大恋愛~僕を忘れる君と 視聴率

初回視聴率は10.4% 戸田恵梨香とムロツヨシが“大恋愛”

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に主演する女優の戸田恵梨香さん(左)とムロツヨシさん
ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に主演する女優の戸田恵梨香さん(左)とムロツヨシさん

 女優の戸田恵梨香さんが主演し、俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が10月12日に放送され、平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第1話は15分拡大で放送された。尚は、忙しく働きつつも、充実した日々を送っていた。雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、理想の条件に当てはまる侑市とお見合いをして婚約。プライベートも順風満帆だった。しかし、結婚式まであと1カ月に迫ったある日、真司と運命的な出会いをする。初めて出会った本気の恋に、真っすぐに突き進んでいく尚と、その迫力に圧倒されながらも次第に引かれていく真司。しかし、尚の身には異変が起こっていた……という展開だった。戸田さんとムロさんのキスシーンも話題になった。

第2話視聴率は10.6%で初回上回る ムロツヨシのラストシーンが話題に

 女優の戸田恵梨香さんが主演し、俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が10月19日に放送され、平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。「2018世界バレー女子決勝ラウンド日本対アメリカ」放送の影響で午後10時55分からのスタートとなったが、初回の10.4%を上回った。

 第2話は、真司のアパートへ急ぐ途中、尚は交通事故に遭ってしまう。幸い大きなケガはなく、交通事故に遭ったことなど気にしていない様子の尚が、真司と一緒にアパートで過ごしていると、侑市から連絡が入る。翌日、婚約解消の話を進めるつもりで侑市に会う尚だったが、軽度認知障害の疑いがあると聞き、簡単な“物忘れ検査”を受けることに。一方、尚の母・薫(草刈民代さん)は、真司のアパートを訪ね、「娘と別れてほしい」と真司に手切れ金の入った封筒を手渡していて……という展開だった。SNSでは、ラストシーンのムロさんのセリフも「泣ける」と注目を集めた。

第3話視聴率は10.9%で初回から右肩上がり “衝撃”のラストシーンが話題

 女優の戸田恵梨香さんが主演し、俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が10月26日に放送され、平均視聴率は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回10.4%、第2話10.6%と一度も数字を落とさず、右肩上がりとなった。

 第3話は、自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを、真司に告白した尚。病気ごと尚を受け入れる覚悟をした真司は、尚と一緒に暮らすことに。尚は、自分の貯金で、古くて狭い真司のアパートから、新しいマンションへ引っ越したいと言い出す。そんな中、尚の主治医が、元婚約者の侑市(松岡昌宏さん)であることを知った真司は、一人で侑市のもとを訪ねる。侑市と話した真司は、思いつめた様子で預金通帳の少ない残高を見つめ……という展開。ラストシーンが「衝撃的」と話題を集めた。

第4話視聴率は9.6% ラストシーン&次回予告が話題に

 女優の戸田恵梨香さんが主演し、俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が11月2日に放送され、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第4話は、尚の元婚約者・井原侑市(松岡昌宏さん)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと仕事に励み、倒れてしまった真司。病院に駆け付けた尚に正直に打ち明け、愛を確認し合ったが、尚は誤って真司に向かって侑市の名前を呼んでしまう。真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをする……。名前を間違ったことに気づいていない尚だったが、日常生活での失敗が増え、病気の進行を自覚する中、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる……という展開だった。

 「ラストシーンが衝撃すぎ」「号泣」「早く来週になってほしい!」など、ラストシーンと次回予告に話題を集めた。

第5話視聴率は10.4% 第1章完結で「泣いた」と話題に

 女優の戸田恵梨香さんが主演し、俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が9日に放送され、平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第5話は、尚に「別れよう」と伝えた真司だったが、尚の病気のことを考えた苦渋の決断だった。その9カ月後……という展開だった。第5話で第1章が完結し、SNSなどで「泣いた」などと話題になった。

第6話視聴率は7.6% “第2章キーマン”小池徹平が登場

 女優の戸田恵梨香さんが主演し、俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が11月16日午後10時半から放送され、平均視聴率は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田さん)と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司(ムロさん)の10年にわたる切ない純愛物語。レディースクリニックの医師として働く34歳の尚は、理想の条件にぴったりの年上の医師・侑市(松岡昌宏さん)との結婚式を控えていた。ところが、新居に引っ越しをする尚は、元小説家で引っ越しのアルバイトをする無愛想な真司と運命的な出会いをして、恋に落ちる。2人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマーに侵されていることが発覚して……という展開。

