遺留捜査 第5シーズン ニュース

SPドラマ11月11日放送 えなりかずきが上川隆也と初共演

ドラマ「遺留捜査スペシャル」の場面写真 =テレビ朝日提供
ドラマ「遺留捜査スペシャル」の場面写真 =テレビ朝日提供

 9月に第5シーズンが終了した俳優の上川隆也さん主演の連続ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)のスペシャルドラマが、11月11日に放送されることが10月24日、明らかになった。民俗学者の役で俳優のえなりかずきさんが出演し、上川さんと初共演する。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村聡(上川さん)が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていくドラマ。9月に放送された第5シーズンの最終回では、平均視聴率13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得した。

 スペシャルドラマは、“天狗伝説”の残る村が舞台となる異色作。糸村ら特別捜査対策室のメンバーが、滝つぼから修験道者の水死体が発見された事件を追う一方、京都府警のホストコンピューターがハッキングされる事態が発生。民話とITが絡み合う展開となる。えなりさん扮(ふん)する杉田義明教授は舞台となる村でフィールドワークを行っており、遭難寸前だった糸村と出会い、捜査に協力する。

 えなりさんは、上川さんとの共演について「上川さん演じるひょうひょうとした糸村刑事の、視聴者の予測を大きく超える推理力にいつもワクワクしておりました」と喜び、上川さんも「“天狗伝説“など民間伝承を題材にした物語にふさわしい、ベストなキャスティングでした。糸村が迷い込んだ村に漂う、ある種、独特の雰囲気を余すところなく表現してくださいました」と、えなりさんの演技を絶賛している。「遺留捜査スペシャル」は11月11日午後9時放送。

 えなりさんのコメントは以下の通り。

 ――「遺留捜査」シリーズにはどんな印象を持っていましたか。

 家族で見られるサスペンスで、上川さん演じるひょうひょうとした糸村刑事の、視聴者の予測を大きく超える推理力にいつもワクワクしておりました。今回その作品に参加させていただいて本当にうれしかったです。

 ――民俗学者・杉田義明教授役を演じられるにあたって、大切にされたところは?

 大学で民俗学の授業を取っていて、民俗学の先生方も生で見て、こういう学問の世界があるんだ~と漠然と受けていた授業が役に立ってよかったと思いました。また、ニコニコしているけど何を考えているか分からないという人物が私の知り合いに2人ほどいて(笑い)、その方々をイメージしながらやらせていただきました。

 ――上川隆也さんと共演された感想を教えてください。

 初日に斜めがけバッグを背負った上川さんにごあいさつした際、糸村さんにしか見えなくて、「テレビと一緒だ!」と感激しました(笑い)。「遺留捜査」の世界の内側に入ることができてとてもうれしかったです。

 ――撮影でのエピソードを教えてください。

 ロケ地の半分以上は携帯電話がつながらないエリアだったので、日が暮れると正真正銘の暗闇で、今回の人里離れた村という雰囲気作りには最高のロケ地ばかりでした。あのようなロケ地が撮影所から2時間圏内にたくさんあるのは、京都の素晴らしさの一つだと思います。

 ――視聴者にメッセージをお願いします。

 隔絶され、独特の文化を発展させた村での事件が描かれているので、いつにも増してスリルを味わえる作品だと思います。一緒に”つぐは村”に行った気持ちになって、サスペンスの醍醐味(だいごみ)をぜひ味わっていただきたいです。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

沢口靖子、「科捜研の女」が初めての“出張”出演 「遺留捜査」で上川隆也と21年ぶりドラマ共演

「遺留捜査」第5シーズン最終回で21年ぶりにドラマ共演する沢口靖子さん(右)と上川隆也さん
「遺留捜査」第5シーズン最終回で21年ぶりにドラマ共演する沢口靖子さん(右)と上川隆也さん

 女優の沢口靖子さんが、俳優の上川隆也さんが主演を務める連続ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)の“第5シーズン”最終回2時間スペシャル(9月13日放送)に出演することが9月10日、明らかになった。沢口さんは同局の人気ドラマシリーズ「科捜研の女」で演じている榊マリコ役で登場する。現行の連続ドラマで最長となる19年の歴史を誇る「科捜研の女」のマリコが、他の作品に“出張”出演するのは初めてで、沢口さんは上川さんと約21年ぶりにドラマ共演を果たす。

