下町ロケット 視聴率

初回視聴率13.9%と好発進 佃製作所に新たな問題が!

TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)
TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第1話が10月14日、25分拡大で放送され、平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。2018世界バレー女子3次ラウンド「日本対セルビア」の放送延長のため午後9時5分からのスタートとなったが、2015年10月期に放送され、大ヒットを記録した前作の初回16.1%には及ばなかったものの、好スタートを切った。

 第1話は、帝国重工の財前(吉川晃司さん)からロケット事業撤退を示唆されショックを受ける佃(阿部さん)。追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられ、強い危機感を抱く。性能よりもコスト重視というメーカーの考えに、技術力が売りの佃製作所の存在意義が揺らぎ始める中、佃は経理部長の殿村(立川談春さん)の実家で一台のトラクターと出合い、トランスミッションの開発に希望を見いだす……という展開だった。

第2話視聴率12.4%で好調キープ! 佃製作所&ギアゴーストが特許侵害に…

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第2話が10月21日、25分拡大で放送され、平均視聴率は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。先週第1話の13.9%には及ばなかったものの好調をキープした。

 第2話は、トランスミッションメーカー・ギアゴーストのコンペで、大森バルブとの直接対決に勝利した佃製作所。しかし、今度はギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペの話が白紙になりかける。佃製作所はギアゴーストに全面協力することになるが、度重なるトラブルにより難航し、社内は不穏な空気に包まれる……という展開だった。

第3話視聴率14.7%で自己最高 帝国重工が佃製作所に牙をむく!?

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第3話が10月28日に放送され、平均視聴率は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。第1話でマークした13.9%を上回り、今回の続編では最高の数字となった。

 第3話は、ライバル企業から特許侵害の指摘を受けたギアゴーストを、“買収”という形で救うことを決断した佃(阿部さん)。ある日、帝国重工の水原(木下ほうかさん)に、信用調査を受け入れなければならないと告げられる。その背景には、ギアゴーストの買収話が関わっているといい……という展開だった。

第4話視聴率13.3%で好調続く ついに内通者が? “殿さん”が重大な決心!

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第4話が11月4日に放送され、平均視聴率は13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。今回の続編では番組最高の数字となった、先週の第3話でマークした14.7%には及ばなかったものの、依然、好調を維持している。

 第4話は、ギアゴースト買収へと本格的に動きはじめた矢先、佃(阿部さん)は神谷弁護士(恵俊彰さん)から呼び出され、「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられる。

 佃製作所の社員たちは、特許侵害訴訟の勝訴へ向けてギアゴーストに協力し、解決の糸口を探すが苦戦。そんな中、思わぬ形で内通者の存在を知ることになった伊丹(尾上菊之助さん)と島津(イモトアヤコさん)は驚きを隠せない。一方、仕事の傍ら、実家の農作業を手伝っていた殿村(立川談春さん)は、ある重大な決心をする……という展開だった。

第5話視聴率12.7%で好調続く 第1章「ゴースト編」完結!

TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)
TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第5話が11月11日に放送され、平均視聴率は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。今回の続編で番組最高となる第3話の14.7%には及ばなかったものの、依然、好調を維持している。ドラマは第5話で第1章「ゴースト編」が完結。第6話から第2章「ヤタガラス編」に突入する。

 第5話は10分拡大で放送。ギアゴーストとケーマシナリーの特許侵害訴訟・第1回口頭弁論の日を迎える。伊丹(尾上菊之助さん)、島津(イモトアヤコさん)らギアゴーストの社員、佃(阿部さん)や退職を決めた殿村(立川談春さん)ら佃製作所の社員が見守る中、判決は……。

 帝国重工の次期社長候補、的場(神田正輝さん)の指示で「スターダスト計画」から離脱する財前(吉川晃司さん)。次に進む道は新しいロケット事業開発の部署だった。佃製作所の社員たちと殿村家の稲刈りを偶然手伝うことになった財前は、ある重要なことに気付かされる……という展開だった。

第6話視聴率13.1%と前週超え 第2章「ヤタガラス編」も好スタート!

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第6話が11月18日に放送され、平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した。先週第5話の12.7%を上回り、第2章「ヤタガラス編」も好スタートを切っている。

 第6話は、ベンチャー企業「ギアゴースト」と小型エンジンメーカー「ダイダロス」の資本提携したと、島津(イモトアヤコさん)から話を聞いた佃(阿部さん)は、急いで伊丹(尾上菊之助さん)の元を訪れるが、的場(神田正輝さん)への復讐に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れて「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をする。

 財前(吉川晃司さん)が佃を訪ね、新規事業として無人農業ロボットの開発を目指していると告白。高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえぐ日本の農業を救いたいとの思いからという。帝国重工の開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいと申し出る財前。協力者候補として、北海道農業大学の教授で無人農業ロボット研究の第一人者・野木(森崎博之さん)の名を挙げる……という展開だった。

第7話視聴率は12.0% 第2章「ヤタガラス編」も好調続く

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第7話が11月25日に放送され、平均視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。先週第6話の13.1%からダウンしたものの2桁キープと、第2章「ヤタガラス編」も好調が続いている。

 第7話は、帝国重工次期社長候補の的場(神田正輝さん)がエンジンとトランスミッションの内製化を決定し、財前(吉川晃司さん)から突然の取引中止を告げられる佃(阿部さん)。さらに財前は佃に、無人農業ロボット研究の第一人者で佃の親友・野木教授(森崎博之さん)の説得を依頼するが、佃はさすがに虫が良すぎると激高し……という展開だった。

第8話視聴率11.5% ダーウィンチームの前に敗北?

