義母と娘のブルース 視聴率

<視聴率>「義母と娘のブルース」初回視聴率11.5%で2桁発進 綾瀬はるかが初の母親役

連続ドラマ「義母と娘のブルース」の制作発表に出席した綾瀬はるかさん
連続ドラマ「義母と娘のブルース」の制作発表に出席した綾瀬はるかさん

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、毎週火曜午後10時)の初回が7月10日、15分拡大で放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描く。綾瀬さんは初の母親役で、夫役は竹野内豊さんが演じている。

 ドラマは、桜沢鈴さんの同名マンガの実写化で、親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人の優しさなど、日常にある温かい気持ちを、義母と娘のありふれた毎日を通して描く。良一の娘・みゆきは、オーディションで277人の中から決定した横溝菜帆さんが演じ、高校生になったみゆき役で上白石萌歌さん、ドラマの「台風の目」のような存在となるという青年・麦田章役で佐藤健さんも出演する。

 初回は、亜希子(綾瀬さん)が良一(竹野内さん)と結婚し、数年前に母親を亡くした良一の娘、みゆき(横溝さん)の義母になる。初対面の日、亜希子はみゆきに名刺を差し出し「私、このような者にございます」とあいさつするが、みゆきに「私、この人嫌い」と一蹴されてしまう。それでも“戦国部長”の異名を持つ亜希子は、ビジネス経験を生かして、みゆきの心をつかもうと奮闘する……という展開で、綾瀬さんの“腹踊り”シーンも登場した。

<視聴率>「義母と娘のブルース」綾瀬はるか主演作、第2話視聴率11.3%で2桁キープ

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、毎週火曜午後10時)の第2話が7月17日、放送され、平均視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をだった。初回の11.5%から微減したものの、2桁をキープしている。

 ドラマは、桜沢鈴さんのマンガを実写化。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描く。綾瀬さんは初の母親役で、夫・宮本良一は竹野内豊さんが演じている。良一の娘・みゆきは、オーディションで277人の中から決定した横溝菜帆さんが演じ、高校生になったみゆき役で上白石萌歌さん、ドラマの「台風の目」のような存在となるという青年・麦田章役で佐藤健さんも出演する。

 第2話は、亜希子が宮本家に引っ越し、いよいよ夫の良一とその娘のみゆきとの3人の生活がスタート。亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買う。一度は“採用”を認めたものの、亜希子が義母になることに再び反対するみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメートの大樹(ひろき、大智君)と作戦を考える。仕事をこなしながらも母親になる努力をする亜希子だが、自分の中に母親像がないため、みゆきの亡き母・愛(奥山佳恵さん)をコピーすることを思いつき、みゆきが母親とよく行った場所や作っていた料理などを、一生懸命に研究する……という展開だった。

<視聴率>「義母と娘のブルース」第3話視聴率12.4%で最高更新 綾瀬はるかがPTAと対決!

連続ドラマ「義母と娘のブルース」の制作発表に出席した綾瀬はるかさん
連続ドラマ「義母と娘のブルース」の制作発表に出席した綾瀬はるかさん

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、毎週火曜午後10時)の第3話が7月24日、放送され、平均視聴率は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。初回の11.5%、第2話の11.3%を上回り、番組最高を更新した。

 ドラマは、桜沢鈴さんのマンガを実写化。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描く。綾瀬さんは初の母親役で、夫・宮本良一は竹野内豊さんが演じている。良一の娘・みゆきは、オーディションで277人の中から決定した横溝菜帆さんが演じ、高校生になったみゆき役で上白石萌歌さん、ドラマの「台風の目」のような存在となるという青年・麦田章役で佐藤健さんも出演している。

 第3話は、元キャリアウーマンの亜希子のうわさがきっかけで、子供たちが「新しいママすごいね」とみゆきに話しかけてくるようになり、大喜びのみゆきは、家に友達を招待する計画を立てる。そんな中、母親の最重要任務としてPTAの集まりに出席した亜希子は、いちいち疑問に思ったことを質問して、保護者たちから反感を買う。それが、後にみゆきら子供たちの関係にも影響してしまう……という展開だった。

「義母と娘のブルース」第4話視聴率12.2%で2桁キープ 綾瀬はるか、“ギソウケッコン”疑われ…  

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が7月31日、放送され、平均視聴率は12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。番組最高を記録した先週の12.4%から微減したものの、4週連続で2桁をキープしている。

