今日から俺は!! ニュース

「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で作品賞 新人賞に磯村勇斗

「第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の作品賞を受賞した「今日から俺は!!」のビジュアル
「第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の作品賞を受賞した「今日から俺は!!」のビジュアル

 “質の高いドラマ”を表彰する「第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が2月1日発表され、西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)が作品賞を受賞したことがわかった。また、同作で開久高校の相良猛役を演じた俳優の磯村勇斗さんは新人賞を受賞した。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トゲトゲ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

 「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」は、oricon ME発行の週刊エンターテインメントビジネス誌「コンフィデンス」が実施する、“質の高いドラマ”を表彰する賞。2018年10月期に放送された主な地上波ドラマ計32作品が審査対象で、実際の視聴者によるドラマ視聴者満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関連する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ当者による審査員意見をもとに、各賞が決定する。

 ◇作品賞 「今日から俺は!!」プロデューサーの高明希さん

 作品賞はドラマ全体が評価されていただける賞。脚本を書いて演出をして、世界観を固めてくださった福田雄一さん、それをすべて映像に残そうと現場でエネルギッシュに演じてくれた役者さんにスタッフ、そして、主題歌との出会いや、ドラマを楽しんでくれた視聴者のみなさんへの賞です。すべてが縁でつながって、輪になって広がっていきました。

 親子の会話につながるファミリー向けのエンタテインメントを目指して、福田さんと「こうなってほしい」と話していたことが、ことごとく実現したドラマでした。すべてのめぐり合わせがよかった作品です。本当にうれしいの一言です。ありがとうございました。

出演は平均40秒 超豪華SPゲストの心意気! 出演シーンを振り返る

連続ドラマ「今日から俺は!!」の最終話にゲスト出演した山崎賢人さん(中央)。左は賀来賢人さん、右は伊藤健太郎さん(公式Instagramから)
連続ドラマ「今日から俺は!!」の最終話にゲスト出演した山崎賢人さん(中央)。左は賀来賢人さん、右は伊藤健太郎さん(公式Instagramから)

 12月16日の放送で最終回を迎えた連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)。西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化し、主演の賀来賢人さんをはじめとした若手俳優陣の芝居合戦はもちろんのこと、サプライズで登場したスペシャルゲストも大きな話題となった。各話1シーンのみで登場した豪華ゲストの出演時間(画面に登場した時間)を計測し平均時間を算出したところ、約40秒だった。ここでは、1分に満たない出演時間で存在感を発揮したスペシャルゲストを振り返ってみたい

 ◇小栗旬の「クローズZERO」、柳楽優弥の「アオイホノオ」パロディーにファン歓喜!

 第1話では、放送開始から約2分で俳優の小栗旬さんが登場。三橋(賀来さん)と伊藤(伊藤健太郎さん)が“ツッパリ”デビューをするために訪れた理髪店の店員役で出演した。小栗さんは、主演映画「クローズZERO」で演じた滝谷源治(げんじ)をほうふつとさせる髪形で、理髪店の名前は「ヘアーサロンGENJI」。さらにせりふには「百獣の王」(「クローズZERO」で山田孝之さんが演じた芹沢多摩雄の異名)というワードも飛び出し、「小栗旬のクローズネタとか最高」「速攻で小栗旬出てきて、クローズネタぶっ込んできて、控えめに言ってやっぱ福田作品最高」と反応する視聴者も見られた。

 第3話では、またも放送開始早々に、俳優の柳楽優弥さんが本屋の書店員役で登場した。柳楽さんは、主演ドラマ「アオイホノオ」で演じた焔(ほのお)モユルをほうふつとさせる姿で三橋の前に現れた。「サンデー」で「うる星やつら」を読んでいるという三橋に作者の高橋留美子さんについて語ったり、あだち充さんの「タッチ」について語る場面もあった。

 SNSでは「ホノオくんがまんま出てるしぃーっ!」「きゃー!! 柳楽くん! まさかあの役とは」と驚きの声が続出。さらに、「『今日から俺は!!』でまさか高橋留美子先生の名前を聞くなんて。しかも連呼ww」「あだち充だって!!!? 南ちゃあああん!!!」と歓喜する視聴者も見られた。また、「アオイホノオ」で森永とんこを演じた女優の山本美月さんが第3話放送中に自身のTwitterで「ホノオくん!」とつぶやいたことも話題となった。

 ◇ぱるるの竹の子族も話題に! パロなくともインパクト

 第4話では、俳優の橋本じゅんさんが、口笛がうまく吹けない喫茶店のマスター役で登場。橋本さんは「劇団☆新感線」所属に所属しており、主演の賀来さんとは2015年に舞台「五右衛門vs轟天」で共演した。福田監督は同舞台のステージに立つ賀来さんを見て「変わった」と感じたといい、「(賀来さんは)古田新太、池田成志、橋本じゅんにもまれながら半年間やって、ちゃんとお客さんの反応も取っていた。あまりにも激しすぎる武者修業を経て、帰ってきた彼は別人だった」と語っている。

 続く第5話では、女優の島崎遥香さんが、1980年代にブームとなった竹の子族の姿で出演。SNSでは「竹の子族! ぱ、ぱるる……?」「一瞬だけど可愛すぎた」「もっと見たかった」と反響があがった。また、同話冒頭では原宿の「クリームソーダ」というワードも飛び出し、「原宿クリームソーダとか竹の子族とか出て懐かし~」「竹の子族とクリームソーダで初っぱなから噴いた」と懐かしむ声も見られた。

 第6話では高橋克実さんがヤクザの組長役で、「今井監禁編」を描いた第7話では横山歩君が今井(太賀さん)をおちょくる男の子の役、池谷のぶえさんが三橋を怒鳴りつけるおばさんの役で登場。パロディーこそなかったものの、ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」や「勇者ヨシヒコ」シリーズなどに出演した福田組のメンバーがワンシーンでインパクトを残した。

 ◇アク強い山田孝之、“マブい”浜辺美波、怒鳴る新井浩文…SPゲストもカオス!

 第6話では、山田孝之さんの登場も話題となった。山田さんは、ムロツヨシさん演じる教師・椋木が訪れた風俗店の店員役で出演。そのアクの強いキャラクターにSNSでは「山田孝之の表情ヤバすぎだろ」「役がもうまじで草」といったコメントが並んだ。また、山田さんとムロさんという、福田監督が手がけたドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズでおなじみの2人の共演に「山田孝之とムロツヨシ。ヨシヒコだ」「山田孝之出たらもはやヨシヒコやん」と反応する視聴者もいた。

 第8話では、それまで登場回、役柄がシークレットだった中、放送前に浜辺美波さんの登場とビジュアルが公開された。公式Twitterでは「マブすぎるあまり、スペゲスを異例の先出ししてしまった」とのつぶやきがあり、その告知通り、浜辺さんが聖子ちゃんカットの新入生役で登場した。SNSでは「超絶可愛い!」「可愛さが段違い」「めちゃ女神」「浜辺美波の聖子ちゃんカット可愛すぎ。最強」「あんなに聖子ちゃんカット似合う子いる!?」と、絶賛の声が続出した。

 第9話では、中盤で新井浩文さんが八百屋の店員役で登場。三橋と伊藤を大声で怒鳴るシーンがあり、「新井さんがあんなに大声で叫ぶだなんて!」という声や「新井くんまさかの八百屋」「新井さん、八百屋さんがハマってる」「新井浩文! 似合う!!」という声も見られた。

 ◇最終話で“ツッパリ”山崎賢人、“ヤクザ”堤真一

 最終話では、エンディング前のラスト約30秒で俳優の山崎賢人さんが登場。SNSでは「まさかの最後に山崎賢人」「最高じゃん!!」「最後の最後で山崎賢人はずるい」「最後の数秒のために山崎賢人使うとか贅沢(ぜいたく)すぎ」と興奮気味の声が続々とあがった。山崎さんは、相良(磯村勇斗さん)の後に開久の頭になったリーゼント姿のツッパリを演じ、三橋と伊藤にけんかを売る様子が描かれ、「やばかったー!!! かっこよすぎた」「めっちゃかっこいいやん」という絶賛のコメントが並び、新たな敵の登場に「続編あるやろ」「山崎賢人が出てきてあれで終わるわけがない」と期待を寄せるコメントも見られた。

 同話では、俳優の堤真一さんもサプライズ出演。ヤクザ・月川(城田優さん)と敵対するヤクザ役で登場し、SNSでは「堤さんきた!!」「堤真一かっけえなあ!」「悪役の堤真一かっこよすぎ」といった反響があった。また、堤さん演じるヤクザはうまい棒のような棒状の菓子を葉巻のように吸っており「それ、うまい棒じゃ?」「堤真一はうまい棒で吹かす!」「堤さん面白すぎ」というコメントが並んだ。

 番組プロデューサーの高明希さんは、放送前の取材で今回のスペシャルゲストの参加は「福田さんと賀来賢人がGP(ゴールデンプライム)帯でドラマをやるということに対して、また、若い衆がこれだけ全面的に出て面白いことをやろうとしていることに対して『いっちょ応援してやろう』という心意気みたいなものがあった。それが、いろいろな方々の参加につながったと思います」と明かした。その心意気を感じながら、全話配信中の「Hulu」で見返したり、2019年4月発売のBDやDVDを待つのもいいかもしれない。

最終回に「サイコーかよ」と絶賛の嵐 続編、映画化求む声続々 <SNS反響>

連続ドラマ「今日から俺は!!」の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」の一場面=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の最終話が12月16日に放送され、SNSでは「今日から俺は!! サイコーかよ」「良いドラマすぎて泣けた」「ほんまに感動」「本当に毎週面白かった」といった絶賛や、「今日から俺は!!終わるとか楽しみなくなんじゃん」「終わってしまったぁ! 寂しい」といった“ロス”の声が相次いだ。

 最終話では、三橋(賀来賢人さん)、伊藤(伊藤健太郎さん)らツッパリたちがヤクザと戦う姿や、理子(清野菜名さん)や京子(橋本環奈さん)を守りながら開久の相良(磯村勇斗さん)と対峙(たいじ)するストーリーが描かれた。さらに、エンディング直前には、俳優の山崎賢人さんが新たな開久の頭になったツッパリ役で登場し、SNSでは「これ絶対続編あるやん」「映画化か続編は来るってこの胸に信じてる」「映画化待ってます。続編待ってます」と続編や映画化を切望する声もあがった。

“京子”橋本環奈、最後まで“ぶりっ子”発揮 「可愛すぎた」「京ちゃんロス」の声 <SNS反響>

橋本環奈さん
橋本環奈さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の最終話が12月16日に放送された。同話終盤では、橋本環奈さん演じる京子が“ぶりっ子”キャラを発揮し、伊藤(伊藤健太郎さん)がデレデレするというバカップルぶりが描かれ、SNSでは「伊藤&京子カップル可愛すぎる」「伊藤との2人のやりとり好きやった」「このイチャイチャも見られなくなると思ったら寂しい」「京ちゃんロス」といったコメントが並んだ。

 同シーンでは、ケガでボロボロになった伊藤の元に京子が駆けつけ、「痛いの、痛いの、飛んでけー」という場面が描かれ、「橋本環奈の『痛いの痛いの飛んでけ~!』は可愛すぎる」「環奈ちゃんにされたらもう一瞬で痛み飛んでっちゃう」「マジでキュンとしちゃう」「最後まで橋本環奈ショーだった」「橋本環奈が可愛すぎて内容が入らない」と絶賛の声もあがっていた。

ラスト30秒の山崎賢人登場に「最後の最後にずるい」 堤真一に「かっこよすぎ!」の声も(ネタバレあり) <SNS反響>

山崎賢人さん(左)と堤真一さん
山崎賢人さん(左)と堤真一さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の最終話が12月16日に放送され、エンディング前のラスト約30秒で俳優の山崎賢人さんが登場した。SNSでは、「まさかの最後に山崎賢人」「最高じゃん!!」「最後の最後で山崎賢人はずるい」「最後の数秒のために山崎賢人使うとか贅沢(ぜいたく)すぎ」といった声があがった。

 山崎さんは、相良(磯村勇斗さん)の後に開久の頭になったリーゼント姿のツッパリ役でサプライズ登場。三橋(賀来賢人さん)と伊藤(伊藤健太郎さん)にけんかを売る様子が描かれ、SNSでは「やばかったー!!! かっこよすぎた」「めっちゃかっこいいやん」「似合う。最高」という絶賛のコメントが並んだ。また、新たな敵の登場に「続編あるやろ」「山崎賢人が出てきてあれで終わるわけがない」と期待を寄せるコメントも見られた。

 同話では、俳優の堤真一さんもサプライズ出演。ヤクザ・月川(城田優さん)と敵対するヤクザ役で登場し、SNSでは「堤さんきた!!」「堤真一かっけえなあ!」「悪役の堤真一かっこよすぎ」といった声があがった。また、堤さん演じるヤクザはうまい棒のような棒状の菓子を葉巻のように吸っており「それ、うまい棒じゃ?」「堤真一はうまい棒で吹かす!」「堤さん面白すぎ」というコメントが並んだ。

<テレビ試写室>「今日から俺は!!」 つっぱる男は最強にカッコイイ! 最終回は“泣き笑い”必至!?

