昭和元禄落語心中

  • キャスト:
    岡田将生▽竜星涼▽成海璃子▽大政絢▽山崎育三郎
  • 放送日:
    NHK総合
    2018年10月12日から毎週金曜午後10時放送

昭和元禄落語心中あらすじ

 ドラマ「昭和元禄落語心中」は、落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガを実写ドラマ化。主人公の八雲を俳優の岡田将生さんが演じるほか、竜星涼さん、成海璃子さん、大政絢さん、山崎育三郎さんらも出演する。

 「昭和元禄落語心中」は、女性向けマンガ誌「ITAN(イタン)」(講談社)で連載された同名マンガが原作。昭和を舞台に、孤高の大名人・有楽亭八雲(岡田さん)や、そこへ押しかけて弟子入りした与太郎(竜星さん)、八雲の盟友で“希代の名人”とうたわれた助六(山崎さん)、八雲と助六を見守る芸者・みよ吉(大政さん)、助六とみよ吉の忘れ形見の小夏(成海さん)といった個性的なキャラクターが登場。第17回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞、第38回講談社漫画賞の一般部門を受賞したほか、2016、17年にはテレビアニメも放送された。

 2018年10月12日からNHK総合で毎週金曜午後10時放送。

昭和元禄落語心中キャスト

岡田将生▽竜星涼▽成海璃子▽大政絢▽山崎育三郎

主題歌

ゆず「マボロシ」

昭和元禄落語心中放送日

NHK総合
2018年10月12日から毎週金曜午後10時放送

ニュース

昭和元禄落語心中

第9話のあらすじ 助六とみよ吉の死の真相は… 八雲が抱えるある悩み

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第9話「秘密」が12月7日に放送される。与太郎(竜星涼さん)と小夏(成海璃子さん)が結婚してから歳月が流れ、与太郎は堂々たる真打ちに、八雲(岡田さん)は70代に入り至高の芸は健在ながら、人知れずある悩みを抱えていた。そんな中、小夏は父・助六(山崎育三郎さん)と母・みよ吉(大政絢さん)の事故死について「なにかまだ秘密があるのでは」と疑念を抱き始める……という展開。

続きを読む
昭和元禄落語心中

岡田将生&石田彰 夢の“八雲”対談実現! 初対面の2人がロングトーク 動画公開

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の番組公式サイトで、岡田さんと声優の石田彰さんの対談を収録した動画が公開された。石田さんは同作のアニメ版で、岡田さんが演じている主人公・有楽亭八雲の声優を務めており、ドラマとアニメの“八雲”対談が実現した。対談では、八雲を演じるに当たっての苦労や、やりがい、達成感、ドラマとアニメの表現の違いなどが語られている。

続きを読む
昭和元禄落語心中

<特集>「昭和元禄落語心中」岡田将生に八雲の“人生”を託した理由 ドラマPも絶賛の「受け芝居」

 落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガを、俳優の岡田将生さん主演で実写化した連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)。原作は累計200万部突破の人気作で、テレビアニメも話題となったが、実写ドラマもSNSなどで「期待以上の出来」「全てのキャストが素晴らしい!」と称賛の声が上がっている。岡田さんが主人公・八雲を10代から老年期まで一人で演じることも注目を集めているが、制作統括の出水有三さんは「岡田さんにお芝居の中で八雲のつらさや痛みを演じてもらって、最後にどういう姿を見せてくれるのかをやってもらいたかった」と明かす。岡田さんの起用理由やドラマについて聞いた。

続きを読む
昭和元禄落語心中

“男の友情”に「泣いた」「感動」の声 原作、アニメファンも「期待以上」と好評価

 落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガが原作の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第2回「助六」が10月19日に放送された。菊比古(岡田将生さん)と初太郎(山崎育三郎さん)の男同士の友情や絆を描いた内容にSNSでは「泣いた」「感動してウルウル」といった声が上がっている。

