絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 視聴率

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」初回10.6%で二桁発進

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の初回が7月9日、30分拡大で放送され、平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。“月9”ドラマの初回視聴率で“2桁発進”は、2017年7月期の「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(16.3%)以来、4作品ぶり。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 ミハンシステムは、日本国民のあらゆる個人情報を解析し、過去の犯罪記録と照らし合わせることによって、AI(人工知能)がこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出すというもの。

 初回は、武井壮さんがゲスト出演。井沢は、ある事件がきっかけで、総務部資料課分室への異動を命じられる。実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂(伊藤淳史さん)を中心に秘密裏に進められてきた重要プロジェクトが託されていた。それは、通称「ミハンシステム」の実用化プロジェクトだった。

 一方、特殊捜査班のメンバーだった山内(横山裕さん)は、バディーを組んでいた桜木の失踪事件を独自に追っていたが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。ミハンシステムは殺人を犯す危険性のある人物を割り出すが、いつ、どこで、誰を、なぜ殺害するのかまでは分からない。山内は、冤罪(えんざい)を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱く。そんな中、“テストケースNo.5”の危険人物が割り出される……という展開だった。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第2話は9.6%

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第2話が7月16日に放送され、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 第2話は、黒谷友香さんがゲスト出演。ミハン(未然犯罪捜査)システムが、有名創作料理店の総料理長で、子供たちに食事を提供する「こども食堂」を13年前から運営する料理人の藤井早紀(黒谷さん)を新たな危険人物と割り出す。早紀を危険人物と判断した理由は、植物由来の毒物を海外から仕入れていたから。ミハンチームの小田切唯(本田翼さん)は、料理人志望者として早紀に接近。井沢も、早紀の「こども食堂」のスタッフとして潜入する……という展開だった。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」第3話は10.8%と番組最高を更新

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第3話が7月23日、放送され、平均視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。初回の10.6%を0.2ポイント上回り、番組最高視聴率となった。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 第3話は、“ミハンチーム”の刑事・小田切唯(本田翼さん)が中心となった物語が展開。「ミハンシステム」が新たな危険人物として名門・私立栄明大学に通う若槻真帆(柴田杏花さん)を割り出すが、真帆は1年前に飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中だと判明。真帆のスマートフォンから、真帆が所属し、同大薬学部のエリート学生・湯川(佐野岳さん)が部長を務めるテニスサークルのSNSグループに「復讐(ふくしゅう)してやる」というメッセージが送られた上、同じスマートフォンで大量の医療用ニトログリセリンが購入されていたことが分かり、井沢は真帆の病院に小田切と田村薫(平田満さん)を潜入させる……という展開だった。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第4話視聴率11.7%で自己最高更新

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第4話が7月30日、放送され、平均視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。第3話でマークした10.8%を上回り、自己最高を更新した。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 第4話は、ミハンシステムが新たな危険人物として、わかば銀行の行員・佐伯卓郎(小野了さん)を割り出す。井沢範人(沢村さん)らミハンチームがわかば銀行に潜入する中、銀行強盗が現れる。防犯カメラなどの位置を熟知し、段取りよく金を詰め込んでいく強盗たち。そこへ警察が駆けつけると、外の車で待機していた共犯者は逃走。強盗犯は、小田切らを人質にして立てこもる。監視カメラで佐伯の動きを見ていた井沢は、佐伯が強盗犯とアイコンタクトをとっていることに気づく。井沢は、佐伯の目的を探る……という展開だった。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第5話視聴率10.4%で3週連続2桁

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第5話が8月6日、放送され、平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。第4話の11.7%からダウンしたものの、3週連続で2桁キープしている。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 第5話は、「関西ジャニーズJr.」の道枝駿佑(みちえだ・しゅんすけ)さんがゲスト出演。ミハンシステムが、新たな危険人物として17歳の高校生・岡崎直樹(道枝さん)をリストアップし、井沢らミハンチームが捜査する。世田谷区で動物殺傷事件が相次ぎ、防犯カメラの映像から直樹が疑われる。ミハンチームの小田切(本田翼さん)らは、岡崎家の周辺住人から情報収集中に、大手新聞社の元記者でジャーナリストの川上邦明(近藤公園さん)と出会う……という展開だった。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話視聴率10.6%で4週連続2桁