連続ドラマ「今日から俺は!!」最終話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」最終話の一場面=日本テレビ提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は12月16日午後10時半から放送される、西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の最終話だ。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディーだ。

 最終話では、三橋と伊藤の前に過去最強の敵が現れる。それは、圧倒的強さを誇るヤクザ・月川(城田優さん)。月川は今井(太賀さん)をボコボコにし、伊藤にも襲いかかる。長身の城田さん演じる月川の迫力はすさまじいものがあり、「こんなヤツには勝てねぇ……!」と思わされる。でも、そんな最強の敵も三橋なら……と思っていると、当人はまさかの「今日から俺はツッパリやめます」宣言。一体どうなるんだ!?とハラハラの展開が描かれる。

 もちろん、そんな中にも笑える要素はしっかりとある。今井は変わらず愛すべきバカだし、つい先日ドラマ「大恋愛」で多くの視聴者を泣かせたばかりのムロツヨシさん演じる椋木先生は強烈なキャラを発揮する。また、佐藤二朗さん演じる理子(清野菜名さん)の父・哲夫と、真面目君に変貌した三橋との絡みも見逃せない。第1話からそうだったが、「今日から俺は!!」を見ていると、胸キュンしたり、ハラハラしたり、爆笑させられたりと感情が忙しいのだ。

 そして、最終回で最も感じたのはツッパリたちのかっこよさだ。仲間を守り、大切な女を守り、筋を通す(三橋は卑怯なこともするが)。その男気には、一瞬ウルっとさせられた。ドラマの主題歌の「男の勲章」の歌詞にあるように、つっぱることはきっと男の勲章で、前時代的であろうが、古くさかろうが、心動かされる。ツッパリたちの最後の大暴れに注目だ。

ついに最終回! 激アツなクランクアップ写真一挙公開! 福田監督「まだたくさんやれることあるなあ」

連続ドラマ「今日から俺は!!」のクランクアップを迎えた賀来賢人さん(左)と太賀さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」のクランクアップを迎えた賀来賢人さん(左)と太賀さん=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)のクランクアップの模様を収めた写真が12月15日、一挙に公開された。主演の賀来賢人さんをはじめ、伊藤健太郎さん、清野菜名さん、橋本環奈さん、太賀さん、矢本悠馬さん、若月佑美さんらキャストが笑顔でクランクアップを迎えた写真などが公開された。

 福田監督は、「最終回の編集を終えた時、不思議と寂しさはありませんでした。また、この素晴らしいメンバーとは会えるような気がしたので。何の根拠もないのですが(笑い)。とにかく、まだたくさんやれることあるなあという気分です。あとは日テレさん次第ですかね(笑笑)」とコメントを寄せている。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

新井浩文が「まじで一瞬」登場 まさかの役に「似合う」の声も(ネタバレあり)<SNS反響>

新井浩文さん
新井浩文さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第9話が12月9日に放送され、俳優の新井浩文さんが登場した。物語中盤で突然姿を現し、数十秒の登場だったため、SNSでは「新井さんキター」「新井浩文まじで一瞬w」「新井パイセン出てるー!! 不意打ち」「新井浩文の無駄遣い」といった声があがった。

 新井さんは、八百屋の店員役で登場。商店街の人々に“カツアゲ”をしたとぬれぎぬを着せられた三橋(賀来賢人さん)と伊藤(伊藤健太郎さん)に「どの面さげて戻ってきてんだよ!」などと大声で怒鳴るシーンがあり、「新井さんがあんなに大声で叫ぶだなんて!」という声や「新井くんまさかの八百屋」「新井さん、八百屋さんがハマってる」「新井浩文! 似合う!!」というリアクションも見られた。

 新井さんは3日に自身のTwitterで「今日から俺は!!豪華なSPGが爪痕を残していくなか、往復4時間かけて撮影30分くらいで終わった小生は、福田組のパロもなく、強烈なキャラもなく、ただただ大きい声を出して撮影を終了している事をここに報告しておきます」とツイートしており、SNSには「新井さん本当に叫んで終わったな」といった声もあった。

橋本環奈のデレデレ&変顔の豹変ぶりが「ホントすげえ」と話題 <SNS反響>

橋本環奈さん
橋本環奈さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第8話が12月2日に放送された。女優の橋本環奈さん演じる“女番長”京子が、思いを寄せる伊藤(伊藤健太郎さん)の前で“ぶりっ子”した直後に、顔を思い切り崩した変顔でガンを飛ばす“豹変(ひょうへん)”する姿に、視聴者からは「橋本環奈ほんと可愛すぎない? なのに全力変顔の演技もできるしほんとすげえ」「豹変っぷりがすごすぎて、たくさんの人に知ってもらいたい」と絶賛の声が上がった。

 ドラマは、橋本さん演じる京子のぶりっ子や変顔が毎話話題となっているが、その全力の演技に「可愛いのに振り切った演技最高。原型崩れる変顔、尊敬すらする」「橋本環奈ちゃんの変顔世界一可愛い」「変顔すてきすぎ」とSNSでは変顔への敬意を示したコメントも見られた。

“聖子ちゃんカット”浜辺美波登場に「可愛さが段違い」「めちゃ女神」と反響(ネタバレあり)<SNS反響>

浜辺美波さん
浜辺美波さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第8話が12月2日に放送され、冒頭で女優の浜辺美波さんが“聖子ちゃんカット”姿で登場。SNSでは「超絶可愛い!」「可愛さが段違い」「めちゃ女神」「浜辺美波の聖子ちゃんカット可愛すぎ。最強」「あんなに聖子ちゃんカット似合う子いる!?」と絶賛の声があがった。

 浜辺さんは、主人公の三橋(賀来賢人さん)らが通う軟葉高校の新入生として登場。3年生に進級した三橋に急に“モテ期”が訪れ、新年生の黄色い声を浴びる。浜辺さん演じる新入生は、廊下を通る三橋に「やだ、かっこいい!」とときめく役どころだった。登場時間も短かったため「なんてぜいたくに浜辺美波を使うんだ」という声も。浜辺さんの出演はドラマの公式Twitterで明かされており、浜辺さん自身も「今日から俺は!! 必死に探してあげてください。」とツイートしていたこともあり、SNSでは「見っけ! 可愛いから勝手に光ってます」「見つけました!!!」と反応する人も見られた。

今井監禁編で名作マンガパロ 太賀があのキャラに 「ここでぶっ込むか」「たまげた!」と反響(ネタバレあり) <SNS反響>

連続ドラマ「今日から俺は!!」第7話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」第7話の一場面=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第7話が11月25日に放送され、太賀さん演じる今井と清野菜名さん演じる理子による名作マンガ「あしたのジョー」のパロディーが展開され、SNSでは「ここで『あしたのジョー』のパロディーぶっ込むかよ」「まさかのあしたのジョー!」と反響があがった。

 同話は、原作ファンの間でも“神回”と言われるほどに絶大な人気を誇る通称「今井監禁編」が描かれた。パロディーが登場したのは、廃ビルに監禁された今井が喉が渇いた末に見た夢のシーン。今井が「あしたのジョー」の力石徹、理子が白木葉子に扮(ふん)して、葉子が減量中の力石に白湯(さゆ)を渡す名シーンのパロディーが展開した。「力石徹のテーマ」も流れ、視聴者からは「まさかの『力石徹のテーマ』が聞けるとはたまげた!」「今の若い子は知らんって(笑い)」「力石ィイィイ!!」と興奮気味の声も見られた。

 今井と三橋の壮絶なバトルが描かれた同話では「今井君の大活躍で私の腹筋が壊れる」「三橋と今井に涙が出る。あほすぎる。好きすぎる」「今井vs三橋がアホすぎて眠気覚める」「今井が可愛すぎる」「今井尊い」「今井君養いたい」と“神回”へ絶賛の声も多く挙がった。スペシャルゲストとして、女優の池谷のぶえさん、横山歩君が登場した。

<テレビ試写室>「今日から俺は!!」 “今井”太賀がいとおしくなる… 伝説の「監禁回」がついに登場

連続ドラマ「今日から俺は!!」第7話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は11月25日午後10時半から放送される、西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の第7話だ。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディーだ。

 今回は、原作ファンの間でも“神回”と言われるほどに絶大な人気を誇る通称「今井監禁編」の登場だ。原作では「三橋VS.今井」というサブタイトルが付いており、たしかに三橋と、太賀さん演じる今井の戦いが描かれるのだが、「ツッパリらしく拳で勝負」ではなく、けんかとはひと味違った壮絶なる攻防が展開する。

 今井は、あることをきっかけに三橋の復讐(ふくしゅう)心に火を付け、廃ビルに監禁されてしまう。この廃ビルを舞台に繰り広げられるバトルには、悪魔的なほどにひきょうな三橋の「絶対敵に回しちゃいけない」感と、今井の愛すべきバカっぷりがこれでもかというほどに詰め込まれている。

 今井を追い込む三橋を見ていると「もう、やめてあげて……!」と思うのだが、極限状態の今井が面白すぎるため「もっとこんな今井を見たい」とも感じてしまう。賀来さんの三橋もさることながら、今回は太賀さん演じる今井が本当にいとおしくなった。

 細かいところで、ドラマならではのオリジナルの演出も組み込まれているので、原作を読んでいる人でも、十分に楽しめる。また、同エピソードは「実はこうだったのか!」と思わせるポイントがいくつもあり、ストーリー展開も秀逸。生身の人間が表現する“神回”に注目だ。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

<特集>監督・福田雄一と原作者・西森博之の共通項 Pが語る「バカを慈しむ」美学

連続ドラマ「今日から俺は!!」第7話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」第7話の一場面=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)。ドラマのプロデューサーを務めるのは、福田監督とドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」でもタッグを組んだ高明希さんだ。元々「今日から俺は!!」の原作の大ファンでもあったという高さんは、福田監督の作品と西森さんの作品の間には「人間愛」という共通点があると語る。ドラマも後半にさしかかる中、そんな高さんに今回の実写化と作品の魅力を聞いた。

 ◇

 高さんは、福田監督の魅力を「映画『銀魂』で発揮されているようなメタ的な面白さを取り入れる技術はもちろん、ドラマを紡ぐ上でストーリーテラーでもあるし、人をすごく見ていらっしゃる方で人間愛が深い」と語る。そんな福田監督とマッチする作品として「バカを慈しむというか、バカな人ほどいとおしいじゃないかという人間愛が描かれた『今日から俺は!!』の実写ドラマ化を提案した」と明かす。

 連載当時から「今日から俺は!!」を愛読していたという高さん。「当時からヤンキーもののマンガはたくさんあったんですけど、中でも『今日から俺は!!』は異質でした」と話す。「ヤンキーものだけどこんなに笑えて面白くて、ラブコメ要素もあって、平和なお話もある。三橋たちが考えていることが、とがったヤンキーたちの別世界の話ではないから、女性でも取っかかりやすい。それに、友情が描かれていたり、少年マンガのヒーローものとしての骨格もあるので、見ていて爽快感がある」とその魅力を説明。そんなヤンキーマンガであるからこそ、「福田監督とのマッチングが新鮮に映る」と確信を持ったのだという。

 実際、ドラマ制作前に西森さんに会った際には、「福田監督との共通点を改めて感じた」という。「西森先生は、お話も面白いですし、包容力というか、人間愛を感じました。普通は怒るようなこと、耐えられないようなことをされたときに、別のアングルで笑い飛ばせる力がある。福田監督と西森先生に共通するところだなと、お会いしてさらに思いました」と明かす。ちなみに、西森さんからは実写化に際して注文などはなかったそうだが、一つだけ「学ランは黒ですかね?」と聞いたという。高さんは「あえてそこを聞いて笑わせてくれるところも、西森先生のチャーミングさだなと思いました」と笑顔で振り返る。

 ドラマの見どころを「ツッパリは、若い人にとってはファンタジーだと思いますが、その中に友達を大事にするとか、シンプルなメッセージも込められています。少年マンガ誌で連載されていたときの人気の地盤になっていたヒーロー像は絶対にある。もちろんバカなことはたくさんやるし、ふざけ倒しているように見えるけど、それが後半のかっこよさに生きてくる」と高さん。後半もかっこいいツッパリの活躍に注目したい。

<特集>「目からうろこ」キャスティングの妙味 賀来賢人への“信頼感”と伊藤健太郎との“化学反応”

連続ドラマ「今日から俺は!!」で主演を務める賀来賢人さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」で主演を務める賀来賢人さん=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)。ドラマのプロデューサーを務めるのは、福田監督とドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」でもタッグを組んだ高明希さんだ。「容易に『やりたい』とは言えない作品だった」という原作への思いとドラマ化の決め手にもなったキャスティングについて聞いた。

