リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~ あらすじ

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~あらすじ

 ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」は、女優の米倉涼子さんが主演を務める連続ドラマ。テレビ朝日系で2018年10月スタート。米倉さん主演で、2012年10月にスタートし、第5シーズンまで制作された大ヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」と同じ木曜9時枠での放送で、米倉さん演じる正体不明でスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)を中心に繰り広げられる新感覚のリーガルドラマとなる。

 ドラマは、弁護士資格を剥奪された翔子(米倉さん)が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上、もっともらしい嘘(うそ)八百を並べてワケありの弁護士やパラリーガルをスカウト。悪魔のような傍若無人ぶりで彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも勝利(“V”ictory)を手にするため突き進んでいく。

 そんな翔子の前に立ちはだかるのは大手法律事務所。民事訴訟を中心に厄介な案件が次々と舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか。さらに「行列のできる法律事務所を作りたい」「人を救うのに資格はいらない」と豪語する翔子の真意や弁護士資格を剥奪された理由も見どころとなる。

 主人公の翔子は、弁護士資格を剥奪された元弁護士。とにかく自由奔放で、資格を剥奪される前は「上司を殴ったらしい」「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」などドス黒いうわさもまことしやかにささやかれていた、何だかヤバい人物……として描かれる。一方で“鉄道が大好き”という面もあるという。

<ドラマ紹介>「リーガルV」 米倉涼子が「ドクターX」枠でスキャンダラスな元弁護士に 第1話あらすじも

連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さんが主演を務める連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)が10月11日、スタートする。米倉さん主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」と同じ放送枠で、弁護士資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ、米倉さん)が大手弁護士事務所を相手に無謀な戦いを繰り広げる法廷ドラマが描かれる。

 米倉さん演じる翔子は、とにかく自由奔放で、資格を剥奪された理由も「上司を殴ったらしい」「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」など黒いウワサがささやかれている正体不明でスキャンダラスな女性。弱小弁護士集団「京極法律事務所」を率いて超エリート弁護士相手に戦いを挑んでいく。

 「京極法律事務所」のメンバーとして、林遣都さん、荒川良々さん、安達祐実さん、三浦翔平さん、勝村政信さん、高橋英樹さんが出演。かつて翔子が所属しており、今は京極法律事務所と対立している大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」のエリートたちを向井理さん、菜々緒さん、小日向文世さんが演じる。「ドクターX」シリーズでもタッグを組んだ同局の内山聖子さんがエグゼクティブプロデューサーを務める。

 第1話は、15分拡大のスペシャル版で放送。ある理由から弁護士資格を剥奪された元弁護士・翔子(米倉さん)は、ワケありの弁護士をスカウトし、弱小法律事務所を開設する。その矢先、若手弁護士・青島(林さん)が痴漢冤罪(えんざい)事件の弁護を引き受けることに。どう考えても勝ち目の薄い裁判に後ろ向きな翔子だったが、被告人のある一言に目の色を変え……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第2話のあらすじ 女性元役員・斉藤由貴のパワハラ疑惑 菜々緒と向井理のキスシーンも!?

連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第2話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第2話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が10月18日、15分拡大スペシャルで放送される。元弁護士・小鳥遊(たかなし)翔子(米倉さん)率いる京極法律事務所。身に覚えのないパワハラ疑惑で大手企業・太陽製紙の取締役を解任された永島美鈴(斉藤由貴さん)を弁護することに。しかし、企業側を弁護する大手法律事務所の白鳥美奈子(菜々緒さん)は、パワハラ現場の録音データを盾に「200%(相手が)負けます」と自信満々の様子を見せる。

 美鈴は、企業を相手取り3億円の損害賠償を請求する民事訴訟を起こしていた。翔子は、多額の成功報酬に目がくらみ弁護を引き受けることを決める。美鈴の指名で担当弁護士になった青島圭太(林遣都さん)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹さん)は、早速企業側を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪問するが、音声データを聞き、敗訴を確信してしまう……という展開。予告編には、白鳥が事務所のエース弁護士・海崎勇人(向井理さん)にキスをするシーンなども収められている。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第3話のあらすじ 依頼人は女の敵・桐山漣 米倉涼子らの親睦キャンプが…

