

 第5話は、厚生労働省の官僚・須賀勇蔵(児玉頼信さん)が、腹部大動脈りゅう破裂で死亡し、体内からモスキートペアンが見つかる。須賀は5年前に松河総合病院で大腸がん手術を受けており、ペアンはその際に放置されたものとみなされる。思わぬ形であぶり出された5年前の医療ミス疑惑が、一つの未解決事件にも光を当てる。実は手術の1週間後、同院の放射線技師・中尾勲(町井祥真さん)が刺殺される事件も起こっていた。当時、警察が手掛かりにしたのは中尾が最期に残した一文字の血文字の「も」だった。捜査は思いのほか難航し、事件は未解決になっていた……という展開だった。

<視聴率>「未解決の女」第6話視聴率は12.7%

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第6話が5月24日に放送され、平均視聴率は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事・矢代朋(波瑠さん)が、“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、光石研さん、遠藤憲一さんらも出演している。

 第6話は、朋の高校時代の同級生で6年前に何者かに殺された遠藤千鶴役で板野友美さんがゲスト出演。ダンサーの千鶴(板野さん)が鉄パイプで頭部を殴打され、殺害される事件が発生した。警察が捜査するも、手がかりは見つけられぬまま、時が過ぎていった。その6年後、朋は高校の同窓会に参加し、再会した磯野賢治(柳下大さん)から、千鶴を殺した犯人が分かったかもしれないと耳打ちされる。ところが3日後、磯野がカフェバー内で何者かに刺殺され……という展開だった。

<視聴率>「未解決の女」第7話視聴率は13.4%

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7話が5月31日に15分拡大版で放送され、平均視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事、矢代朋(波瑠さん)が、“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事の鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、光石研さん、遠藤憲一さんらも出演している。

 第7話は、次週の最終回につながる最終章。2003年秋に警備会社の現金輸送車が襲われて3億円が強奪される事件が発生。遺留品はわずかで迷宮入りする。それから15年後、東京都内で男性の死体を見つけたという通報が入り、警察官が駆けつけると、そこに残されていたのは不可解なカードと2000円札のみ。死体は跡形もなく消えており、その後1キロ離れた路上で発見されるという奇怪な事件が起こる。そして、現場にあった2000円札は、3億円強奪事件で盗まれたものという驚きの事実が判明する。

 未解決事件が絡んだことで、矢代朋らも捜査に参加し、カードの解読は鳴海理沙に託される。理沙は、アルファベットと記号が1字ずつ印刷された全9枚のカードを精査し「RISK(危険),HELP(助けて)」というメッセージを読み取る。そんな中、メッセージの発信者をめぐって、朋が突拍子もない推理を提示する……という展開だった。

未解決の女 警視庁文書捜査官テレビ朝日系
2018年4月16日から毎週木曜午後9時放送