 ◇

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディーだ。

 小栗旬さん、山田孝之さんらスペシャルゲストの登場も毎回話題を呼んでいる同作だが、もちろん主演の賀来さんはじめ、キャスト陣の変顔、アドリブなんでもありといった芝居合戦も注目を集めている。高さんは「若手の脂の乗った俳優が全員集まってくれました」と自信を見せるが、中でも、主人公の三橋というキャラクターをリアルに演じられる賀来さんの存在が、「今日から俺は!!」の実写化を福田監督に提案する上で、大きな核になったという。

 福田監督も賀来さん本人に「20代でコメディーといったら、賀来賢人がナンバーワンだというのを見せつけてやったらいいよ」とアドバイスするほどに信頼を寄せており、高さんも「スーパーサラリーマン左江内氏」で「大人も子供も面白がってくれる池杉照士というキャラクターを原作から膨らまして演じきってくれた」と、そのコメディアンとしての実力を絶賛する。

 そんな賀来さん演じる三橋の相方の伊藤を演じる伊藤さんは、今回が福田組初参戦。高さんは、「信頼に足る役者さんをそろえて盤石にすることも私の大事な仕事の一つですが、初めての方との“お手合わせ”によって化学反応も起こしたかった」といい、「伊藤さんは、まだゴールデン帯ではあまり露出がなかったときに、それでも目を引く俳優だった。お会いしたときに会話していても引っかかりがあるというか。会話すればするほど、伊藤のキャラクターに通ずるところもあった」と起用理由を語る。

 また、女優陣についても、理子役の清野菜名さんの「清楚(せいそ)さと運動神経」、京子役の橋本環奈さんの、福田監督に「職人」と言わしめる「演出家の意図をくみ、形にできる能力」に高さんは驚かされたという。また、今井役の太賀さんのキャスティングは高さんも「目からうろこ」の福田監督の提案だったといい、今では「内側からにじみ出てくる今井の愛らしさというか、あんなにバカがいとおしいと思わせてくれるのは、太賀さんが演じたからこそ」と話す。

 高さんは、ドラマのキャスト陣を「台本を読んだときに求められていることをくみ取れる力がある。そういう“筋肉”が発達した人ばかり」と力を込める。高さんがずっと抱き続けてきた原作への思い入れ、福田監督との出会い、いま最も勢いのある若手俳優陣の集結といったさまざまな要素が絶妙にマッチして作られているからこそ、ドラマは多くの人に受け入れられているのかもしれない。

須賀健太、「今日から俺は!!」で“極悪非道”のヘルメット男に ビジュアル公開

連続ドラマ「今日から俺は!!」で須賀健太さんが演じるヘルメット男のビジュアル=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」で須賀健太さんが演じるヘルメット男のビジュアル=日本テレビ提供

 俳優の須賀健太さんが、連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)で、極悪非道な敵役・ヘルメット男を演じることが11月23日発表され、キャラクタービジュアルも公開された。須賀さんがメインゲストとして出演することは発表されていたが、役柄はこれまで明かされていなかった。須賀さんが福田監督の作品に出演するのは、今回が初めて。

 ヘルメット男は、原作でも「かなりやばいヤツ」として知られるキャラクターで、金属バットを片手に暴れ回る。ドラマでは、清野菜名さん演じる理子と壮絶なアクションを繰り広げるという。

橋本環奈の“ぶりっ子”がやみつきに? 「神可愛い」「毎回ないと無理」と反響 <SNS反響>

橋本環奈さん
橋本環奈さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話が11月18日に放送された。終盤では、女優の橋本環奈さん演じる“女番長”京子が、思いを寄せる伊藤(伊藤健太郎さん)の前で“ぶりっ子”するシーンがあり、「橋本環奈のぶりっ子、マジ可愛い」「神可愛い」「かわいすぎ天使」といった絶賛の声が多くあがった。

 京子のぶりっ子シーンは、ドラマのおなじみになりつつあるが、同話では終盤まで京子の出演シーンがなかったため、待ち望んでいた視聴者も多かったのか「今週もきたー!!!」「毎週ぶりっ子タイムが楽しみになってる」「毎回ないと無理」という声もあり、“やみつき”になる視聴者も少なくないようだ。

ついに山田孝之が“降臨”! もはや某ドラマ!?とファン興奮(ネタバレあり)<SNS反響>

山田孝之さん
山田孝之さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話が11月18日に放送され、放送開始1分足らずで俳優の山田孝之さんが登場。視聴者からは「山田孝之、初っぱなから出てきて興奮するわ」「待ってました!」「とうとう山田孝之出たか」「今回は出だしがぶっ飛びすぎてる」などと興奮と歓喜の声が挙がった。

 山田さんは、ムロツヨシさん演じる教師・椋木が訪れた風俗店の店員役で登場。出演時間は短いながらアクの強いキャラクターで「山田孝之の表情ヤバすぎだろ」「役がもうまじで草」といった声も。また、山田さんとムロさんという、福田監督が手がけたドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズでおなじみの2人の共演に「山田孝之とムロツヨシ。ヨシヒコだ」「山田孝之出たらもはやヨシヒコやん」と反応する視聴者も見られた。今回は、スペシャルゲストとして高橋克実さんも登場した。

「パーツパーツは色男」「ほくろの効果で40点フェース」 ムロツヨシの“顔面トーク”に爆笑 <SNS反響>

ムロツヨシさん
ムロツヨシさん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第5話が11月11日に放送。俳優のムロツヨシさん演じる、主人公・三橋貴志(賀来賢人さん)のクラスの担任・椋木先生が自身の顔について語る“顔面トーク”にSNSでは「ムロさんの顔面トークに爆笑」「ムロさんの顔のパーツのくだりがじわる」といった声が上がった。

 顔面トークが繰り広げられたのは、椋木先生と赤坂理子(清野菜名さん)が東京の不良に襲撃されて入院した佐川(柾木玲弥さん)のお見舞いへ行くシーン。そこに佐藤二朗さん演じる理子の父・哲夫が登場し、理子と椋木先生の関係を心配する場面が描かれ、椋木先生は「目、鼻、口とパーツパーツは色男としてちまたでは評判です。ただトータルすると、このほくろの効果も相まって40点フェースとちまたでは言われています」と自虐気味の発言をしたかと思いきや、「ただ、パーツパーツは色男ですから、めんくい女子に対応可能なメンです」と自信ありげな様子も見せた。

 視聴者からは「ムロツヨシ、パーツパーツは色男。たしかに」という声や、同クールで出演中のドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」と比較して「『大恋愛』見ると、ムロツヨシさんがかっこよく思えてきた。『今日から俺は!!』見るとそんな気持ちもあっという間に霧散する」という意見が見られた。

島崎遥香が“一瞬”登場 懐かしの姿に「可愛い!」の声も(ネタバレあり) <SNS反響>

島崎遥香さん
島崎遥香さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第5話が11月11日に放送され、冒頭でアイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の島崎遥香さんが登場。SNSでは「いきなりぱるる出てきてびびった」「ぱるる一瞬ー! 可愛かったー!!」などと反響があがった。

 島崎さんは、1980年代にブームとなった竹の子族の姿で登場。登場時間も30秒ほどだったため、視聴者からは「竹の子族! ぱ、ぱるる……?」「一瞬だけど可愛すぎた」「もっと見たかった」という声も。また、冒頭では原宿の「クリームソーダ」というワードも飛び出し、「原宿クリームソーダとか竹の子族とか出て懐かし~」「竹の子族とクリームソーダで初っぱなから吹いた」と懐かしむ声も見られた。

橋本環奈が衝撃の“45秒白目” 「もはや名人芸」と反響 <SNS反響>

連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演する橋本環奈さん
連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演する橋本環奈さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第4話が4日に放送され、女優の橋本環奈さん演じる女子校の“女番長”早川京子が見せた45秒以上に及ぶ“白目”にSNSでは「橋本環奈の長尺白目すげぇ」「もはや名人芸……!」と反響があがっている。

 第4話では、京子は両思いであるはずの伊藤(伊藤健太郎さん)が理子(清野菜名さん)と2人で歩いているところを目撃してしまう。伊藤の二股を疑う京子が学校の教室で机に突っ伏して落ち込む様子が描かれ、45秒以上の白目が映し出された。京子はこれまでもさまざまな変顔を披露してきたが、今回は「橋本環奈ちゃんの白目が秀逸すぎて怖い」「白目の申し子、橋本環奈……」「白目芸が素晴らしすぎて橋本環奈が好きになった」「いまだかつてこんな白目をする女優がいたものか」と驚きと絶賛の声が相次いだ。

<インタビュー>福田雄一監督 実写「今日から俺は!!」はファミリー向け 「ヨシヒコ」からつながるテレビへの思い

連続ドラマ「今日から俺は!!」第4話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」第4話の一場面=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)が放送中だ。「ずっと連ドラでヤンキーものをやりたかった」と語る福田監督には、「テレビを家族で見てほしい」という思いがあった。あえて今「今日から俺は!!」を実写化する理由とは……。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

 ◇ヤンキーものが家族の会話を生む

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

 ドラマ「今日から俺は!!」は、原作のファンだったという日本テレビの高明希プロデューサーが福田監督に連ドラ化をオファーしたことから始まった。福田監督は、「日曜日の午後10時半という、ファミリーがテレビを見る時間帯に『ヤンキー』という題材は非常にマッチするのではないか」と考えたという。

 福田監督は今でこそ監督としてのイメージが強いが、元々は「笑っていいとも!」や「いきなり!黄金伝説」などのバラエティー番組の放送作家を務めてきた。そのため「家族でテレビを見てほしい」という思いが強いという。そんな福田監督にとって「ヤンキーもの」は、「家族の会話を生む」題材だった。それは、山田孝之さん主演の「勇者ヨシヒコ」シリーズ、柳楽優弥さん主演の「アオイホノオ」で福田監督が得た「かすかな成功体験」に通じている。

 「『ヨシヒコ』は深夜ドラマでしたが、リアルタイムで見なくてもいいので、録画して休日にお子さんと一緒に見てくださいとアピールしていたんです。(作品のモチーフとなっている)『ドラゴンクエスト』というソフトは、子供がきっと好きだろうと考えていて、結果的にとても受け入れられました」と振り返る。また、40~50代のドラクエ世代である親が、ドラクエを知らない子供たちに教えるというやりとりも生まれた。

 そこで福田監督は「子供は、自分のレベルに合わせてもらうよりも、ちょっと分からないものに興味があると確信した」という。また、子供を持つ親の世代が熱狂した「エヴァンゲリオン」を手がけた庵野秀明さんが登場する「アオイホノオ」も同じように家族がターゲットだったと明かす。

 そして、今回の「今日から俺は!!」に登場する短ラン、長ランをまとったツッパリたちは、子供たちや10~20代の若者にとって「ファンタジー」だと福田監督は表現する。「とはいっても、ああいう格好をしたツッパリたちが、僕たちの学生時代にはそこら中にいた。ドラマを見て、僕らの世代が10代や20代の子供たちに『こういう時代があってさ』と話ができるとしたら、それはとてもハッピーなこと。だからこそ、現代のヤンキーものではなく、あの時代のヤンキーものを描く必要があった」と語る。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

 ◇今の時代だからこそ、ツッパリたちの友情を描きたい

 原作の「今日から俺は!!」は、ヤンキーマンガの中でも激しい暴力の描写は少なく、ギャグ要素も多い作品だ。だからこそ、福田監督は「けんかのシーンもありますけど、前面に出てくるのがコメディーだったので非常にやりやすいと感じた。やりたいという気持ちをそそられた」という。連続ドラマ化する上でも「これならお母さんが子供にも見せていいものだと判断してくれるんじゃないか」と考えた。

 また、作中で描かれる「友情や普遍的な人間関係が素晴らしい。あの時代の友情を描く作品は、今の時代に確実に欠如している」と話す。中学時代の福田監督は、ヤンキーではなかったものの「ヤンキーたちに試験前に勉強を教えていた」経験があると明かし、「あいつらは本当にピュアなんです」と笑顔で振り返る。

 「僕は仲間とつるむという感覚がなかったのですが、あいつらは仲間を大切にするし、僕なんかよりよっぽどハートウオームなんです」と話し、そんな当時のヤンキーたちのピュアさもドラマで表現したいという。

 ◇テレビマンとして「諦めたくない」 福田監督が抱き続ける希望

 「テレビを家族で見てほしい」という思いと、“あの時代の友情”を描きたいという思い。そこには、福田監督の「テレビマンとしての希望を捨てたくない」という願いも込められていた。

 「僕らの世代は、テレビは家族で見るものでした。ドリフターズやひょうきん族といったお笑い番組、ドラマの『噂の刑事トミーとマツ』もみんなで楽しく見ていたし、家族で一緒に見るからこそ感じられるものもあった」と振り返る。

 「今のゴールデンタイムは、子供は見なくてもF2(女性の35~49歳)、F3(女性の50歳以上)層が見てくれたらいいんじゃないかと、悪いターゲットの絞り方をしている。でも、テレビというものが諦めかけている『家族で見てほしい』という希望が僕の中にはいまだにあるんです。まだ、テレビマンとして諦めたくないんです」と力を込めた。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