 「遺留捜査」の最終回2時間スペシャルは、ベンチャー企業の社長が爆発物によって殺害された事件を発端に展開する。巨額の富を生むバイオサイエンス研究をめぐる殺人なのか。糸村(上川さん)ら“特別捜査対策室”(特対)のメンバーが事件を追い、その特対室にマリコがふらりと現れて……というストーリー。今回のコラボは上川さんと科捜研研究員・村木繁役の甲本雅裕さんの発案によるものという。

 沢口さんは「転校生のような気分でお邪魔しましたが(笑い)、上川さんをはじめキャストの皆さんが温かく迎え入れてくださり、リラックスしてお芝居することができました」とコメント。人気ドラマのヒロインを迎えた上川さんは「スタッフも浮足立っていて、僕自身、柄にもなくちょっと緊張しました。『遺留捜査』にとって歴史的な1ページになりました」と喜んでいる。

 沢口さんと上川さんが約21年前に共演したドラマは、1997年放送の「竜馬がゆく」(TBS系)で、坂本竜馬&おりょう夫婦を演じた。沢口さんは上川さんについて「とても誠実で丁寧なお芝居をされる方という印象があるのですが、今回は糸村さんのキャラクターも加わって相手をふんわりやわらかく包んでくださるような方だなと感じました」とコメント。一方、上川さんは「シリーズを重ねてどんどんパワーアップされていくお姿に、勇気をいただきました」と振り返っていた。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていく1話完結型の連続ドラマ。第5シーズンは夏の京都を舞台に、京都府警“特別捜査対策室”(特対)メンバーの活躍を描いている。最終回2時間スペシャルは13日午後8時~同9時48分に放送される。

ラストアイドル安田愛里、「遺留捜査」にゲスト出演 上川隆也&栗山千明と対面し「今世紀最大級に緊張」

連続ドラマ「遺留捜査」の第5話にゲスト出演する「LaLuce」の安田愛里さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「遺留捜査」の第5話にゲスト出演する「LaLuce」の安田愛里さん=テレビ朝日提供

 オーディション番組「ラストアイドル」(テレビ朝日系)から生まれたアイドルユニット「LaLuce(ラルーチェ)」の安田愛里さんが、8月16日放送の連続ドラマ「遺留捜査」(同、木曜午後8時)の第5話にゲスト出演することが分かった。安田さんは2015年に放送された「相棒13」(同)にも出演した経験があるが、今回のオファーに「まさか自分がこんな大きな作品に出させてもらえるなんて思ってもいなかったので、ただただうれしさと感謝の気持ちでいっぱいでした」とメッセージを寄せている。

 安田さんは、同話で殺害される衣装デザイナー・井波幸俊(斉藤陽一郎さん)のアシスタントらが通うレストランのアルバイト店員・三好真由を演じる。ドラマの撮影前日にはメンバーから「明日、気をつけて頑張ってきてね!」と応援されたといい、「さらに身が引き締まりました!!」と明かしている。

 撮影当日は、主人公・糸村聡役の上川隆也さんと神崎莉緒役の栗山千明さんと対面し、「画面越しに見ていた方が実際に目の前にいらっしゃって今世紀最大級に緊張していたのですが、まだお芝居の経験が浅くて現場の雰囲気になじめていなかった私にいろいろとアドバイスをくださり、その優しさに救われました」と振り返っている。安田さんは大きなNGなく、撮影を終えたという。

 撮影は京都で行われており、撮影の合間に「街を散策して、かき氷を食べに行きました。元々、かき氷も抹茶も大好きでいろいろと調べていたのですが、たまたま入ったお店が前々から気になっていて調べていたところだったので、『念願のだ!』とすごくテンションが上がりました。ものすごくおいしかったです」と喜んでいる。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていく1話完結型の連続ドラマ。今回の第5シーズンは夏の京都を舞台に、京都府警“特別捜査対策室”(特対)メンバーの栗山さん、戸田恵子さん、永井大さんら第4シーズンのキャストが集結するほか、新キャストとして梶原善さんが加入した。

