獣になれない私たち あらすじ

獣になれない私たちあらすじ

 ドラマ「獣になれない私たち」は、ヒット作「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などで知られる野木亜紀子さんによるオリジナルストーリー。女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演を務める。新垣さんと松田さんが共演するのは、2007年の映画「恋するマドリ」以来、約11年ぶり。ラブストーリーで、新垣さんが仕事と恋に悩む等身大の現代女性を演じる。

 ドラマは、新垣さんと野木さんは「空飛ぶ広報室」「掟上今日子の備忘録」「逃げるは恥だが役に立つ」に続き、4度目のタッグとなる。松田さんは本作で初めて、日本テレビのドラマに出演する。

 ドラマは理想の女性を演じるために、身を削って努力している女性の深海晶(しんかい・あきら)と、世渡り上手で毒舌の男性、根元恒星(ねもと・こうせい)が本気でぶつかり、傷付きながらも自分らしく踏み出す姿を描く。10月から毎週水曜午後10時放送。

<ドラマ紹介>「獣になれない私たち」 新垣結衣&松田龍平の大人の恋物語 脚本は「逃げ恥」野木亜紀子 第1話あらすじ

連続ドラマ「獣になれない私たち」第1話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第1話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)が10月10日、スタートする。ヒット作「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」(共にTBS系)などで知られる野木亜紀子さんによるオリジナルストーリー。新垣さん演じる理想の女性を演じるために身を削って努力している深海晶(しんかい・あきら)と、松田さん演じる世渡り上手の毒舌男・根元恒星(ねもと・こうせい)が本気でぶつかり、傷つきながらも自分らしく踏み出す姿を描く大人のラブストーリー。

 晶の恋人で大手デベロッパー勤務の花井京谷(はない・きょうや)を田中圭さん、晶のストレスの原因となる“謎の女”長門朱里(ながと・しゅり)を黒木華さん、恒星の元恋人で野性味ある情熱的なブランドデザイナーの橘呉羽(たちばな・くれは)を菊地凛子さん、京谷の母・千春を田中美佐子さん、晶と恒星の行きつけのクラフトビールバー「5tap」の店長・タクラマカン斎藤を松尾貴史さんが演じるほか、5tapのそばにあるラーメン屋の店員・岡持三郎役で一ノ瀬ワタルさん、晶が勤務するツクモ・クリエイト・ジャパンの社長・九十九剣児役で山内圭哉さん、同社社員の上野発役で犬飼貴丈さん、同社社員の松任谷夢子役で伊藤沙莉さん、同社のシステムエンジニアチームリーダーの佐久間久作役で近藤公園さんも出演する。

 初回は10分拡大放送。5tapに、晶と京谷のカップル、恒星と呉羽のカップルが来店していた。千春が「とても会いたがっている」と、京谷は晶に話しかける。一方、恒星は呉羽から「私、結婚した」と言われて驚く。呉羽はそんな恒星を気にせず、シャンパンがわりに結婚祝いのビールを開けさせ、店内にいる客たちに振る舞う。晶と京谷もその乾杯の輪に加わり、4人は偶然にも一緒に呉羽の結婚を祝うことになる。

 店主のタクラマカン斎藤から「恒星と呉羽は付き合っていたんじゃなかったの?」と聞かれた呉羽は「お互いに大して好きじゃなかったから」と笑う。隣にいる恒星は呉羽の言葉に肯定も否定もせずにいた。その言葉の意味が気になっていた晶。実は晶には、京谷との間に抱えた“ある大きな問題”があったのだ。2人の間でその問題はずっと棚上げにされていて、京谷が晶のアパートに泊まった夜も、何の話もできないままで……。

 翌朝、目覚めた晶。出勤前から始まる、社長の九十九からの仕事の連絡に悩まされる。誰よりも早く出社した晶は始業前に九十九の指令と同僚からの頼みごとを一気に片付ける。疲れ果てて帰路につく晶は、5tapにいつものように立ち寄ると、恒星が先に飲んでいた。お互い5tapの常連だったが、話したことはなかった。晶は思いきって恒星に話しかけるが……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第2話のあらすじ 犬飼貴丈が新垣結衣に告白!? 松田龍平には不正の誘いが…

