指定弁護士

  • スタッフ:
    脚本:櫻井武晴
  • キャスト:
    北川景子▽北村一輝▽えなりかずき▽生瀬勝久▽中村梅雀▽羽田美智子▽松重豊
  • 放送日:
    テレビ朝日系
    2018年9月23日午後9時放送
UPDATE

指定弁護士あらすじ

 ドラマ「指定弁護士」は、女優の北川景子さんが主演を務める2018年9月放送のドラマスペシャル。指定弁護士となった京都の弁護士とバディーの検察官が事件の真相と自らの道をつかんでいく本格リーガルドラマで、北川さんは主人公の弁護士・一ツ木唯を演じる。

 指定弁護士とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による検察審査会が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士のこと。今回、弁護士役初挑戦の北川さんは、クランクイン前に弁護士や裁判に関する資料と映像を見て勉強したという。

 指定弁護士は検察と同等の捜査権を持つが、実際は検察官と共同で捜査を行う。ドラマでも北川さん演じる唯の捜査に協力するために京都地検の人間が派遣され、行動を共にして情報を共有することになる。その唯のバディー役となる橘慎二を北村一輝さんが演じる。検察にとって厄介でしかない指定弁護士を目の敵にして最初は唯にきつく当たる橘だが、やがてその存在意義に共感するようになる。

 そのほか、唯の夫・隆司役でえなりかずきさん、慎二の捜査を手伝う検察事務官・安倍忠一役で生瀬勝久さん、唯の上司でやがて彼女の前に立ちはだかる弁護士・三塚文則役で中村梅雀さん、唯を指定弁護士に誘う弁護士・神林京子役で羽田美智子さん、唯が通うバーのマスター役で松重豊さんが出演。脚本は、同局の人気ドラマ「相棒」「科捜研の女」シリーズや、人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版などを手掛けてきた、櫻井武晴さんが担当する。

 ◇北川景子さんのコメント

 --台本を読まれたご感想は?

 「指定弁護士」という言葉はニュースなどで知っていましたが、詳しくは全然分かっていなくて。初めて台本を読ませていただいた時は「難しいな」と思いました。弁護士だけど、“被告人を必ず有罪にする”という目的を持って法廷に立たないといけない。(三塚役の中村)梅雀さんに「露悪趣味だ」と言われるシーンがありますが、確かに何でもかんでも明らかにすることが万人にとっての幸せではないのでは……という気持ちは私自身の中にも正直ありました。なので最初は「指定弁護士は何にやりがいを持っているんだろう?」と悩んでいたんですけど、監督とお話しした際に「唯は『真実を明らかにする』ってことに使命感を燃やしている人なんじゃないかな」と言っていただいて、そこからはその気持ちを大切にして演じています。

 --北川さんにとって初の弁護士役でもあります。

 撮影に入る前に、実際の裁判の映像や裁判をテーマにした作品などを見て準備をしました。ただ指定弁護士に関する資料はすごく少なかったので、それについては監修の先生とお話をさせていただきましたね。

 --北村一輝さん演じる橘慎二とのバディー感はいかがですか?

 撮影初日に早速、後半部分のシーンを撮りましたけど、自然といろいろな時間を積み重ねてきた2人に見えていたような感じがして。初日にそういう手応えがあったので、このままいけば大丈夫だなと思いました。すごくいいコンビになっているんじゃないかなと思います。

 --あらためて今作の見どころを教えてください。

 事件自体はとても難しいですが、基本的には唯という30代の女性が慎二と出会って翻弄(ほんろう)されながらも、やがて一人の人間として弁護士としてしっかりと成長していく物語です。特に普段何かに頑張っている方に見てもらってスッキリしていただけたらうれしいです。そしていつかシリーズになったらうれしいですね。そのためにも、まずは今回の作品に全力を注いでいこうと思います。また見たいと思っていただけるように頑張ります。

