高嶺の花 あらすじ

高嶺の花あらすじ

 ドラマ「高嶺の花」は、女優の石原さとみさんが主演、連続ドラマ「高校教師」や「未成年」などの野島伸司さんが脚本を手がける。容姿端麗な“高嶺の花”と平凡な男性との“超・格差恋愛”描いたドラマで、石原さんは、華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌や才能に恵まれた女性・月島ももを演じる。

 また、ももの恋の相手・風間直人役で、ロックバンド「銀杏BOYZ」のボーカルの峯田和伸さんが出演する。地味な家業を細々と営みながら、病にふせる実母を10年来介護し続けた優しい性格だが、口下手で要領が悪い上、生活に追われ、成人してから女性と交際したことがない、という役どころを演じる。劇中では介護していた母が亡くなり、「結婚して幸せになっておくれ」という母の遺言を実現しようと決意する。

 華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌、キャリア、財力、家柄、さらには圧倒的な才能まで、すべてを持ち合わせた女性・月島ももは、心から愛する男性と結ばれ、永遠の愛をも手に入れる、はずだった。しかし婚約者の二股交際が発覚し、式当日に結婚は破談に。ももは一気に自信を喪失、自我崩壊の大ピンチに陥る。全てを失ったももの前に現れたのは、美貌も、キャリアも、財力も、家柄も、何も持たない平凡な自転車店主・風間直人。「高嶺の花」と「地上の凡夫」という絶望的な格差がある2人は、まさかの恋に落ちてしまい……という内容。7月から毎週水曜午後10時放送。

 ◇石原さとみさんのコメント

 「野島伸司さんの脚本でラブストーリーをやりたい」とずっと言い続けてきたので、今回、願いかなって野島さんとご一緒できることがとてもうれしく身が引き締まる思いです。

 「高嶺の花」は、言わば“怒濤のラブストーリー”。台本を読んだだけで震えるくらい心を揺さぶられ、深くハッとさせられるせりふのオンパレードです。プレッシャーは相当ありますが、自分自身との闘いだと思い、負けないよう挑戦したいと思います!

 直人を演じる峯田和伸さんとはまだお会いできてないのですが、作中では、私が演じるももが直人を罵倒するシーンがたくさんあるので……どういうリアクションをしてくださるのだろうかと、今からワクワクしています(笑い)。存分に直人の心も、視聴者の皆さんの心も振り回せるような魅力的なももを演じられるよう頑張りたいと思います。どうか楽しみにしていてください!

 ◇峯田和伸さんのコメント

 野島伸司さんのドラマをたくさん見てきたので、出演の話を聞いたときには驚きましたが、それ以上に、とてもうれしかったです。

 主演の石原さとみさんの印象は、まさに「ど真ん中に立っていらっしゃる方」。まだこの物語がどういう結末に向かっていくのかまったく想像できませんが、野島さんが新しく描こうとしているものに、果たして自分はどんな色をつけていけるか。キャスト、スタッフの皆さんと一緒に、撮影に心を尽くしたいです。

 ◇野島伸司さんのコメント

 ドラマっていいな。そうか、だからわざわざ時間を割いて、ひととき日常を離れてのめり込めるエンターテインメントなんだよね。作り手と受け手が、そんな思いを共有できる、そういう熱を呼び起こせるものを書きたいと思いました。

 石原さとみさんは、今回、約8年ぶりにお会いしたのですが、その間に着実にキャリアを積み重ねてきた自信と風格を感じました。彼女の役柄を考えたとき、和装で見えを切る、名門の華道家師範という画が浮かんできました。

 峯田和伸さんは、裸でステージからダイブするイメージとは異なり、実際にお会いしたら、とても情緒的で聡明な印象でした。彼がこの物語に、独特のひょうひょうとした味わいを運んでくれることでしょう。

「高嶺の花」第2話のあらすじ 石原さとみと峯田和伸が急接近 キャバ嬢姿も披露

連続ドラマ「高嶺の花」第2話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」第2話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が7月18日、放送される。月島もも(石原さん)は風間直人(峯田和伸さん)に一方的に交際宣言して、2人の距離は急接近。直人は驚き戸惑うが……。石原さんはキャバクラ嬢姿を披露している。

 ももをキャバクラ嬢と勘違いした幸平(袴田吉彦さん)と太郎(吉田ウーロン太さん)にそそのかされ、直人はももに連絡を取る。ももは、直人の話に合わせて「店に来て指名してほしい」と告げる。急いでキャバクラの面接受け、採用されたももは、直人らを接客し、酔った勢いで「私たち付き合っちゃう?」とふざけて急接近する。後日、ももは元婚約者の吉池(三浦貴大さん)から復縁を迫られ、心揺れるが、婚約指輪を突き返す。そしてももは直人の自転車店を訪れると、店にいた原田秋保(高橋ひかるさん)らに、直人との交際を一方的に宣言する……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を務め、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「高嶺の花」第3話のあらすじ 石原さとみの結婚破談は月島流関係者の策略? 千葉雄大が急接近!

