盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~ あらすじ

盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~あらすじ

 ドラマ「連続ドラマW 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~」は、芥川賞作家・羽田圭介さんの小説が原作。俳優の玉木宏さんが主演を務める。羽田さんの小説が連ドラ化されるのは今回が初で、玉木さんがWOWOWの連ドラに出演するのも今回が初めてとなる。

 玉木さんは3000人の指名手配犯の顔を記憶し、数万もの“顔”が 行き交う雑踏で、いつ現れるとも知れない犯人を捜す、“見当たり捜査員”を演じ、特報映像も公開された。

 題材となる「見当たり捜査」とは、指名手配書の写真や防犯カメラの画像などから容疑者の特徴を記憶し、駅や繁華街を歩いて似ている人を捜し出す捜査手法。大阪府警が1980年ごろに始め全国に広まったとされる。愛知県警では刑事特別捜査隊に専門部署があり、毎年25人前後を逮捕している。

 ドラマは、女優の安藤サクラさんが女性ボクサー役を務めた映画「百円の恋」(2014年)の武正晴監督がメガホンをとり、同作で第39回日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞した足立紳さんが脚本を執筆する。

 警視庁捜査共助課に勤める白戸崇正(玉木さん)は、顔だけを頼りに、潜伏する指名手配犯を捕まえる“見当たり捜査員”。部下たちと共に繁華街を行き交う群衆を見つめ、脳に刻んだホシの顔を捜し続ける日々を送っていたが、ある日、白戸は群衆の中に「見つかるはずのない顔」を見てしまう。4年前に謎の死を遂げた先輩刑事・須波で、見間違いだと否定しようとした矢先、白戸は須波にまつわる不可解なうわさを耳にする。事件について調べるうち、公安や中国マフィアが動きだし、白戸はいつしか命をも狙われることになる……というストーリー。

ドラマ「盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~」のあらすじは

盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~WOWOWプライム
2019年1月5日から毎週土曜午後10時放送。全5話。第1話は無料放送。