スタッフ

脚本:櫻井武晴

指定弁護士キャスト

北川景子▽北村一輝▽えなりかずき▽生瀬勝久▽中村梅雀▽羽田美智子▽松重豊

指定弁護士放送日

テレビ朝日系
2018年9月23日午後9時放送

北川景子、えなりかずきと夫婦役で初共演 「結婚式写真」公開

スペシャルドラマ「指定弁護士」で夫婦を演じる北川景子さん(右)とえなりかずきさんの結婚式写真=テレビ朝日提供
スペシャルドラマ「指定弁護士」で夫婦を演じる北川景子さん(右)とえなりかずきさんの結婚式写真=テレビ朝日提供

 女優の北川景子さんと俳優のえなりかずきさんが夫婦役で初共演する、9月23日放送のスペシャルドラマ「指定弁護士」(テレビ朝日系)の「結婚式写真」が9月21日、公開された。えなりさんが出演していたTBSのドラマ「渡る世間は鬼ばかり」を「小さい頃から見ていて、特にえなりさん演じる眞はほぼ同じ年だったので勝手に一緒に育ってきたような感覚があった」と話す北川さんは、夫婦役での初共演を「すっごくうれしかったです!」と喜んでいる。

 劇中で北川さんは主人公の弁護士・一ツ木唯、えなりさんは唯の夫でパラリーガルの隆司を演じている。北川さんは「最初にスタッフの方から『夫役の方がえなりさんで決まるかもしれない』とお聞きしたときには『絶対なんとか調整してください! えなりさんでお願いします!』と言ってしまいました。とても光栄ですし、撮影がすごく楽しみでした」と笑顔で振り返る。

 「『ずっと見てきたえなりさんが目の前にいる』と不思議な感じもした」という北川さんのえなりさんに対する印象は、「演技に入ると、まさに“大ベテラン”という感じ」で、「すごく役のことを考えてきていらっしゃる上に、いざ家の中に入ってみたら『こういうふうにも動いてみようかな』という柔軟さも持ち合わせていらっしゃっていて、プロだなと思いました」と感心している。

 さらに「夫婦シーンに関しては、ほとんどえなりさんが引っ張ってくださった気がします。えなりさん演じる隆司が作ってくれる空気の中にいることで唯が唯らしく動けたと言いますか。お互いのお芝居の呼吸でいい夫婦像を描けたのではないかと思います」と自信をのぞかせていた。

 一方、えなりさんは北川さんとの夫婦役について「とにかくテンションが上がりました! 撮影開始前日に(北川さんの夫の)DAIGOさんにお会いして『旦那役させていただきます』とごあいさつもして、心おきなく撮影に入れました」と明かした。

 えなりさんは、北川さんと共演し「本当にすてきな女優さんで、ファンになりました!」といい、「とにかく楽しかったのが、劇中に出てくる結婚式設定の写真撮影。日本国民は北川さんのウエディングドレス姿を一度テレビ中継などで見ているわけですが、肉眼で見る北川さんのドレス姿は後光が差しているようでまぶしかったです。その写真は家宝にしております!」と語っていた。

 指定弁護士とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による検察審査会が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士のこと。ドラマは、国有地の売却で、衆議院議員・田金清造(石橋蓮司さん)による不当な払い下げがあったという疑惑が持ち上がり、田金と秘書の斎藤益道(伊東孝明さん)が逮捕され、その後不起訴処分となる。唯(景子さん)は、弁護士仲間の神林京子(羽田美智子さん)から、田金の事件の指定弁護士をやってみないかと声をかけられ、引き受ける……というストーリー。唯の“バディー”となる京都地検・特別刑事部の検察官、橘慎二を北村一輝さんが演じる。23日午後9時~同11時5分に放送される。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

安東弘樹アナ、ドラマ「指定弁護士」に出演 テレ朝ドラマ「TBS時代から見まくっています」

北川景子さん主演のスペシャルドラマ「指定弁護士」に出演する安東弘樹アナ
北川景子さん主演のスペシャルドラマ「指定弁護士」に出演する安東弘樹アナ

 今年3月にTBSを退社したフリーアナウンサーの安東弘樹さんが、北川景子さん主演のスペシャルドラマ「指定弁護士」(テレビ朝日系、2018年9月23日午後9時放送)に出演することが9月18日、明らかになった。テレビ朝日のドラマについて「TBS社員時代から、刑事ドラマを中心に見まくっています。『相棒』『臨場』『遺留捜査』『9係』『特捜9』……あ、これくらいにしておきます(笑い)」と明かしている。

