I”s(アイズ) ニュース

<インタビュー>白石聖 実写「I”s」ヒロインが語る2次元愛 桂正和作品の魅力や「私を痛くさせた男」告白

連続ドラマ「I”s」でメインヒロインの葦月伊織を演じる白石聖さん
連続ドラマ「I”s」でメインヒロインの葦月伊織を演じる白石聖さん

 「ウイングマン」「電影少女」などで知られる桂正和さんの人気恋愛マンガを実写化した連続ドラマ「I”s(アイズ)」で、メインヒロインの葦月伊織を演じる女優の白石聖さん。元々、マンガ、アニメやゲーム好きで、口を開けば声優の名前がスラスラと出てくるようなオタク女子の一面を持つ。「私自身、実写化というものに対していろいろと思うところもあるのですが」と前置きしつつ、「生身の人間がキャラクターを演じることによって、マンガのコマには描かれてない前後の表情を見せたり、コマで切り取られた一瞬に深みを与えることができたら、って意識で頑張りました」と撮影を振り返る白石さんに、桂正和作品の魅力や2次元への思いを語ってもらった。

 ◇恋愛の形は変わらないんだなってことを学んだ「I”s」

 「I”s」は、1997~2000年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された同名人気マンガが原作。高校2年生の瀬戸一貴(岡山天音さん)と、同級生の葦月伊織(白石さん)、一貴の幼なじみの秋葉いつき(柴田杏花さん)、一貴に猛烈にアタックする磯崎泉(萩原みのりさん)、伊織に似た麻生藍子(加藤小夏さん)らの約3年にわたる恋模様を描いている。

 1998年生まれの白石さんにとって、桂正和作品と聞いて思い浮かぶのはアニメ「TIGER & BUNNY」(桂さんは原案とキャラクターデザインを担当)。当然、世代的に「I”s」をリアルタイムで読んでいたわけではない。「『I”s』ってマンガがあることは知ってはいたのですが、私の中で『タイバニ』のイメージがあったから、桂先生の作品って認識はしていなかった。オーディションの前に読み返したとき『桂先生が描いていたんだ』って知って。印象は絵が繊細で女の子がとにかく可愛い。だからこそ、その世界観を壊したくないって思いましたね」と思い返す。

 主人公の一貴に対しては「なんか煮え切らなくて、ちょっとイライラ、もどかしさを感じた」と素直に明かす白石さん。そんな、まどろっこしい恋模様こそが「I”s」の普遍的な魅力になっていることもまた事実で、白石さんも「伊織ちゃんも結局、ずっと一貴のことを変わらず好きで。私もああいう恋愛をしてみたいなって思いましたね。実際にはあそこまですれ違いたくはないですけど(笑い)。でも、そのすれ違いの先で結ばれるからこその絆の深さを感じましたし、年代は違ったとしても、恋愛の形は変わらないんだなってことを学びました」と語る。

 ◇伊織は男性の理想が詰め込まれてる? 「始まってしまったら、やるしかないって」

 今回、白石さんは原作者の桂さんも審査員として参加したオーディションで約700人の中から伊織役に抜てきされた。白石さんは「伊織ちゃんは女性から見ても可愛いし、男性からすると理想が詰め込まれた女の子なんだろうなってことは感じました。私とは全然似てない。本当におこがましい」と恐縮する。

 一方で「伊織ちゃんって、一貴に対して気持ちがずっとあるのにもかかわらず、うまくいかないことも多くて。時に一貴と同じように『逆走』(気持ちとは逆の行動)してしまうところもある。そこは桂先生も言っていたんですけど、『2人は似ているな』って思いましたし、私も好きな人に対して素直に言葉にできなかったりするので、そういうところは共感できますね」といった思いも抱く。

 撮影は「意外と、始まってしまったらやるしかないって精神状態だった」という白石さんだが、すれ違う一貴と伊織の恋模様やその時々の気持ちの揺れをどう表現するのかには腐心した様子。

 「(一貴役の)岡山さんも言っていたんですけど、伊織ちゃんって男性からすると本当は何を考えているのかよく分からない。でも私自身、伊織ちゃんを演じるのに、そこはしっかりと理解していないといけない。さらに言えば、好きにも種類があって。その時々の好きを、数値化するってほどではないですけど、ちゃんと自分の中で整理してっていうのは大変でした」と苦労を明かした。