 第6話から第2章がスタートし、尚と真司に近づく松尾公平(小池徹平さん)が登場。周囲に祝福され、幸せな結婚式を挙げた尚と真司だったが、2人の行く手には新たな脅威が迫っていた……という展開だった。ラストでの展開に、SNSでは「まさかの展開」「怖い」など話題を集めた。

第7話視聴率は9.0% ムロツヨシの涙に視聴者もらい泣き

 女優の戸田恵梨香さんと俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第7話が11月23日に放送され、平均視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第7話は、真司が病室に駆けつけると、意識がもうろうとした尚と公平(小池徹平さん)がキスをしていた。目の前で起こった出来事に困惑する真司だったが、尚は真司を認識していない。失神の原因は分からないと言う侑市にくってかかる真司を、薫(草刈民代さん)がなだめる。翌朝、尚はキスも真司を認識できなかったことも覚えていない。真司は公平を問い詰めて警告する……という展開だった。ムロさんが涙する場面があり、SNS上では「ムロさんにもらい泣き」などの声が上がっていた。

第8話視聴率は8.5% 戸田×ムロの“イチャイチャ” 次回予告も話題に

 女優の戸田恵梨香さんと俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が11月30日に放送され、平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第8話は、病状が徐々に進行する尚(戸田さん)は、悩み抜いた末に真司(ムロさん)との子を産むことを決意。産婦人科医の尚は、身ごもるための戦略を実行し、幸せな日々を送っていた。侑市(松岡昌宏さん)は、診察に訪れた公平(小池徹平さん)に、ほかの患者に危害を加えるならほかの医師を紹介すると注意するが、公平は承知しない……。そんな中、スーパーで買い物をしていた尚の前に、公平が現れ……という展開だった。

 冒頭やラストシーン、次回予告後のプレゼントのコーナーでも尚と真司の“イチャイチャシーン”が描かれ、SNSでは「相変わらずカワイイ」「ニヤニヤ」など話題に。また、次回予告が「衝撃展開」と反響を呼んだ。

第9話視聴率は10.0% 最終回前に2桁復帰 衝撃ラストも話題に…

 女優の戸田恵梨香さんと俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の第9話が12月7日に放送され、平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第9話は、努力が報われて尚(戸田さん)が妊娠する。真司(ムロさん)に早く伝えたいと帰宅するも、編集者の水野(木南晴夏さん)が来ていて、玄関外から声を掛けられない。尚は、病気の自分は水野に比べ真司の仕事を支えられないと落ち込む。でも「自分にしかできないことがある」と妊娠を報告。真司は妊娠を大喜びし、2人で「尚は妊娠中」という紙を家中に貼って回る。侑市と薫(草刈民代さん)の関係も進展し……という展開だった。最終章に突入し、ラストの衝撃展開に「涙が止まらない」などと話題になった。

最終回視聴率は過去最高13.2%で有終の美 10年にわたる愛の物語が完結

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に主演する女優の戸田恵梨香さん(左)とムロツヨシさん
ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に主演する女優の戸田恵梨香さん(左)とムロツヨシさん

 女優の戸田恵梨香さんと俳優のムロツヨシさんが出演するドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)の最終回となる第10話が12月14日に放送され、平均視聴率は13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。これまでの最高だった第3話の10.9%を大きく上回る過去最高の数字で、有終の美を飾った。

 第10話は、家族に何も告げず、手紙と携帯電話を残し姿を消した尚。真司は警察に相談するが、事件性が確認できないため動けないと言われてしまう。尚の母で産婦人科医の薫(草刈民代さん)と侑市も駆けつけ、病院にも尚の行方を確認するが、情報はなく……。それから8カ月。尚の消息を案じ、テレビの行方不明者捜索番組で薫が情報提供を呼びかけることになる。ラストには、温かな奇跡が起こり……という展開だった。SNSでは、「大恋愛見て大号泣」「久々にドラマでこんなに泣いた」「大恋愛いいドラマだった」などの声が上がった。