誘拐法廷~セブンデイズ~ ニュース

<インタビュー>飯豊まりえ、“塩顔女子”のイメージは大歓迎? 「洋服も役も邪魔しない」と前向きに

スペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」で若手弁護士・小滝杏奈役を演じる飯豊まりえさん
スペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」で若手弁護士・小滝杏奈役を演じる飯豊まりえさん

 女優の松嶋菜々子さん主演で10月7日に放送されるスペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」(テレビ朝日系)で、弁護士役に初挑戦する飯豊まりえさん。ドラマは松嶋さん演じる主人公の弁護士・天吹芽依子が誘拐された娘を奪還すべく奔走するサスペンスで、飯豊さんは芽依子を慕う若手弁護士の小滝杏奈を演じる。女優とモデルの両面で活躍する飯豊さんに、それぞれの仕事への思いや“塩顔女子”として呼ばれることへの思いなどを聞いた。

 ◇初挑戦の弁護士役で「サスペンスのイメージが変わった」

 ドラマは、韓国で2007年に公開され、動員200万人を突破したキム・ユンジンさん主演の映画「セブンデイズ」の日本版。芽依子は、一人娘を誘拐した犯人から「殺人罪で起訴された限りなくクロと思われる被告人、国光瑛二の無罪を勝ち取ること」を要求される。しかも、タイムリミットは7日間。最愛の娘を無事に取り戻したいという“母親の闘争本能”が芽依子を駆り立て、法律ぎりぎりの行為もいとわないが、その行く手には次々と困難が立ちはだかる……という内容。

 芽依子を慕う若手弁護士役で出演する飯豊さん。これまであまりサスペンスにはなじみがなかったが、台本を読んで「サスペンスのイメージがいい意味で変わりました」と語る。ドラマは、「緩急があって、目が離せない内容」と魅力を語り、「誰が犯人か分からなくて、本当に面白かったです」と感想を明かす。

 役はあまり作りこまず、現場で柔軟に対応するのが飯豊さんの“セオリー”だ。今回は現場に実際の弁護士も訪れており、「こういうふうにやっています、というお話をお聞きして、どんなお仕事なのか知りました」と役作りの参考にしたという。初挑戦の弁護士役については、新しいジャンルということもあって「台本を読むのが楽しかった」といい、「やりがいがありました」と笑顔を見せる。

 ◇“塩顔”にかつてはネガティブな思いも…

 飯豊さんといえば、モデルとしても注目の存在だ。女性ファッション誌「Oggi」(小学館)10月号では、「『飯豊まりえ×ネイビー』で、“うす塩モード”な1カ月コーディネート」と題した企画に登場しており、最近では“塩顔女子”という呼ばれ方をすることも。こうした呼ばれ方について、飯豊さんは「自分に対してあまり自信を持っていないんですけど、最近“塩顔”がはやっているみたいで、それに救われていますね」と冗談めかして語り、そう呼ばれることについては「すごくうれしいです、全然呼んでください」と明るく笑う。

 「顔が薄い分、『えっ、これ飯豊まりえさんだったの』と言われることが多いんですよ」と飯豊さん。かつてはそれを「『どうしたらいいんだろう』と思っていたんですけど……」とネガティブに捉えていたというが、今ではポジティブに考えているという。「よく考えてみると、役になじんでいるからいいことなんだ、と。ちょっとラインを入れるだけで顔つきが変わったり、役によって顔も無意識で変わったりするので、役立っている部分もあります」とほほ笑む。

 モデルとしても、“塩顔”は長所になり得る、と飯豊さんは考えている。「洋服も、役も、邪魔しない(笑い)。そこがいい、と言ってもらえたことがあって、そこは自信を持っていなきゃいけない部分だなと思いました。そう考え方を変えたら、気が楽になりましたね」と飯豊さん。「洋服を邪魔しないし、洋服(のイメージ)を変えない。それはカメラマンさんに言ってもらえて、なるほどな、と。そういうところはいいところかもしれないなと思いました。母親たちにも『そこはいいところだよ』と言われて(笑い)」と明かす。