 ◇「銀魂」沖田総悟に8年間片思いの過去 「うたプリ」美風藍にもご執心

 伊織という桂正和作品を代表する絶対的美少女を演じ終え、次に実写化でチャレンジしてみたいキャラクターも聞いてみたが、白石さんは「いやいやいや、それはちょっと、軽々しく口にはできない話題ですね」とさりげなくスルー。

 そんな白石さんには約8年間にわたって思い続けた2次元キャラがいるといい、それは「銀魂」の沖田総悟。「彼は私が『銀魂』にハマるきっかけになったキャラクター。いつか結婚できるんじゃないかって、2次元に行けるんじゃないかって、私を“痛くさせた男”。罪深いで男すね(笑い)」と告白する。

 現在は「うたの☆プリンスさまっ♪(うたプリ)」に登場する美風藍にご執心。「藍君はロボット、人外なんですけど。声を蒼井翔太さんがやっていて。初めてその声を聞いた時は衝撃的で、なんか沼にハマってしまった。藍君は恋愛って感情を消化できなくて、オーバーヒートを起こして、記憶を全部飛ばしてしまったりするんですけど、そういうところも、もう切なくて……好きなんです」と熱弁をふるっていた。

 ドラマはBSスカパー!、スカパー!オンデマンドで毎週金曜午後9時ほかで放送、配信される。

実写版の制服が商品化 ニーハイソックスも 桂正和監修

ドラマ「I”s」の制服を再現した衣装のイメージ(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
ドラマ「I”s」の制服を再現した衣装のイメージ(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

 桂正和さんの人気恋愛マンガが原作のテレビドラマ「I”s(アイズ)」で、ヒロイン・葦月伊織(白石聖さん)らが着用する制服を再現した衣装が、バンダイから発売される。スタイリストの尾内貴美香さんが手がけた衣装で、原作者の桂さんが監修した。

 「実写版『I”s(アイズ)』女子制服 冬用(スカーフ留め付)」(2万9160円)や「実写版『I”s(アイズ)』女子制服 夏用(スカーフ留め付)」(2万5920円)、「実写版『I”s(アイズ)』女子制服 夏用(スカーフ留め付)ニーハイソックス」(1296円)などが発売される。

 バンダイのアパレル関連の公式ショッピングサイト「バンコレ!」で予約を受け付けている。2019年5月に発送予定。

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

白石聖、原作・桂正和も参加の「I”s」オーディション裏話に「やる前に聞きたかった…」 <トークイベント>

連続ドラマ「I”s」のトークショーに登場した白石聖さん
連続ドラマ「I”s」のトークショーに登場した白石聖さん

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中のポップカルチャーの祭典「東京コミコン2018」で11月30日に行われた連続ドラマ「I”s(アイズ)」のトークイベントに女優の白石聖さんが登場した。イベントには、主演の岡山天音さん、豊島圭介監督、安里麻里監督、長内敦プロデューサーも出席し、原作者の桂正和さんも参加したというオーディションの裏話が明かされ、白石さんは「やる前に聞きたかった」と苦笑いしていた。

 長内プロデューサーは、白石さんが演じる葦月伊織(よしづき・いおり)を含め同作に登場するヒロインはオーディションにより決まったといい、2次選考での白石さんについて「暗い顔をしてそこにいて、この人は違うんじゃないかと(候補から)外したが、もう一回呼んでみんなで見ようとなったら、その時はすごくキラキラしていた。あとから聞いたら(前のオーディションでは)体調が悪かったって」と明かした。桂先生も白石さんのことを気になっていたそうで、「白石さんをもう一度見たい」と話していたという。

 この日、白石さんと岡山さんは役衣装の制服で登場。白石さんは「原作を読んだ時から制服が楽しみだった。久しぶりに制服を着てテンションが上がります」とにっこり。イベントの最後には「言葉で表せないぐらいこの作品の撮影期間は、宝物です。スタッフ、キャスト全員が『I”s』のファンで、ドラマはI”sオタクが作った作品。愛情が詰まっている」とアピールした。

“4人目のヒロイン”は19歳美少女・加藤小夏 麻生藍子役で初連ドラ

連続ドラマ「I”s」で麻生藍子役(左)に決まった加藤小夏さん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
連続ドラマ「I”s」で麻生藍子役(左)に決まった加藤小夏さん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

