文学処女 あらすじ

文学処女あらすじ

 ドラマ「文学処女」は、マンガアプリ「LINEマンガ」で連載中の中野まや花さんのマンガ「文学処女」を実写ドラマ化。女優の森川葵さんと俳優の城田優がダブル主演を務める。「文学処女」は、出版社の文芸編集部に勤める“恋を知らない女”月白鹿子(森川さん)と、人気小説家で“恋ができない男”の加賀屋朔(城田さん)の、いびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描いたマンガ。2016年からLINEマンガで連載されている。

 ドラマの監督は、アイドルグループ「AKB48」や人気バンド「サザンオールスターズ」などのミュージックビデオを手がけたスミスさんが務める。MBS・TBSの深夜ドラマ「ドラマイズム」枠で2018年秋放送予定。

 ドラマ主題歌は「Sonar Pocket(ソナーポケット)」の新曲「君の名前」。

 ◇森川さんのコメント

 インするまでに鹿子のことが知りたくて何度も何度も原作を読み返しました。すると鹿子のことをたくさん知ることができただけでなく、本当に加賀屋朔という人間に恋をしていきました。そんなまだ抱いたばかりのピュアな気持ちを込めて、毎日鹿子として過ごしている日々が明るくて本当に楽しくいい撮影をしています。ぜひ放送をお楽しみにしていてください

 ◇城田さんのコメント

 個人的には、初めての少女マンガ原作の恋愛軸を演じさせていただくということで、非常にワクワクしています。加賀屋先生はツンデレらしいので、どうすれば皆さんにキュンキュンしてもらえるかを監督・スタッフさんたちと日々模索中です。また、3年前の「表参道高校合唱部!」では自分の教え子の役だった森川葵さんが恋愛相手ということもあり、とても不思議なドキドキを味わっております。経験豊富な加賀屋と、恋愛初心者の鹿子のやりとりや、望月との三角関係も見どころです。加賀屋の過去にもある秘密が……。スタッフの皆さんが熟考した大人で上品なセクシーシーンもあります。実は「念願」だった恋愛ドラマ。どんな仕上がりになっているか、ぜひぜひテレビにかじりついてご覧いただきたい作品です。

 ◇原作者の中野さんのコメント

 森川さんは同じ愛知県出身ということと昔(新人さんの頃)私の住んでいる地方のCMに出ていたころから注目していた女優さんでした。今ではいろんな役をこなす有名な女優さんになられている、そんな森川さんが今回主人公の月白鹿子を演じてくださることに喜びでいっぱいです。森川さんらしい月白鹿子を楽しみにしています! また、いろいろな人に「文学処女」の中で一番配役が難しいと言われていた加賀屋役。最終的に決まったのが城田優さんでした。キャラの身長を上回るスペックといい、だだ漏れる色気といい、もう私個人的には大満足です!(笑い)。城田優さん演じる加賀屋朔がドラマの中で実際に動く姿が今から楽しみです!

「文学処女」第2話のあらすじ 城田優が森川葵をホテルへ連れ込む 衝撃の展開に…

連続ドラマ「文学処女」第2話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS
連続ドラマ「文学処女」第2話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんがダブル主演する連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の第2話が、9月16日深夜から順次、放送される。作家の加賀屋朔(城田さん)がノミネートされていた文学賞の受賞発表の日、担当の月白鹿子(森川さん)は会場で加賀屋の機嫌を損ねてしまい、ホテルの部屋に連れていかれる……という衝撃の展開から始まる。

 第2話は、ホテルの部屋で身の危険を感じる鹿子だったが、加賀屋は「打ち合わせをしよう」と言い出す。鹿子は「加賀屋の恋愛小説が再び読みたい」と伝えるが、かたくなにそれを拒む加賀屋に、鹿子は26年間恋愛経験が全くなかったことを打ち明ける。「こんな話、役に立たないですよね……」と鹿子が落ち込むと、加賀屋は急に優しいまなざしを向け、「どんな恋がしてみたい?」と語りかける。鹿子は、加賀屋に導かれるように「女の顔」をのぞかせる……というストーリー。

 「文学処女」は、マンガアプリ「LINEマンガ」で中野まや花さんが連載中のマンガが原作。アイドルグループからロックバンドなど幅広いアーティストのミュージックビデオを手掛けたスミス監督がメガホンをとり、出版社の文芸編集部に勤める“恋を知らない女”鹿子(森川さん)と、人気小説家で“恋ができない男”の加賀屋(城田さん)の、いびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描く。

 モデルで女優の泉里香さんが、加賀屋の過去を知る美女、有明光稀役、鹿子に思いを寄せる同期・望月千広役で、特撮ドラマ「動物戦隊ジュウオウジャー」で風切大和(ジュウオウイーグル)を演じた中尾暢樹さんが出演。MBSで毎週日曜深夜0時50分、TBSで毎週火曜深夜1時28分(18日は深夜1時29分)に放送される。

(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS

「文学処女」第3話のあらすじ 森川葵、ホテルのベッドで目覚める… 城田優と何が?