 6月に日本テレビ系の連続ドラマに出演し、テレビ朝日系のドラマは初出演となる安東さん。今回はワイドショーの司会者を演じるが、出演の感想を「一言で申し上げると『恐縮』でした。前に出演したドラマよりシーンもせりふも多かったので、うれしい半面、大丈夫だろうか……という不安も感じましたが、とにかく迷惑をかけないようにせりふだけは必死に覚えました」と話している。

 指定弁護士とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による検察審査会が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士のこと。ドラマは、国有地の売却で、衆議院議員・田金清造(石橋蓮司さん)による不当な払い下げがあったという疑惑が持ち上がり、田金と秘書の斎藤益道(伊東孝明さん)が逮捕され、その後不起訴処分となる。弁護士の一ツ木唯(北川景子さん)は、弁護士仲間の神林京子(羽田美智子さん)から、田金の事件の指定弁護士をやってみないかと声をかけられ、引き受ける……というストーリー。

 ◇安東弘樹アナのコメント

 ――オファーを聞いたときの感想は?

 一言で申し上げると「恐縮」でした。前に出演したドラマよりシーンもせりふも多かったので、うれしい半面、大丈夫だろうか……という不安も感じましたが、とにかく迷惑をかけないようにせりふだけは必死に覚えました。自分自身が映画やドラマを見る際にリアリティーが気になってしまうタイプなので、本番では本物の番組やキャスターに見えるように、実際に生放送されている番組だと思って収録に臨みましたが、やはり、完全に自然にはできなかったと反省しております。

 ――テレビ朝日と、テレビ朝日のドラマの印象は?

 これまでクイズ番組や個人的に好きだったバラエティー番組に出演させていただきましたが、とにかく局舎がキレイで楽屋が使いやすいのが最初の印象でした(笑い)。スタッフの皆さん、局のプロデューサーさんからADさん、そして本作の竹園(元)監督も実直で温和な方が多くてありがたいです。テレビ朝日のドラマはTBS社員時代から、刑事ドラマを中心に見まくっています。「相棒」「臨場」「遺留捜査」「9係」「特捜9」……あ、これくらいにしておきます(笑い)。

 ――ロケ場所の「びわ湖放送」(大津市)まで、東京から自身の車で運転したそうですね。旅路やドラマ撮影などで印象に残っていることは?

 一度、食事のために休憩しただけでしたが、その大津のサービスエリアで食べた近江牛のステーキがおいしかったです。東京から5時間、私にとっては短い方のドライブです。それと高台にあるびわ湖放送さんから見た琵琶湖や大津の町並みがキレイでした。今回は実際のスタジオでの撮影でしたが、他局のスタジオにお邪魔すると、さまざまな方がここで懸命にお仕事をされているのだなと思い、身が引き締まります。

 ――今後挑戦してみたい役は?

 SATの隊員やレスキュー隊員など、せりふはなくてもいいので、ユニホーム系の役がうれしいです。

 ――ドラマと、自身の出演シーンでの見どころを教えてください。

 リアリティーにこだわりながら、人間ドラマとして考えさせられる素晴らしい作品だと思います。私のシーンは、記憶に残らなかったら正解だと思います。(司会ぶりが)「わっ、うそっぽい」と思われないことだけを祈っています!

指定弁護士
指定弁護士

北川景子、ドラマ「指定弁護士」撮影秘話語る デビューから15年の思いも…

ドラマスペシャル「指定弁護士」で主人公の一ツ木唯を演じる北川景子さん=テレビ朝日提供
ドラマスペシャル「指定弁護士」で主人公の一ツ木唯を演じる北川景子さん=テレビ朝日提供

 女優の北川景子さんが主演を務めるドラマスペシャル「指定弁護士」(テレビ朝日系)が9月23日に放送される。「指定弁護士」となった京都の弁護士とバディーの検察官が事件の真相と自らの道をつかんでいく本格リーガルドラマ。社会派なドラマへの出演が続き「年齢に合った役をいただけるようになってきた」と語る北川さんに、弁護士役を演じた感想や社会派作品への出演が続いている現状、そして2003年に芸能活動を開始してから15年がたった今の気持ちなどを聞いた。