 「ウイングマン」「電影少女」などで知られる桂正和さんの人気恋愛マンガを、岡山天音さん主演で実写化する連続ドラマ「I”s(アイズ)」で、4人目のヒロイン・麻生藍子を加藤小夏さんが演じることが21日、明らかになった。メインヒロインの葦月伊織(よしづき・いおり)役を決める700人規模のオーディションを経て、藍子役に抜てきされた加藤さんは「とても幸せに思います」と心境を明かしている。

 加藤さんは1999年6月26日生まれ、東京都出身の19歳。「NTT西日本」「ポカリスエット」「ホットペッパービューティー」「LINE」といった数々のCMに出演してきた話題の美少女。「I”s」が初の連続ドラマで「初めてのドラマでいただいた役が麻生藍子ちゃんというすてきな女の子ということ、これからの人生の誇りになると思います」と思いを語っている。

 藍子は、主人公の瀬戸一貴(せと・いちたか、岡山さん)が高校卒業後に一人暮らしを始めるアパートの隣人。秋田出身で、天然だが純粋な性格の持ち主。加藤さんも「天然で何を考えてるかちょっと分からないところもあります。けれど目の前の人に対して真っすぐで、誰よりも相手のことを考えることができる女の子です」と話している。

 また加藤さんはドラマについて「愛の真っすぐさや曲がってしまった部分、すべてがいとおしく思える作品になってます。恋をしたときに心の中でさまざまな感情が渦巻く気持ち。『I”s』を見て、その気持ちに共感したり、懐かしく思えたり、憧れたりすると思います。ぜひたくさんの方に見ていただけたらうれしいです」とアピールしていた。

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社

磯崎泉役は萩原みのり キャミソール姿のキャラビジュアルも

連続ドラマ「I”s」で磯崎泉役(左)を演じる萩原みのりさん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
連続ドラマ「I”s」で磯崎泉役(左)を演じる萩原みのりさん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

 「ウイングマン」「電影少女」など桂正和さんの人気恋愛マンガを岡山天音さん主演で実写化する連続ドラマ「I”s(アイズ)」で、主人公の後輩の磯崎泉を萩原みのりさんが演じることが11月16日、分かった。

 泉は、葦月伊織(よしづき・いおり、白石聖さん)、秋葉いつき(柴田杏花さん)に続く3人目のヒロイン。積極的な性格で、主人公の瀬戸一貴(せと・いちたか、岡山さん)に猛アタックする役どころだ。また、ドラマ版の泉のキャラクタービジュアルとイメージ映像も公開された。キャラクタービジュアルには、泉に扮(ふん)した萩原さんが、キャミソール姿やマフラー姿を披露している。イメージ映像はYouTubeのスカパー!公式チャンネルで公開されている。

 萩原さんは1997年3月6日生まれ、愛知県出身。2013年にデビューし、「64-ロクヨン-前編・後編」(16年)や「何者」(16年)、「昼顔」(17年)、「心が 叫びたがってるんだ。」(17年)、やドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系、15年)などに出演した。

 萩原さんは「初めてこのマンガを読んだ時、女の子たちの表情一つ一つが胸に刺さり、愛しくて苦しくてたまりませんで した。泉のさまざまな表情が頭から離れなくて、自分がそれを体現できるのかという不安もありましたが、泉と 向き合ってたくさん悩んだあの期間は私にとって一生忘れられない大切な経験になりました。イチタカ先輩に本気で恋をしたあの時間、本当にあっという間で『I"s』という作品で泉を演じられたことは私の一生の自慢です。楽しみに待っていただけたらうれしいです」とコメントしている。

秋葉いつき役は柴田杏花 ビジュアル&映像解禁

連続ドラマ「I”s」で秋葉いつき役(左)に決まった柴田杏花さん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
連続ドラマ「I”s」で秋葉いつき役(左)に決まった柴田杏花さん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

 「ウイングマン」「電影少女」など桂正和さんの人気恋愛マンガを岡山天音さん主演で実写化する連続ドラマ「I”s(アイズ)」で、主人公の幼なじみ・秋葉いつきを柴田杏花さん(19)が演じることが13日、分かった。いつきは、ヒロインの葦月伊織(よしづき・いおり、白石聖さん)と並ぶ人気のキャラクターで、主人公の瀬戸一貴(せと・いちたか、岡山さん)の年下の幼なじみ。4年ぶりに米国から帰国した天真らんまんな少女で、ドラマ版のキャラクタービジュアルとイメージ映像も公開された。

