大恋愛~僕を忘れる君と キャスト

大恋愛~僕を忘れる君とキャスト

戸田恵梨香▽ムロツヨシ▽松岡昌宏(TOKIO)▽草刈民代▽富澤たけし(サンドウィッチマン)▽杉野遥亮▽黒川智花▽夏樹陽子▽室井佑月

戸田恵梨香、10月期連ドラでムロツヨシと“大恋愛” 脚本は大石静

10月から放送される連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演する戸田恵梨香さん(左)とムロツヨシさん(C)TBS
10月から放送される連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演する戸田恵梨香さん(左)とムロツヨシさん(C)TBS

 女優の戸田恵梨香さんが、10月から放送される連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)に主演することが7月26日、明らかになった。戸田さんのほか、俳優のムロツヨシさんが出演することも発表された。脚本は「セカンドバージン」(NHK)などの大石静さんが担当する。戸田さんは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚、ムロさんは、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司を演じ、10年にわたる2人の切ない純愛物語が描かれる。

 戸田さんが同局の連続ドラマの主演を務めるのは、2010年に放送された「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」以来、約8年ぶり。ムロさんが連続ドラマでの本格ラブストーリーに出演するのは初めて。

 レディースクリニックの医師として忙しく働き充実した日々を過ごす34歳の北澤尚(戸田さん)は、雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、条件にぴったりの年上の医師との結婚式を控えていた。新居への引っ越しをする尚は、元小説家で引っ越しのアルバイトをする無愛想な間宮真司(ムロさん)と運命的な出会いをし、2人は恋に落ちる。初めて本気の恋に突き進む尚と真司だったが、2人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマー病に侵されていることが発覚する。それでも真司は、ピンチを笑いに変えて、明るくけなげに尚を支え続ける。

 真司は尚の病を機に、お互いを愛することの意味や喜びを知り、尚の存在が真司の眠っていた才能を再び呼び起こしていく。尚がいつか自分のことすらも分からなくなる運命の中で、真司は尚と生きる日々と愛の行方を一冊の本につづる……という展開。



 ◇北澤尚役の戸田恵梨香さんのコメント 

 ――台本を読んだ感想は

 とても読み応えがありました。素直にストーリーを読むというよりはものすごく客観的に読んで、これからどう尚を演じていけばいいのだろう、どうお芝居すればいいのかなと迷いながら読みました。

 ――演じる役柄について

 尚は、いい意味でつかみどころがあるようでない人だなと思いました。あとは、真っすぐですね。ものすごく理論的であり、堅い人にみえる半面、能動的というか、本能的で……。それが一人の女性って、どういうことになるのか興味があります。真っすぐな尚の気持ちに真司の心がどこのタイミングで動くのか楽しみです。

 ――ムロさんの印象について

 ムロさんと初めてお会いしたのが20歳の頃だったと思うんですけど、その時は、よく分からない人だなと思いました。とにかく楽しそうな人だと。それからは一緒にお仕事させていただき、いつも楽しませていただいております。とにかく、みんなを笑わせてくれる人だと思います。今回純愛ラブストーリーのお話をいただき、お相手がムロさんとお聞きし、「ムロさん?」って思いました(笑い)。

 ――視聴者へ

 今回、ムロツヨシさんと純愛ラブストーリーを繰り広げます。私は、若年性アルツハイマー病の女性を演じるんですが、病気を抱えているかどうかということは関係なく、たくさんの方に共感してもらえて、何かをハッと気づかせてくれるような、生きる力を届けてくれるような、そんな作品になればと思っていますので、ぜひ楽しみに待っていてください。

 ◇間宮真司役のムロツヨシさんのコメント

 ――台本を読んだ感想

 何も考えずに、最初は客観的に読みました。読み終えてまず思ったのは、この役本当に自分が演じていいのだろうかと。それで、もう一回最初から「自分が演じるんだ」と思いながら読んだんですけど、すごく変な感覚になりました。面白い台本だなと思ったと同時に、台本を超えなきゃいけないと思いました。