 ◇初の弁護士役 裁判シーンは「やってやった」と手応え

 指定弁護士とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による検察審査会が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士のこと。指定弁護士は検察と同等の捜査権を持つが、実際は検察官と共同で捜査を行う。ドラマでは、北川さん演じる一ツ木唯の捜査に協力するために京都地検の人間が派遣され、行動を共にして情報を共有する。唯のバディー役となる橘慎二役は北村一輝さんが演じている。

 北川さんにとって初の弁護士役、それも“指定弁護士”という一般的な弁護士とは異なる難しい役どころだ。「どのように演じようかと思った」と言うが、本やインターネットで情報を集め、知識をつけていったという。「指定弁護士というのはどういうものかを最低限知って。ドラマは、この一ツ木唯という女性が指定弁護士に携わって裁判を終えていくことで成長していく物語だと思ったので、感情の部分(の役作り)は現場に入ってから、北村さんとお芝居をさせていただきながら自然にやれたらいいかな、と。あまり『こうしよう』とは考えすぎないようにしました」と語る。

 バディー役の北村さんとの共演については、「北村さんはすごく作りこんでこられるタイプの役者さん。北村さん自身のビジョンがおありで、私は現場に行って『北村さんがこうするならこうしてみようかな』と感覚的にやれたらと思っていました。慎二と唯が全然違うように、北村さんと私もお芝居に対する向き合い方やアプローチが全然違ったので、どうやればいいのか、はじめは考えたりもしました。北村さんとすごく話しましたね」と北川さん。「撮影初日の最後には『ああ、しっくりいくな』という感じになったと思います」と手応えを感じた。

 撮影で苦労したのは、「暑さ」だったという。「夏に京都で撮影していたので……。スーツを着るので暑かったのですが、『暑かったんだろうな』と思われないようにしたいと思っていました。暑さに体力や思考が奪われてしまうのは、すごくもったいないし、『秋や春ならもっとうまくできたのかな』とは思いたくなかった」と苦労を明かしつつ、女優としての矜持(きょうじ)を見せる。また、執務室のシーンは「ずっと同じ場所で演じているので、どうメリハリをつけてやっていくかがテーマ。それがすごく大変でした」と北川さん。ただ、「『やってやったな』というシーンは、裁判だと思います。やっぱり、せっかくあれだけせりふも覚えたから。うまく言えたかな、と思います」と笑顔で語る。

 ◇デビュー直後は「間違ったと思った」 変わるきっかけは…

 今作に続き、10月には“フェイクニュース”をテーマにしたNHKの土曜ドラマ「フェイクニュース」でも主演を務めるなど、社会派ドラマへの出演が続く。北川さんはこうした状況を「意図的に選んでいるわけではなく、たまたま」と笑いつつ、「そういう年齢になったのかな、と思っています。20代のときは、お仕事でドジしちゃうけどめげない、みたいな役をいただくことが多かったんですけど、今、32歳なので、仕事も安定してキャリアを積んできた中で苦悩している、という役が多い。年齢に合った役をいただけるようになってきた」ととらえている。

 さらに「社会的な作品をやってみたい、という憧れがあったけど、若いころはあまりなくて……。やってみたかった仕事を今、立て続けにやらせていただいているから、精神的には充実しているけど、『引っ張っていかなきゃ』という思いもあるので、毎日必死な感じでもあります」と心境を明かす。「これまでやったことがない種類の作品が続いて、難しいなと思うことが多いですね」といいつつ、「恋愛ものとか20代の女性が仕事をバリバリ頑張る、という分かりやすい役が多かったから、細かい感情の表現が難しい。でも、10回に1回ぐらい『あっ、今うまかったんじゃないかな』と思うときもあって。そういうことが励みになります。難しいけど、楽しい」と前向きだ。

 2003年にデビューし、今年で15年目を迎えた。北川さんは「早かったです」と振り返る。「15年というと、人が生まれて中学校を卒業して……という年月だから長いのですが、15年もやっていた感じがしない。体が元気なうちは、ずっと女優というお仕事をやりたいとデビューから頑張ってきて。でも、先を見据えてやってきたというよりも、その日その日で与えられた仕事をコツコツと、一日一日やってきたら、気づいたら今、ここにいられた」と感慨深い様子で語る。