連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第3話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話が10月25日放送される。小鳥遊(たかなし)翔子(米倉さん)ら京極法律事務所のメンバーは、キャンプ場での親睦会で、検事から弁護士に転身したヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信さん)と遭遇。ここを流れる川は、2カ月に女性の撲殺体が見付かった場所だった。その殺人容疑がかかっていたのは夫の浅野洋平(桐山漣さん)。愛人がいて、多額の生命保険を妻にかけていたため、世間から女の敵と総好かんを食っていた。

 浅野は事件当日、被害女性と一緒に現場にいたことが判明していたが、「自分は先に帰り、犯行時刻には愛人と会うために新宿にいた」と無罪を主張。大鷹はそんな浅野の弁護を無謀にも引き受けたという。

 翔子は、裁判で勝てば事務所の手柄だと大々的に宣伝するという条件で、調査協力を約束。早速、事務所メンバーに目撃証言を確認させる。だが、浅野本人は態度も記憶も適当で、どの供述も全く確認できず……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第4話のあらすじ 銀座ホステス島崎遥香が“時給25億円の花嫁”に

連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第4話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第4話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が11月8日放送される。小鳥遊(たかなし)翔子(米倉さん)ら京極法律事務所の今回の依頼人は、昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという峰島玲奈(島崎遥香さん)。玲奈は、病死した「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太さん)の妻だといい、遺族と遺産相続争いをしていた。しかし、玲奈が峰島会長と結婚したのは、彼の死亡4時間前だった。

 峰島会長の遺産は200億円。一人息子の社長、正太郎(袴田吉彦さん)が全額相続の方向だったが、玲奈が斎場に現れ、状況は一変する。玲奈は相続権を主張。法律上、遺産の半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に慌てた正太郎は、父に結婚の意思は無かったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に玲奈を訴える。かたや玲奈は、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平さん)を介して京極法律事務所に弁護を依頼するが……という展開。

 予告編では、結婚期間わずか4時間で100億円の遺産相続の権利を得た玲奈を「時給25億円の花嫁」と表現。ペーパー弁護士の京極雅彦(高橋英樹さん)が法廷に立つ姿や、翔子が玲奈に「やっぱりうそ、ついていたのね」と話すシーンなどが収められている。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第5話のあらすじ “ポチ”林遣都が一世一代の賭け 米倉涼子の過去も明らかに?

連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第5話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第5話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が11月15日、放送される。“ポチ”こと弁護士・青島圭太(林遣都さん)は、「勝つまで戦うの」という小鳥遊(たかなし)翔子(米倉さん)の言葉に背中を押され、以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くため立ち上がる。

 その案件とは、人気学生ベンチャー企業で代表を務める大学生・町村誠(瀬戸利樹さん)が激しい暴行を受け、重傷を負った事件。町村の幼なじみで同級生の武藤正洋(戸塚純貴さん)が傷害容疑で起訴され、青島が弁護することに。ところが、事件前に町村が企業の解散を提案していたことから、検察側は「異を唱える武藤が暴力行為をエスカレートさせた」と主張。さらに、町村自身が「武藤から暴行を受けた」と証言したため、武藤は1審で実刑判決を受けることに。その後、武藤の母・望(片岡礼子さん)が自殺するという悲劇まで招き、青島はずっと胸を痛めていた。

 青島は控訴審に向け、翔子率いる京極法律事務所のメンバーにも協力を仰ぎ、有利となる証拠を集めようと駆け回る。一方、京極法律事務所のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実さん)は、謎に包まれていた翔子の過去を突き止め……という展開。予告編には「ポチ 一世一代の賭け!」「遂(つい)に明かされる証拠の過去……」という文字が登場し、翔子が男性に「今夜、私の部屋に来て」と耳打ちするシーンなどが収められている。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供