なつぞら(朝ドラ) あらすじ

なつぞら(朝ドラ)あらすじ

 ドラマ「なつぞら」は、広瀬すずさんが主演を務める2019年度前期のNHK連続テレビ小説。記念すべき100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。ヒロインの奥原なつ(広瀬さん)は1937年、東京生まれの設定。大空襲を生き延びるものの、両親を戦争で失う。兄・咲太郎(さいたろう)、妹・千遥(ちはる)と別れ、父の戦友だった柴田剛男(たけお)に一人引き取られ、北海道の十勝地方に移り住む。柴田家の家業である酪農を手伝う中、持ち前の明るさを取り戻し、北海道移民1世である剛男の父・泰樹(たいじゅ)から、開拓者精神とともに人生で大切なことを学んでいく。

 高校卒業後は上京して、当時、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽(てんよう)から、手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……というストーリーが展開する。なお、タイトルが当初発表されていた「夏空-なつぞら-」から「なつぞら」に変更されている。2019年4~9月に放送、全156回を予定。

「なつぞら」のあらすじは

第1週「なつよ、ここが十勝だ」のあらすじ 広瀬すず主演 100作目朝ドラがスタート!

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第1週の一場面(C)NHK
NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第1週の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)が、4月1日にスタートする。第1週は「なつよ、ここが十勝だ」。昭和21(1946)年初夏。なつ(粟野咲莉ちゃん)は、9歳の時、亡き父の戦友・柴田剛男(藤木直人さん)に引き取られて十勝にやってきて……。

 妻・富士子(松嶋菜々子さん)は、我が子としてなつを受け入れようとする。富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄さん)は、働き手にもならないとなつに冷たくあたる。子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていき……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

4月1日(第1回)のあらすじ 昭和21年、なつ9歳 焼け野原の東京から十勝にやってきて…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第1回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第1回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第1週「なつよ、ここが十勝だ」を放送。4月1日の第1回では、広大な平野と日高山脈。牧場を見下ろす丘の上で、キャンバスに向かい北海道・十勝の風景画を描くなつ(広瀬さん)。なつが十勝にやってきたのは昭和21年、戦争が終わった翌年の初夏、9歳の時だった。亡き父の戦友・柴田剛男(藤木直人さん)に手を引かれ、焼け野原の東京から十勝にやってきたなつ(粟野咲莉ちゃん)だったが、富士子(松嶋菜々子さん)たち柴田家の家族は、剛男が連れてきた見知らぬ少女の姿に戸惑いを覚え……。

4月2日(第2回)のあらすじ 松嶋菜々子演じる富士子、なつを受け入れる なつは「働かせてほしい」と願い出て…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第2回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第2回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第1週「なつよ、ここが十勝だ」を放送。4月2日の第2回では、戦争で両親を失った9歳のなつ(粟野咲莉ちゃん)は、剛男(藤木直人さん)に引き取られ北海道・十勝にやってきた。剛男の説得で妻の富士子(松嶋菜々子さん)は、なつを受け入れることを決意する。そんな中、なつは「なんでもするので、働かせてほしい」と願い出る。富士子の父で、北海道の開拓者である泰樹(草刈正雄さん)は、意外な反応を見せて……。

4月3日(第3回)のあらすじ 松嶋菜々子演じる富士子、なつを心配 たまらず泰樹に思いをぶつけ…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第3回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第3回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第1週「なつよ、ここが十勝だ」を放送。4月3日の第3回では、北海道・十勝の柴田家に来て以来、なつ(粟野咲莉ちゃん)は泰樹(草刈正雄さん)の指導のもと、酪農の仕事を覚えようと早朝から働いていた。柴田牧場で働く悠吉(小林隆さん)と菊介(音尾琢真さん)親子は、なつが重労働にも取り組む様子に感心する。一方、富士子(松嶋菜々子さん)は、学校にも行かずに働くなつを心配する。ある日の夕食で、なつが食事をしながら居眠りをしてしまう姿を見た富士子は、たまらず泰樹に向かって思いをぶつけ……。

