家売るオンナの逆襲 ニュース

<ドラマ紹介>「家売るオンナの逆襲」 北川景子主演の人気作の続編 松田翔太がライバル役で登場 第1話あらすじも

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第1話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第1話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)が1月9日、スタートする。2016年7月期に放送された「家売るオンナ」の続編で、俳優の松田翔太さんが、北川さん演じる不動産屋のスーパー営業ウーマン・三軒家万智のライバルとなる新キャラクターの留守堂謙治(るすどう・けんじ)を演じる。

 「家売るオンナ」は、「ふたりっ子」「功名が辻」「セカンドバージン」「大恋愛~僕を忘れる君と」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品。「私に売れない家はない!」と豪語し、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にも必ず家を買わせてしまうというスーパー営業ウーマン・三軒家万智の活躍を描いた。17年5月に放送されたスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」は、万智が課長の屋代(仲村トオルさん)にプロポーズするシーンで幕を閉じたが、今回の「家売るオンナの逆襲」では2人が結婚して夫婦生活を送っているという内容だ。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

 第1話は、10分拡大で放送。天才的不動産屋・三軒家万智(北川さん)と、その夫で課長の屋代(仲村さん)は、古巣・テーコー不動産の新宿営業所に戻ってくることに。復帰早々、“家爆売りモード”全開の万智は、自称「三軒家チルドレン」こと庭野(工藤阿須加さん)が担当していた客・花田夫妻に目をつける。夫の定年退職を機に住み替えを希望しているものの、わがままな専業主婦の妻・えり子(岡江久美子さん)は、何かと物件にケチをつけて決めない様子。万智と庭野は、えり子から本当は熟年離婚をしたいと打ち明けられる。

 一方、新宿営業所には、炎上系ユーチューバーのにくまる(加藤諒さん)が来店し、担当した足立(千葉雄大さん)に「世間から自分を守る家」を探してほしいと話す。その夜、足立は、趣味のフェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治(松田さん)に出会うが……。9日午後10時から放送。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

泉ピン子、「家売るオンナ」でネットカフェで暮らす“超ワケあり客”に きっかけは「西郷どん」?

連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で主演を務める北川景子さん(左)と第2話にゲスト出演する泉ピン子さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で主演を務める北川景子さん(左)と第2話にゲスト出演する泉ピン子さん=日本テレビ提供

 女優の泉ピン子さんが、女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話(1月16日放送)にゲスト出演し、契約直前でクレームをつけてドタキャンを繰り返すテーコー不動産の“モンスター客”神子巴(かみこ・ともえ)を演じることが1月8日、明らかになった。神子は、十分な預金を持ちながらもネットカフェで暮らす“ワケあり”の女性という役どころ。泉さんが同局の連続ドラマに出演するのは約18年ぶりとなる。

 泉さんは、「『家売るオンナ』は第1シーズンを見ていました。(北川)景子さんが『家売るオンナ』のパート2をやると話していて、ぜひ一緒にやりたいと思って、今回参加させていただきました」と明かし、「ドラマについては、脚本が面白かった! (自身が演じた)おばあちゃんの役が面白くて、よく書けていると思いました。実際に現場に来て、NGは出せないという気持ちでやりました。終わってホッとしています」と語っている。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

 小田玲奈プロデューサーは「去年の今ごろ、家売るオンナの続編をたくらんでいたころに主演の北川さんから『泉ピン子さんが家売るオンナを見てくださっていた』といううれしい話を聞きました。大河ドラマ『西郷どん』の共演時にそんな話が出たとのこと! 続編にゲストでピン子さんにご出演いただけたらどんなに心強いだろうと、オファーをする前から勝手にピン子さんに当て書きをして、このネットカフェババアの話を作りました」と明かしている。

 続けて「金持ちクレーマー客でありながらネットカフェで暮らす悲しき老婆……こんなぶっ飛んだ役をやっていただけるのか心配でしたが、面白がってくださり、出演していただけることになりました。実際にピン子さんが現場に入って演じた神子は想像以上に強くてはかなくて……素晴らしかったです。特に三軒家万智と向き合ってバチバチのシーン! 家売るオンナがこんなイイ形で戻って来られたことを実感し、胸が熱くなりました」とコメントを寄せている。

北川景子、「家売るオンナ」続編に「帰ってきた感じがした」 新ライバルの松田翔太には…

連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で三軒家万智を演じる北川景子さん
連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で三軒家万智を演じる北川景子さん

 女優の北川景子さんがこのほど、東京都内で開かれた2019年1月放送の主演連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の囲み会見に登場。主人公・三軒家万智を再び演じる北川さんは、新しい台本の感想を聞かれると「帰ってきた感じがした。万智が結婚しているところは違いますが、キャラクターは基本的にそのまま。会話が面白いし、懐かしい感じ」と明かしながら「新しい人にも見てほしい気持ちもある」とアピールした。

 今作の万智の特徴を聞くと北川さんは「万智は結婚をして子供を望んでいるができていない。子作りに取り組みながら、仕事もしている。子供に恵まれるために努力している人にも共感してもらえるドラマになれば」と語った。

