SUITS/スーツ 視聴率

初回視聴率14.2%の好スタート 織田裕二主演の“月9”ドラマ

連続ドラマ「SUITS/スーツ」で主演を務める織田裕二さん
連続ドラマ「SUITS/スーツ」で主演を務める織田裕二さん

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第1話が10月8日、30分拡大で放送され、平均視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と、前シーズン(18年7~9月期)の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の10.6%を上回る好スタートを切った。

 「SUITS/スーツ」は、米人気ドラマ「SUITS」の第1シーズンが原作。織田さん演じる敏腕ながら傲慢な弁護士・甲斐正午と、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さんが演じる頭脳明晰(めいせき)で“完全記憶能力”を持つその日暮らしの天才フリーター・鈴木大貴という相容れない2人がバディーを組み、難しい訴訟をさまざまな手段で解決していく姿を描く。

 第1話は、幸村チカ(鈴木保奈美さん)が代表弁護士を務める「幸村・上杉法律事務所」に勤務する甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士アソシエイトを雇うよう命じる。気乗りしないが、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開くことに。そこへ、大貴がやってくる。大貴の能力に興味が湧いた甲斐は、彼を採用するが……というストーリー。

第2話視聴率11.1%と好調キープ “大輔”中島裕翔が不当解雇された看護師の味方に

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第2話が10月15日、15分拡大で放送され、平均視聴率は11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。初回の14.2%には及ばなかったものの2桁をキープした。

 第2話は、甲斐の下で“鈴木大輔”として働くことになった大貴は無料法律相談会の仕事を通じて、勤務していた病院の院長から愛人にならないかと誘われ、それを断ったのが原因で解雇されたという看護師の河瀬今日子(関めぐみさん)の相談を受ける。今日子に「法廷で戦うべきだ」と告げた大貴は、甲斐にそれを伝えるが「クライアントに同情するな」と反対される……という展開だった。

第3話視聴率は10.3% 3週連続2桁キープ

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第3話が10月22日放送され、平均視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。3週連続で2桁をキープしている。

 第3話は、社長の神谷忠が死去した時計メーカー「KAMIYA」を訪れた甲斐は、神谷社長の娘・静佳(東風万智子さん)と、取締役の安樂孝志(久松信美さん)が葬儀を巡ってもめているところに遭遇。安樂たちが神谷社長が亡くなる前に国内工場を閉めて、東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたと知る。取締役会で安樂が新社長に任命されようとする中、甲斐は勤務歴が一番長い工場長の岡林達樹(きたろうさん)を新社長にしようと動く。しかし安樂が新社長に就任してしまい、甲斐は顧問弁護士の契約解除を宣告され……という展開だった。

第4話視聴率は8.9%と初の1桁

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第4話が10月29日放送され、平均視聴率は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と初の1桁となった。

 第4話は、大貴は、弁護士の蟹江(小手伸也さん)から、支払い催告を無視して家賃を滞納しオーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴さん)の弁護を任される。一方、チカ(鈴木保奈美さん)とナノファーマ代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎さん)のデートを目撃した甲斐は、後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來さん)から訴訟を起こされた製薬ベンチャー「ナノファーマ」に関する情報を得ようとする。やがて、甲斐はチカからナノファーマを助けるよう命じられる……という展開だった。 

第5話は11.8%で二桁に回復 初回に次ぐ高視聴率

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第5話が11月5日放送され、平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と、前回から2.9ポイント回復。再び二桁に乗せ、初回に次ぐ高視聴率で好調をキープしている。

 第5話では、悪友の遊星(磯村勇斗さん)が傷害事件を起こして逮捕されたと知った大貴が、甲斐にうそをついて遊星の所へ向かおうとする。甲斐が個人で契約している車を使うよう指示された大貴は、運転手の赤城(ブラザートムさん)に事情を話して警察署へ向かうが、途中で糸井公一(半海一晃さん)が運転するトラックと接触事故を起こしてしまう。その後、甲斐は、遊星の身柄を引き取った大貴に、遊星との関係に決着させるよう命じ……という展開だった。

第6話視聴率9.5% 織田裕二&小手伸也が新コンビ結成

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第6話が11月12日放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第6話は、上司のチカ(鈴木保奈美さん)から内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オングさん)を紹介された甲斐(織田さん)。内海は轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資したが、建設計画が頓挫し資金を回収したいという。甲斐は、その内海の依頼を同僚弁護士の蟹江(小手伸也さん)と組んで対処するよう、チカに命じられる……という展開だった。

