ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」 ニュース

亀梨和也、東野圭吾ドラマ主演で“脱・潤い” 役作りで「トリートメントやめた」 <会見>

「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」の会見に出席した亀梨和也さん
「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」の会見に出席した亀梨和也さん

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが12月5日、東京都内で開かれた「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」(テレビ東京ほか、19日午後9時放送)の会見に出席した。葛藤する主人公の男を演じた亀梨さんは、監督から役作りについて「大勢の中にいてもできるだけ目立たない存在にして、なじむこと」と話があったといい、「日常でもトリートメントをつけるのをやめてみたり。自分の潤っている部分は閉じられたらいいなと思っていた。目が充血していても、それを生かしていこうと思ったり。基本、鏡を見ないようにしたり、普段の自分とは違うルーティンを持ってみた」とキラキラオーラを封印したことを明かした。

 「手紙」は、直木賞作家・東野圭吾さんの小説が原作。累計発行部数250万部突破の人気小説で、映画化、舞台化もされている。原作の刊行当時(2003年)より、情報の拡散力が上がったデジタル社会の現代を舞台とし、犯罪加害者の弟となってしまった武島直貴(亀梨さん)が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、やがて自分の家族を持つまでの軌跡を、兄弟の手紙を通して描く。

 会見には獄中から直貴に手紙を書き続ける兄・武島剛志役の佐藤隆太さん、後に直貴の妻になるヒロイン・白石由実子役の本田翼さんも出席した。

 亀梨さんと本田さんは、自然体で夫婦役を演じられたといい、亀梨さんは「本田さんと夫婦になって、自分たちの子どもと一緒にいるシーンもあった。でも最初は全然、僕に(子役が)懐いてくれなくて。完全に“対・男子”として見られていた」と娘役の子どもが恥ずかしがってしまっていたと振り返った。「そんな時は、奥様(本田さん)が一緒に遊んでくれて」と子役とコミュニケーションを取った本田さんに感謝しつつ、「後半はやっと、パパ(自分)の方にも来てくれた」とうれしそうな笑顔を見せていた。

 また劇中では亀梨さんによる歌唱シーンもあり、亀梨さんは「なんちゃってアーティストなので。アーティストをやっているときは、自分のクセが強めなので」と苦笑いを浮かべた。「役としてステキにも聴こえなきゃいけないし、かといって自分が普段歌っているようなニュアンスで歌うのもどうなのかなと、いろいろと話した。監督のご要望や音楽監督の指導のもと、作っていきました」と「KAT-TUN」とはまた違った歌声を響かせていることを明かしていた。

本田翼「東野圭吾 手紙」で初の母親役 佐藤隆太が亀梨和也の“兄”に

テレビ東京の「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」に出演する本田翼さん =テレビ東京提供
テレビ東京の「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」に出演する本田翼さん =テレビ東京提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演するスペシャルドラマ「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」(テレビ東京ほか、12月19日午後9時放送)に、本田翼さんと佐藤隆太さんが出演することが11月20日、分かった。本田さんは、犯罪者の弟として周囲の差別や偏見に苦しむ武島直貴(亀梨さん)を支え、後に妻になるヒロイン・白石由実子、佐藤さんは獄中から直貴に手紙を書き続ける兄・武島剛志を演じる。本田さんは初の母親役に挑戦する。

 本田さんは母親役が一番の悩みどころだったといい、「娘がケガをするシーンでは、6歳くらいの子どもの母親はどう対応するんだろう、もっと焦ったりするのかなと自分なりに考えて演じたのですが、本当に難しかったですね、想像するしかなかったので」と明かしている。また、佐藤さんは、ドラマ出演について「物語の重要なポイントになる大変難しい役どころだったので、本音を言うと少しひるみましたね、自分に務まるのだろうかと。でもキーになる役を演じられるのは役者としてはうれしいことなので、ありがたく参加させていただきました」とコメントしている。 

テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供
テレビ東京提供

広瀬アリス、「東野圭吾 手紙」で亀梨和也の恋人役に 中村倫也、小日向文世らも出演 追加キャスト発表

スペシャルドラマ「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」の出演者たち=テレビ東京提供
スペシャルドラマ「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」の出演者たち=テレビ東京提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演するスペシャルドラマ「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」(テレビ東京ほか)に、広瀬アリスさん、中村倫也さんらが出演することが10月20日、明らかになった。高橋努さん、眞島秀和さん、西田尚美さん、渡辺いっけいさん、田中哲司さん、榎木孝明さん、小日向文世さんも出演する。12月19日午後9時から放送されることも発表された。

