グッド・ドクター 視聴率

<視聴率>「グッド・ドクター」山崎賢人主演の医療ドラマは初回11.5% “木10”が2年ぶりの2桁スタート

連続ドラマ「グッド・ドクター」で主演を務める山崎賢人さん
連続ドラマ「グッド・ドクター」で主演を務める山崎賢人さん

 俳優の山崎賢人さん主演の連続ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の初回が7月12日、15分拡大で放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と好スタート。木曜午後10時帯の同局ドラマの初回視聴率が2桁になったのは2016年7月期の「営業部長 吉良奈津子」の10.2%以来、2年ぶりとなる。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が医師全体の0.3%しかいないという小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命と闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 初回は、湊は東郷記念病院に初出勤するため、バスに揺られていた。そのころ、同病院では、小児外科の間宮(戸次重幸さん)、高山(藤木直人さん)、院長の司賀(柄本明さん)、副院長の猪口(板尾創路さん)、理事長の美智(中村ゆりさん)らが会議を開いていた。司賀は、人員不足の小児科に、今日から新しいレジデント(研修医)として湊を招くと告げる。司賀は、大学を首席で卒業した湊だが、自閉症スペクトラム障害でサヴァン症候群でもあると説明すると、周囲から反対を受ける。

 湊がバスを降りると事故が発生。子供がけがをして倒れていた。通りがかりの医師が子供を診断するが、湊はその医師を制止して、自ら応急処置を施す。湊が子供の処置を終えたとき、救急車が到着。東郷記念病院への出勤を急ぎたい湊だったが、子供に付き添うことになり……というストーリーだった。

<視聴率>「グッド・ドクター」第2話視聴率10.6%で2桁キープ

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第2話が7月19日、放送され、平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。初回の11.5%から下げたものの、2桁をキープしている。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が医師全体の0.3%しかいないという小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命と闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 第2話では、湊は問題を起こしながらも東郷記念病院小児外科でレジデント(研修医)として働くことになった。そんな中、病院に、学校で破水した女子高生の菅原唯菜(山田杏奈さん)が救急搬送されてくる。緊急出産したものの、赤ん坊は低出生体重児で、腸のほとんどが壊死(えし)状態の壊死性腸炎が認められた。湊は唯菜に、このままだと赤ん坊は死んでしまう可能性があるが、「助かる方法がある」と言ってしまう……という展開だった。

<視聴率>「グッド・ドクター」第3話視聴率11.6%で番組最高更新! 山崎賢人が少女の遺族の気持ちを救う

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第3話が7月26日、放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。初回が11.5%、第2話が10.6%で、3話連続で2桁をキープし、番組最高記録も更新した。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が医師全体の0.3%しかいないという小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命と闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 第3話では、東郷記念病院小児外科でレジデント(研修医)として働く新堂湊(山崎さん)が新生児の手術で病院のガイドラインを破ってしまい、高山誠司(藤木直人さん)はその責任を取り、謹慎処分に。そんな中、東郷記念病院に、病院をたらい回しにされた6歳の市川美結(竹野谷咲ちゃん)が運び込まれてくる。夏美(上野樹里さん)が緊急手術を行うが美結は亡くなってしまう。湊は、手術をした際に破けた美結の洋服を直してあげる……という展開だった。

<視聴率>「グッド・ドクター」第4話視聴率10.6%で2桁好調キープ 山崎賢人が身元不明の少女と心を通わせる

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第4話が8月2日、放送され、平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。初回が11.5%、第2話が10.6%、第3話が11.6%で、4話連続で2桁をキープした。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が医師全体の0.3%しかいないという小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命と闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 第4話は、東郷記念病院小児外科でレジデント(研修医)として働く新堂湊(山崎さん)は、緊急搬送されてきた、言葉を発しようとしない身元不明の少女(高松咲希ちゃん)の担当医になる。やがて、少女の母・大石薫(瑛蓮さん)が名乗り出て、少女の名があかりだと判明。夏美はあかりが言葉を発さない理由を尋ねると、薫は自分があかりの継母だからかもしれないと明かす。湊が、あかりのバッグからお絵描きノートを取ろうとすると、あかりは慌てて奪い取る。その夜、湊はあかりの病室でお絵描きノートが落ちているのを見つける……という展開。

<視聴率>「グッド・ドクター」第5話視聴率12.2%で自己最高更新 5週連続2桁

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の5話が8月9日、放送され、平均視聴率は12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。第3話でマークした11.6%を上回り、自己最高を更新し、初回から5週連続で2桁をキープしている。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が医師全体の0.3%しかいないという小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 第5話は、湊がレジデント(研修医)として働く東郷記念病院小児外科に、天才ボーイソプラノ歌手の羽山響(城桧吏=じょう・かいり=さん)が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己さん)と共にやってくる。臨床医の瀬戸夏美(上野樹里さん)が診察すると、響の喉はひどい炎症を起こし、早急な手術が必要と判断される。しかし、喉の手術のため術後に高音が発声できなくなる可能性がある。夏美の説明に徹郎は、歌手である響にそんなリスクのある手術は受けさせられないと反発する……という展開だった。

