天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学

  • キャスト:
    上田晋也▽松下奈緒▽西田敏行▽高嶋政伸▽オカリナ(おかずクラブ)
  • 放送日:
    日本テレビ系
    2018年5月4日午後9時から放送
UPDATE

天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学あらすじ

 ドラマ「天才バカボン3」は、故・赤塚不二夫さんの傑作ギャグマンガ「天才バカボン」を「くりぃむしちゅー」の上田晋也さん主演で実写化したスペシャルドラマの第3弾。ゲスト俳優として西田敏行さんが出演する。西田さんは、上田さん演じるバカボンのパパの母校・バカ田大学の紙一重(かみひとえ)教授を演じる。

 第3弾はバカボンのパパの母校・バカ田大学が舞台。パパが学生時代から天才だった秘密や、パパとママ(松下奈緒さん)が初めて出会った秘密の出来事、パパの恩師である紙一重教授(西田さん)との奇妙な研究プロジェクトなどが描かれる。

 上田さん、松下さん、西田さんのほか、第1弾から引き続き、レレレのおじさん役で小日向文世さん、おまわりさん役で高嶋政伸さん、バカボン役で「おかずクラブ」のオカリナさんらが出演する。「天才バカボン3」はゴールデンウイークに放送。

天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学キャスト

上田晋也▽松下奈緒▽西田敏行▽高嶋政伸▽オカリナ(おかずクラブ)

天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学放送日

日本テレビ系
2018年5月4日午後9時から放送

<テレビ試写室>「天才バカボン3」 西田敏行の参加でワンランク上のホームドラマに 5月4日放送

4日午後9時から放送される「天才バカボン3」(日本テレビ系)=日本テレビ提供
4日午後9時から放送される「天才バカボン3」(日本テレビ系)=日本テレビ提供

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、赤塚不二夫の名作ギャグマンガを「くりぃむしちゅー」の上田晋也さんら豪華キャストで実写化したスペシャルドラマ「天才バカボン3」(日本テレビ系)だ。

 「これでいいのだ」を合言葉に破天荒な手段でトラブルを解決しながらも、さらに大トラブルも巻き起こすバカボン一家が三度お茶の間に帰ってきた。今回は、西田敏行さんを筆頭に、東方神起、大塚寧々さん、ネプチューンの堀内健さん、厚切りジェイソンさん、ANZEN漫才、ミキと、各界から豪華キャストが集結した。もちろんバカボンのママ役の松下奈緒さん、バカボン役のオカリナさん、ハジメ役の早坂ひららちゃんをはじめとしたレギュラーメンバーも変わらず生き生きと活躍している。

 今回の舞台の一つとなるのが、バカボンのパパの母校「バカ田大学」。西田さん演じる紙一重教授の「世にも珍しい研究」を巡って、さまざまな物語が展開されるのだが、バカボンのパパと紙一重教授とのやりとりは秀逸。日本を代表する名優で、コメディーでも「釣りバカ日誌」を例に出すまでもない大御所の西田さんのキャラクターが、上田さん演じるバカボンのパパとかみ合うことで、ワンランク上のより楽しくコミカルなドラマに仕上がった。

 過激な設定の連ドラが多い中にあって、本シリーズはずっと家族で見られる「ホームドラマ」のスタンスを貫いているのは好感が持てる。前回から約1年5カ月たっての第3弾となったが、連ドラ化というよりは、ペースとしてはこのぐらいか、年1回ぐらいがちょうどいいのでは。個人的にはドラマとは関係ないものの、リアルタイム視聴が対象の「松阪牛プレゼント企画」が印象に残った。プレゼントまで何とも「ホームドラマ」なのだ。5月4日午後9時から放送。

東方神起、実写「天才バカボン」第3弾に出演 ホテルマンと本人の“2役”で物語のキーマンに

スペシャルドラマ「天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学」に出演する「東方神起」=日本テレビ提供
スペシャルドラマ「天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学」に出演する「東方神起」=日本テレビ提供

 韓国の人気男性2人組ユニット「東方神起」が、故・赤塚不二夫さんのギャグマンガ「天才バカボン」を「くりぃむしちゅー」の上田晋也さん主演で実写化したスペシャルドラマ(日本テレビ系)の第3弾「天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学」に出演することが5月2日、分かった。ドラマは全3話のオムニバス構成で、東方神起は第1話ではホテルマン役、第3話では本人役で出演する。東方神起が2人そろって本人役で日本のドラマに出演するのは、これが初めて。ドラマは5月4日午後9時放送。

 東方神起のユンホさんとチャンミンさんが演じるのは、メイ(堀内健さん)のアルバイト先の後輩のホテルマン。西田敏行さん演じる紙一重教授の人生を左右する重要な役どころという。物語は、ホテルマンの2人が10年後にスターになって帰ってくるという展開で、東方神起のステージ衣装をまとった姿で登場するシーンもある。