(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社
出典:YouTube

 柴田さんは1999年8月30日生まれ、東京都出身の19歳。2007年にドラマデビューし、「JIN-仁-」(TBS系、09年)やNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「おひさま」(11年)、「表参道高校合唱部!」(TBS系、15年)といったドラマに出演。14年公開の映画「瀬戸内海賊物語」では初主演を務めた。

 柴田さんは「『人を大切にすることは、自分を大切にすること』、これはいつきという女の子から学んだ最大のメッセージです。時代を超えて愛され、現代に生きる私たちが『I”s』の世界観の中で呼吸を共に共有させていただき、幸せでした。いつの時代にも存在する人の悩みや考え、そして数え切れないほどの感動と教訓を皆さんにお届けできるのを楽しみにしています」とコメントしている。

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

白石聖、桂正和原作「I”s」実写版ヒロインに “絶対的美少女”葦月伊織役

連続ドラマ「I”s」でヒロインの葦月伊織(左)役に決まった白石聖さん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
連続ドラマ「I”s」でヒロインの葦月伊織(左)役に決まった白石聖さん (C)桂正和/集英社(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

 「ウイングマン」「電影少女」などで知られる桂正和さんの人気恋愛マンガを岡山天音さん主演で実写化する連続ドラマ「I”s(アイズ)」のヒロイン・葦月伊織(よしづき・いおり)役を、女優の白石聖さん(20)が務めることが9日、分かった。白石さん演じる伊織は、桂正和作品を代表する“絶対的美少女”で、原作者の桂さんも審査員として参加したオーディションによって約700人の中から抜てきされた。

 白石さんは「マンガ史に残る桂先生の作品でヒロインを務めることの責任感は、1年前の撮影からこの日まで、忘れたことがありませんでした。今、実写化する意味を考えながら、どんな時代も変わらない愛のカタチを丁寧に表現することに努めました。伊織として生きられた撮影期間は、私にとって宝物です」と思いを明かしている。 

 白石さんは、1998年8月10日生まれ、神奈川県出身の20歳。放送中の深夜ドラマ「PRINCE OF LEGEND」(日本テレビ)など出演作が続いている期待の“次世代ヒロイン”だ。ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」とミクシィのスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク(モンスト)」のコラボCMにも起用され、視聴者から「可愛すぎる!」との声も上がっていた。

 「I”s」は、高校2年生の瀬戸一貴(せと・いちたか)と、同級生の葦月伊織、幼なじみの秋葉いつき、一貴に猛烈にアタックする磯崎泉、伊織に似た麻生藍子らの恋を描いた人気マンガ。白石さん演じる伊織は一貴(岡山さん)のクラスメートで、演劇部(劇団『わんだこ』)に所属。容姿端麗で性格は明るいが、控えめでおとなしい……というキャラクターだ。

 白石さんは「伊織という、素晴らしいキャラクターを演じさせていただけたことをとてもありがたく思います」と感謝し、「まだ『I”s』と出会っていない方も、より多くの人にお届けできたらと思います。原作が大好きな方はぜひマンガを読み返しながら見ていただきたいです」とメッセージを送っている。

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018
(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社

実写版「I”s(アイズ)」男性キャストのキャラビジュアル公開 宇梶剛士、伊島空、小越勇輝ら出演

連続ドラマ「I”s」で主演を務める岡山天音さん(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
連続ドラマ「I”s」で主演を務める岡山天音さん(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社

 桂正和さんの人気恋愛マンガを、岡山天音さん主演で実写化する連続ドラマ「I”s(アイズ)」に、伊島空さん、小越勇輝さん、冨田佳輔さん、水石亜飛夢さん、宇梶剛士さんが出演することが4月1日、分かった。また、各キャストのキャラクタービジュアルも公開された。

 「I”s」は、高校2年生の瀬戸一貴と、同級生の葦月伊織、幼なじみの秋葉いつき、一貴に猛烈にアタックする磯崎泉、伊織に似た麻生藍子らの恋を描いた人気マンガ。ドラマでは、岡山さんが主人公・瀬戸一貴を演じる。