4月4日(第4回)のあらすじ 夕見子、どうしてもなつを受け入れられず 泰樹、なつを菓子屋に連れて行くと…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第4回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第4回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第1週「なつよ、ここが十勝だ」を放送。4月4日の第4回では、どうしてもなつを受け入れられない長女・夕見子(荒川梨杏ちゃん)。そんなある日、柴田泰樹(草刈正雄さん)は、なつ(粟野咲莉ちゃん)を菓子屋・雪月に連れて行く。出迎えた雪月のとよ(高畑淳子さん)は、泰樹が孫の夕見子を連れて来たと勘違い。息子で菓子職人の雪之助(安田顕さん)と妻の妙子(仙道敦子さん)も出てきてどんどん話が膨らんでしまい……。

4月5日(第5回)のあらすじ なつ、学校に通うことに! しかし登校初日にからかわれてしまい…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第5回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第5回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第1週「なつよ、ここが十勝だ」を放送。4月5日の第5回では、なつ(粟野咲莉ちゃん)は、泰樹(草刈正雄さん)の許しを得て学校に通うことになった。登校初日の休み時間、同級生たちに東京で浮浪児だったことをからかわれてしまう。そのとき、教室で一人絵を描いていた山田天陽(てんよう、荒井雄斗さん)がなつをかばう。放課後、天陽にお礼を言おうとすると、なつは、まるで生きているかのように躍動するノートに描かれた馬の絵に目を奪われて……。

4月6日(第6回)のあらすじ なつ、兄に手紙を書き続けたが… 夕見子、なつの本心を尋ねると?

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第6回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第6回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第1週「なつよ、ここが十勝だ」を放送。4月6日の第6回では、なつ(粟野咲莉ちゃん)は、東京に残った兄の咲太郎(渡邉蒼さん)に手紙を書き続けていたが、返事は来ない。そんな中、同じ年の夕見子(荒川梨杏ちゃん)は、思い切ってなつの本心を聞くと、なつから「無理に優しくしないでいい」と気のない返事をされてしまう。ある日、なつが夕見子の妹・明美(吉田萌果ちゃん)の子守をしていると、泣かせてしまう。そこに夕見子が現れ、なつが明美に何かをしたと疑われてしまい……。

第2週「なつよ、夢の扉を開け」のあらすじ なつ、家出する 富士子&剛男、懸命に捜し…

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第2週の一場面(C)NHK
NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第2週の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、4月8日から第2週「なつよ、夢の扉を開け」に入る。なつ(粟野咲莉ちゃん)は、東京の兄に会いたいと家を飛び出す。富士子(松嶋菜々子さん)や剛男(藤木直人さん)は、懸命に捜し回り……。

 帯広にたどり着いたなつは、警察に保護される。しかし、そこからも逃げ出し、行き場を失っていた。ようやくなつを見つけた柴田家の皆は、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹(草刈正雄さん)の夢であるバター作りを教えられる。そして、大きな「夢」と出会うことになり……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

4月9日(第8回)のあらすじ なつが逃げたことを知った富士子たちは…? 剛男、なつと初めて会ったときのことを語りだし…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第8回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第8回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第2週「なつよ、夢の扉を開け」を放送。4月9日の第8回では、なつ(粟野咲莉ちゃん)を探して警察を訪れた富士子(松嶋菜々子さん)や剛男(藤木直人さん)、泰樹(草刈正雄さん)たちは、なつが逃げたことを知り、言葉を失う。手がかりを失った柴田一家は、帯広市内で菓子屋・雪月を営むとよ(高畑淳子さん)や雪之助(安田顕さん)の元を訪ねる。そこで剛男は、浅草の孤児院でなつと初めて出会ったときのことを語りだし……。

4月10日(第9回)のあらすじ なつ、帯広までやってきて… 父の形見の手紙を読み、涙…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第9回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第9回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第2週「なつよ、夢の扉を開け」を放送。4月10日の第9回では、家を飛び出し、帯広までやってきたなつ(粟野咲莉ちゃん)が、川のほとりで魚釣りをする天陽(荒井雄斗さん)を見つける。天陽は、ひとりで来ていたなつを心配し、声をかけると、なつは家族を待っていると強がる。やがて天陽も家路に着き、ひとり河原に残されてしまったなつは、父の形見の手紙を取り出し読む。なつの目には涙が……。すると……?