第7話視聴率は9.8%とやや回復 織田裕二VS竹中直人

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第7話が11月19日放送され、平均視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。前回の9.5%から0.3ポイント回復した。

 第7話は、甲斐正午は、クライアントの「桜庭リゾート&ホテル」の社長・桜庭庸司(高橋洋さん)から、大手ホテルグループ「KJO」から合併の提案があったと聞かされる。一方、鈴木大貴は司法試験の合格を目指す聖澤真琴(新木優子さん)の試験対策に協力する。そんな中、甲斐に命じられてKJOグループを調べていた大貴は、所有するホテルで従業員のストライキがあったことをつかみ、KJOグループの代理人弁護士がいる「弁護士法人セイント」に向かうと、同事務所の代表弁護士で、真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人さん)に迎え入れられ……という展開だった。

第8話視聴率は10.5% 3週ぶりの2桁

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第8話が11月26日放送され、平均視聴率は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。前回の9.8%から0.7ポイント上昇し、3週ぶりに2桁を記録した。

 第8話は、甲斐(織田さん)が建設会社「烏丸建設」を相手取った集団訴訟に取り組む。そんな中、甲斐のもとに、烏丸建設の弁護を担当し、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持った「スタンリー法律事務所」の畠中美智瑠(山本未來さん)が現れる。それを受け、チカ(鈴木保奈美さん)は蟹江(小手伸也さん)に“情報漏えい”した者を探すよう命じる……という展開だった。

第9話視聴率は9.9% 織田裕二VS西村まさ彦

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第9話が12月3日、15分拡大で放送され、平均視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。

 第9話は、甲斐(織田さん)が「幸村・上杉法律事務所」の経営にも参画するシニアパートナーに昇格。そのお披露目パーティーの席で甲斐は、チカ(鈴木保奈美さん)から「YURI綜合会計事務所」所長の華村百合(石田ひかりさん)と同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦さん)を紹介される。甲斐とチカは百合から大河原を解雇するため力を貸してほしいと頼まれる。数日後、甲斐は大河原を呼び出し、解雇を告げる。しかし、大河原は突然の解雇に納得せず……という展開だった。

第10話視聴率10.4%で2桁回復 織田裕二VS市川海老蔵

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第10話が12月10日、放送され、平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。前回の9.9%から0.5ポイント上昇した。

 第10話は、市川海老蔵さんらがゲスト出演。13年前に起こった世田谷女子高生殺人事件は、犯人が捕まり、解決したものとされていたが、冤罪(えんざい)の疑いが出てきた。そんな中、甲斐(織田さん)の元に、検事時代の後輩で、最高検の監察指導部の澤田仁志(市川さん)が現れる。甲斐は、澤田から最高検次長検事の柳慎次(國村隼さん)の不正への捜査協力を求められるが断る。一方、チカ(鈴木保奈美さん)は、「鈴木大輔」こと鈴木大貴の素性を知り、甲斐を責め……という展開だった。

最終回視聴率は10.8%

連続ドラマ「SUITS/スーツ」主演の織田裕二さん
連続ドラマ「SUITS/スーツ」主演の織田裕二さん

 俳優の織田裕二さん主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)の最終回(第11話)が12月17日、15分拡大で放送され、平均視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。

 初回の平均視聴率は14.2%と好スタートを切り、第2話は11.1%、第3話は10.3%、第4話は8.9%、第5話は11.8%、第6話は9.5%、第7話は9.8%、第8話は10.5%、第9話は9.9%、第10話は10.4%と推移していた。

 第11話は、市川海老蔵さんらがゲスト出演。甲斐(織田さん)は、検事時代に自ら担当した女子高生殺害事件が冤罪(えんざい)だと知り、犯人として逮捕された栗林紡(淵上泰史さん)を救おうと、再審請求をすることを決意。自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護するという前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。甲斐は、この再審請求が失敗すれば弁護士を辞める覚悟をしていた。また、「鈴木大輔」こと鈴木大貴(中島裕翔さん)も無資格であることが幸村チカ(鈴木保奈美さん)にばれているため、最後の案件という覚悟を持って、甲斐と臨んでいて……という展開だった。