ハラスメントゲーム あらすじ

ハラスメントゲームあらすじ

 ドラマ「ハラスメントゲーム」は、井上由美子さんの小説が原作。俳優の唐沢寿明さんが主演を務め、女優の広瀬アリスさんがヒロインを演じる。企業のコンプライアンスがテーマのドラマで、広瀬さんは、自分の意見を持ち、物おじせずに時に上司にも意見できる、芯のあるヒロイン・高村真琴を演じる。コンプライアンス室には、唐沢さんが演じる秋津渉と真琴の2人しかおらず、変わり者の秋津に対して、ツッコミを入れる。

 ドラマは、スーパー業界の老舗マルオーホールディングスの富山支店長だった秋津が、ある事情から左遷され、地方に移り住んでいたが、コンプライアンス室長として本社に呼び戻され、社内のさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決していく。テレビ東京のドラマ枠「ドラマBiz」で、10月15日から毎週月曜午後10時に放送される。

<ドラマ紹介>「ハラスメントゲーム」 唐沢寿明がパワハラ問題にぶつかる意欲作 第1話あらすじも

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第1話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第1話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)が10月15日、同局のドラマ枠「ドラマBiz」でスタートする。「白い巨塔」や「14才の母」「BG~身辺警備人~」など数々の人気ドラマの脚本を手掛けた井上由美子さんの小説家デビュー作(河出書房新社)が原作。さまざまなハラスメント問題を、主人公が奇抜なアイデアと手法で解決する。

 唐沢さん演じる秋津渉は、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長。ある事情から左遷されて富山の支店長として地方勤務をしていたが、突然本社に呼び戻される。そこに隠された社長や取締役ら会社の思惑も見どころとなりそうだ。

 上司にも意見できるヒロイン・高村真琴は広瀬アリスさん、会社の顧問弁護士の矢澤光太郎は古川雄輝さん、役員担当の美人秘書・小松美那子は、市川由衣さん。秋津の妻の秋津瑛子は石野真子さん、3代目社長の丸尾隆文は滝藤賢一さん、社長失脚を狙い画策をする水谷逸郎は佐野史郎さん、秋津と敵対する常務の脇田治夫は高嶋政宏さんが演じる。

 第1話は、マルオースーパーの練馬店に、1円玉がメロンパンに混入したとのクレームが入る場面から始まる。コンプライアンス室の高村真琴は、売場主任の佐々部(尾上寛之さん)が不審な電話を受けたと報告、女性社員のパワハラ絡みの犯行を疑う。だが新店舗オープンの悪影響を恐れた社長の丸尾は警察に届けることを拒む。そんな時、富山中央店店長の秋津に突然本社への異動辞令が……というストーリーだ。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

第2話のあらすじ 18人のパートが退職申し出 セクハラ&世話ハラに唐沢寿明の策は

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第2話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第2話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第2話が10月22日、放送される。突然退職を申し出て反旗を翻した18人のパートに秋津(唐沢さん)が講じた策とは……。第2話のゲストは余貴美子さんで、マルオースーパーマーケット品川店のパート・大竹満寿子を演じる。

 開店を3日後に控えたマルオースーパーマーケットの品川店で、満寿子らパート18人が突然辞めると言い出した。秋津の巧みな話術で社長の丸尾隆文(滝藤賢一さん)のセクハラが原因だと判明するが、肝心の詳細は分からず、しかも丸尾には身に覚えがなかった。さらに店内で女性社員に対する満寿子らの「世話焼きハラスメント」も明らかになる。その話を聞いていた高村真琴(広瀬アリスさん)は社長のある言葉を思い出す。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

第3話のあらすじ 斎藤工がパタハラ訴え 唐沢寿明の気付きとは

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第3話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第3話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第3話が10月29日放送される。ゲストは斎藤工さんで、男性の育児休暇を妨害するパタニティハラスメント(パタハラ)を訴える。

 高村真琴(広瀬アリスさん)の先輩で商品開発部の徳永悠馬(斎藤さん)が、パタハラを受けていると訴えてきた。育児のために労働時間を短縮できるイクメン時短で嫌がらせを受けているという。だが徳永の上司の部長も同僚たちも、徳永の融通の利かない態度に不満で、誰も同情しない。秋津(唐沢さん)は徳永に異動を勧めようとするが、これがただのパタハラではないことに気付く。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

第4話のあらすじ テーマは部下のモラハラ 高嶋政宏の影に唐沢寿明は…

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第4話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第4話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第4話が11月5日放送される。今回はモラルハラスメント(モラハラ)が題材。秋津(唐沢さん)と因縁のある、会社のナンバーツー、脇田治夫(高嶋政宏さん)の影が……。

 社内の問題を次々と解決していく秋津の部下・高村真琴(広瀬アリスさん)も憧れる女性初の店舗開発部長・貴島秀美(黒谷友香さん)。実は、無視や情報隠しなど部下からモラハラを受けていた。モラハラの中心人物は、秀美の同期で店舗開発部次長の岩熊義雄(山中崇さん)。やり手の脇田に目をかけられて部長候補と言われていたが、脇田と対立する社長・丸尾隆文(滝藤賢一さん)の指示で秀美が部長になっていた。真相を確かめるため、秋津は岩熊に接触しようとする。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