 ◇「本を出したい」 20代の目標語る

 現在20歳の飯豊さんが、20代で描くビジョンとは? 聞くと、飯豊さんは「本を出したい」と即答する。「本当は10代のうちに出したかったんですけど。10代のときに本に出会って、考え方が180度変わったり、ポジティブな思考になったりもしたんです」と明かし、「これまでに学んだこととか、10、20代で出会った人たちからいただいた言葉を若い子たちに伝えてあげたら、10代の子がもっと気楽に生きられるだろうな、と思って……そういうものを、形にしたいなと思ったんです」と動機を語る。飯豊さんは「絵本って思っていたけど、エッセーもいいなと。でも、エッセーを書くにはもっと人生経験が必要だと思うので、いろいろ経験してからいつか出したいなと思っています」とビジョンを語る。

 最後に改めて、飯豊さんに女優としての“これから”を聞いてみた。飯豊さんは「大切なことは、“人とのつながり”だと思うので、『また会いたい』と思ってもらえる人になりたいですね」と打ち明ける。「私も毎回、出会った人たちのことを『また会いたいな』と思いながらお仕事しています。それがかなったときはうれしいので、そういうことが積み重なっていけたら、幸せですね」と屈託のない笑顔で語った。

 「誘拐法廷~セブンデイズ~」は7日午後9時~11時9分に放送。

<インタビュー>飯豊まりえ、弁護士役に初挑戦 女優として大事にしていることとは?

スペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」で若手弁護士・小滝杏奈役を演じる飯豊まりえさん
スペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」で若手弁護士・小滝杏奈役を演じる飯豊まりえさん

 女優の飯豊まりえさんが弁護士役に初挑戦するスペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」(テレビ朝日系)が10月7日、放送される。ドラマは松嶋菜々子さん演じる主人公の弁護士・天吹芽依子が誘拐された娘を奪還すべく奔走するサスペンスで、飯豊さんは芽依子を慕う若手弁護士の小滝杏奈を演じる。これまで学生役を演じることが多く、初の弁護士役に「やりがいがあった」と語る飯豊さんに、初挑戦した役への思いや女優として大事にしていることなどを聞いた。

 ◇弁護士役で新境地 「やりがいあった」

 ドラマは、韓国で2007年に公開され、動員200万人を突破したキム・ユンジンさん主演の映画「セブンデイズ」の日本版。芽依子は、一人娘を誘拐した犯人から「殺人罪で起訴された限りなくクロと思われる被告人、国光瑛二の無罪を勝ち取ること」を要求される。しかも、タイムリミットは7日間。最愛の娘を無事に取り戻したいという“母親の闘争本能”が芽依子を駆り立て、法律ぎりぎりの行為もいとわないが、その行く手には次々と困難が立ちはだかる……という内容。

 これまで、ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の西留めぐみ役や「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の柴原奈々美役など、学生役が多かった飯豊さん。今回は初の弁護士役に挑戦した。飯豊さんは「自分の(出演作の)台本じゃないと思うぐらい、いっぱい難しい漢字があった」と笑い、「『何? こんな展開になるの?』と驚いて。これまで“胸キュン”なせりふばかり読んでいたので、『これは新しい』と思い、台本を読むのがすごく楽しかったです」と目を輝かせる。

 もともと、サスペンスドラマにはあまりなじみがなかったという飯豊さん。今回ドラマに参加し、「誰が犯人か分からなくて、本当に面白かったです。これまで勘がいいと思ってたんですが、まんまとやられました(笑い)」と楽しそうに語る。演じた小滝杏奈は、松嶋さん演じる芽依子と同じ法律事務所に属し、芽依子を慕う若手弁護士。飯豊さんは「私は殺害された人の情報などを探す役。事件の本当の目的などは知らなかったので、役作りはやりやすかったですね。抱えている重みはそこまででもなく、淡々とお仕事をこなす、という感じで。やりがいがありました」と振り返る。

 役に臨む上では、弁護士ものの作品などを事前に見てみたが、「取り入れて演じることはしなかったです」と飯豊さん。「現場で松嶋さんの雰囲気を観察して、『こういう感じかな』と探り探り、やっていました。監督には『もっとパッションを持って』と言われていたので、そこは気をつけながら。若さを出しつつ、でも(自身の年齢の)20歳ほどフレッシュな役ではないので、そこはばれないようにやっていました」と笑顔で語る。

 難しかったのは、「緊迫した空気感を作ること」だったという。「普通のお芝居よりエネルギーを使いますし、掛け合いなども難しかったです」と飯豊さんは明かし、「でも、(芽依子たちが所属する法律事務所の事務長・乙原光彦役の)でんでんさんや松嶋さんと本番前にディスカッションをさせていただく時間があったので、すごくやりやすく、分からなかった部分の不安もなくなりました」と語る。

 ◇松嶋菜々子らとの撮影エピソード 趣味の話で和気あいあい?

