いだてん(大河ドラマ) 視聴率

初回視聴率15.5% 「西郷どん」超えの好発進

2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で主演を務める中村勘九郎さん(左)と阿部サダヲさん
2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で主演を務める中村勘九郎さん(左)と阿部サダヲさん

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第1回「夜明け前」が1月6日に放送され、平均視聴率は15.5%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。昨年の大河ドラマ「西郷どん」の初回15.4%を上回った。

 第1回「夜明け前」は、時は1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけしさん)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本の五輪初参加にまつわる噺(はなし)。1909年、柔道の創始者の嘉納治五郎(役所広司さん)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。

 スポーツという言葉すら知られていない時代。果たして、初めての派遣選手をどう選ぶのか。日本オリンピック史の1ページ目がここに開かれる……という展開だった。

第2回視聴率は12.0%で3.5ポイントダウン 金栗四三の知られざる少年時代…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第2回「坊っちゃん」が1月13日に放送され、平均視聴率は12.0%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第1回「夜明け前」の15.5%を3.5ポイント下回った。

 第2回「坊っちゃん」で、テレビ寄席で志ん生(ビートたけしさん)が語るのは、日本初の五輪選手となった金栗四三(中村勘九郎さん)の知られざる熊本での少年時代。学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三だが、軍人に憧れて海軍兵学校を受けるも不合格に。体を鍛えても無駄だと落ち込む四三だが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるかさん)に励まされ、嘉納治五郎(役所広司さん)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する……という内容だった。

第3回視聴率13.2%で回復 四三、マラソンと運命の出会い

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第3回「冒険世界」が20日に放送され、平均視聴率は13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。第1回でマークした15.5%には及ばなかったものの、前週第2回の12.0%から1.2ポイント回復した。

 第3回「冒険世界」は、家族の期待を一身に背負って上京した金栗四三(勘九郎さん)だったが、東京高等師範学校での寮生活になじめない。夏休みの帰省では、スヤ(綾瀬はるかさん)に見合い話があると聞かされ、傷心のまま東京に戻った四三は、偶然、三島弥彦(生田斗真さん)ら天狗倶楽部による奇妙な運動会を目にする。それがマラソンとの運命の出会いで……という展開だった。

第4回視聴率は11.6% 四三はマラソンに夢中!?

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第4回「小便小僧」が1月27日に放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第4回「小便小僧」は、東京・浅草の町中でマラソンと運命的な出合いを果たした四三(勘九郎さん)は、東京高等師範学校のマラソン大会に出場することに。並々ならぬ気合を持ってレースに臨んだ四三は、スタートの出遅れをものともせず、ぐんぐんと順位を上げ、3位となる。表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司さん)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習をする四三。その頃の嘉納は、日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた……という展開だった。

第5回視聴率は10.2%と1.4ポイントダウン 四三、ライバルたちと激しいデッドヒートの末…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第5回「雨ニモマケズ」が2月3日に放送され、平均視聴率は10.2%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。番組ワーストだった前週第4回の11.6%からさらに1.4ポイント下げた。

 第5回「雨ニモマケズ」は、高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけしさん)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然、五輪の噺(はなし)を始める。時は明治44年、五輪への参加選手を決める羽田の予選会。全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真さん)は急きょ短距離走に参戦する。一方、四三(勘九郎さん)は、10里、およそ40キロという未体験の長さのマラソンに挑む。ライバルたちとの激しいデットヒートの先に、憧れの嘉納治五郎(役所広司さん)の待つゴールを目指す……という展開だった。

第6回視聴率は9.9%で初の2桁割れ 四三、オリンピック派遣を拒否?

