いだてん(大河ドラマ) あらすじ

いだてん(大河ドラマ)あらすじ

 ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」は、宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHK大河ドラマ。大河ドラマのテーマは「オリンピック」で、日本人が初めてオリンピックに出場した明治の終わりから、東京にオリンピックがやってきた1964年までの、およそ50年を描くオリジナルストーリー。戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇になるという。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは86年の「いのち」以来、33年ぶり。

 主演は、中村勘九郎さんと阿部サダヲさん。勘九郎さんは日本人初のオリンピック出場選手の金栗役、阿部さんはコーチとして日本水泳の礎を築き、「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治役で、勘九郎さんと阿部さんは“リレー”形式で主演のバトンをつなぐという。放送は2019年1月から。

大河ドラマ「いだてん」のあらすじは

第2回「坊っちゃん」のあらすじ 金栗四三の知られざる少年時代と青春の日々… 綾瀬はるかも登場

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第2回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第2回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の第2回「坊っちゃん」が1月13日放送される(総合・午後8時ほか)。ドラマの前半の主人公・金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎さん)の物語がスタート。四三の知られざる少年時代と青春の日々が描かれる。四三の幼なじみの春野スヤ役で綾瀬はるかさんが登場する。

 この日、テレビ寄席で志ん生(ビートたけしさん)が語るのは、日本初のオリンピック選手となった金栗四三の知られざる熊本での少年時代。学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三だが、軍人に憧れて海軍兵学校を受けるも不合格に。身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤに励まされ、嘉納治五郎(役所広司さん)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第3回「冒険世界」のあらすじ 四三、ショック… スヤが見合い? 運命の出会いも!

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第3回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第3回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の第3回「冒険世界」が1月20日放送される(NHK総合で午後8時ほか)。東京高等師範学校での新生活をスタートさせた金栗四三(かなくり・しそう、中村勘九郎さん)。幼なじみのスヤ(綾瀬はるかさん)に見合い話が舞い込んでいることを知り、ショックを受ける。その一方で、四三の人生を変える運命の出会いが迫っていた……。

 家族の期待を一身に背負って上京した四三だったが、東京高等師範学校での寮生活になじめない。夏休みの帰省では、スヤ(綾瀬さん)に見合い話があると聞かされ、傷心のまま東京に戻った四三は、偶然、三島弥彦(生田斗真さん)ら天狗倶楽部による奇妙な運動会を目にする。それがマラソンとの運命の出会いだった。

 一方、浅草の不良青年、美濃部孝蔵(森山未來さん)も落語にのめり込もうとしていた。のちの大名人、古今亭志ん生への第一歩が踏み出される。

第4回「小便小僧」のあらすじ 四三、マラソンに夢中! 嘉納治五郎の言葉に発奮し…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第4回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第4回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第4回「小便小僧」が1月27日放送される(NHK総合で午後8時ほか)。浅草の町中でマラソンと運命的な出合いを果たした金栗四三(かなくり・しそう、中村勘九郎さん)は、東京高等師範学校のマラソン大会に出場することに。並々ならぬ気合を持ってレースに臨んだ四三は、スタートの出遅れをものともせず、ぐんぐんと順位を上げ……。

 高師のマラソン大会で3位となった四三。表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司さん)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習を敢行する。その頃の嘉納は、日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた。頼みの綱の三島弥彦(生田斗真さん)も当てにならない。

 志ん生(ビートたけしさん)は、当時の嘉納の苦労を弟子の五りん(神木隆之介さん)に語るうちに酒を飲んでしまう。ほろ酔いで高座に上がった志ん生が語る噺(はなし)とは……。

第5回「雨ニモマケズ」のあらすじ オリンピック予選会“本編” 四三、ライバルたちと激しいデッドヒート!

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第5回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第5回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第5回「雨ニモマケズ」が2月3日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。第1回「夜明け前」(1月6日放送)では“ダイジェスト”だった、ストックホルム五輪に出場する陸上選手を決める予選会の“本編”を放送。激しいデッドヒートが繰り広げられるマラソンでは、レース終盤、金栗四三(中村勘九郎さん)の身に予想外の出来事が起こり……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけしさん)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然、五輪の噺(はなし)を始める。時は明治44年、五輪への参加選手を決める羽田の予選会。全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真さん)は急きょ短距離走に参戦する。一方、四三(勘九郎さん)は、10里、およそ40キロという未体験の長さのマラソンに挑む。ライバルたちとの激しいデットヒートの先に、憧れの嘉納治五郎(役所広司さん)の待つゴールを目指す……という展開。

(C)NHK
(C)NHK

第7回「おかしな二人」のあらすじ 四三&弥彦、五輪行きで家族と溝? 救いの神は…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第7回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第7回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第7回「おかしな二人」が2月17日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。大日本体育協会の会長・嘉納治五郎(役所広司さん)の説得を受け、ストックホルムオリンピックへの出場を決意した金栗四三(中村勘九郎さん)。熊本の実家に資金援助の手紙を送るも返事がなく困り果てる。一方、“運動会の覇王”こと三島弥彦(生田斗真さん)もオリンピック出場に家族の理解を得られず……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 治五郎の口車にのせられて自費で渡航費・滞在費を用意しなければならなくなった四三は、兄・実次(中村獅童さん)に藁(わら)にもすがる思いで資金援助の手紙を出す。ある日、海外の食事マナーを学ぶため、三島家の豪邸を訪れた四三。そこで弥彦と家族の冷え切った関係を感じ取る。

 兄からの便りは無く、借金をしてストックホルムへ渡ることを考え始める四三の前に、果たして救いの神は現れるのか……というストーリー。