 ――演じる役柄について

 真司はちょっと影というか過去が、多少、いろいろある人なので、それで恋愛とかするタイプじゃないように思います。私も、20代の頃やりたいことがあったのに、やれなくなることがあったのでちょっと重なるところはありますね。20代の時にやっていたバイトがほぼ今回の役の仕事になりますんで、重なる部分もありちょっとだけ照れくさい気持ちもあります。

 ――戸田さんの印象について

 以前、TBSで放送された「うぬぼれ刑事」というドラマで共演させていただき、2人での車の中での待ち時間が長く、ずっとゲラゲラ笑いながらお話ししていた記憶があります。今回、純愛ラブストーリーのお話をいただき、お相手が戸田恵梨香さんとお聞きし、戸田さんは本当にOKされているのかと疑いました(笑い)。

 ――視聴者へ

 今回、戸田恵梨香さんと純愛をします。私が演じる間宮真司は、ドラマの中で笑ったり、泣いたり、悲しんだり、喜んだりすると思います。それを見て、皆さんも同じように、泣いたり、笑ったり、喜んだり、悲しんだりしてもらえるドラマだと思いますので、ぜひ楽しみに待っていてください。

 ◇脚本の大石静さんのコメント

 すっかり便利になった今、恋にも障害が少なくなりました。障害がないと切ない思いも芽生えにくいせいか、世の中の男女は劇的な恋より、ちょっと楽しくリスクの少ない関係を好むようになったと感じます。その風潮を否定もしませんが、ドラマの中では、常識や道徳のはるか向こうにある1組のカップルの“震えるような恋心”を、視聴者の方に体験していただきたいと願って、このドラマを書きました。

 すべての人間にとってアルツハイマー病は、今そこにある危機と言えます。それゆえこれまで幾度もドラマや映画で描かれてきましたが、このドラマは新たな切り口で、この病気を描くことにも力を注ぎました。日常生活の中では感じにくい激しい恋の刹那(せつな)を、このドラマで、ぜひお楽しみください!

 ◇ドラマの宮崎真佐子プロデューサーのコメント

 記憶をなくしていく、いつか自分が誰かも分からなくなり、愛する人の顔も分からなくなる。もしも自分がそうなったら、もしも周りの人がそうなったら、考えただけで胸が痛くなる、そんな状況の中でも、決して悲観的にならず、ひたむきに一生懸命に生きる主人公たちの姿を通して、人を思うことの難しさや美しさを明るく切なく描いていきます。そして、見てくださった方々に、誰かと一緒に生きていく温かさや、明日を生きていく力を伝えられるようなドラマにしたいです。

 戸田恵梨香さんとムロツヨシさんという新鮮な組み合わせのお二人の掛け合いは、笑えるのだけど、いつの間にか泣けてくるという、切ない純愛ラブストーリーになると思っております。ぜひ、ご期待ください!

松岡昌宏、戸田恵梨香の元婚約者役で「大恋愛」出演 草刈民代、サンド富澤ら新キャスト発表

10月から放送される連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演する「TOKIO」の松岡昌宏さん(C)TBS
10月から放送される連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演する「TOKIO」の松岡昌宏さん(C)TBS

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんが、2018年10月から放送される女優の戸田恵梨香さん主演の連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)に出演することが8月17日、分かった。松岡さんは、戸田さん演じる若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚の元婚約者で、エリート精神科医の井原侑市を演じる。また、草刈民代さん、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけしさん、杉野遥亮さん、黒川智花さん、夏樹陽子さんといった新キャストも発表された。

 ドラマは、尚と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司(ムロツヨシさん)の10年にわたる切ない純愛物語。レディースクリニックの医師として働く34歳の尚は、条件にぴったりの年上の医師・侑市との結婚式を控えていた。ところが、新居に引っ越しをする尚は、元小説家で、引っ越しのアルバイトをする無愛想な真司と運命的な出会いをし、恋に落ちる。2人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマー病に侵されていることが発覚して……という展開。脚本を「セカンドバージン」(NHK)などの大石静さんが担当する。

 松岡さん演じる侑市は、尚と婚約中だったが、結婚式を目前に突然、婚約破棄されてしまう。それでも病と闘う尚の主治医となり、再び尚にひかれていく……という役どころ。草刈さんは、祖父の代から続く産婦人科「KITAレディースクリニック」の院長で、夫を早くに亡くし、女手一つで尚を育てた母・北澤薫役。尚への強い愛情ゆえに真司との恋に大反対するという役どころ。