 松嶋さんとの同じシーンで共演するのは、今回が初めてという飯豊さん。以前に映画「祈りの幕が下りる時」(福澤克雄監督)で松嶋さん演じる浅居博美の若い頃を演じたが、共演シーンの撮影はなかったといい、飯豊さんは「初めて一緒にお芝居する役どころだったので緊張していたんですが、すごく優しくて、いい思い出しかないです。より松嶋さんのことを好きになり、松嶋さんのような女優になりたいなと憧れを持ちました」と明かす。また、芽依子とタッグを組む弁護士・宇津井秀樹を演じる「関ジャニ∞(エイト)」の丸山隆平さんとも初対面だった。丸山さんとの共演シーンはなかったというが、「すごく気さくな方で、楽しかったです」と語る。

 撮影の合間には、趣味の話をするなど和気あいあいとした雰囲気だったようだ。印象に残っている思い出を聞くと、飯豊さんは趣味の話をしたときのエピソードを挙げる。「現場で趣味の話になって、『陶芸が趣味です』と言ったら、松嶋さんが『お皿作ってよー!』と言ってくださって……。丸山さんもでんでんさんも、見たいと言ってくださって、見せる約束をしたんです。それはすごくうれしかったですね! 絶対作って持って行かなきゃなと思いました」と楽しそうに振り返る。

 ◇女優として決めていることは… アニメ声優にも意欲?

 女優としても存在感を示す飯豊さん。普段、女優として大事にしていることを聞くと、「鮮度が保てるように、自分の中であまり計算とか考えず、せりふだけ覚えて現場に行くようにしています」と語る。そこには、どんな現場でも柔軟に対応できるように、という思いがある。「急に言われたことに対応したいので、あまり作りこまないようにしています。だから、あまり家では台本は開かないですね。移動中とかに確認しています。逆に、固め過ぎると『違う』って言われるんですよね(笑い)。だから、自分はそのやり方が一番合っているかなって。そういう、自分の得意、不得意がだんだん分かってきました」と話した。

 今後は「ノンフィクションの作品もやってみたい」と飯豊さん。「病気になる役なども、演じたことはないので挑戦してみたいです」と意欲的に語る。近年は元気な役を演じるイメージが強いが、それは自ら望んでいたことだといい、「今年1年は特に、元気な役が本当に多かったんですよ。でも、それは望んでいたので。元気な役で人に笑顔になってもらいたいと言っていたので、元気な役がすごく多かったです」。また、アニメの声優などにも「挑戦したことないものなので挑戦してみたい」と語るなど、仕事への意欲は尽きない。

 最後に、改めてドラマの見どころを聞くと、「サスペンスって、怖いとか、胃もたれする感覚があったけど、最後はスカッとします。ドラマは母性がテーマになっていて、子供の大切さに改めて気づくし、いろいろと考えさせられます。サスペンスにはそういう魅力があるんだ! と改めて思いました」と自身の視点で語った。

 「誘拐法廷~セブンデイズ~」は、10月7日午後9時~11時9分に放送。 

関ジャニ∞丸山隆平、初の弁護士役で松嶋菜々子と初タッグ 役作りでヒゲ伸ばす

10月7日に放送されるスペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」に出演する「関ジャニ∞」の丸山隆平さん(左)と松嶋菜々子さん=テレビ朝日提供
10月7日に放送されるスペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」に出演する「関ジャニ∞」の丸山隆平さん(左)と松嶋菜々子さん=テレビ朝日提供