第6話のあらすじ テーマはリストラハラスメント 解雇する者とされる者の苦悩と葛藤

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第6話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第6話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第6話が11月19日放送される。今回のテーマは社員をリストラハラスメント(リスハラ)。解雇する者とされる者の苦悩と葛藤、組織に生きる者の宿命を描く。

 秋津(唐沢さん)は、対立する脇田治夫(高嶋政宏さん)の部下・水谷逸郎(佐野史郎さん)をパワハラで訴えると決意。しかし秋津の部下・高村真琴(広瀬アリスさん)らの聴取に対し水谷は事実を認めない。そんな中コンプライアンス室に人事部長の小泉光一(石井正則さん)が訪ね、リストラに応じない職員をリスハラにならずに退職させる指導をしてほしいと助言を求めた。特に元上司の浅村裕也(杉本哲太さん)への通告に悩んでいた。一方、会社の顧問弁護士の矢澤(古川雄輝さん)は秋津の行動に「裏があるのでは」と疑い始める。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

第7話 唐沢寿明がセクハラ疑惑で大ピンチ!

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第7話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第7話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第7話が11月26日放送される。主人公の秋津(唐沢さん)がセクハラで訴えられ、無罪の証拠も無いことから窮地に追い込まれる。

 秋津と対立する常務・脇田治夫(高嶋政宏さん)の秘書、小松美那子(市川由衣さん)のわなにはまり、秋津はセクハラで訴えられる。全ては脇田派の取締役・水谷逸郎(佐野史郎さん)の策略だった。弁護士の熊沢咲子(松下由樹さん)の事情聴取を受けた秋津は、無実を訴えるが「証拠が無い」と一蹴されてしまう。秋津の潔白を信じる高村真琴(広瀬アリスさん)は、弁護士の矢澤光太郎(古川雄輝さん)と内密に動き出すが、決定的な証拠をつかめない。やがて役員の間では秋津の自主退職を求める声が高まっていくが……。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

第8話 高嶋政宏が唐沢寿明に調査を依頼 今度はカスハラ

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第8話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」第8話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)の第8話が13月3日放送される。辞表を提出した秋津(唐沢さん)に対し、ライバルの常務・脇田治夫(高嶋政宏さん)は意外にも慰留しようとする。

 秋津をセクハラで訴えた脇田の秘書・小松美那子(市川由衣さん)は買収ファンド会社で働いていた過去があり、スパイを疑った脇田は秋津に調査を依頼する。その頃、秋津の部下の高村真琴(広瀬アリスさん)に世田谷店から連絡が入り、男性客(迫田孝也さん)がカスタマーハラスメント(カスハラ)をしているという。そんな中、社長の丸尾隆文(滝藤賢一さん)は音信不通に……。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

最終話のあらすじ 高嶋政宏と唐沢寿明の因縁が明らかに

連続ドラマ「ハラスメントゲーム」最終話のシーン (C)テレビ東京
連続ドラマ「ハラスメントゲーム」最終話のシーン (C)テレビ東京

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系、月曜午後10時)の最終回(第9話)が12月10日放送される。秋津(唐沢さん)は、敵対していた常務・脇田治夫(高嶋政宏さん)と手を組み、買収ファンド会社のマルオー買収を阻止しようとする。秋津と脇田の因縁も明らかになり、驚きの展開が待ち受ける。

 買収ファンドの代表・横手理市(加藤雅也さん)のマルオーへの攻撃は激しくなっていく。世田谷店でクレームを付けていた男性客(迫田孝也さん)が品川店で暴れていると連絡が入る。SNSでは「マルオーが全店閉店」との情報も出回り大炎上する。マルオーは無くなってしまうのか……。

 ドラマは、かつてパワハラをしたとして地方に飛ばされた秋津に本社への異動辞令が下る場面から始まった。コンプライアンス室長になった秋津は、メロンパンの1円玉混入事件を解決。社長の丸尾(滝藤賢一さん)から、かつての秋津の同僚で経営陣の1人の脇田を追い落とすよう密命が下る。6話までは、さまざまなハラスメントを取り上げながら、経営陣の不毛な対立が明らかになっていった。

 ストーリーが大きく動いたのは7話だ。秋津は脇田の秘書・小松美那子(市川由衣さん)のわなにはまり、セクハラで訴えられる。秋津を危険視した脇田の側近・水谷逸郎(佐野史郎さん)の策略で、役員から秋津の自主退職を求める声が高まる。秋津は会社の権力争いに嫌気がさし、たんかを切って辞表を出すが、それを破棄したのは脇田だった。脇田は社長の経営を問題視し、秋津に社長の追い落としに加わるよう提案していたが、かつて脇田の裏切りで地方に飛ばされた秋津は反発していた。

 だが脇田の見通し通り、社長が買収ファンド会社にマルオーを売却しようとする計画が明らかになる。秋津は脇田と協力して社長を買収ファンドの手から救い出し、役員たちにもマルオー買収を思いとどまらせる……というのがこれまでの展開だった。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

ハラスメントゲームテレビ東京 ドラマ枠「ドラマBiz」
2018年10月15日から毎週月曜午後10時に放送