 ユンホさんは「アニメの『天才バカボン』を見たのですが、キャラクターが可愛くて、家族愛あふれる物語だったので、ドラマに出られることを楽しみにしていました。上田さんの演技はすごく面白いです。ぜひ、僕たちの出演するシーンも楽しみにしていてください!」とコメント。チャンミンさんは「東方神起2人で出演するのは初めてだったので、撮影はすごくワクワクしました。共演する堀内さんとは、久しぶりにお会いできてうれしかったです。ホテルマンのユニホームは初めて着ましたが、とてもカッコ良くて、スタッフの方々にも感謝しています!」と振り返っている。

 企画・プロデュースを担当した栗原甚さんは、東方神起を起用した理由について「今回、スペシャルドラマ第3弾を制作するにあたって、バカボンのパパの『学生時代』と『現在』(2018年)の姿を描きたいと思いました。そして登場人物の成長する姿&時間経過を描く際に、いま実際に活躍している人気アーティストをキャスティングし、『過去』の学生時代(若い頃)と『現在』の、両方の時代に出演してもらいたいと考えました。その時、頭に浮かんだのが……東方神起のお二人です」と明かしている。

 スペシャルドラマ第3弾は、バカボンのパパの母校・バカ田大学が舞台。パパが学生時代から天才だった秘密や、パパとママ(松下奈緒さん)が初めて出会った秘密の出来事、パパの恩師である紙一重教授との奇妙な研究プロジェクトなどが描かれる。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「天才バカボン」スペシャルドラマ第3弾GWに放送決定 ゲストに西田敏行

スペシャルドラマ「天才バカボン3」に出演する(左から)松下奈緒さん、西田敏行さん、上田晋也さん(C)日本テレビ
スペシャルドラマ「天才バカボン3」に出演する(左から)松下奈緒さん、西田敏行さん、上田晋也さん(C)日本テレビ

 故・赤塚不二夫さんの傑作ギャグマンガ「天才バカボン」を「くりぃむしちゅー」の上田晋也さん主演で実写化したスペシャルドラマの第3弾「天才バカボン3」が放送されることが3月30日、明らかになった。また、ゲスト俳優として西田敏行さんが出演することも発表された。西田さんは、上田さん演じるバカボンのパパの母校・バカ田大学の紙一重(かみひとえ)教授を演じる。

 第3弾はバカボンのパパの母校・バカ田大学が舞台。パパが学生時代から天才だった秘密や、パパとママ(松下奈緒さん)が初めて出会った秘密の出来事、パパの恩師である紙一重教授(西田さん)との奇妙な研究プロジェクトなどが描かれる。

 上田さん、松下さん、西田さんのほか、第1弾から引き続き、レレレのおじさん役で小日向文世さん、おまわりさん役で高嶋政伸さん、バカボン役で「おかずクラブ」のオカリナさんらが出演する。「天才バカボン3」は日本テレビ系でゴールデンウイークに放送。

 ◇上田晋也さんのコメント

 共演者の皆さんには、毎回、おんぶに抱っこなのですが、今回は特に、西田敏行さんには、抱っこひもで背負ってもらっているくらいに感じています。

 西田さんとの共演シーンでは、毎回、台本にはないアドリブがあったり、セリフの行間を描くような芝居が入ってきたり、「同じセリフでも、こんな表現方法や伝え方があるんだ!」と学ばせていただいています。スペシャルドラマ「天才バカボン」は、子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで、原作を知っている方から知らない方まで、十分に楽しんでいただける作品だと思いますので、ぜひ楽しみに待っていてください。

 ◇西田敏行さんのコメント

 今回、第3弾を迎えるスペシャルドラマ「天才バカボン」のクオリティーを壊さないように、しっかり演じたいと思って臨みました。私が演じるのは、あのバカ田大学の紙一重教授です。実は、ドラマの中で飼っている愛犬の名前が「アインシュタイン」という設定なので、自分も急きょ「アインシュタイン」風に変身させていただきました。私は、70歳になるんですが、この年になっても学ぶことは多いです。逆に、私が教えられることはまだないように思います。この撮影現場でも、皆さんが、僕にないものをいっぱい持っていらっしゃるので、吸い取りたい気持ちです。

 ◇松下奈緒さんのコメント

 スペシャルドラマ「天才バカボン」は、シリーズ3作目となるので、今回もとても楽しみです。実は、今日が撮影初日だったのですが、西田敏行さんと作品でご一緒するのは初めてで、とても緊張しました。西田さんがご出演されている作品は、子供のころから家族そろって拝見していまして、俳優として、尊敬する大先輩です。ドラマの撮影では、作品ごとにさまざまな方々と出会って、学ぶことがとても多いので、そういう充実した日々が続いてくれればいいなと思っています。

3

/3

目次