連続ドラマ「高嶺の花」第3話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」第3話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話が7月25日、放送される。月島もも(石原さん)は元婚約者から、妻が月島流の関係者だったことを聞く。結婚が破談した原因は、月島関係者の策略だったのではないかという疑念が湧き、ももは動揺する。

 第3話は、いまだに失恋を引きずるももを慰めるため、直人(峯田和伸さん)は元彼との思い出話を聞いてあげると申し出る。直人の行動に怒ったももは帰ってしまうが、直人はなぜももが怒っているかが分からない。

 そんな中、ももが雑誌の取材を受けることに。取材現場に、ももに近づきたいと策略していた龍一(千葉雄大さん)が突然現れ、ももは異母妹のなな(芳根京子さん)が反対するにもかかわらず、龍一と連絡先を交換する。その夜、もものもとに元婚約者の吉池(三浦貴大さん)が訪ねてくる。吉池は、妻の真由美(西原亜希さん)が月島流の免状を隠し持っていたことを明かす……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「高嶺の花」第4話のあらすじ 石原さとみと峯田和伸が“再びキス” 芳根京子は家元候補に名乗り

連続ドラマ「高嶺の花」第4話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」第4話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第4話が8月1日、放送される。第3話で月島もも(石原さん)と風間直人(峯田和伸さん)のキスシーンが放送されて話題になったが、4話でも再びキスシーンが登場する。一方、ももの妹・なな(芳根京子さん)が月島流の家元候補に名乗りを上げる。

 第4話は、ももは、直人を恋の相手として意識していたが、直人はももとキスして以来、目も合わせられない状態に。一方、ななは思いを寄せる龍一(千葉雄大さん)のために、父親の市松(小日向文世さん)に、自分が月島流の家元候補になると訴え、市松も了承。ななはももに、自身も家元候補になったことを伝え、ももに対して長年抱えてきたコンプレックスをぶつける。

 そんな中、ももが“キャバ嬢”だと思い込んでいる直人は、幸平(袴田吉彦さん)たち商店街の仲間と、ももがいるキャバクラへ向かう。そこで、幸平らがももと直人にキスをさせようとはやし立てると、直人は店から逃げ出してしまう。ももは直人を追って自転車店を訪れると、再び直人にキス。そして、華道家「月島もも」が特集された雑誌が発売され……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「高嶺の花」第5話(8月8日放送)のあらすじ 石原さとみが峯田和伸を婚約者として紹介するも…

連続ドラマ「高嶺の花」第5話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」第5話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話が8月8日、放送される。一夜を共に過ごし風間直人(峯田和伸さん)との関係を深めた月島もも(石原さん)は、直人を婚約者として、父親の市松(小日向文世さん)に紹介。そんな中、ももの元婚約者の吉池(三浦貴大さん)が月島家に現れ、市松に大ケガを負わせる……。

 第5話は、ももは市松に直人を紹介。自身が風間家に嫁ぎ、妹のなな(芳根京子さん)を次の家元にするように頼む。市松はももの破門をほのめかすが、ももの決意は揺るがない。その後、月島家の運転手を務める高井(升毅さん)は直人の店を訪ね、自分からももと別れるよう忠告した。

 ももは、ななを次の家元にしようと画策する新興流派の華道家、龍一(千葉雄大さん)を訪ね、龍一にななを守ってくれるよう頼む。そんな中、行方が分からなくなっていた吉池が月島家に現れ、市松に大ケガを負わせて逃亡。病院に駆けつけたももは市松から、ももの知らない母親の話を聞く……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「高嶺の花」第6話(8月15日放送)のあらすじ 石原さとみと峯田和伸の結婚式で悲劇が… 「ふたりの第一章 最終回」

連続ドラマ「高嶺の花」第6話の場面写真=日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が8月15日、放送される。「ふたりの第一章 最終回」と銘打ち、月島もも(石原さん)と風間直人(峯田和伸さん)が結婚式を挙げる。だが、結婚式の当日、2人を悲劇が襲うことに……。