 広瀬さんは亀梨さん演じる武島直貴の恋人の中条朝美、中村さんは朝美のいとこで許嫁(いいなずけ)の嘉島孝文、高橋さんは直貴の職場の先輩・寺尾祐輔、眞島さんは直貴が就職する「真芝電機」人事部の社員、町谷健二、西田さんは朝美の母の中条京子、榎木さんは朝美の父の中条浩臣、渡辺さんは直貴のバイト先の居酒屋店長、田中さんは強盗殺人被害者遺族の息子の緒方忠夫、小日向さんは直貴の就職先の社長の平野宗一郎を、それぞれ演じる。

 「手紙」は、直木賞作家・東野圭吾さんの小説が原作。累計発行部数240万部を突破した人気小説で、映画化、舞台化もされている。武島直貴(亀梨さん)の兄・剛志は4年前、直貴を大学に入れてやりたい一心で、盗みに入った家で思いもかけず人を殺してしまう。強盗殺人の罪で逮捕された剛志は、懲役20年の判決を受ける。それ以来、剛志は獄中から月に一度、直貴に手紙を送り続ける。働きながら定時制高校へ通う直貴は「順調だから心配いらない」と兄に手紙で報告するが、現実はアルバイトを次々と変え、住む場所も転々とせざるを得なかった。

 SNS社会の現代、「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、直貴は進学、恋愛、就職など、人生の幸福すべてをつかめずにいた。次第に直貴は剛志からの手紙を無視するようになり、やがて兄弟にとって大きな選択をすることになる……という展開。

 ◇亀梨和也さんのコメント

 武島直貴を演じている時間は、この作品のテーマである“生きるということの複雑さ”を、いいこともそうでないこともとても敏感に感じながら過ごさせてもらった時間でした。僕の感覚で分かりづらいかもしれませんが、頭と心の距離感をいかに縮めて、なおかつそれを外に出せないというマインドを作り上げるというのは、すごく苦しかったですね。直貴という役は、これまでの亀梨和也としての経験を生かし、引き出しを開けながら演じられる役ではなく、むしろ、引き出しに鍵をかけながら演じなければならなかったというところが、自分自身、とてもいい挑戦だったと思います。

 深川(栄洋)監督とお仕事するのは初めてでしたが、すごく寄り添ってくださる監督でした。何かメッセージを訴えかけるような役どころではない、どちらかというと受け身なので、そのとき感じたことや、もんもんとため込んだものを、やっと吐き出せたときのセリフは、変にこなれないように意識しました。すらすらセリフを言うというよりは、感情的になったり、逆に感情を抑えたり……。そのへんをお芝居の中では気を付けて、テクニック的な部分はなるべく排除しようと思っていました。撮影の間、監督には、僕自身の内からにじみ出るものをとても大事に撮ってもらい、僕自身もそれを惜しみなく生み出すという作業だったのかなと思います。

 共演者の皆さんはとても印象的で、例えるなら旅をしているみたいでした。「直貴の途中下車の旅」みたいな感じで、皆さんといろいろな出会いをして、いろいろな発見がありました。できるだけ多くの方たちに、この「手紙」を受け取っていただけたら、と思います。そしてこの「手紙」を受け取った皆さんが、どういうふうに感じてくれるのかということ、それがお返しの「手紙」として自分に届いたら、幸せだなと思います。

 ◇中条朝美役の広瀬アリスさんのコメント

 今回「手紙」がドラマ化になり、しかもこの作品に参加できる事はとても光栄です。もともと映画の「手紙」を勧められて見ていたのですが、とてもよくて何度も見返していた作品です。いろいろ考えさせられるお話ですし、とても繊細な作品でもあるので、 私も一つ一つのシーンを大事に演じました。 人間のいいところばかりを描いていない、妙にリアリティーのあるとこに恐怖を感じます。 それでも懸命に生きている一人の人間の姿がとても心に残ります。 映画版を観た方も見ていない方もきっと何かを感じていただける作品になっていると思います。ぜひ、ご覧ください。

 ◇嘉島孝文役の中村倫也さんのコメント

 直貴とは住む世界の違う、少し嫌なやつ? でも憎めない男? なんだかあらがえない、やるせない気持ちになってもらえるように、自分なりに繊細に演じました。作品の中でいいスパイスになっていれば幸いです。ご期待ください。