=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供

<ドラマ紹介>「遺留捜査」第5シーズン 上川隆也が京都の夏を駆け抜ける 7月12日スタート

連続ドラマ「遺留捜査」初回の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「遺留捜査」初回の場面写真 =テレビ朝日提供

 俳優の上川隆也さん主演の連続ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)第5シーズンが7月12日、午後8時から2時間スペシャルでスタートする。1年ぶりの新シーズンは前作同様、夏の京都が舞台。京都府警“特別捜査対策室”(特対)メンバーの栗山千明さん、戸田恵子さん、永井大さんら前作のキャストが集結するほか、新キャストで梶原善さんが加入する。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村(上川さん)が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていく1話完結型の連続ドラマ。2011年4月クールに水曜午後9時枠で放送された第1シーズンは、最高視聴率17.0%を記録。12年7月クールの第2シーズン、13年4月クールの第3シーズンでも大きな支持を得て、舞台を東京から京都に移した17年7月クールの第4シーズンは、13.1%の最高視聴率を記録している。

 初回2時間スペシャルは、柄本明さん、平泉成さん、松下由樹さん、中村俊介さんらがゲストで出演。1カ月前に発見された古い仏像の所有権争いに巻き込まれていた、文化庁美術品危機管理対策課の長津涼子(遊井亮子さん)が、山中の岩場で遺体となって発見される。滑落事故のように思われたが、糸村は岩陰に残されていた、紋章のようなデザインが記されたカラビナを発見。カラビナは、全て壊れるように細工されていることが発覚し、殺人事件であることが明らかになる。

 捜査を開始した糸村は、神崎(栗山さん)と共に仏像の所有権を主張する円刻寺を訪れ、疑惑の住職・大野(平泉さん)のことを探ると、彼が一人娘・ゆかり(松下さん)と20年以上も疎遠になっていることを知る。やがて彼女が、事件と思いも寄らぬ関わりを持っていることが判明し……というストーリー。糸村がスーツ姿でロッククライミングに挑むシーンも登場する。

 今シーズンは小田和正さんの「やさしい風が吹いたら」「小さな風景」をストーリーによって使い分ける“W主題歌”となる。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

上川隆也、スーツ姿でロッククライミングも淡々 次はスカイダイビング? <完成披露試写会>

連続ドラマ「遺留捜査」完成披露試写会に登場した上川隆也さん
連続ドラマ「遺留捜査」完成披露試写会に登場した上川隆也さん

 俳優の上川隆也さんが7月6日、東京都内で行われた主演ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系、毎週木曜午後8時)第5シーズンの完成披露試写会に登場。ドラマ初回で、遺留品を捜査するため、スーツ姿でロッククライミングに初挑戦した上川さんは「そもそも、(役柄の)糸村聡が何をしでかそうと、驚きはしないですね。遺留品が目的なら何をするか分からない男だから、台本を読んで『ロッククライミングなんだ』くらいにしか思わなかった」と淡々と明かした。

 続けて上川さんは「いざ岩を目の前にして、『ここを登るのか』という思いに駆られましたし、前日に雨が降って壁面がそこそこぬれていまして、なかなか滑りやすい状況でしたので、気持ちを新たに登った部分はありました」と撮影を振り返った。司会者から、スーツ姿だったことを指摘されると、「糸村はこの格好以外しませんので、話が進むとスカイダイビングをすることがあっても、たぶんこの格好で飛ぶんだろうと思います」と話し、観客を笑わせていた。

 イベントには、共演の栗山千明さんも登場。栗山さんは上川さんのロッククライミングについて「私自身が高所恐怖症なので、見ているほうがそわそわしました。私の方が冷や汗をかく思いで、見守っていました」と明かしていた。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていく1話完結型の連続ドラマ。2018年7月12日スタートで、初回は2時間放送。