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第6話が8月13日、放送され、平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。先週第5話の10.4%から微増し、第3話から4週連続で2桁をキープしている。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 第6話は、これまでにミハンシステムに浮上した元最高裁判所長官の小松原(中丸新将さん)、ジャーナリストの川上(近藤公園さん)が遺体で発見される。ミハンシステムから得た情報を基に、犯人が犯行に及んでいると考えたチームの総責任者・東堂(伊藤淳史さん)は「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」という三つの可能性に言及。真相を解明するため井沢らが捜査する。しかし、犯人として浮上したのはミハンチームのメンバーで……という展開だった。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第7話視聴率10.3%で5週連続2桁 ミハンチーム捜査“再開”も…

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第7話が8月20日、放送され、平均視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第3話から5週連続で2桁をキープしている。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 第7話は、ミハンシステムが新たな危険人物として、実体のつかめない麻薬密売組織に関わっている疑いがあり、2カ月前に任意の取り調べを受けていた新谷啓一(小柳友さん)を割り出す。組織のボスは「喜多野」という名前だが、通り名に過ぎず本名も顔もその正体は謎に包まれていた。喜多野は、ビジネスのためならちゅうちょなく人を殺害する冷徹な殺人者。井沢らは喜多野の正体をつかむ手がかりが新谷しかおらず、捜査を始める……という展開だった。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第8話視聴率10.0%で6週連続2桁 白石麻衣&北大路欣也が出演

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第8話が8月27日、放送され、平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第3話から6週連続で2桁をキープしている。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描く。

 第8話は、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんがゲスト出演し、俳優の北大路欣也さんが特別出演した。ミハンシステムが危険人物として、1週間後に結婚式を控えた砂田繭美(白石さん)を割り出し、井沢(沢村さん)らミハンチームが捜査する。井沢と小田切(本田翼さん)は婚姻届を出しにきたカップルを装い、繭美に接触。同じころ、チームの山内(横山裕さん)と南(柄本時生さん)は繭美の過去を探る。そんな中、山内の前に、桜木(上戸さん)の元上司でもある長嶋秀夫(北大路さん)が現れる……という展開だった。

沢村一樹、月9「絶対零度」の“仲間の死”「直前まで知らなかった」 視聴率好調の要因は「絆」

連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」で主演を務めている沢村一樹さん
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」で主演を務めている沢村一樹さん

 平均視聴率が6週連続で2桁をマークし好調のフジテレビ系“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」で、主人公の井沢範人を熱演している沢村一樹さん。8月13日に放送された第6話では、井沢がリーダーを務めるミハン(未然犯罪捜査)チームの捜査員・田村薫(平田満さん)が、これまで捜査してきた事件関係者を殺害し、自ら命を絶つという衝撃的な展開が描かれたが、同話について沢村さんは、「直前まで知らなかった。本当に、僕が犯人だと思っていた」という。“衝撃展開”の裏側や終盤の見どころなどについて、沢村さんに話を聞いた。

 「絶対零度」は、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作で、シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描いている。チームのメンバーの小田切唯は本田翼さん、山内徹は「関ジャニ∞」の横山裕さん、南彦太郎は柄本時生さん、チームの総責任者の東堂定春は伊藤淳史さんが演じている。

 ◇“裏切り者” 視聴者同様キャスト陣も捜していた!?

 同作が月9初主演の沢村さんは「枠によって、見ていただける視聴者の層が違うんだなって痛感しています。今まで僕が出演してきた枠は、僕と同じ世代、もしくは近い世代が多いと思いますが、(月9ということで)もうちょっと年齢層が下の方にも楽しんでいただけているようです」と手応えを明かし、「うれしいですね。今まで僕がやっていたドラマを知らない世代が見てくれているので、そういった意味でのやりがいを感じています。月9って、まだまだブランドだなって感じています」と笑顔を見せた。

 第6話では、これまでミハンシステムが割り出した人物が殺害され、警視庁は井沢をマーク。しかし、田村が真犯人で、追い詰められた田村は自ら命を絶ってしまった。沢村さんは、田村の死について「知らなかった。(途中まで)本当に僕が犯人だと思っていた」と明かし、「台本を見て、初めてこんな感じなんだって……」と“衝撃の結末”を知ったという。

 同話放送前、インターネット上では、チーム内の裏切り者を割り出す“犯人捜し”が盛り上がりを見せた。沢村さんは「視聴者の方が一生懸命に犯人捜しをされていたと聞いています。(映像に映っていた犯人の)手が小田切じゃないかとか、殺害された人物の目に(犯人が)映っているんじゃないかとか調べたりして。僕らもそこまで犯人捜ししてもらえるとは思っていなかった。だから(制作サイドも)気をつけないといけないねって話していました。視聴者の方だけでなくキャスト陣の中でも『誰だ誰だ』って犯人捜ししていたので、面白かったです」と明かした。