 真司が働く引っ越し会社の先輩で、真司と尚の恋を陰ながら応援する木村明男役を富澤さん、真司と木村を慕っている引っ越し会社の若手スタッフ・小川翔太役を杉野さん、「KITAレディースクリニック」の受付で働く尚の親友・沢田柚香役を黒川さん、侑市の母・井原千賀子役を夏樹さんが担当する。

 今回、初めて精神科医を演じる松岡さんは、「今、役の勉強をさせていただいている最中で、どういう形で役にアプローチできるか考えているところです」とコメント。戸田さん、ムロさんとは初共演だといい、「見応えのある作品になることは間違いないので、皆さんぜひご覧になってください」と呼びかけている。

 草刈さんは、「過酷な病気を背負ってしまった娘を支える母親として、薫は何を見いだしていくのでしょうか。人はいくつになっても成長を強いられるものなのかもしれません。薫を通して、私自身も成長できればと思っています」と意気込んでいる。

 富澤さんは、「先輩役はネタでもあまりやらないので、今はどう演じればいいのか悩んでいますし、少しおびえてもいます。頑張ります」と語り、杉野さんは、「人を愛する切なさを問いかけるヒューマンドラマにおいて、明るく癒やしの瞬間を皆様に届けられるような小川翔太でありたいと思います」とコメントしている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

室井佑月、戸田恵梨香主演「大恋愛」でTBS連ドラ初出演

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第1話にゲスト出演する室井佑月さん(C)TBS
ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第1話にゲスト出演する室井佑月さん(C)TBS

 作家でタレントの室井佑月さんが、10月12日にスタートする女優の戸田恵梨香さん主演の連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第1話にゲスト出演することが10月11日、分かった。室井さんが同局の連ドラに出演するのは初めてで、戸田さん演じる主人公が働くKITAレディースクリニックの患者・黒田あや役として登場する。

 ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田さん)と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司(ムロさツヨシん)の10年にわたる切ない純愛物語。レディースクリニックの医師として働く34歳の尚は、条件にぴったりの年上の医師・侑市(松岡昌宏さん)との結婚式を控えていた。ところが、新居に引っ越しをする尚は、元小説家で、引っ越しのアルバイトをする無愛想な真司と運命的な出会いをして、恋に落ちる。2人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマーに侵されていることが発覚して……という展開。

 昼の情報番組「ひるおび!」のコメンテーターや、バラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の出演など、多彩に活躍している室井さんは今回がドラマデビューで、「テレビや映画を普通に見てはいましたが、実際に演じてみると動作がありながらせりふがあるのに気付かず難しかったです。共演させていただいた戸田さん、草刈(民代)さんに優しくしていただいて緊張がほぐれました」と振り返っている。

 ドラマについては、「戸田さんは役によって印象が大きく変わるので楽しみです。私は1話しか台本を読んでいないですが、この先、尚と真司の関係がどのように展開していくのか非常に楽しみです」とコメントしている。

木南晴夏、「大恋愛」で結婚後初ドラマ ムロにほれ込む編集者役「小っ恥ずかしい…」

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演する木南晴夏さん(C)TBS
ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演する木南晴夏さん(C)TBS

 女優の木南晴夏さんが連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)に出演することが11月2日、明らかになった。木南さんは今年6月に俳優の玉木宏さんとの結婚を発表してから初めてのドラマ出演で、ムロツヨシさん演じる間宮真司の小説家としての才能にほれ込む編集者・水野明美役。9日放送の第5話から登場する。

 ムロさんとは公私ともに交流があり、テレビ東京のドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ以来の共演で、「今まであの仮装姿でお芝居をしていたので、(現代劇の)このドラマでは若干、小っ恥ずかしいような違和感がありつつも、これから慣れていくのかなという感じ」と明かしつつ、「ムロさんが現場にいてくれると安心します」とコメントしている。

 ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田恵梨香さん)と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司の10年にわたる切ない純愛物語。木南さん演じる水野明美は、真司の才能にほれ込み、真司がいい環境で執筆に打ち込めるように、作品が広く世間に認められるようにと、かいがいしく世話を焼くが、その振る舞いが尚と真司の関係に大きな影響を与えていく……。