上川隆也、スーツ姿でロッククライミングに初挑戦 高さ20メートルの岩場で

連続ドラマ「遺留捜査」初回の一場面 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「遺留捜査」初回の一場面 =テレビ朝日提供

 俳優の上川隆也さんが、2018年7月スタートの主演ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系、毎週木曜午後8時)第5シーズンの初回の撮影で、高さ20メートル以上の岩場でロッククライミングに初挑戦していることが分かった。

 主人公の特別捜査対策室の刑事・糸村聡を演じる上川さんは、「遺留品を探すために突然、岩壁を登りはじめる」という設定上、スーツ姿でクライミングに挑まなければならなかった。撮影前日は雨が降っていたため岩がぬれて、足元のコンディションは良い状態ではなかったという。

 上川さんは「高いところは決して苦手ではないたちなので、包み隠さず申し上げると……とても楽しみでした!」と明かし、撮影後は「めったにできない体験なので楽しく臨ませていただきました。岩場の中腹に立ったときの景観は素晴らしいものがありました!」と語っている。

 「スーツ姿の男が岩場を登る」というシーンに、上川さんは「岩とスーツって、ミスマッチの極みだったと思います(笑い)。奇態な男が岩場に張り付いているさまを楽しんでいただければ。ちょっとヒヤッとする場面もありますので、そこも含めてご覧いただきたいですね」とアピールしている。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていく1話完結型の連続ドラマ。7月12日スタートで、初回は2時間放送。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

上川隆也主演の刑事ドラマ「遺留捜査」が第5シーズン決定 新メンバーに梶原善 2018年7月スタート

主演刑事ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)の“第5シーズン”が決まった上川隆也さん=テレビ朝日提供
主演刑事ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)の“第5シーズン”が決まった上川隆也さん=テレビ朝日提供

 俳優の上川隆也さん主演の連続ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)の“第5シーズン”が2018年7月から放送されることが6月4日、明らかになった。“第4シーズン”から1年ぶりの放送で、前作同様に京都府警“特別捜査対策室=通称・特対”が舞台。“第1シーズン”からレギュラー出演してきた甲本雅裕さんに加え、栗山千明さんや永井大さん、戸田恵子さんらも前作から続投。また捜査一課から引き抜かれた猪突猛進タイプでプライドの高い新メンバーの岩田信之役で、上川さんとは約10年ぶりの共演となる梶原善さんが新たに出演する。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていく1話完結型の連続ドラマ。第1シーズンから数えると、約7年にわたって主人公の糸村を演じることになる上川さんは、「『遺留捜査』という少し変わった刑事ドラマが、これまで続いてきたことが、既に希有(けう)なことだと思います。それがさらに一つシーズンを重ねることができる。やはりありがたい以外の何物でもないと思います」と感慨深げに語っている。

 また上川さんは「2011年から7年にわたって糸村を演じてきましたが、僕にとって糸村は“ごく遠縁の親戚”のよう。全くの他人でもなく、かといって近しくもない、不思議な距離感の存在です。“特別捜査対策室”のメンバーとは昨年ご一緒した時間が、きっと良い形で作用することでしょうし、今年はより楽しい特別捜査対策室をお届けしたいと思います。さまざまな遺留品を巡って、どんな物語が展開されるのか。これまでと変わりなく、今シーズンも楽しみたいと思います」と心境を明かしている。

 一方、新メンバーの梶原さんは「この『遺留捜査』は大人気シリーズで個性あふれるメンバーがそろう上、京都での撮影とあって、楽しみで仕方ないですね。僕は、寒い冬の京都より、夏の京都が大好き。空いてる時間は、町をプラプラするのが楽しみです。僕が演じる岩田は、一言でいうと“あつかましい男”。彼のあつかましさを前面に押し出して演じていきたいと思っています」と語り、「上川さんとは約10年ぶりの共演ですが、その10年間の空白を少しずつ埋めていきたいと思います」と話していた。

 連続ドラマ「遺留捜査」は7月から毎週木曜午後8時~同54分に放送される。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

遺留捜査 第5シーズンテレビ朝日系
2018年7月12日から毎週木曜午後8時~同54分に放送