連続ドラマ「獣になれない私たち」第2話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第2話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の2話が10月17日、放送される。予告編では「社長に決死の抵抗」「加速するラブかもしれないストーリー」というテロップが流れるほか、新人社員役の犬飼貴丈さんが新垣さんに「好きになってもいいですか」と告白するシーンも収録されている。

 2話は、一人ですべての仕事をこなしていることに業を煮やした深海晶(新垣さん)は、社長の九十九剣児(山内圭哉さん)に業務分担の改善要求書を突き付ける。周囲が恐怖を感じる中、晶は九十九と交渉した結果、出張明けに返答するという約束を取り付ける。

 一方、根元恒星(松田龍平さん)は初対面の会社社長・勝俣(八嶋智人さん)から、粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押してくれと頼まれる。恒星は不正には手を貸さないと拒否し、勝俣を事務所から追い出すのだが……。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第3話のあらすじ 新垣結衣が田中圭を自宅に… 松田龍平は行方不明になった兄が…

連続ドラマ「獣になれない私たち」第3話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第3話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の3話が10月24日、放送される。「特別チーフクリエイター」に昇進させられてしまった深海晶(新垣さん)の部屋に、恋人の花井京谷(田中圭さん)がスーツケースを持って泊まりにくる……という展開。

 京谷は、一緒に住んでいる元恋人の長門朱里(黒木華さん)に「仕事を探して早く引っ越せ」と要求したのが原因で暴れてしまったため、部屋に泊めてほしいと説明。晶は、疲れをみせる京谷に、何も言えなかった。

 一方、根元恒星(松田さん)の事務所に、300万円の札束を持った男が事務所に現れ、粉飾決算に加担するよう迫られる。しかし、恒星はいつものようにはっきり言い返せない。やがて、恒星は、久しぶりに訪ねてきた叔父から、数年前に行方不明になった恒星の兄が、東京にいるらしいと聞かされる……。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第4話のあらすじ 新垣結衣と松田龍平が急接近? 田中圭&菊地凛子に“衝撃の事実”

連続ドラマ「獣になれない私たち」第4話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第4話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の4話が10月31日、放送される。予告映像では「彼女はとうとう獣になるのか!?」というテロップとともに、松田龍平さんが新垣結衣さんの両肩に手を置いて向かい合い、いいムードになっているシーンが収められている。

 ビールバー「5tap」で京谷(田中圭さん)と言い合いになり、先に店を出て帰宅した晶(新垣さん)は、「今日はごめん」とスマホにメッセージを送るも、既読にならない。翌日、二日酔いで出社した京谷は、部下の筧(吉村界人さん)にシャツとネクタイが前日と変わっていないことを指摘される。はぐらかす京谷だったが、スマホをなくしたことに気付き、焦っていろいろな場所を捜し回る。

 一方、晶は立ち寄った「5tap」で、京谷がスマホをなくし、昨日、京谷とタクシーで一緒に帰った呉羽(菊地凛子さん)がスマホを持っていると知る。その場にいた恒星(松田さん)は、京谷に代わってスマホを取りに行こうとする晶を見て、嫌な予感がしていた。やがて、呉羽のもとを訪ねた晶は、“衝撃の事実”を聞かされ、パニックになったまま恒星の事務所を訪ねる……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第5話のあらすじ 新垣結衣が黒木華と直接対決! 松田龍平は菊地凛子の夫を検索

連続ドラマ「獣になれない私たち」第5話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第5話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)。11月7日に放送される5話は、恋人の京谷(田中圭さん)の家に4年も暮らし続ける元カノの朱里(黒木華さん)と向き合うため、晶(新垣さん)が一人でマンションに会いに行く……という展開だ。