中村倫也が“東京のワル”紅野に ビジュアル公開

連続ドラマ「今日から俺は!!」で中村倫也さんが演じる紅野のビジュアル=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」で中村倫也さんが演じる紅野のビジュアル=日本テレビ提供

 俳優の中村倫也さんが、連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)で“東京のワル”の紅野を演じることが11月4日、発表され、キャラクタービジュアルも公開された。中村さんがメインゲストとして出演することは発表されていたが、役柄はこれまで明かされていなかった。また、平埜生成さんがユタカ役、池田純矢さんがゴロー役で出演することも分かった。

 紅野は、原作でも人気が高いという千葉対東京の戦いが繰り広げられる「VS東京もん編」に登場するキャラクター。ドラマでは、紅野がユタカ、ゴローと共に、ここまで無敗無敵の三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(伊藤健太郎さん)に初黒星を?……という展開が描かれる。

 ドラマは、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんの人気ヤンキーマンガが原作で、映画「銀魂」などの福田雄一さんが監督を務める。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋と、“トンガリ頭”の伊藤のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<インタビュー>福田雄一監督 マンガ実写化における“禁忌” 「原作がなぜ愛されるのか」がキモに

福田雄一監督=日本テレビ提供
福田雄一監督=日本テレビ提供

 現在放送中の連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の脚本、演出を手がける福田雄一監督。映画「銀魂」シリーズや「聖☆おにいさん」、ドラマ「アオイホノオ」「スーパーサラリーマン左江内氏」など多くの実写作品を手がけ、原作ファンを含め多くの人を魅了している。とかく賛否の声が渦巻きがちなマンガ実写化作品において、福田監督作品が炎上せず受け入れられる理由とは何なのか。本人にその疑問をぶつけてみると、「絶対にやってはいけない」という実写化における“禁忌”が見えてきた。

 実写化にあたって、福田監督が最初に考えるのは、原作ファンがその作品を愛する理由だ
という。「この原作がなぜ愛されているのか、なぜこの原作にこんなに熱狂するのかということをものすごく勉強しますね。それがちゃんと理解できていれば、絶対踏み外さない自信はあるんです」と明かす。

 「『今日から俺は!!』にしても、『聖☆おにいさん』にしても、本当に好きな人たちのツボは、僕と全く違うところにあったりするんです」という福田監督。そのため、原作ファンに「何が面白くて読んでいたの?」と実際に話を聞いて回るなどして徹底的に愛される理由を勉強するのだという。

 そうしてファンの原作への愛を探求していくと、「実写化においてやらなければいけないことではなくて、『やっちゃいけないこと』が見えてくる」という。「逆に、やらなきゃいけないことを考えてしまうと、つまらないものになってしまうんです。僕の面白みが出せなくなる。実写化をするとなると、キャストやストーリーの展開も含めて絶対的に原作通りにはなりません。だからこそ、『これだけはやっちゃいけない』ということを肝に銘じておけば、原作のファンの方にもご満足いただけるし、僕のアレンジによって、原作を全く知らない方にも楽しんでいただける」とこだわりを語る。

 「今日から俺は!!」に関しては、原作の魅力を「ヘビーなグロい部分へ行かないところ」と表現し、実写版でもそれを“禁忌”とした。また、「キャラクターとしてのルールがあるから『伊藤は絶対これを言っちゃいけない』『三橋は絶対こういうことは言わない』というのがある。『銀魂』でもいろいろ勉強させてもらいました。実写化ではよく『これじゃない感』と言われますが、それを言われ始めると、作品としては小さい穴がどんどん大きくなってしまう可能性があるので、すごく気をつけていますね」と明かす。

 「原作を愛している方を軽んじると、全体的に愛されない作品になる」と語る福田監督。原作とそのファンへの敬意を持ち、その上で実写ならではの“面白み”を表現できるからこそ、福田監督の作品は多くの人に愛されるのかもしれない。

柳楽優弥登場で視聴者興奮 「まさかあの役とは…!」(ネタバレあり)<SNS反響>

28日に放送された連続ドラマ「今日から俺は!!」第3話に出演した柳楽優弥さん
28日に放送された連続ドラマ「今日から俺は!!」第3話に出演した柳楽優弥さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第3話が10月28日に放送され、スペシャルゲストとして俳優の柳楽優弥さんが登場。SNSでは、「柳楽優弥キター!」「さすが福田組。柳楽くん出るとは、興奮おさまらん」などと反響があがった。

 柳楽さんは、放送開始早々に賀来賢人さん演じる三橋貴志が立ち読みをする本屋の書店員役で登場した。柳楽さんは、主演ドラマ「アオイホノオ」で演じた焔(ほのお)モユルをほうふつとさせる姿で、SNSでは「ホノオくんがまんま出てるしぃーっ!」「開幕突然のホノオくん登場に心臓止まった」「まさかアオイホノオの焔モユルだとは思わなくてまだニタニタがおさまらない」「きゃー!! 柳楽くん! まさかあの役とは」と反応する視聴者が続出。

 さらに、柳楽さん演じる書店員が、「サンデー」で「うる星やつら」を読んでいるという三橋に作者の高橋留美子さんについて語ったり、あだち充さんの「タッチ」について語る場面もあり、「『今日から俺は!!』でまさか高橋留美子先生の名前を聞くなんて。しかも連呼ww」「高橋留美子が出てきて私のトキメキが止まらない。面堂の名前が出てきてドキドキが止まらない心肺停止」「あだち充だって!!!? 南ちゃあああん!!!」と興奮気味の視聴者も見られた。

<インタビュー>福田雄一監督が語る賀来賢人 「計算しないゆえの危うさ」が魅力

連続ドラマ「今日から俺は!!」の主演を務める賀来賢人さん(左)と福田雄一監督=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」の主演を務める賀来賢人さん(左)と福田雄一監督=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)が放送中だ。ドラマで主人公・三橋貴志を演じているのは、俳優の賀来賢人さん。放送当初から、その振り切ったコミカルな演技に多くの反響が上がっている。福田監督に、賀来さんを主演に抜てきした理由やコメディアンとしての魅力を聞いた。

 ◇福田監督が見た賀来賢人の覚悟

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

 福田監督に賀来さんについて聞くと、真っ先に「ものすごく成長したんです」という言葉が返ってきた。福田監督と賀来さんとの出会いは、2011年の賀来さんの初舞台「スマートモテリーマン講座」だった。同舞台の脚本・演出を手がけた福田監督は「非常に人間的にも内向的だったし、とても主役を任せられるような感じはなかった」と振り返る。その後も、福田監督のドラマに出演することはあっても「前に出るわけでもなく、おとなしい部分が目立っていた」という。

 そんな賀来さんが「変わった」と福田監督が感じたのは、古田新太さんら「劇団☆新感線」の舞台「五右衛門vs轟天」のステージに立つ姿を見た時だった。「その舞台は、本番が半年近くあったはずなんです。それを古田新太、池田成志、橋本じゅんにもまれながら半年間やって、ちゃんとお客さんの反応も取っていた。あまりにも激しすぎる武者修業を経て、帰ってきた彼は別人だった」と話す。

 当時の賀来さんについて「同じ事務所の三浦春馬君だったり、佐藤健君だったり、同世代のライバルたちがどんどん先を行く中で、自分は舞台が一番の強みなんだ、自分はコメディーができるということが一番強みだと気付いたのではないか」と話し、新感線の舞台での成長を見て「これは面白い。ここで賀来賢人を捕まえておこう」と考えたという。

 その後、賀来さんは、福田監督が脚本・演出を手がける劇団「ブラボーカンパニー」の舞台が原案のウェブドラマ「宇宙の仕事」(2016年)に出演。「あとから聞いた話ですけど、賀来君は『このドラマで福田組の映像に返り咲くんだ』という思いがあった、と。そんな必死の覚悟で来た賀来賢人はすさまじかった」と振り返る。ドラマでの演技は、共演のムロツヨシさんが「おい、賀来賢人どうした?」と驚いたほどだったという。

 ◇福田監督からの進言 「コメディーに特化した役者の道を」

 賀来さんについて語る中で、福田監督は「宇宙の仕事」のクランクアップ後のエピソードを明かした。今後について「僕、どうしたらいいですか」という賀来さんに福田監督は「もうあれこれ迷わずに、いろいろな役に手を出すわけでもなく、コメディーに特化した役者の道を選んだらどうか、という話をしたんです。20代でコメディーといったら、賀来賢人がナンバーワンだというのを見せつけてやったらいいよって」と話したという。それは、賀来さんの歩みを見守ってきた福田監督だからこそできた、愛のこもったアドバイスだったのかもしれない。

 そんなやりとりがあった後、賀来さんは、小栗旬さん主演のミュージカル「ヤングフランケンシュタイン」で、演出を手がけた福田監督の“最上級の信頼”を獲得する。「あの舞台は、笑いの面では賀来賢人とムロツヨシの勝負だったんです。ムロさんがトップバッターでドッとお客さんを沸かせて、4番バッターである賀来君にバトンタッチする構造だった。それをものの見事にやり切った」と振り返る。小栗さんも賀来さんと共演し、「来年、再来年には、賀来賢人は日本の俳優の中でトップ、最前線を走る男になると思うんだ」と語っていたという。

 ちょうどそのころ、ドラマ「今日から俺は!!」のキャスティングが始まり、福田監督とプロデューサーは、賀来さんを主演に抜てきする。賀来さん自身は「すごく驚きましたが、自分自身、役者として“主演”を意識し始めていた時期だったというのと、それを福田監督と共にできる、という喜びが驚き以上にありました」と語っているが、それは福田監督や小栗さん、ムロさんら共演者が認める実力あってのことだったのだろう。

 ◇賀来賢人の魅力は計算しない“危険性”

 「今日から俺は!!」の撮影は終わっているが、賀来さんの演技を「本当に素晴らしかった」と絶賛する福田監督。改めて賀来さんの魅力を聞くと、福田組常連となっているムロさんや佐藤二朗さんと対比して、「いい意味でも悪い意味でも計算されていない」と話す。

 「僕のドラマは『どこまでが台本でどこまでがアドリブ?』と言われますけど、ムロさんも二朗さんも、コメディーのシーンをやる上で計算をもってやっている。ただ、賢人は若いですから、計算なくやれるんです。それがハマる時はすごく面白いんだけど、ハマらない時は全くハマらない。そういう危険性があるところが、僕はすごく好きなんです。そこが賀来賢人の魅力なんじゃないかな」と語っていた。

 福田監督は撮影を振り返り、「(賀来さんは)別にやらなくてもいいのに、変に座長的な動きもしていたし。キャストをまとめるのも、俺がやるからいいんだけど、そこも頑張ったりなんかして……」とコメント。また、演技の上では「主役だから出すぎちゃいけないという感覚を絶対に持っちゃいけない。とにかくそれは捨てろ。三橋はそういう役じゃない。主役なのにボケてボケて、出張って出張って、誰が主役だか全然分からない状況でいいんだ」と話したという。そう語る福田監督の表情からは、賀来さんへの期待と愛情がにじみ出ていた。

ムロ&二朗の黄金コンビに絶賛の声 「あの絡みはヤバイ」 <SNS反響>

連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演するムロツヨシさん(左)と佐藤二朗さん
連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演するムロツヨシさん(左)と佐藤二朗さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第2話が10月21日に放送され、俳優のムロツヨシさん演じる高校教師・椋木先生と、佐藤二朗さん演じる赤坂道場の師範・赤坂哲夫が絡むシーンに「面白すぎる」「二朗さんとムロさんとの絡みはいろいろやばい」「鬼コンビ」「並べるとかひきょう」といった反響が挙がっている。

 第2話は、三橋(賀来賢人さん)らツッパリたちが赤坂道場にやってきた道場破りと戦うことになり、椋木先生も道着姿でそこに“乱入”。道場破りとの戦いに臆して帰ろうとする椋木先生に哲夫が「帰らないで、帰っちゃイヤ」と止めるシーンでは、「佐藤二朗とムロさん、可愛すぎた。なにあの絡み好きすぎる」「二朗さんとムロさんが一緒に並ぶとひたすら笑うしかない」などと2人の絡みに歓喜する声が見られた。ムロさんと佐藤さんは、福田監督と長年タッグを組んできた“風神・雷神”といわれており、「福田組の風神雷神そろった~~!!」と、絡みを心待ちにしてたファンも少なくなかったようだ。

未公開シーン込み“復活版”がHulu歴代1位 配信初日の視聴数で

連続ドラマ「今日から俺は!!」の一場面 (C)NTV
連続ドラマ「今日から俺は!!」の一場面 (C)NTV

 10月14日に動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信が始まった日本テレビ系の連続ドラマ「今日から俺は!!」(日曜午後10時半)のテレビ未公開シーンを含めた特別版「今日から俺は!! 未公開シーン復活版」(第1話)が、Huluで配信中の国内ドラマの配信初日の視聴数で歴代1位を記録したことが、分かった。