4月11日(第10回)のあらすじ なつ、泰樹のバター作りの夢を知る 富士子や夕見子はいい顔をせず…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第10回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第10回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第2週「なつよ、夢の扉を開け」を放送。4月11日の第10回では、再び柴田家の子として暮らし始めたなつ(粟野咲莉ちゃん)が、泰樹(草刈正雄さん)が抱き続けてきたバター作りの夢を知る。翌日、泰樹はなつや剛男(藤木直人さん)の前で、バターを作ることを宣言するが、富士子(松嶋菜々子さん)や夕見子(荒川梨杏ちゃん)はあまりいい顔をせず……。

4月12日(第11回)のあらすじ なつ、カラーアニメーション映画に引き込まれる 天陽に伝えると……

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第11回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第11回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第2週「なつよ、夢の扉を開け」を放送。4月12日の第11回では、なつ(粟野咲莉ちゃん)が通う小学校でマンガ映画の上映が行われることに。アメリカのカラーアニメーション映画に引き込まれ、なつは、上映が終わってもなかなか立ち上がれない。上映後、同級生で絵が上手な天陽(荒井雄斗さん)に興奮気味に感想を伝えると、家に絵の具があるから今度遊びに来ないかと誘われて……。

4月13日(第12回)のあらすじ なつ、山田家の開墾の難航を知る それから9年、なつは18歳に…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第12回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第12回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第2週「なつよ、夢の扉を開け」を放送。4月13日の第12回では、なつ(粟野咲莉ちゃん)は、天陽(荒井雄斗さん)の絵を見せてもらうため、山田家へ。そこで、山田家の開墾が難航していることを知る。なつと共に畑を訪れた泰樹(草刈正雄さん)は、いくら耕しても作物は育たない土地だと言うが……。それから9年。かつての荒地は一面の美しい畑に生まれ変わっていた。その畑に馬に乗って駆けて来るのは、18歳になったなつ(広瀬さん)で……。

第3週「なつよ、これが青春だ」のあらすじ 昭和30年初夏、なつは農業高校に そんな中、泰樹と剛男が衝突!?

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第3週の一場面(C)NHK
NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第3週の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、4月15日から第3週「なつよ、これが青春だ」に入る。昭和30年初夏、なつ(広瀬さん)は牧場を手伝いつつ、農業高校に通っていた。ある朝、母牛が産気づき、泰樹(草刈正雄さん)は出産の準備をするが、生まれた子牛は息絶えようとしていた。なつは思わぬ行動で子牛の命を救い、泰樹たちを感心させる。

 一方、柴田家では酪農の経営を巡り、泰樹と剛男(藤木直人さん)がぶつかっており、なつは同級生の雪次郎(山田裕貴さん)に相談する。演劇部顧問・倉田先生(柄本佑さん)を紹介されたなつは、倉田から意外なアドバイスを受け……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

4月15日(第13回)のあらすじ なつ、柴田家に来て9年経過 牛のお産に立ち会い、思わぬ行動を…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第13回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第13回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第3週「なつよ、これが青春だ」を放送。4月15日の第13回では、昭和30年の初夏。なつ(広瀬さん)が十勝の柴田家に来てから、9年が経過。なつは地元の農業高校に通いながら、酪農の仕事を手伝っていた。ある朝、柴田家の牛が産気づき、泰樹(草刈正雄さん)たちは出産の準備をするが、逆子であることが判明。必死に子牛を引っ張り出す泰樹や富士子(松嶋菜々子さん)だったが、生まれた子牛は息をしていなかった。なつは思わぬ行動をとり、泰樹たちを感心させ……。

4月17日(第15回)のあらすじ 天陽家の牛をめぐり、泰樹と剛男が対立 なつは……

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第15回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第15回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第3週「なつよ、これが青春だ」を放送。4月17日の第15回では、農協で働く剛男(藤木直人さん)は、農協が貸した天陽家の牛のことで、泰樹(草刈正雄さん)と何やら険悪な雰囲気。剛男は、なつを味方につけようとするが、剛男の真意をつかめないなつは、微妙な反応をしてしまう。すると、泰樹が「剛男が農協で進めている、牛を貸し、酪農家を牛耳るやり方には賛同しない」と話したことから、泰樹と剛男は真っ向から対立してしまい……。

4月18日(第16回)のあらすじ なつ、泰樹と剛男の対立に思い悩み… 同級生に相談すると?