 さらに北川さんは「万智は家庭と仕事の両立はあるけれど、追い込まれている様子は台本にはないですね。完璧にこなしている感じ」と説明し、「キャラクターの心の強さは持っていたい。私生活の見えないミステリアスな部分は変えずにいきたい」と話した。

 万智の新たなライバルの留守堂謙治(るすどう・けんじ)を演じる松田翔太さんについて、北川さんは「松田さんは好きなようにやってほしい。新しいキャラクターとして参加してくださることに感謝している。迎合することなく、好きなようにやってほしい。松田さんが気持ちよくできるには、私が何をすればいいかが課題だと思っている」と期待を寄せた。

 誰でも家を売ってしまう万智にかけて、自身の理想の家を聞かれた北川さんは「高いところが苦手なので、低層階がいい。地震が怖いので耐震強度もあり、地盤がしっかりしていること。後は高速道路が乗りやすいこと。外観はゴテゴテしているよりはシンプルな物件ですね」と明かしていた。

松田翔太、「家売るオンナ」続編で北川景子と8年ぶり共演 美しき“不動産貴公子”に

2019年1月スタートの連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」に出演する松田翔太さん
2019年1月スタートの連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」に出演する松田翔太さん

 俳優の松田翔太さんが、女優の北川景子さんが主演を務め、人気を博した連続ドラマ「家売るオンナ」の続編「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)に出演することが12月4日、分かった。松田さんは、北川さん演じる不動産屋のスーパー営業ウーマン・三軒家万智のライバルとなるフリーランスの不動産屋・留守堂謙治(るすどう・けんじ)を演じる。留守堂は、人間味あふれる方法で家を売っていく“美しき不動産貴公子”で、松田さんと北川さんが共演するのは、2010年のドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」(フジテレビ系)以来、約8年ぶり。

 松田さん演じる留守堂は、仕事においてはパーフェクトだが、Tシャツを裏表に着ていたりとドジな一面もあるキャラクター。万智の行く先々に現れ、客を横取りしたかと思えば、突然万智や庭野(工藤阿須加さん)の手助けをするなどミステリアスな存在となる。また、万智との間にはある秘密があるという。

 北川さん、松田さんのコメントは以下の通り。

 ◇北川さんのコメント

 万智のライバルの不動産屋さんを松田翔太さんが演じてくださることになりました! どこまでも美しく、オシャレで、ちょっとドジな留守堂謙治。松田さんでイメージしながら台本を読みましたが、美しく、ノーブルな松田さんがシリーズ続編に力を貸してくださりとても心強いです。これまで向かうところ敵なしだった万智が今回のシリーズでは初めて負けを経験することになるのですが、負けても仕方ないと思える男です。台本のタイトル通り逆襲できるのか、注目していただきたいです。松田さんと共演させていただくのは8年ぶりです。お会いできるのが楽しみです。

 ◇松田さんのコメント

 プロデューサーの小田(玲奈)さんと、猪股(隆一)監督にお会いした時から既に、このチームの豊かな愛情に包まれたいなと感じました。セカンドシーズンからの参加ということで、多少の不安もあるのかと思いましたが、北川さんからの歓迎のお言葉も相まって、とても素直な気持ちでこのチームに参加できそうです。留守堂という役柄を楽しみに撮影開始を待ちたいと思います。「家売るオンナの逆襲」このタイトルがワクワクさせますね。よろしくお願いいたします。

北川景子、「家売るオンナ」の続編が来年1月期に放送 「平成最後に大暴れしたい」

連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で主演を務める北川景子さん =日本テレビ提供
連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で主演を務める北川景子さん =日本テレビ提供

 女優の北川景子さんが主演を務め、人気を博した連続ドラマ「家売るオンナ」の続編「家売るオンナの逆襲」が、2019年1月から放送されることが9月25日、明らかになった。北川さんは、続編について「今回のお話をいただき、とてもうれしかったです」と言い、「今回も驚きの方法で家を売って売って、売りまくります。テーコー不動産の皆さんと、平成最後に大暴れしたいと思います」と意気込みを語っている。

 「家売るオンナ」は、16年7月期に放送された連続ドラマで、17年5月にはスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」を放送。「ふたりっ子」「功名が辻」「セカンドバージン」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品。「私に売れない家はない!」と豪語し、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にも必ず家を買わせてしまうというスーパー営業ウーマン・三軒家万智の活躍を描いた。

 昨年放送されたスペシャルドラマでは、万智が課長の屋代(仲村トオルさん)にプロポーズするシーンで幕を閉じたが、続編では2人が結婚して夫婦生活を送っているという。また、前作に登場した工藤阿須加さんや千葉雄大さんらテーコー不動産のメンバーのその後も描かれる。

 「家売るオンナの逆襲」は、19年1月から日本テレビの水曜ドラマ枠(午後10時)で放送。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

家売るオンナの逆襲日本テレビ系
2019年1月から水曜ドラマ枠(午後10時)で放送