 デビュー直後は、「間違ったと思いました」という時期もあったという。「芸能界に入って『うわあ、こんな厳しい世界』と……。やっぱり、みんなすごいんだな、と思いました。モデルの仕事に行けば、先輩がカメラの前でポーズを決めている。セーラームーン(デビュー作の特撮ドラマ版「美少女戦士セーラームーン」)に行けば、杉本彩さんとご一緒させていただいて、すごくて。自分もできなきゃいけないんだけど、できなくて怒られてばっかりで……。『芸能界に行かずに生きていた方が向いていたんじゃないか』と思うときが最初はありました。でも、名前も顔も出ているから、もう後戻りはできない。決めたからには……と思って、コツコツやってきてよかったと今は思います」と晴れ晴れとした表情を見せる。

 「間違った」という気持ちが変わったきっかけは、「美少女戦士セーラームーン」だったという。北川さんは「特撮をやっていく中で、14カ月ぐらい同じ役と向き合う。この役をもう演じたくない、もうやれない、と思うときもあれば、一周回って楽しくて、明日も現場に行きたいと思ったり、役が降りてきたときもあったり……。いろんな4クールを過ごして、その中で、女優って心身ともにタフな仕事だし、難しくて答えがないし、試行錯誤しながらやっていく仕事なんだなと分かって……。一筋縄ではいかないところが大変だけど、憑(と)りつかれた、というか」と語る。

 「1人で成し遂げてきた15年ではなかったです」と北川さん。「ご縁があって、『もう一回お仕事しましょう』と言ってくださる方がいて、デビュー作から数珠がつながっている感じでお仕事がつながってきました。すごく人に恵まれていた。運もよかったし、縁に恵まれた15年でした」と周囲への感謝の気持ちを語る。「根気強く応援してくれたファンの方もいて。自分なりに苦しいときやピンチがあったけど、総じて恵まれていた15年間ですね。楽しかったです」と笑顔で語る。

 北川さんが主演したドラマスペシャル「指定弁護士」は、23日午後9時に放送される。

指定弁護士
指定弁護士

北川景子、弁護士役に初挑戦 “検察官”北村一輝とコンビに 2018年9月放送

ドラマスペシャル「指定弁護士」に出演する北川景子さん(右)と北村一輝さん =テレビ朝日提供
ドラマスペシャル「指定弁護士」に出演する北川景子さん(右)と北村一輝さん =テレビ朝日提供

 女優の北川景子さんが主演を務める9月放送のドラマスペシャル「指定弁護士」(テレビ朝日系)で、初の弁護士役に挑戦することが8月12日、分かった。指定弁護士となった京都の弁護士とバディーの検察官が事件の真相と自らの道をつかんでいく本格リーガルドラマで、北川さんは主人公の弁護士・一ツ木唯を演じる。

 指定弁護士とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による検察審査会が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士のこと。今回、弁護士役初挑戦の北川さんは、クランクイン前に弁護士や裁判に関する資料と映像を見て勉強したという。

 指定弁護士は検察と同等の捜査権を持つが、実際は検察官と共同で捜査を行う。ドラマでも北川さん演じる唯の捜査に協力するために京都地検の人間が派遣され、行動を共にして情報を共有することになる。その唯のバディー役となる橘慎二を北村一輝さんが演じる。検察にとって厄介でしかない指定弁護士を目の敵にして最初は唯にきつく当たる橘だが、やがてその存在意義に共感するようになる。

 そのほか、唯の夫・隆司役でえなりかずきさん、慎二の捜査を手伝う検察事務官・安倍忠一役で生瀬勝久さん、唯の上司でやがて彼女の前に立ちはだかる弁護士・三塚文則役で中村梅雀さん、唯を指定弁護士に誘う弁護士・神林京子役で羽田美智子さん、唯が通うバーのマスター役で松重豊さんが出演。脚本は、同局の人気ドラマ「相棒」「科捜研の女」シリーズや、人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版などを手掛けてきた、櫻井武晴さんが担当する。

4

/4

目次