 今回発表されたのは男性主要キャストで、伊島さんは一貴の親友で女子に目がない寺谷靖雅、小越さんは美しい顔立ちで武術の使い手でもある一貴のクラスメート・越苗純、富田さんは一貴のクラスメートで、時に恋の邪魔する木田茂吉、水石さんはヒロインの伊織を執拗(しつよう)に付け狙う不良生徒の鮫島、宇梶さんは一貴のクラス担任で生徒たちから「ヒゲミちゃん」の愛称で親しまれている花園広巳を演じる。

 ドラマは2018年にBSスカパー!、スカパー!オンデマンドで放送、配信される。キャストのコメントは以下の通り。

 ◇岡山天音さんのコメント

 今回追加キャストが発表されましたが、僕が演じた一貴はみんなそれぞれの力をもらって形作ってもらったキャラクターだと思っています。同世代のみんなでいうと、伊島くんの力強さ、小越くんの緻密さ、富田くんの奇妙さ、水石くんの迫力。原作の持つ美しいメッセージを三次元の世界の中で僕たちなりに体現していきたいと思っています。

 ◇伊島空さんのコメント

 スタッフ、キャスト全員がこの作品を愛し、良いものにしたいという気持ちで作りました。寺谷は、一見すると女の子に目がないバカで調子のいいヤツですが、さまざまな場面で親友の一貴を支える友達思いの人間です。そんな、どうしようもないけど憎めない寺谷というキャラクターが物語のアクセントになっていればと思います。

 ◇小越勇輝さんのコメント

 すれ違いながらも甘酸っぱく、ドキドキしながら心がキュッとなる青春時代を思い出せるような作品になっています。男性も女性も沢山の方に楽しんでいただけたらうれしいです。

 ◇冨田佳輔さんのコメント

 桂正和先生の『I”s』の世界観に木田として飛び込めたことがまず興奮しました。ぜひ『I”s』の世界を楽しんで木田と一緒に興奮してみてください。

 ◇水石亜飛夢さんのコメント

 マンガ史に残る名作の『I”s』。その原作へ「これでもか!」というほどの愛を持った素晴らしい組に関われたことを幸せに思います。連載されていたのは少し前の時代ですが、いつの時代にも共通する等身大で真っすぐなラブストーリーです。鮫島が登場するたび、ハラハラする展開になるので楽しみにしていてください!

 ◇宇梶剛士さんのコメント

 リアルタイムで原作に胸をときめかせていた世代の皆様、イメージ通りのヒゲミに近づけてますでしょうか? OA後の反響が楽しみです。

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社
(C)桂正和/集英社・スカパー!2018(C)桂正和/集英社

桂正和の人気恋愛マンガ「I”s(アイズ)」が実写ドラマ化 主人公に岡山天音

実写ドラマ「I”s」で主演を務める岡山天音さん
実写ドラマ「I”s」で主演を務める岡山天音さん

 1997年~2000年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された桂正和さんの人気恋愛マンガ「I”s」が実写ドラマ化され、18年にBSスカパー!、スカパー!オンデマンドで放送、配信されることが分かった。俳優の岡山天音さんが主人公・瀬戸一貴を演じる。

 桂さんは「原作愛にあふれたスタッフさんたちで、大感謝! いろいろ関わらせていただいたので、完成する日が楽しみです!!」とコメント。主演の岡山さんは「瀬戸一貴を演じます岡山天音です。一貴役の話をいただいた時、まさに原作の『I”s』を読んでいる真っ最中だったので驚きと大きな縁を感じました。一回り年上の先輩たちにオススメのマンガを聞くとみんな口をそろえて勧めてくれたのが『I”s』でした。長く深く愛され続ける原作の実写化ということでプレッシャーも感じていますが、原作の持つ美しいメッセージを三次元の世界の中で僕なりに体現していきたいと思っています」と意気込んでいる。

 「I”s」は、高校2年生の瀬戸一貴と、同級生の葦月伊織、幼なじみの秋葉いつき、一貴に猛烈にアタックする磯崎泉、伊織に似た麻生藍子らの恋を描いたマンガ。累計発行部数は1000万部以上。

I”s(アイズ)BSスカパー!、スカパー!オンデマンド
2018年12月21日午後9時から放送、配信