 第6話は、自身の出生を知ったももが、月島流の家元になることを決意する。その頃、新興流派の華道家、龍一(千葉雄大さん)は、月島の後継者選びに介入しようとしていた。ももの妹・なな(芳根京子さん)は、父の市松(小日向文世さん)に大ケガを負わせて逃亡中の吉池(三浦貴大さん)を、ももがかばっていることを知る。

 そんな中、ももと直人の婚約パーティーが開催され、商店街の人々は2人を祝福する。ななは、ももについて龍一に相談し、「ももの驚くべき計画」を理解。結婚を止めるために直人に会いにいくが、直人は意外な反応を示す。そして迎えた結婚式で悲劇が……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「高嶺の花」第7話(8月22日放送)のあらすじ 「第二章」がスタート 物語の鍵を握る香里奈が登場

連続ドラマ「高嶺の花」第7話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」第7話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第7話が8月22日、放送される。第6話では、月島もも(石原さん)と風間直人(峯田和伸さん)が結婚式を挙げるも、式の最中にももが逃げ出してしまう結末を迎えた。「第二章」がスタートする第7話から、女優の香里奈さんが、物語の鍵を握る看護師の新庄千秋役として出演する。

 第7話は、直人との結婚式の途中で、式から逃げ出したももは、別れ際の直人の笑顔が忘れられない。ももは、華道の名家・神宮流の次期家元とされている兵馬(大貫勇輔さん)と会食中、ももが苦悩していることを兵馬に見抜かれ、敬意を抱く。また、兵馬と龍一(千葉雄大さん)の意外な関係が明らかになる。

 直人は、図書館で看護師の千秋と偶然出会う。そんな中、自転車で旅をする宗太(舘秀々輝さん)から、一緒にいる坂東(博多華丸さん)が倒れたという電話が入り、直人は千秋の車で山梨へ向かうことに。ももの妹・なな(芳根京子さん)は、龍一と会うためホテルの部屋を訪ねると、龍一と母親のルリ子(戸田菜穂さん)が密会しているところを目の当たりにしてしまう……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「高嶺の花」第9話(9月5日放送)のあらすじ 石原さとみ、自身の出生の秘密を知り激しく動揺

連続ドラマ「高嶺の花」第9話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」第9話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第9話が9月5日、放送される。月島もも(石原さとみさん)が、自身の出生の秘密を知り激しく動揺する。一方、風間直人(峯田和伸さん)は千秋(香里奈さん)と交流を深めていく。

 第9話は、次期家元を決める「俎上(そじょう)」で、ももに勝利したなな(芳根京子さん)は、自身が家元に選ばれた理由を市松(小日向文世さん)に尋ねると、ももが実の娘ではないことを明かされる。そんな中、龍一(千葉雄大さん)と兵馬(大貫勇輔さん)による、京都神宮流の次期家元を決める「俎上」が始まる。龍一は、すでに投票数の過半数を固めており、これまで市松に接近していたのは、投票権を持っている市松の票を手にするためだった。しかし市松は当日欠席し、代わりにももとななが出席することに。

 一方、千秋と交流を深めていた直人は、千秋から、子どものころに母親からつらい仕打ちを受けていたと明かす。直人は千秋を慰めると、千秋は直人に心引かれていく。しかし、千秋には、隠された一面があった。そして、ももは龍一から、自分の出生の秘密や、「俎上」はななを次の家元にする出来レースだったことを告げられ、激しく動揺する……という展開。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

「高嶺の花」最終回(9月12日放送)のあらすじ 石原さとみが月島流の時期家元に 峯田和伸に別れを告げるが…

連続ドラマ「高嶺の花」最終話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「高嶺の花」最終話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終話が9月12日、放送される。月島なな(芳根京子さん)が月島流を破門され、月島もも(石原さん)が正式な次期家元に決まる。ももは風間直人(峯田和伸さん)を呼び出し、別れを告げる。

 最終話は、直人を誘惑する千秋(香里奈さん)とのやりとりを電話で聞いていたもも。一方、龍一(千葉雄大さん)と共に生きていくと決めたななは、月島流から離れることを市松(小日向文世さん)に申し入れると、市松はななを破門する。

 ななが次期家元を辞退することを予想していた市松は、龍一にももとの縁談を持ちかける。その直後、龍一は姿をくらましてしまう。次期家元に認められ、月島家に戻ったももは直人を呼び出し、月島流を継ぐことになったことや、これまでの感謝の思いを伝え、直人に別れを告げるが……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さん演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供