 今作ではムロさんの“二枚目の演技”も話題になっているが、木南さんも「いつもと違って二枚目の演技をされているので、最初は『何してんの?(笑い)』とも思いましたが、(真司は)普段のムロさんに近い感じがします。初日の撮影では、そんなにかっこつけていなかったので、二枚目のムロさんはまだ分からなかったです(笑い)」と明かしている。

 2日放送の第4話では、侑市(松岡昌宏さん)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと仕事に励み、倒れてしまった真司は、病院に駆け付けた尚に正直に打ち明け、愛を確認し合ったが、尚は誤って侑市の名前を呼んでしまう。真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをする。名前を間違ったことに気づいていない尚だったが、日常生活での失敗が増え、病気の進行を自覚する中、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて……という展開。

 ◇木南晴夏さんのコメントは以下の通り

 ――小説の編集者を演じるにあたって

 小説の編集者をされている方にはなかなかお会いする機会がないのですが、マネジャーやインタビュアーといった近しい職業の方を参考にして、口調や接し方などに気をつけて演じていこうと思っています。

 ――ムロツヨシさんとの共演について

 ムロさんに言われて気付いたのですが、「勇者ヨシヒコ」以来の共演で。今まであの仮装姿でお芝居をしていたので、(現代劇の)このドラマでは若干、小っ恥ずかしいような違和感がありつつも、これから慣れていくのかなという感じです。でも、やはり、ムロさんが現場にいてくれると安心します。いつもと違って二枚目の演技をされているので、最初は「何してんの?(笑い)」とも思いましたが、(真司は)普段のムロさんに近い感じがします。初日の撮影では、そんなにかっこつけていなかったので、二枚目のムロさんはまだ分からなかったです(笑い)。

 ――視聴者の皆様へ

 主人公が若年性アルツハイマー病という難病にかかってしまうストーリーですが、人と人とのピュアな恋愛を描いていて、とっても切なくなったり、優しくなったり……。すごくシンプルで、原点に戻れるドラマだなと思いました。そういうところを、視聴者の皆様にも楽しんでいただきたいです。

(C)TBS
(C)TBS

小池徹平、「大恋愛」第2章のキーマン役で出演決定 ムロツヨシ“真司”の恋敵? それとも…

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第6話から出演する俳優の小池徹平さん(C)TBS
ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第6話から出演する俳優の小池徹平さん(C)TBS

 俳優の小池徹平さんが、女優の戸田恵梨香さんと俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第6話(16日放送)から出演することが11月7日、分かった。小池さんが演じるのは、戸田さん演じる尚と、ムロさん演じる真司に近づく謎の男・松尾公平役で、「今まで尚と真司が築き上げた関係を、僕が間に入って、いい感じにかき回すという……ステキな役です(笑い)。このドラマのスパイスになる役だと思っています」と語っている。

 9日放送の第5話で、第1章が完結し、小池さんが演じる公平は、第2章のキーマンとして登場する。公平は、尚と同じ病気を患う青年で、病気が分かった途端に妻に去られ、生きがいである保育士の仕事も失いそうになっており、孤独な療養生活を送っていた。そんな公平が、尚と真司に出会い、取った行動とは……。真司の恋敵になるのか、それとも……という役どころ。

(C)TBS
(C)TBS

 戸田さんとは、昨年4月期の金曜ドラマ「リバース」でも共演しており、同じ金曜ドラマ枠で再びの共演となった小池さんは「戸田さんとの共演は『リバース』以来ですが、何度もお会いしている方なので、すごくやりやすいです」と語り、「難しい役どころなので、演技で試したいところや固めていきたい部分を相談させてもらっています」と明かしている。

 また、演じる役柄については「若年性アルツハイマー病で、さらに人としての暗い部分や、ちょっと変わった部分もあるという難しい役」と説明。視聴者に向けて、「しっかり考えて作っていかないと伝わらないとも感じていますが、同時に、すごくやりがいのある役だと思います。闇のある役ですが、いい意味で皆さんの期待を裏切りたいと思っています」と意気込んでいる。