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第8話が12月2日に放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前週第7話の12.0%から0.5ポイントダウンした。

 第8話は、満を持して、記者会見の場で無人農業ロボット「アルファ1」の開発を発表した帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝さん)。しかし翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田(古舘伊知郎さん)や伊丹(尾上菊之助さん)らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」だった。さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場に関連する暴露記事が載る。

 敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せない佃(阿部さん)ら佃製作所のメンバー。そんな時、野木(森崎博之さん)から大規模な農業イベント「アグリジャパン」の開催を聞いた佃は、殿村(立川談春さん)を誘い会場へ足を運ぶ……という展開だった。

第9話視聴率12.6%で前週からアップ 帝国重工の責任転嫁に怒りを覚え…

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第9話が12月9日に放送され、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前週第8話の11.5%から1.1ポイントアップした。

 第9話は、大規模農業イベント「アグリジャパン」で醜態をさらした帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」。次期社長候補の的場(神田正輝さん)と機械製造部部長の奥沢(福澤朗さん)は、自分たちの落ち度を認めず、北海道農業大学教授の野木(森崎博之さん)に失敗の原因をなすりつけると、「原因究明」と称して無理難題をふっかけてくる。親友である野木から窮地の知らせを聞いた佃(阿部さん)は怒りに震え、財前(吉川晃司さん)にある提案をする……展開だった。 

第10話視聴率15.5%で最終回前に最高記録更新 佃製作所に新たな仲間? 殿さんの実家が!

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第10話が15分拡大で12月16日に放送され、平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前週第9話の12.6%から2.9ポイント増と大きくアップ。第3話でマークした14.7%を上回り、今回の続編での最高記録を更新した。ドラマは23日に最終回を迎える。

 第10話は、帝国重工側の失態で再び無人農業ロボットへの参入の可能性が出てきた佃製作所。これまでのノウハウを生かせるエンジン供給への絶対的自信に比べると、トランスミッション開発・製造の経験不足は否めず、悩む佃(阿部さん)は島津(イモトアヤコさん)の元を訪れ、改めて一緒に仕事をしないかと誘う。その頃、殿村(立川談春さん)の実家には嵐が……という展開だった。

最終回視聴率は番組最高16.6%で有終の美 来年1月2日に特別編放送

TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)
TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の最終回・第11話が15分拡大で12月23日に放送され、平均視聴率は16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。前週第10話の15.5%を上回り、今回の続編では番組最高の数字で有終の美を飾った。

 また同日の放送では、ドラマの特別編「新春ドラマ 特別編『下町ロケット』」が、来年1月2日に放送されることが発表された。特別編はドラマのその後を描き、「それぞれのキャラクターが目指す未来へと続く感動の物語となる」という。

 「下町ロケット」は、池井戸潤さんの直木賞受賞作をTBSの人気ドラマ枠「日曜劇場」で映像化し、最終回の平均視聴率は22.3%を記録するなど、大ヒットした同名連ドラの続編。小説シリーズ第3弾「下町ロケット ゴースト」と第4弾「下町ロケット ヤタガラス」を基に、度重なる困難を力を合わせて切り抜けてきた「佃製作所」が、新たな危機に立ち向かうため、“宇宙から大地へ”と大きな転換期を迎える……という内容。第6話から第2章「ヤタガラス編」がスタートした。

 最終回(第11話)は、殿村家の田んぼを実験農場にし、急ピッチで開発が進む帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」。首相視察の日、重田(古舘伊知郎さん)や伊丹(尾上菊之助さん)らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」と再び対決することになるが……。さらに佃製作所は「アルファ1」の製品化を巡って、帝国重工を相手にトランスミッションの性能評価テストに挑む……という展開だった。

1月2日放送の特別編 14.0%と高視聴率

TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)
TBS系日曜劇場「下町ロケット」で主演を務める阿部寛さん(中央)

 俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系)の特別編「新春ドラマ 特別編『下町ロケット』」が1月2日午後9時から放送され、平均視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と高視聴率だったことが4日、分かった。昨年12月23日に放送されたドラマの最終回の“その後”を描いた全編撮り下ろしで、佃製作所の信念と未来をかけた最後の戦いが描かれた。

 特別編は、全員の力を結集し、ようやく完成した佃製作所と帝国重工の無人トラクター「ランドクロウ」だったが、発売から数週間たったあとも売り上げが伸びず、ギアゴースト&ダイダロスが手掛ける「ダーウィン」との差は開くばかりで苦戦を強いられる。形勢逆転を狙う帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝さん)は、取引先でありながら、ダーウィンチームに力を貸す下請け企業に圧力をかける。

 それにより、徐々にダーウィンチームから企業が離脱。ついには「ダーウィン」の在庫が底をついてしまう。ライバルの勢いが止まったことを素直に喜べない佃(阿部さん)ら佃製作所のメンバー。一方、窮地に立たされた重田(古舘伊知郎さん)と伊丹(尾上菊之助さん)は思わぬ一手を放つ……というストーリーだった。

 「下町ロケット」は、池井戸潤さんの直木賞受賞作をTBSの人気ドラマ枠「日曜劇場」で映像化し、最終回の平均視聴率は22.3%を記録するなど、大ヒットした同名連ドラの続編。小説シリーズ第3弾「下町ロケット ゴースト」と第4弾「下町ロケット ヤタガラス」を基に、度重なる困難を力を合わせて切り抜けてきた佃製作所が、新たな危機に立ち向かうため、“宇宙から大地へ”と大きな転換期を迎える……という内容。昨年12月23日に最終回が放送され、平均視聴率は16.6%を記録していた。

下町ロケットTBS系
2018年10月14日から毎週日曜午後9時に放送