続きを読む
昭和元禄落語心中

山崎育三郎、天才落語家を演じ「笑わせたいスイッチが入った」 <第1回試写会>

 10月12日にスタートする連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)の第1回試写会が10月5日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で行われ、俳優の岡田将生さん、山崎育三郎さん、竜星涼さんが試写会後の会見に登場した。ドラマで天才落語家の有楽亭助六を演じた山崎さんは、落語を披露するシーンで「どんどん笑いを取っていかなきゃいけないということで初めは力んで、(客席が)シーンとなってしまった」といい、その際、スタッフからエキストラに笑う演技をするように指示が入り、「そう言われたときに、ちょっとスイッチが入りましたね」と明かした。

続きを読む
昭和元禄落語心中

岡田将生、「この役できてよかったと心から」 落語家役で「噺をする楽しさ」も <第1回試写会>

 10月12日にスタートする連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)の第1回試写会が10月5日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で行われ、俳優の岡田将生さん、山崎育三郎さん、竜星涼さんが試写会後の会見に登場した。ドラマで落語家の有楽亭八雲を演じる岡田さんは、「1話の自分が落語をしているシーンを見て、こっぱずかしい部分もありますが、この役をできてよかったなと心から思えた」としみじみと語った。

続きを読む
昭和元禄落語心中

竜星涼、「作品と心中できる役に出合えた」 髪バッサリで役作り <スタジオ取材会>

 俳優の竜星涼さんが9月12日、東京都内で行われた連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)のスタジオ取材会に出席した。ドラマで落語家の有楽亭八雲に弟子入りする与太郎を演じる竜星さんは短髪姿で登場し、「落語を初めてやらせてもらうということで、僕自身も覚悟がいる作品と思って髪も短くした。この作品と自分が心中できるような役に出合えたなという感触がある」と語った。

続きを読む
昭和元禄落語心中

岡田将生、落語の演目「死神」に「特別な感情」 誕生日プレゼントも“死神”? <スタジオ取材会>

 俳優の岡田将生さんが9月12日、東京都内で行われた連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)のスタジオ取材会に登場した。ドラマで落語家の有楽亭八雲/菊比古を演じる岡田さんは好きな演目を聞かれ、劇中で八雲が演じる「死神」を挙げて、「一番最初に習ったのが『死神』。菊比古は『死神』に出会うことによって変わっていく。死神にはすごく特別な感情があります」と語った。

続きを読む
昭和元禄落語心中

山崎育三郎、落語家演じるも「つい踊りたくなっちゃう」 “プリンス”とは正反対の役に「全霊で」 <スタジオ取材会>

 俳優の山崎育三郎さんが9月12日、東京都内で行われた連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)のスタジオ取材会に登場。ドラマで天才落語家の有楽亭助六を演じる山崎さんは、「落語は究極の表現。僕も表現する時は動きたくなっちゃうし、踊ったり歌いたくなっちゃうんですが、(落語は)座布団から動いてはいけないので……」と語っていた。

続きを読む
昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」実写ドラマ主題歌はゆず 新曲「マボロシ」書き下ろし

 落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガを、俳優の岡田将生さん主演で実写化する連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)の主題歌を、人気デュオ「ゆず」が担当することが9月10日、分かった。主題歌は書き下ろしの新曲「マボロシ」。ゆずの北川悠仁さんは楽曲を制作するにあたって最初に思ったことを「今までのポップさだったり、前向きさだったりを手放し、新たな自分たちの表現を目指すことでした」といい、「『昭和元禄落語心中』の物語が持つ闇、その中に潜む美しさを楽曲で追い求めました」と明かしている。

続きを読む
昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」2018年10月からNHKで実写ドラマ化 主演に岡田将生

 落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガ「昭和元禄落語心中」が2018年10月からNHKで実写ドラマ化されることが分かった。主人公の八雲を俳優の岡田将生さんが演じるほか、竜星涼さん、成海璃子さん、大政絢さん、山崎育三郎さんらも出演する。

続きを読む

あらすじ

昭和元禄落語心中

最終話のあらすじ 永久に受け継がれる八雲の魂 小夏は真実を思い出し…

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の最終話「八雲」が12月14日に放送される。高座で倒れた八雲(岡田さん)は一命を取り止めた。一方で与太郎(竜星涼さん)と小夏(成海璃子さん)は、かつて助六(山崎育三郎さん)とみよ吉(大政絢さん)が事故死した夜に、四国で行われた落語会のフィルムを見ることに。そこで小夏はついに忘れていた真実を思い出す。その頃、八雲はただ一人、懐かしい場所を訪れて……という展開。

