いだてん(大河ドラマ) あらすじ

いだてん(大河ドラマ)あらすじ

 ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」は、宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHK大河ドラマ。大河ドラマのテーマは「オリンピック」で、日本人が初めてオリンピックに出場した明治の終わりから、東京にオリンピックがやってきた1964年までの、およそ50年を描くオリジナルストーリー。戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇になるという。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは86年の「いのち」以来、33年ぶり。

 主演は、中村勘九郎さんと阿部サダヲさん。勘九郎さんは日本人初のオリンピック出場選手の金栗役、阿部さんはコーチとして日本水泳の礎を築き、「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治役で、勘九郎さんと阿部さんは“リレー”形式で主演のバトンをつなぐという。放送は2019年1月から。

大河ドラマ「いだてん」のあらすじは

第2回「坊っちゃん」のあらすじ 金栗四三の知られざる少年時代と青春の日々… 綾瀬はるかも登場

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第2回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第2回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の第2回「坊っちゃん」が1月13日放送される(総合・午後8時ほか)。ドラマの前半の主人公・金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎さん)の物語がスタート。四三の知られざる少年時代と青春の日々が描かれる。四三の幼なじみの春野スヤ役で綾瀬はるかさんが登場する。

 この日、テレビ寄席で志ん生(ビートたけしさん)が語るのは、日本初のオリンピック選手となった金栗四三の知られざる熊本での少年時代。学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三だが、軍人に憧れて海軍兵学校を受けるも不合格に。身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤに励まされ、嘉納治五郎(役所広司さん)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第3回「冒険世界」のあらすじ 四三、ショック… スヤが見合い? 運命の出会いも!

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第3回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第3回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の第3回「冒険世界」が1月20日放送される(NHK総合で午後8時ほか)。東京高等師範学校での新生活をスタートさせた金栗四三(かなくり・しそう、中村勘九郎さん)。幼なじみのスヤ(綾瀬はるかさん)に見合い話が舞い込んでいることを知り、ショックを受ける。その一方で、四三の人生を変える運命の出会いが迫っていた……。

 家族の期待を一身に背負って上京した四三だったが、東京高等師範学校での寮生活になじめない。夏休みの帰省では、スヤ(綾瀬さん)に見合い話があると聞かされ、傷心のまま東京に戻った四三は、偶然、三島弥彦(生田斗真さん)ら天狗倶楽部による奇妙な運動会を目にする。それがマラソンとの運命の出会いだった。

 一方、浅草の不良青年、美濃部孝蔵(森山未來さん)も落語にのめり込もうとしていた。のちの大名人、古今亭志ん生への第一歩が踏み出される。

第4回「小便小僧」のあらすじ 四三、マラソンに夢中! 嘉納治五郎の言葉に発奮し…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第4回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第4回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第4回「小便小僧」が1月27日放送される(NHK総合で午後8時ほか)。浅草の町中でマラソンと運命的な出合いを果たした金栗四三(かなくり・しそう、中村勘九郎さん)は、東京高等師範学校のマラソン大会に出場することに。並々ならぬ気合を持ってレースに臨んだ四三は、スタートの出遅れをものともせず、ぐんぐんと順位を上げ……。

 高師のマラソン大会で3位となった四三。表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司さん)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習を敢行する。その頃の嘉納は、日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた。頼みの綱の三島弥彦(生田斗真さん)も当てにならない。

 志ん生(ビートたけしさん)は、当時の嘉納の苦労を弟子の五りん(神木隆之介さん)に語るうちに酒を飲んでしまう。ほろ酔いで高座に上がった志ん生が語る噺(はなし)とは……。

第5回「雨ニモマケズ」のあらすじ オリンピック予選会“本編” 四三、ライバルたちと激しいデッドヒート!

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第5回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第5回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第5回「雨ニモマケズ」が2月3日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。第1回「夜明け前」(1月6日放送)では“ダイジェスト”だった、ストックホルム五輪に出場する陸上選手を決める予選会の“本編”を放送。激しいデッドヒートが繰り広げられるマラソンでは、レース終盤、金栗四三(中村勘九郎さん)の身に予想外の出来事が起こり……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけしさん)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然、五輪の噺(はなし)を始める。時は明治44年、五輪への参加選手を決める羽田の予選会。全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真さん)は急きょ短距離走に参戦する。一方、四三(勘九郎さん)は、10里、およそ40キロという未体験の長さのマラソンに挑む。ライバルたちとの激しいデットヒートの先に、憧れの嘉納治五郎(役所広司さん)の待つゴールを目指す……という展開。