 未公開シーン復活版では、キャスト陣によるアドリブ合戦が盛り込まれており、台本にはない芝居に思わず笑いをこらえる姿など、ドラマでは本来見られない貴重なシーンをのぞくことができる内容となっている。テレビドラマ放送終了後に毎週1話ずつ配信。

 21日にテレビ放送される第2話の復活版では、赤坂理子(清野菜名さん)の父であり道場の師範である哲夫(佐藤二朗さん)が、せりふで笑いを誘ったり、突然お家芸を披露したりと大暴走する中、周りの俳優陣がどうやって物語を軌道修正していくかが見どころになるという。

ムロツヨシの“振り幅”にSNS騒然!? 「大恋愛からのギャップえげつない」

連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演するムロツヨシさん
連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演するムロツヨシさん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1話が10月14日に放送された。俳優のムロツヨシさんが主人公・三橋貴志(賀来賢人さん)のクラスの担任・椋木先生を演じており、名作学園ドラマ「3年B組金八先生」シリーズの金八先生を彷彿(ほうふつ)とさせるロン毛で強烈なキャラクターを発揮する姿に「ムロツヨシの顔だけで笑える」「ムロツヨシが最強に面白い」と反響があがった。

 ムロさんは、今クールで自身初という本格ラブストーリー「大恋愛~僕を忘れる君と」にも出演。そちらでは「ムロツヨシが……カッコいい」「こんなムロさん初めて」といった声が挙がっているからか、「今日から俺は!!」の演技に「『大恋愛』の後に『今日から俺は!!』見たら、ムロツヨシのスゴさを知る。どっちも好き」「ギャップがえげつない」「ムロさんの振り幅広すぎ」といった声が多く見られた。

ドラマ開始2分の小栗旬登場に視聴者驚き 出演理由も胸アツ! <SNS反響>

14日に放送された連続ドラマ「今日から俺は!!」第1話に出演した小栗旬さん
14日に放送された連続ドラマ「今日から俺は!!」第1話に出演した小栗旬さん

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1話が10月14日に放送された。放送開始約2分で、俳優の小栗旬さんが登場し、SNSでは「さっそく小栗旬」「小栗旬出たあああ!」「散髪屋の人に小栗旬を持ってくるとか豪華過ぎだわ」と驚きの声が上がった。

 小栗さんは、賀来賢人さん演じる三橋貴志と、伊藤健太郎さん演じる伊藤真司が“ツッパリ”デビューをするために訪れた理髪店の店員役で登場。小栗さんは、主演映画「クローズZERO」で演じた滝谷源治(げんじ)をほうふつとさせる髪形で、理髪店の名前は「ヘアーサロンGENJI」。さらにせりふには「百獣の王」(「クローズZERO」で山田孝之さんが演じた芹沢多摩雄の異名)というワードも飛び出し、「小栗旬のクローズネタとか最高」「速攻で小栗旬出てきて、クローズネタぶっ込んできて、控えめに言ってやっぱ福田作品最高」と反応する視聴者の声も見られた。

 「今日から俺は!!」は、放送開始前からスペシャルゲストとして小栗さん、山田孝之さん、柳楽優弥さん、山崎賢人さん、新井浩文さん、浜辺美波さんらの出演が発表されていたが、登場回や役どころは明かされていなかった。番組プロデューサーの高明希さんは、小栗さんの出演について「小栗さんの福田監督への信頼」に加え、「小栗さんは、昨年公演したミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』で初めて賀来さんと共演して『賀来賢人という役者に対してすごく感銘を受けた』とおっしゃっていて、今回賀来さんが主演をやるのであれば『ぜひ力になりたい』と言ってくれた」と明かしている。

 今回出演した小栗さんや、今後登場するスペシャルゲストの参加は「福田さんと賀来賢人がGP(ゴールデンプライム)帯でドラマをやるということに対して、また、若い衆がこれだけ全面的に出て面白いことをやろうとしていることに対して『いっちょ応援してやろう』という心意気みたいなものが、いろいろな方々の参加につながったと思います」とコメントしている。

 高プロデューサーは、今後どのゲストがどういった役で登場するかを「宝探しのように楽しんでほしい」と力を込める。第2話以降、ゲストの登場シーンも大きな見どころになりそうだ。

“シカト”できない! 未公開シーン込みの特別版Huluで配信 賀来賢人「真剣に見ないで!」

連続ドラマ「今日から俺は!!」で三橋貴志を演じる賀来賢人さん (C)NTV
連続ドラマ「今日から俺は!!」で三橋貴志を演じる賀来賢人さん (C)NTV

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)のテレビ未公開シーンを含めた特別版「今日から俺は!! 未公開シーン復活版」が、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信されることが10月14日、分かった。主演の賀来賢人さんのコメントも公開された。

 特別版では、“本気(マジ)なアドリブ合戦”などの未公開シーンが盛り込まれるといい、ムロツヨシさんや佐藤二朗さん、吉田鋼太郎さんらベテラン俳優の芝居に、こみ上げる笑いをこらえながら応戦するキャストの姿など、舞台裏ものぞける内容となっている。テレビドラマ放送終了後に毎週1話ずつ配信。

 ドラマは、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

 ◇賀来さんのコメント

 ――「今日から俺は!!」の撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

 地方に泊まり込んで撮影していたこともあって、みんなと四六時中一緒にいたので、家族みたいな関係になれたんです。その空気は芝居での関係性にも出てくるだろうし、このチームの一番の強みだと思います。撮影は本当に楽しかったです! それに今回の現場は、出演者・スタッフ全員が「面白いものを作ろう!」という共通認識の中でやっていたし、みんな自然とモチベーションが上がりました。福田さんも思わず「圧が……!」と漏らすほど(笑い)、みんなの中に「この作品で一山当ててやろう!」という野心もあって、いい意味でギラギラしていましたし、面白かったです!

 ――Hulu版には未公開の爆笑アドリブシーンもたっぷり収録されています。ああいう掛け合いはどうやって生まれたんですか。

 福田さんが「(芝居を)延ばしたい」というときもあるし、勝手に延びちゃうときもあるし……。例えば、相手がムロ(ツヨシ)さんなら、どんどん延びちゃうんですよ(笑い)。僕自身は今回主演をやらせていただいているし、いつもより好き勝手にやらず、なるべくキュッと収めようとしていたんですけど、第1話を見たら、「ホントにどうした、俺!?」ってビックリするくらい、自分もフザけていて……(笑い)。実は僕、福田さんからどんなことをオーダーされても、絶対に「無理!」とは言わないようにしているんです。そう言った時点で福田さんとの関係は終わりだと思っているし、信頼する福田さんのオーダーにはちゃんと応えたいなって。なにせ、福田さんは僕にコメディーの楽しさを教えてくれた人。それが今もずっと僕の土台になっているので、苦に思ったこともないんです。

 ――本当に楽しんでいるのが劇中からも伝わってきました。アドリブシーンの最中に笑いをこらえている姿も印象的でした。

 僕、いつもはそんなことないんですけど、今回は結構噴いちゃいました。「主演が噴き出すなんて、もってのほかだぜ!」と思って現場に入ったはずなのに、早くも第2話で噴いちゃって……(笑い)。特に(佐藤)二朗さんやムロさんとのシーンでは、あまりの面白さに負けちゃいました!

 ――いまやお家芸ともいえる賀来さんの変顔も、今回さく裂しまくっていますね。

 「大丈夫かな、これ?」って、自分でビックリしちゃいました。でも、キャラクターとしてはキャッチーですから!……と、自分に言い聞かせてます(笑い)。実は今回、初めての変顔バリエーションを、福田さんが作ってくれたんです。ドラマ版の三橋が怒ったときにする“口をすぼめながら歯を出す変顔”なんですけど、これが顔中の筋肉を酷使するので、超難しいんです! でも、本番前にメークさんから鏡を借りて練習していたら、どんどん上達しちゃって(笑い)。

 ――変顔以外にも、今回初めて開拓したことはありましたか。

 福田さんから「カッコいい賀来賢人を見せたい」と言われて、福田組では初めてそういう芝居を披露したんですよ。これって、福田作品では主演しか味わえない位置だと思うんです。フザけた芝居との使い分けは難しかったけど、“ザッツ・カッコいい男”である相方の伊藤とは逆の、照れ屋であまのじゃくな三橋ならではのカッコよさを引き出してもらえたし、すごく楽しかったです。この作品で、ぜひ日本中の話題をかっさらいたいです!

 ――Hulu版ならではの楽しみ方も含め、視聴者にメッセージをお願いします。

 Hulu版には、出演者である僕たちもまだ見ていない名シーンや迷シーンがいっぱい収録されています。地上波版よりもゆる~い作りになっているので、深夜に友達と飲みながら、または昼下がりに家族と一緒に、ダラダラ見ながら「今日から俺は!!」の世界に浸っていただきたいです。くれぐれも、決して真剣には見ないでください(笑い)。僕も絶対に見ます!

<テレビ試写室>「今日から俺は!!」福田組が全力で笑わせにきた! アクセル全開の“三橋”賀来賢人に注目

連続ドラマ「今日から俺は!!」第1話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」第1話の一場面=日本テレビ提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組を、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、10月14日から放送される、西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)だ。

 原作は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している人気作。“ツッパリ全盛期”の80年代初頭を舞台に、俳優の賀来賢人さん演じる金髪パーマの三橋貴志と、伊藤健太郎さん演じる“トンガリ頭”の伊藤真司のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディーだ。

 第1話では、キャラクターが登場する度にワクワクさせられた。三橋は金髪パーマ、伊藤はトンガリ頭にイメチェンし、“ツッパリ”デビューするところから始まるが、賀来さんは自由奔放でわがままで、ひきょう者の三橋を、伊藤さんはツッパリだけど心優しく愛嬌(あいきょう)がある伊藤を見事に演じている。また、橋本環奈さん演じる女番長・京子や、清野菜名さん演じる赤坂理子の可愛さに目を奪われ、太賀さんと矢本悠馬さん演じる紅羽高校(紅高)コンビの愛すべきアホっぷりに笑わせられる。

 笑いどころは満載で、高校生役の俳優陣が全力でギャグシーンを演じ、ムロツヨシさんや吉田鋼太郎さん、瀬奈じゅんさん、佐藤二朗さんといった大人キャストも小ネタを挟んでくるので、見ている方も気が抜けない。三橋にいたっては、6割変顔、2割白目、残りの2割がキメ顔といった具合にアクセル全開だ。また、三橋を演じる賀来さんは、なかなかのイケメンボイスをお持ちだが、第1話に関してはキメ顔でイイ声の時ほど、下ネタを放ってきた。今後、賀来さんの声にも注目していきたい。

 ただ、ギャグだけでは終わらない。胸を熱くさせてくれるような男同士の絆も1話の中に盛り込まれている。ギャグで爆笑させられたかと思えば、シリアスなシーンになり、またギャグが来て、今度はちょっと感動的なシーン……と、1話だけで感情がいろいろな方向に揺り動かされる。もしかすると、多くの人にとって憂鬱な日曜の夜に、このドラマはぴったりなのではないだろうか。今クールは、大笑いできて、心動かされる福田組の全力のエンタメを毎週見られるぜいたくを味わいたい。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

西森博之のヤンキーマンガ「今日から俺は!!」が20年ぶり復活 「サンデーS」で特別編連載へ

マンガ「今日から俺は!!」のイラスト (C)西森博之/小学館
マンガ「今日から俺は!!」のイラスト (C)西森博之/小学館

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガ「今日から俺は!!」の特別編の連載が、11月24日頃に発売される「サンデーS(スーパー)」(小学館)1月号でスタートすることが10月12日、分かった。俳優の賀来賢人さん主演の実写ドラマが14日にスタートすることを記念した連載で、約20年ぶりの“復活”となる。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(同)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数は4000万部を突破している。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。ドラマは14日から日本テレビ系の「日曜ドラマ」枠(午後10時半)で放送される。

(C)NTV
(C)NTV
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館

懐かしの「なめ猫」がドラマ宣伝する動画が公開 声優はアルコ&ピース

連続ドラマ「今日から俺は!!」のPR動画に登場する「なめ猫」
連続ドラマ「今日から俺は!!」のPR動画に登場する「なめ猫」

 俳優の賀来賢人さんが主演する、10月スタートの連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)のPR動画が10月5日、公開された。同ドラマの舞台が1980年代であることから、PR動画では80年代に一世を風靡(ふうび)したキャラクター「なめ猫」がドラマの宣伝をする様子が収められている。動画はYouTubeの日テレ公式チャンネルで公開されている。

 なめ猫は、「なめんなよ!」のスタイルを貫く、ヤンキーの格好をした猫のキャラクター。動画では2匹のなめ猫がドラマをPRしており、なめ猫の声をお笑いコンビ「アルコ&ピース」が担当している。動画の第1弾が5日に公開され、その後は毎週、ドラマ放送終了後に随時公開される。

出典:YouTube

超豪華!小栗旬や山崎賢人、山田孝之、浜辺美波らがゲスト出演 主演の賀来賢人「壮大な映画撮れそう」

連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演する豪華なゲスト12人
連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演する豪華なゲスト12人

