僕らは奇跡でできている

UPDATE

僕らは奇跡でできているあらすじ

 ドラマ「僕らは奇跡でできている」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)は、ドラマ「僕の生きる道」シリーズや「フリーター、家を買う。」などの橋部敦子さんが脚本を手掛けるオリジナル作。俳優の高橋一生さんが主演を務める。高橋さんが、民放のゴールデンプライム(GP)帯(午後7~11時)で主演を務めるのは初めてで、動物の行動を研究する“動物行動学”を教え、生き物の不思議に目がない変わり者の大学講師・相河一輝を演じる。2018年10月スタート。

 高橋さん演じる一輝は、興味のあることなどには集中し、気になることは徹底的に調べるが、時間やルールを守ることができず、不得意なものは先送りで、人の話を聞かなかったり、空気を読むことができず、悪気なく失言もしたりと周囲から変わり者として距離を置かれてきた人物。ドラマでは、偏見や先入観にとらわれることなく、自分の興味や好奇心に素直に従い、“毎日を心豊か”に過ごす一輝の姿を通して“クスっと笑えて最後はほっこりする”物語が展開されるという。

 ◇相河一輝役の高橋一生さんのコメント

 “民放GP帯連続ドラマ初主演”ということで、ありがたいお話をいただけたと思いました。僕は恵まれた環境にお声掛けしていただくことが多いです。今回の作品でも、僕が演じさせていただきます一輝は、“自分の世界を大事にしているところ”が似ていますし、とても興味深い世界観なのでうれしく思っています。

 今回、“座長”という立場で臨む現場にはなりますが、あくまで作品の1ピースなので、これまで通り作品と作品作りの現場を大事にしていきたいと思っています。
 
 現代では、“足りない”という感覚が、多くの人たちを突き動かしているように感じます。一輝は、そういったものから少し外れている人間です。この作品は彼の成長譚(せいちょうたん)ではなく、彼の生き方を通して“足りている”という豊かな気持ちを、僕自身改めて気付き直していきたいですし、決して説教くさくなく、ある生き方の一例と共に皆さんにお届けできたらと思っています。

 ◇豊福陽子プロデューサーのコメント

 せりふがなくても表情で語る。作品を思い出す時、彼が登場するシーンの表情が、ふと浮かぶ。そんな高橋さんの演技に心をつかまれたことのある方は、多いのではないでしょうか? 私もその一人です。

 “善人、悪人、どちらにもなれる奥深さと幅広い演技力を持つ高橋さんを主演に迎えたい”。そんな思いから、この作品は始動しました。“生き物のフシギに目がない主人公・一輝をめぐるドラマを作りたい”と、一生さんに初めてお話しした時、ご本人から生き物や宇宙に関する不思議についてたくさんのお話をうかがい、圧倒されたことを覚えています。そして、その不思議な話をとてもうれしそうに語る一生さんを見て、“あ、一輝がもうここにいる!”と思いました。“生き物はすべて、さまざまな奇跡が重なってできたもの”。美しいものも、ヘンテコなものも、もちろん、人も。不思議な包容力を持つ高橋さんの演技で、皆さんの足元にも広がっている“生き物の不思議”の世界に、ふと目を向けてもらえたらうれしいです。

スタッフ

高橋一生▽榮倉奈々▽要潤▽田中泯▽戸田恵子▽小林薫▽児嶋一哉(アンジャッシュ)

僕らは奇跡でできている公開日

関西テレビ・フジテレビ系
2018年10月スタート

榮倉奈々、7年ぶりフジテレビ系連ドラレギュラー 高橋一生にきつく当たる“歯科医師”に 追加キャスト発表

連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」に出演する(上段左から)「アンジャッシュ」の児嶋一哉さん、榮倉奈々さん、要潤さん(下段左から)田中泯さん、小林薫さん、戸田恵子さん=関西テレビ提供
連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」に出演する(上段左から)「アンジャッシュ」の児嶋一哉さん、榮倉奈々さん、要潤さん(下段左から)田中泯さん、小林薫さん、戸田恵子さん=関西テレビ提供

 女優の榮倉奈々さんが、2018年10月スタートの高橋一生さんの主演連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが16日、明らかになった。榮倉さんがフジテレビ系の連続ドラマに出演するのは約7年ぶりで、歯科医師役に初挑戦する。要潤さん、田中泯さん、戸田恵子さん、小林薫さん、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんの出演も発表された。

 榮倉さんが演じるのは、動物の行動を研究する“動物行動学”を教え、生き物の不思議に目がない変わり者の大学講師・相河一輝(高橋さん)が通う歯科クリニックの院長の水本育実。才色兼備だが、真面目で頑張りすぎる故に正論を言い放ち、周囲から冷ややかな目で見られてしまう“こじらせ気味”な部分がある。話を聞かなかったり、診察時間を守らなかったりする一輝に腹を立て「常識ってものがないんですか?」などときつく当たるが、一輝が発する物事の核心を突く言葉に心を動かされていくキャラクターだ。

 榮倉さんは育実について「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました。皆さまとの共演を今から楽しみにしています」とコメントしている。

 一輝と同じ大学の研究室で働く准教授の樫野木聡を演じる要さんは、初共演の高橋さんについて「今一番輝いている俳優さんだと思うので、共演できることをうれしく思います。と同時に、同い年ということで、団結しやすいと思いますし、逆に刺激も与えられやすいと思いますので、今から非常に楽しみです」とコメントしている。

 一輝の同僚の講師で、アリを専門に研究している沼袋順平役の児嶋さんは「このお話をいただいたとき、“母親が喜ぶぞー”と思いました! 僕が演じる沼袋は、“気持ち悪い奴”という印象で、演じるのが楽しみです!」と意気込んでいる。一輝の家に住み込みで働く家政婦の山田妙子役の戸田さんは、高橋さんとの初共演について「とても楽しみです」と話し、「私が演じる山田妙子は、えたいの知れない、でもきっと面白くて、良い人。皆さまに元気になっていただけるような、そして何か新感覚なドラマになる予感がしています」と語っている。

 小林さんは動物行動学の権威で一輝が勤める大学の学部長・鮫島瞬、田中さんは一輝の祖父で陶芸家の相河義高を演じる。

高橋一生、民放GP帯連ドラ初主演 変わり者の大学講師に 2018年10月スタート

10月から放送される連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」で主演を務める高橋一生さん=関西テレビ提供
10月から放送される連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」で主演を務める高橋一生さん=関西テレビ提供

 俳優の高橋一生さんが、2018年10月から放送される連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)で主演を務めることが8月3日、明らかになった。高橋さんが、民放のゴールデンプライム(GP)帯(午後7~11時)で主演を務めるのは初めてで、動物の行動を研究する“動物行動学”を教え、生き物の不思議に目がない変わり者の大学講師・相河一輝を演じる。

 ドラマ「僕の生きる道」シリーズや「フリーター、家を買う。」などの橋部敦子さんが脚本を手掛けるオリジナル作。高橋さん演じる一輝は、興味のあることなどには集中し、気になることは徹底的に調べるが、時間やルールを守ることができず、不得意なものは先送りで、人の話を聞かなかったり、空気を読むことができず、悪気なく失言もしたりと周囲から変わり者として距離を置かれてきた人物。ドラマでは、偏見や先入観にとらわれることなく、自分の興味や好奇心に素直に従い、“毎日を心豊か”に過ごす一輝の姿を通して“クスっと笑えて最後はほっこりする”物語が展開されるという。

2

/2

目次