刑事7人 第4シリーズ 視聴率

<視聴率>「刑事7人」初回視聴率は11.0%

 俳優の東山紀之さん主演の連続ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第4シリーズが7月11日、15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。“最大の黒幕が身内”という衝撃のラストを迎えた前作から1年、東山さん、吉田鋼太郎さん、北大路欣也さんら豪華キャストが再び集結し、新たに田辺誠一さん、白洲迅さんが加入した新生“刑事7人”が始動した。

 「刑事7人」は2015年、16年、17年の7月期にそれぞれ第1~3シリーズを放送。東山さん演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なエキスパート7人が難事件に挑む姿を描いて人気を集めた。前作では天樹らが所属していた「第11方面本部準備室」は解体され、水田環(倉科カナさん)、青山新(塚本高史さん)、片桐正敏(吉田さん)らは、それぞれ別の閑職へ。天樹も警視庁舎の片隅に位置する「刑事資料係」に飛ばされていた。

 今シリーズでは、天樹と片桐は刑事資料係の上司と部下の関係になり、環と青山は、片桐の指示で警視庁捜査1課12係の刑事に。刑事資料係を舞台に、天樹らと法医学教授の堂本俊太郎(北大路さん)、田辺さん演じる捜査1課12係のベテラン主任・海老沢芳樹、白洲さん演じる刑事資料係の新人で天樹の部下・野々村拓海の7人が、資料室に眠る未解決の“超凶悪犯罪”を解決へと導いていく。

 初回は15分拡大で、田村亮さん、近藤芳正さんらがゲスト出演。仲間の裏切りという衝撃的な結末から1年がたち、「刑事資料係」に飛ばされた天樹は、膨大な過去の犯罪データを頭にたたき込み、“人間データバンク”へと変貌を遂げていた。そんな天樹の前に、片桐によって集められた、かつての仲間たちが姿を見せる。7年前、現金輸送車が襲撃された事件で、“消えた3億円の行方”を知る元服役囚・松原が、出所後に姿を消したという。環と青山は7年前の捜査資料にヒントを得ようとするが、そこに訪れた海老沢は「7年も前の捜査記録なんかアテにしてどうするんだ」と言い放ち、天樹のことも冷徹に見据える。しかし、片桐は何かをたくらんだような笑みを浮かべ……という展開だった。

<視聴率>「刑事7人」第4シリーズ最終回は視聴率12.9% 全話2桁で有終の美

連続ドラマ「刑事7人」の会見に出席した(左から)北大路欣也さん、塚本高史さん、倉科カナさん
連続ドラマ「刑事7人」の会見に出席した(左から)北大路欣也さん、塚本高史さん、倉科カナさん

 俳優の東山紀之さん主演の連続ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系)の第4シリーズの最終回が9月12日、15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。5日放送の第9話で記録した全シリーズ最高の13.5%には及ばなかったものの、全話2桁の数字をキープし、有終の美を飾った。

 「刑事7人」は2015、16、17年の7月期にそれぞれ第1~3シリーズを放送。東山さん演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なエキスパート7人が難事件に挑む姿を描いて人気となった。前作では天樹らが所属していた「第11方面本部準備室」は解体され、水田環(倉科カナさん)、青山新(塚本高史さん)、片桐正敏(吉田鋼太郎さん)らは、それぞれ別の閑職へ。天樹も警視庁舎の片隅に位置する「刑事資料係」に飛ばされていた。

 今シリーズでは、バラバラになったメンバーが再結集。田辺誠一さん演じる捜査1課12係のベテラン主任・海老沢芳樹、白洲迅さん演じる刑事資料係の新人で天樹の部下・野々村拓海を加えた「専従捜査班」の7人が、「刑事資料係」を舞台に、過去と現在、双方の事件解決に挑む姿を描いてきた。視聴率も好調で、初回から2桁の数字をキープし、5日に放送された最終回目前の第9話では全シリーズ最高の13.5%を記録していた。

 最終回は、宅麻伸さん、鷲尾真知子さん、山田純大さんらがゲスト出演し、天樹らが、20世紀最後の日に発生した未解決の夫婦殺害事件「九頭竜商店殺人事件」の真相を追う姿が描かれた。

刑事7人 第4シリーズテレビ朝日系
2018年7月11日から毎週水曜午後9時放送