<視聴率>「グッド・ドクター」第6話視聴率は10.8% 初回から6週連続2桁

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話が8月16日、放送され、平均視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。初回から6週連続で2桁をキープしている。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が医師全体の0.3%しかいないという小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 第6話は、出産間近の患者の胎児にリンパ管腫が見つかり正常の分娩ができないため、産婦人科医の鶴田(堀内敬子さん)は「EXIT」という手術を小児外科医に依頼する。だが、その患者は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。リスクを伴う手術に間宮(戸次重幸さん)は反対するが、高山(藤木直人さん)は患者が望むならと請け負い、助手に夏美(上野樹里さん)と湊を指名。子供に対する患者の強い思いを知った湊はEXITの文献を読みあさる……という展開だった。

<視聴率>「グッド・ドクター」第7話視聴率は13.0%と過去最高更新! 初回から7週連続2桁

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第7話が8月23日、放送され、平均視聴率は13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。初回から7週連続で2桁をキープしている。

 ドラマは、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が医師全体の0.3%しかいないという小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

<視聴率>「グッド・ドクター」第8話視聴率は9.4% 酒井若菜がゲスト出演

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第8話が8月30日、放送され、平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。前回第7話の13.0%から3.6ポイントダウンした。

 「グッド・ドクター」は、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 第8話は、女優の酒井若菜さんがゲスト出演。東郷記念病院に、早見香織(酒井さん)の次男・陽翔(鳥越壮真君)ががんを患い入院することになる。香織は、医師の高山誠司(藤木直人さん)に陽翔を診てもらうため、夫を長野に残し、長男・翔太(池田優斗さん)を連れて東京に来ていた。臨床医の瀬戸夏美(上野樹里さん)は、香織の看病疲れと、陽翔のために転校した翔太の環境の変化を気にしていた。そんな中、新堂湊(山崎さん)と夏美は、香織が階段から転落して運ばれて来たと連絡を受け……という展開だった。

<視聴率>「グッド・ドクター」第9話視聴率10.2%で2桁回復 山崎賢人の担当患者が“命の危機”に

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第9話が9月6日、15分拡大で放送され、平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。前回第8話の9.4%から0.8ポイントアップし、2桁に戻した。

 「グッド・ドクター」は、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 第9話は、東郷記念病院の経営を立て直すため、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決され、小児外科と産婦人科の年内廃止が決定してしまった。そんなある日、小児外科でレジデント(研修医)として働く湊が担当する患者の森下伊代(松風理咲さん)が倒れる。湊と夏美(上野樹里さん)が、伊代の姉の汐里(松井愛莉さん)に小腸の移植が必要と説明すると、汐里は自身がドナーになると宣言する……という展開だった。

<視聴率>「グッド・ドクター」最終話視聴率12.4%で有終の美 山崎賢人“好演”話題の小児外科ドラマ

連続ドラマ「グッド・ドクター」で主演を務めた山崎賢人さん
連続ドラマ「グッド・ドクター」で主演を務めた山崎賢人さん

 俳優の山崎賢人さん主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)の最終話が9月13日、15分拡大で放送され、平均視聴率は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。第7話でマークした番組最高の13.0%に次ぐ高視聴率で、有終の美を飾った。

 これまでの視聴率は、初回が11.5%、第2話が10.6%、第3話が11.6%、第4話が10.6%、第5話が12.2%、第6話が10.8%、第7話が13.0%、第8話が9.4%、第9話が10.2%と推移。最終話が12.4%で、第8話を除く9回で2桁を記録した。

 「グッド・ドクター」は、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために闘い、心に寄り添い、成長していく姿を描いた。放送中には、SNSなどで山崎さんの演技に「素晴らしすぎる!」「毎話感動した」などの声が上がり、話題となった。

 最終話では、東郷記念病院が小児外科廃止へ向かう中、湊はがんを患い倒れた院長の司賀明(柄本明さん)に付き添う。その矢先、湊の担当患者の森下伊代(松風理咲さん)の容態急変の知らせが入る。医師の高山誠司(藤木直人さん)は、瀬戸夏美(上野樹里さん)ら小児外科医を集め、小腸の移植手術を予定していた伊代は肝硬変を患っていることも分かり、小腸と肝臓の同時移植以外助ける道はないと明かす。そこに救急救命室から、川で溺れた少女が心肺停止状態で運び込まれ……という展開だった。

グッド・ドクターフジテレビ系
2018年7月12日から毎週木曜午後10時放送。初回は15分拡大。