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)に、俳優の小栗旬さんや山崎賢人さん、山田孝之さんらがスペシャルゲストとして出演することが10月1日、明らかになった。今回発表されたスペシャルゲストは計12人で、新井浩文さん、池谷のぶえさん、島崎遥香さん、高橋克実さん、堤真一さん、橋本じゅんさん、浜辺美波さん、柳楽優弥さん、横山歩さんも出演する。

 主演の賀来賢人さんは「すごいゲストの方々に登場いただき、本当にうれしいです。本当に豪華で、(ゲストだけで)壮大な映画が撮れそうですね(笑い)。若手が中心のドラマですが、ゲストの方々に登場していただくことで、物語全体に締まりが生まれていると思います。撮影では絡むことのなかったゲストの方々もいますので、僕自身、どなたがどんなシーンで登場するのか楽しみです!」と話している。

“敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表

連続ドラマ「今日から俺は!!」にメインゲストとして出演する出演者=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」にメインゲストとして出演する出演者=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを、「銀魂」などで知られる福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)で、敵役となるメインゲストが9月24日、発表された。城田優さん、中村倫也さん、戸塚純貴さん、勝矢さん、坂田聡さん、須賀健太さん、阿部亮平さん、渋谷謙人さん、波岡一喜さん、平埜生成さん、池田純矢さんの11人で、それぞれの役柄については明かされていない。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している人気マンガ。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。主人公の三橋貴志を賀来賢人さんが、伊藤真司を伊藤健太郎さんが演じるほか、橋本環奈さん、清野菜名さん、ムロツヨシさん、佐藤二朗さん、吉田鋼太郎さんらが出演する。

 ドラマは10月14日から、日本テレビ系の「日曜ドラマ」枠で放送される。

 ◇城田優さんのコメント

 福田組で初めて一切笑いをとらない役どころを演じさせていただきました。とにかく“最怖”のラスボスを作り上げることに徹しました。また、お茶の間に嫌われることでしょう(笑い)。次世代の面白い役者さんたちが集まっています。僕自身、放送を楽しみにしています。

 ◇中村倫也さんのコメント

 今回は、洗練されたファッションに身を包み、三橋と伊藤をひたすらイラつかせるシティ派の不良という役。

 ふざけてなんぼの福田組で、まさかのボケ禁止令発動。台本からはみ出すことばかり要求されてきたのに! 普通に演じることが、この組ではむずがゆくて落ち着かない! なんか嫌だあ!

 そんな気持ちを押し殺し、頑張ってチャラついた男を演じました。あ、久しぶりにアクションも頑張りました。ぜひ見てやってくださいませ。

 ◇須賀健太さんのコメント

 ついに念願の福田組に参加!

 こんなうれしいことはないっ!!

 お話をいただいた時はどんなアドリブやれるんだろうなあ?とワクワクしていました!

 しかし蓋を開ければアドリブゼロ!

 っていうより僕、笑いゼロ!

 ですがそれ以上にトリッキーで刺激的な役をいただきました……ぜひお楽しみに。

 ◇勝矢さんのコメント

 話をもらった時には、また楽しくなるぞ!って、台本を読んでさらにこりゃ面白くなるぜ!!って興奮しました。子供のころ読んでたマンガだったので、ドラマ化っていうのもうれしかったですね。

 しかも、その当時の髪形やファッションまで再現してますから、そこも楽しんで見てください。

 ◇戸塚純貴さんのコメント

 中学の時に読んでいた名作、福田さんからの今作のありがたいお声がけで強い人が演じられると思っていたら……安定のヘタレでした。

 登場人物、セリフからけんか、制服から時代背景、完全復活しています! お楽しみに!

 ◇坂田聡さんのコメント

 福田さんとのお仕事は、毎回そりゃー面白いですよ。楽しすぎて今となっては撮影後に共演者の皆さんと食べたおいしいお肉の味しか思い出せない私ですが、確かアウトレイジ風味で、柔道の師範代の役を熱演しました。そんなこんなで楽しく仕上がってると思うのでぜひご家族でお楽しみください。

 ◇波岡一喜コメント

 福田監督とは、以前からお話させていただく機会はたくさんあったのですが、仕事としては今回が初の福田組参加でした。しかも、若いころにガッツリ読んでいた「今日から俺は!!」でご一緒できるなんて、こんな幸せなことはありません!

 でも……俺があと20歳若ければ学生役もできたのに(涙)。

 ◇阿部亮平さんのコメント

 今回このお話をいただいた際、リアルタイムで学生時代見ていたマンガであるということに加え、あの福田監督と初めてご一緒できるということで、ワクワクした気持ちと緊張感がありました。

 現場では雰囲気もすごくよく、稽古(けいこ)、リハーサルも行い、皆さんで作り上げることができたと思います。アクションも含め、ものすごく楽しめる作品に仕上がっていると思いますので、ぜひ楽しみに待っていてください!

 ◇平埜生成さんのコメント

 福田雄一監督、主演・賀来賢人、伊藤健太郎、「今日から俺は!」。

 伝説のドラマが始まる! 僕も参加したい!と思っていました。

 本当に出演させていただくことになり、狂喜乱舞、欣喜雀躍、有頂天外でした! 間違いなく面白い作品です! ぜひとも! お見逃しなく!

 ◇渋谷謙人さんのコメント

 福田雄一監督の作品に初参加です。とにかく楽しみです! 大きな声を出して威嚇しながらヘコヘコしている角刈りリーゼントのチンピラが、僕です。見どころたくさん、衣裳やメークは必見です。皆様、ぜひ楽しみください。

 ◇池田純矢さんのコメント

 福田組に初参加させていただきました池田です。現場はいつも温かく笑いにあふれたすてきな環境で、毎日の撮影が楽しくて幸せな時間でした。

 面白いだけじゃない、熱くてカッコよくていなせな男たちの姿をぜひともご覧くださいませ。

「今日から俺は!!」賀来賢人&伊藤健太郎らがバンド結成 “三橋&伊藤”が主題歌「男の勲章」歌う

10月スタートの連続ドラマ「今日から俺は!!」の主題歌を担当する「今日俺バンド」のメンバー=日本テレビ提供
10月スタートの連続ドラマ「今日から俺は!!」の主題歌を担当する「今日俺バンド」のメンバー=日本テレビ提供

 俳優の賀来賢人さんが主演する、2018年10月スタートの連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の主題歌を、賀来さんらキャストで結成した「今日俺バンド」が担当することが9月6日、分かった。メインボーカルは三橋貴志役の賀来さん、伊藤真司役の伊藤健太郎さん、コーラスは赤坂理子役の清野菜名さん、早川京子役の橋本環奈さん、ドラムは今井勝俊役の太賀さん、ギターは谷川安夫役の矢本悠馬さん、ベースは川崎明美役の「乃木坂46」の若月佑美さんで、1980年代に大ヒットした「男の勲章」を歌い、“ツッパリダンス”も披露するという。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している西森博之さんの人気ヤンキーマンガ。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。ドラマは「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」シリーズなどの福田雄一さんが脚本と監督を担当する。

 タイトルバックの映像も福田監督が手掛ける。また、初回が10月14日午後10時半から放送されることも発表され、初回放送時にタイトルバックのフルバージョンが公開される。

 ◇メインボーカル・三橋貴志役の賀来賢人さんのコメント

 このような経験は初めてでしたし、アーティストさんの気持ちを少しでも味わえた気がしてすごく楽しかったです。出演者で組んだ“今日俺バンド”、歌あり楽器あり踊りありでとても斬新なオープニングになっていると思います。本編に向けてドラマを盛り上げる曲であり、気持ちが盛り上がる曲になっていると思います! ドラマと併せてぜひお楽しみください!

 ◇メインボーカル・伊藤真司役の伊藤健太郎さんのコメント

 最初はすごく緊張しましたが、バンドのみんな、観客席の方々と徐々に一体となっていき、最後は気持ちよく、大好きなアーティストさんを意識してやらせていただきました! 男らしい曲でありながら、オリジナルダンスもあり、みなさんノリノリになれる曲だと思います。それぞれのパートにも注目して見ていただきたいです!

 ◇コーラス・赤坂理子役の清野菜名さんのコメント

 歌もダンスも全く慣れていないので緊張しましたが、環奈ちゃんに教えてもらいながら、楽しくやらせていただきました。誰もが聞いたことがある曲だと思いますし、私たちが担当したダンスはとてもまねしやすい振りになっています。個人的には曲の頭の部分、「つっぱることが男の たったひとつの勲章」の部分が好きです! みなさんもぜひ踊ってみてください。

 ◇コーラス・早川京子役の橋本環奈さんのコメント

 どのパートもすごくかっこいい、すてきなオープニングになっていると思います! コーラス&ダンス担当の私は、菜名ちゃんと一生懸命練習しました。撮影の合間にも手の高さ、タイミングなど細かい箇所まで合わせたので、息が合っている2人にもぜひ注目してくだ<br />さい! 学園祭やカラオケなど、盛り上がること間違いない曲になっていますので、ぜひみんなで歌って踊って楽しんでください!

 ◇ドラム・今井勝俊役の太賀さんのコメント

 今回演奏するにあたって、初めて「男の勲章」を聞きこみましたが、改めてすてきな楽曲だと思いました! ドラムを担当させていただいたので、後ろからみんなの姿を見ていましたが、ダンス、すごくかっこよかったです。みんなに負けじと気持ちを高ぶらせてやらせていただきました。控えめに言って100点満点の演奏だったと、自分に言い聞かせてます。

 ◇ギター・谷川安夫役の矢本悠馬さんのコメント

 心はギタリストのつもりでいたので、今回の機会はすごくうれしかったですし、楽しくやらせていただきました。それぞれのキャラクターに合ったパートでのバンドになっているので、各キャラの表情にも注目してください! 忘年会シーズンにもぴったりの曲になっているので、ドラマを見ながら歌、踊りとぜひ覚えていただき、楽しんでいただければと思います。

 ◇ベース・川崎明美役の若月佑美さんのコメント

 菜名ちゃん、環奈ちゃんがコーラス&ダンスの中、女性陣で唯一楽器パート・ベースを担当させていただきました。いつもとは違ったステージの空気感がすごく新鮮で楽しかったです! ドラマのオープニングで毎回流れますが、回によっては違った映像になるかも……? ですので、ドラマと一緒に毎話見逃さずに見てください!

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ムロツヨシがロン毛教師役も「モノマネしてません」 三橋の父役で吉田鋼太郎も

連続ドラマ「今日から俺は!!」でムロツヨシさんが演じる椋木先生のビジュアル=日本テレビ提供
連続ドラマ「今日から俺は!!」でムロツヨシさんが演じる椋木先生のビジュアル=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを「銀魂」などで知られる福田雄一監督が実写化する連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)で、ムロツヨシさんが演じるオリジナルキャラクター椋木先生のビジュアルが8月15日、公開された。また賀来賢人さん扮(ふん)する主人公・三橋貴志の父・一郎役で吉田鋼太郎さん、母の愛美役で瀬奈じゅんさんの出演も発表された。

 椋木先生は、名作学園ドラマ「3年B組金八先生」シリーズで武田鉄矢さんが演じた金八先生を彷彿(ほうふつ)させるロン毛の教師で、ムロさんは「このビジュアルに関して、あえてコメントを出すことはせず、あえて言えることは、主演の賀来賢人をはじめ、若い子たちに紛れて、ふざけてみました。あと一言、モノマネは一切しておりません。この格好の教師を全力でやっております。ぜひ、見てやってください」とアピールしている。

 一方、吉田さんは「福田組に今回参加させていただきまして、大変興奮しております。私の登場シーンはほとんど賀来賢人くん、瀬奈じゅんさんとの3人の掛け合いになっております。非常に濃密なお芝居を3人で繰り広げておりますので、ぜひ期待してください!」とコメントを寄せている。

 そのほかドラマ版の大人キャストとして、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさんと長谷川忍さん、俳優の猪塚健太さん、元宝塚歌劇団の愛原実花さんが軟葉高校の教師役で出演決定し、それぞれのビジュアルも公開されている。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している人気マンガ。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。ドラマは10月から日本テレビ系の「日曜ドラマ」枠で放送される。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「乃木坂46」の若月佑美の“スケバン”姿公開 柾木玲弥は“舎弟”佐川直也役

10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」でドラマオリジナルキャラの川崎明美を演じる「乃木坂46」の若月佑美さん=日本テレビ提供
10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」でドラマオリジナルキャラの川崎明美を演じる「乃木坂46」の若月佑美さん=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを実写化する日本テレビの10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」(毎週日曜午後10時半)で、アイドルグループ「乃木坂46」の若月佑美さんが演じるドラマオリジナルのキャラクター、川崎明美のビジュアルが8月8日、公開された。ロングスカートのセーラー服、赤いリップなどで“スケバン”キャラの明美を表現している。