(C)NHK
(C)NHK

第7回「おかしな二人」のあらすじ 四三&弥彦、五輪行きで家族と溝? 救いの神は…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第7回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第7回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第7回「おかしな二人」が2月17日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。大日本体育協会の会長・嘉納治五郎(役所広司さん)の説得を受け、ストックホルムオリンピックへの出場を決意した金栗四三(中村勘九郎さん)。熊本の実家に資金援助の手紙を送るも返事がなく困り果てる。一方、“運動会の覇王”こと三島弥彦(生田斗真さん)もオリンピック出場に家族の理解を得られず……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 治五郎の口車にのせられて自費で渡航費・滞在費を用意しなければならなくなった四三は、兄・実次(中村獅童さん)に藁(わら)にもすがる思いで資金援助の手紙を出す。ある日、海外の食事マナーを学ぶため、三島家の豪邸を訪れた四三。そこで弥彦と家族の冷え切った関係を感じ取る。

 兄からの便りは無く、借金をしてストックホルムへ渡ることを考え始める四三の前に、果たして救いの神は現れるのか……というストーリー。

第8回「敵は幾万」のあらすじ 四三、実次に活を入れられ五輪へ 出発の日、弥彦の名を叫ぶ声…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第8回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第8回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第8回「敵は幾万」が2月24日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。大金を携えて上京してきた四三(中村勘九郎さん)の兄・実次(中村獅童さん)。ストックホルムへ旅立つ日が近づくにつれ、弱気の虫が顔を出す弟に活を入れる。そして、四三の壮行会が開かれるころ、スヤ(綾瀬はるかさん)は熊本で嫁入りする……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 オリンピックに出場する四三のため、渡航費と滞在費合わせて1800円という大金を抱えて、熊本から東京にやってきた実次。四三は実次から、スヤの働きかけで資金を得られたと知る。スヤと無邪気に野山を駆けていた自分が、日本代表として海を渡る不思議さを感じつつ、兄に一生懸命戦うことを誓う。

 四三と弥彦(生田斗真さん)がストックホルムへ出発する日がやってくると、駅には2人を見送る人だかりが。「敵は幾万」の大合唱に見送られ、四三と弥彦を乗せた汽車が動き出した瞬間、弥彦の名を叫ぶ声が聞こえてきて……というストーリー。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第9回「さらばシベリア鉄道」のあらすじ 四三、早くもピンチ? 17日間にも及ぶ長旅に疲弊…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第9回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第9回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第9回「さらばシベリア鉄道」が3月3日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。1912(明治45)年5月、決戦の地・ストックホルムに向け出発した四三(中村勘九郎さん)と弥彦(生田斗真さん)は、シベリア鉄道を使って、大陸を西へと向かう。しかし、17日間にも及ぶ長旅は四三を疲弊させ……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 四三と弥彦を乗せたシベリア鉄道の旅がスタート。不手際で治五郎(役所広司さん)の渡航が遅れる中、監督の大森兵蔵(竹野内豊さん)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックスさん)のハネムーンのような態度、初めて触れる外国人の横柄さに、四三は不安を募らせる。一方、孝蔵(森山未來さん)は、師匠・円喬(松尾スズキさん)に「朝太」という名を授かり、噺(はなし)家デビューに歩み出す。

第10回「真夏の夜の夢」のあらすじ 決戦の地は敵だらけ? 白夜に外国人選手 弥彦は自信を喪失し…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第10回の一場面 白夜に苦しめられる四三(中村勘九郎さん)  (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第10回の一場面 白夜に苦しめられる四三(中村勘九郎さん)  (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第10回「真夏の夜の夢」が3月10日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。四三(中村勘九郎さん)と弥彦(生田斗真さん)は長旅の末、ついに決戦の地・ストックホルムに到着。しかし、四三は白夜に苦しめられる。一方で弥彦も、外国人選手との明らかな差に自信を喪失し……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 ストックホルムに到着した四三だが、夜になっても明るい白夜に苦しめられる。大森兵蔵(竹野内豊さん)の体調が芳しくないため、四三は弥彦と共に自分たちだけでトレーニングを開始。だが、外国人選手の多くが、監督の的確な指導の下で複数の選手が一緒になって練習に励む姿を見て、明らかな差と孤独に滅入っていく。ついに正気を失った弥彦がとんでもない行為に出る。その頃、「朝太」になった孝蔵(森山未來さん)も、円喬(松尾スズキさん)の話術を必死に盗もうと取り組むが、そのすごさに圧倒される。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第11回「百年の孤独」のあらすじ ストックホルム五輪ついに開幕! 夢の大舞台で四三と弥彦は…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第11回の一場面 開会式前の四三(中村勘九郎) (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第11回の一場面 開会式前の四三(中村勘九郎) (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第11回「百年の孤独」が3月17日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。ストックホルムオリンピックの開幕直前、プラカードの表記を巡って、珍しく強硬な態度に出る四三(中村勘九郎さん)。その真意とは? 迎えた開会式当日、満員のスタジアムを堂々と行進する四三と弥彦(生田斗真さん)。そして弥彦は、日本選手のトップバッターとして100メートル走に挑む……。

 1960年、東京オリンピックを控える田畑政治(たばた・まさじ、阿部サダヲさん)は開会式を研究すべく、ストックホルムオリンピックの記録映像に見入る。時は1912年7月のストックホルムオリンピック開会式。「NIPPON」のプラカードを持ち、四三と弥彦が日本初のオリンピック選手として入場。そして競技が始まる。