 朱里と対面した晶は、冷静に「ここを出て行くつもりありますか?」と問いかけるが、感情的になって主張をぶつけてくる朱里の姿を見て、自分との違いを改めて突きつけられる。朱里と会ってから、今まで以上に笑顔で仕事を完璧にこなす晶。社長の九十九(山内圭哉さん)はご機嫌で、他の社員たちも喜ぶが、松任谷(伊藤沙莉さん)だけは晶の微妙な危うさに感付く。

 一方、晶と一夜を共にしたと聞いて逆上した京谷に殴られた恒星(松田龍平さん)は、これまで目を背けてきた呉羽(菊地凛子さん)の夫「橘カイジ」の名前を検索する。その後、恒星は“明るすぎる”晶の変化に気付いて……。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第6話のあらすじ 松田龍平とキスした新垣結衣が涙… “元カノ”黒木華が逆襲?

連続ドラマ「獣になれない私たち」第6話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第6話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の6話が11月14日放送される。予告映像では「嘘のキスから広がる波紋ーー」「元カノの逆襲が始まる!?」というテロップと共に、恒星(松田さん)とキスした晶(新垣さん)が泣きながら、呉羽(菊地凛子さん)に抱きしめられるシーンなどが収められている。

 晶と恒星の路上キスを目撃した呉羽と三郎(一ノ瀬ワタルさん)らは、そのまま、ビールバー「5tap」で飲むことに。呉羽は2人のキスを見ても全く態度が変わらず上機嫌で、さらに、夫の橘カイジの仕事関係の「パーティーに行こう!」と誘う。しかし、恒星は晶と約束があるからと冷たく断る。数日後、橘カイジのことが気になる恒星は、パーティーの様子を三郎から聞き出そうとする。そんな中、恒星は呉羽とカイジの結婚について“不穏なうわさ”を耳にする。

 京谷(田中圭さん)は、晶に、元カノが居座り続けるマンションから出たことを告げられずにいた。同じころ、朱里(黒木華さん)は部屋に残された京谷の荷物の中から、晶から届いた年賀状を発見。朱里は、年賀状に書かれた住所を元に晶の家に向かうも、ふらっと「5tap」に立ち寄り、恒星たちと一緒に飲み始めるが……。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第7話のあらすじ “元カノ”黒木華が暴走! 新垣結衣を待ち伏せ&松田龍平の顔にビールを…

連続ドラマ「獣になれない私たち」第7話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第7話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の7話が11月21日放送される。予告映像では「元カノが暴走する!」というテロップと共に、晶(新垣さん)の恋人・京谷(田中圭さん)の元カノ・朱里(黒木華さん)が、恒星(松田さん)の顔にビールをかける姿のほか、晶の家の前で待ち伏せする姿などが収められている。

 7話は、晶は、恒星が封筒に入った多額の現金を持っているのを見てしまい、戸惑う。恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話す。その告白を真剣に聞く晶に「……という映画の話」と言って話を変える。

 社長の九十九(山内圭哉さん)の発案で、録音機能付き監視カメラが取り付けられた「ツクモ・クリエイト・ジャパン」では、松任谷(伊藤沙莉さん)や上野(犬飼貴丈さん)は、息苦しさと緊張感で疲弊してしまう。晶と佐久間(近藤公園さん)は、社長の強引なやり方に、会社全体の空気が停滞していると心配する。

 そんな中、寝たきり状態だった京谷の父の容態が悪くなる。千春(田中美佐子さん)と家族は、父の介護を自宅で続けるかもめていた。京谷とけんか中で千春の状況を知らない晶は、千春と連絡がつかず心配しながら帰宅すると、ドアの前に眠り込んだ朱里を見つける。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第8話のあらすじ 新垣結衣&“元カノ”黒木華が同僚に 松田龍平の兄が逮捕

連続ドラマ「獣になれない私たち」第8話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第8話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の8話が11月28日放送される。「ツクモ・クリエイト・ジャパン」の業務改善に向けて積極的に動き出す晶は、社長の九十九(山内圭哉さん)にスタッフ増員を提案。やがて、面接に京谷(田中圭さん)の元カノの朱里(黒木華さん)がやってくる。