 明美は、伊藤真司(伊藤健太郎さん)の前では“スケバン”を封印する早川京子(橋本環奈さん)に強烈なツッコミを入れるキャラクター。若月さんは「ドラマの時代設定が(19)80年代ということで、紫のシャドーと跳ね上がったラインで、きりっとしたスケバンならではのメークをし、髪の毛もこれに合わせてカットしました。私自身、撮影中はどっぷりとこの世界観につかっていました。ぜひ、ドラマを見る方もこの世界観を楽しんでいただければと思います!」とコメントを寄せている。

 俳優の柾木玲弥さんが演じる三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤の“舎弟”佐川直也のビジュアルも公開された。柾木さんは「佐川のビジュアルのこだわりとしては、なんといってもおでこまで垂れている前髪です。メークさんと毎日微調整を行いながら完璧な位置で撮影に臨んでおります」と明かし、「そんな前髪が崩れてしまうアクションも!? あるかもしれませんので、お楽しみに!!」とアピールしている。

 次は、ムロツヨシさん演じるドラマオリジナルキャラクターなどが公開される予定。

 「今日から俺は!!」は、88~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している人気マンガ。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。日本テレビ系で10月スタート。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

鈴木伸之と磯村勇斗が開久の“最強最悪”コンビに 片桐智司&相良猛のビジュアル公開

10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」で片桐智司を演じる鈴木伸之さん(左)と相良猛を演じる磯村勇斗さん=日本テレビ提供
10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」で片桐智司を演じる鈴木伸之さん(左)と相良猛を演じる磯村勇斗さん=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを実写化する日本テレビの10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」(毎週日曜午後10時半)で、「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが演じる片桐智司、俳優の磯村勇斗さんが演じる相良猛のビジュアルが8月1日、公開された。

 片桐と相良は、主人公の三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(伊藤健太郎さん)の私立軟葉高校のツッパリコンビの前に立ちはだかる、開久高校の“最強最悪”コンビ。鈴木さんは「10月、熱いドラマが始まります!! たくさん笑ってもらえる作品だと思いますので、この作品が皆さんにとって週に一度の活力になったらと思います!!」とアピールし、「(19)80年代の髪形、長ランに特注で作った肉襦袢(にくじゅばん)! これは試行に試行を重ね作られました!! こちらにもぜひ、ご注目ください!」とコメントを寄せている。

 磯村さんは「待ちに待ったビジュアル解禁日を迎えられてうれしいです! 相良の髪形、目の血走り、服装と、細かいところまでビジュアルにこだわっていますよ」と明かし、「この非道相良がどんな行動をするのかを含め、放送までもうしばらくお待ちください!」と語っている。

 次は、アイドルグループ「乃木坂46」の若月佑美さんが演じるドラマオリジナルキャラクターの“スケバン”川崎明美、柾木玲弥さんが演じる三橋と伊藤の“舎弟”佐川直也のビジュアルが公開される予定。

 「今日から俺は!!」は、88~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している人気マンガ。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。日本テレビ系で10月スタート。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

今井勝俊&谷川安夫のビジュアル公開 太賀と矢本悠馬が紅高コンビを“ガチ再現”!

10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」で谷川安夫を演じる矢本悠馬さん(左)と今井勝俊を演じる太賀さん=日本テレビ提供
10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」で谷川安夫を演じる矢本悠馬さん(左)と今井勝俊を演じる太賀さん=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを実写化する日本テレビの2018年10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」(毎週日曜午後10時半)で、太賀さんが演じる今井勝俊、矢本悠馬さんが演じる谷川安夫のビジュアルが7月25日、公開された。新ビジュアルでは、紅羽(くれは)高校(紅高)の番長であるリーゼントヘアの今井、ぴっちりと髪をセンター分けをした谷川の姿が写し出されている。

 今井と谷川は、主人公の三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(伊藤健太郎さん)の私立軟葉高校のツッパリコンビの永遠のライバルとなる役どころ。太賀さんは「これぞ紅高、番長の風格。衣装、ヘアメーク、持ち道具とあらゆる隠し玉、合わせ技で男にしてもらいました。スタッフの知恵と情熱に負けじと、熱く叫んでいる毎日です。男の中の男、今井勝俊をお楽しみに!!」とコメントを寄せている。

 矢本さんは「オファーをいただいたときから、何かすごいものに参加するんじゃないか!?という期待感があってわくわくドキドキが止まりませんでした。撮影現場では、(脚本・監督の)福田(雄一)さんを信じて、みんなで確かな手応えを感じながら楽しくやっています! 早く見てほしい!が素直な気持ちです。もう、かっくん(賀来さん)筆頭に若手がおいしい作品になってると思いますし、毎話登場される豪華ゲストも必見です! 福田さんや周りのキャストからも谷川にしか見えないと言われてたので、自信満々で解禁させていただきます。原作好きの皆さまどうでしょう?」と呼びかけている。

 次は、「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが演じる開久高校の頭・片桐智司、磯村勇斗さんが演じる同校ナンバー2の相良猛のビジュアルが公開される予定。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している人気マンガ。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。日本テレビ系で10月スタート。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

金髪パーマの三橋&ツンツン頭の伊藤 賀来と健太郎が地毛で“完全再現” ドラマ「今日から俺は!!」ビジュアル公開

10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」のビジュアル=日本テレビ提供
10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」のビジュアル=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを実写化する日本テレビの10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」(毎週日曜午後10時半)のキャラクタービジュアルが7月18日、公開された。主演の賀来賢人さんが演じる三橋貴志、伊藤健太郎さんが演じる伊藤真司のほか、赤坂理子(清野菜名さん)、早川京子(橋本環奈さん)も登場している。賀来さんと伊藤さんは、金髪パーマの三橋とツンツン頭の伊藤を、それぞれ地毛で“完全再現”。また、理子は“聖子ちゃんヘア”、京子は“明菜ヘア”という原作通りの1980年代を感じさせるビジュアルになっている。

 「今日から俺は!!」は、88~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破している人気マンガ。“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の私立軟葉高校のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

 次は、太賀さんが演じる紅羽(くれは)高校の番長・今井勝俊と、矢本悠馬さん演じる今井の子分・谷川安夫のビジュアルが公開される予定。

 ◇三橋貴志役の賀来賢人さんのコメント

 髪形や衣装のビジュアルをかなり作り込んでいただき、毎日気持ちよく三ちゃんをやれています。ストレスがあるとすれば、相棒の髪がよく顔に刺さることです。毎日けんかをして、大きい声を出しています。若返りました。10月から、金髪とツンツン頭をよろしくお願いします。

 ◇伊藤真司役の伊藤健太郎さんのコメント

 待ちに待ったビジュアル解禁がとうとうやって来ました! 皆さんがおそらく気にしていたであろう、伊藤の髪形はこのためにひたすら伸ばした地毛で、メークさんに早朝から作ってもらっています! 風が吹いても全く崩れない気合の入った伊藤の髪形も見どころですが、キャストのみんなとスタッフさんと監督と一緒に汗水流して作り上げた自信作です! 見て後悔することはないので、日曜の午後10時半は家族や友達と、笑いながら一週間を締めくくっていただきたいです!

 ◇赤坂理子役の清野菜名さんのコメント

 やっと解禁できてうれしいです! 理子は、とても真っすぐで可愛い80年代のヒロインを意識して演じているんですが、アクションはとてもカッコいい仕上がりになっていますので楽しみにしていてください!!

 ◇早川京子役の橋本環奈さんのコメント

 怒らせると誰よりも怖い「元ヤンキー」というオーラと、伊藤の前ではぶりっ子という二面性を思い切り出せるビジュアルになっていると思います。80年代の「明菜カット」でどこか懐かしく、親しみが湧くキャラクターにしていけたらと思っていますので、10月までぜひ楽しみに待っていてください!

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

健太郎、“今日から俺は”本名・伊藤健太郎で活動 21歳の誕生日を機に

21歳の誕生日を機に本名で活動することを発表した伊藤健太郎さん=日本テレビ提供
21歳の誕生日を機に本名で活動することを発表した伊藤健太郎さん=日本テレビ提供

 俳優の健太郎さんが6月30日に21歳の誕生日を迎え、本名の伊藤健太郎で活動していくことが、分かった。健太郎さんは「いつかは名字を付けたいなと漠然と思っていました。20歳の一年はとても濃くて、本気で“役者”として生きていきたいと強く感じました。そんな時、(10月から日本テレビ系で放送される)『今日から俺は!!』というドラマで“伊藤”真司という役を演じさせていただくことになり、その運命的な出会いにも背中を押されて、本名でもある“伊藤”を付けて、伊藤健太郎に改名し、役者として一生歩んでいくことを決意しました」とコメントを寄せている。

 21歳の抱負は「20歳は、初めての主演作やラジオのパーソナリティー、写真集発売もあり、学ぶことが多かったので、21歳ではその学んできたことを生かしていきたいです。映画『コーヒーが冷めないうちに』の塚原あゆ子監督に、『人を幸せにできる俳優になってほしい』と言っていただいたので、そうなっていきたいと思っています」といい、「プライベートでは趣味を見つけようかなと思っています。外に出てやるような趣味も一つあればいいな」と語っている。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんの人気ヤンキーマンガが原作。軟葉高校の金髪パーマの三橋貴志と、トンガリ頭の伊藤真司のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれる姿を描く青春コメディー。ドラマは、賀来賢人さんが三橋を演じ、「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」シリーズなどの福田雄一さんが脚本と監督を担当する。

 ドラマの撮影現場で、誕生日を祝われたという健太郎さんは「真司の絵が入ったケーキにはテンションが上がりましたし、賀来さんや監督、スタッフの皆さんにお祝いしていただけてとてもうれしかったです。ただ、基本いじられているので、いじられながら祝っていただきました」と話している。

 主演の賀来さんとの共演は「年が少し離れているので『おじちゃん!』と呼んでいるのですが、日に日に若返っているように感じます。もし今後、別の作品で共演することがあっても、シリアスなシーンだと笑ってしまいそうだね、と言い合っているほど、とにかく笑える作品に向かっていっています。三橋と伊藤の間柄のように、賀来さんがいると安心するし、相棒のような存在だと感じ、とても心強い」と話している。今井勝俊役の太賀さんについては「お互い苗字がない者同士だったので、今回の改名をお伝えした時には『裏切り者!』と言われました(笑い)」とコメントしている。

=日本テレビ提供
=日本テレビ提供

佐藤二朗演じる赤坂哲夫のビジュアル公開 人生初のパンチパーマで福田監督に恨み節?

「今日から俺は!!」のキャラクター・赤坂哲夫(左)と佐藤二朗さん (C)西森博之/小学館
「今日から俺は!!」のキャラクター・赤坂哲夫(左)と佐藤二朗さん (C)西森博之/小学館

 日本テレビの2018年10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」で俳優の佐藤二朗さんが演じる赤坂哲夫のビジュアルが5月21日、公開された。赤坂哲夫は、主人公・三橋貴志(賀来賢人さん)に恋する赤坂理子(清野菜名さん)の父で赤坂道場の師範。佐藤さんは、役作りのために人生初のパンチパーマに挑戦した。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんの人気ヤンキーマンガ。軟葉高校の「どんなことをしてでも勝つ!」が信条の金髪パーマの三橋と、トンガリ頭の伊藤のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディーで、コミックスの累計発行部数は4000万部を突破している。ドラマは「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」などの福田雄一さんが脚本と監督を務める。

 佐藤さんは、「人生初のパーマで、まさかいきなりパンチパーマになろうとは。一言だけ言いたい。福田よ。パンチパーマを命じた福田よ。息子が口をきいてくれないので何とかしてくれないか」とコメントを寄せている。

(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館

乃木坂46若月佑美が“スケバン”に ムロツヨシ&佐藤二朗も出演 追加キャスト発表

「今日から俺は!!」に出演する「乃木坂46」の若月佑美さん=日本テレビ提供
「今日から俺は!!」に出演する「乃木坂46」の若月佑美さん=日本テレビ提供

 アイドルグループ「乃木坂46」の若月佑美さんが、日本テレビの10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演することが4月26日、明らかになった。若月さんは、橋本環奈さん演じる“女番長”早川京子を慕う、ドラマオリジナルのキャラクターの“スケバン”川崎明美を演じる。同じく、ドラマオリジナルのキャラクター・椋木先生をムロツヨシさんが演じ、赤坂理子(清野菜名さん)の父役で佐藤二朗さん、主人公・三橋貴志(賀来賢人さん)と伊藤真司(健太郎さん)の“舎弟”佐川直也役で柾木玲弥さんも出演する。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんの人気ヤンキーマンガ。軟葉高校の「どんなことをしてでも勝つ!」が信条の金髪パーマの三橋と、トンガリ頭の伊藤のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれる姿を描く青春コメディーで、コミックスの累計発行部数は4000万部を突破している。ドラマは「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」などの福田雄一さんが脚本と監督を務める。

 ◇川崎明美役の若月佑美さんのコメント

 偶然にも原作を読んでいた身として、ドラマ「今日から俺は!!」に出演させていただけてとてもうれしいです。福田監督には、他のお仕事で何度かお世話になりましたが、ドラマでの福田組への参加は初めてなので、一生懸命しがみついていきたいと思います!