連続ドラマ「文学処女」第3話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS
連続ドラマ「文学処女」第3話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんがダブル主演の連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の第3話が、23日深夜から順次、放送される。恋愛未経験の鹿子(森川さん)は、ホテルのベッドで上半身裸の加賀屋(城田さん)と共に目を覚ますが、酔っ払って全く記憶がない……という状況からスタートする。

 「まさか先生と……!?」と焦る鹿子。加賀屋に「何もなかった」と言われ安心する。しかし、自分から加賀屋にキスした事実が発覚。衝撃を受けた鹿子は「加賀屋先生が好きなの?」と、自分の気持ちが分からなくなる。一方、ひそかに鹿子に思いを寄せる同僚の望月(中尾暢樹さん)は、鹿子と加賀屋の関係が気になって仕方がない。そんな状況で迎えた加賀屋のサイン会当日、鹿子は不注意から加賀屋の右手にけがをさせてしまう……というストーリー。

 マンガアプリ「LINEマンガ」で中野まや花さんが連載中のマンガが原作。アイドルグループからロックバンドまで幅広いアーティストのミュージックビデオを手掛けたスミス監督がメガホンをとる。出版社の文芸編集部に勤める、恋を知らない女・月白鹿子(森川さん)と、人気小説家で恋をできない男・加賀屋朔(城田さん)の、いびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描く。

 モデルで女優の泉里香さんが、加賀屋の過去を知る美女、有明光稀役で、特撮ドラマ「動物戦隊ジュウオウジャー」で風切大和(ジュウオウイーグル)役を演じた中尾さんが鹿子に思いを寄せる同期・望月千広役で出演。

 MBSで毎週日曜深夜0時50分(23日は深夜1時50分)、TBSで毎週火曜深夜1時28分(25日は深夜1時43分)に放送される。

(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS

「文学処女」第4話のあらすじ 森川葵、城田優への恋心自覚? 泊まり込み作業は…

連続ドラマ「文学処女」第4話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS
連続ドラマ「文学処女」第4話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんがダブル主演の連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の第4話が、9月30日深夜から順次、放送される。加賀屋朔(城田さん)のサイン会当日、月白鹿子(森川さん)は不注意で加賀屋の右手にけがをさせてしまう。それでもイベントを断行した加賀屋に、鹿子はこれまでにない胸の高鳴りを感じていた。一方で、同僚の望月千広(中尾暢樹さん)からもアプローチを受け、恋愛未経験の鹿子は大混乱に陥ってしまう。

 鹿子は、「原稿が間に合わない」という加賀屋に呼び出され、いつになく弱り切った加賀屋の姿にいとおしさを感じたり、赤文社の有明光稀(泉里香さん)と加賀屋のただならぬ関係に心を痛めたりするうちに、加賀屋への恋心を自覚し始めていた。締め切りに間に合わせるため、鹿子は加賀屋の家で泊まり込みの作業することになる……という展開。

 マンガアプリ「LINEマンガ」で中野まや花さんが連載中の同名マンガが原作。アイドルグループからロックバンドまで幅広いアーティストのミュージックビデオを手掛けたスミス監督がメガホンをとる。出版社の文芸編集部に勤める、恋を知らない女・鹿子と、人気小説家で恋をできない男・加賀屋の、いびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描く。

 MBSで毎週日曜深夜0時50分(30日は深夜1時50分)、TBSで毎週火曜深夜1時28分(10月2日は深夜1時43分)に放送される。

(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS

「文学処女」第5話のあらすじ 編集者の森川葵、担当作家の城田優と“禁断”の初デート

連続ドラマ「文学処女」第5話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS
連続ドラマ「文学処女」第5話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんダブル主演の連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の第5話が10月7日深夜から順次、放送される。恋愛未経験の月白鹿子(森川さん)は、自分の気持ちが分からず、加賀屋朔(城田さん)に「この気持ちは、恋でしょうか」と質問してしまう。そんな鹿子に「デートしようか」と加賀屋。担当作家と編集者の立場で「行ってはいけない」と思いつつ、鹿子はデートへ……。

 初デートを楽しみながら、加賀屋への恋心を自覚する鹿子。途中で同僚の望月(中尾暢樹さん)、編集長の娘・三島暁里(古賀哉子さん)に遭遇し、そのまま4人で遊びに行くことになる。鹿子は、年下なのに恋愛上級者の暁里に背中を押され、加賀屋に自分の気持ちを伝えようとするが……という展開。

 中野まや花さんがマンガアプリ「LINEマンガ」で連載中の同名マンガが原作。アイドルグループからロックバンドまで幅広いアーティストのミュージックビデオを手掛けたスミス監督がメガホンをとる。出版社の文芸編集部に勤める恋を知らない鹿子と、恋をできない人気小説家、加賀屋のいびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描く。