 恒星(松田さん)は、呉羽(菊地凛子さん)の夫でゲームクリエーターの橘カイジの会社の上場を手伝うことにしたが、何度も打ち合わせをキャンセルされていた。それを聞いた晶は「呉羽が乗り気なだけで、本当はカイジが恒星を意識していて会いたくないのでは?」という仮説を立てる。

 そんな中、恒星のもとに、警察から行方不明中の兄・陽太(安井順平さん)が酔っ払いの財布から金を盗もうとして捕まったという連絡が入る。恒星は、処分が決まるまで自分の事務所に陽太を連れ帰る。しかし、恒星が目を離した隙(すき)に、陽太は事務所から逃走してしまう。やがて、恒星は晶に「自分がなぜ兄のことが大嫌いなのか」など兄との間に起こった過去の出来事を明かす……という展開。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

第9話のあらすじ 新垣結衣&黒木華に新たな“波乱” 松田龍平&菊地凛子が週刊誌に掲載され…

連続ドラマ「獣になれない私たち」第9話のシーンカット=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」第9話のシーンカット=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の9話が12月5日放送される。予告映像では、晶(新垣さん)と恒星(松田さん)が一夜を共にした翌朝の様子のほか、橘カイジ(飯尾和樹さん)の妻となった呉羽(菊地凛子さん)と恒星がハグをした写真が週刊誌に掲載され、恒星が驚くシーンなどが収められている。

 第9話は、晶が取り組んできた業務改善の結果が出始め、「ツクモ・クリエイト・ジャパン」の雰囲気はどんどん良くなっていた。営業部の松任谷(伊藤沙莉さん)と上野(犬飼貴丈さん)は結果を出し、入社した朱里(黒木華さん)もシステムエンジニアチームのメンバーとなじんでいた。そんな矢先、社長の九十九(山内圭哉さん)が晶を営業部の「特別チーフクリエイター部長」に任命し、晶がやっていた細々とした業務は、「社長秘書」に任命された朱里が担当することになる。

 そんな中、恒星と呉羽の“ハグ写真”が週刊誌に掲載され、橘の妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返されてしまい、ビールバー「5tap」の前には記者が張り込むようになってしまった。

 夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子さん)が京谷(田中圭さん)のマンションに突然遊びに来る。そこで千春と鉢合わせしてしまった朱里は、なんとかマンションを抜け出し、晶の部屋に逃げ込むが、今度は晶の部屋に千春が訪ねてきて……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

最終話のあらすじ 新垣結衣&松田龍平が獣に? 2人が選ぶ人生とは…

連続ドラマ「獣になれない私たち」最終話の1シーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「獣になれない私たち」最終話の1シーン=日本テレビ提供

 女優の新垣結衣さんと俳優の松田龍平さんがダブル主演する連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終話が12月12日放送される。最終話は、「獣になれず」に生きてきた深海晶(新垣さん)と根元恒星(松田さん)が、自分自身で人生の選択をする姿が描かれる。

 晶は、社長の九十九(山内圭哉さん)から「お前がいなくても会社はどうにでもなる。辞めればいい」と言われ、ショックを受ける。一方、恒星は家族を救うために始めた粉飾決算への加担を「もうやめさせてくれ」と頭を下げて頼むも、抜け出せなかった。傷ついた心のまま一夜を共にした2人は、その夜のお互いの気持ちが分からずモヤモヤしていた。

 ある日、晶と恒星は、ビールバー「5tap」でちゃんと向き合って話そうとしたところに、会社を休んだ晶を心配した松任谷(伊藤沙莉さん)と上野(犬飼貴丈さん)、さらに、京谷(田中圭さん)も訪ねてきて、大混乱に。

 混乱が落ち着き、本音で話そうとした2人の元に、呉羽(菊地凛子さん)から電話がかかってくる。呉羽は、男性関係でのバッシング記事やインターネットでの悪評によって、これ以上、夫の橘カイジ(飯尾和樹さん)に迷惑をかけまいと、ある大きな決断をする。その一部始終を見届けた晶と恒星は……というストーリー。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供