 大森兵蔵(竹野内豊さん)に緊張を解かれた弥彦は、100メートル走を好タイムでゴールするも順位は惨敗に終わる。それでも弥彦はプレッシャーと戦い続け、200メートル走、さらには400メートル走へと挑み……というストーリー。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第12回「太陽がいっぱい」のあらすじ レース本番! ゴール目指す四三にまさかの“大敵” そして…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第12回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第12回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第12回「太陽がいっぱい」が3月24日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。“夢の大舞台”ストックホルムオリンピックのマラソンレースがついにスタート。四三(中村勘九郎さん)は真夏の太陽が照りつける中、治五郎(役所広司さん)らが待つゴールを目指すが、その後半、誰も予想しなかった事態が……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

 間もなく四三がマラソンに出場するという頃、日本の熊本では、スヤ(綾瀬はるかさん)が金栗家と共に応援のうたげを開催する。当の四三は、大森兵蔵(竹野内豊さん)を抱えてスタジアム入り。準備万端とは言えないままマラソンのスタートを切る。

 序盤は順調に順位を上げていく四三だが、記録的な暑さと石畳の道の影響で体に異変が起こり、幼い頃の自分の幻影を見る。そして、森の中へ。ゴールで待つ治五郎や弥彦(生田斗真さん)は戻らない四三を必死に捜す……というストーリー。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第13回「復活」のあらすじ レース中の四三の身に何が? よみがえる記憶…そこに思いもよらぬ話が!

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第13回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第13回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第13回「復活」が3月31日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。大きな期待を背負ってストックホルムオリンピックのマラソンレース本番に挑んだ四三(中村勘九郎さん)だが、途中棄権。原因は日射病だった。ダニエル(エドヴィン・エンドレさん)の案内でマラソンコースを歩いてみる四三は少しずつ記憶がよみがえってきて……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

 そんな四三は、弥彦(生田斗真さん)から思いもよらぬ話を聞かされる。マラソンを戦ったポルトガルのラザロ選手が日射病で死去したという事実だった。それでも命を懸けて監督を全うした大森兵蔵(竹野内豊さん)や安仁子(シャーロット・ケイト・フォックスさん)の「頑張れ」の思いを胸に、四三は再び走り出す。一方、孝蔵(森山未來さん)は、緊張と戦いながら、落語「富久」を演じ、完走はできないまでも目を見張る才を見せる……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第14回「新世界」のあらすじ 新章突入! 四三の再出発は波乱含み? 五輪の敗北受け…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第14回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第14回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第14回「新世界」が4月14日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。ストックホルムオリンピックを終えた四三(中村勘九郎さん)は、“4年後”に向けて再出発を図るが、ある女性の登場が思わぬ波乱を呼ぶこととなり……という展開で、時代は明治から大正に移り、物語は「新章」へと突入する。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK


 オリンピックの戦いを終え、ストックホルムから帰国する四三。元号も明治から大正に移り、四三には人々の空気が変わったように感じられる。報告会で大勢の高師の仲間が四三の健闘をたたえる中、敗因を問いただす女性が出現。永井道明(杉本哲太さん)の弟子・二階堂トクヨ(寺島しのぶさん)である。永井とトクヨはオリンピックでの敗北を受け、娯楽スポーツではなく強じんな肉体を作る体育の推進を改めて主張する。

 同じ頃、孝蔵(森山未來さん)は四三とは逆に旅立とうとしていた。円喬(松尾スズキさん)とは別の噺家について地方を回るのだ。新橋駅から出発の日。師匠に見限られたと思っていた孝蔵のもとに、円喬が駆けつけてきて……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

第15回「あゝ結婚」のあらすじ 四三に見合い話が浮上! 故郷・熊本で待っていたのは…

NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第15回の一場面 (C)NHK
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第15回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第15回「あゝ結婚」が4月21日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。4年後に向け再出発したばかりの四三(中村勘九郎さん)に見合い話が浮上する。相手は夫の重行(高橋洋さん)を亡くしたスヤ(綾瀬はるかさん)。実は、四三の兄・実次(中村獅童さん)が、新しい跡取りを探し始めた重行の母・幾江(大竹しのぶさん)に「四三を養子に」と提案していて……。

 故郷の熊本に帰って早々、思いも寄らない展開に戸惑う四三だったが、幾江と実次に強引に押し切られる形で、かつて思いを寄せていたスヤと晴れて祝言をあげることに。しかし、四三はスヤを残して東京へ。次のベルリンオリンピックで勝つために、四三はスヤの理解を得て練習に打ち込む。その姿と重なるように、浜松の浜名湖では、河童(かっぱ)軍団と称する若者たちが日本泳法のけいこに励んでいた。ちょうど旅で浜松にいた孝蔵(森山未來さん)は、自分の寄席をよく見に来ていた少年を河童たちの中に見つける。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

いだてん(大河ドラマ)NHK総合など
2019年1月6日から放送