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第6回「お江戸日本橋」が2月10日に放送され、平均視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。番組ワーストだった前週第5回の10.2%からさらに下げ、初の2桁割れとなった。

 第6回「お江戸日本橋」は、ストックホルム五輪に出場する陸上選手を決める予選会のマラソンで世界記録で優勝し、金メダル候補に躍り出た四三(勘九郎さん)。しかし当の本人は五輪に「行きとうなかです……」と返答し、大日本体育協会の会長の嘉納治五郎(役所広司さん)を怒らせてしまう。一方、若き日の志ん生こと孝蔵(森山未來さん)も師匠・橘家円喬(松尾スズキさん)に、「車夫ならば、落語に登場する東京の街並みを足で覚えながら芸を磨け」とヒントをもらい……という展開だった。

第7回視聴率は9.5%で番組ワースト更新 四三&弥彦、五輪行きに家族は…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第7回「おかしな二人」が2月17日に放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。番組ワーストだった前週第6回の9.9%からさらに下げた。

 第7回「おかしな二人」は、大日本体育協会の会長・嘉納治五郎(役所広司さん)の説得を受け、ストックホルムオリンピックへの出場を決意した四三(勘九郎さん)。治五郎の口車にのせられて自費で渡航費・滞在費を用意しなければならなり、兄・実次(中村獅童さん)に資金援助の手紙を出すが、いっこうに返事がなく困り果てる。一方、“運動会の覇王”こと三島弥彦(生田斗真さん)もオリンピック出場に家族の理解を得られず……という展開だった。

第8回視聴率は9.3% 出発の日、弥彦の名を叫ぶ声…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第8回「敵は幾万」が2月24日に放送され、平均視聴率は9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。番組ワーストだった前週第7回の9.5%からさらに下げた。

 第8回「敵は幾万」は、オリンピックに出場する四三(中村勘九郎さん)のため、渡航費と滞在費合わせて1800円という大金を抱えて、熊本から東京にやってきた実次(中村獅童さん)。四三は実次から、スヤ(綾瀬はるかさん)の働きかけで資金を得られたと知る。四三と弥彦(生田斗真さん)がストックホルムへ出発する日、「敵は幾万」の大合唱に見送られ、2人を乗せた汽車が動き出した瞬間、弥彦の名を叫ぶ声が聞こえてきて……という展開だった。

第9回視聴率は9.7%とやや回復 17日間にも及ぶ長旅に四三は…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第9回「さらばシベリア鉄道」が3月3日に放送され、平均視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。番組ワーストだった前週第8回の9.3%から0.4ポイント回復した。

 第9回「さらばシベリア鉄道」は、1912(明治45)年5月、決戦の地・ストックホルムに向け出発した四三(勘九郎さん)と弥彦(生田斗真さん)は、シベリア鉄道を使って、大陸を西へと向かう。しかし、17日間にも及ぶ長旅は四三を疲弊させる。一方、孝蔵(森山未來さん)は、師匠・円喬(松尾スズキさん)に「朝太」という名を授かり、噺(はなし)家デビューに歩み出す……という展開だった。

第10回視聴率8.7%と初の8%台 白夜に苦しむ四三 弥彦もボロボロ…?

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第10回「真夏の夜の夢」が3月10日に放送され、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。前週第9回の9.7%から1.0ポイント下げ、初の8%台となった。

 第10回「真夏の夜の夢」で、四三(中村勘九郎さん)と弥彦(生田斗真さん)は長旅の末、ついに決戦の地・ストックホルムに到着。しかし、四三は夜になっても明るい白夜に苦しめられる。一方で弥彦も、外国人選手との明らかな差に自信を喪失。ついに正気を失い、とんでもない行為に出る。その頃、「朝太」になった孝蔵(森山未來さん)も、円喬(松尾スズキさん)の話術を必死に盗もうと取り組むが、そのすごさに圧倒される……という展開だった。

第11回視聴率8.7% 四三と弥彦、夢の大舞台へ!