続きを読む
昭和元禄落語心中

第8回のあらすじ 小夏の子の父親は? 八雲は与太郎に“最後のけいこ”

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第8回「誕生」が11月30日に放送される。妊娠した小夏(成海璃子さん)は、父親が誰なのか、かたくなに秘密を貫く。与太郎(竜星涼さん)は、かつて自分が所属したヤクザの組長(中原丈雄さん)が父親であるらしいことを突き止め、対決することに。静観していた八雲(岡田さん)は、小夏との関係に悩む与太郎に、ある落語を教える。その一席の落語がやがて与太郎と小夏の運命を大きく動かしていく……という展開。

続きを読む
昭和元禄落語心中

第7回のあらすじ 2人の事故死の後… 八雲は60代に 小夏は衝撃的な告白

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第7回「昇進」が11月23日放送される。原作は落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの同名人気マンガ。助六(山崎育三郎さん)とみよ吉(大政絢さん)の事故死から長い月日がたっていた。60代の八雲(岡田さん)は落語界で孤高の存在だった。

続きを読む
昭和元禄落語心中

第6回のあらすじ 助六を取り戻そうとする菊比古 そして運命の夜が…

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第6回「心中」が11月16日放送される。原作は落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの同名人気マンガ。菊比古(岡田さん)は助六(山崎育三郎さん)と四国で再会する。菊比古は、助六とみよ吉(大政絢さん)の間にできた娘・小夏と共に東京へ戻って落語界に復帰するよう助六を説得するが……。

続きを読む
昭和元禄落語心中

第5回のあらすじ 菊比古と助六の運命の分かれ道 七代目の秘密が明かされる

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第5回「決別」が11月9日に放送される。原作は落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガ。真打昇進後、菊比古(岡田さん)はめきめきと人気を上げていった。一方で破門された助六(山崎育三郎さん)は落語界に居場所を失い、みよ吉(大政絢さん)と共に消息を絶つ。

続きを読む
昭和元禄落語心中

第4回のあらすじ 菊比古が古典「死神」を教わる 芸を取るか、女を取るか…

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第4回「破門」が11月2日放送される。原作は落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガ。菊比古(岡田さん)と助六(山崎育三郎さん)は若手落語家の双璧に成長、どちらが先に「真打ち」に昇進するかを競い合う。そんな中、菊比古は先輩落語家・彦兵衛(柳家喬太郎さん)から古典「死神」を伝授される。

続きを読む
昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」第3回のあらすじ 助六との差に悩む菊比古 みよ吉は菊比古にほれ込み…

 俳優の岡田将生さん主演の連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第3回「迷路」が10月26日放送される。原作は落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガ。前座から二ツ目に昇進した菊比古(岡田さん)は伸び悩む。親友の助六(山崎育三郎さん)は柔軟な芸風で大人気に。

続きを読む
昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」第2回のあらすじ 明かされる八雲の過去… 助六との出会い、運命を変える女みよ吉も

 落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガを、俳優の岡田将生さん主演で実写化した連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)の第2回「助六」が10月19日、放送される。第1回のラストで弟子の与太郎(竜星涼さん)と養女の小夏(成海璃子さん)の前で過去を語り始めた八雲(岡田さん)。第2回は、八雲と助六(山崎育三郎さん)が、落語の世界に入った昭和10年代が舞台となる。

続きを読む
昭和元禄落語心中

<ドラマ紹介>「昭和元禄落語心中」 主演・岡田将生で人気落語マンガを実写化 昭和の落語家たちの生き様描く 第1話あらすじも

 落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガを、俳優の岡田将生さん主演で実写化した連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合、金曜午後10時)が10月12日、スタートする。昭和を舞台に、孤高の大名人・有楽亭八雲や、そこへ押しかけて弟子入りした与太郎、八雲の盟友で“希代の名人”とうたわれた助六の忘れ形見の小夏らの人間模様が描かれる。

続きを読む