 MBSで毎週日曜深夜0時50分(7日は深夜1時24分)、TBSで毎週火曜深夜1時28分(9日は深夜1時43分)に放送される。

(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS

「文学処女」第6話のあらすじ 森川葵「先生が好きです」城田優に告白 中尾暢樹も…

連続ドラマ「文学処女」第6話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS
連続ドラマ「文学処女」第6話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんダブル主演の連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の第6話が10月14日深夜から順次、放送される。緑線社の編集者で恋愛未経験の月白鹿子(森川さん)は、担当作家・加賀屋朔(城田さん)との初デートで、加賀屋の本音を聞いてしまい、ショックを受ける。そんな鹿子に同僚の望月(中尾暢樹さん)は「俺は大事にするよ」と告白するが、加賀屋に鹿子を連れ去られてしまう。

 望月に思いを寄せる編集長の娘・三島暁里(古賀哉子さん)は、複雑な気持ちを抱えながらも、望月を励ます。矛盾した行動ばかりの加賀屋に、鹿子は「先生が好きです」と真っすぐに気持ちを伝える。加賀屋も正直に自分の気持ちを告げる……。一方、緑線社の三島編集長(河原雅彦さん)に呼び出され、赤文社の編集者で加賀屋の担当の有明光稀(泉里香さん)は、加賀屋の過去を語る……という展開。

 中野まや花さんがマンガアプリ「LINEマンガ」で連載中の同名マンガが原作。アイドルグループからロックバンドまで幅広いアーティストのミュージックビデオを手掛けたスミス監督がメガホンをとる。出版社の文芸編集部に勤める恋を知らない鹿子と、恋をできない人気小説家、加賀屋のいびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描く。

 MBSで毎週日曜深夜0時50分(14日は深夜1時15分)、TBSで毎週火曜深夜1時28分(16日は深夜1時43分)に放送される。

(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS

「文学処女」第7話のあらすじ “恋愛できない”城田優の過去が明らかに

連続ドラマ「文学処女」第7話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS
連続ドラマ「文学処女」第7話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんダブル主演の連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の第7話が10月21日深夜から順次、放送される。緑線社の編集者で恋愛未経験の月白鹿子(森川さん)は、思わせぶりな行動をする担当作家・加賀屋朔(城田さん)に、自分の思いを伝えるも、拒絶されてしまう。加賀屋が鹿子との恋愛に踏み切れないのには理由があった……という展開。

 第7話では、加賀屋が恋愛に踏み切れない理由が、かつて愛した天村千夜香(田辺桃子さん)という女性の存在にあることが分かる。そんな過去を知らない鹿子は、加賀屋に拒絶されてもなお、変わらぬ思いを抱いていた。そんな時、鹿子のもとに、記者から加賀屋へのインタビューの依頼が舞い込む。その記者は加賀屋の過去について知っている様子で……という展開。

 中野まや花さんがマンガアプリ「LINEマンガ」で連載中の同名マンガが原作。アイドルグループからロックバンドまで幅広いアーティストのミュージックビデオを手掛けたスミス監督がメガホンをとる。出版社の文芸編集部に勤める恋を知らない鹿子と、恋をできない人気小説家、加賀屋のいびつな関係から生まれる遅咲きの恋を描く。

 MBSで毎週日曜深夜0時50分(21日は深夜1時15分)、TBSで毎週火曜深夜1時28分に放送される。

(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS

「文学処女」第8話のあらすじ 城田優、作家をやめる? 森川葵との“いびつな恋”に決着

連続ドラマ「文学処女」第8話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS
連続ドラマ「文学処女」第8話の場面 (C)「文学処女」製作委員会・MBS

 女優の森川葵さんと俳優の城田優さんダブル主演の連続ドラマ「文学処女」(MBS・TBS)の最終回となる第8話が10月28日深夜から順次、放送される。緑線社の編集者で恋愛未経験の月白鹿子(森川さん)は、インタビュー取材に立ち会い、担当作家・加賀屋朔(城田さん)が、婚約者の天村千夜香(田辺桃子さん)と死別していた事実を知る。

 加賀屋が鹿子に引かれながらも恋愛に踏み切れないのは、千夜香の死にあった。加賀屋は「僕みたいな男はやめたほうがいい」と、鹿子を突き放してしまう。鹿子に思いを寄せる同僚の望月(中尾暢樹さん)は、「処女ってやっぱり重いのかな……」と傷ついた鹿子を「素直に甘えろよ」と、家まで送り届ける。2人きりになった鹿子と望月はどうなるのか。さらに、加賀屋から「執筆活動を休止したい」という連絡が入る……という展開。

(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS
(C)「文学処女」製作委員会・MBS

文学処女MBS・TBSの深夜ドラマ「ドラマイズム」枠
MBSで9月9日から毎週日曜深夜0時50分
TBSで9月11日から毎週火曜深夜1時28分(初回のみ深夜1時29分)