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第11回「百年の孤独」が3月17日に放送され、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。

 第11回「百年の孤独」は、ストックホルムオリンピックの開幕直前、プラカードの表記を巡って、珍しく強硬な態度に出る四三(中村勘九郎さん)。迎えた開会式当日、満員のスタジアムを堂々と行進する四三と弥彦(生田斗真さん)の姿があった。そして弥彦は、日本選手のトップバッターとして100メートル走に挑む……という展開だった。

第12回視聴率9.3%とやや回復 記録的な暑さで異変 四三、ゴールはかなわず…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第12回「太陽がいっぱい」が3月24日に放送され、平均視聴率は9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、前週の8.7%(同)からやや回復した。

 第12回「太陽がいっぱい」は、“夢の大舞台”ストックホルムオリンピックのマラソンレースがついにスタート。序盤は順調に順位を上げていく四三(中村勘九郎さん)だったが、記録的な暑さと石畳の道の影響で体に異変が起こり、幼い頃の自分の幻影を見る。ゴールで待つ治五郎(役所広司さん)や弥彦(生田斗真さん)は戻らない四三を必死に捜すが……という展開だった。

第13回視聴率8.5% 番組ワースト更新

2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で主演を務める中村勘九郎さん(左)と阿部サダヲさん
2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で主演を務める中村勘九郎さん(左)と阿部サダヲさん

  宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第13回「復活」が3月31日に放送され、平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。第10回と第11回の8.7%を下回り、番組ワーストを更新。8週連続の1桁となった。

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「“東京”と“オリンピック”」で、大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、86年の「いのち」以来33年ぶり。中村勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三(かなくり・しそう)、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者の田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。

第14回視聴率9.6% 2週ぶり放送で上昇も2桁届かず

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第14回「新世界」が4月14日に放送され、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。2週ぶりの放送で、第13回の番組ワースト8.5%から上昇したものの、2桁には届かなかった。

 第14回「新世界」では、ストックホルムオリンピックを終えた四三(中村勘九郎さん)は、“4年後”に向けて再出発を図るが、報告会で大勢の高師の仲間が四三の健闘をたたえる中、敗因を問いただす女性が出現。永井道明(杉本哲太さん)の弟子・二階堂トクヨ(寺島しのぶさん)である。永井とトクヨはオリンピックでの敗北を受け、娯楽スポーツではなく強じんな肉体を作る体育の推進を改めて主張し……という展開だった。

第15回視聴率8.7% 10話連続一桁に

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第15回「あゝ結婚」が4月21日に放送され、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。同作の視聴率は第6回から10話連続で一桁が続いている。

 第15回は、四三に、夫・重行(高橋洋さん)を亡くしたスヤ(綾瀬はるかさん)との見合い話が浮上する。故郷の熊本に帰って早々、思いも寄らない展開に戸惑う四三だったが、四三の兄・実次(中村獅童さん)と重行の母・幾江(大竹しのぶさん)に強引に押し切られる形でスヤと晴れて祝言をあげることに。しかし、四三はスヤを残して東京へ。次のベルリンオリンピックで勝つために、四三はスヤの理解を得て練習に打ち込む……という展開だった。

第16回7.1%で番組ワースト 第17回は7.7% 10連休も苦戦で12話連続1桁に

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第16回「ベルリンの壁」が4月28日に放送され、平均視聴率は7.1%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)で第13回の8.5%を下回り、番組ワーストを記録した。また5月5日放送の第17回「いつも2人で」の平均視聴率は7.7%で、10連休となったゴールデンウィーク中も苦戦し、第6回以降、12話連続で1桁台が続いている。

第18回視聴率8.7%で1桁台続く 四三&スヤに新たな家族 孝蔵と清さんの友情が…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第18回「愛の夢」が5月12日に放送され、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。第6回以降、13話連続で1桁台が続いている。

 第18回では、四三(勘九郎さん)の妻・スヤ(綾瀬はるかさん)の妊娠が明らかになる。英国留学から帰国した二階堂トクヨ(寺島しのぶさん)は、女性が自由に体を動かせる「チュニック」と「ダンス」を持ち帰り、シマ(杉咲花さん)らは目を輝かせる。一方、孝蔵(森山未來さん)は、美川(勝地涼さん)と小梅(橋本愛さん)の起こしたトラブルに巻き込まれてさんざんな状況に。腐りそうな孝蔵を親友の清さん(峯田和伸さん)が激励し……という展開だった。