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第16回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第16回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第3週「なつよ、これが青春だ」を放送。4月18日の第16回では、泰樹(草刈正雄さん)と剛男(藤木直人さん)の意見がぶつかり、思い悩むなつ(広瀬さん)。同級生の雪次郎(山田裕貴さん)に悩みを打ち明けると、自分が所属する演劇部の顧問・倉田(柄本佑さん)に相談してみてはとアドバイスを受ける。なつは早速、雪次郎に連れられ倉田に会いに行くが、抽象的な発言に、さらに混乱してしまい……。

4月19日(第17回)のあらすじ なつ、演劇部顧問から「演劇をやれ」と言われ… 農協にいる剛男を訪ねると…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第17回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第17回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第3週「なつよ、これが青春だ」を放送。4月19日の第17回では、演劇部の顧問・倉田(柄本佑さん)から「演劇をやれ」と言われたなつ(広瀬さん)。すぐに断るなつだったが、演劇をやることが泰樹(草刈正雄さん)のためになるという倉田の言葉に、心が揺らぎ始める。翌日、なつと倉田は、農協にいる剛男(藤木直人さん)を訪ね、酪農の現状について質問すると、剛男は、酪農家が抱える問題をなつに説明。なつは、一つの答えを導き出し……。

4月20日(第18回)のあらすじ 富士子が剛男と結婚に至った経緯とは なつ、泰樹のために演劇部顧問を訪ね…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第18回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第18回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第3週「なつよ、これが青春だ」を放送。4月20日の第18回では、乳業メーカーを巡る富士子(松嶋菜々子さん)と剛男(藤木直人さん)の対応に、泰樹(草刈正雄さん)は心を閉ざしてしまう。その夜、なつ(広瀬さん)は、泰樹と気が合わない剛男となぜ結婚したのか、富士子に尋ねる。すると富士子は、剛男が抱えていた境遇や結婚に至った経緯を語り出して……。そしてなつは、演劇部の練習室を訪問。泰樹のために自分にできることはあるか、顧問の倉田(柄本佑さん)に尋ね……。

第4週「なつよ、女優になれ」のあらすじ なつ、演劇を始める 酪農との両立も厳しくなり…

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第4週の一場面(C)NHK
NHKの連続テレビ小説「なつぞら」第4週の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、4月22日から第4週「なつよ、女優になれ」に入る。泰樹(草刈正雄さん)と剛男(藤木直人さん)の仲たがいがきっかけで、演劇を始めたなつ。演劇部の練習はとても厳しく、酪農との両立も難しくなっていく。

 顧問の倉田(柄本佑さん)は、なつに物語の重要な役を与えるが、慣れないせりふになつは苦心。倉田はダメ出しを続ける。ある日、舞台美術を手伝いに来た天陽(吉沢亮さん)は、部室で落ち込んでいるなつを見つける。天陽が、倉田に食ってかかると、倉田は思わぬことを打ち明け……。

(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK
(C)NHK

4月22日(第19回)のあらすじ なつ、演劇部に入部 ある日、不良学生風の男子生徒に取り囲まれ…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第19回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第19回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第4週「なつよ、女優になれ」を放送。4月22日の第19回では、泰樹(草刈正雄さん)と剛男(藤木直人さん)とのもめごとがきっかけで演劇を始めることになったなつ(広瀬さん)。いざ入部すると、演劇部の練習はとても厳しく、酪農との両立も次第に厳しくなっていく。ある日、なつが同級生の雪次郎(山田裕貴さん)や良子(富田望生さん)たちと話をしていると、突然、不良学生風の男子生徒たちに取り囲まれる。彼らは「ある人が呼んでいる」と伝えてきて……。

4月23日(第20回)のあらすじ 演劇部顧問、舞台の背景の絵について相談 なつは…

NHK連続テレビ小説「なつぞら」第20回の一場面(C)NHK
NHK連続テレビ小説「なつぞら」第20回の一場面(C)NHK

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(NHK総合月~土曜午前8時ほか)は、第4週「なつよ、女優になれ」を放送。4月23日の第20回では、ついに、演劇部顧問の倉田(柄本佑さん)が脚本を書き上げ、なつ(広瀬さん)、雪次郎(山田裕貴さん)らに台本を手渡す。なつが、祖父の泰樹(草刈正雄さん)を思い入部したことを知る倉田は、物語の重要な役をなつに与え、舞台の背景となる絵についても相談する。倉田のイメージが、雪月に飾ってあった絵画であることを知ったなつは、その作者に絵を依頼することを提案し、作者の家を訪ねることに……。