 人気グループ「関ジャニ∞(エイト)」の丸山隆平さんが、女優の松嶋菜々子さん主演のスペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」(テレビ朝日系)に出演することが9月18日、明らかになった。丸山さんは、松嶋さん演じる主人公の弁護士・天吹芽依子とタッグを組む弁護士・宇津井秀樹を演じる。丸山さんは弁護士役に初挑戦で、松嶋さんと共演するのも今回が初めて。ヒゲをたくわえて役作りしているという。

 ドラマは、韓国で2007年に公開され、動員200万人を突破したキム・ユンジンさん主演の映画「セブンデイズ」の日本版。芽依子は、一人娘を誘拐した犯人から「殺人罪で起訴された限りなくクロと思われる被告人、国光瑛二の無罪を勝ち取ること」を要求される。しかも、タイムリミットは7日間。最愛の娘を無事に取り戻したいという“母親の闘争本能”が芽依子を駆り立て、法律ぎりぎりの行為もいとわないが、その行く手には次々と困難が立ちはだかる……という内容。

 丸山さん演じる宇津井は国光の国選弁護人で、突然、芽依子から弁護を替わってほしいと言われる。宇津井は、芽依子の娘が誘拐されたことを知らないながらも、有能な彼女が食いつくほどの案件なら何か面白いことが起きるかもしれないと直感。一緒に被告人・国光を弁護しようと提案し、芽依子と共に法律ラインぎりぎりの弁護活動へと身を投じていく。

 丸山さんは「今回は弁護士役ということで、現職の弁護士さんにレクチャーを受けて、裁判も民事と刑事の両方を傍聴しました。あと、台本から得たイメージをもとに、ヒゲを伸ばすことも提案させていただきました。昔からの友達には『似合わない』と一刀両断されましたけど(笑い)、『誘拐法廷』の現場では『ヒゲがない顔の方が、違和感がある』と言われますね。僕自身も生やし始めたときは、自分の顔にちょっと戸惑いましたけど、今は『作品の一部として、役のために!』という強い気持ちで自分を保ってます(笑い)」とコメントしている。

 初共演の松嶋さんについては、「経験豊富な女優さんですし、お会いする前は構えていたんですよ。でも、撮影合間にご家庭のお話もうかがって『お母さんなんだなぁ』と心が和らいで、ぐっと身近な存在に感じました。僕の日常の話にもすごく笑ってくださるし、“女優さん”ではなく“人”として接してくださるので、印象がだいぶ変わりましたね」と話し、「劇中のバディー感とはまた違う形で、いい共演ができている感覚があります」と手応えを語っている。

 松嶋さんは「丸山さんは、テレビで拝見していても本当に人柄がよく、心が広そうな印象があったんです。現場で初めてごあいさつした時も、温かい笑顔を向けてくれたので『あ、受け止めてもらえた!』と感じてホッとしました。丸山さんとは撮影合間によく健康情報の交換などの雑談をしています」とエピソードを明かしている。

 「誘拐法廷~セブンデイズ~」は、10月7日午後9時~11時9分に放送。 

松嶋菜々子、テレ朝ドラマ初主演 一人娘を誘拐された弁護士役で「緊迫感を私なりに演じたい」 今秋放送

特別ドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」で主演を務める松嶋菜々子さん
特別ドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」で主演を務める松嶋菜々子さん

 女優の松嶋菜々子さんが、テレビ朝日系で今秋放送される特別ドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」に主演することが8月27日、明らかになった。松嶋さんが同局のドラマで主演を務めるのは今回が初めて。プライベートでは2児の母である松嶋さんは、一人娘を誘拐した犯人から、ある殺人事件の被告人を無罪に導くよう要求され、娘を奪還するため、法律ギリギリのラインで格闘する弁護士の天吹芽依子を演じる。

 ドラマは、韓国で2007年に公開され、動員200万人突破をした、キム・ユンジンさん主演の映画「セブンデイズ」の日本版。物語は、芽依子は、一人娘を誘拐した犯人から「殺人罪で起訴された、限りなくクロだと思われる被告人の無罪を勝ち取ること」を要求される。しかも、タイムリミットは7日間。最愛の娘を無事に取り戻したいという“母親の闘争本能”が、芽依子を駆り立て、法律ギリギリの行為もいとわないが、その行く手には次々と困難が立ちはだかり……という内容。脚本は「ROOKIES」シリーズ(TBS系)、ドラマ版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などのいずみ吉紘さんが手がけた。