第19回「箱根駅伝」 視聴率8.7%で1桁台続く

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第19回「箱根駅伝」が5月19日に放送され、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。第6回以降、14話連続で1桁台が続いている。

 第19回では、フランスから治五郎(役所広司さん)の元に届いた手紙には、ストックホルムから8年ぶりにアントワープオリンピックが開催されるというニュースが書かれていた。新しい「箱根駅伝」の構想に力を注ぐ四三(勘九郎さん)だったが、やはりオリンピック開催こそ待ち望んだもの。遠い熊本で離れて子育てに励むスヤ(綾瀬はるかさん)を訪ね、次こそ金メダルをとって引退し、家族と暮らす約束をする……という展開だった。

第20回「恋の片道切符」視聴率8.6%で1桁続く 四三、2度目のオリンピックも惨敗!?

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第20回「恋の片道切符」が5月26日に放送され、平均視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。2桁台に回復ならず、第6回以降、15話連続で1桁が続いている。

 第20回では、治五郎(役所広司さん)の強い思いが通じ、マラソンがオリンピックに復活。アントワープ大会で四三(勘九郎さん)は、後輩ランナーたちと激走を繰り広げるが、結果は16位と、またもや惨敗してしまう。帰国後、四三不在の中、野口(永山絢斗さん)が各選手の奮闘を伝えるも、記者たちからの激しい批判を受ける。夫を迎えにきたスヤ(綾瀬はるかさん)は、夫の長きにわたる闘いは金メダルだと反論。その頃、敗北した四三は因縁のドイツの地をさまよっていた……という展開だった。

第21回「櫻の園」視聴率8.5%で1桁続く 四三、女子スポーツの世界へ!

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第21回「櫻の園」が6月2日に放送され、平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。2桁台に回復ならず、第6回以降、16話連続で1桁が続いている。

 第21回では、ベルリンで、戦災に負けずにたくましくスポーツを楽しむ女性たちの姿から大いに刺激を受けた四三(勘九郎さん)。帰国するとスヤ(綾瀬はるかさん)から引退して熊本に帰るよう頼まれるが、その胸には日本に女子スポーツを根付かせるという固い決意が生まれていて……という展開だった。

第22回「ヴィーナスの誕生」視聴率6.7%でワースト更新

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第22回「ヴィーナスの誕生」が6月9日に放送され、平均視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。第16回7.1%で記録した番組ワーストを更新した。同回では、世界的ダンサーの菅原小春さんが登場した。

 第22回では、四三(勘九郎さん)の熱血指導によってスポーツに打ち込む女学生たち。教え子の富江(黒島結菜さん)は、おしゃれなユニホーム姿が話題になり、一躍、運動界のアイドル的な存在となるが、そんな富江の前に日本人女性離れした見事な体格の人見絹枝(菅原さん)が立ちはだかる。一方、真打昇進を果たしてもすさんだ生活を送る孝蔵(森山未來さん)には、見合い話が舞い込む……という展開だった。

第23回「大地」視聴率6.9% かけっこ対決に破局危機 関東大震災が発生…

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第23回「大地」が6月16日に放送され、平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。前週第22回の番組ワースト6.7%から微増したものの、1桁台が続いている。

 第23回では、四三(勘九郎さん)の解雇に反対し、教室に立てこもった富江(黒島結菜さん)ら女学生たち。シマ(杉咲花さん)の提案で、富江は父の大作(板尾創路さん)とかけっこ対決することに。一方、治五郎(役所広司さん)はスポーツが育ってきた東京でオリンピックを開催できるよう神宮外苑競技場の完成を急ぐ。孝蔵(森山未來さん)とおりん(夏帆さん)夫婦は、貧乏と孝蔵の酒浸りの生活のせいで破局寸前に。そんな折、関東大震災が発生! 混乱の中で孝蔵は妻をかばう……という展開だった。