=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供
=テレビ東京提供

亀梨和也、“犯罪者の弟”役で陰のある表情 東野圭吾「手紙」のドラマ場面写真公開

「ドラマスペシャル 『東野圭吾 手紙』」の場面写真 (C)テレビ東京
「ドラマスペシャル 『東野圭吾 手紙』」の場面写真 (C)テレビ東京

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演するスペシャルドラマ「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」(テレビ東京ほか、今冬放送)の場面写真が8月4日、公開された。写真には、亀梨さんが演じる犯罪加害者の弟となってしまった主人公・武島直貴の陰のある表情が写し出されている。

 「手紙」は、直木賞作家・東野圭吾さんの小説が原作。累計発行部数240万部を突破した人気小説で、映画化、舞台化もされている。武島直貴(亀梨さん)の兄・剛志は4年前、直貴を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った家で思いもかけず人を殺してしまう。強盗殺人の罪で逮捕された剛志は、懲役20年の判決を受ける。それ以来、剛志は獄中から月に一度、直貴に手紙を送り続ける。働きながら定時制高校へ通う直貴は「順調だから心配いらない」と兄に手紙で報告するが、現実はアルバイトを次々と変え、住む場所も転々とせざるを得なかった。

 SNS社会の現代、「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、直貴は進学、恋愛、就職など、人生の幸福すべてをつかめずにいた。次第に直貴は剛志からの手紙を無視するようになり、やがて兄弟にとって大きな選択をすることになる……という展開。

 また同ドラマの特報映像が、4日深夜1時15分放送の同局の深夜番組「ABChanZOO(えびチャンズー)」の中で初お披露目されることも発表された。特報は「ABChanZOO」で放送された後、ドラマの公式ホームページで公開される。

亀梨和也、東野圭吾と初“タッグ” テレ東SPドラマ「手紙」に主演

テレビ東京の「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」で主演を務める亀梨和也さん=テレビ東京提供
テレビ東京の「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」で主演を務める亀梨和也さん=テレビ東京提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが、直木賞作家・東野圭吾さんの代表作が原作のスペシャルドラマ「ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』」(テレビ東京ほか、放送時期未定)で主演を務めることが5月2日、分かった。亀梨さんが東野さん原作の映像作品に参加するのは今回が初。テレビ東京のドラマも初出演&初主演となる。

 亀梨さんは「テレビ東京のドラマ、東野圭吾さんの作品、どちらの出演も僕にとっては初めてなので、本当にワクワクしています。初めての角度でお仕事ができることに、いろいろな期待を持ちました」といい、「東野圭吾さんの作品は、社会性やテーマ・メッセージ性がある作品が多いので、自分がその作品に参加させてもらえることを非常にうれしく思っています」と喜びを語っている。

 「手紙」は、累計発行部数240万部突破の人気小説で、映画化、舞台化もされている。強盗殺人犯の弟という運命を背負った青年が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、やがて自分の家族を持つまでの軌跡を、兄弟の手紙を通して描く。

 今回のドラマは、獄中の兄から届く手書きの手紙とSNSで簡単につながってしまう社会とを対比させ、つらい境遇に置かれた犯罪加害者の家族が周囲の人々と関わり合いながら懸命に一筋の光を追い求め生きていく姿を通し、家族とは何か、愛とは何か、絆とは何かを問いかける、社会派エンターテインメント作となる。

 亀梨さんが演じるのは、犯罪加害者の兄を持つ主人公・武島直貴。高校3年生の頃、自分の大学進学のために兄が強盗殺人を犯し、その後は友情、恋愛、就職、結婚と幸せをつかもうとする度に「強盗殺人犯の弟」というレッテルを貼られ、社会からさまざまな差別を受けることになる……という役どころ。

 亀梨さんは「事件の当事者なのか何なのか、とても難しい立ち位置にいる人物ですよね。決してスポットライトを浴びるようなキャラクターではない。そこがこの作品が持っている魅力であり、メッセージなのだと思いますが。僕自身、その難しさ、もどかしさにハマっていけたらと思っています」と思いを明かしている。

 テレビ東京の田辺勇人プロデューサーは「亀梨さん演じる直貴がどのような目で、どのような感情で、どのような言葉を発し、世の中を生きているのか。今まで亀梨さんが見せたことのない姿にも注目です」とアピール。原作者の東野さんも「『手紙』は、私自身が答えを探しながら書き継いでいった作品です。亀梨さんも、演技を通じて何らかの答えを発見されるのでは、と思います」と期待を寄せている。