 ドラマは、桜沢鈴さんのマンガを実写化。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描く。綾瀬さんは初の母親役で、夫・宮本良一は竹野内豊さんが演じている。良一の娘・みゆきは、オーディションで277人の中から決定した横溝菜帆さんが演じ、高校生になったみゆき役で上白石萌歌さん、ドラマの「台風の目」のような存在となるという青年・麦田章役で佐藤健さんも出演している。

 第4話は、学校から帰ったみゆきに突然「2人は“ギソウケッコン”なの?」と尋ねられ、亜希子と良一は苦し紛れに言い訳をするが、「どうして付き合うことになったの?」という質問には答えられず、亜希子は「みゆきちゃんの林間学校明けには答える」と約束。みゆきへの回答をどうするべきか、悩んでしまう亜希子に、良一は「どうせなら外で一杯やりながら考えましょう」と初めてのデートを提案する……という展開だった。

<視聴率>「義母と娘のブルース」第5話視聴率13.1%と自己最高 5話連続2桁と好調キープ

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が8月7日、放送され、平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と自己最高を記録。初回から5話連続で2桁と好調をキープしている。

 ドラマは、桜沢鈴さんのマンガを実写化。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描く。綾瀬さんは初の母親役で、夫・宮本良一は竹野内豊さんが演じている。良一の娘・みゆきは、オーディションで277人の中から決定した横溝菜帆さんが演じ、高校生になったみゆき役で上白石萌歌さん、ドラマの「台風の目」のような存在となるという青年・麦田章役で佐藤健さんも出演している。

 第5話では、良一が入院し、亜希子が妻としての任務を一生懸命に果たそうとするが、役割を果たせていないと落ち込む。そんな亜希子に対して、良一は気遣いながらも、入院で迷惑をかけた会社に「おわびに行ってほしい」と頼む。しかし、良一の上司・笠原(浅野和之さん)は、良一の代わりに出勤して、競合プレゼンを成功させてほしいと亜希子に提案。“キャリアウーマン”復帰のミッションが発生する。競合プレゼンの当日、良一のためにプレゼンを成功させるべく一生懸命な亜希子だったが、同じ日に良一の検査結果が出ることに不安を抱いていた……という展開だった。

<視聴率>「義母と娘のブルース」第6話視聴率13.9%で自己最高更新 6話連続2桁と好調維持

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が8月14日、放送され、平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。先週の第5話でマークした13.1%を上回り、自己最高を更新した。初回から6話連続で2桁と好調をキープしている。

 ドラマは、桜沢鈴さんのマンガを実写化。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと家事や育児に奮闘する姿を描く。綾瀬さんは初の母親役で、夫・宮本良一を竹野内豊さん、良一の娘・みゆきをオーディションで277人の中から決定した横溝菜帆さんが演じ、高校生になったみゆき役で上白石萌歌さん、ドラマの「台風の目」のような存在となるという青年・麦田章役で佐藤健さんも出演している。

 第6話は、良一が亡くなってから10年の時が過ぎ、専業主婦・母親として奔走してきた亜希子と、高校3年生に成長し、大学受験を考えるみゆきを描く第2章がスタート。娘のためにそばにいることが一番と考え、在宅のデイトレードで収入を得ていた亜希子は、「楽して稼ぐ道がある」とみゆきに錯覚させてしまったと気付き、仕事の尊さをみゆきに分かってもらおうと、再就職を決意する……という展開だった。

<視聴率>「義母と娘のブルース」第7話視聴率15.1%で最高更新 綾瀬はるかが佐藤健のベーカリー立て直しに奮闘!

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が8月21日に放送され、平均視聴率は15.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。14日に放送された第6話の13.9%を超え、自己最高を更新。3週連続で右肩上がりとなった。

 ドラマは桜沢鈴さんの同名マンガが原作。キャリアウーマンの亜希子(綾瀬さん)が、8歳の娘を持つ宮本良一(竹野内豊さん)と結婚。良一の娘・みゆき(横溝菜帆さん)の母親になろうと、仕事も辞めて家事や育児に奮闘する姿を描いており、第2章では、高校生になったみゆきを上白石萌歌さんが演じている。

 第7話は、亜希子がみゆきに仕事の貴さを伝えるべく、商店街で寂れている「ベーカリー麦田」に再就職。だが、店長の麦田(佐藤健さん)は経営にはまったく無頓着で、店を開けているだけでも赤字のベーカリー麦田は想像以上のピンチだった。亜希子は、みゆきのためにベーカリー麦田の立て直しを決意する。一方、みゆきは、運命的に再会した幼なじみの大樹(井之脇海さん)から突然生まれて初めての告白をされて悩む……という展開だった。

