いだてん(大河ドラマ) キャスト

いだてん(大河ドラマ)キャスト

中村勘九郎▽阿部サダヲ
綾瀬はるか▽大竹しのぶ▽生田斗真▽中村獅童▽シャーロット・ケイト・フォックス▽竹野内豊▽役所広司▽杉本哲太▽杉咲花▽永山絢斗▽勝地涼▽ピエール瀧▽古舘寛治▽ビートたけし▽森山未來▽神木隆之介▽橋本愛▽峯田和伸(銀杏BOYZ)▽川栄李奈▽松尾スズキ▽山本美月▽田口トモロヲ▽宮崎美子▽志賀廣太郎▽池波志乃▽荒川良々▽武井壮▽平泉成▽井上肇▽近藤公園▽小澤征悦▽白石加代子▽高橋洋▽小泉今日子▽星野源▽松坂桃李▽松重豊▽岩松了▽永島敏行▽柄本時生▽ベンガル▽根岸季衣▽大方斐紗子

大河ドラマ「いだてん」のキャストは

主人公の子役に“素人さん” 演技経験なしも異例の抜てき

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で金栗四三の幼少時代を演じた久野倫太郎君 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で金栗四三の幼少時代を演じた久野倫太郎君 (C)NHK

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の前半の主人公・金栗四三(かなくり・しそう、中村勘九郎さん)の幼少時代を演じる子役に、演技経験のない“素人”が起用されている。金栗四三の地元・熊本県出身の久野倫太郎君で、撮影当時の年齢は7歳。同局の大河ドラマや朝ドラ(連続テレビ小説)では、子役の演技レベルの高さが近年、話題に上がることも多いが、倫太郎君は全国規模で開催されたオーディションを経て、異例の抜てきとなった。

 ドラマのチーフ演出・井上剛さんによると、オーディションには当然プロの子役も参加。全国で「1000から1500(人)くらいに会ったり話をした」といい、「主人公が持っている独特の“田舎もん”な感じや素朴さ。作っていない感じ。何色にも染まっていない子を探していたら、やっと最後の最後で見つかったのが“素人さん”だった。どうしようかなって思ったんですけど、“ま、いいか”って(笑い)。あとは地元の子というのも大きかった」と経緯を明かしている。

 井上さんによると、撮影現場では倫太郎君に「台本も渡さなかった」といい、「幸いそんなにもせりふがなかったんですけど……うまいこと導きながら撮っていった。だから、すごい(倫太郎君の)素の部分が出て、大人の俳優もすごく刺激される。『そんな新鮮な顔をするんだ』とか、プロの役者さんにはない魅力がすごくよかった」と振り返った。

 倫太郎君は13日放送の第2回「坊っちゃん」に登場する。井上さんは同回の倫太郎君の演技について「すごく面白いものになっている」と自信を深め、「(史実の中の)金栗さん自身もオリンピックなんて何も知らなくて、健康になりたくて走っていただけなのに、そのまま世界に連れていかれる。あまり計算高くない感じの人が主役にはいいなって思ったので、こういった“素人さん”にしたのかもしれないですね」と推し量っていた。

(C)NHK
(C)NHK

新キャストに桐谷健太、薬師丸ひろ子ら

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の会見に登場した阿部サダヲさん(中央)と発表された新キャスト
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の会見に登場した阿部サダヲさん(中央)と発表された新キャスト

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たなキャストが5月17日、東京・渋谷のNHKで発表された。会見には、第2部の主人公・田畑政治(たばた・まさじ)役の阿部サダヲさんとともに、麻生久美子さん、桐谷健太さん、薬師丸ひろ子さん、リリー・フランキーさん、加藤雅也さん、塚本晋也さんの新キャスト6人が登場。さらに、塩見三省さん、シソンヌ・じろうさんの出演も発表された。

 麻生さんは田畑の妻・菊枝、桐谷さんは新聞社の同僚、河野一郎、薬師丸さんはバー「ローズ」のママで占いをたしなむマリー、リリーさんは、田畑の上司で政治部長の緒方竹虎、塩見さんは第29代内閣総理大臣の犬養毅、加藤さんは外交官でIOC委員の杉村陽太郎、塚本さんは伯爵でIOC委員の副島道正、じろうさんは新聞記者の尾高をそれぞれ演じる。

 第2部は日本泳法に始まった黎明(れいめい)期から日本が世界一の水泳大国になっていく栄光の物語と共に、戦争により変容していくオリンピックの歴史を劇的に描く。

安藤サクラが大河初出演 “東洋の魔女”主将役 浅野忠信、チュートリアル徳井も初大河

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演が決まった安藤サクラさん (C)NHK
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演が決まった安藤サクラさん (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に女優の安藤サクラさんが出演する。安藤さんは“東洋の魔女”の異名をとった女子バレーボール日本代表チームの主将・河西昌枝を演じる。

 そのほか俳優の浅野忠信さんが自民党幹事長で、初のオリンピック担当大臣の川島正次郎役、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんが1964年東京五輪・女子バレーボール日本代表監督の大松博文役で出演することも発表された。安藤さん、浅野さん、徳井さんは共に今回が初の大河ドラマ出演となる。

(C)NHK
(C)NHK
お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん(左) (C)NHK
お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん(左) (C)NHK

三谷幸喜が市川崑監督役で出演 「東京五輪音頭」三波春夫役にハマケン

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演が決まった三谷幸喜さん (C)NHK
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演が決まった三谷幸喜さん (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に脚本家の三谷幸喜さんが出演する。映画監督の市川崑監督を演じる。

 1964年の東京オリンピック公式記録映画「東京オリンピック」総監督を務めた市川崑監督。黒澤明監督に代わり、急きょ「東京オリンピック」の監督に就任し、「記録映画も美しく撮ればいい」の言葉どおり、完成した作品は極めて芸術性の高いものとなり、当時の興行記録を塗り替える大ヒットとなる……という役どころだ。

 さらに、日本建築界の巨匠・丹下健三役で松田龍平さん。東京オリンピック組織委員会会長・津島寿一役で井上順さん、内閣総理大臣・池田勇人役で立川談春さん、「東京五輪音頭」が大ヒットする歌手・三波春夫役で浜野謙太さん、黒澤明監督役でバンド「怒髪天」の増子直純さん、田畑政治の娘・あつ子役で吉川愛さんの出演も発表された

 そのほか、東京五輪の最終聖火ランナー・坂井義則役で井之脇海さん、国立競技場のすぐそばにある食堂「水明亭」の店主役でカンニング竹山さん、グラフィックデザイナーの亀倉雄策役で前野健太さん、東京オリンピック選手村の料理長・黒田大輔役で村上信夫さん、東京オリンピック組織委員会選手強化本部・副本部長の大島鎌吉役で平原テツさん、国旗のスペシャリストで組織委員会式典課の吹浦忠正役で須藤蓮さん、ボランティア通訳・大河原やす子役で川島海荷さん、航空自衛隊パイロットの松下治英役で駿河太郎さんも登場する。

 また、ドラマの初回に登場したお笑いトリオ「東京03」の角田晃広さんの役柄がタクシー運転手・聖火リレー踏査隊員の森西栄一であることも明らかにされた。

いだてん(大河ドラマ)NHK総合など
2019年1月6日から放送