 ◇椋木先生役のムロツヨシさんのコメント

 賀来賢人が主演と福田さんから聞きまして、邪魔したいとお伝えしたところ、快諾いただきましたので、この場を借りて宣言したいと思います。今日から俺は!! しっかりと! 賀来を! 若い役者さんたちを! 支えず! 邪魔して! 見守りたい! ムロツヨシです!!

 ◇理子の父役の佐藤二朗さんのコメント

 今までいろんな作品でいろんな役をやってきたが、よく考えるとヤンキードラマにはあまり出演経験がない。今回は、血気盛んで前のめりな若い俳優たちと、思い切りハジけたい。で、ひとり、筋肉痛に苦しみたい。数日たって訪れる筋肉痛を楽しみたい。夜露死苦(古い)。

 ◇佐川直也役の柾木玲弥さんのコメント

 三橋、伊藤の同級生、佐川を演じさせていただきます。ガツガツツッパっていきたいと思います。台本を読ませていただいて、この本が形になるのかと思うと、楽しみで楽しみで仕方ありません。その一員になれたことがうれしくもあり、そしてより頑張ろうと思いました。よろしくお願いします!<br />

=日本テレビ提供
=日本テレビ提供
=(C)西森博之/小学館
=(C)西森博之/小学館
=(C)西森博之/小学館
=(C)西森博之/小学館

“女番長”早川京子役に橋本環奈 赤坂理子役は清野菜名

「今日から俺は!!」のキャラクター・早川京子と橋本環奈さん(C)西森博之/小学館
「今日から俺は!!」のキャラクター・早川京子と橋本環奈さん(C)西森博之/小学館

 女優の橋本環奈さん、清野菜名さんが日本テレビの2018年10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演することが4月19日、明らかになった。橋本さんは、軟葉高校の伊藤真司(健太郎さん)の彼女で女子校の“女番長”早川京子、清野さんは伊藤の相棒の主人公・三橋貴志(賀来賢人さん)に恋する赤坂理子を演じる。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんの人気ヤンキーマンガ。軟葉高校の「どんなことをしてでも勝つ!」が信条の金髪パーマの三橋と、トンガリ頭の伊藤のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれる姿を描く青春コメディーで、コミックスの累計発行部数は4000万部を突破している。ドラマは「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」などの福田雄一さんが脚本と監督を務める。

 ◇早川京子役の橋本環奈さんのコメント

 今回私は愛すべき不良コンビ、二人のうち「伊藤真司」の彼女となる早川京子役を務めさせていただきます。京子は怒らせると登場人物の誰よりも怖い元ヤンキーという役柄なので迫力ある脅迫、怒声などリアリティーを感じていただけるお芝居ができるように頑張りたいと思います。

 今まで演じたことのない役なので楽しみでもありますが、ストレス発散につながって癖にならないようにしないといけませんね(笑い)。監督は映画でもご一緒した福田雄一監督ということもあって、気心は知れていますが、むちゃぶりに関しては天下一なので初連ドラでの演出にどう無理難題を要求されるか楽しみでもありながら戦々恐々な思いです。一癖も二癖もある皆さんと同級生となり、新たな高校生活を始められると思うと、今から楽しみです。(ヤンキーとしてなので不良娘となる私をお父さん、お母さん許してください)

 ◇赤坂理子役の清野菜名さんのコメント

 今回、初めて福田組に参加させていただくことになり今から楽しみです。「今日から俺は!!」という作品は、男性キャストが多く、女性キャストが少ないですが、負けないように、パワフルに暴れて、いっぱいふざけて、思いっきり楽しもうと思います!!

赤坂理子と清野菜名さん(C)西森博之/小学館
赤坂理子と清野菜名さん(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館
(C)西森博之/小学館

三橋&伊藤の“最大の敵”開久高校・片桐役は鈴木伸之 相良役は磯村勇斗 追加キャスト発表

「今日から俺は!!」のキャラクター・片桐智司と鈴木伸之さん(C)西森博之/小学館
「今日から俺は!!」のキャラクター・片桐智司と鈴木伸之さん(C)西森博之/小学館

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さん、俳優の磯村勇斗さんが、日本テレビの2018年10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演することが4月12日、明らかになった。鈴木さんは、軟葉高校の三橋(賀来賢人さん)と相棒の伊藤真司(健太郎さん)の“最大の敵”となる“最強最悪”開久高校の頭・片桐智司、磯村さんは卑劣で非道な開久高校のナンバー2・相良猛を演じる。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんの人気ヤンキーマンガ。軟葉高校の「どんなことをしてでも勝つ!」が信条の金髪パーマの三橋貴志と、トンガリ頭の伊藤真司のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれる姿を描く青春コメディーで、コミックスの累計発行部数は4000万部を突破している。ドラマは「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」などの福田雄一さんが脚本と監督を務める。

 ◇片桐智司役の鈴木伸之さんのコメント

 今回、発行部数4000万部超えという原作ファンがたくさんいらっしゃる作品の実写化ということで、出演させていただけることを光栄に思います。また、原作ファンの方々にも、そして新しくこのドラマを通して見てくださる皆様にも楽しんでいただけるように僕も微力ながら貢献していけたらと思っています! 撮影はこれからですが、ぜひこのドラマに皆様期待してください! よろしくお願いいたします!

 ◇相良猛役の磯村勇斗さんのコメント

 この度、福田雄一監督の作品に出演させていただくこと、とてもうれしく思います。「今日から俺は!!」のヤンキー原作がどのような作品になるのか、今から楽しみでうずうずしています。ヒールの相良猛としっかり向き合って作品に臨みたいです。

相良猛と磯村勇斗さん(C)西森博之/小学館
相良猛と磯村勇斗さん(C)西森博之/小学館

三橋の相棒・伊藤役は健太郎 太賀と矢本悠馬も出演

「今日から俺は!!」のキャラクター・伊藤と健太郎さん (C)西森博之/小学館
「今日から俺は!!」のキャラクター・伊藤と健太郎さん (C)西森博之/小学館

 俳優の健太郎さんと太賀さん、矢本悠馬さんが、日本テレビの10月期の連続ドラマ「今日から俺は!!」に出演することが4月5日、明らかになった。健太郎さんは主人公・三橋(賀来賢人さん)の相棒の伊藤真司、太賀さんは紅羽高校の番長・今井勝俊、矢本さんは今井を尊敬する谷川安夫を演じる。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森博之さんの人気ヤンキーマンガ。軟葉高校の「どんなことをしてでも勝つ!」が信条の金髪パーマの三橋貴志と、トンガリ頭の伊藤真司のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれる姿を描く青春コメディーで、コミックスの累計発行部数は4000万部を突破している。ドラマは「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」などの福田雄一さんが脚本と監督を務める。

 ◇健太郎さんのコメント

 このような大きな役をいただけてびっくりしたのが最初の感想です。今は、とてもうれしい気持ちと不安な気持ちと、撮影が待ち遠しい気持ちが入り混ざっている状態です。福田組への参加も今回初めてなので、先輩方のお芝居、アプローチの仕方など、たくさん学んで自分のものにして、最後は全員を食うくらいの気持ちで気合を入れています! 賀来さん演じる三橋の良きライバル、良き相棒になりたいです! お楽しみに!

 ◇太賀さんのコメント

 まさか参加できるとは想像もしてませんでした。撮影が楽しみでなりません。誠心誠意、つっぱります。『リーゼントにするので前髪切らないでください』って言われたので、前髪伸ばし中です。メンチ切る練習、始めました。漢(おとこ)を貫いて頑張ります。どうかよろしくお願いします。

 ◇矢本悠馬さんのコメント

 「今日から俺は!!」は、西森先生の作品で一番好きで、極悪ひきょうな三橋からは、男の格好の付け方みたいなものを学ばせていただきました(笑い)。そして待望の福田組!! 腕の立つ役者さんたちがたくさんいて、様子をうかがってる時間のない現場だと思っております。なんやろ、一暴れしに行くか!って感じです。

「今日から俺は!!」のキャラクター・今井と太賀さん (C)三宅英文 (C)西森博之/小学館
「今日から俺は!!」のキャラクター・今井と太賀さん (C)三宅英文 (C)西森博之/小学館
「今日から俺は!!」のキャラクター・谷川と矢本悠馬さん (C)西森博之/小学館
「今日から俺は!!」のキャラクター・谷川と矢本悠馬さん (C)西森博之/小学館

「今日から俺は!!」が福田雄一監督で初の連ドラ化 三橋役は賀来賢人

ドラマ「今日から俺は!!」に主演する賀来賢人さん(左)と原作の三橋貴志(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
ドラマ「今日から俺は!!」に主演する賀来賢人さん(左)と原作の三橋貴志(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガ「今日から俺は!!」が初めて連続ドラマ化され、主人公の三橋貴志を、俳優の賀来賢人さんが演じることが3月29日、明らかになった。「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)や映画「銀魂」などの福田雄一さんが脚本と監督を務め、今年10月期に放送される。日本テレビの連続ドラマで初主演を務める賀来さんは「『本当に僕ですか? 山崎賢人と賢人間違いじゃないですか?』とすごく驚きました」と胸中を明かしている。

 「今日から俺は!!」は、1988~97年に「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載され、コミックスの累計発行部数が4000万部を突破する人気マンガ。軟葉高校の“どんなことをしてでも勝つ!”が信条の金髪パーマの三橋貴志と、“トンガリ頭”の伊藤真司の“ツッパリコンビ”が、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれる姿を描く青春コメディー。

 なお、人気キャラクターの伊藤や今井勝俊のキャストは後日発表される。ドラマは、10月から毎週日曜に放送。

 ◇三橋貴志役の賀来賢人さんのコメント

 主演をやらせていただけると聞いたときは、「本当に僕ですか? 山崎賢人と賢人間違いじゃないですか?」とすごく驚きましたが、自分自身、役者として“主演”を意識し始めていた時期だったというのと、それを福田監督と共にできるという喜びが驚き以上にありました。原作は、小学生の頃に親友から貸してもらい、数ページに一度は笑ってしまうくらい、どハマりした作品です。そんな作品の主演・三橋貴志を演じられて非常に光栄です。高校生役ですので、若さを見せられるよう、体作りはもちろん、アクションシーンもあるので、今からしっかり準備していきたいです。

 ◇脚本・監督の福田雄一さんのコメント

 ここ最近、ヤンキー物をやりたい!と言い続けていたタイミングでこの話を頂きました。30~40代の方々が世代の、伝説のヤンキーマンガだと教えていただき、実際読んで見ると、これは今まで見てきたヤンキーマンガとは違うなと、これなら絶対面白いドラマになる、と思いました。この先発表される他キャストも、今一番見てみたい! そして数年後には日本の役者の中心にいるであろう人たちが集まっていますので、ぜひ、そちらもご期待ください。

 1980年代が舞台になっていますので、小中学生から見ると、「この髪形なんだ?」「この服装は?」という不思議なものを見るような、新鮮な気持ちで、そして、30代、40代の方々にとっては、懐かしの映像、世界を楽しんでいただけると思います。どの世代が見ても笑ってもらえる作品にしますので、10月までぜひ楽しみに待っていてください。

 ◇原作の西森博之さんのコメント

 今日俺がドラマ化するかも……。そう言われたのはいつの頃だったか。実は「お茶にご」(「お茶にごす。」)と「道士郎」(「道士郎でござる」)で何度もそういう話があったのです。しかし、やっぱりなしになりました。そんなドラマはしません。ほかのにします。(そっちの方がいい作品ですからヒヒヒ)何度もそう言われ続けた僕は、今回もそのパターンだろうとまるで期待していませんでした。しかし、コメントとか……やるのかな? 本当に? なんでも、時代性をまんまでやりたいとか! ぐ、具体的だなあ。本当にやるのかなあ。

 ――賀来さんと福田監督のコメントを受けて

 むう、このコメントは……。年下のお兄さんたちがやる気になってる。(年下のお兄さんとは、自分より若いのに思わず敬語で話しかけてしまうような、頼りになりそうな人のことである。)<西森談>これはやるな、本当に今日俺が帰って来るな。僕が怒らなくてもこの兄貴たちが怒るだろう。彼らに任せておけば安心だ! 後は寝て待つばかりだ。

 ◇高明希プロデューサーのコメント

 「今日から俺は!!」は、連載当時から大好きすぎて、容易に「やりたい」とは言えない作品でした。ですが、「スーパーサラリーマン左江内氏」で、福田雄一という作家に出会い、恐れ多くも「やりたい」と手を挙げる勇気が出ました。福田さんは、原作の面白さを生かせ、なおかつドラマとしての笑いに昇華できる稀有(けう)な方です。しかも、この絶妙なタイミングで、役者として脂がのった賀来賢人が居るという幸せ。2人がそろわなければ、絶対に手を挙げられませんでした。西森先生、“年下のお兄さんたち”やります! 10月を寝て待っていてください!

(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供
(C)西森博之/小学館=日本テレビ提供