<視聴率>「義母と娘のブルース」第8話視聴率15.5%と自己最高更新 佐藤健の「ベーカリー麦田」が…

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が9月4日、放送され、平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前回第7話(8月21日放送)でマークした15.1%を上回り、自己最高を更新した。8話連続で2桁と好調をキープしている。

 ドラマは桜沢鈴さんの同名マンガが原作。キャリアウーマンの亜希子(綾瀬さん)が、8歳の娘を持つ宮本良一(竹野内豊さん)と結婚。良一の娘・みゆき(横溝菜帆さん)の母親になろうと、仕事も辞めて家事や育児に奮闘する姿を描いており、第2章では、高校生になったみゆきを上白石萌歌さんが演じている。

 第8話は、亜希子(綾瀬さん)が考えたプランに従い、麦田(佐藤健さん)が焼きたてのパンを提供。一時は客足も伸びたように見えていた「ベーカリー麦田」だったが、その作戦が仇(あだ)となり、逆に客足が遠のいてしまう。このままではまずいと考えた亜希子は「ベーカリー麦田」を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案。先代の作るパンに、人気復活のヒントがあることに気づく。一方、亜希子の一生懸命な姿を見て、みゆき(上白石さん)は、自分も全力で楽しいことを見つけようと考え始める……という展開だった。

<視聴率>「義母と娘のブルース」第9話視聴率17.3%でまた自己最高更新! 佐藤健がついに綾瀬はるかに告白! 次回最終回

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、火曜午後10時)の第9話が9月11日、放送され、平均視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前回第8話でマークした15.5%を上回り、自己最高を更新した。

 これまでの視聴率は、初回が11.5%、第2話が11.3%、第3話が12.4%、第4話が12.2%を記録。第5話が13.1%、第6話が13.9%、第7話が15.1%、第8話が15.5%と右肩上がりで推移し、今回また自己最高を更新。9話連続で2桁と好調をキープしている。

 ドラマは桜沢鈴さんのマンガが原作。キャリアウーマンの亜希子(綾瀬さん)が、8歳の娘を持つ宮本良一(竹野内豊さん)と結婚。良一の娘・みゆき(横溝菜帆さん)の母親になろうと、仕事も辞めて家事や育児に奮闘する姿を描いており、第2章では、高校生になったみゆきを上白石萌歌さんが演じている。

 第9話は、「ベーカリー麦田」がついにリニューアルオープン。苦楽を共にしながらも楽しそうな亜希子(綾瀬さん)と麦田(佐藤健さん)を見て、みゆき(上白石さん)は麦田の亜希子への思いに気づいてしまい、思い悩む。年が明け、順調に客足を伸ばした「ベーカリー麦田」 は、ハートのロールパンが話題となり、テレビ取材が入ることに。熱が入りすぎている麦田の想定問答を見かねた亜希子は、本番にテレビクルーの前で予想外の発言をする。それを聞いた麦田は、ついに亜希子へ自分の思いを伝えることにする……という展開で、次回18日の第10話が最終回となる。

<視聴率>「義母と娘のブルース」最終回視聴率19.2% 自己最高で有終の美

 女優の綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系、火曜午後10時)の最終回となる第10話が9月18日、放送され、平均視聴率は19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前回第9話でマークした17.3%を上回り、自己最高を更新した。

 これまでの視聴率は、初回が11.5%、第2話が11.3%、第3話が12.4%、第4話が12.2%を記録。第5話が13.1%、第6話が13.9%、第7話が15.1%、第8話が15.5%、第9話が17.3%と徐々に上昇し、今回また自己最高を更新。全話2桁と、終始好調だった。

 ドラマは、桜沢鈴さんのマンガが原作。キャリアウーマンの亜希子(綾瀬さん)が、8歳の娘を持つ宮本良一(竹野内豊さん)と結婚。良一の娘・みゆき(横溝菜帆さん)の母親になろうと、仕事も辞めて家事や育児に奮闘する姿を描いており、第2章では、高校生になったみゆきを上白石萌歌さんが演じている。

 第10話は、麦田(佐藤健さん)が亜希子への思いを告白。同じころ、亜希子は良一の元上司・笠原(浅野和之さん)から連絡を受けていた……。いよいよ、みゆき(上白石さん)の大学受験の日を迎え、第1志望の大学を受けるみゆきを見送った後、亜希子は笠原と会い、引き抜きの話を持ち掛けられる。亜希子にとって、それは願ってもない話だったが、勤務地は大阪。みゆきと離れたくない亜希子は申し出を断るが、その直後、過労で倒れてしまう……という展開だった。

義母と娘のブルースTBS系
2018年7月10日から毎週火曜午後10時放送