 ◇「絶対零度」新シリーズの魅力は「見えない絆」

 沢村さん演じる井沢は、一見ひょうひょうとしていてどこか食えない人たらしだが、たまに見せる冷徹な表情に冷酷なものを宿すダークな一面を併せ持ったキャラクターだ。「刑事ドラマですけど『絶対零度』は、ほかの刑事作品とは少し毛色が違う。いわゆる(往年の)月9作品とも違います。井沢はチャラけているし、どこまで本気なのか分からない。(第7話のラストで)感情をあらわにするシーンがあったり、演じていて楽しい」という。

 さらに、「実は、毎話2カ所ぐらい(演技の)ポイントを作っています。井沢の個人的なシーンと(ストーリーの)最後。台本を読んだらポイントを決めるようにしています。できるだけ遊べるところはふざけてやって、後半の核心部分は締めています」と役作りについて明かす。

 ドラマは、初回の平均視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)で、第2話で10%を切ったものの、第3話から6週連続で2桁を記録し、好調を維持している。ドラマが視聴者に愛されている要因について、沢村さんは「ミハンチームの魅力かなって思っています。良くも悪くも仲がいい。それが画面に伝わっていると思います。それぞれのキャラが暗い過去を背負っていたり、親とは違う環境の家族のようなぬくもりだったり、チームの見えない絆みたいなものが伝わっているのかなって思います」と自身の考えを語る。

 ドラマは、2話を残すのみとなった。「ここまでは、自分が締めるポイントが2カ所でしたが、ここからは大変。物語がハードになっていくので、ポイントが多くなっていきます。(演じる)気持ちのバランスが難しい」と苦笑いの沢村さん。「田村さんが願っていた、ミハンの実現がされるのか。井沢の過去の清算。第9話には『ドーン!』っていう、第6話を上回る衝撃的なストーリーが出てきます。絶対零度は、全部が丸く収まるとは限らない。最後までドキドキしながら見ていただきたいなって思います」と見どころを語った。

 第9話には、桜木らしき女性が登場。井沢ら“見えない絆”でつながったミハンチームの姿に注目したい。「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」は毎週月曜午後9時に放送中。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」上戸彩が再登場! 第9話視聴率11.3%で7週連続2桁

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第9話が9月3日、放送され、平均視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第3話から7週連続で2桁をキープしている。

 ドラマは、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作。シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描いている。

 第9話では、ミハンシステムが新たな危険人物として、警護課の捜査員・石塚辰也(高橋努さん)を割り出す。石塚は、要人警護「SP」のスペシャリストで、井沢も知る人物で、捜査を開始した井沢らは、石塚が警視庁国家公安委員長の情報を集めていると知る。そんな中、チームの責任者の東堂(伊藤淳史さん)は、メンバーに石塚の直近1週間の監視記録を見せる。山内(横山裕さん)は、映像に映り込んでいる桜木らしき女性の姿に気づく……という展開。ラストには桜木が再登場するシーンも映し出された。

<視聴率>「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」沢村一樹VS上戸彩の最終回は視聴率10.8% 8週連続の2桁キープで有終の美

“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」主演の沢村一樹さん
“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」主演の沢村一樹さん

 俳優の沢村一樹さん主演の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)の最終回が9月10日、15分拡大で放送され、平均視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。第4話でマークした自己最高の11.7%には届かなかったものの、8週連続の2桁キープで有終の美を飾った。

 ドラマは、女優の上戸彩さんが演じた刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作。シーズン3となる今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、「未然犯罪捜査システム」(=ミハンシステム)を駆使して危険人物を割り出し、“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの姿を描いた。

 最終話は、誘拐ビジネスをしている犯行グループに拉致されたミハンチームの山内(横山裕さん)の救出に向かった井沢がベトナムで死んだはずの桜木と遭遇。井沢より先に山内を救出した桜木は、井沢に拳銃を向けながら「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」と告げ、現場から立ち去った。井沢は東堂(伊藤淳史さん)に、桜木がミハンを知っていたこと、桜木の上司だった長嶋(北大路欣也さん)が資料課を探っていたことに触れ理由を聞く。すると東堂は、新たな危険人物として桜木を示す……という展開だった。